2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【南無妙法】日蓮仏法について語るスレ【蓮華経】

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/26(日) 00:28:40
ここは日蓮仏法について語るスレです。
偉大なる日蓮大聖人の会話に華を咲かせましょう。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/26(日) 02:10:57
支離滅裂で誇大妄想で自己愛性人格障害の日蓮。

3 :◆HOKKEvxAGE :2010/12/26(日) 08:23:16
南無妙法蓮華経を唱えなさい 六
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1292735895/

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/26(日) 10:05:07
>>2
それじゃランボー法師とまるっきり性格が同じではないですか。
どっちが較べられて可哀相か知らないけど。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/26(日) 18:26:50
日蓮仏法関連動画
http://www.youtube.com/watch?v=ZHF9uNB6psA

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/26(日) 21:04:51
383: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/07(月) 10:38:19 ID:QCn9H9Rz
秀吉の死後、朝鮮から帰国した池田は創価の建て直しを図ったが、
江戸幕府のアンチセクト法によって活動は厳しく制限された。
そこでかつては狂信的池田教徒の有馬晴信の所領であった島原に
信者は集結し、ハルマゲドンの決戦を挑んだ。幕府は大石寺の信者
であった御書院番頭板倉重昌を上使として派遣、板倉は果敢に闘い
討死した。次に派遣された松平信綱はオランダ海軍に支援を要請、
艦砲射撃が功を奏し原城は陥落した。
会長天草四郎時貞はじめ信者3万7000が討死もしくは処刑されたが、
池田はポルトガル船に大金を支払って乗船、マカオに逃亡した。

織田信長と羽柴秀吉が創価だって聞いたけど本当...2
http://2bangai.net/read/899a89d61c8c2ce965c9a30bca8b65071ca9dc6aa786921c5fa3b489c2cd4c86/all

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/27(月) 09:01:29
400: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/15(月) 16:07:10 ID:+k8b/0R9
創価学会の歴史Q&A

Q 丸橋忠弥は創価学会員だったのですか?
A そうです。島原の乱の後、マカオに亡命した池田は由井民部之助橘正雪
(ゆいかきべのすけたちばなのまさゆき)と変名し帰国、神田連雀町に軍学塾
張孔堂を開き、3千の浪人を集めました。駿府の埋蔵金を発掘し総体革命を
起こす計画を建て、丸橋忠弥はその第一の高弟でした。しかし丸橋の失言が
もとで陰謀が発覚し処刑されました(慶安の変)。
http://2bangai.net/read/899a89d61c8c2ce965c9a30bca8b65071ca9dc6aa786921c5fa3b489c2cd4c86/all

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/28(火) 21:58:19
405: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/28(日) 08:06:57 ID:UW+JMnhs
創価学会の歴史Q&A

Q 天一坊は池田なのですか?
A そうです。慶安事件の後、再びマカオに逃亡していた池田は山伏に扮装して帰国、
吉宗公の御落胤と称して浪人を集め、総体革命の暁には役職を授けると約束しました。
本多儀左衛門が関東郡代伊奈半左衛門に不審の事実を報告し、陰謀が発覚しました。
本多儀左衛門は画をよくし、天一坊の似顔絵を残していました。子孫の方によると某氏
によく似ていたそうです(「日本の新興宗教」昭和34年)。
http://2bangai.net/read/899a89d61c8c2ce965c9a30bca8b65071ca9dc6aa786921c5fa3b489c2cd4c86/all

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 00:29:20
迫害を受ける一方で、勢至菩薩の迹とまで言われた法然の名声を妬んで、幕府に讒言したろくでなし。

10 :◆HOKKEvxAGE :2010/12/29(水) 02:38:21
なんで上行菩薩がそんなつまらない存在にねたまなくてはならない

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 07:31:33
誰も日蓮を上行菩薩とは思っていないし、日蓮自身も自分が上行菩薩であるとは思っていない。
後世のバカな狂信者が祭り上げようとしてるだけ。
こういうと旦さんは謙遜とか水戸黄門とかいう間抜けな答えを返してくると思うけどねw

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 07:43:18
日蓮は法華経をねじ曲げ、捨てて、仏教とは何の関係もない呆気教を捏造した。
でも自分に自信がないから「法華経」の名前を盗んで、勝手な妄想を垂れ流している。

虎の威を借る狐というか、仏の威を盗むゴキブリに過ぎない。

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 08:01:01
次スレはここで良いのか?

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 14:09:06
大謗法者 旦(日一or羽間雅晃)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&biw=883&bih=542&q=%E6%97%A6%E3%80%80%E5%8D%97%E7%84%A1%E5%A6%99%E6%B3%95%E8%93%AE%E8%8F%AF%E7%B5%8C&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

15 :旦 (羽間雅晃 24歳 埼玉 PHS) ◆HOKKEvxAGE :2010/12/29(水) 20:06:23
南無妙法蓮華経を唱えなさい 七
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1293586598/


16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 23:23:58
金萬光佛住世八千歳。憐愍衆生令得法眼。滅度之後法住於世亦八千歳。

金萬光佛世に住すること八千歳。衆生を憐愍して法眼を得せしむ。
滅度の後、法の世に住することまた八千歳なり。

-金萬光佛下生經

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/30(木) 17:48:10
385: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/15(火) 11:00:09 ID:rM/+G2P4
江戸時代は切支丹、不受不施(日蓮カルト)、創価は厳しい御禁制で
地域によって毎年〜2、3年に1回池田像を踏み絵する儀式があった。

422: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/13(火) 12:05:38 ID:/tDLnxn0
>>385
江戸時代、「宗門改め」に用いられていたイケダ像
http://www.geocities.jp/yamasan40web/breaksokaism/Ikedareliefs_edited.jpg

http://2bangai.net/read/899a89d61c8c2ce965c9a30bca8b65071ca9dc6aa786921c5fa3b489c2cd4c86/all

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/30(木) 19:58:44
w

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/30(木) 20:04:13
法華経に「南無妙法蓮華経」なんて一言も書いていない
「南無阿弥陀仏」は阿弥陀経に典拠があります
また日蓮の法華経の翻訳は新興宗教を作るための捏造ばかり

つまり日蓮宗はカルト以外なにでもない



20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/30(木) 22:31:12
神力品に南無釈迦牟尼仏南無釈迦牟尼仏とあります
法華経を説法中の釈尊に対してなので、これは御題目と同じこと。
在世は南無釈迦牟尼仏、滅後は南無妙法蓮華経。

21 :zone:2010/12/30(木) 22:36:53
>滅後は南無妙法蓮華経。

んなこと法華経の何処にもかいてねーwww


22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/30(木) 22:43:36
>>20
まさに牽強付会

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 00:16:16
スレタイお見事!!

釈迦仏法とは完全に乖離して「日蓮仏法」に変貌していますね。
救うのは釈迦や諸仏なんかじゃない! 日蓮末法仏さまじゃ!!

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 05:04:57

「万年救護の大御本尊」は「日蓮聖人」が文永11年(西暦1274年)12月に...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1045118750

万年救護の本尊は真筆、戒壇本尊は限りなく偽に近い真偽未決だと言えます。


創価学会員以外で日蓮に詳しいかたお願いします!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1133340916


日蓮正宗に他の日蓮宗各派の御宗旨を「邪宗教」呼ばわりする程の根拠なし。まして...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1330718788


日興身延離山関して、(曾谷殿ご返事)からみて常駐四,五十名〜100名、の僧侶...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1046427265


日蓮さんのお弟子さんでまともだったのは日興さんだけだったのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235605457


日興門流である北山本門寺では第3祖を日目上人とは認めていません。また同じく日...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1350431073

自流の正統性を主張する為に、後世の末流達が宗祖・派祖の事績を粉飾するというのはよく有ることなのです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1437544459

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 17:04:01
【東方頭破七分】フラワリングカルト
http://www.youtube.com/watch?v=JsmjVY_S008

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 18:40:49
>>20
アホ丸出しw
寿量品の意味が全く分かっていない。
久遠の釈迦が存在しつづけるから、滅後などあり得ない。
南無釈迦牟尼佛が法華経の真髄。
日蓮はそんなことも分からない痴者。はずかしい〜w

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 18:43:28
頭破作七分したれ。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 21:32:47
>>26
アホ丸出しはどっちだ
滅度するとその壽量品に述べられている
壽量品を知らずにただ反対意見ありきのカキコ乙
悔しかったら
>久遠の釈迦が存在し続ける
これは? まったくイミフw
何がドーでということを言えw




29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 21:37:20
>>28
久遠常住を否定する謗法の輩。

滅度するのはゴータマ。
もう少し勉強してきなさい。

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 00:40:13
na cāpi nirvāmy ahamM tasmin kāle ihaiva ca dharmamM prakāzayāmi.
彼の時、実には我は滅度せず、此処に法を説きつつあり。

而實不滅度 常住此説法

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 00:50:12
http://www.ustream.tv/channel/%E6%B1%A0%E4%B8%8A%E6%9C%AC%E9%96%80%E5%AF%BAnow

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 00:56:45
>>28
本佛と迹佛の違いも分からない哀れな迷い人。
あなたも日蓮を捨てて釈迦に帰れば救われます。

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 02:52:50
久遠実成も理解していない輩がいるとは、やっぱり日蓮の狂信者。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 12:08:55
>>33
久遠実成は、始まりと終わりがある。
「我本行菩薩道。所成寿命。今猶未尽。復倍上数。」寿量品長行
我本行菩薩道が「はっきり」成仏前を示し※、今猶未尽が終わりがあることを示す。
これを無始無終を示す譬喩と読むには、無理がある。
まともに法華経を読めないのに、久遠実成を振り回すのか?


因果を考えれば、始まりがあれば必ず終わりがある。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 12:27:57
>>33
つまり、法華経は永遠の真理ではないんだね。

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 12:34:14
>>34
>>29>>33が言っているのは歴史上のゴータマ釈迦と久遠の釈尊の違いなんじゃない。
それで、寿量品で説かれている滅度はゴータマの涅槃を指すのであって、久遠の釈尊は現在も存在しているって言いたいんじゃないの?

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 15:48:34
いや正宗の方では釈迦は有限でないと日蓮本佛と言えない
そこで法華経を意図的に誤訳して釈迦は有限だから
末法の世では日蓮本佛だと言うんだよ
困ったカルトだね

38 :34:2011/01/01(土) 16:01:56
>>36
> それで、寿量品で説かれている滅度はゴータマの涅槃を指すのであって、
寿量品(法華経本門)に説かれているのは、久遠の釈尊のこと。
・始成正覚(始成)
爾前経および法華経迹門までの立場。
釈尊は、インドで修行して初めて仏になった。
・久遠実成(久成)
法華経本門以降の立場。
釈尊は、五百塵点劫という計り知れない過去にすでに成仏していた。

39 :34:2011/01/01(土) 16:37:15
>>37
>>34の他にも釈尊が有始(有終)であると示す文はある。
「・・・慧光照無量。寿命無数劫。久修業所得。・・・」(寿量品自我偈)
(久遠実成の釈尊は)智慧の力で照らすことは限りなく大きく、寿命も測りきれないほど長い。
これは、みな長い間修行をして得たものである。
・・・・長い間修行をした結果成仏したとある。

法華経寿量品は、長行にしろ自我偈にしろ、久遠実成の釈尊の寿命が人智が及ばないほど長いのと、その成仏前に修行をしたというのがセットになっている。
そして、因果を考えれば、どんなに寿命が長くても、始まりがあれば必ず終わりがある。

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 17:10:43
日蓮宗ってもはや仏教じゃないだろ
仏教ではなく日蓮教と呼んだほうが正しい

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 17:21:14
>>39
それ言い出すと阿弥陀如来も大日如来もそうです
久遠実成の釈尊の師匠は多宝如来ですし
釈尊自身が自分以前にも無数の如来がいたとも
如来が出現しようとしまいとダルマは常住であるとも言われた
ただ始まりが有るからといって終わりが有るといってはいけません
修行を達成した後の如来は無量寿です
「今猶未尽」は現状を示すのみであり終わるとは言ってません
「そのうちには終わる」かもしれませんし
「これからも尽きない」かもしれません
法華経に書いてないことを言ってはいけません

42 :34:2011/01/01(土) 19:14:06
>>41
(寿命が)今なお尽きないという言い回しには、寿命には限りがあるという前提がある。
もし無終なら、最初から寿命に限りがないという内容になったことだろう。

また、法華経はよく中身がないと揶揄される。
それは、肝心要のことは説いているが、細かい内容の解説は他の経典に譲るからである。
つまり、法華経を読むには、他の主なる経典が説く仏教の考え方を基礎として身につけておく必要がある。
内容を知るために法華経を読む場合、単独で読んでも意味をきちんととらえられるかどうかは、疑問。

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 20:24:33
>>42
それが延長解釈というのです
書いてないものは書いてないのです

またあなたは重大な勘違いをしています
「我本行菩薩道 所成寿命 今猶未尽 復倍上数」というのは
本行である菩薩道つまり一切の衆生の救済を所成してないから
誓願を果たしてないから寿命が未だ尽きてないのだ
と言っているのです
文字の意味を理解しながら読まないといけません
釈尊は慈悲深いので一切の衆生を救うまでは久遠であるが
もしそれが成れば誓願が尽きるから寿命も尽きるというのです
釈尊にとっての寿命とは菩薩道が終わる時であって
老衰によってでは無いのであり
それが成らないうちは久遠に在り続けるのです
この釈尊の心が分からないと法華経を読んでも喜びを感じないでしょう

44 :34:2011/01/01(土) 21:14:34
>>43
では、あなたの解釈>>43>>39の不整合をどう解決する?
寿量品長行の最後には「欲重宣此義。而説偈言。」とあり、長行と自我偈の内容(義)はほぼ同じとされる。

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 21:43:36
実は

大石寺の教義も釈尊本仏論に立っている。
創価学会や顕正会の信者は知らないだけ。

「末法が釈尊の未来に非ず却て釈尊の過去也」
-大石寺日寛・末法は釈尊の過去なる事

つまり日蓮の未来が釈尊である。
大石寺のいう「本仏」とは「もとの仏」の意味で初発心の菩薩のこと。
これが大石寺のいう日蓮本仏論。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 22:15:40
>>43
では日蓮本佛論は論理的にあり得ないですね。
日蓮が本佛であれば、そのときにはすべての衆生が成仏しており、日蓮が迫害されることは100%起こり得ない。

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/02(日) 22:00:15
せめて上行菩薩でとめておく程度の方がいいような気がしますが
本仏って「仏の中の仏」っていう意味になるのでしょうか

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/03(月) 22:13:00
>>45
37 :神も仏も名無しさん[sage]:2009/02/07(土) 18:41:23 ID:ijB1pZdT
>34
「釈尊久遠名字即の位の御身の修行を、末法今時日蓮が名字即の身に移せり」
(本因妙抄)

[本因]釈尊初発心←←本因初住←←[本果]五百塵点成道←←印度応現 遡る考え

「久遠名字本因妙を本として中間今日下種する故に久成を本と為し中間今日の本迹を倶に迹と為る者なり」
(百六箇抄)
「(我本行菩薩道の)本因初住の文底に久遠名字の妙法事の一念三千を秘沈し給へり」
(日寛・三重秘伝抄)
「末法が釈尊の未来に非ず却て釈尊の過去也」
(日寛・末法は釈尊の過去なる事)
http://unkar.org/r/psy/1233475994

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/04(火) 16:19:38


御首題帳、買おうかな・・・

身延山は全てのお堂がヒゲ文字なんでしょ?身延山に行くかどうかわわかんないけど。

50 :◆HOKKEvxAGE :2011/01/04(火) 21:18:15
南無妙法蓮華経を唱えなさい 七
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1293586598/

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 01:30:15
菩薩の52位
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%A9%E8%96%A9#.E8.8F.A9.E8.96.A9.E4.BA.94.E5.8D.81.E4.BA.8C.E4.BD.8D

仏とは通常は第52レベルの妙覚をいう。菩薩の完成態。その次が第51レベルの等覚。
観音菩薩とかは涅槃せず、等覚に止まっている永遠の菩薩。

大石寺とか妙本寺のいう本仏というのは妙覚のことではなく、第1レベル、あるいは52位にも
入らないかも知れない全くの初発心の菩薩をいう。それが仏の本(もと)だから本仏という。

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 01:52:24
しかし普通は仏といえば妙覚のことだし、本仏とは大日如来(宇宙の擬人化)のことだから
日蓮本仏論とは日蓮が大日如来のような宇宙根本仏だという教義と誤解している人が多い。
大石寺系新興教団の信者はたいがいそうだし、日蓮正宗に改宗した信者もなおっていない。

53 :◆HOKKEvxAGE :2011/01/06(木) 08:44:18
南無妙法蓮華経を唱えなさい 七
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1293586598/23-


54 :タレコミ仙台タレコミナンジャー:2011/01/06(木) 08:45:11
トリに◆JDf9bGHiuNqZが出るまで続けるスレpart1
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1293966646/4-

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 23:30:11
法華経は読んでみると徹底した慈悲と寛容さを説いた
正に菩薩の心構えを体現したような内容なのに
なんで日蓮は攻撃的な解釈をしたの?

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 00:45:58
>>55
カルシウムが足りなかったんだろw

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 01:27:13
>>55
いや末法だから、何が何でも一つの教えで統一しなくては
平穏な"日本"になれないと力んだからだろう
末法だと法華経の理解もへんに変わる。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 02:25:40
日蓮仏法とは末法の世に生まれるとされる乱れた法や論のの典型だったということでFA?

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 04:13:03
>>55
当時、畿内の大寺院は皆武装して宗教戦争をしていた。
鎌倉幕府は宗教戦争が関東に持ち込まれないように
僧侶の武装を禁じた。そこへ畿内へ留学した日蓮が
帰って来て、浄土宗の武力征伐や僧侶の武装を主張した。
宗教戦争を肯定する教義は涅槃経から来ている。

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 05:46:38
★田中啓悟ホームレス襲撃事件通報先一覧★
 神戸大学
 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町 1-1 Tel: 078-881-1212 (大代表)
 神戸大・経済学研究科 学部・大学院教務係
 TEL 078‐803‐7250(学部)/7247(大学院)
 FAX 078‐803‐6877 E-mail econ-kyomu@office.kobe-u.ac.jp
 経済学研究科 教務係
 TEL 078‐803‐7245 FAX 078‐803‐7293
 E-mail econ-kyomu@office.kobe-u.ac.jp
 経済学研究科 総務係
 TEL 078‐803‐7245 FAX 078‐803‐7293
 E-mail econ-soumu@office.kobe-u.ac.jp
 パナソニック お客様ご相談センター
 電話 0120-878-365 (携帯電話・PHSからもご利用になれます) FAX 0120-878-236 
 ●受付時間 9:00〜20:00 (年中無休)
 豊島 会社に関するお問い合わせ
 TEL: 052-204-7711
 FAX: 052-204-7425
 E-mail:webmaster@toyoshima.co.jp
 採用に関するお問い合わせ
 TEL: 0120-1440-86
 FAX: 052-204-7425
 E-mail:jinji@toyoshima.co.jp
 
 神戸のホームレス支援団体「神戸の冬を支える会」
 TEL : 078-271-7248FAX : 078-271-3252   
 E-mail: kobe-fuyu@nifty.com


61 :☆田中啓ゴリラによるホームレス襲撃事件☆:2011/01/10(月) 22:42:10
★パナソニック FF式石油暖房機に続く不祥事 田中啓悟(タナソニック陰湿温室ドンキーコング)によるホームレス襲撃事件の概要★
 事件動画 http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=7aRVgLzfPQM
 事件動画 ドンキーコングアレンジ動画 http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=sDuwVneGwGk
 まとめサイト http://gazou61.hp.infoseek.co.jp/
★田中啓悟(タナソニック陰湿温室ドンキーコング)によるホームレス襲撃事件通報先一覧★
 神戸大学 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町 1-1
 Tel: 078-881-1212 (大代表)
 神戸大・経済学研究科 学部・大学院教務係
 TEL 078‐803‐7250(学部)/7247(大学院) FAX 078‐803‐6877 E-mail econ-kyomu@office.kobe-u.ac.jp
 経済学研究科 教務係
 TEL 078‐803‐7245 FAX 078‐803‐7293 E-mail econ-kyomu@office.kobe-u.ac.jp
 経済学研究科 総務係
 TEL 078‐803‐7245 FAX 078‐803‐7293 E-mail econ-soumu@office.kobe-u.ac.jp
 パナソニック お客様ご相談センター
 電話 0120-878-365 (携帯電話・PHSからもご利用になれます) FAX 0120-878-236
 ●受付時間 9:00〜20:00 (年中無休)
 豊島 会社に関するお問い合わせ
 TEL: 052-204-7711 FAX: 052-204-7425 E-mail:webmaster@toyoshima.co.jp
 採用に関するお問い合わせ
 TEL: 0120-1440-86 FAX: 052-204-7425 E-mail:jinji@toyoshima.co.jp
        ___
       /:::::::\
  ___/::::::::::\
 [::::::::::::::::::|
   /~/(_川_)\~~\
    |~| ((ー ー)  |~~~~|   ____________
   |~| ((●●) ) ; |@~~| /
    |~|(/|| \ )  |~~~|< 自作自演ですた ウホッ!(汗)
   |~~| \ ̄ ̄/ /|~~~|  \_____________
  ~~~    ̄ ̄     ~~~~ 
 神戸のホームレス支援団体「神戸の冬を支える会」
 TEL : 078-271-7248 FAX : 078-271-3252 E-mail: kobe-fuyu@nifty.com

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 23:33:45
>>59
日蓮は、どうして禅天魔という禅宗の最明寺入道
平の時頼道崇に、立正安国論を建白したのか?

安国論を建白の40日後、他宗の僧ら数千人により
松葉ヶ谷の草庵が焼き討ちされるも難を逃れるとか?




ttp://www.matusima.net/html/mirror/matusima/metubouki/metubou2.html

63 :☆田中啓ゴリラによるホームレス襲撃事件☆:2011/01/13(木) 04:17:08
★パナソニック FF式石油暖房機に続く不祥事 パナソニック役員の息子 田中啓悟(タナソニック陰湿温室DQNコング)によるホームレス襲撃事件の概要★
 事件動画 http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=7aRVgLzfPQM
 DQNコング http://m.youtube.com/watch?gl=JP&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=sDuwVneGwGk
 豊島 田中啓ゴリラ 内定者メッセージ http://respic.net/img/201012/07/165213974137-news2ch110681.jpg
 メッセージ2 http://livedoor.2.blogimg.jp/boku2ch/imgs/a/1/a147c572.jpg
 メッセーシ3 http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/m/a/j/majikichisokuhou/20101207074436_1_1.jpg
 まとめ http://gazou61.hp.infoseek.co.jp/
 事件概要 http://topics.jp.msn.com/life/photoarticle.aspx?mediaid=275760
 事件概要2 http://www.tanteifile.com/newswatch/2009/10/31_01/index.html

★当事件加害者関連通報先一覧★
 神戸大学 〒657-8501
 神戸市灘区六甲台町 1-1
 Tel: 078-881-1212 (大代表)
 神戸大・経済学研究科 学部・大学院教務係
 TEL 078‐803‐7250(学部)/7247(大学院)FAX 078‐803‐6877 E-mail econ-kyomu@office.kobe-u.ac.jp
 経済学研究科 教務係
 TEL 078‐803‐7245 FAX 078‐803‐7293 E-mail econ-kyomu@office.kobe-u.ac.jp
 経済学研究科 総務係
 TEL 078‐803‐7245 FAX 078‐803‐7293 E-mail econ-soumu@office.kobe-u.ac.jp
 パナソニック お客様ご相談センター
 電話 0120-878-365 (携帯電話・PHSからもご利用になれます) FAX 0120-878-236 ●受付時間 9:00〜20:00(年中無休)
 豊島
 会社に関するお問い合わせ
 TEL:052-204-7711 FAX:052-204-7425 E-mail webmaster@toyoshima.co.jp
 採用に関するお問い合わせ
 TEL: 0120-1440-86 FAX:052-204-7425 E-mail jinji@toyoshima.co.jp

★当事件被害者関連通報先★
 神戸のホームレス支援団体
 「神戸の冬を支える会」
 TEL : 078-271-7248 FAX : 078-271-3252 E-mail: kobe-fuyu@nifty.com

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 02:29:33
花粉症で死にそう
日蓮正宗の皆さん
入信して勤行したら
花粉症治りますか?
マジな質問です

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 09:31:47
治らなくてもこの信心をすれば必ず治ると唆して勧誘、入信させる。
治りませんがと苦情が出れば信心が足りない、折伏が足りない、財務
が足りない、または業が出てる等々言い訳を繰り返し、それを真に受けて
のめり込むとますます深みにはまっていく、ってとこかな。

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/21(金) 00:00:34
増長慢聖人のお言葉↓

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/25(火) 18:47:15
すいません。日蓮正宗の方にお伺いします。45解釈は本当ですか?
すごく気になるので教えてください。

45の言い分→大石寺の教義も釈尊本仏論に立っている。
創価学会や顕正会の信者は知らないだけ。

「末法が釈尊の未来に非ず却て釈尊の過去也」
-大石寺日寛・末法は釈尊の過去なる事

つまり日蓮の未来が釈尊である。


68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/28(金) 20:46:18
>>67
>>48

[本因]釈尊初発心←←本因初住←←[本果]五百塵点成道←←印度応現 遡る考え

の[本果]五百塵点成道を「本仏」と普通の日蓮宗派はいっている。
大石寺は[本因]釈尊初発心を「本仏」といっている。
「本仏」の語で指していることが違うので、両者は矛盾しない。

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/31(月) 21:33:35
「日蓮の未来が釈尊である」っていう意味がよくわからんのだが。
そのまま読むと、日蓮が過去のインドにタイムスリップして
釈尊になったとしか思えん。

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/31(月) 22:39:52
「万年救護の大御本尊」は「日蓮聖人」が文永11年(西暦1274年)12月に...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1045118750
万年救護の本尊は真筆、戒壇本尊は限りなく偽に近い真偽未決だと言えます。

創価学会員以外で日蓮に詳しいかたお願いします!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1133340916

日蓮正宗に他の日蓮宗各派の御宗旨を「邪宗教」呼ばわりする程の根拠なし。まして...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1330718788

日興身延離山関して、(曾谷殿ご返事)からみて常駐四,五十名〜100名、の僧侶...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1046427265

日蓮さんのお弟子さんでまともだったのは日興さんだけだったのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235605457

日興門流である北山本門寺では第3祖を日目上人とは認めていません。また同じく日...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1350431073

自流の正統性を主張する為に、後世の末流達が宗祖・派祖の事績を粉飾するというのはよく有ることなのです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1437544459

日蓮正宗と日蓮宗の違いを教えて下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324151143?fr=diff_chie_detail


71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/04(金) 20:10:54
 

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/21(月) 01:35:37.89
日蓮は佐渡で「法華経の加護がない」「自分は法華経の行者ではないのではないか」と悩みます。
そして、一旦は「前世で法華経の行者を殺したために加護がない」という結論を出しました。
しかし、北の島のあまりにつらい環境の中でついに発狂してしまったのでしょう。
「加護がないのは、釈迦の法華経が古いからだ」「釈迦の法華経なんか意味がない」などと正法を誹謗するに至りました。

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/21(月) 09:33:36.70
>>64

病院に行かないと治らないよ
御書にも病院にいって○○しなさいってかいてあるでしょ(´∀`)

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/21(月) 09:36:29.23
>>72

だって なにがともあれ日蓮御書経でしょぉ(´ψψ`)プププッ

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/03(木) 15:46:33.14
カルト的な意味では日蓮宗も日蓮正宗も創価も同じ
危険度で言えば創価日蓮宗>日蓮正宗≧日蓮宗
でFA?

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/03(木) 16:38:21.98
旦は妙観講ではあるが 妙観講は日蓮正宗で一番最悪な講だと聞きました
貴方は法華宗と言いましたね?
私の友達に創価が二人いるんです 彼らは私が元創価と知りつつも 決して私に創価復活 折伏はしない
旦とは大違い

彼らはどんなに私が可愛いくても 親しみ近づかない

77 :公家:2011/03/06(日) 23:07:50.75
生き方とは死からの逃げ方である。

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/06(日) 23:25:40.42
催破しなさいよ。

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/07(月) 01:02:42.67
比叡山延暦寺に逝ってきたお。

延暦寺で修業為さってから立教や中興為さった上人様方の御尊影と縁起がそれぞれ簡潔にまとめられていて感動したお。
モチロン日蓮さまも有ったお。
温故知新。
ルーツを知るのも大事だお。

あっ、お山にはまだ雪がたくさん残っていたお。
それにしてもドライブウェイの通行料の高さには・・・○| ̄|_

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/07(月) 20:13:54.76
>>55
>法華経は・・・徹底した慈悲と寛容を・・・

その部分を具体的にUPしてチョ
本文と何品くらいは示してチョ

81 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/08(火) 21:36:44.13
>>75
創価日蓮宗ってなんだよ。ただのシンコーだろ。
ソーカ>正宗>>>日蓮宗、でいいだろ。危険度つーかイカレ度な。

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/18(金) 17:50:08.94
念仏の法然&親鸞のW遠忌大法要の年だったんだな・・・今年って


83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/20(日) 00:42:06.80
日蓮って勝手に師からもらった蓮長の戒名から日蓮に改名してるけど、
こういうのって別に珍しい事ではないの?

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/20(日) 02:54:56.81
193 :タマキンシコシコ :02/09/03 15:21
玄関に入ってきた宗教勧誘の女の人のマンコをスカートの上から触るとなぜかたいていの女の人は怒りません。
今度マンコスカートの上から触りながらその女の前でシコシコしてみよっと


85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/21(月) 22:08:27.40
>>79
>ルーツを知る云々 ← これに反論するってんぢゃあねーんだがぁ〜
叡山はルーツというよりは<<ゼンゼンダメ!!>>だから大聖人様は離山された野田郎
他の鎌倉-NEW-仏教の祖師たちも仝太郎
叡山を見限ったという点では<一定の評価をすべき



86 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/21(月) 22:25:12.30
日蓮信徒って最終的に比叡山を日蓮仏法の寺院にしたり、
天皇を日蓮仏法の信徒にしたかったりするのかな。

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/21(月) 23:31:12.98
昨日車に50分拉致られ福運が〜とか説明され
こちらは入る気ないのに
「なぜ入らない?はいればうんたらかんたら」
と説教されたんだが
ここは日本だからお前らがなにを信じようが勝手だが俺らに強要するのはやめてくれ
俺の信条の自由を侵さないでくれ
腹立つから

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/22(火) 22:49:05.64
>>86
>したかったりする
のではなくて、法華経の中で釈尊御自らが仰っている。
末法には白法隠没してしまう、と。
そして法華経が一閻浮提に流布するということも。
この場合、大白法である御題目の修行が行われるということだ。
文字としての法華経の信仰が流布し、本文の読誦が盛んになるという意味ではない。

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/27(日) 01:32:12.56
>のではなくて、法華経の中で釈尊御自らが仰っている。

大乗非仏説って江戸時代に既に常識ではなかったのでは?

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/27(日) 01:38:02.91
だいたい法華経って空海先生によると華厳経より一段下に位置するものじゃないか。

にもかかわらず、どうして「法華経最勝です」という寝言が言えるのだろうか?

空海先生と日蓮君とを比較してみれば分かるじゃないか。
最澄―日蓮の系譜を思い浮かべるときに、最澄が空海よりも才能や理解力が
随分劣っているのは誰もが知っているところ。


え?日蓮?どこの子?

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/27(日) 20:14:26.52
>>12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 07:43:18
>日蓮は法華経をねじ曲げ、捨てて、仏教とは何の関係もない呆気教を捏造した。
>でも自分に自信がないから「法華経」の名前を盗んで、勝手な妄想を垂れ流している。
>
>虎の威を借る狐というか、仏の威を盗むゴキブリに過ぎない。


うむ、そのたうり。

92 :◆HOKKEvxAGE :2011/03/27(日) 21:10:35.85
南無妙法蓮華経しなさい

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/27(日) 21:55:37.86
>>92
キミね。
人生の無駄遣いは止めなさい。
それから題目は捨ててもかまわないけど(念仏でも良い)、
毎日真面目に手を合わせる習慣は捨ててはいけないよ。

逆に念仏の人は木魚は捨てるべきだね。

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/28(月) 12:33:48.68
「妙法蓮華経を読みなさい」
「南無妙法蓮華経と唱えなさい」

この二つは大きく異なる。
前者は病気の際に抗生物質やステロイド剤を飲む行為を意味するのに対し、
後者は薬の効能書きを繰り返し読むだけである。

>>92
試しに「南無妙法蓮華経」と唱える代わりに、「かんぴょうほうれんそうろう」
と合掌しながら唱えてみなさい。
一年間毎日朝三座夕五座やってみなさい。
結果は同じだから。

95 :◆HOKKEvxAGE :2011/03/28(月) 13:19:56.97
田舎の老害すら
救われるよ

^_^

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/28(月) 20:22:52.03
>>95
うん、「かんぴょうほうれんそうろう」 でも十分にね。

97 :◆HOKKEvxAGE :2011/03/30(水) 16:52:20.50
それじゃ だめだよ

^_^

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/31(木) 08:29:53.35
旦くんは顕正会なの?

99 :◆HOKKEvxAGE :2011/03/31(木) 10:00:21.07
教義的には法華講と
顕正会の中間かもしれない

^_^

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/31(木) 12:44:14.81
旦は妙観講なの?

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/31(木) 13:33:49.77
>>97
いや、同じだよ。
キミが大きな価値を置いている題目って実はその程度の代物なの。^^
あ、いずれにせよ手を合わせないと駄目だよ。

102 :◆HOKKEvxAGE :2011/03/31(木) 13:35:36.35
>>100うん
>>101死ねよ

^_^

103 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/03/31(木) 18:00:12.27
旦さん、こんなところで遊んでないで舎利弗さんのスレでの法論は撤退かな?
まぁ、君には無理だろうけどね。

104 :◆HOKKEvxAGE :2011/03/31(木) 23:11:58.04
がんばるよ

^_^

105 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/04/01(金) 07:16:06.59
旦さん、向こうで頑張ってるね。
『仏法は勝負を先とし』

106 : 【大吉】 :2011/04/01(金) 23:00:19.29
築山さん、ちょっと葬禍荒冥板覗いたんですけど
犬虐待ってなんですか?

107 :旦妹:2011/04/02(土) 00:01:12.17
. : .:::::::|:.:./: : : : : : :.:. : : :ヽ: : : : : : : `ヽおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいちゃん
. : .:::::::|:.//: : : : : :.:.:. :i、: : :ヘ: : : : : : : : :.\おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいち
. : .:::::::|//:/! :./:.:.:.:. :! ヽ: : ∨: . .       ヾおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにい
. : .:::::::|/: : : /:.:.:.:イ:. :.,'  i: :.ト、: : : . .     ヘおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにい
. : .:::::::|: : :_/__//:. :/   l: :.!、!: : : ヽ : . . .  ハおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおに
. : .:::::::| '´// /:.:, '     l: ,' !`ヽ: : ',: : : : : : :',おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおに
. : .:::::::|: /   //     l/  l,イ: : : :.i : : : : : : ∨おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにお
. : .:::::::|,ィ≠ミ、              ∨: : |: : ',: :.|、: :.lおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおに
. : .:::::::|> ● Y        ,ィ≠ミ、 ∨: !: : :i: :.! ヽ: !おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにお
. : .:::::::|'"ー-        ´ ● ヒ .∧/:. ∨: ,'  .}:!おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにお
. : .:::::::|            ‐-、  ./l:.:.:.:. : |:./   ノ!おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにお
. : .:::::::|        `       /ノ:.:.:.:. : kおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいち
. : .:::::::|     `ー=-      /:.:.:.:.:,ィ:. : !おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいち
. : .:::::::|`、 、      '   _.. イ:.:.:.:.:./ |: :.,'おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいちゃ
. : .:::::::|: .:ヽ ` ' ,ー: ..i:´::|:. :. |/:.:.:./ .l:./おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいちゃん
. : .:::::::|: . : .\/: . : .,':::::::i:. :./:.:,.:イ おにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいちゃんのく
. : .:::::::|: . ;ィ‐ ‐、: . /:::::::,':. ://:. lおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせにおにいちゃんのくせ


108 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/04/02(土) 09:59:34.19
なんだ旦君、やられっぱなしじゃないか。
創価学会の教学論陣には敵わないか?


109 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 10:52:57.19
学会って何人 死んだの?

^_^

110 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 11:04:35.37
けっこう幹部死んだよね
旦#,ュ鸚膳善の知る限りなら
旦の知人で死んだ人はいないよ 

111 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 11:07:19.32
正直もう死んでいいんじゃね?
という人も

なぜか生きてるよ

^_^

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/02(土) 13:14:03.08
人の死を喜ぶのが日蓮仏法なんですね  
 オン アビラウンケン バザラ ダトバン


113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/02(土) 14:35:46.71
>>103,>>105,>>108
築山さん、向こうってどこですか?
舎利弗さんのスレってどこにあんの?

114 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 14:40:10.97
>>112
人助けで書いてるよ
だから旦#,ュ鸚膳善の知人は
死なないよ

115 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 15:18:38.81
たぶん

116 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 15:20:51.82
だから
あのウンコ袋より
段違いでしあわせだよ

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/02(土) 15:23:27.45
>>114
信じる者しか救わない 救わないどころか地獄逝き
 信じたところで間違った信じ方したら信じないよりさらに悪い
人助けしたいならまず ご自分の妹から始めたらどうですか?
 オン アミリタ テイセイ カラ ウン

118 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 16:15:50.96
命はそれぞれ別個だよ

119 :◆HOKKEvxAGE :2011/04/02(土) 16:18:05.14
真言で呪えば逆に呪われるよ
残念ながら そういうもんだよ

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/02(土) 20:08:32.52
>>119
>そうゆうもんだよ
 文証は?
真言で呪えばって・・ やっぱり日蓮信者は発想がドロドロですな
あなた方じゃないんだから 呪わないですよ
 真言は幸せをよぶので唱えておるわけです
 オン カカカビ サンマエイ ソワカ

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 04:09:22.02
真言なんて呪いの護摩ばっかりやってんじゃん
魔僧どもめ
信者もみんなドロドロのオカルト虫ばっかり
真言亡国!!

122 :◆HOKKEvxAGE :2011/05/22(日) 05:48:17.21
      /         \
    /  (●) (●)  \  
    |   (トェェェェェェェェイ)   |     ___________
    \  \ェェェェェ/  /    .| |             |
__/           `ヽ      | |             |


123 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/22(日) 06:34:01.75
>>113
舎利弗さんのスレは
「極悪日顕宗(日蓮正宗)を破折するスレ」でありますよ。
馬鹿もいますけども真摯に対話したければ覗いてみてはいかがでしょうか。
また、旦君
君は相変わらずだね。さすが妙観講だね。
法論不得手の君では無理か。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 07:51:21.40
真言宗を相手にするのか。

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 16:41:09.05
>>123
本当だ。旦さん、ここでもやっつけられて旦だねぇw
もう少しやるかと思ったのにw
ありがとうございました。

126 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/22(日) 18:35:12.78
仏法の三宝について少し述べてみたい。
「三宝」とは仏・法・僧のことをいうが創価学会においての三宝とは
末法の御本仏・日蓮大聖人
法宝とは一閻浮提総与の大御本尊・総じては大御本尊御書写によって分身散体され学会員のお宅に御安置してまします万機万縁の御本尊。
僧宝とは本門弘通の大導師・日興上人総じていえば広宣流布に励む創価学会員も僧宝の一分にあたるか
これを誹謗する者は「三宝破壊」となり必ず地獄に堕ちるとの日蓮大聖人の仰せがある。
【今今御覧ぜよ法華経誹謗の科と云ひ日蓮をいやしみし罰と申し経と仏と僧との三宝誹謗の大科によって現生には此の国に修羅道を移し後生には無間地獄へ行き給うべし】
(光日上人御返事)


127 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/22(日) 18:48:23.21
仕事もせず遊んでいる人間へ
(四恩抄)
「行住坐臥に法華経(御本尊)を読み行ずるにてこそ候へ、人間に生を受けて是れ程の悦びは何事か候べき」との仰せがある。
受けがたき人身を得て、ましてや会い難き仏法に出会っている。ましてや聞き難き南無妙法蓮華経を心田に下種されている。
この仏法を信じて南無妙法蓮華経と唱えなさい。
三宝を間違えては駄目だぞ。
日顕宗や身延派との違いはそこだ。
できることなら「六巻抄」を学ぶべき。

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 20:39:59.00
>>126
勝手に「総じ」すぎだろ。アホか。



129 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/22(日) 20:53:07.11
日蓮=糞



130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 21:26:41.00
>>90
>華厳よりも・・・
はいそれでは、空海のその説はどんな理由からですか?
経典によるなら、空海のその著書などから引用してみれ!

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 21:51:31.19
日蓮って、弟子には【南無妙法蓮華経】が最高であると言ってるのに、自分は天台宗信者とか…

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 22:32:45.02
日蓮糞 

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/23(月) 23:13:50.64
>>131
もともと日蓮教団は天台法華宗だからなぁ。
天台宗と日蓮宗の違いは、題目を正行とするか否かの違いだけだろ。



134 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/24(火) 08:13:27.73
日蓮大聖人は天台の教学を文証として採用してますが、決して天台宗ではありませんよ。
貴方の無知が如実に顕れています。
四条金吾に対しては
「法華宗の四条金吾、四条金吾と鎌倉中の人に云われるようになりなさい」との仰せがございます。
また五老僧は迫害を恐れおののき「天台沙門」と名乗り天台の弟子であると放言してます。
その中で日興上人お一人が本門の大師日蓮大聖人の弟子であると断言なされています。
貴方は日蓮宗身延派のことを言われてるのではないですか。
日蓮大聖人の魂魄は我ら創価学会にあります。
それはなぜか?
日蓮大聖人の信心の血脈は創価学会にしかないからです。


135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 11:31:23.81
日蓮糞小人をいくら湛えようが糞は糞

136 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/24(火) 12:00:02.27
>>135
君は身口意の三業を知らない中学生らしいから諌言しておく。
君の書いた文章はなんの破折にもなってはいないし、逆に謗法となる。
謗法確定すれば間違いな「堕地獄」決定(けつじょう)なし。
君なら決定を(けってい)と読むだろう。
日蓮大聖人を謗る罪は非常におおきい。
日蓮大聖人御書全集すら拝したこともないであろうが。
何度も私が書いているように
創価学会初代会長・牧口常三郎先生は
「認識せずして評価するなかれ」と仰せだ。
先ずはくだらない書き込みを控えて仏法を研鑽しなさい。
「忠言耳に逆らい良薬口に苦し」とは君の書いた部分ではないのかぬ。
君は日蓮系の信者でもない。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 12:05:56.55
>>136
日蓮糞小人をいくら湛えようが糞は糞
アホ日蓮、糞日蓮、日蓮糞小人
どんな罪だ言ってみろ〜
御書?尻拭きがみにでもしてやろか
日蓮馬鹿があの世でなにしているやら

138 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/24(火) 12:08:00.79
度難し

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 12:20:15.52
     __                ,__
      ',',ヽ、        , - ' ´  j`ヽ
       ',',ヽ`ヽ、    /    ∠ { ヽヽ、
       ',',ヽ `、 ヽ __/   i 二l 二ニ',ニ {` 、
        ',', ` `ヽ   ̄` ´} _  __ j゙ --i‐ ',
        ',ヽ  丿ヽ  ノ∠ ´  `´ ` ´¨ヽ{ l
         ヽ`-'´/ `゙´ヽ , -−¬ ノ` / , j-、:i      , -'´`ッ
         彡、、 l j 三ニ≧r‐ュ、ヽノヽく´ ´ ヽ ヽ ,-‐一゙, / ´
         /´ヽl  ヾ  `ヽミニ=‐リ`゙ニ{{,,∠ニミ,r'´i´゙7::: /´
      / `ヽ  ',,ヽ    ヽ‐=フ´ヽ,__,人tュッ、升ヒト、:〃
    .'    ヽ ヽ`ヽ` ̄ ´/´ // l ヽ ヽ‐´ ト、ニ-'´
    /      ヽ \ ` - 、`‐- 、__ , ノヽ ノ
  /        ヽ  \ `ヽ  ̄` jフ, - '´
 /               ',   ` -─ '`ヽ
/  /       ,    ヽ  ',     `ヽ ',
  /       i     ',   ',     /| i ',
このままでは日本がダークサイドに落ちるのじゃ

シナの逆襲-Revenge of the China-中国 国防動員法 編
http://www.youtube.com/watch?v=pzap6aRXZzg

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 12:33:48.31
日蓮小人によって、多くの人がダークサイトに引き込まれた。
その罪は殺人より重し。

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 13:02:23.44
>度し難し
>仏の広大な慈悲をもっても仏縁のない人は救えない。
>人の言葉を聞き入れない者は救いようがない。

いらね

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 13:28:43.66
>日蓮大聖人の魂魄は我ら創価学会にあります。
>それはなぜか?
>日蓮大聖人の信心の血脈は創価学会にしかないからです。

もう、ここからして創価学会の痛さがみえてきますね。
日興上人ただひとり本弟子に血脈云々は、さておき
上人自ら、わたしの墓は身延へ向けてくれと遺言なされたのです。
それだけ、ご自分のとった行動が永年の苦悩だったのでしょう。

正宗のそれもしくは北山、重須が申すならいざしらず宗門から破門された輩のいうまでもない。
ひとつ断っておくが私は、日蓮正宗の檀家でも信者でもないただの通りすがりである。

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 15:00:13.48
>>134
>貴方は日蓮宗身延派のことを言われてるのではないですか。
>日蓮大聖人の魂魄は我ら創価学会にあります。

日蓮宗身延派だと?なんじゃそりゃ?w
こりゃもう救いようがないね・・・

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 15:50:20.34
>>134
築山さん、こんなの見つけたんですけど

>明治以前は、現在の比叡山の日本天台宗を「天台法華宗」や単に「法華宗」と称した時代があり、
>日蓮衆徒が「法華宗」という名称を使えなかった時代背景があります。
>あの有名な戦国時代の法華一揆もその辺の問題から起こったともいわれています

>>134の”法華宗の四条金吾”の法華宗て日蓮宗のことになるんですか?
解説ヨロシクお願いします。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 16:12:17.26
>>144
築山ならさっき聖教新聞をもって金津園の格安ソープに遊びがてら折伏に行ったよ。

146 :築山 ◆VrO4QmU7Z6zQ :2011/05/24(火) 16:48:38.87
日蓮大聖人は
「何れの宗派の元祖にもあらず」と仰せられています。
釈尊の教えは一つなのに高僧と呼ばれた人間が各々宗派を立て、本尊雑乱に繋がったわけであります。
まずは法華経の開経である無量義経において今まで説いてきた経(説法)は四十余未顕真実(未だ真実を顕さず)として嫌われそして法華経にいたって初めて真実を説き明かすのです。
これの文証が「今まさに真実を説きたもうべし」となり法華経を真実の中の真実であるから信じなさい、と釈尊が仰せなんです。
この大切な真実である経を誹謗するものは必ず地獄に堕ちる、と仰せであります。
この経を賛嘆し礼拝するものは逆になるのは言うまでもない。
ちなみに釈尊の仏法は正像末の三時弘経においては末法にはご利益がありません。
すなわち脱益仏法となり末法こそ文底秘沈の三大秘法である日蓮仏法によってしか救われることは断じてないといえよう。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 16:54:28.62
>>146
日蓮大性人地獄に落としてみろよ。
そんな力もない、悟りも開いてない 日蓮大性人には無理か?

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 17:49:27.28
「何れの宗派の元祖にもあらず」と言いながら「 法華宗の四条金吾うたはれ給へ 」
と言ってるんですか?


149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 18:01:49.31
原理主義でない常識化したと言う日蓮宗のみなさん、
寺社版の人にそれを示すチャンスですよw
築山さんを諭して上げられては?

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 19:05:56.06
仏教徒のようで 仏教徒でない べんべん
親鸞のようで 親鸞でない べんべん

それは何かと尋ねたら

日蓮性小人 日蓮性小人

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/24(火) 19:44:07.29
>>149
一晩でも二晩でもかけてオマエがやれよw



152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/25(水) 01:26:02.05
創価の創価である創価所以のマニュアル本を片手にキーを叩く
そんでもって小難しい言葉並べあげても所詮は坊主の真似事w
本物の宗教家ってのは万人に分かり易く説法するもんだぜ
御書だか何だか知らないが、都合のよいように解釈させて
論破したなどと思い上がりもいい加減にしろと言いたいもんだよ

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/25(水) 01:47:35.95
ここは日蓮スレなんだから日蓮信者同士でやればぁw

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/25(水) 05:27:57.18
集え日蓮信者〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
俺は違う

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/25(水) 10:24:43.84
原理主義でないとか常識化したといっても日蓮遺文をつき合わせての議論となると
その原理主義者にかなわないと言う事がわかっているから議論を避けているんですか?

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/25(水) 18:23:53.85
>>155
ひとりでさっきからなに言ってるの?w

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/26(木) 01:29:12.58
>>155
時代を考えろ、時をしれ時を。
この時代に日蓮聖人さんが生き永らえていたのなら
否定から肯定へとシフトしていることだろうさ
末法思想もその時々に臨機応変に説法してるってもんだ
そもそも天台の教えにどれだけ仏教門が示されてるんだよ
あの時代(鎌倉)と今を比較すりゃ分かりうることだろ
いいか、聖人の誓願はすでに確立されて実践されているんだよ
と、いっても法華信者に限ってのことだけどもな

もう、充分なんだよ。
嘗て時の執権への訴状(立正安国論)も二度まで受け入れなければと
聖人は、身延へと隠棲されたのもあんたらも承知の上だろ?
折伏折伏と、勧誘したことを如何にも宗教論争にて論破したかのように
宗門歴代先師先哲の血脈送受されたかの如くのたまうのも気持ち悪いのさ

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/27(金) 10:35:49.51
日蓮さんの地元。房総半島でこれだけの未成仏霊魂がさまよっている。
霊出現のときに一時停止にしてコマ送りでみると何十体もの霊が
同時にあらわれてうごめいている。実際、この場所に赴くと霊達が
家までやってきておどかしにくる。この霊達を鎮めるのは
日蓮宗の仕事ではないのか。


http://www.youtube.com/watch?v=bt9Q6uNcn90



159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/27(金) 14:30:33.01
>>149
普通の日蓮宗が常識化したことぐらい、この板の人間なら誰だってわかってる。
ナンミョーホーレンうざいのは正宗ぐらい。
ソーカは単なるシンコーで板違いだからハナから眼中にない。

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/28(土) 03:17:15.74
>>159
板違いなのは蚤蚊の問題について語ること。
ここは”日蓮仏法について語るスレ”なんだから、日蓮仏法にそう話題なら
蚤蚊でも障醜でも嫌娼でも他宗でも参加OKなのでは?
恐々謹言

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/05(日) 05:05:15.12
>>20
普門品には「南無観世音菩薩」と唱えよ、とありますが。
どちらでもよいのでしょうか?


162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/07(火) 19:06:04.82
仏教徒のようで 仏教徒でない べんべん
親鸞のようで 親鸞でない べんべん

それは何かと尋ねたら

日蓮性小人 日蓮性小人




163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/07(火) 20:10:59.05
日蓮上人の法華曼荼羅に観世音菩薩が書かれていないのは何故でしょうか?
法華経に登場する重要な菩薩に一人なのに。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/07(火) 21:38:05.10
>>163
日蓮が馬鹿だから

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/07(火) 22:45:14.82
のーぼーべーはーれんかーけい

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/08(水) 19:20:44.30
>>163
日蓮は日本の歴史上馬鹿NO2だよ。
NO1は管直人。
日蓮はほんと糞馬鹿だよね

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/08(水) 19:29:26.36
>>166
毎日よく煽るねぇw 

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/08(水) 20:26:04.80
だって日蓮は馬鹿だってみんなに知らせなきゃ

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/08(水) 21:49:50.22
>>168
でも、毎日意味の無い煽りばかりしてると君が馬鹿みたいに見えちゃうよw


170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/08(水) 21:50:50.98
日蓮が馬鹿なのは歴史的事実、みんな早く知るといいね

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/08(水) 21:58:29.94
>>170
暇なオッサンだなぁ。
まぁ、あんたの好きにしたらいいけど、いつものコテハンで書きなよw

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/09(木) 02:55:39.55
貴方の侮辱を許しますって人まだ来てないなw

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/09(木) 12:30:17.96
でもなんで薬王麿は法華経で一品立て分けて説かれてる観世音菩薩や妙音菩薩を髭曼荼羅に
入れなかったんだろうね?
悪鬼羅刹は入れてるのに。

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/09(木) 13:59:41.37
 
日本の宗教団体は、神道以外は全て偽装集団

http://s1.shard.jp/deer/02/1/5.html

これは意外と気がつかない。
例えば、仏教団体は、僧侶から信徒までほとんど徳川の偽装集団と考えていい。
この集団は、仏教徒だから仏教組織に属しているわけではない。
祖先代々仏教徒で門徒になっているだけだ。
江戸時代、徳川幕府は仏教組織を完全に腐敗させた。
僧侶を地方公務員にした。今日の市町村住民課、税務課だ。
戸籍、出生届、婚姻届、ありとあらゆる業務を寺に命じた。
その対価として、かなりの収入を確保させた。事実上の公務員だ。
これで、仏教は形式だけのインチキ宗教になった。
今日、くそ坊主が多いのは、当然の結末。
しかも、キリスト教から仏教まで、その中心は徳川が牛耳る。
2〜300年かけて絶滅に追い込む計画。
何も知らない国民は、それを喜ぶ。
「だらしがない宗教団体だから当然でしょ。」
と言わせるのだ。

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/09(木) 17:55:47.42
日蓮は自分で元寇を退治したように言ってるけど、お笑いだよね。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/09(木) 23:01:30.72
>>174
>結局、日本の宗教は世俗主義の塊で、宗教という衣をかぶった、利益集団なのだが、
>批判するものがいない日本社会(マスコミも沈黙)では、国民も実態が分からない。
>だが、本能的に宗教は危ないものという認識が染み付いており、西洋のキリスト教
>などの浸透を防いでいると同時に、無宗教的な無関心人間を作り出している。

>拝金主義と日和見主義はその典型だ。多くの日本人は、正しいか間違っているかではなく、
>損得で行動し、人間関係も築く。こういった人間関係がいい加減で危ういことは、
>日本人が一番知っている。
----------------
>戦後の混乱・革新の気運が渦巻く中、唯物論的立場よりの反宗教闘争、新興宗教の勃興、
>キリスト教の進出による危機感、そして、それらを包み込む貧困と社会不安。
>なすべき術を失った仏教界の深刻なる反省の欠如、道義の低下混迷のなかで、・・・・


いやというほど同意だね。ただ神道だって変わらんよ。戦前の国家神道体制を引き継いでいるのだから。
「伝統・新興に限らず宗教は危ない」。整然と理由を語れる人は少ないかもしれないけど、
日本人の心に染み付いてしまっているんだよね。

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/10(金) 08:52:08.73
厳密には日本人の宗教忌避傾向は戦後だがな。
敗戦で氏子檀家の寺社への感情が大きく揺らぎ、寺社が地主として持ってた境内外の寺社維持基盤としての土地を土地解放で失ったりしてから
氏子檀家への経済依存度が戦前よりもかなり高まって神社は衰退気味に、寺は布施がより高額になって氏子檀家の人心が乖離しやすくなり
更に戦後の経済優先・高度成長期に寺社を支えてきた地方の基盤が人口の面から崩壊し、日本人の精神も経済至上主義に大きく移行した。
これこそが宗教忌避傾向の直接原因。
戦前の日本は結構既存新興を問わず宗教好きな世界だった。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/10(金) 09:23:08.67
>>177
>戦前の日本は結構既存新興を問わず宗教好きな世界だった

この傾向に安心してやりたい放題やっていたんだけれど、
そのツケが今になって噴出してるんじゃないのかね?

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/10(金) 09:49:43.85
親鸞、日蓮=日本の恥

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/10(金) 10:11:31.83
>>179
毎日毎日よく煽るねぇw



181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/10(金) 19:30:35.04
日蓮=日本の恥部

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/10(金) 20:00:28.27
こんなのUPするのっておかしくね?
漏れには理解できんわ。

http//www.youtube.com/watch?v=3iWCXWBUOak


183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/12(日) 18:39:22.92
>>146
筑山さん、ソーカ側の人物と見られる名誉教学部長氏は40年前から自分とこの誤りを
知っていたようですけど、聞いたことないんですか?

>105 :名誉教学部長:2011/02/21(月) 00:00:10.27 ID:hjdeW86s
法華経の成立年代?
無量義経の成立背景?
釈迦の出現年代?
んなこと40年前から教学部は知っとるわ


184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/12(日) 23:56:59.17
笑止。

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/24(金) 23:28:46.67
そもそも法華経は老若男女問わず、愚かなものにも賢いものにも
あらゆる人間に向けて説かれたものだ
時間をかけて読んだり書いたりしていけば
そのまま経の字義通りとってはいけない部分もたくさんあることが
容易に理解できるはず

それがわからないと旦や築山になる


186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/26(日) 12:43:13.60
これ本当?

>日蓮は二人の高弟に対して話した事は・・
これから徐々に信徒を天照太御神への信仰に導く
教義を示して行きたいが、自分が自ら直接示すと信徒間に
混乱が生じるからと、二人の高弟に協力を頼みました。
       (略)
今までの教義と組織を無にする
様な行動は宗祖と言えども絶対に阻止しなければ生けない
と、二人の高弟の考えは一致しました。
そして実行した事は、日蓮の食事に長期間の摂取で死に至
らせる毒草を混入した事です。
日蓮は徐々に体力を無くして弱って行きました。
この事を知っていながら黙って食事を受け入れていたのでし
た。今までの布教で自分を信じて付いて来て殺された多くの
弟子達への、今生でのせめてもの懺悔の気持ちからでした。

(伊勢白山道)

こっちの方がわかりやすいか

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/38a0328df0bbac014657f319ba1f4992



187 :菅ちゃん ◆BDKyieznDk :2011/06/26(日) 13:03:17.48
>>186

すいません日蓮御書や教義に無いことを書かないでもらえますか? みんな混乱しちゃいますので

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/26(日) 13:10:24.40
>>186

あ〜 この人本当に存在してる人なんだ…

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/26(日) 14:24:07.23
>>187
その混乱する所に真実があるかもしれないよ。日興の遺文に

>是れ先師の恥辱を顕す云々、故に諸方に散在する処の御筆を或はスキカエシに成し或は火に焼き畢んぬ。
>此くの如く先師の跡を破滅する

とあるように日蓮の死後、日蓮遺文を始末した記録があるようだから、現在の日蓮御書や教義以外の教えが
あったとする方が自然じゃないかな。

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/26(日) 14:45:05.39
>>189
つか、伊勢白山道は止めておいた方がいいよ。
言ってる内容も矛盾だらけだし、なにより匿名で正体を隠している所が駄目。
自分の思想や意見を世に問うならば、実名で顔出しが最低条件。
批判やバッシングを受ける覚悟の出来てない人間に、思想を語る資格はない。

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/26(日) 19:45:34.58
日蓮宗でも日蓮正宗でも日蓮宗と日蓮正宗から枝分かれした宗派や
新興宗教でない人の話を聞いてもねぇ…(´・ω・)

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/26(日) 22:57:07.82
草加せんべいならぬ、創価まんじゅう
高幡まんじゅうは日野市の公明党市議会議員が作り
異教徒であるはずのお不動さんで売っている創価まんじゅうです

http://www.e-giin.net/minegishi/
http://www.syoseido.co.jp/



193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/27(月) 13:00:00.86
別に伊勢白山道を信じてはいないけどね。
ただ日蓮遺文を始末した理由が日興の遺文にある”かな文字を使っていたから”と言うのは説得力が無いと思ってね。
”残された教団に都合が悪い教えだった”の方がしっくりくるんだよな。
それが伊勢白山の言ってる通りとも思わんが。

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/27(月) 17:39:01.42
伊勢白山道か、トンデモ噺は大好きだ。
>>193
和文字尊重は御伝土代など上代文献を見るとよくわかる。
真筆引用でも漢字を仮名にして引用されている。
仮名は真名ではなく女文字であり教養のない人の文字とされてきた。
現代の基準で考えると間違える。

195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/28(火) 01:34:24.84
>>190
>批判やバッシングを受ける覚悟の出来てない人間に、思想を語る資格はない。

こんなのはダメってことっすか?

>五老僧は権力の迫害を恐れ「天台沙門」と称した。
>天台宗の権威のカゲに隠れ、「私は天台の弟子です」と名乗ることで、
>圧迫を避けようとしたのである。


196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/28(火) 02:39:23.21
ただ、当時は六老僧はおろか日蓮自身は信仰内容はともかく公的立場として一宗を興して天台宗から離れた認識が無く
また天台宗から正式な破門も受けて無かったので、自分たちこそ理論的に天台大師の直流であり公にも天台宗の僧と考えていた節がある。
あくまで天台宗内の一門流であるという訳。
だから公に身分を語る時は天台沙門としか答えようが無かったといえる。
公に天台宗と日蓮の衆徒が別者となるのは、室町に入って天台宗が日蓮の衆徒が法華宗と名乗るのに難色を示し出してから。

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/28(火) 09:30:34.81
日蓮宗と決別しろ。

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/06/28(火) 10:59:25.51
日蓮は日本の恥

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 00:21:40.49
「 法華宗の四条金吾うたはれ給へ 」 の法華宗て日蓮宗のことになるんですか?

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 07:44:53.28
日蓮本人は自分達は天台の本流たる「天台法華宗」と認識していて、得度し所属してるのは「天台宗」だが
宗旨は法華経を根拠とする「法華宗」としていた。
だから宗と問われたら法華宗であり、公的な僧としての立場は天台沙門と名乗った。
あくまで日蓮達だけのマイルールというか認識であって、別に当時の朝廷・幕府の政府権門や他の宗派がそう認めてた訳ではない。

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 11:03:48.63
>>200
ちょっとよくわからないのですが
法華宗=天台法華宗なのか
法華宗=(天台から独立した、別個の)法華宗なのか
どちらでしょうか

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 11:12:16.51
>>201
宗教教団っていきなり出来上がるわけではなく、
いろんな情勢が相俟って、時間をかけて徐々に体裁を整えていくものだから、
わかりにくいのは仕方がないよ。


203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 13:03:20.41
事実上天台宗から法華宗(のちの日蓮宗)が分かれたのは京都布教の辺りから。
それまでは日蓮にしろ弟子の六老僧にしろ公的立場としては天台宗の僧侶で、信仰・教義は当時の浄土信仰と台密・秘事法門が共存する天台宗とは著しく違っていても
まだ分離独立はしてはいなかった。
また本人達も分離したなどとは考えては無かったようだ。
しかし日蓮の孫弟子・六老僧の弟子世代は叡山など天台宗からの得度・受法遍学をしてないので、段々と「我等は日蓮上人の弟子」という意識と法華至上の教義故に
天台宗所属という認識が薄れていった。
この世代が南北朝から室町初期の京都布教開始時にあたる。
ここのあたりから自分達の宗派を「法華宗」と公的にも称し始めた。また天台沙門と名乗る事も無くなり、一般にも天台宗とは別の存在と見做されだした。
しかし天台宗自体は正式名称は「天台法華宗」で、京都という自分達の膝元での折伏を主体とする布教などを「法華宗」の名で行う事は
いわば自分の褌で勝手に相撲を取られるようなもので、不快窮まりない事であった。
そして叡山は度々幕府に日蓮の門流達に法華宗を自称する事の停止を頼んだ。
かくして日蓮の門流に属するのちの日蓮宗は天台法華宗と分かれた。
ただ停止が申しだされた後も法華宗と呼ばれたり、称したりしたので日蓮の末流を法華宗や法華とのみ呼ぶのは定着した。

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 15:29:55.13
すると「法華宗の四条金吾」と言うのも”(天台)法華宗の”という感じですかね。
ありがとうございました。

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/10(日) 21:30:54.30
うん、当時はそういう認識だったと思って。
その頃は分離したつもりもなければ、むしろ天台宗の本流を明らかにしてるのは自分達と考えてた訳だから。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/16(土) 19:42:53.20
では何故天台の名前を踏襲しなかったのだ

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/16(土) 20:01:07.86
だからそれは京都布教時の叡山からの法華宗の名乗り停止要請と幕府がそれを認めたから。
現代と違い、幾ら自分達が望む立場や名乗りでも勝手に名乗るのは困難で
だからこそ布教とかに朝廷幕府等の権門の許認可を得ようと、昔から色んな宗派が手を尽くして躍起になってたんよ。
時代はかなり降るけど、あのザビエルも布教許認可もらいにわざわざ京都まで来て
叡山や幕府に交渉しようとした訳だ。
ただその頃は叡山も内裏も幕府も権威はあっても実力はサッパリな時代だったので、結局ザビエルの京都旅行は大した成果も挙げられないまま帰る羽目になったけど。

208 :日蓮教学の正邪優劣・正当性について:2011/07/16(土) 23:30:28.23
天台・真言宗も法華経を用い、最澄は空海から灌頂を受け日蓮は天台宗の弟子だったから、
日蓮宗より天台真言の方が上ではないのか?大乗仏教経典が釈迦滅後数百年経て
創作されたから五時八教、末法本仏論等は誤りではないのか?釈迦説経典は法句経で類似
仏法も現存の小乗仏教や禅宗。法華経は非釈迦説だから念仏無限地獄など4つの格言は
論拠が崩れるのではないのか?日蓮本仏論及び唯授一人の血脈等は証拠が無く多くが偽書で
日蓮宗の方が正しいのではないのか?像法時代の日蓮を末法仏の資格が無いのに釈迦を
差し置き本仏と仰ぐことは邪義ではないのか?日蓮は諸天善神として神道を誹謗してない
から敬遠するのは後世の邪儀ではないのか?蒙古襲来の予言は当時大陸の大半を征服した
モンゴルが日本を攻めうることは常識で、ただ人心を惑わしただけではないのか?
龍の口の法難はキリストなど宗教には付き物の後世の創作で実際は幕府が恩赦を出しただけ
ではないのか?念仏法然享年80歳、律宗叡尊90歳、禅宗栄西75歳に対し日蓮享年61歳で病死
「祈りとして叶わざる無し」との文言がホラ吹きだから日蓮宗では教義を軟化し他教団と
融和政策をとったがこの方が正しかったのではないのか?日蓮宗は社会貢献を行っており
その立派な信仰姿勢に対し、日蓮正宗は本山の大石寺を城砦の如く立派に建てており、
庶民が汗水流して僅かな金銭を稼いでいるのに門徒のお布施で豪華な寺社を
建てるのは邪道ではないのか?日蓮直筆曼荼羅の大多数を保有している日蓮宗が教義は
ともかく最も正当な日蓮教団ではないのか?(日蓮正宗本山の大石寺の板本尊ですら
日蓮作では無い)日蓮仏法が多くの矛盾を抱え、日蓮曼荼羅自体が覚醒作用や魅了性を持ち
人心を惑わし多くの偽本尊が生まれ、金儲けの道具となってきたことを考慮すると
日蓮曼荼羅は封印するのが得策ではないのか?日蓮宗では釈迦を本仏とし日蓮像等を拝み
心健やかに日々を生きる活力を見出す題目として勤行をしており他宗派や他教団と対立せず
一番正しい信仰に見える。以上の事を踏まえ議論してみましょう。


209 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 04:08:32.45
>>208
ほとんど>>208の通りだと思うんだが、ただ一点、蒙古襲来については当時の常識ではないね。
幕府でさえも、ほとんどその情勢を掴めていなかったというし、
高僧でもない一介の僧侶がそれ以上の情報を持っているとは考えにくい。
これは今日的に言えば、予言というより経典分析による推論だろう。
日蓮の予言は蒙古襲来だけがクローズアップされるけど、
これとセットで予言しているのが国内の内乱。いわゆる二月騒動な。
これも経典分析によるもので、経文には「他国侵逼難」「自界反逆難」として語られている。
つまり、経典の文言をもとにした推論であり、超能力的な予言とは異なる。

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 04:20:24.62
日蓮については、親鸞と同じように、祈りの持つ宗教的な意味を
飛躍的に高めた人物という解釈が一番いいと思われ。
つまり、修法の簡略化と無教会主義によって、祈りというものを
プロの呪術者から庶民へと解放したのが彼等の歴史的功績。
鎌倉仏教の大きな特徴は専修による大衆布教。彼等は無意識的に
その流れに沿って自らの思想を深めたわけだ。
法然、親鸞、道元、日蓮・・・、彼等は時代の大きな感受性であったと言える。

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 13:47:43.82
>>209
>幕府でさえも、ほとんどその情勢を掴めていなかった

これはどうだろうね。当時南宋から来日した僧侶がいたし、そのうち蘭渓道隆は
元の密偵と疑われて建長年間(1249年 - 1255年)に伊豆の修善寺に避難
のために来住した話がある。1249年時点で密偵疑惑が出ているのに
立正安国論提出時の1260年に幕府が情勢を掴めてなかったと言うのは
きついんじゃないかな。日蓮の”予言”を持ち上げるための捏造話としか
思えないが。



212 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 17:18:42.94
>>211
>当時南宋から来日した僧侶がいたし、そのうち蘭渓道隆は元の密偵と疑われて

1249年の時点では「元」ではないよね。「元の密偵」と疑われたという事が成り立たないな。
それに、そもそも元が日本に攻め入るきっかけとなったのは、
1265年に高麗人の趙彜がモンゴルに「日本国通ずべし」と進言したことによる。
何故趙彜がそんなことを進言しフビライがそれを受け容れたのかといえば、
南宋とつながりのある国を圧迫し、自分の勢力下に置こうとしたから。
高麗が元に滅ぼされたのも、執拗な抵抗を続ける南宋を孤立させる目的だからね。
そしてかの有名な「傲慢無礼な」蒙古の国書が届いたのが1268年。それから朝廷では各地の寺社に
護国の祈祷を修させ、幕府は西国の御家人に元の襲来に備えるように命令を下している。
もし、幕府がずっと前から大陸の情勢を詳しく掴んでいたなら、もっと前から準備していたはずだし、
1271年に三別抄政府が幕府に対して援軍を求めてきたことに対しても、その意味が全く分からず
何の支援もしていない。高麗に三別抄という「大パルチザン」があったのだから、援軍を送るなり、
何らかの支援をしていれば、モンゴルはこれに足を取られついには元寇は行われなかった可能性すらある。
つまり、鎌倉幕府の国際情勢における情報収集は、全く成っていなかったわけで、大陸の情勢については
ほとんど掴めていなかったと考えるのが自然だよね。

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/17(日) 17:37:00.52
>>211
>日蓮の”予言”を持ち上げるための捏造話としか思えないが。

そもそも、日蓮が「予言をした」という言い方がおかしいんだよ。
立正安国論は、打ち続く天変地異に対し、その原因を明らかにして大いに世間に
警告すべきと考えて、最高権力者である北条時頼に提出されたもの。
原因を明らかにするといっても、当時の伝統的宗教思想によってであり、
さらに日蓮は仏教徒だから経典に文証を求めたわけで、その経典に書いてある通りの
災難が次々と起こっていて、残るは他国侵逼難と自界反逆難だから、
いずれ北条一門の内紛と外国からの侵略があるはずですよと述べたわけ。
つまり、超能力的な「予言」ではなく、あくまで諸経典の比較による「分析」と言うべき。

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 00:08:15.85
このスレ凄いですね。
宗教学者顔負けな議論をしてて凄く勉強になります。
立正安国論は実相寺の一切経蔵にてお祖様が纏めあげられた
時の執権に宛てた信書ですよね。
これも思うに後の弟子たちによって予言書に祭り上げられたのでしょう。
当時の法華宗(日蓮法華宗)も新興宗教であったということで
教義に付け加えることが必要だったのではないかと思います。

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 04:24:56.20
>>212
三別抄が大パルチザンだって?三別抄は日本に救援を要請する数ヶ月前の1271年5月にモンゴル軍に
大敗し、本拠地の 珍島は陥落、三別抄が擁立した承化侯温は捕らえられて処刑され壊滅状態だったんだぞ。
その一方三別抄は実はモンゴルに対しても「自分たちの朝鮮南部の支配を認めてくれたらモンゴルに直接
臣従する」とか二枚舌交渉をしていた、全く信用ならない相手だ。だいたい三別抄は高麗政府に反乱をおこした
単なる賊軍なんだから、日本が国交の無い高麗の内紛に介入する必要は無いし、三別抄に援軍を送れば高麗と
その後にいる元に対して日本から手を出したことになる。”元寇は行われなかった可能性すらある”どころか
日本を攻める大義名分を与えることになるんだよ。隣の半島からも”反乱軍を利用して侵略しようとしたニダ”
と後世まで言いがかりをつけられることになっただろう。日本が壊滅状態の隣国の賊軍に援助しなかったことは
賢明な選択だった。”国際情勢における情報収集は、全く成って”いないのは鎌倉幕府ではなくて君の方だよ。

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 04:47:43.27
>>213
>残るは他国侵逼難と自界反逆難
他国侵逼難はいいとして自戒叛逆難が残っていたと言えるのか?
もう少し勉強したまえ。


217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 05:00:15.77
>>212
>高麗が元に滅ぼされた

これももう少し勉強し直した方がいいな。

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 05:14:22.51
>>215
>だいたい三別抄は高麗政府に反乱をおこした単なる賊軍なんだから

三別抄は高麗がモンゴルに降伏した後もそれを潔しとせず江華島に残って抵抗し、
江華島が陥落した後は珍島、済州島に籠もって戦い続けた高麗軍の一部だよ。
後期にはむしろ政府のような存在で、日本では明治維新の時の榎本武揚らによる北海道共和国みたいなもんだよ。
モンゴルへの降伏を決めた高麗政府にとっては賊軍だろうが、日本から見れば戦略的部隊だ。

>元寇は行われなかった可能性すらある”どころか日本を攻める大義名分を与えることになるんだよ。

はぁ?1268年に日本に送られてきた国書は「言う事を聞かなければ攻めるぞ」という実質的な脅迫状だぜ。
幕府はそれに対し一切の返答をしないと決め、西国の御家人に元の襲来に備えるよう命令を出した。
つまりモンゴルと戦になることを決断したわけで、日本を攻める大義名分を与えるもクソもない。
幕府はすでにモンゴルと戦うという国家目的を決めていたんだよ。

>三別抄に援軍を送れば高麗とその後にいる元に対して日本から手を出したことになる。
>日本が壊滅状態の隣国の賊軍に援助しなかったことは賢明な選択だった

幕府の姿勢は決まっている。つまり戦ってもいいから服属はしないという国策だ。
だとすれば、モンゴルの邪魔をしている三別抄に何らかの形で援助すべきだろう。
秘かに武器や兵糧を提供するという方法もある。それが外交センスというものだ。
賢明な選択だと?単に高麗には三別抄という「戦略的部隊」が存在するということを知らなかっただけ。

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 05:22:31.32
>>216
>他国侵逼難はいいとして自界叛逆難が残っていたと言えるのか?

残っていたでしょ、二月騒動。
歴史の教科書に載ってるでしょ。君こそもう少しどころか、最初から勉強したまえ。

>>217
降伏したから滅ぼされたのとは違うと言いたいのだろうが、細かい御仁だなw

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 06:28:26.43
>>213
>その経典に書いてある通りの災難が次々と起こっていて、残るは他国侵逼難と自界反逆難

この書き方だと自界反逆難がまだ起ってないような書き方じゃないか。
それで自界反逆難が残っていたといえるのかと聞いたんだが。
平安末期から保元・平治の乱を初め源平合戦等々自界反逆など数多く起きている。
これで自界反逆難が残っていたと言えるのかと言っているんだが。

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 06:52:07.72
>>220
>この書き方だと自界反逆難がまだ起ってないような書き方じゃないか

どういうこと?これから起こると予想したんだから、まだ起こってないのは当たり前じゃないの?

>平安末期から保元・平治の乱を初め源平合戦等々自界反逆など数多く起きている。

他国侵逼難も自界反逆難も、平時における内なる反乱を表した言葉でしょ。
当時は、鎌倉幕府が成立し北条氏による得宗専制体制も築かれていたのだから、
北条氏の内紛=自界反逆が残っていたと言えるよね。

222 :221:2011/07/18(月) 06:54:05.00
ごめん、間違えた。訂正ね。

×他国侵逼難も自界反逆難も、平時における内なる反乱を表した言葉でしょ

○自界反逆難は、平時における内なる反乱を表した言葉でしょ

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 07:01:46.88
>>218
>日本から見れば戦略的部隊だ。

> 幕府の姿勢は決まっている。つまり戦ってもいいから服属はしないという国策だ。
>だとすれば、モンゴルの邪魔をしている三別抄に何らかの形で援助すべきだろう。

日本は三別抄など初めから当てにしていない。独力で戦う気でいたし、実際そうして
撃退したじゃないか。それに文永の役までは日本が攻撃されたわけではないのだから
三別抄なんぞに肩入れして日本から手を出す必要は無い。


224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 07:18:13.25
>>221
自界叛逆難 (じかいほんぎゃくなん)
「自界反逆難」とも書く。仲間同士の争い、内乱、自国内の戦争などの難。【仏法用語辞典】

別に北条氏の内紛に限らないと思われるが。

1221年承久の乱
1247年宝治合戦

なんかも自界叛逆難になるんじゃないかな。

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 07:18:37.63
>>223
>日本は三別抄など初めから当てにしていない。

いや、三別抄のことを知らなかっただけだよ。

>独力で戦う気でいたし、実際そうして撃退したじゃないか

つまり国際情勢に疎く外交センスがないってことだろ。
戦うと決めたのなら、情勢を分析し敵の敵に支援するのが外交戦略というものだ。
撃退したのは風が吹いたからで、文永の役は元軍優勢のうちに進められた。

>それに文永の役までは日本が攻撃されたわけではないのだから
>三別抄なんぞに肩入れして日本から手を出す必要は無い。

戦うと決めたのに、何で相手が攻めてくるまで指を加えて待ってるの?
それじゃ、ただのバカじゃないかw 単に知らなかっただけだよ。




226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 07:33:37.49
>>224
>「自界反逆難」とも書く。仲間同士の争い、内乱、自国内の戦争などの難

仲間同士の争い、内乱、自国内の戦争なら北条氏の内紛にぴったりじゃん。
それが起こる前に予想したのだから、「残っていた」ということになる。

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 08:23:57.43
>>225
>敵の敵に支援するのが外交戦略というものだ

敵の敵であっても戦力にならなかったり、信用の出来ない相手なら組む必要は無い。
三別抄が日本に牒状を送った時にはすでに本拠地の珍島を攻め落とされた後だし、
内容的にも信用が出来ないと判断されたのだろう。


228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 08:31:55.51
>>226
>北条氏の内紛にぴったりじゃん

日蓮が北条氏の内紛=二月騒動を予想していたのか?
日蓮遺文のどこに書いてあるのか示してくれないか?

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 08:43:11.15
>>227
戦力になるように支援するのが戦略というものだろw
信用の出来ない相手であったとしても上手く巧妙に使うのが外交センスというもの。
相手が攻めてくることがわかっているのに、ただ黙って待っていることほど愚かなことはない。
日本に援助を求めてきた時点では済州島で戦っていたのだから、
何のことかさっぱりわからなかったのだろう。

幕府の情報収集がまるで成っていない証拠は他にもある。
フビライの使者に捕らえられた島民二人が、首都の燕京まで連行され、
その後日本に返還されたのに、幕府は彼等にモンゴルの事情を聞いた形跡が全く無い。
断固戦うと決めているなら、敵国の様子を知るべきなのに何も聞かなかったのは
まるで情報収集の姿勢が成っていない証拠。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 08:58:02.49
>>228
そうじゃなくて、経典の自界反逆難にぴったりでしょと言ってるの。

ちなみに、日蓮が立正安国論を提出する際、北条時頼の近臣宿谷光則に面会し、
「此事を御用ひなきならば、此一門より事起こりて他国に攻められさせ給うべし」
と陳べたので、宿谷光則は驚いて時頼に取り次いだという記録があるよ。
二月騒動を直接的に予想していたのかどうかは分からないが、
経典根拠に基づいて一門に内紛が起こると推論したのだろう。

何度も言っているけど、超能力的予言ではなく経典分析による推論だからな。
あんたは其処がいまいちわからないようだが。

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:23:16.89
>>229
>戦力になるように支援するのが戦略というものだろ

だから何で日本が同盟国でもない国交も無い国の縁も所縁も無い反乱軍の、しかも高麗正規軍から
本拠地を陥落された敗残兵にそこまで肩入れしなくてはならないんだ?独力で防備を固める方が
いいと判断したならそれでいいんじゃないのか。

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:26:36.05
>>230
>宿谷光則は驚いて時頼に取り次いだという記録があるよ

こんな記録があんの?
出典は何ていうの?

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:28:59.41
>>231
>だから何で日本が同盟国でもない国交も無い国の縁も所縁も無い反乱軍の、しかも高麗正規軍から
>本拠地を陥落された敗残兵にそこまで肩入れしなくてはならないんだ?

日本にとっての「戦略的部隊」だから。
防備を固めつつ、敵の敵に支援をするのは当たり前すぎるほどの外交戦術。

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:39:05.10
>>232
大野達之助氏の『日本仏教思想史(吉川弘文館)』や、
中尾 堯氏の『日蓮(吉川弘文館)』を読んでみそ。
神秘的伝説ではなく歴史的実像として公平に書かれているよ。

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:41:38.51
>>225
>撃退したのは風が吹いたからで、文永の役は元軍優勢のうちに進められた


文永の役は「元史」にも「高麗史」にも戦って負けたと書いてあるが

『元史』巻一百五十二 列伝第三十九 劉通
「十年、遷征東左副都元帥、統軍四萬、戰船九百、征日本、與倭兵十萬遇、戰敗之。」

『高麗史』八十七巻
「十月、金方慶與元元帥忽敦洪茶丘等征日本、至壹岐戰敗、軍不還者萬三千五百餘人。」

日本の史料にも「元軍が戦って負けた」とかいてある。

鎌倉年代記裏書
「十月五日、蒙古寄来、着対馬嶋、同廿四日、大宰少弐入道覚恵代藤馬允、於大宰府合戦、異賊敗北」

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:45:02.85
>>234
日蓮遺文からソースを示せないのかよ?

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:46:15.26
>>231
>独力で防備を固める方がいいと判断したならそれでいいんじゃないのか。

まぁ、あんたがそう思うなら、それはそれで構わないけどね。
今更、鎌倉幕府の外交姿勢を論ってみてもどうしようもない。
ただし、対馬の島民の件でも明らかなように、
幕府の情報収集姿勢がまるでなっていなかったのは、否定しようのない事実だよね。

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 09:52:09.20
>>235
うん、元軍優勢のうちに戦いは進められたけど、風が吹いたから元軍が負けたんだろ。
俺は日本が負けたなんて一言もいってないよ。ちょっと混乱しているようだが、大丈夫か?

>>236
日蓮の遺文から示してもいいけど、公平性を期すために歴史書を読んでもらいたい。

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 10:18:17.64
>>238
>日蓮の遺文から示してもいいけど

日蓮の遺文からソースを示せない理由でもあんの?

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 10:30:42.51
>>239
つーか、日蓮の遺文からだけソースを出したら不公平でしょ。
ちゃんとした歴史書なら、神秘的伝説ではなく歴史的実像が
公平に書かれているから、読んでもらいたいと思ったわけ。
もちろん前掲書にはソースとなる遺文も出ているし、当時の歴史的背景や
前後の事情も詳しく解説されてるから、是非読んでもらいたい。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 11:05:08.43
これか

>余に三度のかうみゃうあり。一つには去にし文応元年太歳庚申七月十六日に立正安国論を
>最明寺殿に奏したてまつりし時、宿谷の入道に向かって云はく、禅宗と念仏宗とを失ひ
>給ふべしと申させ給へ。此の事を御用ひなきならば、此の一門より事をこりて他国に
>せめられさせ給ふべし 建治元年6月 「撰時抄」(真蹟)

この建治元年6月は西暦1275年
二月騒動のあった文永9年2月は西暦1272年
この撰時抄は二月騒動の3年後に書かれたものだ。
こんなもん予言になるかw
事が起きた後に”実は前から言ってました”なんてのは予言でも予想でも推論でもない、
後だしジャンケンて言うんだよ。
こんなのペテンじゃねえか。

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 11:14:49.68
>>241
うん、撰時抄は後から書かれたものだが、それは当時の状況を書き記したもので、
他国侵逼難と自界反逆難が経典に書かれているのは事実でしょ。
そして、それらを引用して警告したのも事実なのだから、別にペテンでもなんでもない。

もう何度も何度も言ったけど、予言じゃなくて経典根拠による推論だからな。
あんたわざとわからないフリしてんだろw

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:00:40.42
ちなみに西暦1274年の文永の役の元軍襲来時期を的中させたとする『種々御振舞御書』が
書かれたのも約2年後の建治二年西暦1276年。そら元軍が来た後で襲来時期を”推論”する
ペテン的手法を使えば誰でも当たるってww

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:02:03.42
>>241
佐渡流罪中に守護代の本間重連が日蓮に心を寄せるようになったのは、
二月騒動が起きたからと言われているね。つまり、当時の人々にとって、
立正安国論が「他国侵逼難」と「自界反逆難」を警告するものである
ということが認識されていた証拠であり、二月騒動が自界反逆難と見られたわけだ。

二月騒動は歴史的な事実なんだから、無理やり否定しようとしても無理だよw 

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:07:32.42
>>243
また無理やり話を逸らそうとしてるw
他国侵逼難と自界反逆難を警告したのは立正安国論。
種々御振舞御書は日蓮の回顧録みたいなもので、警世の書とは全く異なる。

ペテン師はあんただよw

246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:21:12.54
>>243
ところで、話が本題から逸れてしまったけど、
鎌倉幕府が大陸の情勢をほとんど掴んでなかったのは認めたのね。


247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:25:00.22
>>244
>本間重連が日蓮に心を寄せるようになったのは、二月騒動が起きたからと言われているね

誰が言ったんですか?本間重連自身がそう言ったという記録が残されているんですか?

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:31:16.34
>>244
さらに、1274年(文永11年)春に佐渡流罪赦免となり、幕府評定所へ呼び出され、
平頼綱から蒙古来襲の予見を聞かれたのは、二月騒動が起こり例の国書が届いたことで、
立正安国論の内容が真実味を帯びてきたと幕府側が判断したことの傍証になるよね。

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 12:32:59.82
>>247
いや、二月騒動の後、日蓮の待遇が急によくなったことがその傍証。


250 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 13:02:48.14
>>249
これじゃ本間重連が心を寄せたからか、上のものに言われたからかわからないよね。
日蓮の待遇が急によくなったというのも日蓮が勝手に言ってるだけじゃないの?

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 13:08:36.47
>>246
>鎌倉幕府が大陸の情勢をほとんど掴んでなかったのは認めたのね

をほとんど掴んでなかったと言うのはどの程度のこと?
元が襲撃することなど全く頭に無かったってこと?

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 13:22:16.88
>>248
幕府にとって立正安国論なんて大した価値は無いよ。
結局日蓮は幕府に受け入れられなかったんだから。
僧侶の中の単なるone of them。




253 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 19:09:54.99
>>250
>これじゃ本間重連が心を寄せたからか、上のものに言われたからかわからないよね。

日蓮のことだけに幕府がかまってるわけないだろ。細かい命令など下すはずが無い。
現地の最高責任者は守護代である本間重連。

>日蓮の待遇が急によくなったというのも日蓮が勝手に言ってるだけじゃないの?

場所が移動になったんだよ。墓地にある粗末なお堂から、本間氏のの屋敷へ移動となった。

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 19:16:03.36
>>251
>ほとんど掴んでなかったと言うのはどの程度のこと?

まず国書が来る以前には、モンゴルが日本を攻めてくることが当時の常識ではなかったということ。
国書が来た以降は、これからモンゴルと戦うことになるかもしれないのに、ほとんど情報を収集してないこと。

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 19:25:52.74
>>252
>結局日蓮は幕府に受け入れられなかったんだから。
>僧侶の中の単なるone of them。

なにを当たり前のこと言ってるの?w
日蓮が幕府に受け容れられなかったのは当然でしょ。
護国祈祷を日蓮ひとりに任せることなんて、統治権力がそんな事出来るわけないでしょw
それと立正安国論の内容が真実味を帯びて来たと、幕府が判断したことは別。

あんたさぁ、反論もいいけど人の言ってることをよく聞いてからにしてくれよw

256 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 19:48:29.49
宗教の開祖には不可思議な霊験譚が多く、確認のしようがないことが多い。
たとえば、空海の場合も口に明星が入ってきたとか、彼自身が大日如来に変身したなどという事も、
歴史学的に見れば象徴的な伝説とみるべきで、歴史的事実と決め付けるわけにはいかない。
だが、密教の信者にとってみれば精神的な真実であり、そこに科学的検証を求めるのは間違い。

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/18(月) 20:39:13.29
>>255
>>250->>252は、自分に都合の悪い部分はスルーしたり話を摩り替えたりして、奇妙な絡み方をしているな。
おそらく、前から寺社板に棲み付いて、宗派間の対立を煽っている層化野郎だろう。
毎回、いろんな立場に成り済まして、相手を錯乱させようとするから相手にしないに限る。

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/20(水) 06:55:52.54
>>192

美味しいよね

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/22(金) 11:01:49.69
糞日蓮

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/24(日) 01:21:05.15
時代を考えると日蓮聖人の方法論もある程度理解できる。
念仏全盛、さらに民衆に経を理解できるものが
どれ程いただろう。

法華経にはいろんな仕掛けがあって、例えば
方便品なんかは最初のほうに持ってきていて
わざと早めに種明かししてる。
本来どの場所でもあまり変わらないんだけど。
「仏だってけっこうウソをつくんだぜ」と宣言してしまう凄さと
同時に深い意味での誠実さを感じる。
つまり「法華経なんかをそっくりそのまま信じちゃいけないよ」
と暗にほのめかしていないだろうか。

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 18:21:06.21
糞日蓮を理解できるとは、

262 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/26(火) 18:46:37.05
>>261
錯乱厨乙。


263 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 18:11:08.22
アホ日蓮理解して時間の無駄だろう。
数学でも勉強してた方がましだろう。
糞日蓮の訓えにまともなものは無い

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 19:23:58.39
これは便利! お題目唱えながらちょっとエッチな社会勉強 お●こ祭り
ttp://www.youtube.com/watch?v=OfB3RgCBYAc  ※エロ注意 ※18禁

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/07/27(水) 21:55:26.08
>>263
じゃあ、こんなところで遊んでないで数学の勉強しろよw


266 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/07(日) 10:53:11.20
>>131
>自分は天台宗信者

そんなこと御書にあったっけ

267 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/08/07(日) 19:43:47.85
TS

268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/09(火) 22:09:01.43
>>260
それじゃあ、「真実」ということがその後、度々語られるのは
どう理解しているわけですか

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/09(火) 22:10:58.11
日蓮宗としゃべってみろよ。

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/09(火) 22:15:02.00
菅直人は真言宗信者

彼が総理に就いて亡国の現象が頻発

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 18:18:10.06
五時八教やその他の経がシャカの直言じゃない
後世の人が創ったものだ
日蓮はブッタなのだからシャカの仏経じゃなく
新たな仏の宗教となるので、五時八教やその他の経や仏法は意味を
なさない


272 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 20:39:42.49
そしてその肝心のブッダが後世の人の創った経に依って語って、後世の人の創った教判を論拠にしてた余りに悲し過ぎる史実と現実。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 22:04:48.37
>>271
>日蓮はブッタなのだから

日蓮が自ら自分がブッダだと言った文証があるんですか?
日蓮の真撰の遺文から示して下さい。

274 :zone:2011/08/10(水) 22:37:24.55
>五時八教やその他の経や仏法は意味をなさない

↑日蓮の法華経観を根底から否定してる事に気が付かない人(笑)。



275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/10(水) 23:22:19.97
>>271は、正宗でも層化でもないよw

いつもの宗派間の対立を煽る荒らしの燃料投下だよ。みんな相手にすんな。


276 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 20:17:33.36
最近の密教信者は曹洞宗檀家なんだそうな
曹洞宗も含めて亡国の宗派としていいらしい
密教信者からのタレコミ

ちなみに、菅直人氏の四国めぐりについての話題から

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 20:32:39.81
>>276
つ離間の策

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/12(金) 20:37:32.90
ていうか
別ネタふりの策は都合が悪くなった密教信者の常套手段

279 :007:2011/08/15(月) 17:34:16.10
日蓮宗と日蓮正宗と日蓮講と創価学会と立正佼成会の関係が良く解りません。
教えてください。

家に日蓮講が来たのですが、彼らの目的は一ない何ですか?
これも教えて下さい。

お願いしまする

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/15(月) 18:51:50.73
ここってえ 日蓮さまの教えについて 話し合っているスレですかあ?

くわしい 人に おしえてほしい ことがあるんですうう

わたしのお 夏休みの宿題に 妙法蓮華経と南無妙法蓮華経の関係について

書きなさい ってのが あるんですよぉ

四十余年 未顕真実法華経 正直捨方便 但説無上道 の

法華経で 南無妙法蓮華経 をしなさいって書いてある場所を

ぜひ おしえて くださ〜い

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/16(火) 03:16:13.15
>>279
創価学会と立正佼成会は有名だけど、日蓮講って何?


282 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/16(火) 03:55:31.48
>>279
日蓮正宗の日顕が池田大作氏を破門、当時の門下集団であった創価学会を正宗にねじ込もうとしていた(C(カット)作戦)。
だが、それに反発した学会員が池田氏と共に分離独立し、現在の構図になった。

創価学会の前身、創価教育学会は戦前に牧口常三郎・戸田城聖両氏が設立した。

ちなみに池田氏破門の実態は日顕の嫉妬と(学会側談)言われ、それに反発した学会員が自分達の主義主張をまくし立てて坊主共を思考停止させた。

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/17(水) 00:18:44.43
>>反発した学会員が自分達の主義主張をまくし立てて坊主共を思考停止させた。

小樽でのアノ日だよねー

284 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/17(水) 03:24:26.39
>>281
法華講のことでは?

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/17(水) 19:08:37.93
日蓮聖人と念仏信者が交わした塚原問答の法論内容を知りたいのですが
お分かりになる方がおりましたら、何卒教えて下さい。

また、どこかのサイトに記載されていないでしょうか?

286 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/08/18(木) 03:36:59.58
>>285
問答の内容はさすがに残ってないんじゃないの?
ただ、文永9年1月16日に、佐渡全域はもとより北陸東北辺りの念仏・天台・真言
の坊さん達が一斉に集まって、日蓮さんと法論を交わしたことはわかってるけど。
更に僧侶だけでなく、在家の人達も集まって口々に日蓮さんを罵ったというから、
さながら人民裁判みたいな雰囲気だったらしいよ。

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/19(金) 19:52:54.96
日蓮さんサイドの文献なら
圧勝したらしいけど 史実はどうなのでしょうね

288 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/08/20(土) 02:21:12.53
>>287
ただ衆人環視のもとでの問答(MCバトル)で敗れたら、
僧侶としては改宗しなきゃならないから、圧勝かどうかは知らないけど、
一応は勝利を収めたんじゃないの?

たとえば、ラップの世界では観客の前でMCバトルに敗れたら、
ラッパーとしてはグッと格が落ちてしまうからねw
Kjなんてzeebraにdisられてもアンサーすらしなかったから、
リアルなファンはdragon ashから一斉に離れてしまったでしょ。

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/20(土) 12:15:19.49
ラップとお経って似てるかもね

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/21(日) 20:42:30.89
その後の扱い方から考えれば事実で間違いないでしょう



291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 04:36:00.05
>ちょっとググッって見たんだけど伊豆流罪に繋がった逮捕の理由って書いてないね。
日蓮の草庵が焼かれたという理由=騒乱の罪なのか御成敗式目第十二条 - 悪口咎事なのかで
不当判決かどうか変わると思うけど。
騒乱の罪なら不当判決ぽいけど悪口咎事ならその通りって感じ。
どっちかわかる資料とかありますか?


292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 06:36:57.63
>>291
>日蓮の草庵が焼かれたという理由=騒乱の罪なのか御成敗式目第十二条 - 悪口咎事なのかで
>不当判決かどうか変わると思うけど。

妥当か不当かは見解がわかれるところですが、いずれにせよ幕府の裁決は明らかに不公平な裁決ですね。
日蓮が「第12条違反」だと認めるにしても、それに対して草庵を焼き討ちした念仏僧達の罪は
一切問われていないからです。もちろん放火・騒乱はいつの時代も重罪です。

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 10:03:50.66
>>292
>放火・騒乱はいつの時代も重罪です

念仏側が放火したというのは事実として確定したものでしょうか?
揉み合いになった時にろうそくなんかが倒れて火が付いた(失火)などは考えられませんか?
念仏側の誰某が火を付けたということが日蓮側の言い分だけでなく
事実として証明されているのでしょうか?


294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 10:18:53.14
>>293
さぁ、昔のことですから真相はわかりませんねぇw
ただ、念仏側がそれに対して公式に反論していないので、
事実と看做して良いのではないでしょうか。

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 12:02:16.30
>>285です
塚原問答について教えて下さりありがとうございます。

やはり問答の詳細はわかりませんか。勝った負けたの結論はありますが
どう始まり流れどう決着したか・・記録してくれていたらと
一説には法然の捨閉閣抛の言葉についてとも聞きます。ただこれだと
問答対象が浄土宗のみになるとも思います。

あと念仏側代表の坊さんは弁阿と聞きましたが、浄土宗の坊さん?
どれほどの地位の坊さんだったのでしょうか。まさか下っ端じゃないですよね

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 13:34:07.86
>>294
念仏側は放火を公式に認めているのですか?
真相がわからないのに事実と見なすのは無責任ではないですか?

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 15:07:04.08
>>296
念仏側が間違いなく浄土宗というなら
公式に認めるわけないでしょう そもそも浄土宗の預かり知らぬことじゃ
ないですか 単なる教えが違う者同士の小競り合いにしかみないでしょう
だから言ったもん勝ちじゃないですか

本気で法論するなら責任をもってそれなりの者をよこすでしょう。
でもそうじゃないらしいからね 近くの念仏寺坊主ぐらいじゃない

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 15:09:21.70
佐渡の塚原って辺境での法論ですからね
本気でやりあうなら もっと別の本格的な場所でしょう

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 15:46:20.39
佐渡の守護代に日蓮殺害許可を得ようとしたが違法として退けられ、
法論で決着を付けよと命じられてのことですからね。
塚原は日蓮が幽閉されていた場所なので、そこの近くに数百名の
僧侶や民衆が集まって公開問答が行われたのでしょう。

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 16:41:58.51
塚原はそれはそれで意味がありいいのだが その後が無い
浄土宗(一坊主じゃなく宗代表といえるほど)VS日蓮のガチ法論ってあったの?

その後が無いとすれば、塚原で味をしめたとは言いたくない。

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 19:32:56.84
日蓮の遺文をちょっと調べたんですが草庵炎上について日蓮が”放火された”と言っている
個所は見当たらなかったんですが私の調査不足ですか?あるならお示しください。
また幕府裁定に関して、そもそも日蓮側が放火について幕府に訴えた記録はあるのでしょうか?


302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 20:43:18.04
教学的に考えて浄土宗は日蓮宗に勝てるんですかね?

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/24(水) 22:30:16.18
>>302
あたなが日興上人の流派だと面倒だけど、日興上人の流派以外の
宗ならば・・・勝てはしないけど負けもしないと思うよ 
その前にどちらが勝っているかという比較をしたいの?
方向が違うだけでどちらも素晴らしいじゃ答えになれない?

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 03:29:36.57
人の心へのアプローチの仕方が違うだけで、勝ち負けはないでしょ。
つーか、いまどきコップの中の荒らしに何の意味があるのかねぇ?
日本人の宗教離れが止まらない中、宗教人同士で喧嘩なんかしてる場合じゃないよ。
日本経済が未曾有の危機なのに、宗教論争なんてしてたら一般人は余計離れていくよ。

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 06:25:57.17
つ四箇格言

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 06:46:48.59
>>305
正宗系の団体はいまだに四箇格言に拘ってるんだなぁ。

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 11:31:04.31
>>306
日蓮宗全体が四箇格言を守っているがなぜ正宗系だけだと思っているのか不思議。

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 11:51:29.55
>>307
日蓮宗全体が四箇格言を守っている? ホント?
四箇格言には納得していても その実践活動や言論を聞いたことが無い
全体っていっても近くの日蓮宗(複数寺院)僧侶は何もしていないよ

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 12:11:46.23
守るとなれば 何かやっているんですか

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 14:37:42.42
>>307
>日蓮宗全体が四箇格言を守っているが

へぇ?いまだに四箇格言を頑なに守ってるのなんて正宗系の教団だけだろ。
この前、ウチの寺の新年団体旅行では成田山新勝寺に行って来たよ。
日蓮宗で原理主義に拘ってるところなんてないんじゃない?

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 14:49:16.26
四箇格言については宗祖日蓮聖人の言葉だから否定はしないだろうが
だからといって四箇格言(聖人の他宗排他思想)通りに何か行動するって
事はないんじゃない

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/25(木) 17:57:08.10
>>310
あなたを含め他の人のレスを見ると正宗系のうち日蓮正宗・正信会・創価と日蓮宗の行動に変りはない。
顕正会についてはよく知らない。

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 04:05:52.55
松葉が谷の草庵炎上について日蓮自身が放火されたとは言わず、幕府に訴えた記録も無いとすれば
当時の日蓮集団は放火との認識は無かったんじゃないですか?
だとするとあまりいい加減な事は言わないほうがいいんじゃないですか?

314 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/26(金) 14:49:42.07
>>312
>行動に変りはない

どのような行動ですか?
具体例と理由を示してください。

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/08/27(土) 00:34:58.15
富士門流とそれ以外とでは、間に大きな壁が有る。
別物だな

316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/05(月) 13:44:37.55
>>292
当時の幕府の考え方は、
(公に被害が出ない限り)「役所の前に死体が転がっていても、訴える者がいなければ放置。」に近い。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/05(月) 14:59:47.20
静岡の日蓮正宗総本山大石寺からちょっと離れたところに、日蓮宗大本山北山本門寺が
ある。あそこも教義的には富士門流だな。正宗系の信徒よ、北山本門寺の御本尊を拝んで
みて仏罰が当たるかどうか試してみれ。

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/05(月) 15:08:35.08
>>316
火付け僧侶達のバックには北条一門の人間が付いてるから、訴えても無理でしょ。
今みたいに三権分立もないしマスメディアもないから、統治権力の恣意的裁判はいくらでも可能。

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/05(月) 15:13:09.26
>>316
>(公に被害が出ない限り)

鎌倉幕府でも「放火・騒乱」は訴えがなくても調べが入るよ。公的被害の元だからね。

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/07(水) 23:40:30.70
日蓮糞坊主

321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/08(木) 10:58:42.49
信長が生きていた時代に、阿弥陀の門徒坊主と蓮宗の坊主が
法論を交わして、門徒の坊主が質問した『妙』の意味は何であるか?
に応答できず日蓮側が敗退ザックリ法論負けした歴史上の事実がある。
『妙』の一文字これについては現代ならばきちんと説明できるのである。
梵文法華経を訳したクマラジーバ三蔵が <サツ即ち正>と
すべきを<正より妙のほうがいっそう有難そうだ>と意図的に飾り誤訳したのが真相だ。
 菩薩は正しい悟りを求める仏弟子のことであり源語の薩が漢語の正の意味になる。
法華経の題字は正法蓮華経と翻訳するのが本義であり、この正は菩薩の正になるわけ。


322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/08(木) 11:11:37.89
321の続編、学問の世界では当然の共通認識事項を受け入れられない
人たちが数多いる。
教祖や布教師の言葉を信じているのであって、経やバイブルを信じているのではない
のでしょう。
積年の蒙を開く事やもっと視野を広げる、宗門以外の学問成果にも
目を向けることが必要でしょう。
仏に対する信心が盲信や迷信に陥らないためにもです。

323 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/08(木) 12:18:01.10
先祖供養とか、もともと仏教とは何の関係ないよ
関係がないと困る人間(例えばそれで食ってる坊主ども)が先祖供養は坊主にお布施して初めて成立すると言ってるだけ
極端な話、たとえ日本で仏教が滅びても、日本人は相変わらずお盆や彼岸にはお墓参りしてるだろうね
そういう民族なんだよ、でもそれじゃあ都合が悪いからここで暴れてる奴がいるわけだが

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/08(木) 18:01:36.03
>>323
すれ違いだボケ

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/08(木) 22:30:54.69
321の続編、経題を訳する。
梵名  サッダルマ フンダリキャラマ ソタラン
逐語訳 正法     蓮華       経  
この正法は菩提サッタが行うべき佛法である。
 これに付きご意見お待ちします。

326 :zone:2011/09/08(木) 23:24:33.35
>宗門以外の学問成果にも目を向けることが必要でしょう。

これは良い事だが、satの意味は「正しい」だけではない。

正(right)というのは語根√as(to be,to exist)から派生した意味の一つだね。

KumArajIvaがsatを「妙」と訳したのは意訳(或いは超訳)であり、誤訳とは云
えないんだよ。

327 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/08(木) 23:25:31.12
>>325
正義同士の戦争が世界中で繰り広げられている様子を見ると、
やはり「正」より「妙」の方がいいよね。

328 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/08(木) 23:33:47.75
>>326
これはzoneさん、ご無沙汰しております。

以前、zoneさんにいろいろ教えていただいたものです。

その節は誠に有り難うございました。

329 :zone:2011/09/09(金) 00:06:43.07
>>328 

ええと、どちら様でしたかな?

まあ兎に角、ご丁寧に有り難う。

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 03:46:39.52
旦のスレに”妙”って道教におもねって付けたとか何とかってあったな。

331 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 04:02:02.60
旦はやめとけwww


332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 05:05:32.32
旦て日蓮宗にも相手にされてないのかww

333 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 05:13:38.99
当たり前だろw

334 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 06:11:19.94
そもそも旦って顕正会か何かだろ?

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 07:53:39.12
旦は妙観光

336 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 09:02:36.40
糞日蓮について語り合おう。
日蓮の全ては糞である

337 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 09:59:38.01
>>336
うるせー旦!


338 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 14:52:42.52
そういえば、旦って最近見ないな。
元気にしてるのかな?w

339 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 17:45:52.56
>>338
春先に菅ちゃんにフられたのがショックで2ちゃん辞めるって言ってたけどw

340 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 19:01:20.03
>>339
それは知らなかったw
しかし菅ちゃんは旦の手に負える女じゃないよなww


341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 20:29:19.60
326氏へ、親切感謝します。然し<妙>は粉飾的意訳と申すべきだと思いますね。
チベット訳に接した、河口慧海師の報告で漢訳では十如是になっている
経文の箇所が五如是になっていると明確に言います。
日蓮宗の坊さんがここぞと何度も繰り返して読み上げる大事な所ですね。
この如是数の問題は河口師のみの報告ではなくして、各地から出土している法華経原典
にも五如是となっていることから検分しても、此処はクマラジーバ三蔵が意図的に
五を十に付け加えたとほぼ確定しています。
一念三千の何たら間たらの教学が成り立たないと河口師は記述しておられます。
         資料は講談社学術文庫第二回チベット旅行記に記載

342 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/09(金) 20:45:17.18
やっと見つけたw

>【南無妙法蓮華経を唱えなさい 七】
>119 : 名無しさん@京都板じゃないよ : 2011/01/11(火) 16:38:06
>少し題目についてまじめに考えてみる。
>南無は言うまでもなく、帰依を表すサンスクリット語Namahの音訳で漢字自体には意味はない。
>次に妙法蓮華経の方は見てみる。
>サンスクリット語の原題の意味に近いのは、漢訳では竺法護訳の正法華経。
>サンスクリット語のSaddharmaとは正しい法という程度の意味しかないからである。
>従って、蔵訳のタイトルである「正法の白蓮華と名付ける大乗経」も原題に近い。
>で、肝心の羅什の妙法蓮華経だが、そもそも妙という言葉が六朝道家思想で好んで用いられた
>言葉で、もともと道家思想の根本原理である道の優れた働きを形容する概念である。で、羅什が
>あえて正法ではなく、道家系の妙法の言葉を選んだのは、当時の玄学を好んだ中国の知識人の
>嗜好に会わせたものらしい。
>となると、妙法蓮華経という言葉は道家的ニュアンスが濃厚に入り混じった言葉で、以上を踏まえる
>と、宇宙の根本原理である道の優れた働きである法の蓮華の経となる。
>故に題目を唱えることは中国道家思想の原理である道への帰依の表明をも意味することになる。

>以上、まじめな話、終り。


343 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 21:36:35.28
>>341>>342
この経典の漢訳は十数種類あったといわれているけど、完訳が残っているのは、

鳩摩羅什訳「妙法蓮華経」
竺法護訳「正法華経」
闍那崛多・達磨笈多共訳「添品妙法蓮華経」

の三種類ですね。確かに竺法護の訳も論考に値すると思いますが、
puNDariikaの意味は「因果具足・清浄な白蓮華」といった意味ですから、
「華」というだけでは意味が足りず、やはり「蓮華」と訳した方が
原典的にも仏教思想的にもいいような気がしますね。
さて本題の「正」か「妙」かですが、

>然し<妙>は粉飾的意訳と申すべきだと思いますね

sadは「正しい」の意味のほかに「不可思議な」「人智を超えた」「優れた」
という意味がありますね。羅什が当時の中国の知識人の思考に合わせかどうかは
羅什の真意を確かめるより他ありませんが、「妙」という字が人智を超えた
優れた働きを形容する概念であるならば、「妙」という訳は誤訳とは言えないでしょうね。

344 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 21:45:12.47
>>341
更に言えば、「人智を超えた優れた働き」というのならば、
それは言語で表現する事は不可能であり、文字面に拘る必要もなくなってしまいますね。

345 :zone:2011/09/09(金) 21:56:45.12
>>341

十如是の部分は、羅什が大智度論の説を踏まえて訳したからそうなったらしいですね。

学者によっては五如是も十如是も意義においては変わりは無いとする意見がありますが、
では一念三千はというと一寸苦しい説明になりそうです。

俺的にはそれはどっちでも良いんですが(笑)、文底秘沈とか事の一念三千=ヒゲ曼荼
羅とかまくし立てられると、根拠は?と反論したくなりますね。

346 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 22:17:12.06
そして更に話を拡大すれば、宗教というものが誕生したのが数千年前のことです。
これは地球が誕生したのが約46億年前、さらに宇宙の創世ということを考えると
宇宙物理学の世界でも完全な答えが出たわけではありません。
つまり、宇宙的な視野で見れば宗教の誕生などごく最近の話であり、
なにが「正」かを決め付けることは言語や思想では語れないのではないかと考えています。
したがって、「人智を超えた優れた働き」と言うならば、ウィトゲンシュタインの言うように、
「語り得ぬものには沈黙せざるを得ない」のではないかと思っています。
「正」か「妙」かどちらなのかという話は、便宜的な話でしかないと思いますね。

347 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 22:27:11.67
>>345
>俺的にはそれはどっちでも良いんですが(笑)、文底秘沈とか事の一念三千=ヒゲ曼荼羅とかまくし立てられると、
>根拠は?と反論したくなりますね

そもそも「妙法」なのだから、鬚曼荼羅とか事の一念三千などという教学も最終的には不要のものでしょうね。
日蓮も晩年には親鸞の自然法爾の世界と似たような世界に入っていたようですから。

348 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 22:39:48.42
>>346
釈尊の十無記の話と考え合わせると、「語り得ぬものには沈黙を」ということも一考ですね。
宗教が人智の産物である以上、宗教によって人智を超える世界を捉えられるはずもないのであり、
となれば宗教論争によってこの世の真理を獲得できるはずもないわけで、
結局、各々の人生を引き受けて各々の道を歩むしかないのでしょう。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 23:08:44.85
>>341
いろいろなことを考え合わせると、晩年の河口慧海師が僧籍を返上し、
「在家仏教」を提唱したことも非常に意味深いものがありますね。

350 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/09(金) 23:47:28.41
>>342
ワロタww

旦は今年の年頭辺りまではまだ元気だったんだな。
春先に菅ちゃんにふられて2ちゃん止めたのは本当だったのか?w

351 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/10(土) 17:58:27.54
日蓮は糞です。あの世では神に対し贖罪を行い詫びながら暮らしている。


352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/10(土) 20:15:17.82
はぁ?

353 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/10(土) 20:50:02.56
ほう

354 :zone:2011/09/10(土) 21:51:59.91
>>347-348

最終的にはそうなるのかな。が、生きているうちは「最終的」になったよう
で案外ならないもんかと思います。最終が又新しい始まりであるような世界
観が大乗の根底にあるかと。

ウィトゲンシュタインの「語りえぬものには…」は有名ですが、大乗の論師
達は言語による相対的な真理(俗諦)と語りえぬ絶対的な真理(真諦)を最
初から前提として語っている(二諦)所が現代哲学の遥か先を行っていたと
云えます。

355 :名無しさん@京都板じゃないよ :2011/09/10(土) 23:04:57.93
>>354
>最終的にはそうなるのかな。が、生きているうちは「最終的」になったよう
>で案外ならないもんかと思います。最終が又新しい始まりであるような世界
>観が大乗の根底にあるかと。

そうですね。ただし忘れてはならないことがあると思います。それは現実救済です。
仏教が哲学的側面を持ちながらもやはり宗教に位置づけられるのは、そこに現実的
に苦しむ人達を救済するという、宗教としての大前提が存在するからです。

確かに救済に至る根拠を論理的に思惟することは必要ですが、それはあくまで現実救済
が目的であって、目的を忘れてしまえばただの論理ゲームに堕してしまう恐れがあります。

日本には天台・真言・禅・日蓮・浄土等々、実に沢山の宗派がありますが、
私はそれぞれに救済の理があると考える人間です。故にそれが人々の救済に結びつくのならば、
どの方法でも構わないと考えています。大切なのは社会への関わりであり貢献でしょう。

日本人の仏教離れが指摘されている昨今ですが、それは仏教界の社会に対するコミット不足が
その根底にあるのでしょう。たとえば仏教界は島田裕巳を蛇蝎の如く嫌っていますが、
彼は単に日本人の仏教界に対する意識を代弁しただけであり、彼をいくら批判したとしても
日本人の仏教離れは止まらないでしょう。

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/11(日) 00:50:06.90
>>355
仏教で自分たちも救われてないのに他人を救うとは、片腹痛い。
一番苦しんでいるのは仏教の坊主どもだ。

357 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/11(日) 07:34:35.27
>>356
つ菩薩

358 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/11(日) 12:06:43.00
317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/05(月) 14:59:47.20
静岡の日蓮正宗総本山大石寺からちょっと離れたところに、日蓮宗大本山北山本門寺が
ある。あそこも教義的には富士門流だな。正宗系の信徒よ、北山本門寺の御本尊を拝んで
みて仏罰が当たるかどうか試してみれ。

おいおい カルト教団の巣窟じゃい 罰当たりども 似非日蓮宗
原発の対応に文句も憑けず、連立 朝鮮人とか? 総本山?おもちゃのお寺ですw

359 :341の続き:2011/09/12(月) 00:37:47.54
ある有名な現役の宗教家が発言しています。
大意『法華経は仏教の入門編であって、仏道の最終段階ではない。
  仏教用語や経文を学ぶ教材としては適当だが、欠陥がある。
  そこを理解把握して次に進むべきだ。
  わたくしも○年間一心に法華経を修行したが、大きな欠陥に気が付き離れた。
  然し今も感謝はいたしています』だそうです。
 小生も色々なとまでは行きませんが、創価学会の人達に反論するための材料として
 資料を見た時期があります。
  法華経はかなりの年月(数百年単位)を掛けて分量が増えていった経典だと思います。
 その証拠は、28番目の陀羅尼品の存在そのものにあります。
 これは初期の密教経典の様相を呈しているのです。
  これの意味を理解できますか?そして29番目が無い理由もです。

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 01:02:32.81
>>359
>ある有名な現役の宗教家が発言しています

これも、ある有名な現役の宗教家の発言なんですが、
大意「法華経は仏教の最終段階であって、いきなりここから入るのは無理がある。
  他の経典を学んでからでないと、その真意をはかることは難しい。
  何の独自の哲学も薬になる話も書かれておらず、単に宇宙神話の物語に終始しており、
  他の経典と比べれば大したことは書いてないように見えるが、それは他の経典を
  修していないからだ」ということです。

法華経のみならず、大乗経典はおしなべて相当な分量を有しますが、これは余程の天才か、
或いはかなりの数の人々によって、長い年月をかけて作られたものだからと言われています。
そして仏教の最終段階が何処にあるのか?高名な宗教家でさえ見解が分かれるのですから、
これはもう言語や思想でこれだ!と決め付けるわけにはいかないでしょう。
禅・浄土・日蓮などの鎌倉新仏教は、大衆布教という歴史的命題を荷っていたので
「専修」という方法を取り、それを唯一のものとして打ち出しましたが、現代の我々は
それに捉われる必要はなく、自分に縁のある、もしくは自分がこれだと思った道を歩めば良いのです。

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 01:18:12.86
(補足)
ちなみに周知の通り、文献学的には法華経は初期大乗経典に位置づけられますが、
もちろんそんな事は承知の上で、自らの思想信仰的な意味合いでそう仰ったのです。


362 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 08:25:26.50
>>359
>28番目の陀羅尼品

陀羅尼品は26番目

363 :zone:2011/09/12(月) 09:33:08.78
>>355

仏教の社会へのコミットですが草の根では結構あるんですよ。他宗だけれどうち
の近くの尼寺はDV被害女性のシェルターになっています。
所謂「女駆け込み寺」です。

DV等に限らず、我々の本当の悩みというのは極めてプライベートなものですから
大抵外に出せない訳。又シェルターに匿われる人はいわば無力な人が多いと言う
事もあります。

こうした草の根かつ日陰の活動は、そこに関っている人間やお寺の活動に関心の
ある人間のみにしか分からず、従って公にならない事が全てと言って良い。

社会と言う言葉は実に多様な側面があり、日に当る部分だけでは中々判断し難い
のですが、仏教の社会へのコミットとか現実救済への関心そのものが未だ一部の
取り組みに留まっていると言うのは事実でしょう。


364 :341の続き:2011/09/12(月) 11:46:05.57
>>362,ご指摘ありがとうございます。
   ついうっかりしました。
 法華経と密教を融合させて、それから法華経を上にすえようと苦心して
 とうとう完成出来ずに最澄は世を去りました。
 円仁以降の弟子たちの修行様式はご存知の通り、真言宗とそっくりです。
 漢訳法華経にも当時のインドに流行が始まった密教思想との影響が一部にあります。
  これ以上の増加は法華的思想上不可能となり創作が止まったのではないでしょうか。
 旧い時代の無いものは特定できない、この場合もそのようです。
 

365 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 12:42:28.99
>>364
29番と30番もあるよ。偽経扱いされて普及しなかったけど。

366 :341の続き:2011/09/12(月) 14:17:45.13
>>365ありがとう御座います。
それは初耳情報でした面白いですね。
法華経の成立をとやかく言っていると、次第に経全体の成り立ち
初中後が曖昧になって来ることが判ります。
結論を急がなくても好いのですが、仏陀釈尊は霊鷲山説法の会座で
妙法連華経を説いたなどと言う事実は無いのです。
ついでに言うと、あの有名な般若心経も釈迦は説かれて居ません。
弘法大師は鷲山説法の座に居て吾は聴聞したと心経秘鍵の末尾に書かれていますが
これこそ大師一流の文章表現で、彼は相当人間が太い御様子です。

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/12(月) 14:34:28.61
>>366
>法華経の成立をとやかく言っていると、次第に経全体の成り立ち
>初中後が曖昧になって来ることが判ります。

>仏陀釈尊は霊鷲山説法の会座で
>妙法連華経を説いたなどと言う事実は無いのです。

>ついでに言うと、あの有名な般若心経も釈迦は説かれて居ません

仏教学では常識だね。日蓮宗の人間でもみんな知ってる。
知らないのは正宗系の新宗教の人達(学会とか顕正)だけ。
あんまりああいう人達を相手にしない方がいいよ。放置に限る。

368 :341の続き:2011/09/13(火) 19:00:18.15
相当以前のことです。
日蓮宗の僧侶 彼は中山法華に所属するよくある流派であるらしい
のですが、仏壇を開眼するらしき場面に立ち会ったことがあります。
経文を上げてそれで終わりかなと思ったら、まず井桁九字を木剣で切ります。
作法の最後に木剣で字を書くのですが、なんと梵字で大日如来の字を
書き付けて居りました。
これでは、真言密教のお御霊入れと何等変わらないわけです。
何故そうするのか?とたずねると師匠から習ったママでやっている。
とのお返事でした これでは日蓮の四固格言は有名無実ですね。
日蓮宗は祈祷も相当やるのですが、実態は密教の様式が必要なのです。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 19:40:57.70
>>368
君が言ってる事は、日蓮宗の入門書レベルのことばかりだね。
ここで言っててもただの煽りだよ。無意味にageる理由もわからない。
宗教板で正宗系の人達に教えてあげたら?

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/13(火) 22:43:36.45
>>369
ほっとけよ。いつもの釣りだよ。


371 :341の続き:2011/09/14(水) 00:38:36.04
369は釣りだな。 このような場面つまり、日常の信仰の対象である
仏壇の開眼供養に、何故日蓮宗僧侶が梵字で大日如来の種字を
使用するのか?阿字の荘厳型であるアーンクを木剣で切るのである。
真言宗では三鈷や独鈷を使用する場面である。
これでは日蓮の意思に全く背いていると見えるのだが。
これは専門の祈祷専門の僧侶でなければ返答は不可能であろう。

372 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/14(水) 00:48:05.26
>>371
あんたが釣りだよ。
日蓮の思想に密教が深く関わっていることは、
日蓮宗の人でちょっと詳しい人なら誰でも知ってる。

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/15(木) 18:56:47.41
屑日蓮の何語ることあるんだか?

374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/15(木) 23:47:38.92
おーい、あの汚い字の曼荼羅もそうじゃね?
左右に書かれているヒョロヒョロ草みたいなのは梵字で不動尊と愛染尊というじゃねえか?
「真言亡国」と言ってた人なのにね。。。

375 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/15(木) 23:58:15.97
旦は元気かなぁ?
菅ちゃんに振られた心の傷はいまだに癒えないのかね?

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/16(金) 07:00:12.85
旦さん、この5月に開設したばかりの新ブログも閉鎖しちゃったみたいだね。
2chに名無しで書き込みしてるって白状してたけど。

377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/16(金) 13:55:52.90
474,日蓮の書き込んだ曼荼羅が汚いか判断はさて置きます。
そうなんですよ、あの不動明王と愛染明王の梵字いわゆる種字(シュジ)です。
小生は梵字の書道が理解でき、ある程度読めます。
日蓮宗の曼荼羅の梵字は、誤字と言っても一向に構わないものです。
切り継ぎの書法をまるで知らない人物が見よう見まねで其れらしく書いたものです。
推測するに、日蓮は梵字シッタンの伝法と伝授を受けていない様子です。
天台宗僧侶なら小僧の時代に梵字書道は必修の筈なのですがねぇ。
指摘する不動の梵字にはちょっとしたコツがあって、そこが抜けると字にならない訳です。

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/16(金) 14:15:29.00
>>376
アイツ、ブログなんてやってたの?知らなかったわ。
どんな内容だったのかな。まぁどうせ電波飛ばしてたんだろうけどw

でも、旦のヤツ、今は2ちゃんに名無しで書き込んでるんだね。
なら、元気でやってるんだな。ならいいか。

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/16(金) 21:45:32.24
>>59
涅槃経の戦争肯定について、詳しく教えて下さい

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/17(土) 00:55:04.61
日蓮正宗、創価学会、顕正会の猛省を願う
http://blogs.yahoo.co.jp/shounanboy01
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=shounanboy01

381 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/17(土) 03:13:45.46
日蓮宗ってやたら本山級の寺が各地にあるから不思議に思っていたけど
日蓮を祖とする弟子達が拓いた各寺院の集合体に過ぎないんだな。
ある京都の日蓮宗のお寺でボランティアの人(恐らくその寺の檀家の
人だと思う)が「にっしんしょうにん」がどうこう言ってたので
それは鍋かむりの日親上人のことだと思い「日」に「親」と書くのでしょ
と尋ねたところそのボランティアのおばさんは恐い顔で「日」に「審判の
審です」といわれた。 その点では浄土宗や浄土真宗や曹洞宗などと異なり
同宗派での横の繋がりは希薄なんだと感じた。

382 :なう:2011/09/18(日) 16:22:39.38
顕正会なう〜 うちのアパートにきたで〜
大聖人に背くと日本は滅びる本で勧誘しよった
「私達は正しい正しい」っていうから 何が?って聞いたら
なんみょうほうれんげきょうが正しいって言いよった
でなんで正しいのか説明してよって言えば大聖人が言って
いるって! それで見ず知らずの人が納得できると思っているんだね
勧誘するならちゃんと勉強して説明できるようにお願いします

あっ 心と宗教板にカキコすればよかった?

383 :マラルメ:2011/09/23(金) 14:01:22.83
高野山にある歴史上の有名人の墓の中で何故、日蓮の墓だけが離れた山の中に有るのか、知ってる人教えてください。

384 :マラルメ:2011/09/23(金) 14:11:52.37
法然とか織田信長とか道元とかたいていは同じ処にたまってるのに、日蓮だけよそ者扱いは可笑しいよ。

385 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/26(月) 20:49:25.71
383,多分こうなのだろうと考えます。
当時は非常にも何にもほんとに無名の宗教家で生涯を閉じたと思います。
残した文章が優れていた御陰で弟子を名乗る人たちが輩出したのです。
ごく小さな、私度僧集団の長で命終したんじゃないですかね。

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/09/29(木) 17:30:56.25
>>1
クソクーデター主義の テロリスト、ファシズム、刈ると 虐殺主義だろう。


日本が国難にある時に
・国家を混乱させようとした
・モンゴルに虐殺させようとした。
・武装テロリスト


日蓮←武士団が殺す
チョンゴル←武士団が殺す
天皇←ついでに武士団が殺す

で終了しましたが、
で日本反映してましたが何か?

387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/06(木) 08:37:31.51
>>386
鎌倉幕府←元寇以降弱体化し、武士団に潰される
 ↓
室町幕府←最初から基盤が脆弱で、応仁の乱を引き起こし戦国時代へ突入
 ↓
徳川家康が戦国最後の覇者となり、300年近い安泰をもたらす
 ↓
黒船が来航し外圧に対抗する術を持たず、薩長連合によって潰される
 ↓
薩長連合によって明治政府が誕生。ロシアを倒すまでに成長する
 ↓
昭和に入り金融恐慌によって追い詰められ、新市場を求めて大陸に進出するも、
米欧諸国に因縁を付けられ、二度の核攻撃を受け、完膚なきまでに叩き潰される。
 ↓
米国の傘下に入り、軍事を米国に外注して経済成長の道を邁進。
1980年代後半には空前絶後の好景気を謳歌するも、急激な金融引き締めにより失速
 ↓
その後の後処理が後手後手に回り、失われた20年という長期不況に入る

上記のように、歴史は変転を繰り返していますが、何か?

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/13(木) 11:20:28.29
日蓮聖人は法華経の素晴らしさを命懸けで伝えた人。
仏教を幅広く勉強してる俺にとってのイメージ。
しかし現代からみて問題多数。

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/13(木) 11:24:10.63
>>388
今日は日蓮上人のご命日やね。


390 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/21(金) 20:46:56.86
法華行者が迫害されるのはどういう理屈なの

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/25(火) 02:13:47.25
スティーブン・スピルバーグの最新作『タンタンの冒険』を
”旦タソの冒険”と読み替えてしまったw
こっちの旦タソは冒険じゃなくて遁走中だけどw

392 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/10/25(火) 12:43:02.88
そういえば旦ちゃんはどうしたの?最近全く見かけないけど。

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/05(土) 02:02:34.05
高野山スレに旦らしき人物の書き込みあったよ。
名無しでなぜか酉氏にからんで、文末に”恐々謹言”てつけてたんで
旦じゃないかって突っ込まれたら、その途端に書き込みが無くなったww
あれは絶対、旦だよw

394 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/14(月) 06:21:31.16
法華経のなかに、法華経を受護するものは迫害をうけるってかいてある

395 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 02:36:18.56
>>394
いや、だから法華経を受持すると何で迫害されるのかと言うその理屈を聞いてるんでしょ。

396 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 02:52:27.72
>>395
旦にそんな難しいこと聞くなよw
旦はランボーや徹底と比べて害は少ないから、
生温かく見守ってあげようよw


397 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 05:16:07.13
>>395
394だけれど,、なぜかは書いていない
書いていないけれどなぜか信じてしまうんだな

宗教っていうのは「まず信じてみよ」というものだから
科学的・論理的な回答を期待してもだめ

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 11:39:48.48
>>365
法華経を受持するものは成仏する。
成仏されると困る存在が第六天の魔王。
第六天の魔王は成仏を妨げるため法華経の受持者を迫害する。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 21:33:50.96
法華経は無差別ですから日蓮宗に入る必要はありません
日蓮宗なんかには入らず
ナモー・サッダルマ・プンダリーカスートラ・ナームと唱えましょう
もしくは自力で法華経を読みましょう

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/16(水) 22:06:20.68
>>399
現代においては、いずれかの教団に属する必要性が薄れていますね。

法華は一乗ですから天台宗に入る必要はありません。
真言は金剛乗ですから真言宗に入る必要はありません。
阿弥陀仏は無差別ですから浄土宗・浄土真宗に入る必要はありません。
座禅はどこでも出来ますから曹洞宗・臨済宗に入る必要はありません。

誰かに頼ることなく、組織に属することなく、自力で仏道を極めましょう。

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/17(木) 02:22:00.54
>>398
文証はあるんですか?
法華経のどこに書いてるの?

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/17(木) 10:15:10.26
>>401
日蓮がいっているだけですよ。

法華経のどこをさがしても第六天の魔王なんて
表現はありません。

403 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/17(木) 10:25:54.87
>>396
オレは徹底氏と酉氏は同一だと思うな?w

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 06:52:46.17
日蓮宗

405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/18(金) 07:08:32.77
>>403
それはないw

酉酉は真言系の拝み屋兼占い師。口は悪いが博識。
徹底は真言密教と稲荷信仰の撲滅をはかるブログニート。

徹底が宗派間の対立を煽るために自演している可能性はあるが、
全く立場の異なる二人なので同一人物は絶対にない。

406 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/20(日) 05:10:38.72
日蓮大聖人様を誹謗中傷すると
罰が当り罪障が増し呪われる

407 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/21(月) 15:41:47.91
他宗を誹謗中傷して罰が当たったのは日蓮だろw


408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/21(月) 23:11:00.93
>>406>>407
自演乙。

409 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/25(金) 18:13:30.24
>>359-360
>ある有名な現役の宗教家の発言

ある有名な現役の宗教家って誰?

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/11/25(金) 23:13:26.12
高幡不動の境内でまんじゅうを売っている「松盛堂」のオーナーは
東京都日野市の公明党の市議会議員 みねぎし弘行である。

■ 日蓮正宗「C作戦」発動から20年 2010年12月29日(水)
日蓮正宗の前法主・阿部日顕が創価学会を切り捨てるためのC作戦
(=創価学会分離作戦)なるものを謀議し、実行に移してから20年がすぎた。
1990年、日蓮正宗は宗門の規約を一方的に変更し、同年12月27日、
池田名誉会長を法華講総講頭から一方的に罷免。翌91年には解散勧告書を
送りつけ、11月28日には破門通告書を送付し、学会を破門するに至った。
その結果、日蓮正宗は“弱小教団”へと転落し、現在にいたる。
自業自得といえばそれまでだが、明年11月28日は、その破門通告から
20年の節目となる。

これが政教分離を求められる政治家のHPとは、呆れてものも言えない。
違憲政治結社・公明党の面目躍如とはこのことだ。
http://www.e-giin.net/minegishi/



411 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/12/02(金) 10:25:41.18
何故に彼は、もっと穏やかな教えを説かなかったのであろうか?


143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)