2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浄土真宗なのに供養って必要あるの?

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 07:18:19
父が死んだのですが、私は今キリスト教の教会に通っているので
遺影に手を合わせたりごはんをあげたりするのに抵抗があります。

大学のキリスト教学の授業の中で「いろいろな宗教の死後の世界」について習ったのですが、
(儒教・仏教・カトリック・プロテスタント・浄土真宗を扱いました)
そこでは一般仏教で葬式や法事でお経をあげたりするのは死者のためであるが、
浄土真宗の場合は念仏を唱えた時点で往生決定しているのでそれは、
お経を唱える人自身(参列者)のためとならったのですが、
それなら私はキリスト教求道者なので要らないといって断ることもできると思うのですが、
そもそも浄土真宗は昔は墓も作らなかったり、「親鸞は親が死んだら川に投げ込み魚のエサにしろ」と言ったと聞いたのですが、
死んだら浄土に直行して衆生を救いに行くのならば、
手を合わせたりごはんをあげたりすることの意味がないと思うのですが、
どうなのでしょうか?

うちのお坊さんは真宗なのに般若心経をあげるといっても何も言いませんでした。
父はそんなわけで信仰もとくになく宗教的にも無知でした。

キリスト教は十戒にもある通り、偶像崇拝を禁止しています。
福音派や改革派などの教派では、
明確に親兄弟が死んでも手を合わせたり焼香してはならないと決められています。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 07:29:18
>>1
浄土真宗の教義では絶対に供養はいらないはずです。
実際にそのように説いています。
霊の存在を認めない宗派なので、供養する対象すら存在しない教義です。
勿論、霊がないので極楽へ往生する実体も存在しません。
極楽も実際には存在しないという教義です。
極楽は皆の心の中にこそあるとします。
つまり全ては脳内の電気信号の働きでしかないという理屈です。

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 10:06:34
即往生しとるんやから、供養する意味がないがな。
それじゃ坊主が儲からんから、いろいろ詭弁は言い立てよるがな。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 10:36:38
>>1
自分も他宗派だけど家は浄土真宗。
で、家の仏壇には一切拝まない。

家族はご先祖供養の為に拝んでる模様。先祖供養の為なら意味が無いと説明しても聞く耳持たずで
こちらが異端視される。

宗教の自由があるからもうどうでもいけど

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 11:23:35
別に真宗に限らなくね?
他の宗派だって基本49日で成仏するか転生するかなんだから
49日過ぎたら供養いらねーじゃん。
でも何回忌とかやってる家いっぱいあるだろ。

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 11:42:23
回忌供養なら各宗派の祖師の何百回忌とか今でもやってる。

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 15:29:55
成仏してから更に供養するのが仏教です

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 15:31:58
>>6
それは事実上○○周年のノリでやってるだろ。

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 16:11:25
>>8
まあね。

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 16:35:53
>>1
正直お前みたいな面倒くせえ奴は
「だったら最初からキリスト教で葬式しろよ」と思うよ

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 18:27:29
そうだね。
父親無宗教なら後でグダグダ言うくらいならキリスト教でしとけば良かったのに。


12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 20:52:41
>>1
>死んだら浄土に直行して衆生を救いに行くのならば、
>手を合わせたりごはんをあげたりすることの意味がないと思うのですが、

これが分からん。
仏になってるならむしろ手を合わせる意味ありまくりじゃないの?
お寺の仏像やその辺のお地蔵さんに手を合わせるのと同じじゃん。

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 21:30:29
一応、教義的には阿弥陀仏を敬う=供養と考えておりますが。
死者供養でも先祖供養でも無いです。
しかし、その供養の期日は先祖の命日や年忌だったりする。

まあ、供養に関して、本願寺と教団がココまで信者数を増やせたのは
教義を曲げて、時代に迎合した成果でもあります。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 21:33:51
浄土真宗のお仏壇には阿弥陀仏しかおられんよ。先祖はソコにはいない
例え、本来有り得ない位牌が置かれようとも、本来不要の遺影があろうとも
過去帳が飾られても・・・そこに故人や先祖はいない。
ただ、そのお仏壇を通して「亡き人の想いを感じる」のみ。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 21:39:18
>>浄土真宗の場合は念仏を唱えた時点で往生決定しているので
そんな簡単な事は無い。聴聞を重ね、人生をかけて法を聞くが
抜けている

>>お経を唱える人自身(参列者)のためとならったのですが、
そうですね。

>>そもそも浄土真宗は昔は墓も作らなかったり、
親鸞さんが「お墓は要らないよ」と言っていますからね。

>>「親鸞は親が死んだら川に投げ込み魚のエサにしろ」
死体に価値は無いとも聞こえますが、親鸞さまは他の生物へ
自らの肉体を「お返し」してくれと言いたかったのでしょう。

>>手を合わせたりごはんをあげたりすることの意味がないと思うのですが、
基本は「阿弥陀仏」に対してです。故人に対してじゃない

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 21:47:09
追善回向の概念を否定するのならば、また、親鸞聖人の教えを忠実に守るならば
真宗は葬式仏教から撤退するのが正論でしょう

阿弥陀仏への法恩感謝は行ではなくその心にあると主張している筈です
真宗は行よりも、念仏や経の御心を頂く事は何より
重要な筈です、葬儀や法事といった故人の法事葬儀埋葬に執着するのは
教えからすれば矛盾しております

上記の矛盾は棚にあげ、真宗は他宗派や迷信に排他的な態度を示しています

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 21:49:55
訂正

法恩感謝→報恩感謝

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 21:50:58
むしろ釈迦の教えを忠実に守って仏教が葬式仏教から撤退すればいいんじゃね?

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 22:13:53
突き詰めると真宗以外もそうなるのよね・・・

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 22:29:57
どちらかというと
「念仏唱えりゃ往生確実!」の真宗の方が葬式に坊主を呼ぶ意味はあると思う。
家族にしてみりゃ「お坊さんが念仏唱えたし成仏できるわね♪」てなもんでしょ。
それ以外の宗派の方が
「本人が相当功徳積んでたら成仏できるけど大抵は輪廻脱却できなくて転生」だから
死んでから坊主読んで49日までの間に数回お経唱えてもらったところで
大して意味ないような気が・・・。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:06:20
>>15
お前誤解してるな。
ただの素人門徒だろ?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:17:11
>>20
>どちらかというと
>「念仏唱えりゃ往生確実!」の真宗の方が葬式に坊主を呼ぶ意味はあると思う。
馬鹿か!!
逆だろ。往生確実ならもはや坊主などいらん。
呼ぶ意味もなし。

>家族にしてみりゃ「お坊さんが念仏唱えたし成仏できるわね♪」てなもんでしょ。
馬鹿がっ!!
坊主が唱えなくても往生確実のはずじゃなかったんかよ!!

>それ以外の宗派の方が
>「本人が相当功徳積んでたら成仏できるけど大抵は輪廻脱却できなくて転生」だから
>死んでから坊主読んで49日までの間に数回お経唱えてもらったところで
>大して意味ないような気が・・・。
馬鹿野郎!!
意味大有りだろう。
本人の力だけじゃ成仏はダメな可能性があるから、坊主に加勢を頼むんだろが。
全てが的ハズレと言うが全部逆だ。お前凄い馬鹿だなwww

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:20:50
いやそんな「坊主の加勢があれば成仏できる」レベルの人なんて
すごーーく少ないっていうかほとんどいないと思うんだけどw

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:24:32
うちは真言宗だけど>>20の言うことは一理あると思う。

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:28:47
>>20の言うことは一理もないと思う。
理屈から言って全部逆。
これは日本語と論理の問題。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:30:18
まあその辺は人それぞれの考え方なのでどちらが正しいってこともないのだろう。
日本には信教の自由も葬式に坊主を呼ぶor呼ばないの自由もありますので。

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:33:32
>>26
そういう問題ではない。
言ってることの理屈が狂ってる。
自説の根拠、理由が間違っているのだ。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:36:00
>>27
宗教関係でどっちが間違ってるとか言い出しても永遠に決着なんてつかないもんだよ。
別に誰もお前に真宗に改宗しろと言ってるわけでもなし。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:45:20
この板に来るまで日本人はもっと異教や他宗派に寛容だと思ってたよw

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:50:01
>>28
だからそういう問題ではない。
論理的に間違っている話だと指摘している。
説明してるのに、話のポイントが理解できないだけあって、お前は相当な馬鹿だとみえる。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:52:10
分かったから、もういいじゃん

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:53:21
>>29
だから「門徒もの知らず」と言われるんだ。
真宗が超がつく排他宗教、不寛容宗教だという事なんか基本だぞ!!

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:53:22
考えるな。感じるんだ。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:54:04
>>32
俺は真宗じゃないよ。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:54:53
>>31
ダメw

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:54:55
>>32
それはアレですか、真宗が排他宗教だから叩いてるんすか
「仲良くしたいのに冷たい><」みたいな?

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/26(日) 23:55:21
ツンデレっちゅーやつですな

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:04:37
うちは神道だけど仏教各宗派のイメージって

真宗・・・素人向きのお手軽成仏
真言宗・・・オカルト
日蓮宗・・・学会
他わからん

こんな感じ

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:07:37
>>36
仲良くはしたくない。
真宗は全方位喧嘩教儀だし、その内容は支離滅裂だし更に反日団体だから
基本的に好かれない。

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:11:26
べっ別に仲良くしたくなんてないんだからね!

それをツンデレという。
本当に仲良くしたくないなら自分から絡んでいかないのだよフフフ

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:12:25
>>38
それじゃダメだ。
もう少し勉強しろw

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:12:36
>>38
ちょwww日蓮宗=学会じゃねえwwwww

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:17:42
真宗・・・素人向きのお手軽成仏
真言宗・・・オカルト
日蓮宗・・・学会
曹洞宗・・・人権大切
普化宗・・・尺八吹くぜ

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:19:43
臨済宗・・・問答しようぜ!

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:20:47
普化宗とか臨済宗が出て何で浄土宗が出ないw

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:22:56
特徴ないから?

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:24:29
浄土宗・・・無難といえば無難。影薄い

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:26:48
>>40
ゴキブリを叩くのは仲良くしたいからではない。
叩き殺したいからである。

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:28:02
ヤンデレキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:28:38
ヤンデレですね、分かります

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:36:21
>>43
真宗・・・反日極左団
真言宗・・・理論実践教
日蓮宗・・・学会遠祖
曹洞宗・・・座り込み教
普化宗・・・消滅
浄土宗・・・円満教
天台宗・・・広く浅く教

52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:41:05
まんまと話をすり替えて逃げ切ったつもりらしいのでちゃんと蒸し返してやるぞwww

>>20
>どちらかというと
>「念仏唱えりゃ往生確実!」の真宗の方が葬式に坊主を呼ぶ意味はあると思う。
馬鹿か!!
逆だろ。往生確実ならもはや坊主などいらん。
呼ぶ意味もなし。

>家族にしてみりゃ「お坊さんが念仏唱えたし成仏できるわね♪」てなもんでしょ。
馬鹿がっ!!
坊主が唱えなくても往生確実のはずじゃなかったんかよ!!

>それ以外の宗派の方が
>「本人が相当功徳積んでたら成仏できるけど大抵は輪廻脱却できなくて転生」だから
>死んでから坊主読んで49日までの間に数回お経唱えてもらったところで
>大して意味ないような気が・・・。
馬鹿野郎!!
意味大有りだろう。
本人の力だけじゃ成仏はダメな可能性があるから、坊主に加勢を頼むんだろが。
全てが的ハズレと言うが全部逆だ。お前凄い馬鹿だなwww

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:42:32
>>51
国際擬人漫画ヘタリアが面白いのって
中国や韓国も過剰な悪意を持たず平等に擬人化してるからだな、と今分かった。

54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:43:47
>>53
同意だな。
最初は何で中国がこんな可愛いキャラなんだよと思ったけどw

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:46:21
さすがに韓国はいらなかった

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:54:53
>>53-55
スレ違いなレスはやめろ

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:58:55
神社仏閣板でいくら真宗を叩いても真宗の主たる信者って
「神社仏閣板になんて来ない人」だと思うんだけどね。
現に以前イオンがお布施の目安を表示したとかでニュー速にスレ立った時
この板の「真宗の教義」みたいなコピペ貼って叩いてた人いたけど
ニュー速では「一番まともだな」とか概ね好評で寺社板とは真逆の評価だった。


58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 00:59:53
民衆ってそんなもの

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 01:03:46
信者数も仏教各宗派で一番多いんだよね。
でも「お手軽成仏」がそんなに民衆にウケるなら
神道だって「無条件で神様入り」なのだからもっとアピールすればいいのに。

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 01:16:00
神道の祖霊祀りは色々と煩わしいので民衆ウケはしないと思われ

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:02:13
>>57
普通の信者や一般人は来なくて良いの。
ここは信者や一般人の中でも普通の人より若干仏教に興味のある人が、
自分からマニアックな濃い情報を知りたい人が情報を仕入れる場。
興味のない人は来ず、事情通になりたい人が来る。

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:08:49
>>59
>神道だって「無条件で神様入り」
神道で神様になるのは神社の神やよく誤解されるGodになる事とは違う。
神とは呼ぶがただの人霊。つまり祖霊になるというのと同義。

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:24:16
>>62
i別に誰も誤解してないと思うが。
仏教で成仏したって別になんたら如来だのなんたら菩薩になるわけじゃなく
寺に仏像置かれるわけでもないだろうが。

64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:26:37
>>61
この板のどこに「マニアックな濃い情報」があるんだよw

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:30:26
>>63
西洋のGodを神と翻訳した時点で誤解されているし、そこから誤解が始まった。
現に一般人は神社の神が何者か?
Godと神社の神の違いは?
と聞かれても説明できない。
お前だって正しく説明できない。

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:31:55
考えるな。感じるんだ。

ageてる人は理屈っぽいねえ。

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:32:28
>>64
どこにでもあるだろ。
現にお前の知らない業界の内輪や専門情報ばかりが溢れてるだろうが。

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:32:46
そういう理屈っぽい人ほど真宗向きなんじゃないかなw
同族嫌悪かしら。

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:33:10
>>67
例えば具体的にどういう情報が?

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:33:38
>>66
sageてるお前がものを知らないだけだ。
知らないことは黙ってろ!!

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:34:46
随分と独善的な人ですね。
イスラムあたりの方が向いてるんじゃないですか?

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:34:59
>>69
それを質問する事が間違っている。

73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:35:54
うちは真宗な気がする。多分。よく知らんけど。

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:36:41
>>72
具体的には言えないけど何かすごい情報があるはずってことですかね

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:37:29
>>69
質問スレって知ってるか?

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:38:04
訳「答えられません。ごめんなさい」

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:40:03
>>75
まともに質問に答えることの方が少ない神社仏閣板の質問スレがどうかしましたか?

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:41:37
>>74
そうだ。
例えばお前の興味のあることを何か質問するなり出してみろ。
何が濃い情報かはお前の感じ方次第だからコレとは示せん。
俺はお前が何を何処まで知っているか解らんからな。

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:41:51
くだらない事で回答者同士が長文の言い争いになって
質問者放置でログ流れまくりになるのがデフォだからな、あそこはw

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:42:39
>>78
は?質問スレに?
無理無理w
ここの質問スレの使えなさは2ちゃんでも5本の指に入るってw

81 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 03:45:18
質問ならスレ立てた方が確実だよ。
単発質問スレになっちゃうけど、少なくとも言い合いでログ流れることはないし
いずれ回答に行き着く可能性が質問スレよりは高い。

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:01:29
>>80
いや。ここにだ。

83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:03:05
>>82
じゃあ質問。あなたは何宗ですか?

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:07:06
>>83
自分の事は教えない。
俺を焦点にした話に持ち込みたいのだろうが、そうするつもりはない。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:08:41
>>84
いや違うけどw
自意識過剰だなw
つーことはここで真宗叩いてるのはお前一人なの?

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:10:52
真言宗か浄土宗じゃね?

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:12:03
俺のその2つのどっちかだと思った。次点で天台。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:13:23
>>85
違うようだ。
お前から質問がなければ俺から何か書いてやろうか?
業界の内輪しか知らない事や普通一般の門徒、檀家、信者達が知らないような
この板ならではの情報を。

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:14:04
>>86-87
なんで?

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:14:55
ありゃ、話そらしはじめたってことはマジ当たってたの?

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:17:21
>>89
>>51辺りを参考にした消去法で探りを入れてるんだろうな。

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:17:31
>>89
>>51がどう見ても私情入りまくってる一覧だからだろw

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:18:17
>>91
探りってw
2ちゃんの名無しの宗派が分かったから何だってんだよw

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:18:40
>>92
ホラ予想通りw
秒差だなwww

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:19:32
>>88
業界の内輪とか興味ないです。
ダキニ天法教えて。

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:21:23
じゃあ自分は聖天修法で。

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:23:44
>>95
それは「真面目に一般家庭での勧請・開眼 PART4.5」で解る。

>>96
それは聖天スレがあるな。

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:25:13
はい、情報は得られませんでした。

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:26:52
何も知らないのねー。
どこの宗派か知らんけどただの葬儀屋坊主か何か?

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:28:35
葬儀寺の坊主なら何宗だろうと真宗と内容変わらんやん

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:32:50
>>98
嘘つけ。
この短時間に全部読んだのか?

>>99
何でも知っているわけではない。

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:34:33
>>101
いいえ、一般家庭での勧請開眼スレは元々初代スレがら読んでいるだけです。

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:35:28
「マニアックな濃い情報」って「業界の内輪話」だけかよw
どこの近所のおばさんだっつー話。

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:35:57
>>98>>99
じゃあ俺から書くよ。

本願寺と龍谷大学が犯罪者組織を宗門をあげて支援してるのは知ってるか?

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:37:27
>>101
ダキニ天法はそもそも資料がなくて全容は分かってないよ。
「何でも知っているわけではない」どころか「その程度のことも知らない」のね。

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:39:57
>>104
この板に来る人が求めてくる情報は大抵>>85とか>>86みたいな情報であって
そんな内輪話は坊主でもなけりゃ興味ない人がほとんどだろうよw

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:40:10
>>105
ああ、専門家じゃないからその程度の事も知らない。
ところで、本願寺と龍谷大学が犯罪者組織を宗門をあげて支援してるのは知ってるか?

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:40:55
何だよ使えねーな・・・
本願寺どーたらはそんなに書きたいなら勝手に書け。
俺は興味ない。

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:41:31
真宗叩いてるわりに真宗坊主と同レベルだな

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:44:12
ダキニ天法だの聖天だのいきなりディープなとこ狙いすぎだw

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:46:55
葬儀寺坊主は真宗並みの知識しかない。
祈祷寺坊主は飯の種だから教えない。
結局この板にそんな凄い情報などないのだよ。

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 04:58:17
>>102
そういえばそのスレは確か家の宗派は真宗がオススメされてたな。
後どこだったか忘れたけど現世利益系スレでも真宗か神式が勧められてた。
先祖供養の手間を省けて現世利益の天部とかに専念できるってのと
天部なんかは功徳を今世で使い果たしたりするから、ヘタに転生するより
ちゃちゃっと真宗で往生or神式で神上がりになった方がずっと楽だっていう理由で。

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 05:00:21
頭いいなw

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 05:03:47
現世利益追求する天部信仰者はパネェなw

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 07:04:49
>>57
真宗は教え自体は悪くないが、禿が狂ってるから、この板的には嫌われる。
禿自体に犯罪者や朝鮮人の手先がごろごろいても、教団は全然野放しだからね。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:12:05
>>10
>>11
私はまだクリスチャンじゃないし、葬儀はほとんど母などが準備しました。
(私も喪主をやらされましたが)

むしろ私個人の現在の心情の問題です。

そもそもキリスト教では洗礼を受けてないと天国に行けないのだから、
葬式だけキリスト教式でやっても意味がないと思うのです。
>>15
そのあたり細かいことは知りませんでした。

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:13:31
成仏させてくれるなら別にいいんじゃないの
何度も転生して修行なんて真っ平ですよ
今世でご利益いただいて真宗は人生の最後だけ世話してくれりゃいいの

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:17:13
>>116
手を合わせたくなきゃ合わせなきゃいいんじゃないの?
何がしたいの?

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:20:26
天国に行けないとかそういうことを気にするなら
念仏唱えるだけでいい真宗でやって良かったねとしか言いようがないが。
父親も功徳積むぞーというタイプではなかったようだし。

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:26:44
>>118
手を合わせないことで母や親戚とケンカしているのです。
だから(真宗的にも)自分が正しいと主張しているのです。

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:29:01
うちも真宗だからこの板来るようになって墓参りやめて
仏壇は祀ってる天部さん用にしたよ。
先祖供養しなくていいってめっちゃ楽な宗派じゃん。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:32:05
>>120
その母の親戚は同居してんの?
あんたが手を合わせるか一々チェックしてんの?
それともご丁寧に手を合わせない宣言でもしたの?

そして親戚付き合いと宗教、どちらに重きを置いてるの?

123 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:33:51
>>64
>この板のどこに「マニアックな濃い情報」があるんだよw
だから本願寺と龍谷大学が犯罪者集団を宗門をあげて支援してるのを知ってるのかと。
一般の門徒はこんな事知らんぞ。これこそ皆がビックリの濃い仰天情報だ。

>>69
>例えば具体的にどういう情報が?
本願寺と龍谷大学が犯罪者集団を宗門をあげて支援してるのとか。

>>103
>「マニアックな濃い情報」って「業界の内輪話」だけかよw
業界の内輪しか知らない事や普通一般の門徒、檀家、信者達が知らないような
この板ならではの情報を。
>>88で書いたはずだ。単なる内輪話ではない。
お前達が困る情報。そして門徒が知らなくてはならない大事な濃い情報だ。

>>108
何だよ逃げるなよつまらねえねーなw
お前の興味云々は関係ないんだよ。
お前が知ってるかどうかだ。俺はこの板の情報から得るものはないと言いたげ
だから、お前の知らない事を教えてやろうとしてるだけだw
お前はただ聞く他はない。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:38:18
>>123
お前はプリキュアのスリーサイズを知ってるか?知りたいか?
それと同じだよ。
興味ない情報は「得るものはない」と同じなの。

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:39:50
書きたいなら書けって言われてるんだから
そんなに書きたいならとっとと書けばいいのに

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:41:55
>>125
今書いてるのが全てでこれ以上は特にないのではw

127 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:46:20
一般的日本人なら身内と揉めるくらいなら
手を合わせるくらいすると思うが。
宗教とは別の問題じゃないかね。

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 08:49:54
というか真宗が他力本願の即往生のソースくらい
ちょっと探せばネットでも書籍でもいくらでも見つからないか?
ましてや大学でそれ系の講義受けてたのに。

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 09:03:34
>>1
いくら信教の自由とはいえ家族関係まで悪化させるほどのめり込むのは危険ですお

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 09:28:52
>>48
真宗を叩き潰しだいなら
真宗と同じ即往生&お布施相場は真宗の約半分
という宗派を作ればいいだけだぜ。
一般人が求めているのはコンビニエンス成仏ですよ。

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 09:43:09
>>124
そんなスレ違いな話とは元から違う。
本願寺が犯罪者組織に支援してるとなれば門徒は知らなければならない重要情報だ。

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 09:49:39
あんたそればっかりやんw

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 09:50:42
えっとお、警察行けば?

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 09:55:29
>>126
じゃあ書いてやるよw
京都市ウトロ地区は現在その地区一帯が在日朝鮮人達に不法占拠されている。
これは最高裁判所でハッキリ不法占拠状態と判決が降りている。
つまり他人の土地を奪い、不法占拠中の犯罪者。
こいつら朝鮮人を支援しているのが本願寺と龍谷大学だ。
宗派をあげて不法占拠の犯罪者に支援活動。
最高裁判決を無視した反社会的活動。真宗の犯罪支援のお陰で土地の権利者が困ってる。
真宗は不法占拠という犯罪助長行為をしているんだ。知らなかったか?

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 10:00:57
>>130
浄土宗だけど大阪の一心寺オススメ
いいコンビニエンス寺だぜ

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 10:12:29
>>135
そこは激安明朗会計らしいね。
鯖落ち前に関東にも似たようなお寺作るって言ってた人がいたんだが
鯖が落ちてスレ自体なくなっちゃったのう。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 10:41:10
>>130
神道が祖霊祭をもうちょい簡略化すれば可能かもしれない。
潜在的信者多いし。
ただ神社側にやる気なさげなのがな。
やはり死は穢れだから関わりたくないのだろうか。

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 10:41:38
>>95
別にダキニ天法だからって特別なことするわけじゃないよ。
普通に十八道行法に則って修するだけ。大壇でする場合もあるし護摩壇の場合もある。
行ごとの真言や印がダキニ天のを使うってこと。

作法は1種類じゃないから、小道具つかったり、修験の雑密系のがあったり、近世の両部神道のがあったりと
いろいろバリエとかはあるけどね。

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 10:47:59
真宗禿に喝を入れたいなら、離檀⇒一心寺で決まり。

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 10:50:52
>>134が出たら真宗の何だかうるさい奴が黙ったなw

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:11:55
>>140
ん?お前に絡まれてた内の一人ならここにいるが。

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:15:03
何故かレスされた>>126もいるけど単に興味ないからスルーしただけなんだけど
コメントでもほしかったのかしらw

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:24:19
よほど真宗が憎いのだろう。
だって価格破壊&明朗料金表の一心寺が叩かれてないスレ初めて見たしw
大抵は真宗の方がマシって勢いで坊主どもに叩かれてるのに。

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:31:06
民衆人気と同業者の好感度は反比例するもんだ

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:40:58
>>141>>142
お前らが知らない、一般門徒が知らない濃い情報を書いてやったぞ。
望み通りにw
お前らの興味のある無しは関係ない。ご不満か?

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:45:38
>>142
一人二役お疲れさま

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:47:06
>>145
強いて言うなら散々引っ張ったわりに内容がショボいな

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:49:47
>>145
お前面白いなw

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:52:08
「書くよ?書くよ?書いちゃうよ?」
「どうだ書いてやったぞー!」
小学生かとw

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:52:45
>>147
ショボイか?
結構大変な問題だと思うが。

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:55:35
朝鮮人の不法占拠とかなんかすごく今更感だしなあ

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 11:58:04
まともに土地を買う朝鮮人がいるのか?と思う程度には今更だなw

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:03:37
>>151>>152
朝鮮人はいつもの事として真宗がそれを支援してるのが問題なんだが。

それならばもう少しスパイスの利いたこれを見ろ。

第1回 犯罪朝鮮人とヤクザを支援する京都サヨクの本山。
反日極左集団真宗ハゲの巣窟。本願寺に突撃抗議
http://www.youtube.com/watch?v=RjCFxQU41fI

第2回 犯罪支援反日極左本願寺突撃抗議!!
http://www.youtube.com/watch?v=5rc12CU9lH4

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:17:53
いやだから、基本興味ないからw
そもそもお前が勝手に決めつけてるだけでうちは真宗でもないしw

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:19:46
真宗ではないが真宗の人の信教の自由は尊重する

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:20:48
>>154
なら何故真宗の代理ポジションでここにいる?

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:25:49
>>155
俺もそれは尊重する。
信仰の自由のみはな。

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:25:56
>>156
代理ポジションになったつもりはないが。
何宗だろうが人の勝手というごく一般的な考えを持ってるだけ。

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:29:16
この板の真宗叩きがあまりにひどいから庇いたくなる時もある。
判官贔屓ってやつ?

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:38:38
>>158
じゃあ明らかに真宗寄りの>>15>>20>>28>>38>>43>>49>>50>>57は何だ?


>>159
ならば明らかに真宗の仲間じゃないか。

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 12:42:57
>>159
真宗って供養必要なの?

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 13:33:24
>>160
自分以外は一人だと思うのやめろw

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 13:35:35
>>161
不要じゃね?
先祖供養面倒とか楽に成仏したい人にはお勧めだね。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 13:43:36
したくなけりゃしなくていいししたければすればいい、かな。
他の宗派も四十九日過ぎれば同じ。

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 13:52:55
>>162
思ってない。
該当するのが沢山あるだろ。

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:07:29
>>163
自分はこの板に来て家の宗派を真宗に改宗したよ。
とある天部を祀ってるから先祖供養に時間と手間取られたくないし
現世利益だけもらって即往生狙いですわ。

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:09:22
>>163
なんか意味が解らん。
つまり真宗では先祖供養は不要。
但し、先祖供養が面倒な人には供養お勧め。
楽に成仏したい人にも供養お勧め。
というふうにしか読解できないのだが、日本語がおかしいのにはお気づき?

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:10:14
>>164
お前には聞いてないから。

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:17:44
>>166
馬鹿だね。
お前はどのみち先祖供養なんかする気ないし、実際しないんだから、
宗派はそのままで先祖は放置して天部だけ祀れば良いではないかw
改宗したということは墓まで新たに移動、買い替えしたんだよな。
無駄じゃんw

170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:39:35
>>167
お前が何言ってるのかがわからん

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:45:01
このスレは宗派問わず先祖供養不要だな

先祖供養は不要 その2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1285087905/

1 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2010/09/22(水) 01:51:45
成仏できるかとかどこに転生するかとかは結局本人の功徳が決定付ける。
遺族が供養したところで無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ――――ッ

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:52:39
それも一理ある

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:53:15
>>169
元々寺の墓地じゃないからお墓の移動、買い替えはしてないよ。

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 14:57:43
>>169
あと、先祖供養はまあしないだろうが、自分が死んだ時は往生したいし。
転生してまた功徳積みとかしんどいし。

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 20:21:15
でも、結局、真宗の本質は宗教、文化、伝統を否定する共産主義でしょ

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 21:06:32
そこまで知らんけど、葬儀の時に世話になるだけだからどうでもいい。

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 21:51:30
家の宗派って「昔からそうだから」という理由だけで葬式に呼んでるだけで
それ以上でもそれ以下でもないよね。
さすがに自分とこの旦那寺の坊主が犯罪犯したというなら考えるが
どっかで同じ宗派が何かした程度なら特になんとも思わん。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 22:40:45
真宗の何がムカつくかというと先祖供養否定な宗教なのに
ろくに門徒に説明もせずに其実門徒の殆どは寺に法事のたびに先祖供養してもらってると思ってるという詐欺紛いの事。

知ってる酷い例は門徒が留守中にも係わらず
勝手に上がりこんで読経し、お布施をぶんどっていくという例。
真宗だと読経は門徒に聞かせるもんじゃないのか?

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/27(月) 23:49:14
お布施をぶんどっていけるってことは門徒側が
「いないから勝手に上がって持っていってね」って用意してるってことだろ

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 00:00:26
真宗の教義だと読経は先祖ではなく門徒に聞かせるもんじゃないの?
だと留守中に読経しても意味ないじゃん。
いくらお布施用意してあるからといっても教義も糞もないじゃん。


門徒「ご先祖様に読経して下さいね。お布施は置いておきますから」

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 00:43:00
近所付き合いの延長みたいなもんだからいいんだよ。
むしろお経なんぞ聞かせられる方が迷惑だ。

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 04:22:47
宗教というより文化に近いからなあ。
日本人でそんな教義教義って気にしてる人の方が少ないと思うけど。
特に真宗は。

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 05:26:40
>>170
>>163が何言ってるのかがわからん

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 05:29:52
何が分からないんだ?
要は>>166と同じことだろ、>>163が言ってるのは。

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 05:30:39
>>171
真宗以外の他宗派は盂蘭盆経に従うから先祖の供養するし、
無駄という思想にはない。

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 05:33:44
何か噛みあってない気がする

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 07:41:30
親鸞は、先祖供養は不要としているが、余宗の開祖や宗門は
先祖供養は不要だとはしていない、それどころか真言宗の覚鑁上人は
供養の為の五輪塔を考案しているのである、そして、称名念仏を説いた
浄土宗の法然上人は、両親追善供養の為に、千体名号写経をなされ
後白河法皇の三十三回忌の追善供養には、三部経を写経されて
三十三間堂(蓮華王院)に奉納された御事跡が勅伝に明記されている

このように、浄土真宗とは供養や日本古来の神に対する考え方など
全てが他の宗派とは違うのです

浄土真宗は奈良仏教のように葬式仏教から撤退するべきでしょう

行や戒律を否定して、理論理屈ばかりを重視する真宗が
葬儀、法事、埋葬などの行為に執着し阿弥陀仏に報恩感謝する
という理論自体がおかしい

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 07:57:08
>>184
先祖供養面倒な人に先祖供養をお勧めするところが。

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 08:04:36
>>187
だな。
浄土真宗の考えに従えば、浄土真宗は一切の法事はいらない事になる。
先ず死ねば必ず往生した理屈なんだから、お別れ会の意味で
葬儀をしてもそこに坊主はいらない。読経もいらないはず。
ましてやその後の法事もいらない。
故人を通して仏教を学習したいなら命日とお盆は読書する日にでもすればよい。

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 10:03:36

浄土真宗は南無阿弥陀仏の六字名号を唱えれば、誰でも極楽逝きだから供養なんかいらんのかな?
大昔なら信者を増やすには、簡単でよかったのかも知れないけど深く考えると矛盾が多い浄土真宗 
霊も魂魄も認めていないのに輪廻転生や因縁因果の説教話しが多い

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 10:19:13
往生浄土は八合目。
成仏をもって登頂とする

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 11:06:04
>>190
浄土真宗は供養を禁止してるわな。
他人の為に祈るのも禁止。
ついでにお守りを持つのも禁止という念の入れようw

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 11:16:07
法事で読経の際に一応チラッと故人の法名を入れて
いかにも故人の為に読経してますよーとアピールする真宗

遺族は「故人の供養の為に読経してくれてる、ありがたいありがたい」と勘違い

反吐が出る

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 11:38:40
>>193
その勘違い。
真宗禿は金の為に絶対に正さない所が悪質である。
わざと勘違いさせておく所が。

195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 11:57:22
他宗で葬式して今から真宗に改宗しても
もう供養しなくていいの?

196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 12:28:56
>>195
ダメ。
何故ならその先祖は真宗門徒として念仏を唱えてないので極楽往生はしてない。
改宗しても門徒でなかった先祖は当然、真宗流の往生はしない。

改宗して供養が要らなくなるのは、真宗門徒になった自分が死んだ後の
子孫の代からスタート。

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:00:15
ん?「本人が」真宗門徒として念仏を唱えなきゃいけないの?
生きてる間一度も念仏唱えてない人は真宗門徒でも極楽往生できないってこと?

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:10:05
>>197
>ん?「本人が」真宗門徒として念仏を唱えなきゃいけないの?
そう。

>生きてる間一度も念仏唱えてない人は真宗門徒でも極楽往生できないってこと?
そう。
解りやすく言えば死後に真宗門徒になっても先祖は救われないし無駄。
それどころか、「オイ。位牌がねえぞ!!お盆だぞ!!供養はどうしたんだ」
と先祖がキレるw

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:15:05
逆はどうなるの?
真宗から他宗へ改宗した場合

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:17:45
なんでお盆でキレるの?
他宗でも四十九日過ぎたら成仏or転生してるんじゃなかったの?

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:19:08
>>199
逆の場合問題ないだろ。
真宗時代に死んだ人は極楽往生してるんだから何の文句もあるまい。

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:19:58
>>200
俺らもお盆に前世の位牌に戻ったりしないしなw

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:20:50
>>199
始めてまともな供養を受けられて、ようやく先祖が救われる。
人間界以下の世界にいた先祖も段々救われて、往生したら子孫を守る。

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:23:27
>>200
お盆は先祖が帰ってくるから。
先祖はお盆には子孫が供養してくれるものと思っている。
特に江戸時代以前の先祖は。

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:23:45
>>203
教義自体を間違いとするならキリスト教の人もまともな供養を受けておらず
先祖は救われていないということになるが。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:24:08
>>204
お前はお盆に前世の位牌に帰るの?

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:28:39
>>1
そういうわけなのでキリスト教はやめて仏教の真宗以外を信仰しなさい。
キリスト教ではまともな供養を受けられません。

208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:30:38
>>205
キリスト教信者でなかった先祖は当然救われてないだろうな。
子孫がある日突然供養打ち切りだから。

子孫が「真宗に改宗すれば先祖は全員極楽往生するからもう供養はいらないんだ。」
とか言い出して突然供養打ち切られたのと同じ。

209 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:31:39
>>206
言ってる意味が解らん

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:31:48
>>208
キリスト教も供養はしないよ。
だからキリスト教信者だった先祖も救われてないはずだよ。

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:33:18
答えられないことはバカのフリして的外れな返答でごまかすのねw

212 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:35:46
>>210
キリスト教信者だった先祖は供養がないことも解っている。
キリスト教の説く死後の世界、天だか神の所へだかに行く。

仏教ではないから極楽往生はしない。

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:38:05
じゃあ真宗もそうじゃないの
救われてないってことはないでしょ
真宗が説く極楽往生をする

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:42:06
>>213
じゃあ先祖代々キリスト教のアメリカ人が真宗に改宗すると、
そいつの先祖は皆、極楽往生するのだな?

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:43:00
お盆には戻ってこないハズ。
元々それは仏教の思想ではないし。
既に転生して別の人生歩んでるのに
「お盆だからちょっと前世の家族のとこに戻ってくるわ」
なんていう人いないよね。

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:44:03
>>214
>>196

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:44:33
>>213
一向一揆で人殺ししてた門徒は地獄に堕ちてるだろうがな。

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:45:35
お盆は神道行事。
盆踊りは神社でするもの。

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:47:35
真宗に地獄ってあるの?

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:48:02
>>215
神式の人は戻ってくるお

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:50:12
>>215
成仏したらもう転生することもない。
本人がそう望めば別だが。

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:50:18
>>216
じゃあ真宗に改宗すれば先祖が往生して先祖供養が不必要になるというわけ
ではないという事で良いな?

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:51:39
>>221
いやいやいやそう簡単に成仏はしないだろw仏教の最終目標だぞw
真宗以外で「うちの先祖は成仏して輪廻脱却したぜ」なんて言える人は
そうそういないだろ。

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:52:11
>>222
良いな?っていうかそれお前の主張だろ?
内なる自分に聞け。

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:54:53
>>215
>元々それは仏教の思想ではないし。

元々の仏教でなくても、元々の日本仏教はそういう思想だから。
日本仏教を信仰してた先祖は帰ってくる。

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:55:09
>>219
「全ての人が救われる」説と
「念仏を唱えていない人は極楽往生できないのでそれがすなわち地獄」説があるっぽい。
でも後者の場合でも、悪人でも念仏を唱えればおkみたいだから
人殺しだけど念仏を唱えたことがある=極楽往生
人殺しはしてなくて特に悪人でもないけど念仏を唱えたことがない=地獄行き
ってことになるね。

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:55:56
>>225
で、お前はお盆に前世の家族のところに帰るの?

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:57:05
「そういう思想だからそうなる」って結構いい加減なんだな宗教の世界ってw

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:58:49
>>226
それなら他宗でも確かお地蔵さんが
「一度でも私を拝んだことがあったら救うよ」宣言してるよね。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 13:59:02
>>224
あなたのご意見を伺っています。

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:00:43
>>229
その話聞いて一応近所のお地蔵さんに線香立てて手を合わせた俺w

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:01:17
>>227
そりゃー因縁によって継承される業の問題があるから、少なくとも根底としての法身は帰ってると考えるのが常識的だろう。

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:01:35
>>230
一々面倒な奴だな。
じゃあそれでいいんじゃないですか。

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:01:49
>>226
なるほど。
おかしな宗教ですね。

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:03:09
>>226
まーそれなら坊主が読経に来るのも一度は意味があるね。
今生きてる人が念仏を唱える場ってことで。
どちらの説にしてもとりあえず唱えてりゃ安心だ。

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:07:26
「そういう思想だからそうなる」のが宗教なのであれば
「全ての人が救われる」説を採用すればいいだけのこと。

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:11:24
真宗はどうせならもっと突き抜けてお手軽成仏コンビニエンス宗派として
開き直ればいいと思うのよ。
その方がイオンのお布施目安表示があれだけもてはやされた現代では
絶対一般人にウケる。
イオンみたいに叩かれるだろうがどうせ既に他の宗派には嫌われてるっぽいから
今更だろうし。

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:13:13
>>233
大事な問題なので真面目に答えて下さい。
真宗に改宗しても門徒でなかった先祖は関係ないので極楽往生しないし、
先祖供養したくないからと真宗に改宗しても、先祖は供養を打ち切られる
だけの存在という事ですか?
それとも真宗に改宗すると自動的に門徒でなかった先祖が突然極楽往生して、
もう供養がいらなくなるんですか?

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:15:41
>>238
さあ?
俺坊主じゃないから真宗スレとか真宗の坊主がいるスレで
聞いてきた方がいいんじゃない?
質問スレとか。

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:16:48
>>236
「全ての人が救われる」というのは嘘。
経典にはそんな事説いてない。
念仏しても救われない人というのがある。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:17:31
人間界(?)に転生した人以外は救われるとか?
さすがに人間に転生してて突然ポックリ逝ったら大変だw

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:19:55
>>239
>質問スレとか。
>>77>>80

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:21:52
これでどうだ

           YES → 極楽往生
         /               
【念仏唱えた?】                    
         \                   
            NO → 【地蔵を拝んだ?】 ─ YES → 地蔵さんが救う
                             \  
                                NO → 残念でした

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:25:28
質問スレといえばちょっと前に
浄土宗だけど間違えて真宗で葬式あげちゃって
供養はどっちの宗派の方式ですればいいのかって質問があって
「同じ仏教だしキニスンナ、好きな方でやれ」みたいな回答がされてたよ。

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:26:35
>>243
真宗嫌いなので俺はお地蔵さんにする!!

246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:28:40
>>244
常識的回答だな。
家の宗派なんて普通はその程度だ。
葬儀屋みたいな感覚。

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:30:01
衆生救済と聞ゐちゃー黙っちゃゐられねーのが薬師如来。

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:33:01
薬師如来はアピール不足ですお
お地蔵さんの宣伝力を見習わないと

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:33:41
>>244
そりゃ当然浄土宗だろ。
理由は二つある。
@まず家が浄土宗だから。改宗したわけではあるまい。今まで通り浄土宗で良い。
A真宗には供養がない。よってやりたくても不可能。
どっちでも良いなんてわけがない。馬鹿だろその回答者w

250 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:37:00
回答者複数だし異議を唱えた人もいなかった気がする。

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:39:04
>>239
というわけで質問スレは期待できないのであなたの意見を聞かせて下さい。

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:41:08
>>251
自分が欲しい答えじゃなければ「馬鹿」「期待できない」と言う奴に
答えたくはないなあ。
既に自分の中に答えはあるんだろ?

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:44:30
>>252
答えられないんだろ?

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:45:01
>>253
あーじゃあそれでいいよ。ごめんね。

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:46:25
質問スレであの質問が出た時も、こういう真宗叩きたいだけのキティガイが現れる前に
急いで話終了させてログ流した感があるようなないようなw

256 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 14:52:23
>>247
薬師如来は病気平癒とかでしょ?
死後の成仏を助けてくれるの?

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:02:41
>>256
東方瑠璃界の際には、導くに千万の下愚を以てする。
薬師の上願くらいは知っておいた方がいい。

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:15:41
日光月光を左右に置き、十二神将を護法に従え、さらに八万四千の夜叉を配下とする。
薬師如来さんパねぇッス

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:22:57
>>252
ならば質問を簡単にします。
あなたの意見を聞かせて下さい。

真宗に改宗すると自動的に門徒でなかった先祖が突然極楽往生して、
もう供養がいらなくなるんですか?

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:33:58
密厳浄土から極楽浄土へお引っ越しすんのかね

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:38:54
>>257
だからアピール不足なんだよ薬師如来は。

262 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:44:27
観音菩薩の補陀落山は極楽浄土の百億倍素晴らしいところらしい

263 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 15:49:34
真宗じゃないけど仏式だったのを離檀して神式に変えたら
問答無用でご先祖様は全部祖霊舎の霊璽にいらっしゃることになったよ。
転生してたらどうすんだとかは言わないお約束w

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 16:57:26
>>173
墓を買わないで新しく真宗の檀家になれるの?

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 17:02:47
>>263
転生しても本霊が残るから問題無し。

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 17:04:54
>>260
密厳浄土も極楽浄土だから。

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 17:08:11
>>264
別にどこの宗派でもなれるんじゃねーの?
むしろ寺だって墓地不足で墓置かせてくれ言われても困る寺の方が多いんだから。

268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 17:10:34
>>266
適当なこと言うなwww

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:07:51
日蓮正宗の日興にしても、真宗の親鸞にしても、排他的な教えは
後から色々な問題が起きますね

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:17:24
>>267
墓なしで入信だけってのはいくら金掛かった?

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:24:22
うちは入檀料2000円だったかなあ

272 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:33:27
>>271
2000円で過去帳や寺の名簿に登録されんの?
袈裟や仏壇の軸とか寺から受け取るのにそんな値段なわけないだろ。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:34:29
>>272
そんなの受け取らないけど・・・
色々探したところでは入檀料自体がないところもあるみたいだし。

274 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:37:29
入檀料は無し〜数百万円までお寺によってマチマチ

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 19:42:08
マチマチにも程があるわw

276 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:04:25
いいなー俺も真宗に改宗したい

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:11:54
檀家の懐をあてにして生きてるなんて… 
坊主臭けりゃ袈裟まで臭いよ

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:15:12
宗教家ってそういうもんじゃないのかw

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:15:23
真宗は事あるごとに坊主さえ呼ばなければリーズナブルな宗派だよな

280 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:20:21
真宗に入壇した人、前の所属してた宗派の寺から離壇料請求されなかったのかな
いきなり辞められるものなのか。

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:31:56
>>273
ちょっと待て!!
じゃあ登録しただけで信仰してねえじゃんw

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:37:25
意味わからん。
うちだって改宗はしてないけど袈裟や仏壇の軸があるなんて聞いたことないぞ。

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:38:23
>>280
消費者生活相談センターに電話すればいいよ。
離檀料など払う必要ナシ。

284 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:43:13
>>282
仏壇に何置いてるの?
阿弥陀仏の絵とか名号軸掛けないの?

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:45:00
>>284
今は開眼した聖天象がw

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:50:08
>>285
なんとw
真宗門徒になる気ねえだろwww

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:51:22
>>286
門徒だよ。
聖天は七代分の福を使い切るっていうし
死んだら転生とかしないでとっとと極楽往生させてもらいますわ。
現世利益だけ聖天にいただければ来世とかどうでもいいのさ。

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:56:04
>>285
ナカーマ(・∀・)人(・∀・)
うちはダキニ天だわ。
改宗前の先祖の位牌は捨てちったw

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:58:25
うち宝生如来!
仏壇を先祖以外の尊格に遠慮なく使えるのはいいぜー。

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 20:59:37
なんでもアリになってきましたw

これぞ日本の宗教観

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:00:08
ウチ、今は浄土宗なんだけど阿弥陀如来像とか安置してないで
ただ先祖代々の位牌があるだけだわ。

292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:06:26
>>287
オイオイオイ。マジかよw
それって真宗の教義ひとつも信じてねえだろwww

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:11:47
家の宗派の教義を信じてる日本人の方が少ないだろうよ。
真宗に限らず。

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:13:04
>>292
いや一つは信じてるよ。「即往生」ってやつね。
他の宗派で転生したくないからね。

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:15:56
>>294
それなら阿弥陀に帰依しろwww

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:17:01
「南無阿弥陀仏」で往生できるのにそんな無駄なことする意味ないじゃん。
阿弥陀に祈ってる暇があるなら現世利益のために聖天さんに祈った方がいい。

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:21:35
>>296
お前阿弥陀に救われる気ないだろwww

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:23:23
いやだから・・・何この人・・・

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:24:25
>>298
その人真宗を叩くことばかり考えてるせいでちょっと理解力に難があるんです。

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:31:44
>>298
お前こそ何だwww

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:32:59
別にその人に限らずそういう理由で真宗って人は
これまでもちょくちょくいたじゃん。
真宗憎さのあまり真剣に意味分かってなかったの?

302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:33:07
>>299
気違いは黙ってろ!!

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:34:02
過去ログにもいたよな。
今更何なんだ。

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:35:51
>>301
いや、だから、、、真宗に帰依してないのに門徒だと言うのが笑えただけで、、、何この人

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:36:54
日本の宗教なんてそんなもんだろ

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:43:41
「南無阿弥陀仏」で往生できるのに阿弥陀に帰依なんて無駄。意味なし。
阿弥陀に祈ってる暇があるなら聖天に祈る。
って話だろ?
これはネタじゃないなら面白すぎるだろ。
これほど真宗や阿弥陀をバカにした話はないし。

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:45:20
>>306
あなたはどこかの宗派のお坊さんなのかな?
ちょっと一般人に多くを求めすぎじゃない?
普通そんなもんだよ。
家族の誰かが死ぬまで自分の家の宗派すら知らない人だって多いのに。

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:46:22
坊主なんだろね。
感覚がかなりズレてる気がする。

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:48:04
そもそもかなり前からそういう理由で真宗オススメとこのスレで書かれてたわけだが。
本気で理解してなかったのね。

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:51:06
この板でも現世利益目的で天部祀ってる人なんかは
家の宗派は知らないって人結構いるしね。

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:52:41
>>307
多くなんて求めてないよ。ていうか何も要求なんかしない。
思わずツッコミは入れたけど。上のは否定してるのではなくツッコミだからな。
真剣にこんな信仰してる人もいるんだと思うと可笑しくて可笑しくて。

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 21:54:49
>>309
今更ツッコむってことはそうなんだろうなw
話が噛みあっていないとは思っていたが。

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:00:20
そんなに可笑しいって、坊主は檀家や信徒や門徒は皆帰依してると思ってんの?
えらいお花畑な脳みそだな。

314 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:01:58
真宗の坊さんがここ見たら、絶対楽しむための冗談でふざけて書いてると思うだろうな。

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:02:40
真宗に限らんよ。
家の宗派に帰依なんぞするかいな。

316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:03:20
>>313
いや、俺坊主じゃないし。
偉い妄想癖だな。

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:04:29
坊主ならそのお花畑っぷりもまだ分かるが
坊主じゃないならちょっとアレだな・・・

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:05:00
>>313
ついでにお前が祀ってるのはダキニだろ。
解るぞ。

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:06:27
>>318
残念!三宝荒神でしたー

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:08:28
三宝荒神(笑)

321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:13:29
>>319
嘘つけ

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:13:59
嘘ついてどうするw
思い込み激しいねえ。知ってたけど

323 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:28:55
>>322
ほー

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:41:34
>>322
ワラタw

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:45:43
そろそろ話題も尽きたか

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:51:24
そうね

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:51:35
では浄土真宗は糞宗教という事でお開きで

では皆様三三七拍子お願いいたします

328 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 22:54:01
今思ったけど、真宗関連だと叩きたい奴が喜んで寄ってくるから
「単発質問スレ立てんな」って誰も言わないなw

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 23:01:01
うちは本家本来は真宗なのだが、よーく調べると苗字の本家とは違う
別系統の血筋だった。社会的には今の苗字だが霊的には全然違う筋。

霊的な方は一族専門の神社があって明治以前は神仏混合だったみたいだ。
だからやはり真宗とは縁が遠い。
神仏混合の方で正解だったようだ。

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 23:04:51
真宗は神祇不拝

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/28(火) 23:05:05
>>328
そもそも立てる人もそれ狙いでしょ。
このスレだって1は大学で宗教系の講義受けてるのに
スレタイみたいなくだらん質問でスレ立てるっておかしいじゃんw

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 02:49:54
真面目に質問させて下さい。真宗に詳しい方に。
「一度でも念仏を唱えたら成仏出来る」と言われていますが、
条件はあるわけですよね?いくらなんでも手と手を合わせて
「ナムアミダブツ。」と発音したらそれで自動的に極楽往生
決定、とはいかないだろうと、門外漢としては考えます。

例えば密教では三密、身と口と意の一致が必須とされます。
即ち合掌して(=身)念仏を唱える(=口)以外に「心」、
全身全霊で阿弥陀様におすがりし極楽往生を祈る純粋な心も
必要なのでは、と思われるのですが、いかがでしょう?
それとも、打算尽くの表面的な信心でさえも救われん、という
この上なく寛大な教義なのでしょうか?





333 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 06:21:05
往生はできますがはできません、仏に成る為の修行が極めて楽なのが
極楽浄土です

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 06:21:53
訂正 往生はできますが成仏はできません

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 07:38:42
極楽浄土ってさ、悪人ばっかいてコワいところじゃないのかな。


336 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 08:24:14
真宗では犯罪者しか極楽に行けないからね。

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 08:39:32
うちの先祖は某地域の大名だった。城や館跡もあるらしい。
悪徳庄屋や代官を成敗していたかもしれない。
一族はソコソコ有名で社格のある御宮に皆参る。
刀鍛冶や医業がやはり多い。

338 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 08:53:59
>>335

なので、往生にも上品上生から下品下生までの九つの段階があります

339 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 09:39:27
さすがに、寝言で南無阿弥陀佛と唱えたら極楽行っちゃった、てことはない気がする
そもそも南無だから、帰命帰依の心境で唱えないとだよね

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/29(水) 13:43:40
んじゃそのために真宗にも法事があるってことかのう。
無条件で極楽行きなら法事不要なわけだが。

341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/30(木) 23:32:29
>>340
無条件で極楽行きなら法事不要なわけだが。

死者供養=死後の幸福祈願や積善回向の意味での「法要」ではないので。

生者への「聞法」機会の意味での「法要」です。
ただし、その事が実感出来るようになっているかどうかは・・・
問わないで下さい。・・・とりあえず努力はしていますが。

342 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/30(木) 23:39:41
>>332
>>「一度でも念仏を唱えたら成仏出来る」と言われていますが、
条件はあるわけですよね?

そうですね、阿弥陀仏は条件を付けていません。「そのまま救われて
くれよ」の想いでしょう。
しかし、人間=凡夫はそうはいきません。条件が無いと安心出来ません。
「ただ程高い物は無い」の根性ですから。何かの条件、基準、能力、対象
が有るのでは?・・・と。

・・・南無阿弥陀仏の喚び声の中に生かされていく事でしょう。

>>いくらなんでも手と手を合わせて「ナムアミダブツ。」と発音
したらそれで自動的に極楽往生決定とはいかないだろう

決める=救い導くのは阿弥陀仏なので人間側が「極楽往生決定」と
考えるのは、違うでしょうね。人生最後の日まで聞き抜くしかない
でしょう。

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/09/30(木) 23:45:21
>>例えば密教では三密、身と口と意の一致が必須とされます。
即ち合掌して(=身)念仏を唱える(=口)以外に「心」、
全身全霊で阿弥陀様におすがりし極楽往生を祈る純粋な心も
必要なのでは、と思われるのですが、いかがでしょう?

選び、進む道ではなく、慈しみすくい取ろうという「願い」
に抗わない事。「願い」に委ね、生きていく事。

>>それとも、打算尽くの表面的な信心でさえも救われん、と
いうこの上なく寛大な教義なのでしょうか?

そこで心配してしまうのは、まだ「私が選び取ろうとする阿弥
陀仏の願い」なのでしょう。
人生最後の一瞬まで聞法を通すしかありません。
或いは「この救いでは納得がいかん」のなら、己が信じられる
道を選べばいい事です。

344 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 07:18:43
甚だ簡略にしたものですが、カトリック教会の秘跡論では、次のように理解されています。

秘跡(例えば「洗礼」)が有効になるためには、
(1)質料(秘跡の材料)
(2)形相(祈りの言葉)
(3)意向(カトリック教会の意向を当事者が持っているか。
  これは、授ける人と受ける人の両面性が考えられます)
が必要とされています。

これは、アリストテレスの哲学を使って論理構成したものですが、
人間の考えることは古今東西問わず似たようなものですから、
この枠組みは、仏教の教学を学んだ僧侶の方にも理解しやすいものだと思います。
特に真宗はキリスト教と極めて似ていますので、この枠組みと同じような論理構成を
使っているのではないかと思われます。

345 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/03(日) 19:42:46
真宗がキリスト教と似ている、という誤解はありがちですが
カトリックの秘跡論は参考にならないよ。
僧侶は儀礼執行者ではあるが聖別されているわけではないし、
信心はあくまで一人ひとりが如来よりたまわるものとされていますから。

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/04(月) 10:17:14
キリスト教と浄土真宗の「絶対的差異」

阿弥陀仏と同じ「仏の位」にならせて頂ける(勿論、信を賜り浄土往生にて)
しかし、キリスト教では、人間は決して神と同じ存在にはなれない。

と思うが、如何かな?

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 11:19:26
一神教的な所が似てるんじゃないの?

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 19:57:58
なんか真宗の教義の基本を解ってない奴が知ったような解説をしてるようだな。
一生懸命念仏を唱えて救われる考えは浄土宗。真宗ではない。

真宗は信じていなくても念仏を発声した時点で救われる。
いや、既に救われているとする考え。
南無阿弥陀仏と発声した時点で、それは既に信心を頂いているから唱える事が
できたのだという考え。
これが「絶対他力」の思想。
つまり寝言であろうと「空念仏」というものは存在しない思想。
逆に「思いのこもっていない空念仏ではダメだ!!真剣に唱えなさい!!」
と言ったとすると、それは一生懸命念仏を唱える自力本願の修行念仏になって
しまい、真宗の教義では無くなってしまうのだ。

一生懸命念仏を唱えるならそれは真宗ではなき浄土宗や天台宗という事になる。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 20:06:26
マジかよ真宗めっちゃ楽だな

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 20:10:06
簡単のようだが「無疑」というのがむつかしい

351 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 20:12:16
>>43
普化宗って初めて聞いた。

352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 20:18:31
明治維新でたしか強制廃止させられたんだよな。

353 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 21:42:35
時代劇によく出てくる虚無僧だっけ?

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 21:44:04
普化宗カッコイイよな。復活しないのかな。
もし復活したら改宗しちゃうよ俺。
葬式で尺八吹いてもらうよ。

355 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/05(火) 22:30:50
>>348
「真宗は信じていなくても念仏を発声した時点で救われる。
いや、既に救われているとする考え。南無阿弥陀仏と発声
した時点で、それは既に信心を頂いているから唱える事が
できたのだという考え」

「一生懸命念仏を唱えて救われる考えは浄土宗。真宗ではない」
とは、その通りだとは思うが。しかし

348の貴方は何派?・・「念仏を発声した時点で救われる」
「既に信心を頂いているから唱える」とは、少なくとも
本願寺派では、そうした事を聞かないが・・如何か?

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 01:56:32
>>355
信心は阿弥陀仏から頂くんだよ。
何てったって既に本願力で救われているんだから。
念仏唱えようとか、声に出した時点で阿弥陀仏の本願の力が及んでいる証明
という訳だ。
だから既に救われている。
自分から努力して得る信心は自力修行の聖道門であって絶対他力の
考え方ではない。
信心に疑いあり。信心に迷いもあり。それでも関係なく救われるのが真宗。
何故なら絶対他力だからこそ救われるんだ。

この思想は陶酔できる程に素晴らしい発明だけど、少し距離をおいて客観的に
つっ突いて見れば穴だらけの脆さと欠陥があるが、その問題について今は問わない。

357 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 02:26:21
先にお断りをしておきますが・・私は親鸞会の者ではありません。
むしろ、親鸞会から嫌われる側です。

>>信心は阿弥陀仏から頂くんだよ。

そりゃ、判っている。衆生が作りあげる「信」ではないから。

>>声に出した時点で阿弥陀仏の本願の力が及んでいる証明

それも判る。その通りだと思う。

問題は「何てったって既に本願力で救われているんだから」・・
もう救われているから・・
なら、平生業成は?・・

『結局のところ、名号を称えるといっても、本願他力を信じない
ようなら辺地に生まれることでしょう。』
・・佛願の生起本末を聞きて疑心あることなし。・・

358 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 03:43:49
>>354
葬式では吹かんだろうw

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 09:19:26
真言じゃハチを鳴らし、禅宗じゃ鑼を打つ
尺八で送り出すのもいいんじゃない。

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 09:52:57
つまり、真宗は阿弥陀仏だけ信じてもう何もするなってことですよね

やっぱり宗教としてはつまらん、哲学としてなら理解もできるが

361 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 11:03:00
>>真宗は阿弥陀仏だけ信じてもう何もするなってことですよね

その「もう何もするな」って言う意味が微妙・・そこにどういう
「受け止め」があるのか気になる。
私としては、この命ある限り「佛願の生起本末を聞き」=聞法を
続ける事が肝要になると思うのだが。

>>やっぱり宗教としてはつまらん、哲学としてなら理解もできるが

それは、それで構わんよ。そんな教えが納得いかん!ワシは他へ行く
と他に「選べる道」が有るなら、その方向を選べばよい。

決してこの教えを否定し、捨て、謗る者はその報いで「地獄行き」
とは言わない。

むしろ、浄土真宗を深く問いつめてみると「哲学として理解」で納得
出来るとは私は思えないのだが。

362 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 11:27:11
何もするな、とはまた違うような
絶対他力による発心ならば、自らの行うところは全て阿弥陀仏の他力によるところと帰結する。
つまり、何もしてはならないというのではなく、何もしなくてもよい、という。



と、密教屋の漏れは考えてみた。

363 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 12:33:57
>>362
甘いな。
真宗は何もするなだよ。
葬式で野辺送りをしてはならない。
葬式で清めの塩を使ってはならない。
般若心経を唱えてはならない。
占術を信じてはならない。
祈祷をしてはならない。
神社の神を礼拝してはならない。
お守りを買ってはならない。
お札を買ってはならない。
これら全部「必要ない」のではなく「強制的に禁止」

364 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 12:39:14
そうなのか。
親鸞困惑してそうだな

365 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 14:03:15
>>364
親鸞の時代以降どんどん先鋭化してがんじがらめになった印象があるな。
一種の堕落なんだろう。

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 14:04:13
ゴミのような人間でも南無阿弥陀仏と唱えれば極楽浄土へ往けるのが浄土真宗
厳しい修行もなく 人生落ちこぼれても 殺生したとしても…阿弥陀如来に救われていると
他の宗派より、死後の不安も簡単に抹消できて門徒も自然と増えたのでは?と思う
見えない聞こえない唯物論者にとっては、お手軽で最上の教えかなw

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 15:00:24
神道と似てるんじゃない?
神式も死ねば神様だもんね。

368 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 17:42:12
>>367
一応神様だけど皆が想像する神様とは違うよ。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 20:49:29
>>357
そのとおりだと思いますね。

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 21:20:44
>>368
いやそんなの日本人なら感覚的に分かるでしょw

371 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 21:55:10
別にGODになりたいわけじゃないしな

372 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 22:07:22
>>366
366さん、貴方のおっしゃる通りだと思います。
苦悩から脱却する事の出来ない人間とは対象的な、貴方のような
優れて清廉で、厳しい修行で自らを鍛えようとする勇気があり、
世の中へ役立てる才能と気概を持ち、命を尊び、生かしてゆける
・・・そんな貴方のような優秀な方々から見れば親鸞などという
破戒した「僧」にあるまじき者が伝える「他力の救い」などとは
・・・まさに死後の不安も簡単に抹消(解決)できるような軟弱で
ご都合主義に見えるでしょう。

故に貴方の仰る通り「お手軽で最上の教え」でしょう。

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 22:11:06
真宗では確かに・・何もするな・・というより「してはいけない」
事が=お約束が多い。

葬式で清めの塩を使ってはならない。
般若心経を唱えてはならない。
占術を信じてはならない。
祈祷をしてはならない。
神社の神を礼拝してはならない。
お守りを買ってはならない。
お札を買ってはならない。

ただし、「そのこと」自体を否定しているのではなく、阿弥陀仏の
他力に出遇った者は・・・その「救い」に出遇った者には上記項目
は「不要」という事でしょう。


374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 22:13:22
自分は真宗ではないが、真宗地帯といわれるところでお葬式に出たら
清め塩が出なかったな。お墓には卒塔婆もないし。

375 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 22:18:14
関東で真宗の葬式やると「なんで無いんだ」って言われると面倒なんで清めの塩入れたりするね

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 22:46:43
根本的問題だが「清めの塩」自体、用意してくるのは誰かな?
遺族でもなく、参列者自身でもなく・・・葬儀社だろ。
モノを使い増やしてくれれば商売になる、つまり「過剰サービス」
でしょう。

まぁ、葬儀場入り口に「門徒なら清めと塩は本来使わない」「その理由」
「真宗以外で信仰上、清めが必要な方には別途用意してありますので必要
な方のみお持ち下さい」とお断り看板をすれば、なんら問題ないと思うが。

本来は、使いたい方=自分の信仰において清め塩が必要なら「自分
で用意し、その度、清める」訳だし、浄土真宗の門徒(自覚がなくと
も)なら、清める事は「意味が無い」と知って頂きたい。
但し、門徒が清める事が「意味が無い」事を納得出来るようなパンフ
位は配った方がいいだろう。今のご時世なら。

377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 22:55:44
お葬式であわててたから、清め塩のことはすっかり忘れていて、
家に戻ってきて数日たってから「あれ?清め塩なかったな」という感じだった。
なければないでどうということはなかった。

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 23:00:13
たかが、清めの塩・・・されど、清めの塩・・・。
友引に葬儀をするのと似ているな。
浄土真宗だけだろ、友引葬出来る&ワザとするのは。

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/06(水) 23:24:55
そういえば、そのときは葬儀告別式が友引だったわ。
うちのほうでは葬儀会館も火葬場も完全休業だからなー

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 10:12:37
古来からの日本の文化破壊宗教だな。
いっそのこと葬式もやめちまえ。できないだろうけどw

381 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 12:14:42
>>376
過剰サービスなんて言い出したら、今の葬儀屋のやってることは
みんな遺族の要望を満たすためのサービスだろ。

真宗の反対だって、街道に首根っこ掴まされてるから言ってるだけだしね。

382 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 13:35:18
>>みんな遺族の要望を満たすためのサービスだろ。

要望をしっかりと満たしてくれているなら・・まだいいが。
要・不要を考える暇が無いうちに「押し付けて」いる事もあろうて。
遺族が「本当に求めている」事に答えていく事を理想に掲げていけるか
どうか・・それが売り上げの利益に反しても・・・そんな葬儀社を求む。
同じ事が僧侶と寺院にも言える。そんな僧侶と寺院を求む。

383 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 13:42:44
>>いっそのこと葬式もやめちまえ。できないだろうけどw

いいね、いいね。葬儀をしなくちゃ、故人の幸福が得られないとは
言えないのが真宗だし。何も葬儀にこだわる必要性が薄いのも真宗だね。
日頃の「学び」「聴聞」「信心獲得」「お育て」があれば、どんな臨終
も葬儀の要・不要も詮無し。ただ「平生業成」でしかない・・・と言う
べき理想を・・・言えないのも事実。

384 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 14:20:48
>>382
「押しつけて」いるのは坊主だろ。商売人は先読みしてサービスを
提供するだけだし。

真宗門徒の方が世の中では少数で、清め塩をつける方が常識だったんだから、
つけるのが当たり前で普通。真宗のハゲがあまりにもうるさいから最近は
変えてきたみたいだけどな。
商売だし、クレーマーは避けておきたいw

門徒の多い地方では早いうちから対応してただろうけど。それも商売。

385 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 16:31:42
お題目を唱えたり般若心経読んだり
神社やキリスト教会に行ったりと、
なんとも信心の腰の座らない心の弱い奴だが、
「救ってほしい」と私の名を呼んだからには
大谷家の意向など関係なしに救ってみせようぞ。

386 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 16:41:33
>>385
ワロタw GJ!! (ゝ_ )b

387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 17:28:51
>>384
そうかもしれないな。「押しつけて」があるから、それに対応している
となるのかもな。しかし、その上であえて言えば「個々に対応して欲しい」
勿論、清め塩分の代金はかかっている筈だから。してくれには是で対応し
しないでくれには否で対応して欲しい。プロなんだから。

勿論、僧侶側も「その説明(説得?)と指導」を置き去りにしてはいかんし。

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 17:31:40
>>「救ってほしい」と私の名を呼んだからには
>>大谷家の意向など関係なしに救ってみせようぞ。

もしかして、そんな貴方の名は網田さん?
しかし、呼んだから=衆生の懇願という条件が先についていますが・・
行の称名?

389 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 17:34:10
すくうってやる♪ すくうってやる♪ 駄目な凡夫を♪ アミダブゥ♪
(起動戦士ガンタムのリズムで!)

390 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 20:55:11
>>387
真宗は少数派。だから清め塩は多数派の是で対応するのが基本。

だいたい動機が清め塩は迷信、って、街道の支配下に入ってるから
とはいえ、それなら阿弥陀如来が救ってくれるというのも迷信だろうがw

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/07(木) 23:49:44
葬儀社のサービスも細かくなっているのだし、少数派の真宗に合わせても
いいだろうと思う。逆に地域的に「真宗が多数派」の場合もあろうし、
その場合は「多数派の真宗」で統一サービスというのもおかしかろうて。

清め塩は神道慣習を日本的ブレンド思想で「仏教でも当然」になったの
だろうな。
いや、そもそも清め塩なんて釈尊でも佛説でも説かれていないのだが。
合わせて「葬儀を行え」とも言っていないが。逆に「葬儀はするな」と
言った位で。
因みに真宗的葬儀の意義では、死者への供養や回向ではなく、遺族知友
への教化となる。そうは見えなくてもね。

392 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 00:12:35
>因みに真宗的葬儀の意義では、死者への供養や回向ではなく、遺族知友
>への教化となる。そうは見えなくてもね。

葬式や法事なりでその辺をハッキリとさせない処が汚いよね

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 00:43:00
真宗のお通夜に出たとき、説教でハッキリ言ってたよ。
同席していたうちの母親はびっくりしてた。
まあ、真宗の盛んなところで、来たお坊さんも
教化に熱心なお寺の人だったからかもしれないが。

394 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 01:38:51
>>死者への供養や回向ではなく、遺族知友への教化
なんて、考えるてること自体「少数派」じゃない。
所詮、死んだ人の幸福を願う儀式でしょう、葬式って。
それで喰ってるんでしょう、坊さんって。
戒名だって死後の幸福の為でしょうが。

395 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 01:48:31
真宗じゃ、戒名ないのか。法名か。

396 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 08:17:14
>>391
>少数派の真宗に合わせてもいいだろうと思う。

なんでやねん、理由がわからん。
まあ、実際は差別とか持ち出してうるさいから真宗に合わせる
傾向があるけどw

>そもそも清め塩なんて釈尊でも佛説でも説かれていないのだが。

そもそも釈迦は阿弥陀如来なんぞ、語ってないだろ。
後世の奴らが勝手に作っただけで。


397 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 08:38:04
釈迦は阿弥陀如来だけじゃない、大日如来も南無妙法蓮華経も
各宗での極楽もそんなもん語っていないぞ。
つまり、今の日本の仏教って言われている物のほぼ全ては
釈迦の本当の言葉に非ずだw
そんな仏教って一体なんだ?

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 09:20:59
× 極楽
○ 浄土・仏国土

極楽と言うのは阿弥陀だけだ。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 10:47:17
アジアの民衆革命の先駆者 親鸞聖人

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 20:48:56
釈尊が語ったって言っても一番最古の経典でも入滅から100年経ってるわけで
あと釈尊が説いたされる言葉だけに執着するのは小乗的な発想だな
大智度論の指月の喩えがその例

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 21:05:17
釈尊の説も無視で真宗は仏教も否定と

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 21:23:48
月を見て指を見ず

403 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 22:02:37
羊羹といえば虎屋、事件といえば真宗。

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 22:08:23
真宗アンチ系の書き込みがやたら多いよなぁ、この板・・・。

405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 22:11:44
自分の宗派こそ正義で他は迷信と宣う宗派に共感は持てないよ

406 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 22:41:42
>>自分の宗派こそ正義で他は迷信と宣う宗派に共感は持てないよ

真宗の在家主義の僧も門徒も「自分の宗派こそ正義」というように
なったら、大いに勘違いである。それだけはハッキリ言う。
真宗の念仏を地獄行きの悪行と言い放つ日蓮系統の過激な宗教と
変わらん。その彼らは「我らこそ唯一の正義、正当」また「他宗、
他経は人を不幸にする邪教」ときっぱり断言するのでな。

私は「自分の宗派こそ正義」「他は迷信」とは思わぬ。
むしろ、他宗他経にもすばらしい教えが数多い。
「自分の宗派こそ正義」「他は迷信」ではなく、出家も持戒も満足
に出来ぬこの身を「目当て」にされておる本願他力の仏法にしか
受け止めて頂けぬ。
つまり、この機根に合わせて下さったのが弥陀の他力なのだと。

407 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/08(金) 23:17:23
>私は「自分の宗派こそ正義」「他は迷信」とは思わぬ。
>むしろ、他宗他経にもすばらしい教えが数多い。

なら清め塩も日本の古来からの伝統文化として認めてくれ。
真宗の盛んな場所に越してきたのだが迷信という事で伝統文化が破壊されてて
非常に違和感を感じる。

408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 00:52:49
>>なら清め塩も日本の古来からの伝統文化として認めてくれ。

認めるよ。清めの塩が信仰上、必要な方なら・・・使って下さい。
止めません。ただ、各自持参の形式でお願いします。
葬儀社が用意した安価な塩より・・○○神社で祈願された塩とかの方
が「効果高い」だろうし。

しかし、浄土真宗の門徒(もち、僧も含む)なら、清める必要は無い。
故に門徒には清め塩は不要と言いたい。
理由は
「清めたくとも、清められないから」+「清めている場合じゃないから」

409 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:14:04
あたしゃ真言ですんで、浄塩加持やらせていただきますね(^^

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:19:33
>しかし、浄土真宗の門徒(もち、僧も含む)なら、清める必要は無い。
>故に門徒には清め塩は不要と言いたい。

真宗門徒でもあり神社の氏子でもあるという家庭が多いと思うんだが・・・
必要ないとはいえその辺の寛容性というか融和性が真宗には欠けていると思われ

411 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:21:25
他宗を排撃する宗教はゴミ以下のクズ同然だってじっちゃがいってた

412 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:24:48
「真宗門徒でもあり神社の氏子」は有っても
「神社の正式な氏子(先祖代々、数代に亘って)であり、
真宗門徒でもある」方ってのはいないだろうな。

日本は神の国だから、皇民たるもの神棚を置くべし・・
置かぬ者は非国民!という時代は、さぞ苦労があったろう。

413 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:26:53
「塩でお清め」自体は、否定・排撃しようとは(私は)思いません。
但し、真宗の門徒なれば・・・不要です&意味をなさないという事。

414 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:30:02
隠れキリシタンもさぞかし辛かっただろうな
仏教に改宗か死だったからな

415 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:41:13
>>414
キリシタンもそうだが神社の神主に対しても仏式の葬儀を強制だからな

416 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:41:27
>>412
うち代々神社の氏子で氏子総代も何人も出してるけど真宗だよ。
じーちゃんが死んだ時には清め塩したと思う。

417 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:57:20
>>390
逆だよ。
一番多いのが真宗。圧倒的多数派。

418 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 01:59:46
平成9年度 文化庁編『宗教年鑑』

[信者数]
1、浄土真宗本願寺派(694万人)
2、浄土宗(603万人)
3、真宗大谷派(553万人)
4、高野山真言宗(548万人)
5、日蓮宗(381万人)
6、曹洞宗(157万人)
7、真言宗智山派(153万人)
8、真言宗豊山派(120万人)
9、天台宗(61万人)
10、真言宗醍醐派(56万人)


419 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 02:01:08
地方によりけりだね
こちとらは禅宗がメインで真宗のしの字も見かけない

420 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 02:03:21
そりゃ地方によりけりだろうが、全国的には少なくとも真宗は少数派とは言えない

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 19:27:57
話戻るけど、生粋の神道信者氏子が「あの〜、ウチもこれから
真宗に入信したいんですけど・・・いや、勿論、神社氏子も
ちゃんと勤めますから」・・・って言ったら、神主さん切れて
止めねえ?

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 19:30:02
創価よりは。

423 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 20:18:35
近所には、氏子総代であり、また檀那寺の総代でもある人がいるよ。

424 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/09(土) 20:25:47
神道的には阿弥陀仏も八百万の神々の一つだろうから杓子定規な事は言わず
特に問題は無いんじゃないの?

425 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 01:13:01
平田篤胤の系統に染まってたら、そうもいかんだろう。

426 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 08:00:32
>>417
もう少しよく読みなさい。
一番多いのではなくて、真宗:非真宗で真宗が多数になったら、
自分達の意見が通るだろうが、そうではありませんよ、
と言ってるわけで。

そこを差別だとか持ち出して、自分のやり方を押しつけようと
するから、真宗は嫌われる。


427 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 12:14:36
そんなん宗派じゃなくてその寺なり葬儀社なりの問題だろ。
真宗の葬式に何度か出たことあるけど普通に清め塩あったよ。
差別だとか以前に使わないと言ってる葬式は一つもなかった。
ので、真宗は清め塩使わないなんてこのスレで初めて知ってびっくりだ。

428 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 12:17:43
うちの地方では会葬御礼に清め塩の小袋が入ってる。

429 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 13:36:56
>>428
あーうちもそうだ。
そういえば真宗でも普通にそれもらったかも。

430 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 18:20:47
私は清め塩いらないんですけど、なんで勝手に渡してよこすの?
あの「塩」ってエコじゃないとおもうんですが。
たしか清めの塩って料理に使えないって聞いたのですが本当?


431 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 18:35:47
> エコじゃない

俺もこんなふうに、さらっと笑いを取れるようになりたい

432 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 18:46:27
> エコじゃない
エコじゃないけど・・・エゴだと思いまーーす!
葬儀社か、清め塩賛同者の。

433 :428:2010/10/10(日) 19:24:19
ちなみにウチの地方は、真宗がほとんどない地帯。
真言宗と曹洞宗が多い。

434 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 20:16:39
>>430
エコというなら、あの無駄に豪華な真宗の仏壇はエコに反するだろ。
ダンボール箱にでも入れておいたらいいよw

>>432
いちいちクレームつける奴らの方がエゴだろw

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 20:18:56
お西じゃ新しい「きく」「いちょう」というシンプルな本尊を出したね。
仏壇いらない小さなやつ。あれいいな。
お東もやらないかな。

436 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 20:19:55
瀬戸内寂聴は豪華な仏壇じゃなくて日曜大工で箱つくって本尊入れてかまわないとか言ってたな。
実家は仏壇屋なのにw

437 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 20:43:45
>>あの無駄に豪華な真宗の仏壇はエコに反するだろ。
う〜〜ん、どうだろう?・・・真宗の仏壇はやたらド派手、ふんだん
装飾だしな、金箔も。ただエコ3Rのリユース=繰り返し使う
の「塗り直し」「洗濯」があるしなぁ・・どうなんだろ。

毎年の塔婆も削って「繰り返し使う」とか駄目なの?
物が物だけに・・捨てるに捨てられんのだが。

438 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/10(日) 22:02:06
>>436
瀬戸内寂聴△

439 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/11(月) 01:49:56
>>437
仏壇の造りは、宗旨もさることながら地方による傾向も大きいな。

書きたてならともかく、一年以上風雨に晒した塔婆は、さすがに削るにしても限度があるだろう。
元々の意義が仏塔(卒塔婆)建立による功徳にあるから、リフォームするより新築しなさい、ってこった。

古い塔婆の扱いは旦那寺に相談するといい。
最近じゃ引き取って自前でお焚き上げするとこも増えたが、都市部だとそうもいかん事情もあるだろうな。
だから、いきなり持ち込んだりせず、まずは電話なりで聞いてみることだ。



さすがに、「適当にヘシ折ってゴミに出せ」て言うとこは無いと思うがwww

440 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 22:24:04
清め塩って、なんか好きじゃないんだよな。
何を清めるの?死?
死は穢れって仏教じゃないじゃん。


441 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 22:47:08
また「清め塩」問題に戻ってきてるね。
じょーどsin宗でなら、「供養」「清め塩」「霊魂」は
見過ごせない語句になるんだろうね。

「清めの塩」を故人遺体に振り撒くんじゃないよね。
振り撒く先は、葬儀で見送った本人でしょう。
つまり「きったなく汚れた」のは葬儀に出た本人なんだよ。
それを「洗い落とし、清める」事が必要ってことでしょう。

442 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 23:24:01
日本仏教は、神道思考が入ってるからなー。

というか、そもそもの由来からして「清め」じゃないんだよね。
ケガレ(気枯れ)の状態から、生気を充実させるためのアイテムとしての塩だ。
例えば汗をかいて疲労した時には、水分はもちろん塩分の補給は欠かすことができない。
そういった実際例からフィードバックして、塩というものに呪術的な力を見出した。

塩を「清め」と言うから齟齬が生じるんであって、「リポビタンD」と言えば少しは誤解が減るだろうか。
で、もちろんここまで全部俺の創作だから、軽くスルーしてくれ。

443 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/14(木) 23:31:46
神道で言えば「ハレとケ(ケガレ)」での「清め」でのことだろ。
ぜんぜん、ブッキョと関係ないじゃん。清めって。
むしろ塩で清められるんなら、穢れた生活の坊主を清めてくれ
よ。まっ、無理な話か。

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 00:09:55
>>443
お前は酔っ払いすぎだと思うwww

445 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 02:00:02
>>444
お前は酔っ払いすぎだと思うwww

俺もヨッパライ過ぎたと思うわ。
でも日本酒飲む時に塩舐めると酒が甘くなるんだな
不思議とコレが。そんな訳で塩はありがたいね。



446 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 09:21:55
仏教と関係ない、と言いだしたら、葬儀法事先祖供養は仏教と関係ないだろ。
観光寺以外の寺は潰れるなw

447 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 12:16:53
>>観光寺以外の寺は潰れるなw

潰れるのは結構でおk。むしろ潰れて、改めて問い直した
ほうがいい。勿論、観光寺も。決して仏教美術展示館じゃ
ないだろうから。
一度、白紙からやり直せ!・・・と云える勇気はないが。

448 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 12:52:01
やり直しはできんよ。
一度潰れたら、二度と復活することはない。
文字通り消滅。

449 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/15(金) 14:20:34
>>一度潰れたら、二度と復活することはない。

本当にイイモノなら、残りかつ新たに始まるさ。大丈夫。
「一度潰れたら、二度と復活することはない」と戦前の
日本も国家に対し思っていたさ。
でも今が有るのだから、本当に必要なら残るさ。
諸法無我。

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 12:13:43
>>446
まさにブーメランだなw

451 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/16(土) 16:32:28
ウィキ
大谷光照率いる浄土真宗本願寺派は「戦時教学」によって
戦争協力に多大に寄与した教団である。このため仏教界が
自らの反省をせず漠然と国家神道や靖国神社を批判して
きた戦後の仏教界の姿勢には批判がある。

さて、どうされる?

452 :真言・念仏・禅は邪義:2010/10/17(日) 12:57:32

いまだに「真言・念仏・禅」の邪宗が多い理由
まず、邪義「真言」が、なぜ広まったのか。
それは、像法の末に伝教(最澄)が「法華経最第一」を確立した「後」に、
空海(弘法)によって伝来したからである。
つまり、天台・伝教の破折を「まぬかれている」のだ。

伝教(最澄)が南都六宗の邪義を破った後に、空海(弘法)によって伝来した真言が、
後に天台宗の人々が真言に「籠絡されていく落とし穴」となってしまった。

真言は、天台の一念三千の法を「盗み入れて」自宗の極理となし、「真言宗は天台宗と
法理の次元では同じだが、天台宗にない印と真言という事相があるから勝れている」
との邪義を立てた。その策略にかかり、天台宗を真言へとおとしめてしまったのが
比叡山第3代座主の「慈覚(円仁)」である。

伝教が一生の闘争で確立した「法華経最第一」の原則を崩し、「理同事勝」の邪義を唱え、
天台宗の真言密教化に踏み切ってしまった慈覚が、謗法の端緒を開く元凶となった。
さらに、慈覚の弟子「安然」は、禅宗を促し、「恵心」は、念仏を広める役割をした。

高徳・碩学と仰がれた慈覚が、後世の安然や恵心の邪義を引き出す呼び水になったのだ。
法をより深くむしばむ害虫は、他宗ではなく正法を護るべき天台宗の中にいた。
(よって現在の天台宗は、慈覚・安然・恵心の謗法を引継ぐ邪宗・謗法宗である)

そして、謗法に毒された人々を救うため、末法悪世の変革のために、次々と起こる
大難・迫害に命がけで戦い勝ち越えてきた、末法における妙法流布の法華経の行者が
日蓮である。謗法の人々も今は法華経を誹謗しているが、亡国・亡身の危機に直面した
とき、一切の仏寺・一切の神寺を捨てて、「南無妙法蓮華経」と唱えるようになるだろう。




453 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/17(日) 13:05:58
天台は顕密具えた総合仏教

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/17(日) 15:39:46
キターーーー!
>>452
真宗カテで「邪法をへし折る折伏説法」ですか?

南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経
なんみょうほうれんげっきょう なんみょうほうれんげっきょう
なんまみうほれぎよう なんまみうほれぎよう なんまみうほれぎよう  
なんみあほぎよ なんみあほぎよ なんみあほぎよ なんみあほぎよ
なんみあんほど なんみあんほど なんみあんほど なんみあんほど
・・・・・・・・・・なむ・あみ・だぶっ・・なむ・あみ・だぶっ
なむあみだぶ なむあみだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ
南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!

おやっ、いつの間にかお題目唱題が、称名念仏になっておったぞ。
これも弥陀佛のお慈悲かの〜〜。

455 :真言・念仏・禅は謗法邪宗:2010/10/17(日) 20:11:38
もし、念仏を唱えれば、仏になれて極楽浄土にいけるというのなら
長生きするより、早く死んだ方がいいということになる。
爾前経(仮の教え)で釈迦が説いたが、その後、釈迦自身が否定した教えなのだよ。


456 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/17(日) 20:31:35
南無妙法蓮華経と唱えなさいという仏典があるなら教えてください。

457 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 00:57:00
法華経の文底に本門=「南無妙法蓮華経」を日蓮上行菩薩
=後のご本仏が見抜き、確かにした。「文底秘沈」

文底に見つけなくちゃならない・・・という事は
法華経は・・実は不完全だったという事でしょ。

458 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 01:01:47
>>456
南無妙法蓮華経と唱えなさいという仏典があるなら教えてください。

あるよ!

知らないんだね。よく学んでね。
妙法尼御前御返事「別名《六難九易抄》」にもあり、他にも他数有り。
末法の御本仏さまが説かれた仏典です。


459 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 01:28:34
>>455
爾前経(仮の教え)で釈迦が説いたが、その後、釈迦自身が
否定した教えなのだよ。

ん〜〜、もうその論法の説得性は弱くなってきています。
かなり使った手法ですので。
「爾前経」と誰が言ったのか?
釈迦自身が法華経以外の教説全てを本当に否定したのか?
なぜ、否定するなら説明がないのか?

460 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 01:31:55
>>455
もし、念仏を唱えれば、仏になれて極楽浄土にいけると
いうのなら長生きするより、早く死んだ方がいいということになる。

浄土宗ではなんと言っているか判らぬが、少なくとも真宗では
そういう理解では・・違っていることになるが。

南無妙法蓮華経を唱えれば、万事上手くいく・・と違えているのと
一緒だと思うよ。

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 01:58:59
一人芝居乙としか言いようがない

462 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 02:21:09
>>461

四連チャンレスだが、一人芝居じゃないんだけど。
少なくとも「真言・念仏・禅は謗法邪宗」という喧嘩売り
じゃ無いんだけどなぁ。まいったなぁ。
一人芝居乙野郎に見えた?

463 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 08:06:26
        オ ナ ニ ー
むしろこれが一人芝居だったら感心するわ

464 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 14:34:10
一人芝居だろうが、まぁ、どうでもいいんじゃない。
むしろ、訳のわからん読経して供養と言う坊さんの姿自体、
俺からすれば 
オ ナ ニ -
一人満足にも見えるが。

465 :念仏は邪義邪宗:2010/10/18(月) 16:13:11

念仏往生願の「第十八願(四十八願の中心)」には「唯五逆と誹謗正法とを除く」(大正十二巻 P268)と断られている。

つまり、阿弥陀仏が自ら「五逆と誹謗正法」とは浄土に迎えないと言っているのだ。

にもかかわらず、善導は「釈尊は一闡提の衆生を捨てた」と誤解し、「阿弥陀仏のみが四十八願を発して、
一闡提(五逆と誹謗正法の衆生)を救う」との邪義を、観経疏の四巻(四帖の疏)で立てた。
そして日本においては、慧心・永観が同様の邪義を立て、さらに法然の選択集によって
浄土法門の邪義は民衆に深く定着し、人々の生命力を蝕んでいった。

真実は、阿弥陀仏が捨て去った「五逆・謗法の衆生」は釈尊が救済すると宣言し、
末法の世においては、日蓮が「末法五濁の五逆・謗法の衆生」を救済するのである。
よって、念仏は「無間地獄の業」となるのである。
今は法華経を謗っている人も、下種の「南無妙法蓮華経」を唱える時が来るであろうことは間違いない。
 
(よく誤解されるのですが、私はどの宗教団体とも関係ありません)



466 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 16:34:57
マルチコピペはおやめください。

467 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 19:18:41
日蓮はそれなりの男だったかもしれないが、
弟子がこうまでウザいと日蓮も悪く見える

468 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 19:30:27
>>465
「よく誤解されるのですが、私はどの宗教団体とも関係ありません」って

法華経は、効果の強い薬のような物でその法華経に心酔した方は
数多いが、取り扱い=解釈を間違えると効果が強い分「強毒」化
しますよ。

「どの宗教団体とも関せず」ってのが、一人で独自に法華経を読み
学ぶという意味なら・・・むしろ、危険じゃないでしょうか?
偏った解釈を重ね、SG会やKS会のように過激な思想にならない
といいが。

469 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 19:37:08
抗生剤を摂り過ぎてスーパー耐性菌を育てるようなモンか

470 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/18(月) 19:38:42
というか、いずれの宗教団体とも関係ありませんって事自体が有り得ないんだけどね。
主に旦那寺的な意味で

471 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 21:18:51
>(よく誤解されるのですが、私はどの宗教団体とも関係ありません)

山伏とか行者でしょ 昔から、天狗憑きが多いよね

472 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/19(火) 22:05:02
山伏にしたって石鎚と羽黒とかに属してるのがほとんど

473 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 12:53:26
いや、こいつは消臭か層化か犬証。

474 :念仏は邪宗:2010/10/20(水) 14:21:08
>>473
>>こいつは消臭か層化か犬証。

僕はどこの会にも所属していない。
勝手に決めつけないように。


475 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 14:35:32
ではご宗旨を伺おうか

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/20(水) 14:56:16
>>474 :念仏は邪宗
僕はどこの会にも所属していない。

どこの会or宗、組織にも所属していないなんて、むしろ危険です!
各スレに貼りまくった意見内容は、日蓮の理論を
「独自の研究と解釈で理解」での事なら、かなりの狭義や偏見に
なりかねません。
日蓮の理論は、理解や使い方を間違えると念仏よりも凶悪な
「猛毒」になりますよ!

477 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 18:17:07
坊さんの金儲けだよ!
言わせんな恥ずかしい

478 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 20:16:54
西本願寺の坊主なんかエゲツナイもんね。

坊主が風俗行って池田犬作みたいにチンポしゃぶらせたらダメだよ。

479 :1:2010/10/29(金) 23:02:55
今日四十九日の法要がありました。
法話の中ではっきりと、「亡き人を偲んで仏法を学ぶ機会」といっていました。
しかしやはり母はただの遺骨を「お父さん」と呼んでいて、
まだ霊が存在すると思うんだろうなあ…

親戚の人はお経があげられてお勤めもしているようなので、
教えについても理解しているとは思うのですが、
母のように正しい教えを学ばずに自分の思い通りにやるのは信仰じゃないと思います。

結局、ヘタレなので焼香を断れませんでした。

480 :1:2010/10/29(金) 23:04:47
法話の中で、
「すべて無駄なものなどない。念仏は死んだ後などばかりだといわれているが、
生きているうちにそのような心を学ぶのが念仏者の姿だ」
と、浄土真宗の教えの中に初めて倫理的なものがあるのを知りました。

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/29(金) 23:30:53
浄土真宗のような他力本願では他者からの機縁が来ないと救われないな。
ただ機縁が継続的に来る条件、例えば加持祈祷を行う第三者と偶然的に
棚ボタのような機縁環境が揃えば繁盛して億万長者になったりもする。

要するにパワーの纂奪が起こる。

本来の自分の縁をくれてやったり、筋違いで理不尽な縁に手を出したりすると起こる。

その意味では浄土真宗もまんざらではないな。
オレは嫌いだし真宗糞坊主の頭を刀でぶち割る信ちゃん武士の絵なんかが大好きだが。



482 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 00:28:50
洩れも浄土真宗の坊主は大嫌い。
ゲロが出る。

483 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 00:51:58
>>481

>機縁が継続的に来る条件、例えば加持祈祷を行う第三者と偶然的に
>棚ボタのような機縁環境が揃えば繁盛して億万長者になったりもする。

>要するにパワーの纂奪が起こる。

>本来の自分の縁をくれてやったり、筋違いで理不尽な縁に手を出したり
>すると起こる。

意味がわかんないが、それって浄土真宗じゃない気がするぞ。




484 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 00:53:56
>>482

いいんじゃない、嫌いで。
どっかの宗や会みたく、謗法は地獄に必ず落ちるのですって
別に言わないからね。

485 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 01:04:07
供養自体を否定っちゅうのではなく、本願他力を受ける者が
供養しても意味が無いってことだろう

486 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 11:52:47
お経を読んでも意味が無い

阿弥陀さまに感謝しても意味が無い

何すりゃいいのwww

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 12:01:09
聴聞しましょう

488 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 12:47:57
聴聞しても意味が無いw

489 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 13:11:14
坊主は消えろ

490 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 13:57:47
浄土は架空。死んだら終わり。
お前ら現世を浄土とすべく、頑張れ。

  ↑
真宗のありがたい教え


491 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/10/30(土) 15:17:46
この世でただ一心に念仏を申すだけで、いつ死んでも極楽浄土へ往けるんだから明快 
極楽浄土へ往生すれば輪廻転生することもなく暮らせるらしい
 
ただ、何にも囚われず雑念もなく南無阿弥陀仏のみ唱えられる人は妙好人だけだと思うw  
現世利益の本来の意味を知らない守銭奴坊主はお金に比重が傾いているから極楽往生は無理そう 



492 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/03(水) 01:59:26
>>486がいうことはまあもっともな話で、江戸時代に西本願寺が
>>487みたいな珍理論を振り回し始めて門徒が一揆を起こしたことがある。
いわゆる三業惑乱。詳細は下記ページに詳しい。

ttp://www.pure.ne.jp/~pages/uemon/3gou.html

結局西本願寺は解決できず、寺社奉行の脇坂安董と歎異抄研究で鳴らした香月院深励(東本願寺)が
ケリをつけたという経緯がある。まあ、本願寺なんて、そんなもん。

>>490 そりゃ、吉本ばななのオヤジが言い出した珍理論だろw

493 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 00:52:26
三業惑乱は能化内での派閥争いとか地方間での他力と信心での解釈差
が原因
今以上に当時は門主より能化(教学最高峰)の権威が強かった時代
北陸で主流だった十劫安心(もう救われてるから念仏一回でおk)と
三業帰命(報恩感謝の身口意が絶対必要なはず)の両極端な意見のぶつかり合い
西本願寺が大きく傾いた。

494 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/04(木) 00:54:44
西本願寺内と門主に「宗内混乱を治めまとめる力」が無い事が歴然と
した事件
寺社奉行の助力=介入に任せるしか出来なかった不甲斐なさ

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/24(水) 01:56:11
蒸し返して悪いけど、実家門徒でおれ神主。
祖母が死んだ時、香典返しに塩をつけてくれと注文したら
葬儀屋が「お寺さんに怒られるので困ります」とのたまいやがったよ。

真宗王国でも、禿やりすぎだろ・・・

496 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/24(水) 20:26:48
門徒で導師に真宗呼んだのなら、仕方ないだろう…
はっきり言って、そこに「神主としての」お前さんの出番はない。

497 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/28(日) 12:44:02
阿弥陀仏を拝んでる坊主と、先祖供養のつもりの門徒。
お互いの立場を主張しながらも仲良くてやっててとてもいいじゃないですか。

498 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/30(火) 01:34:47
>>真宗王国でも、禿やりすぎだろ・・・

それが真宗イズムのクオリティー!!・・・残念だが、理解して押し切られてくれ

>>香典返しに塩をつけてくれと注文したら

何も香典返しに「塩が必ず付いているべき」と固定観念に囚われること無し
服に忍ばせ持参していればいいだけの事。「何人も使うな」とは強制は出来
ないはずですし。サービス過剰で勝手に付けとくな!!ってレベルかと。

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/11/30(火) 18:24:43
どんな仏教を信仰してようと、儒教と神道のが優先されるだけさ

500 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/02(木) 00:20:01
いやいや、儒教と神道のが優先ではなく企業利益が優先されているだけのこと
塩だってタダじゃないんだぜ! 余計なサービスと思わぬのもどうなのか?
有無選べんし。

501 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/02(木) 02:11:09
日本の葬式は門徒さんも含めて、儒教とか陰陽道とかそういうもんが基本ですね。
親鸞さんの思想とはほとんど一致性がありませんね。

502 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/16(木) 17:26:38
>>501
まったくそのとおり
他にもゾロアスター教やヒンズー教、道教、回教、基督教、神道など
いろんな文化が混ざっております
よって「本来仏教とは」などと原理を語り出すと間違いがたくさん出てきます

503 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/19(日) 20:47:50
葬式なんて、直の身内遺族だけにしてソッとしておいてやれ。
悲しむより弔問客の接待で終始なんて、なんか意味が無い。

504 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/19(日) 20:58:32
忙しくして悲しみを紛らわすということなんですよ。

505 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/19(日) 21:06:10
>>504

確かに「忙しくして悲しみを紛らわす事が出来る」ではあるが、残念ですが
紛らわせても悲しみ自体は消えない、一時的に落ち着き、忘れるのみ。

506 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/19(日) 21:12:47
人生って悲しいものですよ。
誰にとっても。
もちろん喜びもある。
葬儀は最後は個人の自由だと思う。
グリーフワークにも個性があって当然だと思う。

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/19(日) 22:08:16
人生って悲しいものです=一切皆苦と釈尊説示の通りですね。

本来は、全てはその「あるがまま」に移り変わるのみ・・なのでしょう
しかし、その「あるがまま」を「思い通り」にしたいのが人の情ゆえ
「思い通りに」が「思い通りにならない」時、人は苦しみ、悩み、悲しみを
感じるのでしょう。

508 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/28(火) 00:12:24
先祖供養に拘るのは儒教。
何回忌とか、やっぱ儒教の影響濃いな・・・

509 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 09:53:50
>>507
「あるがまま」に先祖供養している門徒にイチャモンをつけ

それでも位牌や塔婆、遺影なぞを祀っている門徒の姿を見て
「思い通りにならない」非僧非俗は苦しみ、悩み、悲しみを感じます


510 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/29(水) 11:00:36
「死んだら浄土に行ってんだから、先祖供養なんて不要。
いると思ってるなら他の宗派に移ってくれ」

って、真宗布教使が宣言すればよいだけのこと。

それが出来ないのは、飯の種を失うと思ってるから。

511 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/12/31(金) 12:27:21
真宗禿が「うちは葬式やりません」宣言をすればいいのにね。
宣言した寺があったらその坊主は本物だと思う。

自分に優しく他人に厳しく。こんな教えだから叩かれるんだよ。

512 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/01(土) 13:03:57
まあまあ
葬式にも大いに意義(真宗お禿げ、寺の飯のタネってことじゃなく)があります。
故人の後ろ姿を通して、仏法に遇う。

513 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/04(火) 21:32:29
そもそも親鸞自身が自分の葬儀は不要だと生前に言った
なんて伝説を有難い話として伝えてるんなら
もちろん葬式不要論になるだろ普通に考えれば

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/04(火) 21:36:50
まずね、浄土真宗の迷信排除、先祖供養、否定論は
第一に葬式仏教から撤退しなければ筋が通りません

515 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/04(火) 21:43:03
浄土宗と真宗は葬式の理由を参列者に死を通して
生の意味や仏法を知ってもらうためだと主張しているが
葬式以外でも教えを授けることはできるしなぁ
できないんならそりゃ本人の努力不足か実力不足だ

516 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/04(火) 23:30:51
葬式でも説けるし、葬式じゃない時でも説ける
葬式で説いては駄目だとは言えない。

517 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/05(水) 04:37:27
葬儀を死者に対する説法とみればいいんじゃね?

518 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/05(水) 15:13:25
お正月の祖霊供養はおkなんだよね?

519 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/05(水) 22:55:50
真宗から「葬儀をしなさい」とは一言も言ってないぜ。
門徒が「して下さい」というからしてるんだぜ。

520 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/05(水) 23:11:52
真宗教団の中で位牌を作ったり塔婆を立てることを認めてくれる派は、
ありますか?

521 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/05(水) 23:58:10
あれがだめ、これがだめ、とか言う団体はカルトだな。
ん?あれ?もしかして本願寺?
いや、そんなつもりは・・・。

522 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 00:01:47
喪マイら折のポストに変なパンフを入れた浄土真宗 親鸞会だろ?

523 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 00:05:27
>>520
法事で真宗の寺に行ったとき、梵字が書いてあったけど、
真宗でも梵字使うの?

524 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 11:23:53
阿弥陀如来に帰依するなら、本尊そのものとも言えるキリク字を使うのに不思議はない
とは、真言宗の言い分。

525 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 17:26:37
>>520
>真宗教団の中で 〜 塔婆を立てることを認めてくれる派は、ありますか?

今年はさる事と思いきりて候えば、生きて候う時、卒都婆を建ててみ候わばやと
                               恵信尼消息

 顕智以下の弟子は五条袈裟を著し、草鞋にて御棺の前後に従う。尋有僧都も
送り申されけり。道路は善法坊より京極に出で、五条の橋をわたり、河東の道を
よぎり、鳥部野の南、延仁寺と云う所に送りて火葬し奉る。 〜 東山吉水禅坊
の近隣、大谷に納て石碑を立つ。 〜 明年九月二十一日、印信僧都、二丈五
尺十三重の塔廟を造て、碑に並べてこれを建つ。

                        高田派 正統伝

526 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 20:34:20
浄土宗では梵字のキリークを使いますけど、密教の意味も理解していない
のに梵字を使うのはけしからんと真言宗と論争になった事もあったよう
ですが、浄土宗側の反論としては、サンスクリット語や梵字は密教だけ
のものではなく、インドの文字だと主張したとか、修行僧の特集がして
ある学研の本だったかな?書店で立ち読みした本に書いてあったぞ

527 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/06(木) 21:09:33
というかそもそも塔婆には、梵字を書くのが正解だろ
「大圓鏡智」とか「南無阿弥陀仏」と書くほうがおかしいお

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 01:15:48
なんで?
インドで見たストゥーパはでっかいレンガ山だったぞ。梵字なんか書いてなかった。


529 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 09:04:28
浄土真宗は塔婆自体を使うんですか?五輪塔とか、般若心経とか、密教的な
要素は排除なんですよね?

高田本山は位牌を用いたり、ご都合主義な教えだから、頭がこんがらがる
ところも少なからずあります

530 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 10:12:59
>>529
>塔婆〜五輪塔とか、般若心経とか、密教的な要素は排除なんですよね?

 親鸞も恵信尼も、塔婆、五輪塔などは使っているんだよね。
 親鸞の高弟達も使っている。いつ頃からだめと言い出したんだろうね?
 明治?それとも昭和?
 その理由もよく分からないね。

>高田本山は位牌を用いたり、ご都合主義な教えだ

 浄土真宗からご都合主義を除くと、残るものがあるのか?

531 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 11:25:05
>>530

真宗大谷派の宗教学者の井上円了が明治政府と一緒に、迷信排除の
運動を行っていますよね

彼らの言い分としては密教、修験道、陰陽道も迷信の範疇に入る
のではないでしょうか?

>浄土真宗からご都合主義を除くと、残るものがあるのか?

親鸞聖人は法然上人の他のお弟子様と比較して要領が良い
とするのが正直な感想です




532 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 12:17:16
明治に始まった「迷信」排除運動は
欧米化と平行して起こった「近代化」に対する過剰反応の面があると思うよ。

533 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 16:05:02
>>531
> 真宗大谷派の宗教学者の井上円了が明治政府と一緒に、迷信排除の
> 運動を行っていますよね

 歎異抄や教行信証については迷信だとは言わなかったのか?
 どうして?

534 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 17:28:50
阿弥陀様を信じるのは迷信じゃないの?

535 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 20:31:24
>>534
> 阿弥陀様を信じるのは迷信じゃないの?

 阿弥陀様を信じる?
 そんなもの、いつごろから信じ始めたんだ?

536 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 22:10:19
民衆レベルでは、末法思想に則った浄土宗ができた頃、鎌倉仏教あたりのことだから、800年くらい前じゃない?
アミタユース単体での信仰はそれ以前でもあったけど貴族が多かったらしいね

537 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/07(金) 23:33:00
>>536
 阿弥陀を信じるなんていう考えは、神を信じるという概念がバテレンから入っ
てきた戦国時代、あるいは、キリスト教が広まった明治以降ではないかと思う
んだけどね。
 一番はっきりしてきたのは、多田鼎あたりからじゃないか?。それ以前の
文献に阿弥陀を信じるという表現はないんじゃないかなぁ。

538 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 00:43:31
 阿弥陀様を信じるということを言い出した人は、いつの時代か
知らないけど、浄土真宗に革命をもたらした正真正銘の第二
の親鸞聖人と言っていいだろうね。

 第一の親鸞聖人も、草葉の陰できっと腰を抜かしびっくりして
いるだろう。

539 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 01:14:52
阿弥陀仏を信じる=南無阿弥陀仏、に他ならないからねぇ

540 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 01:30:33
>>539
 どなたの発明なんかねぇ。たいしたもんだと思うよ。意味不明だが。

541 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 01:47:28
 阿弥陀仏を信じるという原点は、これか?
  ↓
 阿弥陀如来の他力本願をば、なにとように信じ、またなにとように機をもちてかたすかる
べきぞなれば、それ、弥陀を信じたてまつるというは、なにのようもなく、他力の信心という
いわれをよくしりたらんひとは、たとえば十人は十人ながら、みなもって極楽に往生すべし。
                                            第三帖


 阿弥陀を信じるというのはおかしいという根拠はここ
  ↓
 みだ仏は、自然のようをしらせんりょうなり。
                             末燈鈔

542 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 02:09:02
よく親鸞の言葉で出てくる「信」という言葉は
現代の「信じる」というものとは違うんですか?

543 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 04:07:51
>>538
どういうこと?
親鸞は阿弥陀様を信じてなかってこと?

544 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 09:53:48
538は「本願を信じる」は「弥陀を信じる」じゃないという言葉上の揚げ足取りだろう。

545 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 11:00:08
>>544
 大事なところだと思うよ。

 弥陀を信じると言うが、その中身は本願を信じるということであり、本願を信じ
るという内実を表現する場合の言語的一表現方法として「弥陀を信じる」という言
い方もあるんだと言えば、これは蓮如上人の心と調和するだろう。

 本願を信じるというが、その中身は弥陀を信じるということであり、弥陀を信
じるという内実を表現する場合の言語的一表現方法として「本願を信じる」とい
う言い方もあるんだと言えば、これは親鸞聖人・蓮如上人の心と調和しない。

 弥陀を信じるというのは、表現手法の一つであり、本質ではない。本願を信
じるということ、これが一番重要なことであり、本願を信じるなら、それを「阿弥
陀を信じる」という言い方をしても問題はない。しかし、本願を信じるということ
がなく、「私は阿弥陀を信じています」と言えば、これは親鸞・蓮如の心から
は離れる。

546 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 11:08:38
 ついでだから、ひとつコメントしておこう。

>>2
浄土真宗の教義では絶対に供養はいらないはずです。

 無戒名字の比丘なれど 末法濁世の世となりて 舎利弗目連にひとしくて
 供養恭敬をすすめしむ

 供養は親鸞も勧めているんだ。しかし、親鸞の勧めている供養は恐らく、
>>2が言ってる供養とは別物だろう。

 供養にはいろいろな意味がある。親鸞が勧めている供養は何か。>>2がいら
ないと言っている供養は何か。この違いを明確にし、さらに>>2がいらないと言っ
ている供養は本当にいらないか、それも考えてみる必要があるだろう。

547 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 11:15:43
いきなり中身の濃い議論になりましたね
勉強になります

548 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 11:24:11
>>545に加えておこう。やや蛇足気味だ。

 阿弥陀仏を信じないで、本願を信じることができるだろうか。
そんなことはできない。阿弥陀仏を信じれるからこそ、本願を
信じることができるんだ。このように、阿弥陀仏を信じるという
ことが本願を信じるということの前提になっている信心、これは
蓮如上人・親鸞聖人の心ではない。

 本願を信じないで、阿弥陀仏を信じることができるだろうか。
そんなことはできない。本願を信じたからこそ、阿弥陀仏を信
じるという表現もできる。このように、本願を信じるということが、
阿弥陀物を信じるという表現をとる前提になっている信心、こ
れは蓮如上人・親鸞聖人の心と調和する。

 

549 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 11:56:36
供養しないと祟るみたいな考えの門徒は少ないんじゃない?
故人を敬う儀式。そんな意識だろう。坊さんは儀式の添え物。
お布施の分、威勢良く長いお経で儀式を盛り上げてくだせえ。

550 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 12:27:34
そもそも本尊と本願を切り分けて考えるというのはアリなのか?

551 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 12:31:36
切り分けるのは方便だもんな

552 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 13:36:51
 この経の大意は、 〜 如来の本願を説きて、経の宗致とす。(教行信証)

 無上仏と申すは形もなくまします。形のましまさぬゆえに、自然とは申すなり。

無上仏とは、無形つまり形而上学上つまり哲学的な存在でである。形而上学上の存在だからこそあるがまま
という。
 
 形ましますと示すときには、無上涅槃とは申さず。
 形がある。つまり形而下の存在つまり、自然科学的な存在であれば、無上涅槃とは言わない。

 形もましまさぬ様を知らせんとて、始めて弥陀仏とぞ聞き習いて候う。
 形はない。形而上学的なあり方とを教えるために阿弥陀仏というものを出す。比叡山で始めて阿弥陀仏に
ついて教わったとき、私はそのように教わりました。

 弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり。
 阿弥陀仏というのは、あるがまま、自然という概念を教えるための資料である。手段である。方法である。
譬喩である。(末灯抄)

553 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 13:39:10
 のたまわく、南无の字は、聖人の御流儀にかぎりて、あそばしけり。南無阿弥陀仏を泥にて写させられ
て、御座敷にかけさせられて、仰せられけるは、不可思議光仏・無碍光仏も、この南無阿弥陀仏をほめたも
う徳号なり。しかれば、南無阿弥陀仏を本とすべしと、おおせそうろうなり。(聞き書き)

 蓮如上人は言われた。南无の字は、親鸞聖人の御門弟だけが使用してきた。本尊は、普通「阿弥陀仏」と
書く。しかし、親鸞聖人の御門弟だけは南無阿弥陀仏と書いてきた。蓮如上人は、南無阿弥陀仏という名号
本尊を金泥で書写し、それをお座敷に掛けながらこう仰った。不可思議光仏も無碍光仏も尊い。なぜ尊いのか。
南無阿弥陀仏は尊いぞと称讃している徳号だから不可思議光仏も無碍光仏も尊いのだ。
 釈迦牟尼仏はなぜ尊いのか。南無阿弥陀仏は尊いぞと教えてくれたから尊いのだ。善導大師がなぜ偉いの
か。南無阿弥陀仏は尊いぞと教えてくれたから偉いのだ。法然上人はなぜ偉いのか。南無阿弥陀仏は尊いぞ
と教えてくれたから偉いのだ。親鸞聖人はなぜ偉いのか。南無阿弥陀仏は尊いぞと教えてくれたから偉いの
だ。
 阿弥陀仏はなぜ尊いのか。南無阿弥陀仏は尊いぞと教えてくれたから尊いのだ。

 そうであれば、阿弥陀仏を信じることより、南無阿弥陀仏を信じることが大事になる。阿弥陀仏ではなく、
南無阿弥陀仏を信じるとはどういうことか。ここが問題になる。

554 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/08(土) 13:42:12
>>549

 親鸞聖人が勧めてくれた供養恭敬は何か、考えてみるといいだろう。

555 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 15:40:54
浄土真宗は宗教や信仰と言うよりも、哲学としてならそれで良い
のでしょう

556 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 16:03:35
>>550
本尊は「形なき法を、人間が知る得るように限定し表現したもの」
と思う
本願は「人間への久遠に続く大きな願いとそのハタラキ」と思う




557 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/08(土) 22:59:25
親鸞会信者の渡海難ってまだいたのかよw

558 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 00:14:02
渡海難クンって親鸞学徒高森一味だったの?

559 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/09(日) 02:00:50
 弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり。桃太郎とは、よいことをしよう。悪いことは止めようという願い、
勧善懲悪という自然の道理をよい子達に教える道具である。資料である。手段である。架空の存在である。
(末灯抄)

 「いいことをしよう。悪いことはやめよう」。この道理を正しく認識できれば、正しく認識できたことを
他人に伝える言語表現方法として「桃太郎さんは素晴らしいと信じていますよ」という言い方もあるだろう。
阿弥陀様はすばらしいと信じていますよと言ってもおかしなことではない。これが蓮如上人の理解だ。(3
帳目)

 桃太郎さんの正義感はどのように信じればいいのか。どのようにすれば、よい子達が、桃太郎さんのお話
で勧善懲悪という大事な自然の道理を認識できるようになるだろうか。「桃太郎さんという人は素晴らしい
人だ」と信じることは特に難しいことではない。自然な形で勧善懲悪の道理がわかれば、よい子達は、十人
が十人、みな桃太郎さんのお友達になるだろう。桃太郎さんと共通の価値観を持つ極楽世界に入るだろう。

 桃太郎さんが信じられないでどうして、勧善懲悪という自然の道理が信じられるだろうか。桃太郎さんを
信じることが勧善懲悪を信じる前提になる。こんな風に思う人は頭がおかしい。阿弥陀様を信じることが本
願を信じることの前提であるというそんな信仰はあり得ない。桃太郎さんを信じると言うことが、勧善懲悪
という自然の道理を信じるということの前提になる。そんなことはないのだ。勧善懲悪は大事なことだと信
じた結果、桃太郎さんは素晴らしいと信じるようになる。しかし、阿弥陀様を信じるから本願を信じるとい
う信仰は邪教である。

 阿弥陀仏はなぜ尊いのか。南無阿弥陀仏は尊いぞと教えてくれたから尊いのだ。桃太郎さんはなぜ尊
いのか。それは、勧善懲悪は大事な考えだよと教えてくれているから尊いのだ。そうであれば、桃太郎さん
を信じることより、勧善懲悪という自然の道理を大切にしよう。桃太郎さんを信じるから、勧善懲悪という自然
の道理を信じるといえば本末転倒である。阿弥陀様を信じるから本願を信じるというのは本末転倒である。


560 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/09(日) 02:03:13
 桃太郎さんは「形なき勧善懲悪の法を、人間が知る得るように限定し表現したもの」勧善懲悪の原理は「人
間への久遠に続く大きな願いとそのハタラキ」。
 こんなことを言えば、よい子達は目を丸くしてびっくりするだろう。もっと肩の力を抜いて平易に考えよう。

561 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/09(日) 13:17:03
 勧善懲悪は、桃太郎さんが存在しないでも人にとって大事なことだということは分かる。他力とか、本願とかは、阿
弥陀様が存在しないとなると意味がなくなる。これはおかしなことだ。

 桃太郎さんを利用しないでも、普通の大人は勧善懲悪の重要性を説明できる。しかし、阿弥陀様という概念を使用
しないと、他力とか、本願などの重要性を、坊さんが説明できない。これが現代浄土真宗の大きな問題だ。教学が壊
れてしまっている。

 桃太郎さんを利用しなければ説明できず、桃太郎さんを持ち出して始めて説明できる勧善懲悪は嘘のある勧善懲
悪だ。
 阿弥陀様を利用しなければ説明できず、阿弥陀様を持ち出して始めて説明できる他力とか本願などの概念は、嘘
のある概念だ。現代の真宗教学はみんな嘘っぱちだ。

 阿弥陀様を持ち出さないでも筋が通る正しい他力の話、本願の話を聞きたいという人がいれば、いまここの2ちゃ
んねるで説明する用意は、渡海難にはあります。嘘っぱち教学に洗脳されている人からおそらく色々な妨害が出ると
思うけど、自分は渡海難から話を聞きたいという声がお一人からでも挙がれば、ここで説明することができます。
話は連載的に長くなります。

 聞きたいという人がいなければしません。僕は心と宗教板での常駐を決めています。板を二つも掛け持つつもりがあ
りません。

562 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 17:28:41
>>561 渡海 難さんへ
まず譬え=方便が・・・分り辛い、もう少し練り直してくれ。

>阿弥陀様を利用しなければ説明できず、阿弥陀様を持ち出して始めて
>説明できる他力とか本願などの概念は、嘘のある概念だ。現代の真宗
>教学はみんな嘘っぱちだ。

思い切ったことを言うね。では親鸞さまはどうだったの?
蓮如さまはどうだったの?
 
>嘘っぱち教学に洗脳されている人からおそらく色々な妨害が出ると

創価も同じような事を言い切ってましたよ。釈迦の教えと違うんじゃない
のかというと。
意見が合わない・対立した意見には「邪宗邪教の妨害、いやがらせ、
真実を隠そうとする悪行」と指し、そんな中傷妨害が出るのは自己の信仰
が正しい証拠と自信を深め、決して内省しなくなる。
故に他者の意見には決して「聞く耳を持たない」思いなのでしょうか。

563 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 17:36:15
ところで
シレタイ「浄土真宗なのに供養って必要あるの?」からレスの方向が
ズレているように見えるが。

浄土真宗での供養とは何か? その供養は誰に向けられた物か?

ですよね。

564 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 17:38:47
供養というのは読んで字の如く、何かお供えをして養うということだよ。


565 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 18:02:30
渡海 難さんの常駐するという「心と宗教板」でのスレが
見当たりませんが?  見てみたいんだけど。

566 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 21:16:03
親鸞さんが、先祖供養をしてる家に行って「こんなもんは意味がないんじゃ」と
位牌を囲炉裏にくべて、お供えものをばくばく食うか。一休さんならやるかもしれないが。

567 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/09(日) 21:17:18
>>562
>まず譬え=方便が・・・分り辛い、もう少し練り直してくれ。
    なるほど。そうですか。

>思い切ったことを言うね。では親鸞さまはどうだったの?蓮如さまはどうだったの?
    大変尊敬しています。

>創価も同じような事を言い切ってましたよ。釈迦の教えと違うんじゃないのかというと。
  うむ。なるほど。


>>565
>渡海 難さんの常駐するという「心と宗教板」でのスレが見当たりませんが?  見てみたいんだけど。

 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1265781799/
 http://www/しんらん.jp

568 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/09(日) 22:33:34
見玉尼さんに言われたように「上から目線」(増上慢)に陥らぬように
ご注意くださいね。

569 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 13:09:46
>>564
>供養というのは読んで字の如く、何かお供えをして養うということだよ。

  うん。葬式仏教の俗説的意味ではそうなるよね。親鸞まで戻って考えた場合は
少し違ってくると思うよ。
  浄土真宗の場合、針の先ほどの量で残っている親鸞伝来の思想と、その周囲
で山のようにとぐろを巻いて意味不明化してる俗説と、俗説に集(たか)る利益集団
の利害意識とが渾然一体化して本質が全く見えなくなっている。
 本籍の違う思想が浄土真宗という同じ住民票で一つになっているから、個々の思
想を本籍の違いで整理し、親鸞伝来の思想と俗説とを分離してその思想の正体、
根拠を明らかにする必要がある
 親鸞聖人に本籍のある思想かと思っていたものが、意外にも宗教法人法や租税
法に由来していたという場合もあるから気をつける必要がある。

>>566
>囲炉裏にくべて、お供えものをばくばく食うか。一休さんならやるかもしれないが。

 アニメ一休さんの見過ぎじゃないかと思うよ

570 :無明長夜の灯炬なり:2011/01/10(月) 13:59:44
旧来組織、団体、教団&東西のお山は嫌い・・という事はわかりました。
やっぱり親鸞学徒会の方ですよね? それがどうした!でしょうが
親鸞学徒会の方ならば"やっぱり そんな雰囲気を感じた"と納得する
だけです。
親鸞学徒会の方じゃないとすれば"その会以外の方でも、その感情を
お持ちの方もいるのだな"と思う次第です。

>>位牌を囲炉裏にくべて、お供えものをばくばく食うか。
>>一休さんならやるかもしれないが。

いかにも"やりそうな"のが一休禅坊ですね。
蓮如さんも"誤った信仰対象"を燃やしたと聞きます。

571 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 14:03:31
渡海さんは親鸞会ではないと思いますね
独自に親鸞を研究している人です。

572 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 14:53:57
>>562
>蓮如さまはどうだったの?

 実にはここには非常に深い問題がある。蓮如とはさすがに歴史的にも一級の仏教者だ。面白い議論になる。

573 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 14:57:23
>>570
>旧来組織、団体、教団&東西のお山は嫌い・・という事はわかりました。

 好きか・嫌いか。>>570は、デジタルに単純化して他人を判断する単細胞の方であることがわかりました
よ。

>やっぱり親鸞学徒会の方ですよね? それがどうした!でしょうが

 親鸞学徒会?。知りませんね。聞いたことがありません。親鸞会というのは聞いたことがあります。僕は
ネットで聞きました。
 親鸞会という名称を直ちに出してくるところを見ると、親鸞会レスで、渡海難に痛い目に遭わされたとい
う印象のお持ちの方なんでしょうか。

 親鸞会レスで僕と言葉を交わしていれば、僕が親鸞会の人物かどうか、当然知っているわけです。僕が親
鸞会と関係を持ったことは、ネットの掲示板以外にありません。
 「やっぱり」という接頭語まで付けて「親鸞学徒会の方ですよね?」と、痛くもない腹に当てつけを言っ
てくるというのは、やっぱり貴方は謀略筋の方でしょうか?

 「その感情」とはどの感情なんでしょうか。
 貴方は、旧来組織、団体、教団&東西のお山がお好きなんだということはわかりました。貴方は、デジタルで
しか物事の判断が出来ないようですから、それで謀略筋の感情をお持ちの方もいるのだな"と思う次第です。

>いかにも"やりそうな"のが一休禅坊ですね。

 「いかにもやりそう」といえば何でも言えるでしょう。「いかにもやりそう」といえば、反論の気も萎え
てしまいます。

>蓮如さんも"誤った信仰対象"を燃やしたと聞きます。

 伝説の解釈が、アニメ一休さんと僕とでは違うようです。伝説は、信心の本質がわかっている人が非常に
深い意味を伝えようとしているように思います。ただし、所詮伝説ですから、話の起源を確認しないと深入り
は危険だ。

574 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 16:17:44
>>569
葬式仏教じゃネーよ。

原始仏教より以前から、聖者、修行者を「供養」する(食物や衣服など必要とする物を捧げる)習慣が、
インド特に釈迦が歩き回って滞在したビハール地方ではあったんだよ。

釈迦がスジャータに乳粥をもらったのも「供養」だよ。

575 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 16:25:31
供養、という言い方が気に入らないなら、布施とでも言ってくれて結構。
苦界を生きる者が、浄土に住まう者へ施しをする。
差し上げる、させて頂く。
それによって爪の垢なり後影なりに触れ、浄土への往生契機を願う…と言うと、上座部的な思想になるのかな。

まぁ、供養は上から目線でやるモンじゃないですよね。


576 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 16:55:00
他力真宗に布施行は必要なし

577 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 17:52:17
>>576
> 他力真宗に布施行は必要なし

 そうここだ。面白いのは。

 浄土真宗には布施はないんだ。しかし親鸞は供養は求めている。
そこで、供養料という名目で募財を集めるなら、まだ教学上の体裁がつく。
ところが、布施と言っている。これはどこからくるのか。これは、租税法から
来るんだろう。
 布施という名目にすると税金がかからない。供養という名目は租税法にな
いんだろう。だから、供養料とすると税金がかかってくる。

 浄土真宗の教えの本籍地が、親鸞ではなく租税法にあるという現実。
 こういう例は外にもあるんじゃないかと思う。

578 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 17:58:48
供養というのは供給資養の略語ですね

579 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 18:00:21
『供給資養』の意味で、仏・法・僧の三宝をはじめ死者の霊などに対して
供物を供給して これを資養する行為で、供施・供給、
略して供ともいう」(藤井正雄『佛教大事典』 小学館)
「死者などの霊に対して供物を供給してこれを資養する行為」とある。 ...



580 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 18:04:12
>>578-579
 これは善導流浄土宗、善導流浄土真宗では受け入れられ解釈だろうと思う。


581 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 18:17:12
>>580
× 受け入れられ解釈
○ 受け入れられない解釈


582 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 18:28:30
そうかもしれませんね、日本の祖霊崇拝は霊が存在する事を
前提としています、しかし、浄土真宗は唯物論でありそれらを
否定していますからね



583 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 18:37:29
唯物論でありながら宗教とはこれ如何に

584 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 18:59:37
 「浄土真宗は唯物論」
 これは、明治に発明された新浄土真宗だね。

 発明家がどのように発明してもいいんだけど、その発明の趣旨を
明確にしてほしいものだ。
 まじめに勉強しようとする人が混乱し、遠回りする。



寺    「浄土真宗は、布施は戴きません。供養料を預かります」。
税務署 「供養料となると税金がかかりますよ」。
寺    「それでは税金はお払いします」。

 こうなると、親鸞聖人の教えに、体裁上は少し近づくんだけど、
税金は嫌、だから供養料は頂きません。お布施をくださいというから
教学はぐちゃぐちゃになる。

 その矛盾に誰も気がつかないのが、まさに現代の浄土真宗だ。

585 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 19:04:12
>>580
「又請一切天人変化荘厳供養海。一切声聞変化荘厳供養海。
 一切菩薩変化荘厳供養海。一切諸仏変化荘厳供養海。
 如是等無量無辺恒沙供養。種種荘厳悉皆奉請。此道場。
 供養一切仏舍利並真法菩薩声聞衆。受此香華雲荘厳供養海。
 為満施主衆生願。隨心変現受用作仏事。供養已」

「念念焚焼戒定香。供養十方三世仏」

「希見道場請仏会。親承供養難思議」

(以上、善導『法事讃』)

善導は供養しまくりだよ?

586 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 19:22:30
法然上人は後白河法皇を供養する為に三十三間堂に浄土三部経の
お写経を納経したりもしてるんですけれどもね

587 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 20:36:30
法然は浄土宗だから、後代の真宗への論難材料として扱うのは適当ではあるまいよ

588 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 20:50:25
まあ、そうだけどさ

580が善導流浄土宗なんて言うから

589 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/10(月) 20:51:59
法然上人は偏依善導というけど親鸞聖人は必ずしも善導ばかりではないからな。

590 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/11(火) 12:04:27
>>587-589
 教行信証は、供養、供養、供養の連続。供養のオンパレードだ。
 ごく一部を紹介しよう。

 みなおのおの四百億仏を供養し已りて、今また来りて我を供養せり(行)
 無量光明土に至りて、 無数の仏を供養せん。
声聞・辟支仏等、共に供養し恭敬するところなり。
来りて供養し法を聴く。
菩薩の行を修して、十方諸仏如来を供養し、
もし常に諸仏に信奉すれば、すなわちよく大供養を興集す。
 もしよく大供養を興集すれば、かの人、仏の不思議を信ず。
すなわちよく法のごとく仏を供養せん。
 もしよく如法に仏を供養すれば、すなわちよく念仏の心動ぜず。
彼に到りて長時に法を聞き、歴時供養せん。
一一の菩薩は、すでに曾無数の諸仏を供養せりき。
諸仏もしその供養を受けたまわざらましかば、すなわち王たらざらまし。
すなわち悔心を生じて死屍を供養しき。
 我いま供養するところの 仏・法および衆僧、願わくはこの功徳をもって、
厳しく種種の供養の具を説きて、これを供養す。
 三つには歴事供養を得じと。これを除きて已外は、さらにもろもろの苦なけん。
 種種に一切諸仏および諸仏大会衆海を供養す。
 初めに往来の想・供養の想・度脱の想なし。
 もしは万、もしは億、もしは百千万億、無仏の国土にして仏事を施作す。
 仏の国に遊びて、菩薩の行を修し、十方諸仏如来を供養し、
 身本処を動ぜずしてよく遍く十方に至りて、諸仏を供養し、衆生を教化す。
 諸仏如来の功徳を供養し恭敬し讃嘆す。
 諸仏の功徳を供養し讃ずるに、分別の心あることなきがゆえに
 自身を供養し恭敬する心を遠離せるがゆえに」とのたまえり。
 外己に依るがゆえに自身を供養し恭敬する心を遠離せり。

−−まだまだ沢山ある−−

591 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/11(火) 12:16:05
親鸞は、布施については慎重を促しているんだ。

 先ず余善を貶して少善根とす。いわゆる布施 〜 正
信なければ、回向願求するにみな少善とす。
 善男子、四つの善事あり、悪果を獲得せん。何等をか
四とする。 〜 三つには他属のためのゆえにして布施
を行ぜん。
 もしは陀羅尼を説き、もしは布施・ 〜 を説き、知るべ
し、外道の所有の三昧は、みな見愛我慢の心を離れず、
世間の名利恭敬に貪着するがゆえなり、と。

 明治時代に発明された浄土真宗ではなく、
伝統的浄土真宗では、

 布施≠供養

 供養>>布施
無戒名字の比丘なれど 末法濁世の世となりて 舎利弗目連にひとしくて
 供養恭敬をすすめしむ

 お寺さんは生活がかかっている。正確に理解する必要があるだろう。

592 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 15:04:26
行ではなく、念仏や経の御心を頂く、つまり知的理解ばかりを重視
する真宗が

時と場合によって方針や教学をコロコロと変更するようでは
宗教としての知的信用もできないし、先祖供養うんぬん
以前に話にならないと思います

593 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 19:14:53
>>592
そお? コロコロ変わっている? コロコロではないが時代と共に
変わっている事は有るとは思うが。
実例ならどんな事?

594 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 19:53:40
>>593

584から引用します、浄土真宗は迷信排除で左翼イデオロギーに傾いた
嫌な宗派だと言うのが正直な印象で、余宗と比較すると低レベルな宗派だと思っています


584 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/10(月) 18:59:37
 「浄土真宗は唯物論」
 これは、明治に発明された新浄土真宗だね。

 発明家がどのように発明してもいいんだけど、その発明の趣旨を
明確にしてほしいものだ。
 まじめに勉強しようとする人が混乱し、遠回りする。



寺    「浄土真宗は、布施は戴きません。供養料を預かります」。
税務署 「供養料となると税金がかかりますよ」。
寺    「それでは税金はお払いします」。

 こうなると、親鸞聖人の教えに、体裁上は少し近づくんだけど、
税金は嫌、だから供養料は頂きません。お布施をくださいというから
教学はぐちゃぐちゃになる。

 その矛盾に誰も気がつかないのが、まさに現代の浄土真宗だ。




595 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 20:49:40
親鸞聖人の教えは迷信排除で左翼イデオロギーに傾きやすい傾向のある
嫌な教えなのですね。了解いたしました。
また余教と比較すると低レベルな教義なのですね。大したことはねえな
親鸞の他力なんて、所詮「念仏称えりゃ、誰でも幸せの世界に行ける」的
お気楽思想ですか。

596 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 20:52:39
まあ、創価学会も浄土真宗も目的とするところは一緒なのだと
思います

597 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 20:55:39
左翼でもなければ右翼でもありません。

598 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:00:11
その税務署とのやり取りは脳内の架空の会話だな。

供養とは自ら進んで聖なるもの、崇敬の対象者へ食料、衣服、香、華などを捧げること。
これは

布施は自ら進んで修行者、困窮者などへ財物その他を施し与えること。
後に六波羅蜜の一つとして「自らの執着心を手放すための修行」と意義づけられた。

どちらも宗教行為に他ならないのだから、
「供養料なら税金がかかり、布施ならかからない」などウソ。

税金がかかるか、かからないかはもっと実態に即して判断されるはずだ。
名目が何だろうと営利目的の商売なら税金はかかる。

599 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:02:53
>>594
594さん、598さんの「供養料と布施での税務署話」は有りえないって
嘘言っちゃいかんな〜 594さん。

600 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:11:08
>>596

何言ってんの?日教組や民主党とつるんで本願寺で左翼運動してますよ

601 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:14:30
まあ、浄土真宗みないな最悪宗派が葬式や法事は阿弥陀仏への
報恩感謝とか苦し紛れの金集めをするからややこしいのだがね

いっそうのこと、奈良仏教みたいに、葬式仏教から手を引けば
おたくらの主張もある程度は納得できるがね

602 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:19:20
>>600
そうねえ「つるんでいる」からマズイんだろうな。陰でコソコソしていやらしい
感じもあるし。
やはり公明のように「堂々と」左翼運動した方が潔くていいだろうに。

603 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/11(火) 21:22:35
>>600
>何言ってんの?日教組や民主党とつるんで本願寺で左翼運動してますよ

 知り合いの坊さんに紹介するといい。

 有名なサイトだよ。

http://zoome.jp/daitoua01/diary/1
http://www.youtube.com/watch?v=pY2AQF5w6fs&feature=&p=12301B79A3D4EF63&index=0&playnext=1

604 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:31:21
とにかく本願寺系は極端に偏るのがお好みらしい
戦中戦前の国家主義への全面協力の暗黒史があるし
戦後の「前の失敗」の反動から180度反転の左翼行きだし。

親鸞聖人の教えは迷信排除で左翼イデオロギーに傾きやすい傾向のある
嫌な教えなのですね。了解いたしました。
また余教と比較すると低レベルな教義なのですね。大したことはねえな
親鸞の他力なんて、所詮「念仏称えりゃ、誰でも幸せの世界に行ける」的
お気楽思想ですか。

605 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:39:21
そこまで粘着する意味が分からんわ

606 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/11(火) 21:45:55
>>605
604だけど、俺もなぜそこまで粘着するのかわからん。

607 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 06:41:31
だって、浄土真宗の理想が実現したら日本がチベット状態になってしまう
じゃない、どーするの?!

創価学会とあんまり変わらないじゃない

608 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 09:26:10
寿量品原理主義と阿弥陀原理主義か

609 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/12(水) 09:52:44
>>604
>とにかく本願寺系は極端に偏るのがお好みらしい
>戦中戦前の国家主義への全面協力の暗黒史があるし
>戦後の「前の失敗」の反動から180度反転の左翼行きだし。

 本願寺の考えは180度どころか、全く変動してないと僕は思うよ。
 戦前の尾崎秀美、戦後の勝間田清一らのコミンテルン、ソ連共産党、中国共産党の指導を強
く受けている人々の影響が厳然と続いているんだろう。
 かつて、日中戦争、日米戦争を煽って日本を敗戦革命に導こうとした大きな力が日本中を席巻
した。スターリンを頂点とするソ連コミンテルンだ。戦後は毛沢東を頂点とする中国共産党に移っ
てきた。
 本願寺は大正時代以降、一貫してその支配下にあった。軍部・朝日新聞などの中に大きな力が
あり、無謀な戦争を煽った。彼等が日本で目指したのは、敗戦革命という共産主義革命だった。

 敗戦革命は大きな成果を生んだ。満州が赤化し、北方領土が赤化し、日本領だった朝鮮の北半
分が赤化した。しかし、まだ本州・北海道のほとんど、四国・九州が残っている。

 コミンテルンの指導者は、教育界に目を付けた。子供達に自虐思想を浸透させ、外国からの影響
を受け易くし、外国からの力を借り、赤化の総仕上げをしようとしているそういう勢力がある。
 沖縄にも目を付けている。大東亜戦争では、沖縄と北海道とが戦場になった。沖縄に米軍基地が
できると、地元住民に反米思想を吹き込み、朝鮮・中国の影響を受け易くしている。

 『大東亜戦争とスターリンの策謀』 自由選書 が非常に参考になる。GHQによって禁書にされ、
その後に復刊した書だ。

 本願寺の悪人正機の教えとコミンテルンの思想とがなじみ易いようだ。 

610 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 11:27:26
本願寺は「力があるのに考えが無い」ってことですね。
利用されてそれに乗っかっているってことか。
国柱会や日蓮原理のように「俺たちが日本を変えてやる」って
信念はないんだろうな。

611 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/12(水) 12:02:52
>>610
> 本願寺は「力があるのに考えが無い」ってことですね。
> 利用されてそれに乗っかっているってことか。
> 国柱会や日蓮原理のように「俺たちが日本を変えてやる」って
> 信念はないんだろうな。

 本願寺の中には、共産党コミンテルンの細胞が入り込んで増殖しているん
だろう

 親鸞の浄土真宗の教えではもうだめだから、日本を共産化しようという
邪悪な根性に染まっている連中がたくさんいるだろう。共産主義こそ、浄
土真宗の次の思想だとでも考えているんだろうと思うよ。

 戦中戦前の国家主義への全面協力とは、尾崎秀美、北一輝など敗戦革
命を推し進めるソ連共産党の操り人形と同一歩調の行動だった。

 敗戦革命を推し進めようとするその動きは、戦後は顔を表に出してきた勝
間田清一、佐々木更三などの社会党左派に受け継がれ、非武装中立という
ソ連よりの言論に現れた。現代では、社民党、民主党左派につながっている。



612 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 16:49:53
だんだん電波になってきたな
コミンテルンだの細胞だのいつの時代の話してるんだw

613 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 19:20:32
我々は芦田野路男である

614 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 19:35:18
>>610
全力で自民党を応援して公明と組ませないようにしたらいいのに
なぜか売国政党民主党と組んだりするところが頭が足りないのかと思う。

615 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 19:38:42
念仏となえりゃ往生ではない。悪人の自覚を持つと自然に念仏が出てくる。

616 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 19:50:55
>>614

公明党がどうのこうのって、浄土真宗自体が創価学会並にヤバイだろ

617 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 20:13:11
ヤバさで言えば大作や久本がまず思い浮かぶが、
浄土真宗において大作に当たるのはご門主さんか。
久本に当たるのは松嶋尚美か。なんだかなぁ

618 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 20:53:12
>>617
こうしてみると層化には到底及ばないな>本願寺教団

619 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 21:04:54
>>614
「全力で自民党を応援して公明と組ませないようにしたらいいのに」
自民の節操の無さ・・・政権与党を維持する為なら「より強い」所と
組むだけなので創価と比べれば数の無い本願寺+真宗など相手にしない
よ。本願寺のご機嫌とって創価に嫌われる愚など損。

620 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 21:21:46
 戦後の創価学会の成長に関し、最大の功労者は、創価学会・日蓮正宗以外では
本願寺なんじゃないの?

621 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 21:38:29
>>620
それは無いな。
でも戦後の創価学会拡大に関し、最大の被害者(信者が奪われた)は本願寺と真宗
だろうな。

622 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 21:43:49
布教師がんばれや。新規門徒ゲットがその名の仕事だろ。

623 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 21:58:15
腐教師はガンバって従職や得度僧はガンバらなくてもいいのか?

624 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 22:02:24
やっぱり門主がな、街に繰り出して南無阿弥陀仏を書いたティッシュを配布するとか。

625 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 22:28:03
都市部の寺院が既得権益を守るために
仲間の新規参入を断っていることが
都市部で門徒が増えない理由です。

626 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 22:37:50
>>621
>最大の被害者(信者が奪われた)は本願寺と真宗 だろうな。

 信者送り出しに最大の貢献を果たしたんだな。


627 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 22:40:09
>>624
 腹側と背中側とに二枚の大きな板を首からひもで提げ、南無阿弥陀仏と
書いて駅頭に立って貰うとか・・・。

628 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 22:42:45
>>625
どこでも新たに来る「よそ者」には冷淡だよ、それは島国的性格でしょうね。
それは真宗に限らないことだが、特に都市部に移る新規参入が多いのは
真宗が多い。
しかし、寺とその傘下になる信者の寺檀制などは真宗の教えに似合わない

629 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 23:34:38
寺檀制の恩恵を受けたのが真宗

630 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/12(水) 23:46:19
寺檀制で教えが偏り始めたのが真宗

631 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 00:04:51
まあ教団なんかどうでもいいんですよ。ひとりひとり念仏さえしてれば。

632 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 13:45:40
この1年だけで真宗から真言に逃げ込んでくる檀家が片手ほどいたが、なんかあったのか

633 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 14:32:18
じんせい いろい〜ろ♪
寺坊主も いろい〜ろ♪

634 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 16:01:48
>>631
> まあ教団なんかどうでもいいんですよ。ひとりひとり念仏さえしてれば。

 念仏でないとだめなんですか。
 唱題ではだめなんですか。
 合唱するんではだめなんですか。
 ポップスではだめですか。
 散歩ではだめですか。

635 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 16:49:24
>>632

先祖の供養ができないとか言われて、天台、真言に流れる人が
結構みえるみたいですね

636 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 17:36:42
>>634
唱題・合唱・ポップス・散歩じゃ駄目ですかって言われても・・
ここ真宗に関してのスレなんですけど。真宗なんで「南無阿弥陀仏」
がないと意味ないし。

637 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 18:22:11
>>636
 真宗はかならず南無阿弥陀仏がないとだめなんですか?

638 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 18:43:03
さすがにそれはないとダメだろ

639 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 18:58:16
>>638
 どうしてですか


640 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 19:04:40
>>639
日本人に大和魂が無ければ意味がないのと同じだから。
真宗人に他力本願の名号がなければ意味が無い。
それが納得いかないなら、真宗人でなければいいだけ。

641 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 19:28:13
むしろそれしかないだろ

642 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 19:45:50
AKBとかEXILEとかに念仏の歌を歌ってもらえば人気でるのぞ

643 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:01:08
本願寺なんて女性の着物ショーとかやってませんでした?

何だか少し違うような、変な方向に進んでいるような元々、変な宗派だけど

644 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:01:58
女性の着物ショーじゃなくて坊さんの僧衣ショーだったかと

645 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:08:41
>>632
通夜の説教で「霊魂は迷信。故人はもうどこにもいない」じゃあ、そりゃあドン引きだろう

646 :1:2011/01/13(木) 20:34:59
>>645
うちはそうはっきり言わなかったけど、
法事のときには「○○家○○忌において、愛別離苦の悲しみを乗り越え仏法を学ぶ機会に…」って式のなかで言っていた。
みんな聞いていたのかいないのか知らないけど。

647 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:38:45
>>635
浄土宗に流れる人もいるそうだよ。
あそこは、普通に先祖供養するし

648 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:41:06
日本人のニーズは宗派独自の教義云々よりもまず
ねんごろにご先祖の霊魂を供養してほしいということだからな

649 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:42:17
お坊さんにお経をあげてもらうことが功徳になるし、
それが先祖のためになる。単純にそう考えているよ。
正直、仏教とかあんまり関係ない。

650 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 20:49:53
親鸞聖人は亡き親のために念仏したことは一遍もない、
自分が死んだら賀茂川の魚の餌にして結構、弔わなくてよいとおっしゃってる。


651 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 21:09:23
まあ、無に帰すことは究極の救いだからな

652 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 21:49:46
大抵の門徒は法事とかにてご先祖を供養してるものと誤解してるよな

653 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 22:21:05
過激に霊魂迷信を説法する寺以外の門徒は、普通に先祖供養教だと思ってるでしょ。

654 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 22:54:17
「某、親鸞、閉眼せば、賀茂河にいれて魚にあたふべし」は有名だが
その言葉を含む『改邪鈔』を著述したのは本願寺第三世覚如上人、
しかしその上人が親鸞聖人の廟堂=お墓の守「留守職」になったのは皮肉。

655 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 22:59:57
そこに私はいません

656 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 23:00:34
本山の公式見解と門徒の板ばさみになっとるのか>真宗坊主

657 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/13(木) 23:31:32
>>654
結局、仏舎利の話と同じ展開になるのね

658 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/14(金) 01:27:19
 自分は坊さんなんだ。
 親鸞聖人は亡き親のために念仏したことは一遍もない、といっている。それなのに、自分
は坊さんとして、死んだ人のために念仏を称えている。
 親鸞聖人は自分が死んだら賀茂川の魚の餌にして結構、弔わなくてよいとおっしゃって
る。それなのに、自分は坊さんとして、葬儀を執行し、死者を供養してお布施を貰って生活し
ている。
 法事のときには「○○家○○忌において、愛別離苦の悲しみを乗り越え仏法を学ぶ機会
に…」って式のなかで言っていたけど、みんな聞いていたのかいないのか知らないけど。

 坊さんって何なんだろう。自分のアイデンティティはどこに置けばいいんだろう。自分は何
をしているんだろう。自分はこれでいいんだろうか。

 いろんな迷い、不安がある。何か嘘があるんじゃんないか。もっと本当のことを教えて欲
しい。1にはそんな思いがあると理解していいですか?

 もしそうなら、結論を先に言おう。その迷い、不安は半分当たっている。しかし、半分は外
れている。そういうべきだろう。以前、同じようなテーマで宗教板でも議論したが、浄土真宗
の僧とは何か。この掲示板でもひとつゆっくり考えてみようか?

659 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 07:09:36
浄土真宗、僧侶じゃないよ、もう宗派じゃないよ、宗教じゃないよ

ただの哲学ですって

660 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 09:32:13
だったらお布施いらないよね

661 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 10:09:54
いらない、いらない

662 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/14(金) 13:48:16
>>659
>浄土真宗、僧侶じゃないよ、もう宗派じゃないよ、宗教じゃないよ
>ただの哲学ですって

 できるだけ主語の分かる話をしてほしいものだ。
 「僧侶じゃないよ」というのは、誰が?。僧侶の定義は何?
 何が宗教じゃないの?誰の宗教が宗教ではないというの?宗教って何?
 何がただの哲学だというの?

>>660
>だったらお布施いらないよね

  真宗寺院の受けている金銭は、親鸞の概念では供養料という名の受け取りに近いと思うよ。
 供養料と布施の違いを明確にすると、真宗寺院の金銭管理はもっと透明になり、僕は社会にもっと受け入
れられ易くなると思う。
 確かに、布施という面もある。親鸞は布施を全面的にだめとは言ってない。親鸞の経済管理論は鎌倉時代
のものだから、そのまま現代に当てはまるとは思わないけど、精神は学ぶものがあると思う。

>>661
>いらない、いらない

 要不要論の結論を急ぐ前に、親鸞にまず謙虚に精神を学び、結論はその先に出すべきだろう。安易な不要
論は、僕は親鸞聖人の精神には反すると思う。
 確かに、親鸞聖人の精神に従わなければならないという理由はない。親鸞聖人の精神に反しても全く構わ
ない。しかし、その前に、一度は正しくその精神を学び、その言い分だけは聞くべきだろう。

663 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/14(金) 13:50:35
 真宗の坊さんにぼくは言うんだが、浄土真宗には二人の宗祖がいる。日蓮宗にも二人の宗祖がいる。曹洞
宗にも二人の宗祖がいる。天台宗にも、真言宗にも、臨済宗にも二人の宗祖がいる。日本の坊さん達はその
ことをしっかり知るべきだろう。
 二人の内の一人は共通している。それは空也上人だ。日本には官立仏教と大衆仏教とがある。現在では官
立仏教はほとんどなくなった。かつて官立仏教だったものもほとんど大衆仏教に変質した。大衆仏教の祖が
空也上人なんだ。
 空也上人というかたは、ものすごく大きな方だ。聖徳太子・鑑真・空海・最澄を合わせて位の大きな方だ
った。この方こそ、日本仏教・日本文化、日本的価値観のほとんどの母体になった方だと思っている。
 浄土真宗も、浄土宗も、日蓮宗も、曹洞宗も空也上人がいなければ誕生しなかった。浄土真宗というのは、
親鸞や蓮如だけを見ていても理解できない。浄土真宗は、七、八割は空也宗なんだ。親鸞聖人も空也宗だっ
たと言うことを覚えておくといい。
 空也宗という視点を持つと、今まで見えなかったものが見えてくる。正当性も見えてくるだろう。ここは
非常に重要な視点だ。

 さて、話はこれで終わりにしようか。もっと続けようか。どうしようか。異論・反論は受けようと思う。

 もっと聞きたいという人がいれば、僕は空也宗というものから、日本仏教の本質を説明してみたい。

664 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/14(金) 15:36:24
>>640
> 日本人に大和魂が無ければ意味がないのと同じだから。

 なぜ唱題ではないのか。なぜ合唱ではないのか。なぜポップスではないのか。なぜ散歩じゃ駄目な
めなのか。
 きちんと親鸞聖人の精神に戻って考える必要があると思う。
 こういう話を、きちんと先人の書き物を基本にして説明できる人がいない。非常に残念なことだ。

 僕はネットで質問を受ければいくらでも答える用意はあるけど、質問のないところでこういう問題に
一方的に回答するのはしんどい。

 勉強座談会に招待してくれれば、どこにでもいく用意がある。一般の人じゃなく、坊さん自身が基
本的な教学を知らないというのは、非常に残念なことだ。
 

665 ::2011/01/14(金) 16:21:50
>>640
> 日本人に大和魂が無ければ意味がないのと同じだから。

これを言った本人、Aです。
渡海さん、説明をお願いいたします、丸投げですが貴方なら
詳しく親鸞聖人の言葉・・もしくは蓮如上人の理解でご説明して
下さるでしょう。
私なりの結論だけ言いますが出家も出来ず、行もし切れず、煩悩も減じる
事がなかなか出来ない悪人なる身を思い知らされる我が身を「正機」と
された本願他力阿弥陀仏に抱きとられていく願いが「なもあみだぶつ」
ですから。

私はそう頂いています。

666 ::2011/01/14(金) 16:24:40
供養料については、親鸞聖人時代でいうその意味と
現在でいうその理解とは違うでしょうね。

667 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 17:21:34
>>662

宗教団体が特定の政治イデオロギーに偏る、この時点で宗教以前の
問題なのだと私は思う

668 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/14(金) 17:23:01
>>662

私は明治政府と浄土真宗が日本仏教を堕落せしめた一因だと思って
いる

669 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 00:43:47
>>668
浄土真宗だなんて聞こえが悪いなぁ
「本願寺教団」にしとけよ。

670 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 01:09:08
仏教を堕落させたのは、比叡山と政治の結びつき、徳川の檀家制。
近年だと禅宗の観光化も悪いな。法華と真言はまあそもそもあんなもの。

671 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 07:20:06
>>670

西本願寺では、パリコレならぬ、女性の着物ショーまでやってますが
それよりましでしょ

蓮如なんて子供が30人以上もいるんだから、種馬みたいですね

672 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 07:31:30
現代なら「セックス教団」と言われてるな

673 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 07:37:25
非僧非俗とは美化しすぎだよなあ。非僧どっぷり俗やがな。
日本の他の仏教の坊主もみんなそうだが。

674 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 10:51:20
修験道や陰陽道の理論体系の消失は日本宗教界には痛い損失ですね

何と言っても迷信排除や神仏分離令を推進したのは、明治政府や
真宗の宗教学者、井上円了です、この人は迷信バスターズと言っても
過言ではないでしょう

675 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 11:04:56
着物ショーってどこでやったのかと思ったら能舞台とか書院か。
それくらい別にいいんじゃないの。もともと格式ばった宗旨じゃないんだし。

676 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/15(土) 11:51:41
>>665
 仏教に関係する諸問題は全てつながっている。最初に枝葉の問題を解決しようとすると次々に疑問が出て
きて収拾がつかなくなくなる。仏教の根幹から考えて行く習慣をつけると、自ずから解決が早くなる。
 仏教の根幹とは、阿弥陀仏ではない。本願でもなければ、悪人正機でもない。これらはすべて枝葉の問題
だ。根幹は釈迦であり、釈迦の悟りだ。釈尊の悟りから考えて行くのが順序だ。
 釈迦は35歳のとき、十二因縁の法則を悟った。実際には現代のように整理されてなく、もっと原始的な
十二因縁の法則だろう。これについては以前、宗教板で取り上げた。同じように、原始的な四諦、八正道、
中道を悟った。十二因縁・四諦・八正道・中道というのは、僕は一つのものだろうと思っている。釈迦の悟
りのある断面では十二因縁として表現され、別の視点で見ると四諦になる。八正道になる。中道になる。そ
ういうことだろう。
 釈迦は悟りの実践の場として竹林精舎・祇園精舎を建設し、ギリシャのアカデミヤと並ぶ世界最古の本格
的な学校を建てた。互いに教え合おう、学び合おうと呼びかけ、三学という方法論を建てる。三学というの
は、釈迦の悟りそのものではないと思う。しかし、その実践の場として学校教育(祇園精舎)という概念を
建てると、必然的に出てくると思う。浄土真宗というのはその三学から発生してきた。三学とは、戒律と禅
定と智慧である。
 真理を学ぼう。真理には有形の真理と無形の真理とがある。有形の真理は、文字・絵画・建築物・彫刻・
音・音符・舞踊、等々で有形的に表現できる。有形的に表現されたものは智慧という。それらは、有形的に
伝達できる。形のないものは、形では表現できない。しかし釈迦はそれをだれでも得られる場所に置いた。
無形的真理を獲得する方法論を明らかにしてくれた。これが禅定だ。禅定を実践すると、見えなかったもの
が見えてくる。わからなかったことが見えてくる。見えてくれば、言葉になる。文字になる。振る舞いにな
る。新たな智慧として自分の中に出現してくるのだ。


677 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/15(土) 11:54:13
 釈迦は一定のルールを作った。釈迦が作ったルールつまり、戒律を守ることを誓えば、釈迦はその誓った
者を弟子と認め、全力で智慧と禅定を教えた。文字・絵画・薬学・土木・建築・算術・暦など、王侯貴族に
伝わっていた世界最先端の知識を釈迦は惜しげもなく人々に伝えた。
 これが仏教の原点であり、浄土真宗の土台だ。親鸞聖人の教えで訳が分からなくなったら、必ずここに戻
る。これに時間という物理的ファクターを加えて変形していく。天台宗も、真言宗も、日蓮宗も、禅宗も、
チベット仏教も、南伝仏教も、基本的作業は共通だろう。浄土真宗も例外ではない。(続く) 

678 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 14:54:14
仏教内部の者で「釈迦」という言い方をする人間は信用に値しないw

679 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 16:31:15
>>678
 釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまえり。(序文)
 いずれも釈迦一代の説教なれば(御文)

 釈迦薬師の光を並ぶる (立証安国論)


>仏教内部の者で「釈迦」という言い方をする人間は信用に値しないw

 親鸞のことか?。蓮如のことか? 日蓮のことか?
 誰のことだ?



680 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 16:39:30
ただまあ、わからなくなったら釈迦に戻れ、というのは正しいな

681 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 20:27:21
そうでしょうか?着物ショーをしたり、実行の伴わない知識馬鹿
仏教を知識詰め込みの受験勉強ようにでも考えてみえるのでしょう

善行を行う事は良しとするのは幼子でも知るが、白髪の老人にであっても
為し難い

タイガーマスク現象でも見習って欲しいものです

682 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 20:57:27
ランドセルや文房具はみんな卒業した学校にお下がりで寄付すりゃいいんじゃね?
ただ捨ててるんでしょ

683 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 21:00:45
着物ショーも浅草の仲見世の延長
その昔は木戸で浄瑠璃もやったらしい

今の世に浄瑠璃やったって人は寄ってこねぇわなー

684 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/15(土) 21:31:21
宗教とは行であり信仰であり教学わけですよね

信仰や行、神仏霊魂の存在を否定してしまったら、それは、ただの哲学です

知的理解ばかりに偏れば浄土真宗になってしまいます



685 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 02:47:26
しかし釈迦の説いたことは宗教じゃない、哲学だったんだと
ここ神社仏閣板でも宗教板でも言われる。
真宗は釈迦の原点に帰っているのかもしれない。

西の地平線の彼方に実在する楽園としての浄土から
縁起・空・真如としての浄土へと転換された点についても
親鸞聖人は当時もっとも釈迦の思考に近づいた人だったのではないだろうか

686 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 03:17:43
釈迦の説いたことは哲学というか心理学だろう
生きている苦しみから逃れるための心のあり方という

687 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 03:25:53
釈迦が言ったことは実に簡単なこと
欲が少なければ苦しみは少ない
そして欲を少なくする生活法を説明した

親鸞はまた別の解決法を説いた
自分はどうしようもない人間だと諦めることで
地獄を棲家とすることを納得する

688 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 07:23:12
いやいや、釈迦は親鸞や蓮如に比べたらまだ己の欲望を控える
立場を弁えることはできていたでしょう

蓮如の子供は30人、これのどこが中道なのでしょうか?
御仏に仕える僧侶でありながら一般人以上にやりたい放題じゃ
ないですか

釈迦は特定の政治イデオロギーに偏れとでも言ったのだろうか?
共産主義に偏ることが仏教なのだろうか?

太平洋戦争を推進してみたり、戦後は共産主義国家と繋がってみたり
日本が不幸になることばかりに手を貸す、どうしようもない思想
ではありませんか

689 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 08:55:17
釈迦自身は先祖供養・親孝行はおろか扶養義務まで放棄した人。
しかし僧侶の集団を組織として維持するためには費用がかかる。
釈迦のころは寄進で賄えた。
現在は信徒から供養を含めた法要という儀式を行うことで収入を得ている。
本来供養は不要。
奈良仏教は葬式をしないのは有名。
かつては有力者の寄進や莫大な不動産収入があったので経済的に安定していてた。
寺院の経済面を教義に求めるので話が複雑になっただけ。
また法要・法会の役割を通じて組織内の序列が決まってくる。

690 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 10:52:45
>釈迦自身は先祖供養・親孝行はおろか扶養義務まで放棄した人。

これと、親鸞や蓮如のような性やお金にだらしないとは違うと思う


691 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 10:54:50
組織を運営する為なら売国団体になる事も正当化されるのか?

692 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 13:17:41
>>689

>釈迦自身は先祖供養・親孝行はおろか扶養義務まで放棄した人。

そもそも、釈迦は一般人、在家として生活しており、その後
出家した、それまでの期間はただ一般人として生活してきただけ

出家とは俗世の生活を捨てることにある

親鸞のように4人も妻を娶ったり、蓮如のように30人以上
も子供を産ませたわけでもない

693 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 13:43:53
親鸞に4人も妻がいたってソースあんの?
あと蓮如は全部正妻、一人の奥さんの子ですから

694 :693:2011/01/16(日) 13:44:52
何度も死別して再婚してるけど、ね。

695 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 13:50:51
「出家しないと救われないとしたら、世の中の大半の人は救われない。
出家しても修行を成就して成仏できねばまた、生死輪廻の苦しみを受ける。
仏陀在世のときは出家も在家もその恩恵により救われたが、時代をくだるにつれ
悟れるものは少なくなり、末法の現在では誰一人として悟れない。
釈迦一代の法門の中で、念仏往生だけが末法の世に救われる方法だ」

これに気づいて教えを説いたのが師、法然であり
その教えを受け継ぎ大成させたのが親鸞聖人。
出家成仏の教えではないので妻子も往生の障りならない。

696 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 13:58:44
俗人であることを捨てて修行するために寄進を受けることが正当化されるのだろう?
寄進がないから供養料をとるのはいい。だが俗な生活をしていてはまったく僧侶ではない。
葬儀業(コスプレ読経担当)の看板を出すならそれでいいが。

697 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:01:31
>>679   × 立証安国論  ○ 立正安国論

>>688
>蓮如の子供は30人、これのどこが中道なのでしょうか?

 僧は女性と肉体関係を持つことは禁じられていたが、子供を持つことを禁じる戒律はない。
 近くの小学校では、今でも30人くらいの子供を受け持っている先生もいる。その中に実子は一人もいない。
 子供には、弟子、養子、猶子、実子の四種類がいる。坊さんに子供がいれば実子に間違いないと思い込む
のは、他人が物を持っていれば直ちに盗品と思い込むような、大変失礼な行為だ。

>御仏に仕える僧侶でありながら一般人以上にやりたい放題じゃないですか

 結婚には三種類あるだろう。子孫を残すための正式結婚、敵味方の目を欺く政略結婚、命を救うためのか
緊急避難的な偽装結婚である。仏に仕える僧に妻がいれば、子孫を残すための正式結婚に間違いないと思い
込むのは、他人が物を持っていれば直ちに盗品と思い込むような、大変失礼な行為だ。徳川家康は秀吉の妹
を正妻にしたが、肉体関係はなかったろう。僧は肉体関係は禁じられていても、偽装結婚を禁じる戒律はない。

>>690
>これと、親鸞や蓮如のような性やお金にだらしないとは違うと思う
     理由のない誹謗中傷だ。

698 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:06:23
>>695
そう。親鸞や蓮如は在家でも救われる道を説き、自らも在家を貫いた。
煩悩即涅槃。もう天才的発想。「人間だもの」ですべて楽になる。

699 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:07:47
>>692
>親鸞のように4人も妻を娶ったり、

 理由のない誹謗中傷だ。
 僧儀を改めて姓名を賜うて、遠流に処す。予はその一なり。(後序)
 還俗させられた元僧侶に結婚を禁じる根拠は何もない。還俗前に妻帯していたという根拠は何もない。夢
告伝説は弟子の真仏のでっち上げ伝説だ。これは間違いない。
 一人は確実にいたが、四人とは聞いたことがない。

>蓮如のように30人以上も子供を産ませたわけでもない

 蓮如が生ませた子供であるという根拠があるなら、示して欲しい。
 蓮如は膨大な数の和歌、手紙を残しているが、色恋を歌っている文書があれば示して欲しい。先人を誹謗
中傷することは許されるべきではない。

>>694
>何度も死別して再婚してるけど、ね。
   妄想説だ。

>>695
>出家成仏の教えではないので妻子も往生の障りならない。

 還俗した人に結婚を禁じる戒律はない。
 関東時代は、僧として振る舞っていたと思う。関東では妻帯僧は沢山いたろう。
 しかし、親鸞の著作を見る限り、セックスレス夫婦だったと思われる。
 当時は離婚手続き法などない時代だ。

700 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:19:46
>>698

 研究してほしい。親鸞の肉筆の文書が専修寺に伝わっている。
 http://photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/vwp?.dir=/6545&.dnm=8a1b.jpg&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/vwp%3f.dir=/6545%26.dnm=f548.jpg%26.src=ph
 http://photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/lst?.dir=/6545&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/vwp%3f.dir=/6545%26.dnm=f548.jpg%26.src=ph&.view=t

701 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:20:51
蓮如の子沢山は通説だと思いますが・・・
通説を覆せるような何か証拠があるのです?

702 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:22:17
>>695
同意です。

703 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:34:56
戒律を守れば欲が少なくなるってもんでもない

704 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:35:09
>>701
 人を見たら泥棒と思え。坊さんを見たら破戒僧と思え。
 これは、浄土真宗の坊さんの非常に悪い癖だ。歴史の真実を歪めかねない。

 坊さんを見たら持戒持律の僧と推定し、破戒の証拠があったとき、破戒僧と確信するというのが
常識だ。
 破戒僧の証拠もなく、蓮如上人を破戒僧呼ばわりすることは、故人対しする冒涜だ。子供がいれ
ば、弟子、養子、又は猶子と推定し、肉体関係が立証されたばあいだけ、その特定の子供だけは
実子と考えればいい。


>>702
> 同意です。
   僕は全く不同意です。


705 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:40:18
意味が良く分からないのですが
つまり本願寺の血脈はすべて弟子か養子だということですか

706 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:44:42
妻帯すれどもセックスせず。これが真宗門主の戒律です。

707 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 14:45:03
供養をやっても意味がないどころか、死者の霊魂うんぬんが気になって迷いを生んだり
迷信のたぐいに多額の金銭をかすめ取られたりするから浄土真宗は先祖供養をしないだけだよ


708 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:45:13
>>703
> 戒律を守れば欲が少なくなるってもんでもない

 出家の人に四種の病あり。この故に、四沙門果を得ず。何等を四病とす。謂く、四の惡欲なり。一には衣のための欲、
二には食のための欲、三には臥具のための欲、四には有のための欲なり。これを四惡欲と名づく。これ出家の病なり。
四の良薬ありて能く是病を療す。いはく。糞掃衣は、比丘の衣惡欲をなすを能く治す。乞食は、食惡欲をなすをよく破す。
樹下は、臥具惡欲をなすをよく破す。身心寂静なるは有惡欲をなすをよく破す。この四薬をもって四病を除く。これを聖
の行と名づく。かくのごときの聖の行は、則ち少欲知足と名づくことを得るなり。

  大 般 涅 槃 經 要 文 宗祖真蹟  専修寺蔵

 欲が出てくれば、糞掃衣つまりぼろを着ろ。乞食をせよ。樹下で寝ろ。身心を安定させよ。こうすれば、欲病は治る。
坊さんに対するこれが親鸞の教えだ。

709 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:49:19
>>705
> つまり本願寺の血脈はすべて弟子か養子だということですか

 断定せよとは言ってない。まず推定せよと言っている。
 実子の証拠があれば、その範囲を実子と認定すればいい。
 特に、蓮如上人がどのような人格の人だったか。手紙、和歌を見れば
生涯、女性と関係を持たなかった清僧だったとしか僕には思えない。


710 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 14:53:21
>>706
> 妻帯すれどもセックスせず。これが真宗門主の戒律です。

 少なくとも、親鸞・蓮如の教えの中に妻帯推奨の教えはない。
 親鸞は、還俗して北陸に行った。だから結婚した。問題ないだろう。
 僧であろうとするなら、結婚しないのが原則だ。
 妻帯しないで、セックスもしない。それが浄土真宗の本来の教えだ。

 それが現代という時代に合っているかどうか、それは僕の論評範囲ではない。

711 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 15:00:59
>>707
だったら
「この読経はご先祖さまの為じゃないんですよ」
と法事の前に説明してほしいな。
「法事はあくまで真宗を学ぶ場ですよ」
とも付け加えてほしい。

大抵はご先祖さまの為にと法事やってるつもりなのに
ヒドイ話だよ

712 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 15:05:24
>>707
>供養をやっても意味がないどころか、死者の霊魂うんぬんが気になって迷いを生んだり
迷信のたぐいに多額の金銭をかすめ取られたりするから浄土真宗は先祖供養をしないだ
けだよ

 霊魂の存在が確認されるまでは、霊魂がなくても困らない、あっても迷惑にならない生
き方をすればいい。
 霊魂が存在して始めて有効になる生き方は、霊魂が存在しなかった場合、後悔するだ
ろう。霊魂が存在しなくて始めて有効になる生き方は、霊魂があったら後悔するだろう。

 霊魂が存在する場合だけ有効になる生き方は、霊魂の存在が証明されてからで十分だ
ろう。

 現代でも未解決なのに、親鸞の時代に霊魂の存在が明確だったとは思えない。

 親鸞の教えは、霊魂がなくても困らない、あっても迷惑にならないそういう教えだ。


713 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 15:16:19
中には月命日とかで家人が留守中に上がりこんで仏壇に念仏唱えて
念仏料をふんだくる真宗禿も居る。

誰の為の、何の為の、念仏なんだよ

714 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 15:22:05
>>713
> 誰の為の、何の為の、念仏なんだよ

 坊さんも教団も檀家も惰性なっていることが悪い。
 本来の意味について質問を受けている。
 そのうち順番に説明していくつもりだ。



715 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 15:23:41
読経は先祖のためにあるんやないんやでぇ〜

716 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 19:03:27
無茶苦茶、言いだしたな、真宗禿は!妻帯してもセックスしてないとか
実子じゃないとか

浄土真宗科学的な根拠のないは信を信じるのは馬鹿であるとしているが
ならば、六角堂での観音菩薩のお告げや聖徳太子のお告げを信じる
親鸞は馬鹿である

717 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 19:06:22
訂正

浄土真宗は科学的な根拠のない迷信を信じるのは、馬鹿げていると
しているが、それならば、六角堂での観音菩薩や聖徳大使のお告げ
を信じる親鸞は馬鹿である

718 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 19:09:14
>>712

まあ、傲慢な考え方ですね

719 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 19:11:01
>>707

他宗派と名目が阿弥陀仏への報恩感謝としているだけで、法事も
葬儀もやってますがな、これだから真宗禿はご都合主義で
図々しいのだ

門徒物知らずとはよく言ったものだ

720 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 19:14:29
>>704

夫婦間でいちいち、肉体関係の有無など立証しなければならないのならば
最初から結婚する意味もないだろ、気は確か?真宗禿!

721 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 19:51:02
分かってると思いますが渡海さんは真宗僧侶ではありません

722 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 20:22:57
>>717
>無茶苦茶、言いだしたな、真宗禿は!妻帯してもセックスしてないとか実子じゃないとか

 実子だという証拠がない以上、女性との肉体関係が禁じられている僧は、子供を連れている僧は、弟子、
養子、又は猶子と推定すべきだと言っているんだよ。

 >> 717は泥棒であるという証拠がない以上、法律は泥棒を禁じているんだから、>> 717がパソコンを持
っていても、正当に入手したパソコンであると推定すべきだと言っているんだよ。

 証拠がない以上、>> 717は泥棒であり、>> 717は盗品のパソコンを扱っていると断定してもいいか?
 無茶苦茶なことを言っているのは>> 717だろう。

>浄土真宗は科学的な根拠のない迷信を信じるのは、馬鹿げているとしているが、

 浄土真宗などと接頭語を付けなくても、僕は僕独自でそのように信じているが、おぬしは科学的根拠の
ない迷信を信じることは利口なことと思っているのか?

>それならば、六角堂での観音菩薩や聖徳大使のお告げを信じる親鸞は馬鹿である

 親鸞はそんなことを思ってないよ。六角堂での観音菩薩や聖徳大使のお告げを信じているのは、親鸞では
なく、おぬしだろう。
 これをみてくれ。僕のブログだ。この問題を真正面で扱った
 http://www.propatent.jp/WEBLOG-NAME/cat34/

>>720
 意味不明だからノーコメント

723 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 20:25:38
>>722

× 子供を連れている僧は、

○ 子供を連れていても、

724 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 20:48:52
>>722

子連れの女をただ単に面倒を見るだけが目的なら、結婚などする必要
もないだろ、当たり前の事を言っているだけだ

実子だと言う証拠がない?結婚してもセックスした証拠がない?
ふざけんな

結局、勝手な持論を述べてるだけだろ

科学で物事を全て立証できない以上、迷信と呼ばれるものを全て
否定するのは真宗禿、いや、唯物論を主体とする
共産主義者の傲慢ではないのかね

お前らような人間がこれ以上、デカイ面をすれば、日本がチベットの
ようになるのではないかと危惧している

725 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 21:04:16
>>724
> 子連れの女をただ単に面倒を見るだけが目的なら、結婚などする必要
> もないだろ、当たり前の事を言っているだけだ

 恵信尼は、北陸の有力者の関係者だった。娘か、下女かは分からない。
 還俗した男が好きな女の家に夜這いに出かけても、これを禁止するルールは無かったろう。
 信蓮房は親鸞と恵心尼の間の子だろうと、僕は想像している。それ以外は、誰が実子で、誰が
養子かは分からない。
 関東では僧として振る舞っているから、セックスレスだったろうと想像しているということだけだ。
 
> 結局、勝手な持論を述べてるだけだろ

 そのとうりだよ。

> 科学で物事を全て立証できない以上、迷信と呼ばれるものを全て
> 否定するのは真宗禿、いや、唯物論を主体とする共産主義者の傲慢ではないのかね

 僕は合理主義だろうと思っているが、共産主義者と言われたのは、生まれて初めてだよ(笑)

726 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 21:20:27
たしかに関東では幕府の写経に呼ばれているんだよな
無戒・破戒で僧侶だかなんだかよくわからない人が
そういう公式のところに呼ばれるか?と考えるとずいぶん奇妙な話ではある。

727 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 21:27:00
>>725

アンタは合理主義者ではなくて妄想主義者(笑)

728 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 21:28:53
>>725

君を共産主義者と断定したつもりはないがね

729 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 21:29:36
豊臣以降、権力との付き合いがうまい

730 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 21:38:05
>>727
> アンタは合理主義者ではなくて妄想主義者(笑)

 坊さんには女性と肉体関係を結んではいけないという戒律がある。
 坊さんが、女性の近くにいても、肉体関係はないだろうと推定するのは妄想か。

 日本には、他人の物を盗んでは行けないというルールがある。
 >> 727の近くにはパソコンがあるそうだ。それは盗品ではないと推定するのは妄
想ということだそうだ。(笑)


731 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/16(日) 22:00:13
>> 727が泥棒であるという証拠はどこにもないのだが、>>727を泥棒ではないと
推定すると、妄想化によって日本がチベット化する恐れがあるそうだ。

 自分で言っているのだから、>> 727は相当の悪党なんだろう。  (爆)

732 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/16(日) 23:31:49
浄土真宗は
聖俗のいいとこどりができるすばらしい宗教。
伝統と合理主義のいいとこどりができるすばらしい宗教。
正信偈で七祖の教えを信じようと唱えるが、信じる程度は自由。
檀家がついてくれれば法律の範囲内では何をやっても基本OK。
教条主義とは正反対で本来現実に即した対応がとれる宗教。
ただし解釈が自由すぎて教義は無節操となり混乱気味。

733 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 00:22:21
根本的に、「私生きててもいいですか」教だからな。

734 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/17(月) 00:28:20
>>732
> 聖俗のいいとこどりができるすばらしい宗教。

 随縁の雑善、恐らくは生まれがたし。かるがゆえに如来、要法を
選びて、教えて弥陀を念ぜしめて、専らにしてまた専らならしめたま
えり。(化身土)

 心得たと思うは、心得ぬなり。心得ぬと思うは、こころえたるなり。(聞き書)

 危ない。危ない。

 

735 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 00:56:39
一悟こそあらば、かの万悟に至らん。

山中無途と見えたれど、獣は途を踏む
かかる獣の眼無くては、いかで山頂を踏まん。

736 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 09:45:46
>>730

当たり前やろ、近くにいるだけが目的なら、何も結婚する必要もないだろ

この基地外、真宗禿

737 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/17(月) 11:32:34
>>736
>当たり前やろ、近くにいるだけが目的なら、何も結婚する必要もないだろこの

 おぬし、結婚てどういう意味だと思っているんだ?。友人を招いて結婚式を挙行し、
三三九度を酌み交わし、役所に婚姻届を提出し、女性は姓を変え、同居して共同生活
を始めました。おぬしはこんな風に思っているんじゃないか。

 当時、日本社会には確かに同居婚はあった。それは、貴族、上級武士など上流階級
の人だ。万葉集にあるように、農民大衆のほとんどは通い婚だ。同居婚何パーセント、
通い婚何パーセントだったか知らないが、北陸の流罪人が、地元の女と同居婚してい
たとは僕は思えない。通い婚だったろう。
 男(親鸞)は夜、黄昏になると女(恵信尼)の家を訪問し、セックスをしたら翌朝
に男は自分の家に帰っていく。何人のもの男が日を変えてやってくる女もいれば、だ
れもやってこない女もいる。通い婚をしていいか悪いかは、村祭りのときなどに決め
る。複数の男と話を決める女もいれば、複数の女と話を決める男もいる。女の家を覗
いて、先客がすでにいれば、男は黙ってそのまま暗がりを帰る。なかなか男が来ない
と泣いてる女もいる。

 当時のエピソードを想像させる記録がある。
 慈信房がふみとてこれにあり。そのふみ、つやつやいろわぬことゆえに、ままはは
にいいまどわされたるとかかれたること、ことにあさましきことなり(消息集)。
 善鸞の手紙がここにある。善鸞の手紙には他愛のないことが書いてある。(父親鸞
は、)ままはは(恵心尼)に騙されて(結婚した?)と書いてあるが、実にくだらないことである。

 善鸞は、京都時代に預かり、流罪の時には北陸に連れて行った子かもしれない。善
鸞は親鸞と恵心尼との恋愛関係を子供の目で目撃していたのかもしない。意味深長な
想像をかき立てる手紙だ。善鸞の世話を見て貰うために結婚したなら、北陸でも事実
上の同居婚だったかもしれない。全て想像だ。
 結婚する必要があるか、必要が無いか。おぬしはなにが言いたいんだろうね?

>基地外、真宗禿        暴言は見苦しいから止めた方がいいよ。


738 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/17(月) 12:16:07
>>677
 釈迦は祇園精舎で弟子に何を教えていたか。祇園精舎では誰が先生であるか。先生に対してはどのように
呼称すればいいのか。入学してきた生徒に釈迦は最初にそれを教えたと思う。
 先生は釈迦である。釈迦が先生である。先生には「先生」と呼ぶ。小学校一年生に入学すると、新入生に
教えていることは、釈迦もお弟子さんに教えていたはずである。

 あるとき生徒は、あることがもう続けられないと思うようになった。続けようという意思が萎え、続けて
いく行為を放棄したくなった。意思と行為を変え、古い自分を殺し、終わらせて別の自分に変わっていこう
かと悩んでいた。暗がりで壁にぶつかり、立ち往生をしていた。先生はそんな生徒に声をかける。智慧を与
え、問題の本質を提示し、考えるヒントを与える。生徒は、目の前に光が射し、明るくなって道が開けたよ
うに思った。生徒は先生を、限りのない光を照らしてくださる方だと確信し、限りのない光を照らしてくだ
さる方つまり先生と呼ぶようになった。無限の命を与えてきてくださる方だと確信し、無限の命を与えてく
ださる方つまり先生と呼ぶようになったのだ。
 阿弥陀とはサンスクリット語のアミターユス、アミターパという言葉の音写だそうだ。アミターユスは中
国で無量寿と訳した。アミターパは無量光と訳した。阿弥陀の阿はインドヨーロッパ語で否定を意味し、英
語のunと同じ語源だと聞いている。阿弥陀とは「先生」という意味だ。
 阿弥陀仏の仏とは仏陀の略で悟った人、真実を認識している人、つまり先生と言う意味だ。阿弥陀仏とは
先生という意味であると分かればいい。
 先生とは何かが分かった人々は、先生に感嘆詞を付けて呼ぶようになった。「おはようございます先生」、
「こんちは先生」、「やあ先生」、「ごきげんよう先生」、こんな風に呼ぶようになったのだ。
 おはようございます。こんにちは。やあ。ごきげんよう。こういう意味の言葉を、サンスクリット語では
全てナーマスというそうだ。南無とはその音写である。

739 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/17(月) 12:18:51
 感嘆詞は、「私は貴方に敵意がありません。どうか今後も仲良くし、お互いに助け合っていきましょう」「貴
方を尊敬します。今後もどうかいろいろなことを教えてください」。そんな意味のことを簡略に述べている言葉
だ。人々は釈迦を、先生、ああ先生と呼ぶようになった。南無阿弥陀仏とは、教育者である釈迦に
向けられ言葉だろうと思う。  (続く)

740 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 12:56:52
「ああ、素晴らしき、このはかりしれない一切の存在よ」と言い変えてもいいものなのかな?

741 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/17(月) 14:44:08
>>740

 渡海難に無関係ですか?。渡海難に対する質問ですか?。南無
阿弥陀仏について聞いている質問ですか?。別のことですか?無
関係ですか?

742 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 15:13:15
うるさい、長ったらしい文章を書き込むな

肉食妻帯、にくじきさいたい

743 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 15:15:21
>>737

ただの想像の割りのはエラソーな、おぬしだって(笑)

744 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 15:39:07
補陀落渡海難よ
名を問えば、お前が説くべきは観音信仰だろう

745 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 16:10:05
なーます、なーます。

746 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/17(月) 16:19:35
>>742
> 肉食妻帯、にくじきさいたい

 妻帯の問題は終わったな。次は肉食の問題か?

  焦点はこれか?
    ↓
 聖人、別して勇猛精進の僧の威儀をただしくましますことなければ、ただ世
俗の入道、俗人等におなじき御振舞なり。よって、魚鳥の肉味等をもきこしめ
さるること、御はばかりなし。ときに鱠を御前に進ず。これをきこしめさるること、
つねのごとし。(口伝抄)

 
>>744
 すごい問題が次々と出てくるな(笑)
 観音信仰はとても大事な問題だ。
 観音信仰は、南無観音菩薩と称える。念仏信心と非常に近い。しかも
観音は阿弥陀仏の脇士だ。
 この問題については、親鸞は核心的な主張をしている。余裕があれば
言及していこう。非常に面白いテーマだ。

747 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 19:44:17
合理主義なのに、親鸞と真言密教立川流だって(笑)

親鸞=性はオカルトOK=ご都合主義

748 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 19:50:37
覚禅鈔の問題ね 

749 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/17(月) 19:53:36
四天王寺の見真堂でも供養をやってるよ


750 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/18(火) 10:55:10
転記します。

新年会の予定

 日時 1月30日 午後5時から8時ころまで

 場所 東京新宿

 詳細はメールでお知らせします。

 なお、自動スパム防止のため、 アドレスを全角にしてあります。
 半角に直してお送りください。
 アットマーク@@は二つ並んでいます。必ず一つにしてください

 big_sunsky−mutsuki@@yahoo.co.jp

751 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/18(火) 11:37:11
>>747
>親鸞=性はオカルトOK=ご都合主義

 そうじゃないんだよ。
 御伝抄で夢告の記事を読んだのが40年くらい前だった。そのとき、瞬時に、これは嘘だろうと僕は思っ
た。その思いがずっと続いていた。親鸞がこんなことを信じるはずがない。多分、真言宗の影響が何らかの
横滑りで紛れ込んだんだろうと、そんな風に予想していた。ただ、そう思っても、僕には証拠を見つけ出す
環境がない。古田武彦氏のホームーページなどはたまに見ていたんだが、そこには夢告伝説は史実に違いな
いなどというようなアホな記事が書いてある。「馬鹿言ってやがるな」という思いを僕はずっと持っていた。
 
 最近、ある知り合いから朝日新聞が出版した親鸞関係の本に触れる機会があり、その中に、名畑崇氏の論
文のことが少し書いてあった。そこで、夢告伝説は嘘と分かったと書いてあるに違いないと思い、その知り
合いに名畑崇氏の論文を送ってもらった。
 ところがその中でも、夢告伝説はインチキだとは書いてなかった。ややがっかりしたけど、幸いにも、覚禅鈔
というキーワードが出ていた。そこで、覚禅鈔という言葉でネットを検索した。すると立川流という記事、覚禅鈔
の成立は、親鸞が四十歳の頃という記述に当たった。ああ、やっぱり親鸞本人とは無関係だったわいと、自
分の40年間の想像が正しかったことが証明されて安堵した。
 夢告伝説の出典を中国の文献ではないかと想像して、僕自身はそれを見つけ出そうという努力をするつも
りは無かった。ところが出典は日本にあったと聞いて、その点はびっくりしている。そうであれば、夢告が
親鸞とは無関係であることに気付いた人はもっと昔にたくさんいたと思う。しかし、気付いた人は、そのこ
とがあまりにも重大に思え、公表する勇気がなく、タブー視したんだろうと思う。名畑崇が立川流まで踏み
込んでないのは、同じようにタブー視して発表を抑制したのではないかと想像する。しかし、ネットの時代
は嘘を隠し続けることはできないんだ。

752 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/18(火) 11:39:32
 「親鸞=性はオカルト」は嘘。「夢告伝説」は嘘。渡海難は、最初からそういう先入観で調査したんだろ
うと言われれば、そうだと回答するほかはない。しかし、それを間違いだという人がいるなら、「夢告伝説
は真実」という反証をしてみてほしい。その上で、「親鸞=性はオカルト」は嘘。「夢告伝説」は嘘という
渡海難の主張と並立してネットに公開してみようじゃないかといいたい。どちらが正しいかは、その比較を
見てくれた人に判断を委ねたいと思う。

753 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/18(火) 19:50:41
 浄土真宗の酷い解釈を紹介しよう。

 ここをもって興福寺の学徒、承元丁の卯の歳、仲春上旬の候に奏達す。主上臣下、法に背き義に違し、忿
を成し怨を結ぶ。 これに因って、真宗興隆の大祖源空法師、ならびに門徒数輩、罪科を考えず、猥りがわ
しく死罪に坐す。あるいは僧儀を改めて姓名を賜うて、遠流に処す。予はその一なり。しかればすでに僧に
あらず俗にあらず。このゆえに「禿」の字をもって姓とす。(後序)

 承元丁の卯の歳、仲春上旬の候、興福寺の学徒は、政府に申し立てを行った。天皇もその臣下も、法に反
し正義に背いて怒り狂った。このため、浄土真宗の祖源空法師とその他の門徒は処罰された。理由のない冤
罪によってある者は死罪となり、ある者は俗名を与えられて、還俗させられて流罪となった。自分は流罪に
なったその一人である。僧籍を奪われた以上、もう僧ではない。しかし、心まで還俗するのは止めよう。心
はあくまで僧のつもりでいよう。剃髪といえば僧であるが、僧ではないから剃髪はできない。しかし、心は
僧であるから、頭は剃って姓は禿と名乗ることにする。

754 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/18(火) 19:53:02
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E9%B8%9E
 当時は、高貴な罪人が配流される際は、身の回りの世話のために妻帯させるのが一般的であり、近年では
配流前に京都で妻帯したとする説が有力視されている。
 ↑
 この説はひどいよね。有力説だって。

 僧籍を奪われた以上、もう僧ではない。しかし、心まで還俗するのは止めよう。そう決意した親鸞が、身
の回りの世話のためにすぐに妻帯した??。決意はどうなったんだ?。
 僧は戒律を守る。戒律では僧は結婚を禁じられているんだ。心は僧でいようというのは、戒律は守って生
きるぞということだろう。
 死人に口なしで、故人を貶める酷い解釈だと思う。

 還俗していたから、具体的に好きな人がいれば親鸞は結婚しても誰からも責めらる必要は無い。しかし親
鸞の心情を考えれば、越後でもセックスレスの二人だったかも知れないのだ。たとえば良寛と貞信尼のよう
に。恵信尼は、親鸞が関東で僧としての開拓的な仕事ができるということで、付いていっただけということか
もしれない。
 
 坐禅持戒は真功を用いてなり 汝若し修せずてすなわち仏になるといはば 喩へば飢えたる人のひろく風
を掩(おお)ふがごとし (五会法事讃略抄 親鸞真筆)
 坐禅持戒を疎かにすれば、腹の空いた人が自分に向かって吹いてくる風を、腹の中に押し込めようとするも
のであり、腹の足しにならないからである。腹をすかせた仏になって、どれだけの意味があるというのか。

 親鸞を徹底して破戒僧にして貶めるというのは、史実を歪めて日本を悪者にする東京裁判史観の自虐思想
とおなじものを感じて不愉快になる。

755 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/18(火) 20:25:12
↑もう、明らかに、君は基地外の領域に踏み込んでるよ

756 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/18(火) 20:46:35
お東で遠忌にあわせて筑摩書房から出したシリーズ親鸞の第6巻で「覚禅抄」に触れてるよ

757 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/19(水) 11:26:54
>>739
 釈迦の弟子達は、釈迦から教えを受けながら、右から左にほいほいと何から何までスイスイと理解できた
ことばかりではないだろうと思う。教えを聞いてもなかなか分からないことも多かったろうと思う。そんな
時、人は集団を離れ、岩陰であるいは木陰で一人座り、「先生、ああ先生」と、先生のことを念じながらし
ばらくの時間をすごすそんな人も少なくなかったと思う。

 『安楽集に云わく、観仏三昧経に云わく、父の王を勧めて念仏三昧を行ぜしめたまう』。『浄土五会念仏
略法事儀讃に云わく、 〜 しかるに念仏三昧は、これ真の無上深妙の門なり』。教行信証における親鸞の
記載は、こうした伝統があってのことだろう。
 念仏は座禅しながら南無阿弥陀仏と称えるのが原則だ。ABCと称えるのでもなく、南無妙法蓮華経と称
えるのでもない。親鸞はその理由として、南無は礼拝、阿弥陀仏は賛嘆であるという。南無阿弥陀仏で安楽
国を願う。それは作願であるという。
 南無阿弥陀仏には礼拝と賛嘆と作願が含まれる。親鸞は僕らにそのように説明してくれている。南無阿弥
陀仏とは僕は祈りだろうと思う。そしてその祈りの中身が、浄土教の伝統では礼拝と賛嘆と作願である。南
無阿弥陀仏には礼拝と賛嘆と作願が含まれる。親鸞聖人はそう言ってくれている。南無阿弥陀仏は礼拝と賛
嘆と作願である。僕はそのように考える考えに共鳴し、座禅しながら南無阿弥陀仏と祈りつつ、礼拝と賛嘆
と作願があるんだと考えるその伝統の中に身を置いている。

758 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/19(水) 11:29:58
 釈迦は人々に多くのことを教えた。釈尊が入滅された後、人々はあることを発見した。実に様々な物がさ
まざまなことを教えてくれている。花は、画家に絵画の神髄を教え、生命科学者には生命の起源を教えてく
れている。岩は彫刻家に美術の本質を教え、地球物理学者には宇宙の起源を教えてくれている。歩行者天国
にトラックを突っ込み、多くの人を殺傷した男の口から、検察官は事件の原因を学び、心理学者は社会の病
理を学ぶ。実に様々な事物がさまざまなことを教えてくれている。教えてくれているその意思と行動とは、
真理を教えようとしてくれていた釈尊先生のかつての意思と行動といささかも違いがないではないか。真理
は、真理を尊敬し、真理を我が先生と確信する人々には惜しげもなく真理を教え、真理の開拓者としての名
誉まで与えてくる。まさにそれは、亡き釈尊先生の心といささかも違いない。
 真理は花に宿り、岩に宿り、殺人鬼の口にも宿って人々に真理を開いてくる。真理は人格であり、釈尊先
生と同体の意思と同一の行動を取っている。かつて人々は、釈尊先生を先生とよんだ。限りない命の先生、
限りない光の先生と呼んだ。釈尊先生が亡くなると、人々は様々なもの、あらゆるものに自由にあだなをつ
けるようになった。先生、ああ先生と呼ぶようになった。
 特定の何かだけを先生と呼ぶ必要はない。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と静かに念じよう。座禅して称え
てみようではないか。仏教の先人達は弟子達にそのように教えるようになってきた。僕らは釈尊先生以来の
その伝統の世界に参画し、身を置いていることに喜びと誇りをもとうと思っている。 

759 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/19(水) 17:17:54
>>756
> お東で遠忌にあわせて筑摩書房から出したシリーズ親鸞の第6巻で「覚禅抄」に触れてるよ

 僕は手にしてないんですけど、完成が親鸞40歳のころであり、真言宗立川流の本であること
についてはどのように触れているんですか?

760 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/20(木) 00:02:03
渡海難さんに質問
ご自身は、死後の世界・霊魂・阿弥陀如来の存在を信じていますか?
一般的な真宗の檀家は
死者に確実に極楽に行ってもらうために、
自分自身が死んだときに極楽に送ってもらうために、
供養という仏事を通じてお寺さんと懇意にしているのだと思います。
本来僧侶による仏事自体は不要なんですが、
我流だとやっぱり何かと不安なのでプロに任せるという意識が働くのだと思います。
ただし、それは死後の世界・霊魂などがあるというのが前提で、
それらが実在しない概念的な思考の産物とされれば、
信徒にとって何がなんだかわけがわからなくなってしまいます。
要するにプロによる極楽行き保障の保険としての供養が成り立つわけです。
親鸞さんの肉食妻帯は信徒の立場からすると極楽行きの保障とは関係ないと思われます。

2chなので文字数制限があるので難しいかもしれませんが、
渡海難さんの文章、比較的長く、思想的によく練られていて
拝読した限りでは、頭の言い方だと察し申し上げますが、
言葉の定義なしで、抽象的な文章が続くので理解しづらく、
心にストンと響いてきません。

761 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/20(木) 10:43:07
>>760
>ご自身は、死後の世界・霊魂・阿弥陀如来の存在を信じていますか?

 「死後の世界・霊魂は、2010年1月20日現在、渡海難には存否判断ができない」と信じ
ています。
 この考えは、「渡海難は存否を知っている」という考え、「存否判断ができる」という考えの
反対極にあります。「結論を出せる」という考えの反対極にあります。

 「阿弥陀仏は、自然という概念を教えるための資料として存在している」と渡海難は信じて
います。桃太郎も存在します。白雪姫も存在します。マッチ売りの少女も存在します。その
ように考えています。

 この考えは、「桃太郎は存在しない」という考えの反対極にあります。「白雪姫非存在説」
の反対極にあります。「阿弥陀仏非存在説」の反対極にあります。
 「阿弥陀仏は存在するが、桃太郎は存在しないという説」の反対極にあります。

762 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/20(木) 12:00:27
>>761
× 2010年1月20日現在、渡海難には
○ 2011年1月20日現在、渡海難には

763 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/20(木) 12:24:49
渡海 難さん コメ御苦労さまです、読んでますよ。

764 :渡海 難  ◇Fe19/y1.mI :2011/01/20(木) 22:16:21
呼んだ?

765 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/21(金) 08:03:18
>>761
渡海難さんに質問
親鸞聖人は死後の世界・霊魂・阿弥陀仏の存在を信じていたと思われますか?

766 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/21(金) 11:04:46
>>764  渡海難の名を勝手に使わないでください。
◇Fe19/y1.mIは偽物です。  ◆Fe19/y1.mIが本物です。

>>765
>親鸞聖人は死後の世界・霊魂・阿弥陀仏の存在を信じていたと思われますか?

 死後の世界を信じていたと思います。
 http://www.propatent.jp/WEBLOG-NAME/2010/11/post_152.html#comments 
http://www.propatent.jp/WEBLOG-NAME/2010/11/post_153.html#comments
http://www.propatent.jp/WEBLOG-NAME/2010/11/post_154.html#comments

霊魂は問題にしないという態度であったと思います。
論語原文
 季路、鬼神に事うることを問う。子曰く、未だ人に事うること能わず、焉んぞ能く鬼に事えん。 曰く、
敢えて死を問う。曰く、未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん。
 季路は、先祖の霊のお世話をすることについて孔子に質問する。孔子はいう。まだ生きている人と十分な
付き合いができないのに、どうして先祖の霊の世話ができるだろうか。先祖の霊の世話は、生きている人と
十分な付き合いができてからでいい。季路は重ねて敢えて死について質問する。孔子は答えた。未だ生がよ
くわからないのに、どうして死が分かるだろうか。

教行信證
 季路問わく、鬼神に事えんかと。子の曰わく、事うることあたわず。人いずくんぞ能く鬼神に事えんやと。
季路は質問する。先祖の霊のお世話をすべきでしょうか。孔子は答えた。世話はできない。先祖の霊の世
話が、どうして人間にできるというのでしょうか。生きている人に死んだ先祖の霊の世話ができると思うこ
とそれ自体がおかしなことであるというべきでしょう。生きている人に死んだ先祖の霊の世話などできるわ
けがないのです。

 阿弥陀仏は、自然法爾抄を参照してください。

 しばらく休みます。
 数日後、次は供養について書きたいと思いますが、この問題は仏教の入り口である釈迦の悟りから考えて
行きたいと思います

767 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/21(金) 13:29:16
>>1
偶像崇拝を禁じてるのならなぜイエスやマリアの像に祈る

768 :渡海 難  ◇Fe19/y1.mI:2011/01/21(金) 15:31:13
テスト

769 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/21(金) 16:42:21
マリア像に祈ってるんじゃないんだろうな。
マリア像から神を想起して、神に祈ってることになってるんだろう

770 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/21(金) 20:44:11
すべての偶像崇拝はそういうことです

771 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/27(木) 10:33:30
 浄土真宗の問題に限らない。仏教の問題は、分からなくなったら必ず釈迦の悟りに戻って考えるのが原則
だ。釈迦が悟ったもの、仏教はそこを起点に考える。

 釈迦は菩提樹の下で悟りを開いた。仏教の先人達はそう教えてきた。本当に菩提樹の下で悟ったかどうか
などということは問題ではない。釈迦入滅200年後、インド大陸を征服したアショーカ王は、仏教最古の
碑文の中で、「釈迦は菩提樹の下で悟りを開いた」とそのように説明し、その後の多くの経典にもそのよう
に書かれている。

 菩提樹は、仏教では特に重要視されている。南方の寺院に行くと必ず大きな菩提樹が立っている。西方極
楽浄土にも巨大な菩提樹がある。高さが四百万里だという。古代の尺貫法では、月まで二往復半しておつり
が出る。周囲五十由旬は、関東平野の全面積17000平方メートルを円に換算した周囲長の2倍に近い。
枝の長さは20万里、太平洋横断ケーブルの長さの8倍になる。これだけおおきな菩提樹が立っているとい
う。これだけおおきな菩提樹であれば、世界中でどこからでも見ることができるだろう。地図のない時代、
巨木の少ない地方では、巨大な菩提樹が、あらゆる道を旅する人の道案内になる。

 絵画を学ぶ人、自然科学を学ぶ人、政治を学ぶ人、医学を学ぶ人、みなそれぞれ歩む道は違う。しかし、
いずれの人も西方極楽浄土の巨大な菩提樹はかならず見える。絵画を学ぶ人も、自然科学を学ぶ人も、政治
を学ぶ人も、医学を学ぶ人も、道に迷えば周囲を見渡すといい。そして西方極楽浄土の菩提樹が見つかれば、
その方向に向かうといいだろう。必ず目的に到達する。

 西方極楽浄土の菩提樹を見れば、人は音響忍、柔順忍、無生法忍を得る。西方は未来を象徴するのだ。時
計の無い時代、人々は太陽の位置で時間を知った。太陽は東から西に向かう。西は未来、東は過去を意味す
る。医者は真理を過去に求める。薬師如来は人類の医師として東方に住む。阿弥陀仏は人類の教師として西
方に住む。人々に未来を信じ、西方に歩めと教える。太陽の進む方向を目指せと教える。

772 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/27(木) 10:37:09
 絵画を学ぶ人、自然科学を学ぶ人、政治を学ぶ人、医学を学ぶ人も、凡そ未来を信じ、未来に向かって真
理を目指す者は、必ず極楽浄土の菩提樹が見える。菩提樹からは、音響忍、柔順忍、無生法忍が見えてくる。
その根元にこそ釈尊先生が開いた悟りがある。

 真理を目指す者は必ず自分の未熟さ、至らなさが見えてくるだろう。自らの至らなさ、無力さこそが、自
分の迷いの根源であると見えてくる。自分以外のあらゆる者、様々なものが我々に真理を語りかけてくる。
自分の未熟さ、至らなさが見えてくる方向に歩め、真理を語りかけてくる方向に歩め。真実の声を遮断し、
おごり高ぶる方向に向かえば、必ず道に迷うだろう。

 真理の声に耳を澄ませ。真理を語りかけてくる声に向かえ。忍は古代中国で認を意味する。心を柔軟にせ
よ。そうすれば、挫折も再生もない永遠の真理を認識するだろう。古代の先人は、音響忍、柔順忍、無生法
忍が見えてくる、聞こえてくる根本に、釈迦の普遍的な悟りがあると教えてくれている。

 先人達は、あらゆる学習の根本にあるものを十二因縁・八正道・四諦・中道という概念で釈迦の悟りを教え
てくれている。布施も、供養も、この問題から考える。    (続く)

773 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/27(木) 10:56:00
そりゃあ、カーチャンに「あんたはなんで働かないの?」と言われるより、

             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |  おじちゃんたちどうして働かないの?
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|

この方が破壊的に堪えるわな、実際。
カーチャンに言われても、実際の長い生活の中で手垢にまみれた価値観を共有してるから、即物的な回答しか持たない。
どうやってメシ食ってくんですかという、「生」に執着した、垢を重ねた表層しか見えないんだ。
その根源にある、本質を見失ってしまう。

774 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/27(木) 12:56:11
>>773
親鸞 「親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、よきひとのおおせ
    をかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」。

子供 「おじちゃんたちどうして働かないの?」

 深い問題を指摘していることになりそうだ。

775 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/27(木) 14:59:42
こんなんブッこんでみます。

落語にこんなお話があります。

ある長屋で昼寝をしている若者のもとへ大家さんがやってきて、
こう言いました。
「若い者が昼間から何をやっているんだい、若い間はせっせと働き
なさい」
言われた若者は大家さんに「それで大家さん、働いたらどうなるん
ですか」と聞きました。

776 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/27(木) 15:00:08
大家さんは言いました。「働けばそれだけお金が儲かるじゃないか」
「それで、お金が儲かってどうなるんですか」と若者は問い返します。
大家さんは「お金が儲かってたくさんあれば、自分の店を持てるじゃ
ないか」と言います。
若者は「お金が儲かって、お店を持てたらどうなるのですか」と大家さん
に聞きます。
大家さんは「商売繁盛して、たくさんの使用人を雇って誰からも認められる
人になれるじゃないか」と言います。

777 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/27(木) 15:02:23
若者は「商売繁盛して、たくさんの使用人を雇って、誰からも認められる
人になってどうなるのですか」と、なおも聞き返します。
大家さんはイライラしながら言いました。「それだけえらくなったら、
お店は番頭さんに任せて隠居して、ゆっくり昼寝できる身分になれるん
じゃないか」
それを聞いた若者は大家さんに言いました。
「その昼寝を今、私はやっているのですよ」と。

 さて、あなたは何のために生きていますか?あなたが本当に大事
にしたいものは何ですか?

778 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/27(木) 21:23:29
生きてく上にそんなモンは必要ございません

779 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/27(木) 21:38:36
Q.さて、あなたは何のために生きていますか?あなたが本当に大事
  にしたいものは何ですか?

A.お布施です。

780 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/29(土) 11:00:32
>>772
 十二因縁の法則は、大乗仏教成立後の現代の形は非常に複雑化している。釈尊が悟ったときはもっと簡単
なものだったろうと思う。無明・愛・老死という、二つか三つの単語が並んだだけだろうと思う。無明によ
ってとらわれつまり愛執生じ、それによって迷いが起きる。無明が無ければ愛執がなくなり、そうなれば迷
いは生じない。恐らくこれがもっとも原始的な概念だろうと思う。つまり、迷いの原因は無明にあり、無明
を退治できれば迷いは起こらない。これが釈尊の発見だった。
 無明はどのようにして退治するのか。それが四諦である。いま苦があるつまり困難があるとすれば、集つ
まりその原因を究め、滅つまりそのための方法論を立て、道つまりそれを実践する。
 どのようにして困難を知り、原因を究め、方法論を立て、それを実践するのか。正見つまり正しくものご
とを見、正思惟つまり正しく考え、正語つまり正しく語り、正業つまり正しく行動し、正命つまり正しい生
活をし、正精進つまり正しく努力し、正念つまり正しい心を持ち、正定つまり正しく禅定を実践する。
 そのような正しいことはどのようにすれば得られるのか。中道つまり、極端な概念に偏ることなく、自由
な立場を得よう。
 釈尊の悟りの核心はおよそ、このようなものだったと思う。釈尊の悟りを実践していけば人は迷うことが
ない。その実践は普通はきわめて困難である。釈尊は、釈尊の信念を実践する場として学校を建設した。祇
園精舎である。釈迦は三学という基本方針を立てる。釈尊は入学を希望する者に戒律つまり学則を提示し、
学則を守ることを誓った者に入学を許可した。互いに教え合おう、学び合おうと説いた。有形の真理を智慧
という。未知の真理つまり無形の真理は禅定という形で認識することができる。釈尊は弟子達に智慧と禅定
とを教えた。祇園精舎は、寺院という形で世界中に分校を増やしていった。三学・祇園精舎・寺院、これら
もまさに釈尊の悟りの世界そのものの具体的な顕現と見るべきだ。

781 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/29(土) 11:04:44
 前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、連続無窮にして、願わくは休止せざらしめんと
欲す。
 
 他人より先んじて真理を認識した者は、真理を知らず迷っている者を導け。他人に遅れて真理の重要性に
気付いた者は、すでに真理を認識しているものを訪ね、学べ。教え・教わり・教え・教わっていくこの流れ
は、永遠に連続させていかなけばならない。釈尊の悟りに共感し、共鳴し、享受した親鸞は、釈尊の悟りと
同体の認識を教行信証の最後に綴っている。

 互いに学び合い、教え合い、それを無限に連続していく学びの場を互いに力を合わせて作っていこう。布
施と供養とは釈尊の悟りを実現する重要な二大経済的基盤である。机上の空論ではない現実的・実践的な
釈尊の悟りの一部であり、苦集滅道の滅つまり方法論の不可欠な構成要素である。釈尊の悟りに共鳴、共
感した親鸞の信念を実現する重要な一部である。布施と供養とはそのように考えるべきだろうと僕は思う。

 釈迦の悟りの実現を図ろうとする親鸞の信念を考えてみたい。



>>777
> さて、あなたは何のために生きていますか?あなたが本当に大事
にしたいものは何ですか?

 親鸞に聞いたら、なんて答えると思いますか?
 親鸞にとっての生きるテーマはなんだったか。考えたことはありますか?

 死んで極楽浄土に行くことだったと思いますか?

782 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 11:20:16
長文は読む気がしないから三行でまとめて

783 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 12:26:40
>>782

どこにでも、こういう頭のおかしい人はいるものです

784 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/29(土) 12:58:56
>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

一行目 供養も布施も、釈迦の悟りの一部である。
二行目 悟りを支える経済的な地盤として共通性がある。
三行目 供養は、布施と本質を異にし、悟りを支える車の両輪である。

            三行にまとめました。


785 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 14:56:35
その論法で言うと真宗坊主に布施をやる必要なんてあんの?

大前提: 真宗坊主は(少なくとも現世では)悟りなんか求めてない
小前提: したがって悟りを支える経済的な地盤として布施を求める必要がない
結論: 真宗坊主には布施をやらなくていい

786 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 18:16:04
真宗禿はお布施で750CCのアメリカンバイクを買って高速道路を無料通行します。

787 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 22:17:46
>悟りを支える経済的な地盤として布施を求める必要がない

??
聞法の道場として寺の運営に布施は必要だろ??

788 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 22:21:09
真宗は金が必要でも、行の意味である布施という言葉を使ってはいけない。
寄付と呼べ。

789 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 22:23:29
「施入物」とでも呼べばいいんじゃないか

790 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/29(土) 23:24:33
まるっきり言葉狩りだな
財施でいいだろ

791 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/30(日) 11:29:44
「聞法の道場」として機能してる寺なんか一つもないだろw
葬儀・法事業者と呼ぶのがふさわしい。

792 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/01/30(日) 11:40:31
真宗の誰が悟りのために聞法してんだよ
「聞法の道場」といいながら単に宗教的陶酔を楽しんでるだけ
悟りとは関係ない

793 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/30(日) 14:04:12
 親鸞の供養論に注目する。

 五正行とは、一に一心に専読誦、二に一心に専観察、三に一心に専礼仏、四に一心に専称名、五に一心に
専讃嘆供養なり。(愚禿抄)
 浄土門には五つの正行がある。専ら浄土門経典などの書籍を読むだけにする。専ら仏の姿のイメージトレ
ーニングをするだけにする。専ら仏像を礼拝するだけにする。専ら称名念仏だけする。あるいは、専ら喜ん
で供養だけをする。これを五正行という。

 正行と言うは、 〜 何ものかこれや。一心に専らこの『観経』・『弥陀経』・『無量寿経』等を読誦する。
一心にかの国の二報荘厳を専注し、思想し、観察し、憶念する。もし礼せば、すなわち一心に専らかの仏を
礼する。もし口に称せば、すなわち一心に専らかの仏を称せよ。もし讃嘆供養せば、すなわち一心に専ら讃
嘆供養する。これを名づけて「正」とす、と。 〜 また云わく、定善は観を示す縁なり、と。また云わく、
散善は行を顕す縁なり、と。また云わく、浄土の要逢いがたし、と。
 正行とは何か。一心に専らこの『観経』・『弥陀経』・『無量寿経』等を読む。一心に極楽浄土の人々と国
土とをイメージトレーニングする。一心に仏像を礼拝する。一心に称名念仏を行う。一心に喜んで供養する。
これを正という。
 イメージトレーニングを定善という。先人がイメージトレーニングを示すのは、観察という行法もあると
いう紹介である。読誦・礼仏・称名・讃嘆供養を散善という。先人が読誦・礼仏・称名・讃嘆供養を示すの
は、こういう行法もあるという紹介である。
 これらは、あくまで紹介であり、これらの行をしたからと言って、極楽浄土の核心に到達するということ
ではない。

 「五専」とは、一つには専礼、二つには専読、三つには専観、四つには専名、五つには専讃嘆なり、これ
を「五つの専修」と名づく。 〜 これみな辺地・胎宮・懈慢界の業因なり。かるがゆえに極楽に生まると
いえども、三宝を見たてまつらず、仏心の光明、余の雑業の行者を照摂せざるなり。
 専ら行う五つの行がある。礼・読・観・名・讃嘆である。これらはいずれも、辺地・胎宮・懈慢界に至る
原因となる。極楽に生まれても、三宝つまり仏と法と僧とをみることがない。 



794 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/01/30(日) 14:07:12
無戒名字の比丘なれど 末法濁世の世となりて 舎利弗目連にひとしくて 供養恭敬をすすめしむ(和讃)

 親鸞における供養論は複雑である。問題点を指摘しておく。愚禿抄では、五正行として礼・読・観・名・
讃嘆供養を列記している。
 化身土巻では、散善義を挙げ、五正行として礼・読・観・名・讃嘆供養を列記し、序文義・散善義を続け
て挙げ、浄土の要逢いがたし、と言う。
 化身土の自釈では、五正行として、礼・読・観・名・讃嘆を列記し、辺地・胎宮・懈慢界に至るという。

 浄土の要逢いがたしという行の中には供養が入っている。辺地・胎宮・懈慢界に至る行には、礼・読・観
・名・讃嘆が入っているが、供養が落ちている。非常に目立たない記載だが、親鸞は全神経を張り巡らして
書いている。供養は「浄土の要逢いがたし」行であり、自分は無戒名字の比丘に過ぎないが、「すすめしむ」
という。非常にはっきりした意思を示している。
 親鸞の真意を根本から見ていきたい。











>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

1行目  親鸞は供養をすすめる。
2行目  供養では、浄土の中心との出会いはない。
3行目  供養に化土往生はない。

            三行にまとめました。

795 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 11:43:44
 親鸞思想の原点は二つとあると思う。一つは流罪の時である。僧籍を奪われて還俗したとき、親鸞は禿と
名乗るようになる。もう一つは、法然上人と出会ったときである。法然上人とはどのように出会ったのか、
恵信尼の手紙から考えてみる。

 殿の御往生、中々、始めて申すに及ばず候う。
 親鸞が人生を大きく転換したときの様子というのは、改めてどうこういうほどのことでもないのですが、

 山を出でて、六角堂に百日籠もらせ給いて、後世を祈らせ給いけるに、九十五日のあか月、聖徳太子の文
を結びて、示現に与(あずか)らせ給いて候いければ、
 比叡山を出て、京都の六角堂に百日間籠もり、後世を祈ったことがありました。九十五日目の朝、聖徳太
子の言葉を書いた文書をくくりつけ、ある思いを戴いたことがありました。

 やがてそのあか月、出でさせ給いて、後世の助からんずる縁に遭い参らせんと、訪ね参らせて、法然上人
に会い参らせて、
 その後、百日満願の朝、六角堂を出、後世の助かる縁を求め、法然上人の所を訪問になりました。

 又、六角堂に百日籠もらせ給いて候いけるように、又、百か日、降るにも照るにも、いかなる大事にも、
参りてありしに、
 その後、六角堂に百日籠もったように、百日間、雨の日も晴れた日もどんなことがあっても法然上人の下
に通いました。

 ただ、後世の事は、善き人にも悪しきにも、同じように、生死出ずべき道をば、ただ一筋に仰せられ候い
しをうけ給わり定めて候いしかば、
 後世の事については、善人も悪人もない。迷いを脱する道は平等であり、ただ一筋にそれを求めなさい。
法然上人からそのとき、そのことをしっかり聞かされたのです。

 上人の渡らせ給わん所には、人はいかにも申せ、たとい悪道に渡らせ給うべしと申すとも、世々生々にも
迷いければこそありけめ、とまで思い参らする身なれば
 本来なら永遠に迷い続けなければならなかった問題で自分は解決を貰った。そうなった以上、仮に悪道で
あっても、他人が何と言っても、法然上人が向かうところには、必ず自分もついていこうと決意したのです。

796 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 11:46:18
 ようように人の申し候いし時も仰せ候いしなり。
色々な人が様々に言っていたとき、親鸞はそのように言っていました。

 真宗の坊さんの想像力は我々の想像の域を超えており、突拍子もないことを言う。親鸞は性欲に悩んでい
たんだろうと。二九歳の若い男であれば確かに性欲に悩んでいなかったとは言えないかも知れないか、想像
力があまりにも下世話ではないか。もう少し気の利いた話題はないのだろうか。
 彼等は性欲に悩んでいた証拠に夢告伝説を挙げる。夢告伝説のオリジナルは、親鸞が四十歳のころ、真言
宗立川流の坊さんが完成させた覚禅鈔という書物の中に存在する。それを、完成の十年も前に親鸞が夢の中
で見たというのだから、あきれた議論である。

 親鸞は、法然上人と出会い、「善き人にも悪しきにも、同じように、生死出ずべき道」を教わったのだ。
それは、結婚とか、性の問題ではないだろう。親鸞が生涯をかけてやろうとしていたこと、それは何か。教
行信証の証の巻に出てくる。

 「還相」とは、かの土に生じ已りて、奢摩他・毘婆舎那・方便力成就することを得て、生死の稠林に回入
して、一切衆生を教化して、共に仏道に向かえしむるなり。
 「出第五門とは、大慈悲をもって一切苦悩の衆生を観察して、応化身を示して、生死の園、煩悩の林の中
に回入して、神通に遊戯し、教化地に至る。本願力の回向をもってのゆえに。これを出第五門と名づく」と
のたまえり。示応化身とは、『法華経』の普門示現の類のごときなり。

 存覺は親鸞の精神を継承していう。
 穢土をもて淨土に准じ、私宅をもて道場に擬して、本尊を安ずる淨場とし、念佛をつとむる會座とするな
り。 〜 人屋たりといへどもこの所にをひて念佛を勤行す。

 現代において日本全国に真宗寺院が存在する。それは親鸞聖人の精神をその内実とし、その内実を具体的
に実現するものである。それは京都六角堂で悩み、法然上人に出会って開かれたその精神そのものだろうと
思う。

797 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 11:48:42
 浄土真宗における供養と布施は、その精神を支える経済的現実的基盤であり、親鸞の精神を具体化する不
可欠の構成要素ということが言えるだろう。




















>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

1行目 親鸞の原点は六角堂の参籠と法然上人との出会いのときにある。
2行目 奢摩他・毘婆舎那・方便力成就し、法華経普門示現を具体化する。
3行目 穢土をもて淨土に准じ、淨場とし、念佛をつとむる會座とする。

            三行にまとめました。



798 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 11:57:30
「覚禅鈔」は著作物ではなく採集による図録ですから。
完成前に親鸞が見聞していてもなんら不思議はありませんよ。

799 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 11:59:04
親鸞が覚禅鈔を直接見たのではなく、
覚禅鈔と共通の「元ネタ」を見聞していた可能性は十分あります。

800 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 14:39:51
>>798-799
 こんなことを言えば、親鸞の教えはめちゃくちゃに壊れてしまう。
 観音菩薩というのは、親鸞の思想の中で変更できない重要な位置にあります。
 現代の真宗学は、思想体系が四分五裂でめちゃくちゃ。どこが本質で何が枝葉か分からなくなっています。
先人の著作に戻って考えよう。

 三骨一廟
我身救世観世音(ハガシンハ ヨヲタスクル クワンゼオムナリ)
定慧契女大勢至(ジヤウエノ チギリ オンナハ ダイセイシナリ)
生育我身大悲母(ワガシンヲ シヤウイクセル ダイヒノハハハ)
西方教主弥陀尊(サイハウ ケウシュ ミダソンナリ)
為度末世諸衆生(マチセノ モロモロノシユジヤウヲ ワタサムガ タメニ)
父母所生血肉身(ブモシヨシヤウノ クエチニクシンヲ)
遺留勝地此廟窟(シヨウチタル コノメウクツニ ノコシ トドメテ)
三骨一廟三尊位(サムコチ ヰチメウニスルハ サムゾンノ クラヰナリ)
      宗祖真筆 金沢専光寺伝

 これを出第五門と名づく」とのたまえり。示応化身とは、『法華経』の普門示現の類のごときなり。
                           (証の巻)

 法華経普門品は、別名、観音経です。救世観世音は我が身なり。親鸞の思想の理想は、観音菩薩の行の実
践なんです。しかも観音は男なんです。親鸞の教えに真言宗立川流の教義を持ち込むのは止めて欲しい。
 『我成玉女身被犯』親鸞をニューハーフにしたいですか?まあ、現代の真宗の坊さんならそう言いだして
も僕は不思議ではないけど(苦笑)。

 観音菩薩は我が身なり。これはどういう意味か。
 現代の真宗は教義が教義ではなく、虚偽になってるんで話にくいんだけど、真宗の本尊論にそれを解く鍵
があります。

801 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 14:42:18
 弁述名体抄(存覚)
 高祖親鸞聖人御在生のとき、末代の門弟等、安置のためにさだめおかる、本尊あまたあり、いはゆる六字
の名号、不可思議光如来、無碍光仏等なり。 〜 。
 つぎに三菩薩のなかに、勢至は浄土の菩薩、等覚のくらひなり。かるがゆへに中尊とす、龍樹天親は穢土
の菩薩なり、それにとりて、出世の前後により、地位の高下につきて、左右に居したまへり、まづ勢至菩薩
は、彌陀如來の右脇の弟子なり。彌陀の慈悲をつかさどれるを観音となづけ、彌陀の智恵をつかさどれるを
勢至と号す。かるがゆへに、十方世界に念佛三昧のひろまることは、これ勢至のちからなり。がるがゆへに
『首楞厳経」には「念佛のひとを摂して浄土に帰せしむ」ととけり、

 徳川時代初期、全国を統一した徳川幕府によって真宗は教義を大きく変更させられます。二度と一向一揆
を起こさせないためでしょう。本願寺は東西に分割させられ、大谷派の教学研究所高倉学寮には、幕府の宗
教政策を一手に行っていた天海大僧正の肉親がそのトップに入ります。そこで真宗は、徹底的に教学が破壊
されます。本尊まで変更します。本尊が座像から臨終現前の阿弥陀立像に変わったとき、親鸞の思想は再起
不能になったと思います。

 それ以前の本尊はどうなっていたか。存覚上人が弁述名体抄で示しています。
 本尊は念仏道場に安置します。『南無阿弥陀仏』・『不可思議光如来』・『無碍光如来』という三つの名号を
川の字に並べます。
 名号の前には、阿弥陀仏と釈迦牟尼仏、二尊の形像を左右に据えます。さらにその近くには菩薩絵像で勢
至・龍樹・天親の三像を描き、それを供えます。
 さらに、菩提流支・曇鸞・道綽・善導・少康・法照。聖徳太子・恵信・源空・親鸞・信空・叡空、を聖人絵像
にして添えます。

 観音菩薩がありません。救世観世音は我が身なり。念仏道場の念仏行者全体が観音菩薩なのでしょう。

 『我成玉女身被犯』とはどういう意味ですか。自分で自分にセックスするという意味ですか。ニューハー
フ・セルフセックスなどと言えば、坊さんの話としては楽しいかも知れませんが、下ネタすぎて浄土真宗の
教義はめちゃくちゃになります。

802 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 14:48:28
>完成前に親鸞が見聞していてもなんら不思議はありませんよ。

 こんな言葉が許されるなら何でも言える。
 「ない」という立証は悪魔の証明で、不可能だ。親鸞が見聞していたというならその証拠を出して欲しい。
御伝鈔の、「彼の夢想を案ずるに」という言葉との整合性も説明して欲しいものだ。

 真宗の教義を破壊するのは止めて欲しい。『我成玉女身被犯』などという立川流の概念を真宗に持込むと
いうのは、許せないことだと思います。



















>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

  貴方はここは難しい議論ですから読む必要がありません。無視してください。

803 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 15:00:31
創価はヤクザ後藤組を行使した。しかも本山を攻撃するのに右翼まで使った
これのどこが平和的かつ正義なのでしょうか。最近では創価公明のポスターに
「人にやさしく環境に優しく」などという標語を使っていたが、こういうのを偽善という
のです。

決してやってはならない宗教は

創価学会

エホバ

日本キリスト教団 です。これはしかるべき伝統スジから手に入れた
情報です
これらの宗教をやると人生のどこかがオカシクなり始めます。なんなら
みなさんも見学しにゆきますか?面白い光景をお目にかけます
創価との関係を元後藤組組長が暴路、後藤忠政「憚りながら」

創価学会に雇われ、殺人事件も起こしている。
墓苑事業では、反対住民の自宅にブルドーザーで突っ込み、
日本刀で片腕を切り落とした。


804 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 15:17:56
その前に「親鸞夢記」が偽作であるというのは根拠がありませんね

805 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 15:21:03
夢告が偽作であるとすれば、真仏はどうしてそのようなものを書いたのか
真仏と立川流の接点は?謎が深まるばかりです

806 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 15:46:51
>>804
>その前に「親鸞夢記」が偽作であるというのは根拠がありませんね

 親鸞が書いてなければ偽作だろう。それ以上の根拠が必要か(笑)
「親鸞夢記」が浄土真宗の教えと調和しないという感覚が分からないと、話にならん。

>>805
 そして真仏は勧進聖の活動を引き継ぎ、各地を遍歴したと思われる。(朝日新聞出版 『親鸞』114ペ
ージ)

 『三河念仏相承日記』である。その冒頭に「真仏聖人」と記して「シンフチヒシリ」と振り仮名を同筆で
記しており、 〜 これによって、ヒシリ活動は真仏から顕智まで継承されたことは、ほぼ間違いない。(朝
日新聞出版 『親鸞』114ページ)

 朝鮮国専修寺
 朝鮮国釜山海に寺あり、専修寺と号す。法は弥陀専修三昧にして、僧徒は妻帯也。まれに無妻の者もあり、
塔頭八十余宇、末寺二百余員。日本親鸞師の法流、顕智和尚の弘むる所なり。即為第一祖(即ち第一祖と為
す)。已上『朝鮮国専修記』
          (高田専修寺 正統伝)
 
  顕智は朝鮮まで布教に行っている。豊臣秀吉が朝鮮征伐に行ったとき、そこには真宗の寺があったとい
う記録もあるそうだ。
 真仏は、善鸞義絶事件に登場してこない。なぜか。あのころ全国を回っていたんだろうと思う。当然、吉
野あるいは京都にもでかけていたはずだ。当時、真言宗は立川流が主流派だった。真仏がそこで何を見ても、
不思議はない。

807 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/01(火) 19:06:46
>>806
>真仏はどうしてそのようなものを書いたのか

 窪寺で十一不二の信念を確立した智真(一遍上人)は、文永十年、菅生の岩屋で修行した後
超一・超二・念仏房を伴って遊行の旅に出た。超一は智真の妻、超二は娘、念仏房は下女であ
る(一遍上人語録 岩波文庫)。

 真仏は妻を伴って遊行していても不思議はない。顕智が朝鮮で作った専修寺では、妻帯者が多
かったそうだ。真仏が妻帯して全国を回れば、そのための正当化が必要だろう。
 理屈などいくらでも想像できる。

808 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 22:41:26
>>802
>貴方はここは難しい議論ですから読む必要がありません。無視してください。

随分上から目線だな。犬に論語、馬の耳に念仏 ってか。

809 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/01(火) 23:39:40
イエスは自ら膝を屈して神の愛を説き(ヨハネ書)、釈迦は八万四千の法門を開いて機を待して法を説いた。
理屈を説明すりゃおkってモンでもないだろう。



810 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/02(水) 01:38:26
>>808
> 随分上から目線だな。犬に論語、馬の耳に念仏 ってか。

 申し訳ない。夢告伝説に対する日頃の感情が破裂したようです。

 供養論から見ると枝葉の議論ですので、話が見えないと言う方は、無視してく
ださってもいいと思いました


811 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/02(水) 15:45:31
創価はヤクザ後藤組を行使した。しかも本山を攻撃するのに右翼まで使った
これのどこが平和的かつ正義なのでしょうか。最近では創価公明のポスターに
「人にやさしく環境に優しく」などという標語を使っていたが、こういうのを偽善という
のです。

決してやってはならない宗教は

創価学会

エホバ

日本キリスト教団 です。これはしかるべき伝統スジから手に入れた
情報です
これらの宗教をやると人生のどこかがオカシクなり始めます。なんなら
みなさんも見学しにゆきますか?面白い光景をお目にかけます
創価との関係を元後藤組組長が暴路、後藤忠政「憚りながら」

創価学会に雇われ、殺人事件も起こしている。
墓苑事業では、反対住民の自宅にブルドーザーで突っ込み、
日本刀で片腕を切り落とした。


812 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/02(水) 16:11:57
>>811

http://yuzuru.2ch.net/4649/
http://kamome.2ch.net/koumei/

 鼬鼠(イタチ)害


813 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/03(木) 11:26:51
>>806
>当時、真言宗は立川流が主流派だった。

本当に主流派だったのでしょうか?
「横行していた」「流行していた」と言う表現なら分かりますが…
当時の高野山や東寺や仁和寺などでも立川流が主流だったんでしょうか。
そういった記述は目にしたことがありません。


814 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/03(木) 12:07:34
>>813
>本当に主流派だったのでしょうか?「横行していた」「流行していた」と言う表現なら分かりますが…

 分かるならそのように理解してください。僕は立川流などに興味はありません。
 その後も立川流は浸透を続けた。『受法用心集』によると、真言密教の僧のうち、9割が立川流の信徒と
なっていたといわれる。http://7hoshigameguru.blog26.fc2.com/blog-entry-210.html
 以後、立川流についてはノーコメント。


>>794
 平家にあらずば人に非ず。このように栄華を誇った平家もあっという間に滅ぼされた。昨日まで山奥で追
いはぎを生業としていたような山賊どもが、今日は支給された甲冑で身を固め、警察官面して昼間は刃物を
持って都大路を練り歩き、夜になると辻斬り盗賊に早変わりする。そんな激動の時代、今後の社会はどうな
ってしまうのか。真っ暗闇の向こうにさらに悪寒が走るような恐れを抱いた賢人達がいた。法然・栄西・道
元・日蓮などである。彼等は比叡山で仏道を学んでいたが、生死の先、後世の助かる道を求め、新しい時代
を切り開こうと山を下りた。
 親鸞も山を下りた。しかし、親鸞だけは女の尻が忘れられず、比叡山での厳しい修行を途中で放り出して
結婚し、凡夫として子供をたくさん作ってよかったねなどと、先人に対し非常に失礼なことをいうノータリン
がいる。とんでもない話だ。親鸞も、法然・栄西・道元・日蓮などと共通の危機感と信念を持って山を下りた
のだろうと思う。
 後世の助かる道は何か。一隅を照らす光となって千里を照らせ。伝教大師の鎮護国家の思想を骨の髄まで
たたき込まれた親鸞が、六角堂で悩み抜き、法然上人と出会って得られた答え、それは学校教育から社会教
育への発想の転換だったと僕は思う。浄土真宗の布施と供養は、親鸞流社会教育実現の重要な経済的保障で
ある。

 自分の名前も書けない山賊が大きな刃物を持って町を歩くようになった警察官に、必要最小限の正しい教
育を受けて貰わなければならない。必要最小限の文字と必要最小限の道徳と、精神統一方法(禅定)を大急
ぎで教えなければならない。それを教えるのが僧侶の社会的使命である。結婚などしている暇はない。

815 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/03(木) 12:11:20
親鸞は、性欲を抑えられず一時も早く結婚したいと思ったのではない。一時も早く混乱した社会秩序を、一隅を
照らす光として立て直す人柱になろうとしたのだ。だからこそ、彼は流罪で僧籍を奪われても、心は還俗しない
で僧に留まろうとした。

 西本願寺には覚如の写本として親鸞が書いた上宮太子御記という書き物が残っている。京都に対抗する勢
力になることを意気込んでいた関東武士に親鸞は太子堂の先生として招かれた。上宮太子御記は、漢字交じ
りのほとんどひらがなが多い文書である。文字を知らない多くの老若男女に、繰り返し繰り返し書写させた
のだろうと思う。さらに論語を読ませ、書かせ、仁義礼智信を教え(改邪鈔)、十七条の憲法などは恐らく
完全に丸暗記させたことと思う。今日でも浄土真宗の寺院では聖徳太子像を安置しているのはその名残であ
る。恵信尼などは、親鸞の生徒の第一号だったかもしれない。

 仏教は、寺という全寮制の学校制度の中で、釈迦が説いた戒律と智慧と禅定を平行して組織的に学習する
のが原則である。しかし、かつての国分寺・国分尼寺政策は失敗した。親鸞には、寺院という閉鎖的な学校
教育ではなく、太子堂という形式にとらわれないきわめてオープンな形の社会教育実践の場が与えられた。
そこで親鸞は、従来の仏教の概念を合理的に大きく変更し、三学を基礎とする釈迦教を解体し、禅定一学の
阿弥陀教(浄土門)を開く。これは、釈迦教(聖道門)から見ればプレスクールである。プレスクールの卒
業生は、そこから本格的な釈迦教に進学するのもよし(大般涅槃経要門)、学習を終わらせるのもよしとい
う、自由な選択が可能だった。実際、親鸞は関東でプレスクールの卒業生の一部に聖道門教育を行っている。
親鸞からそのように聖道門教育を受けた人々は、その後の親鸞教団の重鎮となっている。しかし、親鸞仏教
の核心は、釈迦教のプレスクールともいうべき禅定一学の大衆浄土門であることに間違いはない。

 親鸞の浄土門の目標は、一人でも多くの人が奢摩他・毘婆舎那の実践力を身につけることである(証の巻)。

816 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/03(木) 12:13:58
>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

第一行 親鸞の仏教の核心は社会教育である。
第二行 親鸞浄土門は釈迦教のプレスクールである。
第三行 供養は、奢摩他・毘婆舎那の体得を目標とするものである。

    三行にまとめました。



817 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/03(木) 14:41:17
五逆と、聖人を誹謗せんと、正法を廃壊せんとを除かん、と。(教の巻)
正法およびもろもろの聖人を誹謗せんをば除く、と。(信の巻)

 親鸞聖人を誹謗中傷する浄土真宗は、無間地獄に誘う悪魔の宗教だ
といえば、これは言い過ぎか。。
 僕は、良心のある坊さんにはよく考えてほしいと思っている。

818 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/03(木) 20:29:20
つまり親鸞夢記は真仏による創作で、実際に親鸞聖人がみられた
夢のお告げではないということなんですね。

だとすれば恵信尼の「聖徳太子の文を結びて、示現にあづからせ給い」た示現とは
一体何を指すと思われますか

819 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/03(木) 21:57:25
>>818
 本人でないから不明。800年も昔のことは分かるはずもない。

 想像するに、多分これだと思う。
   ↓
籠山行
常行堂もしくは法華堂のいずれかで90日間修行しなければならない。常行堂で行なう修行(常行三昧)は本尊・阿弥陀如来の周囲
を歩き続けるもので、その間念仏を唱えることも許されるが、基本的に禅の一種である。90日間横になることは許されず、一日数時
間手すりに寄りかかり仮眠をとるというものである。法華堂で行なわれる行は常坐三昧といわれ、ひたすら坐禅を続け、その姿勢の
まま仮眠をとる。

十二年籠山では好相行が義務付けられており、好相行を満行しなければ十二年籠山の許可が下りない。好相行とは浄土
院の拝殿で好相が得られるまで毎日一日三千回の五体投地を行うものである。好相とは一種の神秘体験であり、経典に
は如来が来臨して頭を撫でるとか、五色の光が差すのが見えるという記述もあるが、その内容は秘密とされている。早い
者で1〜2週間、何年もかかって好相を得る者もいるという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E6%9A%A6%E5%AF%BA#.E7.B1.A0.E5.B1.B1.E8.A1.8C

 梵網経
  23軽戒と同様のものだろうと思う。

 この問題については質問を受けてもコメント不能 

820 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/03(木) 22:18:12
 追記
 >>819については、酒井雄哉師が、体験談を本に書いていました。
 昔、本屋で立ち読みしたことがある。探せば見つかるでしょう。

 僕は聞かれても分かりません。

821 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/03(木) 22:18:53
まあ、なにか決定的な史料でも出てこない限り、
親鸞夢記=真作という通説は覆らないと思います。

822 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/03(木) 22:40:02
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて
親鸞さまは浄土真宗を信仰していない
親鸞さまは当時の権力及び伝統宗教と戦って越後へ流された
親鸞さまの教えを破り浄土真宗は権力に擦り寄り親鸞を捨てた

形式や伝統や世襲、何一つ信仰とは関わりが無い、恥ずべしいたむべし

823 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/04(金) 10:11:11
>>821
>まあ、なにか決定的な史料でも出てこない限り、親鸞夢記=真作という通説は覆らないと思います。

 どんな資料があってもあんたらには蛙の面にションベンだ。蛙の面にションベンをひっかけてみても、腹
立たしさとむなしさが残るだけ。
 多数の蛙の陰で良心がもがき苦しんでいる人がいるのは事実。そんな少数の人々の心に届くメッセージを
僕は今後も送りたい。


>>822
 渡海難の書き込みを2ちゃんねるで追う。
 書き込みは必ず引用元が書いてあるから、引用してない前後を含む引用範囲を自分の目で広く確認する。
 共通論点の通説を探して比較し、渡海難の主張のおかしいところを探し、批判の書き込みをする。
  ↑
 実践してみると、新たな視界が開けるでしょう。

824 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/04(金) 11:45:36
 親鸞聖人は天台僧だった。親鸞聖人の行動パターンの原型は法華経の中にある。化城譬喩品である。
 
 若し多くの衆あって、此の道を過ぎて珍宝の処に至らんと欲せんに、一りの導師あり。聡慧明達にして、
善く険道の通塞の相を知れり。衆人を将導して此の難を過ぎんと欲す。
 例えば多くの人々がある道を通って宝の場所に行こうとする。そのとき一人のガイドがいた。非常に聡明
で、険しい道の状況をよく知っていた。ガイドはその険しい道を引率して行く。

 所将の人衆中路に懈怠して、導師に白して言さく、我等疲極にして復怖畏す、復進むこと能わず。前路猶
お遠し、今退き還らんと欲すと。
 引率された人々は途中で疲れてしまってガイドに訴える。自分たちはもう疲れてしまった。もうこれ以上
進めない。引き返そうと思う。

 導師諸の方便多くして、是の念を作さく、此れ等愍むべし。云何ぞ大珍宝を捨てて退き還らんと欲する。
 ガイドは色々なことを考える人だった。引き返したいというのも無理はない。しかし、宝の山を前にして
引き返すというのは実にもったいない。

 是の念を作し已って、方便力を以て、険道の中に於て三百由旬を過ぎ、一城を化作して、衆人に告げて言
わく、汝等怖るることなかれ、退き還ること得ることなかれ。
 そう考えると、ガイドは一計を案じた。険しい道のりの中、三百キロメートルを過ぎたところに城を建て、
人々に言った。怖がる必要はありません。ここで引き返す必要は無いのです。

 今此の大城、中に於て止って意の所作に随うべし。若し是の城に入りなば快く安穏なることを得ん。若し
能く前んで宝所に至らば亦去ることを得べし。
 もう少し行くと大きな城があります。その中で休んでください。その城に入ればきっと休まるでしょう。
一度その宝の城に行き、引き返すならそれから引き返してもいいでしょう。

 是の時に疲極の衆、心大に歓喜して未曾有なりと歎ず。我等今者斯の悪道を免れて、快く安穏なることを
得つ。是に衆人前んで化城に入って、已度の想を生じ安穏の想を生ず。
 このとき、旅に疲れていた人々は心から大いに喜んだ。我々はやっとこの苦しい道を乗り越え安らぎが得
られる。人々は喜び勇んでその化城に入り、休息した。



825 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/04(金) 11:50:37
 爾の時に導師、此の人衆の既に止息することを得て復疲倦無きを知って、即ち化城を滅して、衆人に語っ
て、汝等去来宝処は近きに在り。向の大城は我が化作する所なり、止息せんが為のみと言わんが如し。
 ガイドは、人々の疲れが無くなったのを見計らうと、その城を消し去り、人々に言う。「宝のある場所は決し
て遠くない。いま休んだこの城は、休息用に作った仮の場所に過ぎません。さあ、先に進みましょう」。

 諸の比丘、如来も亦復是の如し。今汝等が為に大導師と作って、諸の生死・煩悩の悪道、険難長遠にして
去るべく度すべきを知れり。
 仏道修行者達よ。仏とはそういうものです。いま自分はあなた方のガイドになっています。生死煩悩の悪
道、険しい道、こうしたものは必ず克服できると知っているからです。

 柔道も剣道も段位制を採用している。ある一定の条件を満たせば、初段、その次に別の条件を満たすと二
段に進む。人々は、昇段を目標に練習を励む。二段に至れば、三段、さらに四段を目指す。各段位は、法華
経が言う化城である。

 親鸞はこの世界を娑婆と極楽に分ける。極楽を化土と報土に分ける。報土を功徳大宝海と蓮華蔵世界に分
ける。
 娑婆を捨てて極楽を目指せ。極楽に進んでも、化土に安住することなく、報土を目指せ、同じ報土でも、
功徳大宝海に安住することなく、蓮華蔵世界に進めと教える。

 化土に入るのが第一門、功徳大宝海に入るのが第二門、蓮華蔵世界に入るのが第三門、蓮華蔵世界の中に
は途中にさらにもう一つ門があり、そこが第四門、蓮華蔵世界から出るときに第五門がある。
 礼・読・観・名・讃嘆では辺地・胎宮・懈慢界に至る。これらによれば化土までは至るという意味だ。浄
土真宗の聞法会は声聞道だから、最大限化土まではいたるだろう。ただしそれも容易なことではない。仏教音
痴、真宗音痴が聞法会を開けば、化土にも至らない。聞法会では功徳大宝海に至ることは絶対にない。


826 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/04(金) 11:54:15
 浄土の要に逢いがたしというのは、蓮華蔵世界に入ることはないという意味だ。供養は、化土に入ること
はないから、化土を通り越していきなり功徳大宝海に入ることになる。功徳大宝海は報土にあってそこは真
実界である。親鸞はそう言って供養を進める。しかし、供養だけなら窮極の目標である蓮華蔵世界に入るこ
とはない。真実界の中の化城である。浄土の要に逢いがたしとはそういう意味である。極楽観をもう少し考
えよう。

>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

1行目  親鸞が言う極楽は、天台僧が導く法華経の化城である。
2行目  聞法会は声聞道だから最大限で化土まで至るが、功徳大宝海(大乗の真実界)には至らない。
3行目  供養には化土往生と蓮華蔵世界往生が無い。いきなり真実界に入るが、化城、功徳大宝海にとどまる。

            三行にまとめました。

827 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/04(金) 12:41:59
渡海 難、長文の連投うるさいよ。本でも書けよ。

828 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/04(金) 14:48:16
>>827
>渡海 難、長文の連投うるさいよ。本でも書けよ。

 渡海 難は珍しき法を説いているんじゃない。親鸞聖人が700年も800年も昔に説き、多くの人が文
字にしてすでに残してくれていることを言っているだけだ。
 ただ、親鸞聖人が言ってた範囲を超えていることもあるかも知れないんで、僕は「仮説」と言っている。
 僕は親鸞聖人が言っていたことを言おうとしているだけだから、すでに本に書いてあることを言い換えて
いるだけだ。だから2ちゃんねるがふさわしいんだ。

 この議論はまだ先がある。ここが迷惑なら、ブログ親鸞仏教 しんらん.jpに舞台を移そうかと思う。

829 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/04(金) 17:49:34
2ちゃんで長文書いても誰も読まないし伝わらないけどね 己の日記にでもどうぞ

830 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/04(金) 17:58:57
あーあ
南無阿弥陀仏
でいいよって言ってるのに
龍谷程度の凡人がぐだぐだお勉強しても
どうもこうもないですよ。親鸞様はお見通しでしたね。

831 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/05(土) 14:49:11
親鸞さんが「女犯偈」の夢を見るくらいはいいじゃないかという気がする
たしかに、救世観音が玉女になってというのは一見、違和感がある。
しかし観音は本来男でも女でもないのだ。だから男が女に化けるとか
そういう話ではないんだよね。

832 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/05(土) 17:18:02
>>831
 親鸞さんが「女犯偈」の夢を見るくらいはいいじゃないかという気がする。(だって、鎌倉時代に仁
寛によって開かた立川流は、性交を通じて即身成仏に至ろうとする教義解釈なんだからね)。

 たしかに、救世観音が玉女になってというのは(念仏成仏から見ると)一見、違和感がある。しか
し観音は本来男でも女でもないのだ。だから男が女に化けるとかそういう話ではないんだよね。
(『我が身は世を救くる観世音なり。定慧契る女は大勢至なり』という親鸞さんの肉筆の書き物は、
観世音も玉女で一緒にレスビアンごっこするという話なんだろうね。) 
                                            by831

 831よ。おぬしの発想は下ネタが過ぎるんじゃねぇか?

 宗祖を貶めるのは止めたらどうよ。

833 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/05(土) 17:34:05
創価はヤクザ後藤組を行使した。しかも本山を攻撃するのに右翼まで使った
これのどこが平和的かつ正義なのでしょうか。最近では創価公明のポスターに
「人にやさしく環境に優しく」などという標語を使っていたが、こういうのを偽善という
のです。
決してやってはならない宗教は
@ 創価学会
A エホバ
B 日本キリスト教団 です。これはしかるべき伝統スジから手に入れた
情報です
これらの宗教をやると人生のどこかがオカシクなり始めます。なんなら
みなさんも見学しにゆきますか?面白い光景をお目にかけます
創価との関係を元後藤組組長が暴路、後藤忠政「憚りながら」

創価学会に雇われ、殺人事件も起こしている。
墓苑事業では、反対住民の自宅にブルドーザーで突っ込み、
日本刀で片腕を切り落とした。
又、創価にはヤクザ右翼学会員が多いのをご存知ですか?聖教を読んでるせいか
言葉使いの悪い学会員が多いのは偶然ですか?


834 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/05(土) 21:58:27
うーん
832も833もかなり人生おかしくなってる
C浄土真宗追加します、これはしかるべきすじから手にいれた情報だよ
これらの宗教をやるとこのスレの人達みたいにオカシクなるんだね
良い子のみんなも、おじいちゃん、おばあちゃん今からでも
遅くないからやめようね。宗教ってほんとうに怖いね。

835 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 00:49:54
>>834
宗教が怖いんじゃない、それを用いる人間が怖いんだ。
言いかえれば「どう用いるか」だ。
宗教は正しく用いれば人生の良薬ともなるし、用法を間違えれば
人を蝕み、世を壊す事にもなる。
偏ったイスラム原理主義が採る邪教への自爆テロは
まさにそうじゃないか? あるいは麻原オウムがそうだったろ!

836 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/06(日) 11:56:47
>>826
 親鸞の蓮華蔵世界は化城ではないのか。実はその蓮華蔵世界も化城である。蓮華蔵世界に達し、奢摩他・
毘婆舎那ができるようになれば、親鸞の浄土教は卒業する。山賊が警察官になったなら、警察官には歎異抄
も正信偈も全く必要がない。本願を信し念仏をまふさは仏になる。そのほかなにの学問かは往生の要なるへ
きや。紙に書いてないことで人生に悩んだとき、その時点で自分で脱出法が見つかるよう、奢摩他・毘婆舎
那ができるようになれば、それ以上のことは何もいらない。
 しかし、他人を教育する仏教のプロを目指したいという人は、山賊と同じでは困る。やはり戒・定・慧の学習
が不可欠である。奢摩他・毘婆舎那ができるようになるのを待って本格的にスタートしよう。さあ聖道門を学ぼ
う。親鸞の下からは、大般涅槃経要門を著した親鸞の提案に賛成し、多くの人が聖道門を学んでいったようだ。

 世の中に理想的な病院などは存在しない。しかし、どこの病院も、理想的な病院を目指して努力し、改善
に努め、そこに近づこうとしている。親鸞が考える極楽浄土も理念として存在する理想の念仏道場モデルだ。
極楽浄土を理想の鏡とする念仏道場を作ろう。親鸞は、仏教のプロを目指す若者にそのように提案する。

 出第五門とは、大慈悲をもって一切苦悩の衆生を観察して、応化身を示して、生死の園、煩悩の林の中に
回入して、神通に遊戯し、教化地に至る。本願力の回向をもってのゆえに。これを出第五門と名づくとのた
まえり。示応化身とは、法華経の普門示現の類のごときなり(証の巻)。
 蓮華蔵世界も化城として卒業し、第五門を出よ。第五門を出るとは何か。功徳大宝海・蓮華蔵世界で学ん
できた大慈悲をもって、現実世界の多くの苦悩の人々を観察せよ。再起・挫折・再起・挫折を繰り返す生死
の園に飛び込め。意思に反した不本意のことを行わなければならず苦しんでいる煩悩の人々の世界に入り、
思う存分の働きを行って人々を導け。仏の回向の働きを実現せよ。それが出第五門である。仏の応化身とな
れ。法華経普門品の観音菩薩行を実践せよ。

 観音菩薩行の実践とは何か。存覚上人がその答えの一つを示してくれている。


837 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/06(日) 11:59:27
 佛法修行のところはみな道場といふ、 〜 念佛三味の道場もその義おなじかるべし。されば念佛の行者、
 〜 道場をかまへて功を安置の本尊につむべし。自行化他の利益これにあるべきなり。 〜 穢土をもて
淨土に准じ、私宅をもて道場に擬して、本尊を安ずる淨場とし、念佛をつとむる會座とするなり。 〜 誠
心をぬきんでて道場をかまへ、同行を會して念佛を行ずべきなり。念佛は无上の功徳超絶の勝行なるがゆへ
に、諸佛も哀納し諸天も歓喜したまふ。(至道抄)

 仏道を修行するところは全て道場である。念仏三昧道場もそういう意味である。念仏の行者は、念佛三味
道場を構え、継続的実績を道場に安置した本尊の上に蓄積せよ。法華経の観音菩薩の自行化他の利益とはそ
のことをいう。実際の道場は、現実の中で理想の極楽浄土とは開きがあるが、多くの病院でも理想の病院を
目指すように、念仏三昧道場も、理想の極楽浄土にできるだけ近づけ、自分の家を極楽浄土の道場のように
本尊を安置し、念仏を勤める集会場とせよ。真剣な心をもって道場を構えよ。大乗仏教を看板として小乗仏
教を売る羊頭狗肉のしょうもない聞法道場つまり声聞道場ではなく、念仏に賛同する人々と共に正真正銘そ
こでは念仏を実践せよ。念仏は、最高の素晴らしい行であるからそのような念仏三昧道場には諸佛も哀納し
諸天も歓喜なされる。
 念仏三昧は、これ真の無上深妙の門なり。 〜 如来常に三昧海の中において、網綿の手を挙げて、父の
王に謂いて曰わく、王いま座禅してただ当に念仏すべし(行の巻)。念佛三昧は、これ眞の無上深妙の禪門
なり(五会法事讃略抄)。「如来」等とは、これ五会念仏を釈する文なり(六要抄)。

 このような道場は、設立・維持に現実には多くの協力が必要である。規模が大きくなれば大きくなるほど
単独では難しくなる。経済的な面でも多くの人が応援してくれることが望ましい。親鸞の提案に賛成し、念
仏運動に賛同してくれる人はどうか応援して欲しい。親鸞は、念仏道場に参加する人に、念仏道場の建設・
維持・運営という趣旨に賛同する人を募り、讃嘆供養という名目で紐付きの寄附をお願いしているのである。

 次に布施について説明しよう。

838 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/06(日) 12:02:06
>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

1行目 親鸞は奢摩他・毘婆舎那を学んで浄土教を卒業すると、希望者にはプロの道を勧める。
2行目 プロは聖道門を学び、念仏三昧道場を開く。
3行目 念仏道場に参加しその趣旨に賛同する人には讃嘆供養という名目で紐付きの寄附をお願いする。

                                      三行にまとめました。

839 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 15:06:48
長文は読む気がしないから一行でまとめるね

とにかく欲しいのは金、信仰なんて愚衆にやぼなこといわんからお布施してね。

840 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/06(日) 16:19:38
>>839
>一行でまとめるね

 将来(後世)に向けての念仏道場の拡散。賛同者には讃嘆供養という紐付き寄附をお願いする。

841 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 17:50:20
>>840
易行道とは何か
絶対他力とは何
そのことそのものが自力そしてさかしらと何故解らない。
既得権益の拡大、拡散 組織とは、なんのはからないもなくこれを追求する。
そこにつどう人が悪いのではない、組織の宿命ではないのか。
だからこそ 南無阿弥陀仏 たた一心に
何故まかせられない、何故捨てない、これ以外に浄土真宗の真髄の何がある。

842 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 18:10:50
念仏は称えやすいようにするのが一番
一人でもよし大人数でもよし。

843 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 19:17:06
親鸞聖人にとって念仏とは信心。信心とは聞法。

844 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 19:17:59
>>842
もしも信仰が少なくとも、良いこころからくるのであれば
それは組織化されず社会的な力にもならない、規範とも規律ともいえないもの
それは、ただ一人の心の中に儚く女々しくそっとあるのではないですか。
例えば、小学校の先生がいただきますの小さな声に、心がこもらないと
何度も何度も大きな声で言わせたときに、小さな子のこころから消えたもの
それが信仰ではないですか。教団は信仰心の妨げにならないと本当に言い切れますか?

845 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 20:22:24
阿弥陀如来はお怒りです。

846 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 20:52:49
念仏道場を一緒に作っていこうとしても
やる気が起こらず、「悪いな」と思っている人ですら
阿弥陀様はお浄土へ往生させてくださる。
供養をするのがもったいなく、あほらしく感じて
「悪いな」と思っている人ですら
阿弥陀様はお浄土へ往生させてくださる。

847 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 21:24:43
俺、東方浄瑠璃世界に行きたいんスけど

848 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/06(日) 22:45:19
>念仏道場を一緒に作っていこうとしても
それは信仰とは無関係です、同胞への道義ではないのでしょうか。
>供養をするのがもったいなく、あほらしく感じて
それも信仰とは無関係です、それは人の道つまり理性です。
宗教心、信仰とは他者の悲しみがわかることでは有りません。
自分もただ々悲しいということです。
ご門主と高僧、僧侶と門徒、自他の区別があるうちは南無阿弥陀仏は真にわかりはしません。

849 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/07(月) 07:48:12
>>848
848またはその周りで勝手に定義した「宗教心」や「信仰」でもって
「南無阿弥陀仏」は真にわかりはしません
といわれた衆生であっても
阿弥陀様はお浄土へ往生させてくださる。

850 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/07(月) 13:43:01
 布施論に入る前に供養論で大事な問題触れておく必要がある。
 新興宗教では、折角供養をしてくれた人にまで「お前も死んだら地獄に堕ちるぞ」と脅迫するそうだ。と
んでもない無い話である。一度でも供養をしてくれた人は、その後断っても、功徳大宝海、信心の世界、真
実界の人である。「死んだら地獄に堕ちるぞ」などという言葉は、貴重な供養をしてくれた人に向けて吐く
言葉では絶対にない。親鸞聖人の教えに対する重大な挑戦である。提供者に対しても大変失礼な言葉だ。
 供養の提供に信心が必要か。供養について善導は讃嘆供養という。讃嘆という信心が必要にも思える。し
かし親鸞は和讃でこれを供養恭敬と言い換えている。讃嘆供養が、信心の内容である五念門の礼拝・讃嘆
という概念に引きずられたくないという意味だろう。供養には、信心としての讃嘆を必須の要件としない。恭し
く敬う、つまり尊敬の念で賛同してくれればありがたい。恭敬は自発的であって、強制ではない。供養を断っ
ても地獄に堕ちるなどということもない。当然だが、重要な点である。


 布施も供養も仏教に寄せられる経済的支援という点では共通するが、相違点も多い。推測を交えて説明し
てみたい。なお、こちらの主張も、今後変わる可能性もある暫定的な意見である。こちらの認識に間違いが
あれば指摘してほしい。

 布施は仏教発生と同時にあった。仏教最初の布施をブッダチャリタはこう表現している。
 すると、牛飼いの長の娘ナンダバラーは神々に唆されて、心の底から歓喜がこみ上げるのを禁じえぬまま、
その場にやってきた。 〜 彼に牛乳をささげ、それを摂らせたのであった。
 (中央公論社 大乗仏典 第十三巻 昭和49年1月20日発行)

 釈迦が激しい苦行を諦めたとき、牛飼いの長の娘から牛乳を貰い、釈迦は命を保った。なお、仏教学者の
中村元はこの史実性については疑いをもっておられるようである。

 仏教初期の最大の布施は、給孤独長者から受けた布施だろう。これによって祇樹給孤独園精舎が作られる。
祇園精舎は、考古学者が測量した結果、32エーカーあったという。東京ドーム球場のグラウンド面積が13,0
00平方メートル、つまりその十倍に当たる。

851 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/07(月) 13:45:34
 布施は六波羅蜜の行である。供養は五正行の一つである。このことから次のような解釈が生まれる。

 ● 要請の有無で相違がある。
 供養は、受ける側から明示のあるいは暗黙の要請がある。布施は受ける側からの働きかけがない。
 布施は、六波羅蜜行の一つとされている。つまり、布施は欲を捨てる修行の一つであるから、財を提供す
る側に実行すべき事情がある。財を受容する側に受容すべき権利・義務があるわけではない。受容者が供与
者に事前に期待を抱いたり、明示の要求をすることは間違いというべきだろう。
 受容者が供与者に明示のあるいは暗黙の要請を発する場合、これは全て供養に当たると思う。念仏道場を
開くに当たり必要な経済的負担を参加者で頭割りするような場合、これは布施ではなく、供養という部類に
入る。説法会で講師に支払う謝礼などは、説法の対価であり、供養料となる。

 ● 使い道の制限で相違がある。
 供養は紐がついている。布施は紐がつかない。
 布施は、六波羅蜜行の一つとされている。つまり、布施は欲を捨てる修行の一つであるから、受容者がそ
れを受けることで用途に制限を受けることはない。布施後の用途について提供者は制限ができない。
 釈迦は、自らが布施を受けると、受けたものをその後、もっと困っている人に幅広く分配している。釈迦
に布施をする者は、ある程度それを釈迦に期待して行っている場合がある。供与者が期待を抱くことは自然
でも、義務を課すことはできないという意味である
 供養は紐がつく。つまり、受容者は目的を明示して提供を求める。目的外使用というのは許されるべきで
はない。現代であれば使用の内訳は明示すべきだろう。

 ● 量的限界がある
 供養は受ける側からの明示又は暗黙の量的指定がある。ある事業を始める場合、その負担を人数で頭割り
すれば求められる提供量が決まる。それに満たない提供量がある個人から寄せられれば、それは供養ではな
く布施となるだろう。求められた提供量を超える量が寄せられれば、過剰分については布施となると考える。

 ● 親鸞の布施論
 元照律師の弥陀経義疏に云わく、 〜 いわゆる布施 〜 正信なければ、回向願求するにみな少善とす。
往生の因にあらず。(化身土)

852 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/07(月) 13:48:19
 正信のない者の布施は往生の因にならないという。これは、供養と対称的だ。用途制限のない布施は、
信心の無い者がみだりにすべきではないという強いメッセージが込められていると考える。

 善男子、四つの善事あり、悪果を獲得せん。何等をか四とする。 〜 三つには他属のためのゆえにして
布施を行ぜん。 〜 もし人かくのごときの四事を修習せん、 〜 この人は涅槃道を迷失するなり(化身土)。
 他属のためのゆえに布施をすれば、涅槃道を迷失するという。他属の意味がよくわからないが、布施は供
与者から紐がつかないフリーハンドで渡される。何に使われるか分からない。正信のない者が不用意に布施
を行った場合、使い道を間違えれば大変なことになる。親鸞はそのように警告をしている。
       (化身土)

 『起信論』に曰わく、あるいは衆生ありて、善根力なければ、すなわち諸魔・外道・鬼神のために誑惑せ
らる。 〜 もしは布施 〜 を説き 〜 これ真の涅槃なりと説かん。 〜 みなこれ外道の所得なり
        (化身土)
 他人にみだりに布施を説く者がいる。説かれた者に正しい判断力がないと相手に騙される。布施をしなさ
い。ここに悟りがありますなどという。これは全て外道の教えであり、真の仏道ではない。

 親鸞はこのように布施について警告を発する。それでは、布施は必要ないというのか。決してそうではな
い。布施がなければ仏教は存続しない。親鸞は重要な発言をしている。







>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

一行目 布施は受容者から要求をしてはならない。要求されて行うものでもない。
二行目 布施は信心のあるものが行う。信心の無いものがみだりに行うべきでものではない。
三行目 布施は仏教にとって重要であり、布施がなければ仏教は存続しない。
            三行にまとめました。

853 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/07(月) 19:54:41
>>852
布施があってもなくても
阿弥陀様はお浄土へ往生させてくださいます。
「仏教」は存続し続けます。

854 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/07(月) 20:07:03
>>852
恋愛をすると良いです。できればふられるほうが良いです。いっぱい。
言葉(文)よりも先にあるものを大切にすると良いです。
そして胸が痛むことを知ると良いです。教義や解釈などどうでも良いです。
人の事を先に自分を後に、その先に信仰があると思います。とても難しいです。
偉い人よりも、頼られる人に、慕われる人に。ごめんね   なむあみだぶつ 

855 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/07(月) 21:45:46
>>854
言葉(文)よりも先にあるものを大切にしなくても
胸が痛むことを知らなくても
教義や解釈に頭を悩ませても
自分を先に人の事を後にしても
阿弥陀様はお浄土へ往生させてくださいます。

856 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/08(火) 10:51:46
>>853
 布施があってもなくても
 桃太郎さんは私たちの英雄です。
 鬼退治をしてくださる桃太郎さんは不滅です。

桃太郎さんは不滅だから何だと言うんだ? 桃太郎さんが滅びることはないよ。多分。それで?

>>854
(私854は)恋愛をすると良いです。(私854は)できればふられるほうが良いです。いっぱい。
(私854は)言葉(文)よりも先にあるものを大切にすると良いです。
(私854は)そして胸が痛むことを知ると良いです。教義や解釈などどうでも良いです。
(私854は)人の事を先に自分を後に、その先に信仰があると思います。とても難しいです。
(私854は)偉い人よりも、頼られる人に、慕われる人に。ごめんね(私がそんなふうでなくて)   なむあみだぶつ
      ↑
     それがどうしたの? 

>>855
言葉(文)よりも先にあるものを大切にしなくても
胸が痛むことを知らなくても
教義や解釈に頭を悩ませても
自分を先に人の事を後にしても
桃太郎さんは鬼ヶ島で鬼退治してくださいます。

    それがどうした?

857 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/08(火) 21:09:59
>>856
渡海難さん、長文をいろいろ書かれていますが、
自分は750年前の親鸞以後、真宗において親鸞以上の宗教家がいないとは思いません。
また親鸞の教え全てが現代社会における最適解とは思えません。

但し、誰でもお浄土へ往生させてくださるという
阿弥陀様がお浄土へ導いてくださるということを
理屈抜きで信じることが信仰の原点です。
ここは外せません。

渡海難さんは
桃太郎と阿弥陀様は同じ架空の産物だが、
親鸞の思想は現代にも通じる偉大な思想があり、
もっと勉強すべしという立場かもしれませんが、
そうですと単に思想の違いということで話は平行線になりますね。
歴史上親鸞よりも偉い人はいくらでもいるし、
仏教に限らず何でも幅広く勉強するべきと思ってますので。

自分の理解不足でしたらご容赦ください。

渡海難さんに それがどうした?といわれたら

み仏の誓いを信じ、尊いみ名をとなえつつ強く明るく行き抜きます。
み仏の光をあおぎ、常にわが身をかえりみて、感謝のうちに励みます。
み仏の教えにしたがい、正しい道を聞きわけて、まことのみのりをひろめます。
み仏の恵みを喜び、互いにうやまい助けあい、社会のために尽くします。

と答えますが、

さらに それがどうした?といわれたら

黙って笑顔で答えるしかありません。

858 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/09(水) 10:38:45
>>857
親鸞 「無上仏と申すは形もなくまします。『最高の仏というのは形がありません。形而上の存在です。』
 形のましまさぬ故に、自然とは申すなり。『形がありません。形而下の存在ではありません。自然科学的
な存在ではありません。』
 形ましますと示すときには、無上涅槃とは申さず。『お釈迦様のように歴史的、事実的に存在する仏であ
れば、そこで悟った悟りは無上の悟りとは言いません。お変化する可能性があるからです。』
 形もましまさぬ様を知らせんとて、初めて弥陀仏とぞ聞き習いて候う。『形而上の概念を教えるために阿
弥陀仏という架空の道具を使うと、初めて阿弥陀仏について教わったとき、そう習いました。』
 弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり。『阿弥陀仏というのは、自然のありかたを知っていただくための
資料です。手段です。道具です。』
 この道理を心得つる後には、この自然のことは、常に沙汰すべきにはあらざるなり。『そのような道理が
分かったら、分かった後は、阿弥陀仏という概念で知らせようとしている自然の概念は、阿弥陀仏という言
葉で理解すべきであり、自然という言葉では議論すべきではないでしょう』」。

856 「親鸞さん。あなたは、晩年に近い八十六歳のとき、正嘉二歳戊午十二月日、善法坊僧都御坊、三条
富野の小路の御坊で、顕智上人にも同じような長文を書かせましたね。
 自分は750年前の親鸞以後、真宗において親鸞以上の宗教家がいないとは思いません。貴方より立派な宗
教家はたくさんいましたよ。親鸞さん。あなたの教え全てが現代社会における最適解とは私は思えません。
 誰でもお浄土へ往生させてくださるという阿弥陀様がお浄土へ導いてくださるということを理屈抜きで信
じることが信仰の原点です。貴方は、阿弥陀仏を資料であると言いますが、私の信念のここは外せません。」

親鸞  「親鸞より立派な宗教家とは、信念の根拠つまりあなた自身のことでしょうか。
 道理が分かった後、阿弥陀仏という概念で知らせようとしている自然の概念を、阿弥陀仏という言葉だけ
で表現し、敢えて自然という言葉を使わない人はたくさんいると思いますが、阿弥陀仏は資料ではないぞと
仰っている方が、外にいらっしゃいますかねぇ」。

859 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/09(水) 10:41:28
856 「桃太郎と阿弥陀様は同じ架空の産物だが、親鸞さん。あなたの思想は現代にも通じる偉大な思想が
あり、もっと勉強すべしという立場かもしれませんが、そうですと単に思想の違いということで、親鸞さん、
貴方と私は話が平行線になりますね」。

親鸞 「お前とは平行線だ。交わらないぞ。聞きたくないということでしょう」。

856 「親鸞さん、歴史上に親鸞よりも偉い人はいくらでもいますよ。仏教に限らず何でも幅広く勉強する
べきと思ってます。自分の理解不足でしたらご容赦ください。親鸞さんに それがどうした?といわれたら、
み仏の誓いを信じ、尊いみ名を称えつつ強く明るく行き抜きます。

 み仏の光を仰ぎ、常に我が身を省みて、感謝のうちに励みます。み仏の教えにしたがい、正しい道を聞き
わけて、まことのみのりをひろめます。み仏の恵みを喜び、互いにうやまい助けあい、社会のために尽くし
ます。と答えますが、さらに それがどうした?といわれたら黙って笑顔で答えるしかありません」。

親鸞 「自分は歴史上の親鸞より偉いんだぞと思うことは、間違いであると思うとよろしいでしょうね。
み仏の教えの中身の一部に『阿弥陀仏というのは、自然のありかたを知っていただくための資料です』とい
うのがあるんですよと申し上げているだけなんですけどね。
 過去にそのように教えてくださったみ仏よりもっと立派な宗教家はたくさんいると言うのでしたら、私が
申し上げることは何もありませんよ。
 我流の宗教を建てるのは自由ですが、自分の信念は浄土真宗であるとは、決して思わない方がいいですね。
 耳に快いところだけ虫食い的につまみ食いするなら、最初から親鸞の全て捨てる方がいいと思いますよ」。



 以上、渡海の架空の会話とご理解くださって構いません。
 宗祖の真意を勝手に推測しました。

860 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/09(水) 11:01:07
>>858
× お変化する
○ なお変化する

>>859
× 全て捨てる方がいいと思いますよ
○ 全てを捨てる方がいいと思いますよ。自分は親鸞以上の宗教家であると確信するのは、しばらく
停止したいものですね

861 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 12:10:41
「阿弥陀仏というのは自然のありかたを知っていただくための資料です」
というのはどの仏典に書いてあるのですか?

親鸞さん、あなたが勝手にそう思ってるだけじゃないですか?

862 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 15:09:30
>>859
仏典の根拠はありませんが、阿弥陀様は自然科学的な存在と信じています。
我々が認識できる世界ではなく阿弥陀様は潜在意識、異次元、四元数世界、
その他の物理学的に存在しうる世界の存在だと信じています。
このあたりは自然科学の知識が拡大するに従い変化すると思います。

「自然のありかた」を知るならもっと直接的な方法があります。
わざわざ阿弥陀様を資料・手段・道具として介する必要はありません。
渡海さんは物理学や心理学を阿弥陀様を介して理解されるのですか?
それとも「自然のありかた」という全く新しい学問分野を切り開かれているのですか?

私は、阿弥陀様>>>>>親鸞ですが、
渡海難さんは 親鸞>>>>>学習の道具⊃阿弥陀様ですか?
真宗(西)の仏壇は中央に阿弥陀様、脇侍が親鸞・蓮如なんですが
間違ってますか?

歴史上の親鸞の一番の業績は、誰でも阿弥陀様がお浄土へ導いてくださる、
との教えを広めたことだと思います。
女犯しようが、750年後の現代からすれば的外れなことを述べようが気になりません。
ただ750年前の努力は並大抵なことではなかったと思います。

み仏の誓いを信じ・・・は本願寺派の「浄土真宗 聖典 −勤行集−」の
生活信条をコピーしたものです。浄土真宗の現代版の最適解と思っています。

863 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 15:10:49
>>859
つづき

我流の宗教を建てるのは自由ですが、自分の信念は浄土真宗であるとは、決して思わない方がいいですね。
とされていますが根拠は?

耳に快いところだけ虫食い的につまみ食いするなら、最初から親鸞の全てを捨てる方がいいと思いますよ 
とされていますが根拠は?

一般的に、過去にあった都合のいい部分を組み合わせることで、現代は以前より快適になっていると思っています。
親鸞の全てを受け入れるか、全てを捨てるかという考えは極端だと思います。

自分は親鸞以上の宗教家であると確信するのは、しばらく停止したいものですね
そんなことは書いてませんし思ってもいません。
そう受け止める書き方であったとすれば本意ではありません。
御容赦ください。

864 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/09(水) 15:42:25
>>862
>仏典の根拠はありませんが、阿弥陀様は自然科学的な存在と信じています。
 まあ、どうぞ。お好きにお考えください。付き合い切れません。(笑)

>わざわざ阿弥陀様を資料・手段・道具として介する必要はありません。
 自然の様を知らせん料なり。

りょう〔レウ〕【料】
2 ある事に使用するもの。材料。しろ。
「御笏(おんしゃく)の―とした一位の木(=アララギ)を産するのでも名高い」〈藤村・夜明け前〉
3 目的。理由。ため。
「燕(つばくらめ)のもたる子安の貝を取らむ―なり」〈竹取〉
 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/232262/m0u/%E6%96%99/

りょう【料】 [音]リョウ(レウ)(呉)(漢) [訓]はかる
1 見当をつけてはかる。おしはかる。「料簡(りょうけん)・料理/思料・予料」
2 あることのために使うもの。「料紙/衣料・飲料・原料・香料・材料・資料・飼料・食料・染料・塗料・燃料・肥料」
 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/232286/m0u/%E6%96%99/

りょう 〔レウ〕 【料】

1 ある事に支払う金銭。代金。「入場―」「原稿―」
2 ある事に使用するもの。材料。しろ。
3 目的。理由。ため。
http://kotobank.jp/word/%E6%96%99

善知識の実語を領解せずんば、往生不可なり。たとい名字をしるさずというとも、宿善開発の機として、他力往生の師説
領納せば、平生をいわず、臨終を論ぜず、定聚のくらいに住し、滅度にいたるべき条、経釈分明なり。このうえは、なにに
よりてか経釈をはなれて、自由の妄説をさきとして、わたくしの自義を骨張せんや。おおよそ本願寺の聖人門弟のうちに
おいて二十余輩の流々の学者達、祖師の御口伝にあらざるところを禁制し、自由の妄義を停廃あるべきものをや。
           (改邪鈔)  ↑
                 傾聴に値する

865 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 18:21:51
中村と桃に騙されるな。
桃はブログ閉じろよ。

866 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/09(水) 20:09:29
>>863
> 自分は親鸞以上の宗教家であると確信するのは、しばらく停止したいものですね

親鸞聖人は、「弥陀仏は、自然の様を知らせん料(材料・資料)なり」と思っている・
自分は、   「弥陀仏は、自然科学的な存在」と信じている。

 材料・資料と思っている親鸞聖人の考えと、自然科学的な存在と信じている自分とは
考えが違う。
 ↑
 このようにきちんと整理するといいですね。

 他人と話をするときも、親鸞聖人と自分とは、説が違うと、相手に明示するといいと思いますよ。
そのときはなぜ自分は異説を採るのか、きちんと説明できるようにすべきでしょう。
親鸞聖人はなぜそのような説を採ったかも、説明できるようにしてください。

>真宗(西)の仏壇は中央に阿弥陀様、脇侍が親鸞・蓮如である。

 存覚さんの説によると、親鸞聖人が決めた仏壇は、
 『南無阿弥陀仏』・『不可思議光如来』・『無碍光如来』という三つの名号を川の字に並べます。
 名号の前には、阿弥陀仏と釈迦牟尼仏、二尊の形像を左右に据えます。さらにその近くには菩
薩絵像で勢至・龍樹・天親の三像を描き、それを供えます。
 さらに、菩提流支・曇鸞・道綽・善導・少康・法照。聖徳太子・恵信・源空・親鸞・信空・叡空、を聖
人絵像にして添えます。

 このように定めた理由は存覚さんの書き物に詳しく書いてあります。
 両者は違うと、きちんと整理するといいでしょう。
 親鸞聖人はなぜ、そのように仏壇を定めたのか、その理由をきちんと説明できるようにしてください。
 西本願寺はなぜ敢えて別の方法を執っているのか。その理由もきちんと説明すべきでしょう。

 

 

867 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 20:18:30
>>864
渡海難さんは「浄土真宗」というより「親鸞宗」・「親鸞教」と名乗るべきでは。
阿弥陀様は方便とするなら日蓮宗みたいなんで。
お浄土は概念的なものであると定義するなら、浄土真宗という名前はウソになる。
まあ何でもひろく包み込むのが浄土真宗のいいとこだけど。

辞書を使われていますが、覚如上人の時代と今の時代で意味が変わっているかもしれません。

詳しくはありませんが
願力不思議の仏智を授くる善知識の実語を領解せずんば往生不可なり
というのは渡海難さん自身に当てはまりませんか?

なにによりてか経釈をはなれて
阿弥陀経・無量寿経を離れるのはまずいと思います。

失礼かもしれませんが、渡海難さん自身も
自説に都合の良いところのつまみ食いのような気がします。

「自由」というのは福沢諭吉の訳語の意味でなく、我儘放蕩の意味で使われているんですよね。

868 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/09(水) 20:32:29
>>867
>渡海難さんは「浄土真宗」というより「親鸞宗」・「親鸞教」と名乗るべきでは。
     貴方の妄説です
>阿弥陀様は方便とするなら日蓮宗みたいなんで。
     貴方の感じはあてにならん。
>お浄土は概念的なものであると定義するなら、
     こんなこと誰も定義していない。
>浄土真宗という名前はウソになる。
     貴方の浄土真宗がウソなんですよ。
>まあ何でもひろく包み込むのが浄土真宗のいいとこだけど。
     外道まで包み込んでいる空隙はない。
>辞書を使われていますが、覚如上人の時代と今の時代で意味が変わっているかもしれません。
     証拠を出しなさい。
>詳しくはありませんが
     根拠を挙げている相手に、当てずっぽうでモノ言うな。
>というのは渡海難さん自身に当てはまりませんか?
     質問ですからお答えします。当てはまりません。
>なにによりてか経釈をはなれて阿弥陀経・無量寿経を離れるのはまずいと思います。
     親鸞聖人は離れていません。
>失礼かもしれませんが、渡海難さん自身も自説に都合の良いところのつまみ食いのような気がします。
     本当に失礼です。
>「自由」というのは福沢諭吉の訳語の意味でなく、我儘放蕩の意味で使われているんですよね。
     存じません

869 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 21:59:53
>>868
>貴方の浄土真宗がウソなんですよ。
100点満点中10点くらいはありませんか?
>外道まで包み込んでいる空隙はない。
浄土教自体が仏教以外の外道を包み込んだものなんで浄土真宗もいいのでは?
>弥陀仏は自然のやうを知らせん料なり
の解釈はweb上にいろいろあるけど
http://www.fuchu.or.jp/~sat/chart3.htm
が自分に近いかな。

自然はシゼンでなくジネンですね。うっかりしていました。
親鸞のいうジネンは本願力ですね。
上記の文章の意味が
法身が報身として現われられたのが阿弥陀仏、というのであれば
自分が信じている自然科学的な存在と矛盾しません。

親鸞聖人が阿弥陀経・無量寿経を離れていないなら、
なぜ渡海難さんは阿弥陀様が桃太郎になるんですか?

旺文社古語辞典より れう【料】1.用いるための物。材料。用品。2.ある目的のためのもの。3.費用。4.ため。ためのもの。
「自然」と違って「料」については覚如上人の時代と今の時代で意味が変わっていませんでした。
旺文社古語辞典より じねん【自然】おのずからそうあること。本来そうであること。
渡海難さんからすると常識かもしれませんが、今の時代では言葉の意味が違ってますね。
但し、親鸞聖人はこの言葉にもっと意味を持たせているんですよね。
>詳しくありませんが、
というのは文章を読むのに古語辞典や浄土真宗用語辞典なしでスラスラとは読めないという意味です。
渡海難さんは出典を書かれているのでありがたいです。
PC上でソースの確認ができます。勉強になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1
吉田兼好の徒然草では「自由」は我儘放蕩の意味で使っています。
存じませんというのは、ウソですよね。

870 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/09(水) 22:14:27
中村雅彦はインチキだ。
桃はブログ閉じろよ。

871 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/10(木) 15:11:01
ただ慎みある人は 己自らを調うるによりてのみ 彼岸には至らん

872 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/10(木) 17:52:04
京都での親鸞展では、親鸞フィギュアを2つ買って、1つは頭の上に京都の土産物屋で買った金のウンコを載せて飾り、
もう1つはきちんと開眼して、浴糞供をしてあげようと思っています。

873 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/11(金) 07:11:56
【あなたにもできる浴糞供】
便器の表面をよく磨き、水気を完全に拭き取ります。
親鸞像をウンコ落下地点にパテで貼り付けます。
ウンコをします。ブリブリ。
愚禿がよろこびます。

874 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/11(金) 09:48:55
渡海難さん 来ない。来ない。

怒らせたかも。
高校のころの「倫理」の知識+αと
阿弥陀経・正信偈の暗誦ができれば浄土真宗っぽいと思ってたんですけどね。
どうも親鸞に関する知識が不足しすぎて
 あてずっぽう 
なことを書いのがまずかったと反省。今、
「面白いほどよくわかる 親鸞」日本文芸社
を読み終えました。
少しはまともなことが書けると思いますんで

書き込みしてくださいね。

書き込み楽しみにしてたんで。

875 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/11(金) 10:42:36
浴糞供をしてやればヤツもくるぞ。

876 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/11(金) 13:04:45
 もし衆生ありて、我がために出家し鬚髪を剃除して袈裟を被服せん。たとい戒を持たざらん、彼等尽くす
でに涅槃の印のために印せらるるなり。
 もし、釈迦が定めた方法に従って出家し、髪とひげを剃り、釈迦が定めた僧服をまとったなら、仮に戒律
を守れなくても、その身なりだけで、いつかは悟りに至るということが約束されたことになります。

 もしまた出家して戒を持たざらん者、非法をもってして悩乱を作し、罵辱し毀呰せん、手をもって刀杖打
縛し斫截することあらん。もし衣鉢を奪い、および種種の資生の具を奪わん者、この人、すなわち三世の諸
仏の真実の報身を壊するなり。
 戒律を破る出家者に対しては、不当にも相手を激しく罵り、攻撃し、場合によれば刀や杖で激しく打ちのめ
し、切り刻んでくる者、あるいはそこまでしなくても、食事に使用する道具、あるいは生活に必要な道具を奪
おうとするような者、そのような者は、本人は戒律を破る出家者を懲らしめているつもりかも知れないが、実
は過去・現在・未来の無数の賢人・哲人の身を傷つけていることになる。

 すなわち一切天人の眼目を排うなり。この人、諸仏所有の正法三宝種を隠没せんと欲うがためのゆえに、
もろもろの天人をして利益を得ざらしむ。地獄に堕せんゆえに、三悪道増長し盈満をなすなり、と。
 戒律を破る出家者を懲らしめるという人は、あらゆる人の眼から仏法を覆い隠すことになる。無数の賢人
哲人の正しい教えを、人々の目から覆い隠してしまう。多くの人々の大事な利益を奪ってしまう。地獄道と
餓鬼道と畜生道を増長させることになるのだ。

  また言わく、その時にまた一切天・龍、乃至一切迦た富単那・人非人等ありて、みなことごとく合掌し
て、かくのごときの言を作さく、
 釈迦の説法を聞いていたあらゆる者は、そのとき次のように釈迦に誓った。

 「我等、仏一切声聞弟子、乃至もしまた禁戒を持たざれども鬚髪を剃除し袈裟を片に着ん者において、師
長の想を作さん。
 自分たちは、大乗の仏達、全ての小乗仏達、さらに弟子も含め、髪とひげをそり、釈迦の定めた法衣を着
ている者には、仮に戒律を守らない人に対しても、自分たちはその人を先生であるという思いを懐こうと思う。


877 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/11(金) 13:12:12
 護持養育してもろもろの所須を与えて乏少なからしめん。
 必ず、守り育て、必要なものは必ず与え、経済的には決して困ることがないようにしてあげようと思う。

 もし余の天・龍、乃至迦 富単那等、それ悩乱を作し、乃至悪心をして眼をもってこれを視ば、我等こと
ごとく共に、かの天・龍・富単那等、所有の諸相欠減し醜陋ならしめん。
 もしどこかの誰かが、戒律を守らないという出家者に対し、不当なことを行い、あるいは歪んだ眼で相手
を見ることがあれば、思いきっりぶん殴ってやろうではないか。

 彼をしてまた、彼等と共に住し共に食を与うることを得ざらしめん。また同処にして、戯笑を得じ。かく
のごとく擯罰せん」と。已上
 そんなやつとは一緒に住んだり、食事を共にすることは止めよう。談笑も断ろう。このように制裁を加え
ようではないか。

 解説に入る前に、もう一つ重要な文書を紹介し、両者を比較しながら、親鸞の布施について考えたい。
 今回は3行解説はありません。


>>874
>怒らせたかも。

 そんなことはない。
 多忙で2ちゃんねるに書き込みできませんでした。

 怒ったときは怒ったなり書き込みをするのが僕のパターンです。

 2茶は、アクセス規制されれば、書き込みができなくなる。
 相手からの反応を待っていれば、2チャンネルで生きていけません。

878 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/11(金) 13:51:38
ほら、来たw スカトロ渡海w

879 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/11(金) 14:50:48
>869
>/ww.fuchu.or.jp/~sat/chart3.htmが自分に近いかな。
  これはアンポンタン説ですね

>自分が信じている自然科学的な存在と矛盾しません。

 「料」の言葉の意味を無視すれば、何でも好きなことが言えますよ。
 日本語を否定するなら、お好きにどうぞ。アホとは付き合い切れません。

>親鸞聖人が阿弥陀経・無量寿経を離れていないなら、なぜ渡海難さんは阿弥陀様が桃太郎になるんですか?

 日本全国にいくつの保育園、幼稚園があるか知りませんが、昔話桃太郎の話をしない保育園、幼稚園は無
いでしょう。どこの保育園も幼稚園も昔話桃太郎を離れません。昔話桃太郎は、幼児の勧善懲悪学習に不可
欠です。架空の存在の桃太郎を通じて勧善懲悪を学ぼう。これが日本の保育園・幼稚園の主流でしょう。

 自然という概念を学ぶには、阿弥陀話の阿弥陀経・無量寿経は不可欠というのが親鸞の確信です。架空の
存在の阿弥陀仏を通じて自然の理を学ぼうと言うのが、浄土真宗です。

 桃太郎がいるから善をしよう、悪を止めようという主張は、ノータリンです。
 阿弥陀仏を信じて念仏を信じようというのは、ノータリンです。

 桃太郎なんか信じなくてもいいことをしよう。悪をやめようというのが、昔話桃太郎の主張です。
 阿弥陀仏なんか信じなくても自然の道理をわきまえて念仏しようというのが、阿弥陀経・無量寿経の主張です。

880 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/11(金) 21:57:24
>>879
渡海難さん、お子さんはおいでですか?
うちの子、仏教系の保育園に通ってたんですが、聴いてみると
桃太郎の本はあったそうですが、習ってないと。
今はアンパンマンのほうが圧倒的に多いみたい。
幼児教育には勧善懲悪よりも「皆でルールを守って仲良し」のほうがいいのかな。
その保育園だけが特殊だったのかもしれません。余談ですが。

>阿弥陀仏を信じて念仏を信じようというのは、ノータリンです。
自分は、「ノータリン」に含まれるようです。
これが浄土真宗だと思っていたので。
「一念多念文意」に
この如来(阿弥陀仏)は光明なり。光明は智慧なり。智慧はひかりのかたちなり。
智慧またかたちなければ不可思議光仏ともうすなり。
自分は現在の科学水準では実在を証明できない不可思議光をもった存在を信じています。
アホかもしれませんが。

>ジネンの道理をわきまえて、
というのは凡夫にはハードルが高すぎませんか?
現代人ならともかく、親鸞聖人が比叡山を降りた直接の動機である、
鎌倉時代の庶民の救済はかなり難しいのでは?
渡海難さんの「ジネンの理」って何ですか?

>阿弥陀経・無量寿経の主張です。
親鸞の主張ですよね。

親鸞聖人、一般大衆と真宗僧侶と聴衆によって話を使い分けているんでしょうか。

>858の最高の仏というのは形がありません。形而上の存在です。
というのはプラトンのイデア論でなく、アリストテレスの形而上学を勉強した上で念仏を唱えよう
という意味ですか?

881 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/12(土) 11:50:44
>>880   >余談ですが。 ←    余談は無視します。

>自分は、「ノータリン」に含まれるようです。  ←   自戒の念でしょうか?

>「ノータリン」に含まれるようです。   ←  貴方に浄土真宗を教えた方がノータリンだったのでしょう

>これが浄土真宗だと思っていたので。   ←   マインドコントロールに操られているんでしょうね。

>アホかもしれませんが。

  貴方に浄土真宗を教えた方がアホだったのかも知れません。
 「この道理を心得つるのちには、この自然の事は恒に沙汰すべきにはあらざるなり。」
 この「自然の様を知らせん料なり」ということが分かった後は、自然のことは、自然という言葉で議論す
べきではなく、思考は阿弥陀という概念ですべきです。
 しかし、「自然の様を知らせん料なり」ということが分からない内から、早々と阿弥陀という概念を振り
回すというのはアホでしょうね。
 「初めて弥陀仏とぞ聞き習いて候う。」
 「自然の様を知らせん料なり」ということは、浄土教仏教を学ぶときに、いの一番に教わることです。こ
れは、浄土教仏教のイロハのイということでしょう。貴方に浄土真宗を教えた方は、浄土真宗のイロハのイ
を教えない方だったのでしょう。貴方は、2ちゃんねるで、浄土真宗のイロハのイを教わりました。

>ジネンの道理をわきまえて、凡夫にはハードルが高すぎませんか?

 何が言いたい?自分で勝手に高いハードルを設定して「高すぎませんか」という相談を受けても、ノー
コメントです。

 「勧善懲悪の道理をわきまえる」というのと、「桃太郎は架空だと心得る」ということは違いますよ。勧
善懲悪の道理など全くわきまえなくても、桃太郎は架空の存在だということを理解している日本人などいく
らでもいる。勧善懲悪の道理がわきまえられなくて、「日本一」の旗を立て、犬・猿・雉を従えて鬼ヶ島で
戦う桃太郎を、自然科学的な存在であるなどと信じている日本人は、貴方以外にはいないと思いますよ。勧
善懲悪の道理をわきまえる」ことは難しいから、一寸法師を実在と思い、瓜子姫、かぐや姫を実在と思って
いる人は、日本人には一人もいないでしょう。

882 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/12(土) 11:54:30
 阿弥陀を架空と理解するにはジネンの道理をわきまえるということが必要ですか?馬鹿なことですよ。

>渡海難さんの「ジネンの理」って何ですか?
  因果の道理でしょう。
  いいことはできるだけ早く始めた方がいい。しかし、どんな場合でも遅すぎるということはない。なぜ
ならいいことは、必ず成就する。
 必ず成就するから、どんな場合でも遅すぎるということはない。いつ始めてもいい。いつ始めてもいいん
だからと言って、いつまでもいつまでも先延ばしすることはよくない。思い立ったら吉日、できるだけ早く
始めよう。しかし、あーぁもう遅すぎるということはない。なぜなら、いいことは必ず成就するから。さあ
始めよう。

 称名念仏はできるだけ早く始めた方がいい。しかし、どんな場合でも遅すぎるということはない。なぜな
ら称名念仏は、必ず成就する。
 必ず成就する。成就しないということは絶対にない、その因果の理を知らせるために、道具として、浄土
真宗は架空の存在の阿弥陀という道具を使うということでしょう。

 「目標は何か。目標はかの土に生じ已りて、奢摩他・毘婆舎那・方便力成就することだぞ。さあ、奢摩他
・毘婆舎那ができるようになろう」
 「わしゃもう年寄りだ。もうじき死ぬ身だ。もう遅い。今から始めても意味ないよ」。
 「そんなことはない。生きている内に必ず達成する。生きている内に仮に達成ができなくても、そのよう
な人の場合は、死んだら直ちに達成したことになる」
 「死ねば達成するというなら、今から急いで苦労していまからすることもないだろう」
 「馬鹿いえ。生きているときに念仏を称えなかった人が死んで達成すると言うことはありえない。念仏者
を往生させるというのが本願だ。明日はどうなっているか分からん。思い立ったら吉日。今からでも称名念
仏を始めよう」 

 善因は必ず成就する。さあ念仏を始めよう。これが自然の理だ。

>親鸞の主張ですよね。
  親鸞の話以外はしていません。



883 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/12(土) 11:57:17
>親鸞聖人、一般大衆と真宗僧侶と聴衆によって話を使い分けているんでしょうか。
  阿弥陀という概念で話をするのは、「自然の様を知らせん料なり」というイロハのイが分かった人に親
鸞は話をしているのでしょう。
 イロハのイも分かってない人にどのような話をしていたか?
 「阿弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり」という話をするんでしょう。

>アリストテレスの形而上学を勉強した上で念仏を唱えようという意味ですか?

 親鸞が無上仏に形というキーワードを出したから、形というキーワードが重なる形而上学という言葉を出
しました。「哲学」という意味です。哲学とは、抽象的概念という意味を込めているつもりです。無上仏(阿
弥陀仏)は抽象的な存在である。説明的概念である。諸仏は具象的、具体的存在である。釈迦も具象的存在
である。浄土真宗はそのようにイロハのイを理解しましょう。

884 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/12(土) 12:42:32
幼稚園児に勧善懲悪を教えるのに、昔は桃太郎で、今はアンパンマン。

自然の道理をわきまえるのに、たとえ昔は阿弥陀仏の話だったとしても、
今はべつにそうでなくてかまわないんだよな・・・。

というか今も昔も、
阿弥陀仏じゃなくても、釈迦でも大日でも、イエスでもアッラーでも、
何かの手段でわきまえればいいわけで、要は手段よりも中身内容。
それを阿弥陀仏という手段じゃなくちゃダメだーっと考えていたとしたら
それはその人の偏狭にすぎないわけで。

885 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/12(土) 13:21:16
アンパンマンの在り方(≒生き方)は菩薩道そのものだよ。
劇場版を見るとよくわかる。(特に「勇気の花」「ドーリィ」「ハピー」)

886 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/12(土) 20:08:14
>>882
自然(ジネン)というは、自はおのずからという。行者のはからいにあらず、しからしむということばなり。
然というはしからしむということば、行者のはからいにあらず、如来のちかいにてあるがゆえに
「末灯鈔」
解釈としては自力ではなく、阿弥陀の本願力によってそうなる、という意味かと思っていました。

通常の「因果の理」、良いことをすれば良い結果に、悪いことをすれば悪い結果に
親鸞聖人は、これを知らせたかったのですか?そうなら悪人にとってかなり残酷。
さらに現実には良いことであっても時と場所を間違えれば悪い結果になることもあります。
渡海難さんの「因果の理」って何ですか?
因果律って信仰の対象なんでしょうか?

人は明日にでも死んでしまうかもしれないので、後でと思わず、今すぐ称名念仏をしなさい、という教えかと思っていました。
自分の解釈は、理屈抜きで阿弥陀の本願力を信じ、今すぐ(称名)念仏を称えなさい
が親鸞聖人の本意ではないかと。

なぜ阿弥陀様である必要があるのか?
阿弥陀の第18願の念仏往生を信じることが基本なんで、釈迦やイエスの救済は否定はしないけど、念仏の代替はできないと。
と考えていました。
第18願も、「ジネンの様を知らせん料」ですか?

渡海難の親鸞の解釈、浄土真宗の意義は
哲学しよう
ですか?
渡海難さんにとって信仰とはなんですか?
ノータリンのすることですか?

887 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/12(土) 20:19:17
uuuuu


888 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/12(土) 21:58:29
無上仏は抽象概念と言い切れるのかなあ

889 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/12(土) 23:59:02
因果って
六因・四縁・五果、のことですか?

890 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 00:13:03
手を叩けば音が鳴る

水を飲めば喉潤う

891 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/13(日) 11:36:03
>>884
>阿弥陀の本願力によってそうなる、という意味かと思っていました。

 眼鏡は、眼鏡屋さんのお陰で見えるようになるのかと思っていました。
 近眼の人全てが、きちんと物が見えるようなるように、そういう願いを込め、眼鏡屋さんは一生懸命に眼
鏡を作ってくれている。近眼の人が何も考えないでも、自然に見えるようになってほしい。眼鏡にはそんな
願いが込めてある。眼鏡には、ものが見えないままでおくものかという、眼鏡を作ってくれた方の信念・決
意が込められている。それで見えるようになる。そう思っていましたよ。
 ところが、なんですか?。眼鏡は、使う人がわざわざ眼にかけないと見えるようにならない?。近眼の人
が眼にかけたりするなどという、そんなどうしようこうしようというそんなことではなく、眼鏡を作った方
のお陰、信念、願い、決意、それだけで近眼の人が何も考えないでも、自然に見えるようになると、そうい
う意味かと思っていましたよ。違うんですね(w

>渡海難さんの「因果の理」って何ですか?因果律って信仰の対象なんでしょうか?
 親鸞聖人からの提案だと思っています。

>悪いことをすれば悪い結果に親鸞聖人は、これを知らせたかったのですか?
 本願を信じ念仏すれば仏になる。これを知らせたかったのでしょう。

>時と場所を間違えれば悪い結果になることもあります。

 念仏以外のことは、時と場所を間違えれば悪い結果になることもある。それは、縁による。しかし、念仏
だけは、縁が絡むことはない。念仏だけは間違いがない。だから、いい結果を生む念仏をやろうじゃないか。
実践しようじゃないか。そういうことでしょう。

 念仏だけは間違いがないという自然の理を教えるために阿弥陀という創作物を活用する。仮に、生きてい
る内には奢摩他・毘婆舎那が実践できるように至らなくても、そこに向かって努力したと言うことに意義が
ある。そういう自然の理を教えてくれている。
 親鸞は、あれもしろ、これもしろとは言わない。阿弥陀という創作物を活用して、「念仏に限っては間違
いないから、これだけやってみよう」そういう提案をしてきている。

892 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/13(日) 11:38:23
 念仏以外をしてはいけないということではない。眼鏡屋さんに行けば眼鏡しか売ってない
「なんだ?お前は眼鏡以外使っていけないというのか。ニンジンを食べてはいけないというのか?大根を食
べてはいかんと禁止するのか。なぜニンジンを出さない?。なぜ大根を出さないんだ?」。こんな風に眼鏡
屋さんにねじ込むのは本願寺の坊さんだけだ。
 眼鏡屋さんは百貨店ではない。大根・ニンジンを売ってないということは、大根ニンジンを食べてはいか
んと言っているのではない。眼鏡屋さんが勧めるのは眼鏡だけということだ。
 眼鏡屋さんは眼鏡だけを、必死に売ろうとする。親鸞さんは念仏だけを必死に提案している。

>人は明日にでも死んでしまうかもしれないので、後でと思わず、今すぐ称名念仏をしなさい、という教え
かと思っていました。

 「先延ばしすることはよくない。思い立ったら吉日、できるだけ早く始めよう。>>882
 大きな違いはないと思います。

>理屈抜きで阿弥陀の本願力を信じ、今すぐ(称名)念仏を称えなさいが親鸞聖人の本意ではないかと。

 理屈抜きで「はい。はい」と、二つ返事でできるようになる人に僕は会ったことがない。そんな人がいる
とは、親鸞さんも思ってないだろう。二つ返事で実行させようなど言うことが親鸞の本意だとは思わない。
 心からよく聞いて、よく考え、理解し、納得した上で、自由選択に基づいて一人でも二人でも称えて貰お
う。それが本意だろうと思います。

>なぜ阿弥陀様である必要があるのか?
 説明する上で、便利だったからでしょう。
 不便な道具を敢えて使う必要は無い。手頃で使いやすかったから拾ったんだろうと思います。

893 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 11:40:46
ずっと見てましたが、どうして桃太郎が出てくるのかちょっと解せないですね。
お経と桃太郎を同じようなものだと捉えているのですか?

894 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/13(日) 11:41:42
>第18願も、「ジネンの様を知らせん料」ですか?

 桃太郎さんは、鬼退治しようと決意して鬼ヶ島に向かいました。
 「鬼退治しようという決意」は桃太郎さんの中でとても大事な決意でした。しかし桃太郎さん≠決意です。
 決意は、桃太郎さんの決意であっても、決意が桃太郎さんではありません。
 桃太郎さんは勧善懲悪を勧めるための道具ですが、道具は桃太郎さんであり、「鬼退治しようという決意」
が道具であるということではありません。
 決意は桃太郎さんにまつわるストーリーの一部です。

 「弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり。」18願は阿弥陀仏の誓願であっても、誓願が阿弥陀仏である
ということではありません。18願は阿弥陀ストーリーの一部です。

 「眼鏡を使えば、必ず見えるようになるぞ」というのが眼鏡屋さんがお知らせくださる自然の道理です。
「念仏だけは必ず素晴らしい結果が得られるぞ」というのが、親鸞さんのお知らせくださる自然の道理です。
 「眼鏡を使っても時と場所を間違えれば悪い結果になることもあるだろう」と言い返してくるへそ曲がり
には、眼鏡屋さんは反論できません。反論用の道具がありません。そりゃまぁ、眼鏡を使っても時と場所を
間違えれば悪い結果になることもあるだろうと返事するのが関の山でしょう。

 「念仏を使っても時と場所を間違えれば悪い結果になることもあるだろう」と言い返してくるへそ曲がり
に、親鸞さんは一歩も引きません。阿弥陀仏という道具があるからです。阿弥陀仏の本願で、大丈夫なんだ
と言います。それでも聞かない人には、「念仏を捨てんとも面々の御はからいなり」というだけです。

>渡海難の親鸞の解釈、浄土真宗の意義は哲学しようですか?
 念仏しようという提案です。
 近眼だったら、眼鏡を求め、それを自分で目にかけて使おうという提案です。


>渡海難さんにとって信仰とはなんですか?
  本願を信じ念仏することです。
  眼鏡屋さんのお陰を信じ、ありがたいと思いながら、眼鏡を眼に使わせて貰って暮らすということです。

895 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/13(日) 11:45:51
>>893
 象徴的手法を使っている。
 非常に高い思想を伝えようとしてくれている。
 人類にとって非常に大事な古典である。

 その意味で、高い共通性があると思っています。

 イソップなども同じような系統でしょう。 

896 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 11:47:08
>>892
>説明する上で、便利だったからでしょう。
>不便な道具を敢えて使う必要は無い。手頃で使いやすかったから拾ったんだろうと思います。
親鸞聖人の生涯をみてみれば「説明のために阿弥陀を拾った」という言い方は出来ないと思いますが。
自然の料はあくまで最晩年の境地でしょう。

897 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 11:53:33
お経はイソップとも桃太郎とも決定的に違います。

898 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/13(日) 12:36:51
>>896
>親鸞聖人の生涯をみてみれば「説明のために阿弥陀を拾った」という言い方は出来ないと思いますが。

 善知識の実語を領解せずんば、往生不可なり。
 あんたらに往生は永久に不可能でしょう。

>自然の料はあくまで最晩年の境地でしょう。

形もましまさぬ様を知らせんとて、初めて弥陀仏とぞ聞き習いて候う。

はじめ‐て【初めて/始めて】 [副]
1 今までに経験していない事が起こるさま。最初に。「―人間が月に着陸した」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/176051/m0u/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6/

「弥陀仏という言葉を聞き習った最初は最晩年である」
 ノータリンのあんたらの発想にはついていけません。勝手にしなさいな。

>>897
>お経はイソップとも桃太郎とも決定的に違います。

 お好きにどうぞ。
 あんたらの発想にはついていけません。勝手にしなさいな。

899 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 18:04:07
ノータリンとは脳が足りない、愚かという意味でしょうか。
お疲れ様でした。

900 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 18:05:47
蛇足:少なくとも、お経をイソップや桃太郎と同列に論じる仏教徒はいないかな、とは思いました。

901 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 18:34:56
生きとし生けるものに悟りの光が現れますように 。。

902 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 20:51:14
>>900

そんなことはないぞ。

「十二部経」の一つ、「本生(ジャータカ)」は「イソップ物語」「今昔物語」に影響を与えた、ブッダの前世の物語集だ。

意味が分からなかったら単語ぜんぶググること。

903 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 21:14:13
釈尊の前世譚は分かりますが、イソップ物語のなかに釈尊の話があるのですか?
それは知りませんでした。

少なくとも最初に持ち出された桃太郎は論外ですよね
イソップは後出しだし。

904 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/13(日) 21:27:01
>>894
>渡海難さんにとって信仰とはなんですか?
>  本願を信じ念仏することです。
>  眼鏡屋さんのお陰を信じ、ありがたいと思いながら、眼鏡を眼に使わせて貰って暮らすということです。
親鸞聖人の教えを、心からよく聞いて、よく考え、理解し、納得した上での自由選択に基づきたいのですが、
本願が正しいことを合理的もしくは哲学的に証明する方法はありますか?「物語」であるお経にあるから、というのはダメです。
もし理屈抜きでお経に書いてあるから信じるというのなら、
「ノータリン」の自分と渡海難さんは単に用語の違いで話しがかみ合わないだけ。

多くの小さい子供はサンタさんを信じています。
サンタさんからクリスマスにプレゼントをもらえることを楽しみにしています。
うちの子、プレゼントが枕元にあると、ベランダに出て、「サンタさん、ありがたや〜」とやっていました。
そんなフィクションを信じるなんて、アホ・ノータリンだとは思いませんでした。
ほほえましく思っていました。わざわざフィクションだと教え、夢をぶち壊す必要なんかないかなと思います。
「阿弥陀話」を素直に信じているのもナイーブかもしれませんが問題ないのでは?
心優しい親鸞聖人は少なくとも否定されないと思います。
もし否定するなら、宗教家・思想家である前に、人間としてどうかと思います。

>不便な道具を敢えて使う必要は無い。手頃で使いやすかったから拾ったんだろうと思います。
親鸞聖人が天台宗・真言宗が根を張っていた関東へ向かわれたとき、
どうして南無釈迦如来や帰命毘慮遮那仏と受け入れられやすい方法を使わず、
敢えて摩擦を生じるような南無阿弥陀仏を選ばれたのですか?

>>882
> 「目標は何か。目標はかの土に生じ已りて、奢摩他・毘婆舎那・方便力成就することだぞ。さあ、奢摩他
>・毘婆舎那ができるようになろう」
この文章は、如来の還相の説明で、我々凡夫の目標とは異なるのでは?
http://www.eonet.ne.jp/~nengan/monsi33.html

905 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/14(月) 08:14:06
渡海難さん、質問攻めみたいになってしまうんですが許してくださいね。
職場や飲み会で宗教の話なぞNGで、長文で話せる相手がなかなかいないんですよね。
お寺行ったら行ったらで、行事のかりだしやら・寄付とかありそうで面倒。
2chが手軽なんですよね。
渡海難さんの書き込み楽しみにしています。
まだまだ親鸞の基本的な知識が不足しているのではないかと考え
「知識ゼロからの親鸞入門」幻冬舎を購入しました。
よろしくお願いします。
何か、お勧めの親鸞の本、ございますか?

抽象化についての質問です。
2○3=3○2、4○5=5○4
○記号はある特定の計算とし、上記が成り立っているとします。
ここで任意の数、aとbについて
a○b=b○a
とするのが抽象化です。例外があるときは、例えば0でない任意の数aとbについて、となります。
>>883に書かれた
>無上仏(阿弥陀仏)は抽象的な存在である。説明的概念である。諸仏は具象的、具体的存在である。釈迦も具象的存在
>である。浄土真宗はそのようにイロハのイを理解しましょう。
の具象的な存在である諸仏から阿弥陀仏を抽象化する方法が思い浮かびません。
阿弥陀の第18願が強烈で、他の諸仏にはあてはまらず、例外だらけになってしまうからです。
浄土真宗のイロハのイのところでとまってしまいます。
解決方法をご教示ください。

>>894
>渡海難の親鸞の解釈、浄土真宗の意義は哲学しようですか?
> 念仏しようという提案です。
> 近眼だったら、眼鏡を求め、それを自分で目にかけて使おうという提案です。
渡海難さんの親鸞の解釈、浄土真宗の意義は
普段、いつもお世話になります。おかげ様で元気にやっています。いつもありがとうございます。
といった日頃の感謝の言葉の最後に「南無阿弥陀仏」という念仏を付け加えることですか?


906 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/15(火) 10:35:03
>>904
>本願が正しいことを合理的もしくは哲学的に証明する方法はありますか?

 近眼の人が何も考えないでも、自然に見えるようにしようという願いが正しいということを合理的もしく
は哲学的に証明する方法、これはありませんよね。それでも、眼鏡屋さんのお陰を信じ、ありがたい、あり
がたいと勝手に思いながら、わざわざ自分の力と意思を使って眼鏡を自分の目に当て、大事に大事に使わせ
て貰えれば、石に躓かないで歩けますよね。
 「無明長夜の燈炬なり」念仏は夜道を歩く懐中電灯
 「生死大海の船筏」困難な海を渡るフェリーボートだ。
 念仏は所詮道具です。道具は使いやすいこと。手頃なことが一番です。ま、これが合理的もしくは哲学的
証明する方法でしょう。
 浄土真宗のお坊さんなどに理解できる話の用意はありません。

>「阿弥陀話」を素直に信じているのもナイーブかもしれませんが問題ないのでは?
心優しい親鸞聖人は少なくとも否定されないと思います。

 やれやれ、貴方も例によってピーターパン症候群の方のようですね。浄土真宗の方には、ピーターパン症
候群の方がたくさんいますからね。否定しても切りはないでしょう。
 ひげを生やし、陰毛の生えたピーターパンなど、ちっとも可愛くない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
 貴方もここの参加者ですか? http://otd13.jbbs.livedoor.jp/341970/bbs_tree


>宗教家・思想家である前に、人間としてどうかと思います。
 ピーターパン症候群は心の病(やまい)。死につながる病気ではないと思いますが、社会的不適応性が生
じたときに治療なさるといいでしょう。

907 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/15(火) 10:37:51
>敢えて摩擦を生じるような南無阿弥陀仏を選ばれたのですか?

 何がゆえぞ、ひとえに西方を嘆じて専ら礼念等を勧むる、何の義があるや。(行の巻)
 どういう理由で、敢えて摩擦を生じるような西方の南無阿弥陀仏を選ばれ、嘆じて専ら礼念等を勧めるの
ですか。
 すばらしいお話はたくさんあるのに、どうして敢えて摩擦を生じるような桃太郎さんを選んだのですか。

 答えて曰わく、諸仏の所証は平等にしてこれ一なれども、
 お答えしましょう。諸仏の悟りはすべて平等です。大日如来も、薬師如来も、阿弥陀如来も、全て一つで
す。
 瓜子姫も、かぐや姫も、分福茶釜もみな同じです。ですから、ある人は瓜子姫がいいという。別の人はか
ぐや姫がいいという。分福茶釜を推奨する人もいるでしょう。

 もし願行をもって来し取るに、因縁なきにあらず。
 しかし、実現しようという意思と、そのための実効力という面を考えると、阿弥陀仏を選ぶと言うことに
理由がないわけではありません。
 しかし、その実現しようという意思をそのための実行力という面を考えると、桃太郎を選ぶと言うことに
理由がないわけではありません。

 しかるに弥陀世尊、もと深重の誓願を発して、光明名号をもって十方を摂化したまう。
 阿弥陀仏には、もともと深い誓願を起こし、光明名号をもって十方の人々を救おうとしているというスト
ーリーが付与してあります。
 桃太郎さんは、並ぶ者がない日本一という勇ましい旗を掲げて鬼退治に行ったというストーリーが付与し
てあります。

 ですから、私たちはその深重の誓願に共鳴して阿弥陀仏を選ぶのです。
 ですから、私たちは日本一というその勇ましさに共鳴して桃太郎を選ぶのです。
 大日如来でも、薬師如来でも、イエスキリストでも、お好きなものをどうぞ。
 かぐや姫でも、花咲かじいさんでも、分福茶釜でもどうぞ。

908 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/15(火) 10:40:15
>如来の還相の説明で、我々凡夫の目標とは異なるのでは?
 のちほど。

>>905
 のちほど。


909 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/15(火) 19:30:17
渡海難さんって作家先生だったりして・・・

910 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/15(火) 20:24:00
>>906
> 近眼の人が何も考えないでも、自然に見えるようにしようという願いが正しいということを合理的もしく
>は哲学的に証明する方法、これはありませんよね。
浄土真宗に限らず、仏教・キリスト教でも教義の正当性を合理的に説明する方法はありません。
通常は、半信半疑で皆がそうしているから、または生まれたときからそういう環境だったから、
教義を説く人が、人格的に優れているから、などの理由でなんとなく信じているのがほとんどです。
ただ、本人の力でなく、その人が確認できない何者かによって、生かされている、というのを実感することがあります。
虫の知らせとか、思いがけず仕事かはかどるとか、婚約者が現れるとか。
そういうのを経験することで教義が正しいのだと再確認し、信仰を深めるんだと思います。
宗教家になる人は、強烈な神秘体験というのを経験するので、より確実な信仰になるんだろうと思います。
但し、これらは再現性がなく、追体験することが困難です。また間違っている可能性もあります。

> 念仏は所詮道具です。道具は使いやすいこと。手頃なことが一番です。ま、これが合理的もしくは哲学的
>証明する方法でしょう。
今だったら幼児・低学年向けに子供にとって意味不明の念仏より
楽しんごの「ドドスコスコスコ×3 ラブ注入」(なんかはやってるみたいです。)
これを10回やると阿弥陀様が皆をハッピーで楽しくしてくれます。
という教えにした方が、親鸞聖人の本意にかなっていますか?

> やれやれ、貴方も例によってピーターパン症候群の方のようですね。
というか子離れができていません。
子供ってアホなこといっぱいし、手間かかるんですけど、それが
かわいいんです。「サンタさんありがたや〜」とやってたのが
大きくなって、自分のことは自分でするようになり、親のとこにくるのは
「お金頂戴」だけになると、なんか寂しいです。
親鸞さんも素直に南無阿弥陀仏ってやって、よしよしと思っていたのが、
諸仏を抽象した云々で、念仏とはそもそも云々でと難しいことをいうようになると
なんか難しいことをいうようになったな。
昔の方が無邪気でかわいかったのにって思ってるかも。


911 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/15(火) 21:14:49
>>907
>>>敢えて摩擦を生じるような南無阿弥陀仏を選ばれたのですか?
阿弥陀の第18願いがあるから、諸仏を使わなかったのほうが単純明快なんですけどね。
「極楽往生」なしで説明するのはちょっと説得力に欠けるというか
浄土真宗じゃなくなる気がします。
>しかるに弥陀世尊、もと深重の誓願を発して、光明名号をもって十方を摂化したまう。
摂化パワー 阿弥陀>>諸仏
という意味ですか? 
道具として考えるなら現世利益も明確に説かれている観音様の方が庶民に受けはいいのでは?

親鸞本の解説、真宗の派閥によって微妙に異なるんですね。
手ごろな親鸞本で渡海難さんの感覚に一番近いのがあれば教えていただけませんか?

渡海難さんインターネット一切経
http://www.propatent.jp/WEBLOG-NAME/sakuin2.htm
をまとめられているんですね。
ありがとうございます。
これ全部読まれたんですか?

912 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/16(水) 20:14:37
 家族が病気になり、迅速な書き込みができません。
 質問のそれぞれは、決して難しくありませんが、ヒマがありません。
 ほとんどかならず回答できると思っていますが、時期は遅くなります。

913 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/16(水) 21:03:03
埋まるのを待つの?

914 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/17(木) 06:53:47
>>912
気にかけてくださってありがとうございます。
ご家族の一日も早い回復をお祈りします。
多数の文献に当たって回答を書かれるので時間がないんでしょうね。
質問のことは無視してくださって結構です。
ご家族の療養・介護に専念してください。
わたしもROMに戻ります。

915 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/17(木) 13:23:53
渡海 難の自演スレになってうっとおしいが、みなさんがいちいちレスする
から仕方がない

916 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/18(金) 11:36:40
>>882
>この文章は、如来の還相の説明で、我々凡夫の目標とは異なるのでは?
 ww.eonet.ne.jp/~nengan/monsi33.html

>>904
>如来の還相の説明で、我々凡夫の目標とは異なるのでは?

 師子吼言ふさく。世尊よ、經の中に説くがごとし。若し毘婆舎那がよく煩悩を破すなら、なにがゆえぞま
た奢摩他を修するや。(大般涅槃經要文 伊勢専修寺蔵宗祖真蹟本 高田学報所載)
 獅子吼菩薩が釈尊に申し上げた。先生、経典の中でも仰っていますが、もし毘婆舎那が煩悩を破する原因
になるなら、毘婆舎那だけを行じればいいわけで、どうして毘婆舎那に加えて奢摩他まで行じなさいという
のでしょうか。

 佛言はく。善男子よ、毘婆舎那は煩悩を破すと汝が言はば、この義は然からず。なにをもってのゆえに。
智慧ある時は則ち煩悩なし。
 釈尊は仰った。素晴らしい人よ。毘婆舎那は煩悩を破すが、貴方がそのように言っている場合、その意味
は間違いである。なぜなら、智慧があるときには煩悩などはないからである。貴方はいま、その煩悩のない
智慧の場で、「毘婆舎那は煩悩を破すと」言っている。だから間違いである。
 「毘婆舎那は煩悩を破すと」いいながら奢摩他も必要であると勧めるのは、煩悩の場つまり現実の実践の
場に立って言っているのである。

 煩悩ある時はすなわち智慧なし。いかにして毘婆舎那はよく煩悩を破すと言う。
 煩悩がある時というのは智慧がない時である。現実にどうしたらいいか分からないときであり、そのとき
どうしたら毘婆舎那で煩悩を破することができるだろうかという問題である。

 善男子よ、たとえば明あるときは闇なく、闇あるときは明無きがごとし。
 善男子よ。例えば光があれば、そこには闇がない。闇があるときには光はない。

 もし、説きて言うことあらば、明はよく闇を破す。この所にあること無し。
 もし、説明的に言うならば、光は必ず闇をなくす。闇の中には光はない。

 善男子よ、誰か智慧あり。誰か煩悩ありてしかも智慧はよく煩悩を破すと言う。

917 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/18(金) 11:39:04
 素晴らしい人よ。智慧のある人が、「毘婆舎那は煩悩を破すと」言えば、それは煩悩があってそれを言っ
ているのではない。なぜなら、智慧のある光の人には、煩悩という闇はないからである。

 もし、それなくばすなわち破するところなけん。
 闇がないなら破することがない。智慧の人つまり光の人には破るべき煩悩はもともと存在しない。

 善男子よ。もし智慧よく煩悩を破すと言うは、到るためのゆえなり。破は、到らざるがゆえに破す。
 もし、智慧は煩悩を破すと言う。これは、智慧が自分に到達したからそういう。智慧があれば煩悩はない。
破するとは、それまでは智慧がなかったから、つまり智慧が到達していなかったことを意味するのだ。

 もし破するに到らざれば凡夫なり。
 普通の人であれば毘婆舎那を修行すれば煩悩が破れる。それができないのは初心者である。

 衆生はすなわちよく破すべし。もし、到るがゆえに破せば初念に破すべし。
 普通の人であれば毘婆舎那で効果的に煩悩を破す。それは智慧が起きるからである。智慧は瞬間的に起き
る。

 もし、初念に破せずば、後にもまた破せず。もし、初にいたらばたちまち破すべし。
 ある瞬間に煩悩を破せば、その後に煩悩を破すということはない。なぜなら煩悩は存在しないからである。
煩悩は瞬間的に破る。

 これすなわち到らざる。智慧はよく破すというはいかん。もし、到るも到らざるもよく破すといわば、こ
の義は然からず。
 ところが、智慧が起きなければ、智慧が煩悩を破すといっていいだろうか。もし智慧が起きても起きなく
ても煩悩を破すと言うなら、これは間違っている。

 またつぎに、毘婆舎那煩悩を破せば、獨りよく破すとやせん。伴にことさらに破すとや。
 大事なことは何か。毘婆舎那は煩悩を破すというが、毘婆舎那がそれ単独で煩悩を破すのだろうか。そう
ではない。奢摩他を伴うのだ。煩悩を破す毘婆舎那ができるようその準備として、奢摩他が必要になるので
ある。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/lst?.dir=/6545&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/vwp%3f.dir=/6545%26.dnm=f68e.jpg%26.src=ph&.view=t

918 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/18(金) 11:52:20
 親鸞は奢摩他・毘婆舎那を実践せよと言っている。煩悩を破れと言っている。
 いつまでもいつまでも凡夫(初心者)でいるな。衆生(普通の人)であれば、凡夫を卒業し、煩悩は破れるよ
うになると言っているのだ。

 還相は、かの土に生じ已りて、奢摩他・毘婆舎那・方便力成就することを得て、生死の稠林に回入して、
一切衆生を教化して、共に仏道に向かえしめたまうなり。(教行信証)
 初心者達よ。一日も早く 奢摩他・毘婆舎那ができるようになり、多くの人々を指導できるようなそういう境地
を開こう。普通の人として奢摩他・毘婆舎那ができるようになり、多くの人々を指導できるようになれば、多くの
人が再起(生)挫折(死)再起(生)挫折(死)の中で苦労しているその世界に立ち、奢摩他・毘婆舎那に誘おう。
今は、念仏道場に行こう。現実の病院は理想の病院と開きがあっても理想に準じた効果がある。念仏道場も
理想とは開きがあるが、準じた効果があるはずだ。さあ念仏道場に行こう。そう誘う。

 http://www.eonet.ne.jp/~nengan/monsi33.html
  ↑
 意味不明。読んで意味の分かる人はいないだろう。
 いつまでもいつまでも凡夫の状態に甘え、ひげと陰毛がふさふさしていても、子供でいようというピータ
ーパン症候群の典型だ。一緒に夢の極楽浄土ネバーランドに行きましょうと言っているようなものだろう。
浄土真宗はピーターパンからいきなり浦島太郎のおじいさんになる。浄土真宗の坊さんのマスコットは寝た
きりのおばあさん。外道の宗教だ。(リンク部の記載は意味不明、読む気もしないから推測)。

 いかんが名づけて「聞不具足」とする。如来の所説は十二部経なり。ただ六部を信じて、未だ六部を信ぜ
ず。このゆえに名づけて「聞不具足」とす。
 何を聞不具足というのか。親鸞の著書には、教行信証・大般涅槃經要文・五会法事讃略抄がある。ただ、
教行信証を信じて大般涅槃經要文・五会法事讃略抄を信じない聞思の会を名付けて聞不具足という。理解不
能のネバーランドの妄想を夢見ているだけでは、教行信証だって理解不能の譫言になる。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/lst?.dir=/ac47&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/tkatasi/vwp%3f.dir=/6545%26.dnm=f68e.jpg%26.src=ph


919 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/18(金) 12:07:40
>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて

一行目 >>882の主張に訂正はない。
二行目 ひげと陰毛をはやしたピーターパン症候群を卒業しなさい。
三行目 大般涅槃經要文・五会法事讃略抄を読みなさい。
            三行にまとめました。


 以後、>>877の続きは必ず書こうと思います。それ以外のコメントは、できなくなるかもしれません。家
庭の事情です。

920 :1:2011/02/18(金) 12:16:35
>>885
アンパンマンの作者はクリスチャン(聖公会)らしいですよ。

921 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/18(金) 19:05:14
アンパンマンのモデルはイエスキリストかもね パン=聖体、キリストのからだ だし

922 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/19(土) 09:34:45

如来=
大日如来←天照大御神の化身ですが
如来は太陽へ帰属する神
人の霊魂も屍は土へ
魂は太陽へ〜の概念。

釈迦如来
大日如来
阿弥陀如来
マリア様もこれに属する

イエスのいう、天の御国もこれに同じく。

923 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/19(土) 10:02:18
>>801
親鸞死後に何百年経って独立果たしたと思ってますか?

時代は、大内氏や官領の細川氏や山内氏や将軍家や〜

そんな時代に、諸家の力を削ぐ事が求められた1400年代に天台宗から独立した筈。

先祖崇拝=家系の強化の要素を教義から取り払う事を条件に布教が許されたの。

アル意味、顛末さえもキリスト教と同じ。
親鸞の意向イエスの意向なんて真相は不明。

924 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/22(火) 01:28:44.77
>>877
 四の良薬ありて能く是病を療す。いはく。糞掃衣は、比丘の衣惡欲をなすを能く治す。乞食は、食惡欲を
なすをよく破す。樹下は、臥具惡欲をなすをよく破す。身心寂静なるは有惡欲をなすをよく破す。この四薬
をもって四病を除く。これを聖の行と名づく。かくのごときの聖の行は、則ち少欲知足と名づくことを得る
なり。乃至

 坊さんのための四つの特効薬がある。糞掃衣つまりぼろ着と乞食と樹下と身心寂静である。いい服を着た
いという欲が出ればぼろを着るといい。うまい物を食いたいと思ったら乞食をするといい。いいところで寝
たいと思ったらホームレスになって樹下で寝るといい。いいものが欲しいと思ったら、身心寂静になるとい
い。坊さんの病気を治すこれが特効薬である。

 「護持養育してもろもろの所須を与えて乏少なからしめん」。親鸞は化身土巻で、天・龍・富単那等の誓
いを引用する。天・龍・富単那等とは、仏教内外の様々な人々の代表と考える。「坊さんが困っていればど
うか助けてあげて欲しい」。仏教内外の多くの人々に、親鸞は一方で教行信証を通じ、そのようにお願いを
している。これは僧に対する紐付きでない布施のお願いである。他方、坊さんになろうとしている人々には、
「決して恐れることはない。必ず多くの人々が守ってくれるから、勇気をもって坊さんになれ」と勧める。
富単那等の誓いには、このような二つの意味が込められている。
 親鸞は、大般涅槃經要文で坊さんに言う。ぼろを着なさい。乞食をしなさい。樹下に寝なさい。身心寂静
に徹しなさいと。布施は僧のライフラインである。また、糞掃衣・乞食・樹下・身心寂静もライフラインで
ある。布施は、糞掃衣・乞食・樹下・身心寂静と一体のライフラインという次元で重要な意味がある。

 応化身を示して、神通に遊戯し、教化地に至る。〜示応化身とは、法華経の普門示現の類のごときなり(証
の巻)。


925 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/22(火) 01:31:14.95
 浄土真宗では、奢摩他・毘婆舎那が実践できるようになった時点で僧になることが許される。奢摩他・毘
婆舎那が実践できない内は浄土真宗では僧になる資格がない。なぜなら、まだ凡夫(初心者)だからだ。凡
夫は僧になる資格がない。当たり前の話だ。奢摩他・毘婆舎那が実践できるようになると浄土門を卒業する。
希望者はそこから僧になり、聖道門を歩む。極楽浄土の第五門を出、法華経の普門示現の類つまり観音菩薩
の行を実践する。僧のスタイルは、糞掃衣・乞食・樹下・身心寂静である。僧は、観音菩薩の行を実践して
いることが評価されるのではなく、単に鬚髪を剃除し、糞掃衣の袈裟を着ているということ、その点でライ
フラインとして、紐のつかない布施を受ける資格がある。親鸞はそう考えているんだろう。

 「護持養育してもろもろの所須を与えて乏少なからしめん」。布施にはそういう意味がある。奢摩他・毘
婆舎那が実践できるようになっても実際には何もできない坊さんもいるだろう。そうした坊さんにもライフ
ラインがある。ただしその最低線は、「糞掃衣・乞食・樹下・身心寂静」を越えることはない。

 以上をもって、供養と布施についての議論を終わります。

 なお、親鸞の主張はある意味で理想論に近く、現代の現実とは乖離するかも知れません。浄土真宗原理主
義だけで供養と布施を割り切ることは現実的ではないと思います。
 葬儀の主催を主軸とする教団宗教とは何か。これは、親鸞だけではなく、空也上人をキーにしてバイアス
を加え、大乗仏教の原理から考えることが必要でしょう。いずれ可能であれば議論してみたいと思います。


>>782
> 長文は読む気がしないから三行でまとめて
二行目 僧は、観音菩薩行を実践するライフラインとして布施を受ける資格がある。
一行目 ライフラインの最低線は、「糞掃衣・乞食・樹下・身心寂静」を越えない。
三行目 教団宗教の布施論は、親鸞でなく空也上人を加えて考えるのが現実的である。

926 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/23(水) 14:59:36.40
渡海難さんの書き込みがあったのでカキコ

渡海難さんの考えは以下のとおり。
>>816 >>838 >>840 >>925より
◎念仏は聖道門への方便というのが親鸞の思想。

通常の浄土真宗の教義とはかけ離れている。曰く
>>879 阿弥陀仏を信じて念仏を信じようというのは、ノータリンです。
>>879(阿弥陀仏は)「自然の様を知らせん料なり」ということは、浄土教仏教を学ぶときに、いの一番に教わることです。
>>892 念仏以外をしてはいけないということではない。
>>918 (念仏で十分とするのは)いつまでもいつまでも凡夫の状態に甘え、(略)ピーターパン症候群の典型だ。

◎の理由から帰結された結論と考えれば理解しやすい。
但し、この考えだと、親鸞さんも死の直前まで念仏称えていたんで、ピーターパン症候群になるらしい。

おまけ
>>611 (今の本願寺には)親鸞の浄土真宗の教えではもうだめだから、日本を共産化しようという邪悪な根性に染まっている連中がたくさんいるだろう。

>>836 親鸞の下からは、大般涅槃経要門を著した親鸞の提案に賛成し、多くの人が聖道門を学んでいったようだ。
「大般涅槃経要文」は真宗聖典不掲載。浄土真宗の教義における位置づけ不明。
ググっても引用ほとんどなし。親筆だけど親鸞の単なる学習ノートでは?

>>725 僕は合理主義だろうと思っている
文献を自説に合うように引っ張ってきて独自の解釈をしているだけで、
合理的な説明が書き込まれた記憶がない。
文献に○○と書いてあり、実際親鸞聖人も○○の生涯を遂げたというふうな説明にしてくださいね。

御家族が回復されたら空也上人の話、書き込みしてくださいね。
楽しみにしてます。

927 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/25(金) 13:17:53.98
>>926
926さんの書き込みがあったのでカキコ

926さんの考えは以下のとおり。
>>926より
◎「『念仏は聖道門への方便というのが親鸞の思想』と思うのが渡海難の思想である」と926は考えている。
   そんなことは渡海難の知ったこっちゃない。

926さんの理解は、渡海難の主張とはかけ離れている。曰く

> 阿弥陀仏を信じて念仏を信じようというのは、ノータリンです。

「阿弥陀仏を信じ」るということ、「念仏を信じ」るということ、両者は因果関係なのか、並立関係なのか。 因果関係ならどちらが因でどちらが果であるか。
 勧善懲悪は正しいことだと信じるから(原因)、桃太郎も正しいと信じる(結果)。
 桃太郎は正しい人であると信じるから(原因)、その教えの勧善懲悪も正しいと信じる(結果)。
 勧善懲悪は正しいと信じる。桃太郎も正しいと信じる。(偶然的並立関係)
 きちんと区分けしなければ、分かったことにならん。


>(阿弥陀仏は)「自然の様を知らせん料なり」ということは、浄土教仏教を学ぶときに、いの一番に教わ
ることです。

 「料」という言葉の意味を正確に受け入れることは、926にとって、煮え湯を飲むような怖いことのよう
だ。親鸞の言葉を現代の言葉で受け入れることができないんだろう。

>念仏以外をしてはいけないということではない。
 パンを食べてもいいですよ。お腹が減れば必要でしょう。
 走りっこをしてもいいですよ。足は健康のもとですからね。
 たまには映画を見るといいでしょう。楽しい映画はたくさんありますからね。
 こういうことが「通常の浄土真宗の教義とはかけ離れている」というのか。
 渡海難の話など、「通常の浄土真宗の教義」というもので926は耳に栓をしているんだろう。
 「料」という言葉の意味の理解を拒否する926は、渡海難の話など聞く耳がない。

928 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/25(金) 13:20:36.94
>(念仏で十分とするのは)いつまでもいつまでも凡夫の状態に甘え、(略)ピーターパン症候群の典型だ。

 「 ( 」で始まり、「 ) 」で終わる言葉、「(念仏で十分とするのは)」という部分は抹消してほしい。そんなこと
を考えたことはない。間違った形容詞である。

◎の理由から、>>926は自分の殻に閉じこもっていると考えれば理解しやすい。
 死の直前まで念仏称えていた親鸞聖人は、亡くなるまで、心は天台僧に徹しておられたことがよくわかる。

>「大般涅槃経要文」は真宗聖典不掲載。浄土真宗の教義における位置づけ不明。
 「料」という言葉の意味を受け入れない人に明瞭になる正しい浄土真宗の教義など存在するわけがない。

>ググっても引用ほとんどなし。
 大乗仏教(羊頭)を看板にして、声聞道場(狗肉)に徹する羊頭狗肉の浄土真宗の中でググっても、引用などあるわけがな
い。本物の浄土真宗は、徳川幕府によって地上では息の根を止められている。

>親筆だけど親鸞の単なる学習ノートでは?

 坂東本の教行信証は草稿本だろうと言われている。大般涅槃経要文が本当に草稿本であるかどうかはしら
ない。しかし、坂東本の教行信証は親鸞から明性へ、明性から性信へ移転し、報恩寺に伝わってきた大切な
文書だ。
 大般涅槃経要文も弟子の中で伝えられてきた大切な証文だ。

>合理的な説明が書き込まれた記憶がない。
 料の意味も理解できないで、合理的な説明など分かるはずがない。

>文献に○○と書いてあり、実際親鸞聖人も○○の生涯を遂げたというふうな説明にしてくださいね。
 ネバーランドを夢見るピーターパンを納得させる言葉は、僕には持ち合わせがない。

>御家族が回復されたら空也上人の話、書き込みしてくださいね。楽しみにしてます。
   926を喜ばせる言葉は、あいにく持ち合わせがない

929 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/25(金) 13:56:02.49
創価はヤクザ後藤組を行使した。しかも本山を攻撃するのに右翼まで使った
これのどこが平和的かつ正義なのでしょうか。最近では創価公明のポスターに
「人にやさしく環境に優しく」などという標語を使っていたが、こういうのを偽善という
のです。
決してやってはならない宗教は
@ 創価学会
A エホバ
B 日本キリスト教団 です。これはしかるべき伝統スジから手に入れた
貴重な情報です
これらの宗教をやると人生のどこかがオカシクなり始めます。なんなら
みなさんも見学しにゆきますか?面白い光景をお目にかけます
創価との関係を元後藤組組長が暴路、後藤忠政「憚りながら」

創価学会に雇われ、殺人事件も起こしている。
墓苑事業では、反対住民の自宅にブルドーザーで突っ込み、
日本刀で片腕を切り落とした。
又、創価にはヤクザ右翼学会員が多いのをご存知ですか?聖教を読んでるせいか
素行の悪い学会員が多いのは偶然ですか?それと創価を誹謗中傷して破門になった会員もいる。学会批判をさせないために恫喝してきた。手法は

「創価はオウムより怖いのだよ」という恫喝でニセ本尊等々の批判
をさせてこなかったという話を会員から聞いた。また病人と貧乏人の集合体となり果ててしまったのは偶然ですか?


930 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/25(金) 17:08:01.91
空也上人もいいですけど、新羅の元暁さんも興味深いですね
華厳宗ですが浄土教信奉者で、僧でありつつ妻帯だったそうです。

931 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/02/25(金) 19:26:23.70
>>930
http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/57/59/suppaman34gtv/folder/364680/img_364680_36605435_0?1291273525
 ↑
 これは、鎌倉時代の勧進僧の代表的な身なりだそうだ。
 長野の善光寺には、善光寺に所属する勧進僧の名簿が残っている。その中に親鸞の記録があるそうだ。


 勧進聖としては、奈良時代の行基や平安時代の空也・行円などが著名である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%A7%E9%80%B2

 行基による大衆仏教は、鑑真の来朝と仏教の国家管理という施策でいったん途切れる。
 日本の大衆仏教は空也から再スタートした。空也がなければ親鸞はいなかった。空也は浄土真宗にとっては親鸞と
並んできわめて重要な存在だ。それは元暁などの比ではない。空也は親鸞と一体になって浄土真宗の根幹を形成し
ている。

 ただし、料の意味を受け入れられない人に理解できるような話の持ち合わせはありません。

 今後しばらくコメントできません。

932 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/25(金) 20:53:43.16
中村と桃は真面目な善人を攻撃して陥れるやつらだ。
騙されてはいけない。

933 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/25(金) 21:12:08.09
>>926です。
>>927 >>928
渡海難さんのカキコあり。いいですね。予想外(斜め上でない)の回答。
自分と違う考えというのは勉強になります。感謝感謝。

「念仏を信じる」とは念仏の何を信じるんですか?
1.南無阿弥陀仏=阿弥陀仏の教えに帰依します(=信じます)
2.念仏で阿弥陀仏が極楽へ導いてくださる
ではなさそうですね。念仏の何を信じるんでしょうか?
「念仏は行者のために非行・非善なり」(歎異抄)
「念仏には、無義をもて義となす」(歎異抄)
この文を見て、阿弥陀仏を信じず、念仏が信じられるのは渡海難さんだけでは?

>「自然の様を知らせん料なり」ということは、浄土教仏教を学ぶときに、いの一番に教わることです。
親鸞の本いろいろ読んだんですが、いの一番に書いてある本はありません。
どこで教わったんですか?
因みに自分は不熱心な一門徒で、「料」という言葉の意味を正確に受け入れることは、煮え湯を飲むような怖いことのよう、ではありません。
博識の渡海難さんの考えが理解できたらな、とは思っています。今のところイロハのイの前で止まってますが。

>「(念仏で十分とするのは)」という部分は抹消してほしい。
念仏で十分なんですね。安心しました。
ピーターパン症候群という意味は、もっと親鸞の勉強をしなさいという意味なんでしょうかね。
「経釈をよみ学せざるともがら、往生不定のよしのこと。この条、すこぶる不足言の義といいつべし。
他力真実のむねをあかせるもろもろの聖教は、本願を信じ、念仏をもうさば仏になる。
そのほか、なにの学問かは往生の要なるべきや。」(歎異抄)

「大般涅槃経要文」を教義上の重要な証文とみなしている人は渡海難さん以外に私は知りません。
清沢満之が「歎異抄」を再発見して以後一大学派ができたように
渡海難さんが「大般涅槃経要文」を再発見して
以後賛同者が現れて、同じように一大学派が形成されることをお祈ります。

934 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/02/27(日) 21:34:55.36
五会念仏ってこういう感じなんですかね
http://www.youtube.com/watch?v=YmXcpyCwGNE&

935 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/01(火) 11:44:44.33
>>934
 簡単に

 人、指をもって月を指う、もって我を示教す、指を看視して月を視ざるがごとし。人、語りて言わん、
「我指をもって月を指う、汝をしてこれを知らしむ、汝何ぞ指を看て月を視ざるや」と。 (化身土)

936 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/01(火) 12:01:54.75
月が綺麗ですね。

937 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/01(火) 12:26:12.21
>>936
夏目漱石だっけ?このタイミングでなかなか洒落てますね

938 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/03/02(水) 13:42:13.06
>>933
「念仏を信じる」とは念仏の何を信じるんですか?

 僕が子供の頃、元ダイエーの監督の王さんが巨人軍の現役選手で、子供達の人気の的でした。 王さんは、
いわゆる一本足打法でホームランを量産し、アメリカの歴史的ホームラン王だったベーブルースの記録を破
りました。この一本足打法は、元巨人軍の荒川コーチから教わったそうです。
 王さんの一本足打法の練習は、まるで修道僧のように真剣だったそうです。最初は恐らく、荒川コーチの
教えだからと思って、荒川コーチを信じて練習をしていたでしょう。しかし、その思いが変わる転機があっ
たはずです。これでいいんだと。この練習を続けていけばいいんだと思うようになったときがあったはずで
す。
 荒川コーチが勧めるから正しいのではなく、荒川コーチの勧めが無くても、この練習法で間違いはない。
そう思いだした瞬間があったはずです。荒川コーチを信じるのではなく、文字通り、その練習法を信じ切れ
るときがあったはずです。それは、その練習法によって、ホームランが打てると自分で確信が得られ、それ
が実証できたときでしょう。
 荒川コーチの教えがあり、その教えを信じ、練習を行うという教・信・行の構造を脱皮し、教・行・信・
証に変化した瞬間です。
 一本打法の練習を信じるというということは、一本打法の練習を信じられることでしょう。念仏を信じる
とは、まさに念仏が信じられることです。

>親鸞の本いろいろ読んだんですが、いの一番に書いてある本はありません。どこで教わったんですか?
   親鸞から教わりました。
 形もましまさぬ様を知らせんとて、始めて弥陀仏とぞ聞き習いて候う。
 形はない。形而上学的なあり方とを教えるために阿弥陀仏というものを出す。比叡山で始めて阿弥陀仏に
ついて教わったとき、私はそのように教わりました。(末灯抄)

>ピーターパン症候群という意味は、もっと親鸞の勉強をしなさいという意味なんでしょうかね。

 いつまでもいつまでも凡夫に甘えているな。初心者を卒業しろ。健康で元気なのに、寝たきりのおばあさ
んのまねをするな。そういう意味です。

>同じように一大学派が形成されることをお祈ります。
 これは僕の仕事ではありません。

939 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/03(木) 15:05:57.49
念仏の何を信じるか。

分かりきった事を言うなよ。
念仏を信じる自分を信じろ。
アホやバカと言われようと情弱と言われようと、ひたすらに念仏を信じろ。
その一念が石を穿つまで、念仏を貫き通せ。

その理屈や理論は、ましてや人の言葉で表せるモンでもないだろう。



940 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/04(金) 05:25:50.05
>>939
それじゃ念仏の所を毛沢東とかにしても
何も変わらんね。

941 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/04(金) 18:50:07.66
>>939
 鰯の頭と言う。

 鰯の頭も信心からとは、イワシの頭のようなつまらないものでも、信仰すれば非常に尊いものに見える
 http://gogen-allguide.com/i/iwashinoatama.html


942 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/03/05(土) 12:55:28.97
>>934
 念仏の称え方を紹介します。
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~propatent/syuu/5enenbutu.htm

943 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/05(土) 21:34:44.37
>>938
渡海難さんの主張をまとめてみました。当たってますか?
渡海難流浄土真宗とは?
宗祖 空也と親鸞
依拠の経典 教行信証・大般涅槃経要文など
教義 修行僧のような念仏こそが正しい
   浄土三部経は念仏が正しいことを示す桃太郎のような架空の物語
   阿弥陀仏を信じるのはノータリン
歴史 渡海難が親鸞著の書物を読んだ時の個人的感想に由来
   本人によると「親鸞から教わりました」というほどの体験らしい。
傾向 自説を自信たっぷりに2chに書き込みする→自信の根拠は不明
   浄土真宗・親鸞に関する自説と異なる解釈・見解を罵倒する→残念です
   自説に対する質問はわかりにくい例え話で回答する→誤解されやすい

念仏の何が正しいのかを質問して王貞治がでてくるのは
1) 王貞治の一本足打法の猛練習のように念仏を唱えるべきで、脱落は認めない。
2) 念仏よりも王貞治の一本足打法のように社会に認められるような内容のものを猛練習すべき。
との解釈も成り立つ。例え話はやめましょうね。

944 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/07(月) 04:35:24.00
そうしたければ勝手にしろよ!って、言う話ばかりですが、
ドラマの展開を楽しみにしている者達にとっては、ちっと微妙かな。

ネタばれとかありそうなので、詳しい事は書きませんが。。。
その時点で、何とな察して頂けると幸いです。。。

945 :1:2011/03/07(月) 19:27:07.69
母が永代供養するとか言い出した。
自分たちでやるのが面倒だから金を払ってやってもらうんだと。

そもそも真宗のそこの寺には「永代供養」とは書いてなかったし、
宗教的意義がなければやらなくていいのに。

父の残した問題が大きくて嫌気が挿しているようだ。

946 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/08(火) 00:50:17.48
おおっぴらに供養できる他宗に転派するという手も無くはないが、色んなシガラミやお約束に制約を受けるんだよねェ。

まぁこの際問題なのは、宗教的意義どうこうではなくて、お前のカーチャンがどうすりゃ納得できるかどうか、だ。
檀家的には真宗門徒だけど、回向供養はしたい、と思ってるんだよな?

947 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/09(水) 09:08:11.69
渡海難さん来なくなっちゃったなあ。
大般涅槃経要文や五会念仏の文書ファイルや音楽ファイル
いろいろ作って公開してるんで感心してたんだけど。

仏教の歴史なんてそもそも異端の歴史。
日本国憲法で何を信じようが信仰の自由は保障されている。
真宗の僧侶でなければ「異安心」とかで生活の糧を失うとかといった問題もないはず。

渡海難流浄土真宗の考えに至った、思想的変遷や神秘体験を聞きたかったです。

948 :1:2011/03/10(木) 15:15:19.12
納骨式行ってきた。寒い中墓の前でお経もあげて、
やっと終わったかと車の中でミヤネ屋見ていたら、
「父のケータイを使うな!」と怒られた。

宗教的信仰や理解や、故人に対する良い感情もないのならやる必要ないと思うんだけど?

それに「永代供養」って言ったら真宗の坊さんなんか戸惑ってたし。

949 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/10(木) 15:26:49.74
>>947
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1265781799/169



950 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/10(木) 19:46:56.58
>>950
渡海難さんって「心と宗教板」にも書いてるんだ。
そっちがメインかな?
お嬢様の一刻も早い回復をお祈りします。

951 :例のスレのスレ主:2011/03/11(金) 04:42:45.96
渡海難、あんたも苦労してるんだな。このHPをあっちに書くと管理者の迷惑になるのでこっちに書く。色々試してみると良い。
取り急ぎ必要なのはパワー体験のページとパワーグッズ、無料遠隔ヒーリング、ゲストブックだ。まず試すべきはパワー体験と無料遠隔ヒーリングのページだ。
今は人目がどうのとか四の五の言ってられないから娘さんに携帯かなんかでここのパワーを浴びさせてやれ。俺はここのパワーに闇からの力は無いと感じる。

http://orange.zero.jp/purple77.wing/homepage/mystery_room/

僭越ながら俺からも祈らせて頂く。迷惑なら辞めるがその旨レス書き込んでくれ。もちろんこっちのスレな。
今あっちにこのページを書くのは不味い。○○宗にこのHPを利用されるのは俺は許せないからな。

952 :951:2011/03/11(金) 04:52:04.81
スマン。肝心なことを書き忘れた。携帯やノートPCはかなりの電磁波を出す。だから頭や体に密着は良くない。
俺の経験から半径3メートル位は離しても大丈夫だろう。画面が娘さんのほうを向いているなら良い。回復を祈る。

953 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/11(金) 20:35:57.64
築地本願寺、避難所として解放。食べ物用意。
築地本願寺避難所として解放中。近郊の本願寺派の寺院は食べ物、飲み物、ミルク
毛布等々、協力の事。



954 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/11(金) 20:36:16.40
築地本願寺、避難所として解放。食べ物用意。
築地本願寺避難所として解放中。近郊の本願寺派の寺院は食べ物、飲み物、ミルク
毛布等々、協力の事。



955 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/11(金) 20:49:00.13
築地本願寺、朝まで解放。食べ物、飲み物あります。
現在数百名避難中。近郊の寺院、門徒衆は食べ物飲み物等協力をたのむ。


956 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/12(土) 00:43:17.10
今回の遠忌は中止になりました

957 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/13(日) 22:41:22.94
本願寺ホームページ参照。問い合わせーー社会部

この度「東北地方太平洋沖地震災害義援金」の受付をはじめました。

期間:2011(平成23)年3月12日(土)〜当分の間
ご協力、よろしくお願いいたします。

郵便振込 01000−4−69957
     加入者名 たすけあい募金
     通信欄に「東北地震」とご記入ください

なお、お預かりした義援金は運営委員会にて審議のうえ、関係機関にお届けいたします。
配分につきましては、後日、本願寺新報等にてご報告いたします。






958 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/15(火) 17:23:57.74
四天王寺の見親堂では永代供養をやってるよ

959 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/17(木) 18:32:47.22
真宗の出番だろう。
原発に水まいて来たらいかがか。

960 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/17(木) 20:17:39.64
地震後の原発事故は政府指導と東電の無能が引き起こしたのか?

原発については人災と私は思います。
冷却ポンプをバッテリーで駆動した時点で、政府と東電は、政府指揮下協力
関係にある軍(自衛隊、米軍)の大型ヘリで、発電機とその燃料を空輸して
充電していたなら、今日の惨事にはいたらなかったと思うのです。
送電線等が塩害に見舞われたとしても、バッテリー駆動は可能の報道が有り
、給水ポンプを止める事無く直接バッテリーに繋いでいれば防げたはず、日
本に機材が無ければ、近隣に居る米軍にお願いする手もあるはず。
トイレも即、排水の必要ない工事現場の、水が不要なバイオトイレをゼネコ
ンなどを動かして簡易発電機と共に用意すれば、住民の役に立てたはずです
し、また大型船が仙台港に入るも荷役できないなど不手際の連続、完結型の
支援を政府は考えるべきで、カーフェリーのチャーターで救済物を積んだ
トラックごと送れば済むと考えます。
総理がヘリでの遊覧飛行は必要有りません、見て理解出来ないレベルなの
ですから。
援助物資の陸上輸送についても、規制がちぐはぐで、これが政府主導なの
でしょうか。
今後も政府は、津波用の防波堤を仕分けするのでしょうか。
充分な環境の総理官邸で、焼肉食べていては、庶民の辛さは理解できない
ものと思います。
国が国民を守らず、政党を守る事に専念していた政府に、メガトンクラスの
お灸を、国会の内外でしてあげる必要が有るでしょう。

961 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/22(火) 20:03:22.00
↓次スレのスレタイな。

【邪悪な顔】親鸞娼人を讃えるスレ【鼻毛ボーボー】

↓こんなのでもいいぞ。

【遠忌】今、チンポがぴくぴく動いてる【中止】
↓これでどうだ?

【御真筆】SEXが好き【六字名号】

962 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/22(火) 23:32:11.21
宮崎の鳥インフルエンザの時も、本願寺は「門徒の」養鶏農家にだけ義捐金を渡していた。
今回の募金だって「門徒の」被災者にだけ渡すのかもしれんぞ。
皆さん、募金は赤十字へ。本願寺の募金詐欺に引っかからないように注意しましょう!

963 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/23(水) 18:37:24.46
なんだ、自分のところの宗派の人間だけなのか!

創価と変わらないな。

俺は赤十字に50万円寄付をしたよ。

964 :【本願寺による募金詐欺に御注意】:2011/03/23(水) 18:46:10.81
宮崎の鳥インフルエンザの時も、東西本願寺は「門徒の」養鶏農家にだけ義捐金を渡していた。
今回の募金だって「門徒の」被災者にだけ渡すのかもしれんぞ。
皆さん、募金は赤十字へ。本願寺の募金詐欺に引っかからないように注意しましょう!

965 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/23(水) 23:27:06.18
死んだらそれっきり、浄土はないと親鸞様はそう言っているのに、浄土宗のネラー坊主はそんなことないという。

966 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/23(水) 23:41:09.33
じゃあなんで浄土宗なんて名前なんだよっていう

967 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/03/24(木) 00:13:29.34
唯物論マルクス主義(でもオカネについてはすご〜く資本主義)の真宗禿には、お浄土は見えまい。

968 :渡海 難:2011/03/28(月) 13:44:05.80
>>942
 念仏の称え方を紹介しています。
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~propatent/syuu/5enenbutu.htm

 タイマーに少し手を加えました。念仏を称える時間を、10分、20分、30分、40分など、
自由に調整できるよう一念念仏の間にも終了予告の合図を入れました。使ってみてください

969 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/03(日) 23:15:16.50
十戒ってユダヤ教かと思ってたわ

970 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/03(日) 23:40:48.66
ユダヤ教は父ちゃんで、キリスト教は子供
十戒は家に伝わる家訓みたいなもの

971 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/04/12(火) 19:37:41.66
供養?
基準無しに救われてるんだろ、何でするの?

972 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2011/04/30(土) 13:05:13.91
 家族が病気のため、しばらくインターネット上での活動を停止します。
 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1265781799/182


973 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/01(日) 20:59:33.13
福岡でおすすめの お寺ありますか?

974 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/03(火) 08:17:57.87
あります

975 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/03(火) 11:00:42.23
>>974
どこですか?
GW中に お参り廻りしようかと考えてます

976 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/04(水) 04:25:55.35
すべて阿弥陀様にお委せなのですからお参りも不要なのですよ

977 :問題提起:2011/05/04(水) 17:52:27.71 ?2BP(0)
一流経済雑誌とのお面をかぶった、ゴシップ雑誌【週刊ダイヤモンド】の悪事
を追求、糾弾するスレッドを立ち上げています。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mass/1304082368/l50#tag72
真宗の暗部、恥部もたたきます。
是非ご意見を


978 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/04(水) 19:09:17.51
週刊誌なんつーのは総じてネタ帳なわけで、まともに取り組む方がキチガイじみてると思う

979 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/06(金) 10:55:26.79
本日午前10時より拙寺本堂にて長女理絵が、後継住職を迎える結婚式を挙げさせて頂きました。


新郎新婦が堂内に入場してくる姿を見ていて、これまでのいろいろな事が頭を駆けめぐり、溢れる涙を抑える事が出来ませんでした。

午後3時からは、横浜ベイシエラトン&タワーズで披露宴。
最後の両家代表謝辞、泣くのは分かっていましたので、文章をしたためて望みましたが、やはり涙で字がかすみ大変でした。

無事披露宴も終わり、ホッと一息ついています。
本当に皆様のおかげと感謝の気持ち一杯です。


一日おいて明後日3日は永代経法要・入寺奉告法要を勤めさせて頂きます。
明日は朝から後かたづけと法要の準備です。


結婚式から中一日おいて永代経法要&入寺奉告法要を勤めさせて頂きました。

流石に身体は疲れ切っているのですが、気持ちは高ぶったままの状態。

何とか乗り切りました。
お参り下さった方々から祝福を受けて若い二人も嬉しそうでした。

法要の導師はかなりの緊張の様子。
それでも大過なく導師を勤めてくれました。
日頃指導する立場にいても実践との違いを肌で感じた事と思います。

寺には寺のやり方があります。少しずつ慣れていってくれれば良いと思います。

しかし、次に七条を着て導師を勤めるのは住職継職法要?
何年先になるのでしょうか(^_^;)

980 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/17(火) 18:41:59.89
>>976
阿弥陀様に感謝するのです

そしてお布施は非僧非俗にどうぞ

981 :名無しさん@京都板じゃないよ:2011/05/17(火) 20:43:47.33
南無受用智慧身阿彌陀佛
南無西方無量壽佛

380 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)