2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part42

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/30(火) 17:47:48.07 ID:YwyhbvoK0
前スレ
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part41
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/court/1312691391/

避難所
http://jbbs.livedoor.jp/news/5402/

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/30(火) 18:08:15.00 ID:Nnvlcnjw0
スレの名物、死刑反対君が作ろうと活動している残虐な刑罰。
↓↓↓↓
204:傍聴席@名無しさんでいっぱい :2011/06/08(水) 01:03:47.42 ID:LZV6aDhE0
>>199
自己認識と他者認識を用いた人格・自己理解の再構築教育
簡単に言えば、犯罪を犯した人格を否定し、新しく作り直す
自由を奪われ、この再教育が永遠と続き、生きる希望が「反省」と「償い」しか与えられないとしたら、 それは、受け入れられない人間にとっては、死ぬより辛い日々の連続になる
通常、健常者に同じ事を施したら半年で人格は破壊され、気がふれる


3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 05:11:45.61 ID:s5NdEQrT0
前スレのレスだけど、これについて正面から反論してくる
廃止派がいなかったので、もう一度貼ってみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とどのつまり、廃止派は

産まれてきた時からの犯罪者はいない。
人を裁ける人などいない。
したがって、如何なる凶悪犯罪者であろうと、万引き犯であろうと、
刑罰を与えることなどできない。
たとえ0.1%であろうが、0.01%であろうが、刑罰が必要でない
という人の意見は黙殺されるべきではない。
多数派が常に正しいとは限らないのだから、一切の刑罰は廃止し、
何をやっても、何人殺しても全く咎められない世の中にしよう。
そうすれば、犯罪とか、善悪という概念自体がなくなるから、犯罪
も消える。

という考えと何ら変わらない。
「度合い」の違いだけで、基本的考え方が同じだからな。


4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 10:33:14.32 ID:2UUO7GLm0
>産まれてきた時からの犯罪者はいない。
食うに困る環境に生まれた人間が盗みを働いたら犯罪というのでは不平等。
そういう人を援助する仕組みを持たない社会が犯罪者だということ。

>人を裁ける人などいない。
これは究極的にはそうなんだろうが、便宜上仕方のないこと。
人が人を裁くという方式は今のところ変えようがない。

>如何なる凶悪犯罪者であろうと、万引き犯であろうと刑罰を与えることはできない。
そんなことは言っていない。
議論すべきは死刑について。
死刑とは刑罰の中で唯一人の命を奪うという点で明らかに異質であり、
だから十分に議論すべきと判断している。

むしろ殺人を当たり前と思っているから死刑にしようなんて軽々しく言えるのでは?
人の命を重んじるなら、なぜ凶悪犯にはそれが適用されないのか?

死ぬことで責任がとれるとは思えない。
改心して遺族に謝罪し続ける方が遺族としては嬉しいということはないのか?
殺してしまってはその可能性を捨てることになる。


5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 10:54:19.79 ID:3PWb7fCIP
更生してやるから死刑にするな、など、正気の沙汰で言えることではない。
そもそも謝罪すべきは被害者本人に対してであって、命の再生など不可能な以上被告の選択肢は死刑しかあり得ない。
もしも人の命を重んじると言うのならば凶悪犯は自ら死刑判決を積極的に要求、アピールすべきだし、犯罪者を取り囲む悪徳弁護士共は、心を入れ替え、死刑判決を粛々と受容すべきだ。



6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 11:43:09.78 ID:2UUO7GLm0
謝罪すべきは被害者本人だけではない。
確かに本人には謝罪できないが、死刑にしたら何も残らない。
0.1%の確率でも更生すれば少なくとも遺族に謝罪させることができる。
0%と0.1%なら後者をとる、何かおかしいか?

人の命を重んじる、の「人」の中には自分の命も入っている。
むしろ命を重んじるということを学ぶ過程とは、
自分の命は大切→他の人も同じ考えだろう→他の人の命も大事
ってもんじゃないのか?
他の権利だった初めに想定するのは自分だし、そんなのは義務教育以前に教わった。
もし犯罪者そういう教育を受ける機会が与えられていなかったなら、
機会平等という基本原理に反する。
他の多くの一般的な人と等しい権利が与えられていない人に
どうやって他人の権利を尊重する義務を課すことができるのか。

7 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 11:58:19.75 ID:zdE9HVWu0
>食うに困る環境に生まれた人間が盗みを働いたら犯罪というのでは不平等。

人を殺さなければ喰う事一つ事欠く環境ってどんな環境よ?
きっちり説明してくれ。
障害者なら手当ても出るし生活保護もある。
援助する仕組みが無いなど馬鹿も休み休み言え。

>他の多くの一般的な人と等しい権利が与えられていない人に
>どうやって他人の権利を尊重する義務を課すことができるのか。

そんな理屈なら刑罰自体科せられないだろ。

8 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 12:17:04.37 ID:eiFKveVV0
>>4
懲役刑も唯一人を監禁し強制労働を強いる点で異質だ。
なんてね。

君にとって他人を拉致監禁するなんて、普通のことなのかな?
どっかの国で娘?を40年くらい監禁してたって事件があったけど…

9 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 12:38:48.80 ID:2UUO7GLm0
生活の糧を得るのに盗みを働いたが顔を見られているので後で見つかって没収されてしまう。
では殺して口封じをしよう。死んだら分からないはずだ。
十分想定できることじゃないか。

>障害者なら手当も出るし生活保護もある。
では聞くがあなたはそういう仕組み存在することをいつ知った?
小学校の時か?中学校の時か?まさか高校の時とは言わないだろうな?

ではあなたがもし小中と不当ないじめに遭って
まともに授業を聞いてられる状況になかったら?
そのまま中卒で社会に出て働くことになったら?
そして障害を持ったり職を失って食うに困る状況になったら?
過去にいじめに遭ったことで人間不信になっていたら?

それでもあなたは先の過ちを犯さないと言い切れるだろうか。
いじめに遭うのも全て本人の責任とでもいうのか。
どう考えても権利を侵害されてるじゃないか。

教育を受けるのは権利であって義務じゃない。
でも教育を与えるのは親や社会の義務だ。

社会はまず義務を果たすべきだ。それが大事件が起こった後でも。
罰というのは本来、犯罪者やこれから犯罪を起こしかねない人への教育の意味がある。
でも死刑という刑罰は少なくとも犯罪者への教育の義務の不履行を社会が認めてしまっている。
そこが死刑と他の刑罰の大きな差の一つだ。




10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 12:54:19.99 ID:2UUO7GLm0
>>8
死刑は犯罪者への教育たりえない。懲役は教育の一つの手段になりうる。
全く異なる。

人はアメだけではなかなか変えられない。時にはムチも必要だ。
小学校で机に縛り付けられて授業を受けてる人の中にだって拷問だと思ってる人もいるはず。
あれも一種の強制労働だろう。
だからって授業を受けさせるなとは誰も言わない。
それが社会にとってもその生徒にとっても有益だと思っているからだ。

11 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 12:59:54.97 ID:3PWb7fCIP
>>6
加害者が謝罪すべきは被害者本人のみだ。謝罪すべき相手が居ないというのに被害者に対して一体何を残すというのか。
0.1%でも更生する確率があるのなら、99.9%の確率で再び起こりえる恣意的殺人受け入れようではないか、とでも言いたいのかお前は。
何所まで被害者を馬鹿にすれば気が済む?
人の命を重く見ると言うことは、軽んじたときに相応の代償を自ら進んで払う覚悟を持つということだ。
お前ら廃止論者の好む「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」理論では決してないんだぜ。
機会が平等ではない?笑わせるなって。戦前戦後ならいざ知らず、一定の教育が義務化している日本で、手前勝手に人を殺すことは許されない、なんて程度の教育は誰だって受けている。
その状況下で敢えて恣意的に人を殺すのであれば、それは本人が自身の明確な意思によって自己責任下に選択した行為以外の何物でもない。
仮にそのような教育を受ける機会がなかったとして、情状酌量が為される余地がある以上、責任能力が認められた者を死刑に処さずに置ける道理は無いわ。



12 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 13:25:35.39 ID:2UUO7GLm0
誰が殺人を受け入れるなんて言ったよ。
これから起こりうる殺人は是が非でも防がなくてはいけない。
でも起きてしまった殺人の事実は絶対変えられない。
変えられない事実は受け入れるより他ないだろう。受け入れた上で前へ進む。
それはむしろ被害者から残された者へ課された義務だ。
被害者がもし口が聞けたとしたら「俺を殺した奴を殺してくれ」って言うのか?
被害者が死にたくないと強く思ってるなら、殺したくないと同様に思ってるはずだ。
被害者が次に望むのは、自分と同じような被害者は金輪際生まれないでくれってことだろ。
そのために犯罪者には教育を施す。
その過程で得られた知見を社会の教育制度に組み込む。
そしてこれから起こりうる犯罪を未然に防ぐ。

死刑にするってことはこれを怠ることだぞ。
被害者の尊い犠牲を踏みにじる行為じゃないか。

13 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 13:35:10.46 ID:9JzLc0R70
>>4
> 食うに困る環境に生まれた人間が盗みを働いたら犯罪というのでは不平等。
> そういう人を援助する仕組みを持たない社会が犯罪者だということ。
日本の司法行政は行き過ぎてるぐらい動機重視だから。

> 死刑とは刑罰の中で唯一人の命を奪うという点で明らかに異質であり、
> だから十分に議論すべきと判断している。
自由社会から隔離されて一生終えるのも充分異質だけど?

>>6
> 0%と0.1%なら後者をとる、何かおかしいか?
99.9%の更正しない犯罪者の始末と責任は?

> 他の多くの一般的な人と等しい権利が与えられていない人に
> どうやって他人の権利を尊重する義務を課すことができるのか。
日本ほど最低保障が高度で高額な国家は存在し無い。

>>9
> 生活の糧を得るのに盗みを働いたが顔を見られているので後で見つかって没収されてしまう。
速攻で食えば良いじゃん。まさか備蓄分を盗んだ設定か?
>>9
> では殺して口封じをしよう。。
充分な犯罪知識と意識を持ってる証拠。
>>9
> では聞くがあなたはそういう仕組み存在することをいつ知った?
> 小学校の時か?中学校の時か?まさか高校の時とは言わないだろうな?
平等の観点から抗議しないのが不思議なんだけど、18歳以下は死刑に成らんよ。
>>9
> ではあなたがもし小中と不当ないじめに遭って
> まともに授業を聞いてられる状況になかったら?
社会保障や制度や手続きは授業で習わない。
地域の民生委員や警察が保護して動く。

14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 13:39:49.48 ID:2UUO7GLm0
一定の教育が義務化している、手前勝手に人を殺すことは許されない
しかし殺人は今でも起こってるんだぞ。
それを本人の責任にするのは簡単だがそれを殺したところで殺人はなくなっていない。
そうなれば人が人を殺すなんてことのない理想的な社会を創るためにすべきことは
犯罪者の排除ではなく社会の仕組みの更なる変革だろう。

犯罪者が社会が抱えている病気の症状なら
それを死刑にするのは単に悪くなった所を切除して廃棄するだけ。
それでも病気は治らない。でも早く治したい。
だったらとりあえず切除するにしても廃棄しないで切除部位をよく観察するだろう。
それで何がガン化の原因か探るだろう。
ガンの治療法の開発に一番必要なのはガン細胞が発生するメカニズムを解明することだ。
間違ってもその要の切除した現物を廃棄してしまう人はいない。


15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 13:43:32.36 ID:9JzLc0R70
>>9
> それでもあなたは先の過ちを犯さないと言い切れるだろうか。
死刑判決受ける凶悪犯が更正すると言い切れるだろうか?
>>9
は、貧困の知能障害や知識不足を題材にしてるが、それらが理由なら日本では死刑判決受けないんだけど。

>>9
> でも死刑という刑罰は少なくとも犯罪者への教育の義務の不履行を社会が認めてしまっている。
>>10
> 死刑は犯罪者への教育たりえない。懲役は教育の一つの手段になりうる。
> 全く異なる。

本気で教育を求めるなら、再犯ゼロ保障を国家に求めるから、犯罪者のほぼ100%終身刑だけど?



16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 13:46:46.70 ID:9JzLc0R70
>>14
死刑判決受ける凶悪犯罪者の権利を主張してるが、犯罪を犯さない大多数の国民の権利はどこ行ってんだ?

17 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 13:52:50.77 ID:9JzLc0R70
ID:2UUO7GLm0は、犯罪が日本国家の責任だと言いたいんだよね?
犯罪は日本の社会制度が生み出した物で、個人には責任が無いと言いたいんだよね?
日本には天皇制が有るから凶悪犯罪が発生するとか言いたいんじゃ無い?w

結局、死刑制度批判を利用した反日本国家運動だよね。



18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:04:25.70 ID:2UUO7GLm0
お金さえあれば犯罪は起きないわけでもない。
動機ってようは価値観によるものだろ。価値観は環境によって大きく左右される。
日本だって戦時中は平気で人を殺してたじゃないか。
現代の日本でそんな人はマイナー。
これって教育が殺人を減らしているってことじゃないか。

ってことは現代であってもちゃんと教育しなければ人殺しは起こりうる。
そんなことは教育システム的にありえないってあなたはなぜ言える?
死刑制度の是非について議論できている時点で賛成派も反対派も教育機会に恵まれている方だろう。
日本ほど高度な制度でも実際には犯罪はなくなっていない。
なら教育が不十分な人間がいるって仮説をどうして否定できる?
不足しているならできる限り補うまで。犯罪を犯した後であっても同じこと。
むしろ犯罪者への教育を徹底することで現在の教育システムの問題点を発見できる。
進歩してこその社会であり文明だろう。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:28:21.95 ID:9JzLc0R70
ID:2UUO7GLm0は、犯罪が日本国家の責任だと言いたいんだよね?
犯罪は日本の社会制度が生み出した物で、個人には責任が無いと言いたいんだよね?
日本には天皇制が有るから凶悪犯罪が発生するとか言いたいんじゃ無い?w

結局、死刑制度批判を利用した反日本国家運動だよね。

進歩=民主主義や資本主義の否定なんだろ?w

20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:31:04.92 ID:2UUO7GLm0
反日本国家運動ってなんだ。ここは死刑制度について議論する場なんだろう?
現代の日本はそれなりにいい国家だとは思う。でもまだ改善の余地があるはずだ。

全体のシステムを全て一遍に変えては何が良くなった原因か悪くなった原因か分からないだろう。
分析の基本は比較だ。この一部分を変えるとどうなるかって調べてくわけだ。
その中に死刑制度があるわけだ。
死刑制度以外のことまで変えてしまったら分析が難しくなる。
なのに賛成派はいちいち話を拡大解釈する。やりづらいことこの上ない。

俺はあらゆる犯罪について議論したいわけじゃない。
というかそれでは知識がついていかない。
目標も細分化すべきだ。殺人の再犯ゼロ、さらには初犯ゼロ。
これができたら理想的だ。
殺人について語る上で死刑制度の是非は外せない。

俺は個人的には天皇を尊敬している。
特に先の震災後の一連の対応を知った時は感動して涙してしまった。
あのような多くの人から尊敬される人間は憧れる。
天皇制はややこしくてちんぷんかんぷんだが、
あんな立派な人間を生み出すのならいい制度なんだろう。

21 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:33:59.26 ID:hdcduyOL0
>>18
>食うに困る環境に生まれた人間が盗みを働いたら犯罪というのでは不平等。

>お金さえあれば犯罪は起きないわけでもない。

何を言ってるんだ?
たった一日の内ですら、整合性を持った主張をすることが出来ないのか?

人殺しをしても、汲むべき事情があったり、過失であったり、未遂で済んだ場合(被害者が一命を取り留めた場合)
等では、犯人に更生の機会を与えても良いのではと思う。実際与えられているしな。

日本で死刑が適用されるのはそうでは無い場合だよ。
君の主張は、死刑存廃とはまったく無関係のモノが多い。無駄な長文でスレを荒らさないで欲しいね。
だから廃止論者は詭弁だらけだと言われる。
詭弁どころか完全無欠の嘘までまじえてくる始末だけどな。

22 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:48:06.30 ID:3PWb7fCIP
>>12
お前自身が殺人を認めると言ってるじゃないか。
凶悪犯罪者が例え何人殺そうとも凶悪犯罪者を殺さないのであれば、お前にとって殺人は悪ではないということだ。
お前は殺人を善だとあからさまに豪語している。人殺しを否定するために人殺しを肯定しよう?一体何を言っている。

>被害者がもし口が聞けたとしたら「俺を殺した奴を殺してくれ」って言うのか?
>被害者が死にたくないと強く思ってるなら、殺したくないと同様に思ってるはずだ。

別にお前のナルシズムになんぞ興味はない。お前のやっているそれは、口の利けない被害者を私物化し蹂躙している行為にしか過ぎない。
凶悪犯罪者に対して為すべき教育とは、自分の贖いようのない罪の代償として、自らの粛々と絞首台に上らせるための意思と決意を養ってやることだけだ。



23 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:51:49.43 ID:9JzLc0R70
>>20
> 反日本国家運動ってなんだ。ここは死刑制度について議論する場なんだろう?
反国家思想をベースに組み立てた死刑廃止論だよ。

> 現代の日本はそれなりにいい国家だとは思う。でもまだ改善の余地があるはずだ。
改善じゃ無く革命なんだろ?w

> 全体のシステムを全て一遍に変えては何が良くなった原因か悪くなった原因か分からないだろう。
> 分析の基本は比較だ。この一部分を変えるとどうなるかって調べてくわけだ。
それなら法制改革含む死刑廃止より、速やかに全死刑囚の死刑執行を試してからだろ。

> なのに賛成派はいちいち話を拡大解釈する。やりづらいことこの上ない。
自分で自分の思想吐露しながら興奮して書き込んでるじゃんw

> 目標も細分化すべきだ。殺人の再犯ゼロ、さらには初犯ゼロ。これができたら理想的だ。
殺人の再犯ゼロは死刑判決のハードル下げて速やかに死刑執行すれば確実にゼロだ。

> 殺人について語る上で死刑制度の是非は外せない。
犯罪学と法制度は別もの。

> 俺は個人的には天皇を尊敬している。
無理して嘘吐かなくていいんだよw

24 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:55:55.24 ID:2UUO7GLm0
>>21
その2文はぜんぜん矛盾してないだろう。
要は「お金がなければ犯罪が起こりうる」「お金があるだけでは犯罪は起こりうる」
ってことなんだが。

つまり俺がやりたいのは犯罪が起こりうるための条件の明確化だ。
それが分かればその条件が実現しなければ犯罪ゼロになるはずだ。

でその条件に教育という要素は欠かせないだろうというわけ。
どういう教育環境だと犯罪が起こるのか調べるには
実際犯罪を起こした人を良く観察するべきだ。
あえて犯罪を誘発しては本末転倒である以上、
犯罪者というのはまさに生きたサンプルだろう。
サンプルといっては失礼だが、病気の治療法を開発するために患者を観察するのは当たり前だろう。
全てはその患者も含めて病気を治すためだ。

それで、何で賛成派はそんな貴重なサンプルを廃棄するのを良しとするの?

あと俺の発言のほぼ全ては仮説だ。
でも俺自身の経験の部分は紛れもない事実だ。
顔も見えない相手を信じろとは言わんが、そこはそもそも議論しても仕方ないだろう。

25 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 14:56:26.39 ID:9JzLc0R70
>>22
> お前にとって殺人は悪ではないということだ。
これ微妙な違いだけど、国家に因る死刑制度は、悪だからじゃなく害だからかと。
死刑廃止派は善悪だけで語ってるから、指摘としては合ってるんだけどね。

26 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:00:58.75 ID:9JzLc0R70
>>24
質問だけど、裕福な家庭で育った高学歴の医者が、不倫発覚を恐れて3件の計画殺人を犯したら?


27 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:33:59.38 ID:hdcduyOL0
>>24
>要は「お金がなければ犯罪が起こりうる」「お金があるだけでは犯罪は起こりうる」

要は、じゃなくてそのまんまだね。
君は小学生とでも話をしてるのかい?
死刑存廃とは関係ない長文を垂れ流して荒らすなと言った筈だ。
貴重なサンプルは結構だが、君がそう思うなら君が個人的に維持管理してくれれば文句は無い。
私は特に貴重だとは思わないがね。

>>26
廃止派は死刑廃止できるなどとは思っていないよ。ただのクレーマーだ。
クレームをつけて商品券でも得られればそれでよし。だ。

すなわち、死刑にケチをつけて適用基準を緩くしようと狙っているだけだよ。

28 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:36:52.17 ID:2UUO7GLm0
殺人が悪なら国家が犯罪者を殺すことは悪ではないのかと。
「認める」って事実として認識するっていうのとそれを善として容認するのとは全く違う。

反国家思想のつもりはないけど仮にそうだとしたら何か問題はあるのか?
そもそもあなたは現国家に何ら不満はないのか?
あなたがそう思っていても、思っていない人もいるからそもそもこんなスレが成立するんだろう。

そして革命を否定するかのようだが、戦争を続けてた日本が平和主義に切り替えたのだって革命だろう。
あれはアメリカが勝手にやったことだから、国民の意思ではないとでもいうのか?
国民の意思でないならそれを容認するあなたはアメリカ人なのか?

被害者本人に謝罪すべきと被害者をやり玉にあげたのは賛成派だろう。
亡くなってしまった本人が謝罪してほしいと思ってるかだって分からないだろう。

死刑執行のハードルを下げれば再犯はゼロというのが事実と分かってるなら既にやってるだろう。
分からないから仮説なんじゃないか。
人の命に関わる問題だから適当に実験したら失敗しましたじゃ納得できない。
だから仮説と実験をちょっとずつ繰り返してリスクを小さくしてる。
仮説を立てるにしても多くの人の意見を考慮すべきだから議論する場を設ける。
再犯ゼロにするには死刑のハードルを下げればよいっていうのでは論拠も示してない。
そういうのは仮説とも言わない。

犯罪学と法整備は別物っていうのは経済学と経済政策は別物っていうのと同じだろう。

廃止派だからって善悪で語ってるわけじゃない。
善悪だけで語ると仮説にならない。
俺はとりあえず自分なりに考えた理由と共に意見しているはずだが、
なぜか言葉の端しか捉えない人ばかりだ。長すぎるのか。

29 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:43:57.83 ID:9JzLc0R70
>>28
> 俺はとりあえず自分なりに考えた理由と共に意見しているはずだが、
> なぜか言葉の端しか捉えない人ばかりだ。長すぎるのか。

思想の本質を捉えてるだろ?
ID:2UUO7GLm0は、犯罪が日本国家の責任だと言いたいんだよね?
犯罪は日本の社会制度が生み出した物で、個人には責任が無いと言いたいんだよね?
日本には天皇制が有るから凶悪犯罪が発生するとか言いたいんじゃ無い?w

結局、死刑制度批判を利用した反日本国家運動だよね。

進歩=民主主義や資本主義の否定なんだろ?w
革命=思想統制国家の樹立だろ?w

30 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:49:56.08 ID:9JzLc0R70
>>28
> 死刑執行のハードルを下げれば再犯はゼロというのが事実と分かってるなら既にやってるだろう。
> 分からないから仮説なんじゃないか。

事実と言うか確実だろ。死刑執行された死人が再犯できるのか?

> 人の命に関わる問題だから適当に実験したら失敗しましたじゃ納得できない。
人命って死刑囚の命?
そんなの完全無視してる死刑廃止派が笑わせるなよ。

31 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:52:14.01 ID:2UUO7GLm0
>>26
裕福だろうが高学歴だろうが倫理的な教育をちゃんと受けなければありうる。
現在の入試制度では倫理観なんて測れるわけないからな。
そして子供の時に学んだからと言って大人になって忘れてしまうこともある。
大人に倫理観を学ぶ教育機会を設けるとか、
義務教育を終えた後も自分で正しい倫理観を育てていける教育を施すとか、
できることはまだたくさんある。

犯罪者という失敗例から目を背けてはまた同じ失敗を繰り返すだけだ。

32 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 15:58:37.41 ID:9JzLc0R70
>>31
倫理観?なら国家に因る強制的な思想統制教育だね。
まず、日本の価値観に最も遠い、在日朝鮮人の民族学校から思想教育に取り掛かろう。

学習施設として強制収容所も作らなきゃね。

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:15:29.15 ID:9JzLc0R70
ID:2UUO7GLm0 は、日本国の死刑廃止したいんだよな?

それなら、在日朝鮮人と在日韓国人と在日中国人を国外追放しろ。
次に帰化人の日本国家忠誠心と国家有用性を調べて、不合格者は母国に退去させろ。

これで、生活保護費や他の社会保障費で年間3兆円を抑制出来るから、これを日本国民の安全安心政策に振り当てて、国民番号と磁気カードで納税と指紋DNAの管理センターを作るんだよ。

思想教育より犯罪防止に有効な手段だろ。

34 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:17:14.69 ID:2UUO7GLm0
>>29
俺の思想の本質捉えることに何の意味があるんだよ?
お前はいちいち相手の思想の本質を捉えないと対談できないのか?

犯罪は日本国家の責任でないなんてことはない。
日本国家が存在する前から人類は存在していたが、
例えば人間が一人だけでいて他の誰もいないのに犯罪が起こるか?
少なくとも明文化されようとされまいと法というものがなければ犯罪などない。

法というのは共同体ができて、その中でお互いの人生を
不必要に干渉してしまわないようにするために存在する。
だから共同体から隔離された時点で隔離された人間にとって
法は存在意義がなくなる。
だから犯罪者は隔離する必要はあってもその命まで奪う道理はない。
刑務所だって実社会とは隔離されている。
刑務所で犯罪を起こすということはあるのか?
ないなら殺人だろうがなんだろうが死刑にまでする必要はない。

35 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:19:56.12 ID:P+C/THbk0
日本の保守がんばれー、見せかけ右翼、朝鮮、共産にまけるなー、言論の自由をまもれー、朝鮮愛護ちゃんは改革だー。


36 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:27:54.97 ID:3PWb7fCIP
>>28
詭弁を弄すな。
罪に対する罰の嵩が不当に小さければそれに付け込む輩というのは必ず一定数は生まれる。
それは例えばネオ麦茶事件のように「18歳未満は死刑にならないから、殺せるのはいまのうち」などとほざいて実際に犯行に及んだ実例を見ても明らかだ。
そういう確かな現実が存在するにも関わらず、そこから目をそらし、犯罪者擁護、刑の軽減化を求めるお前は、恣意的殺人を肯定、必要善と公言している者に他あるまい。
反国家思想であることは何ら問題はないさ、それがいかなるモノであれ思想信条の自由は憲法が、ひいては国民が認めたもう処だ。但しそれには条件が付いていることも忘れるなよ。
お前らの望というモノは、いかなる場合であれ恣意的殺人を受け入れよう、という反社会的なものであることを自覚しろ。

やり玉に挙げた?何を言っている、脳内変換か?。被害者を私物化するなといっただろう。
言っただろう、自分と他者の命が等価であると考えるなら、自ら進んで絞首台に上るべきだと。
付け加えれば、他者の命より自分の命が重い、と裁かれるにいたって尚、殺人犯が考えるのであれば、それは最早死刑にする以外路はない。

実験とは、自分のナルシズムを満たすために国民を凶悪犯の生贄に捧げよう、というお前らがやろうとしていることだろう。
実験に失敗しました、じゃ納得できない、だからお前らは受け入れられない。自覚できてるか?


37 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:29:08.59 ID:9JzLc0R70
>>34
> 刑務所で犯罪を起こすということはあるのか?
受刑者間の犯罪は多数起きてる。

ニュースとか全く見ない引き蘢り?

> ないなら殺人だろうがなんだろうが死刑にまでする必要はない。
有るから死刑にする必要が有る。これは認めるんだよね?w

38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:35:03.73 ID:2UUO7GLm0
>>32
倫理観の教育の何がおかしい?道徳の授業は今現在も行われているだろう。
あれは最近の学習指導要領には入ってないのか?

あれが犯罪抑止に効果があるなら大人にも義務教育化すべきだろう。
そもそも社会は子供には教育を受けさせる義務を持つのに
なぜ大人に受けさせる義務はないのだろう?
社会に適応させるために義務教育を定めるなら、人生80年にもなって
9年の義務教育で事足りるわけがない。

>>33
それに効果があるとしても俺に命令しても意味ないだろ。俺には人を動かすだけの能力はない。

>思想教育より犯罪防止に有効な手段だろ。
だからそれに論拠を示してくれ。それがないと判断しようがない。

39 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:44:48.03 ID:9JzLc0R70
>>38
犯罪者を生み出してる現在の倫理や公民教育は意味無いだろ?
多少でも有効性を主張するなら、それをすら受けてない在日朝鮮人学校出身者を強制収容所で再教育から始めなきゃねw

早急に日教組やプロ市民(左翼)を排除した教育が必要だろ。



40 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 16:53:46.32 ID:9JzLc0R70
>>38
> だからそれに論拠を示してくれ。それがないと判断しようがない。
国家が国民に現在より安心安全を提供出来る。
1、日本が決めた最低限の道徳教育すら受けてない者を追放することで犯罪の減少。
2、年間3兆円の直接財源で国民に安心安全を与える政策が実行出来る。

41 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:01:37.01 ID:tgy6aHjZ0
ID:2UUO7GLm0の馬鹿なところは、如何なる教育を受けようと、それを取捨するのは結局教育を受ける本人だ、ということに想到できないことだなw
それともこの馬鹿の言わんとする教育とは、実は洗脳やロボトミー-手術のことなのだろうかww

42 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:04:45.98 ID:2UUO7GLm0
>>36
ネオ麦茶事件というのは初めて知った。そういう感覚の犯罪者のケースは殺人を助長するはずだろう。

でも逆に過去の報道で「死刑になりたかったから、死にたかったから」
という動機で殺人を犯したというケースもなかったか?
この場合は死刑制度が殺人を助長しているという論拠になりうる。

こういうのは多数決で決めるもんなのか。
そもそも正確に定量できるものなのか。

とりあえず後者の例しか知らなかったのは俺の無知のせいとして
それを反社会的とされるのは不満がある。

>>37
それは論理の上での誤解だろう。
その二つの文章が裏の関係にあるので、
上の方を俺が真だと思っていても下の方を真だと決めることはできない。
こういう知識も義務教育で学ばないと意思疎通に誤解が生じうる。


43 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:14:37.99 ID:9JzLc0R70
>>41
感情否定だからロボトミーでも足らないと思う。
人間から意思や感情を取り除き完全統制社会を目指すらしいw


>>42
> それは論理の上での誤解だろう。
真とか関係ない事実だからw
だから、現実に刑務所無いでの犯罪は起きてるからw
無いなら死刑にする必要が無いんだろ?w
有るんだから死刑にする必要が有るだろ?w

下手な言訳より「知識不足で例えを間違えました」と謝罪すれば?w
貧困と知識不足の凶悪犯罪者でも教えられれば謝罪するんだろ?w

44 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:30:14.99 ID:2UUO7GLm0
>>40
それは在日の方に日本の道徳教育を義務教育化するという方法もありだと認めていますね。
どちらが有効かは今の俺には甲乙つけられません。

>>41
その本人は何を基準に取捨を決めているのか?
それを決めているのもそれ以前の教育ではないのか?
何も全てを教育で教えればいいとは言っていない。
社会的に犯罪とみなされる行為をしない選択をさせるための教育をすればいいわけだ。
犯罪が必要善や必要悪だと思ってるならわざわざそんなことすることもないだろうが。

要は「如何なる状況でも他人の命を奪うのはいけないことだ」
ということを「1+1=2」っていうのよりも正しい前提条件と根付かせればいい。

45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:31:26.17 ID:i5d88JQo0
>>4
>食うに困る環境に生まれた人間が盗みを働いたら犯罪というのでは不平等。
>そういう人を援助する仕組みを持たない社会が犯罪者だということ。

で、いくら渡せば平等?
その渡した金をギャンブルで使い果たしての犯行は?

>議論すべきは死刑について。
>死刑とは刑罰の中で唯一人の命を奪うという点で明らかに異質であり、だから十分に議論すべきと判断している。

そう、異質だからこそ残すべきだ。
死刑だけは嫌だと廃止派が主張するように、犯罪者にとっても死刑が特別に嫌で許せない刑罰の可能性が高い。
嫌だからこそ抑止力が働くからな。

>むしろ殺人を当たり前と思っているから死刑にしようなんて軽々しく言えるのでは?

『では?』これが妄想の証拠だな。

>人の命を重んじるなら、なぜ凶悪犯にはそれが適用されないのか?

被害者の命がそれだけ重いから。

>死ぬことで責任がとれるとは思えない。
>改心して遺族に謝罪し続ける方が遺族としては嬉しいということはないのか?

『思えない』『?』だけで被害者遺族の気持ちを代弁する気か?
現実に死刑判決を求める遺族が多数いるのだがね。

46 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:42:21.59 ID:i5d88JQo0
>>41
>それともこの馬鹿の言わんとする教育とは、実は洗脳やロボトミー-手術のことなのだろうかww

こいつの恐ろしいのは犯罪者だけではなく、犯罪とは無縁の者や被害者遺族までがそのとばっちりを受ける事だな。
結局のところ、『身勝手な殺人鬼の為に社会の全ての人が洗脳教育を受けろ!、殺人鬼の望む物を分け与えろ!』って主張。
こいつらにとって殺人鬼は特権階級であるべき存在なんだろうね。

47 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:49:53.44 ID:tgy6aHjZ0
>>44
お前は世界中の全ての情報を統制をして、正に恣意的な教育を全国民に対して取捨選択の余地のない閉鎖空間で行うことを望んでいるのか?そして教育後も閉鎖空間に全国民を閉じ込めておこうと?真性の気狂いだな。
お前らの大好きな人権業者が聞いたら卒倒しそうな話だw

お前の妄想するユートピアなんざどうでもいいから、地に足を着けた発言をしろや。

48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 17:53:57.36 ID:9JzLc0R70
>>47
いや、日本に掬う人権屋の総意だろ。

49 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:08:51.75 ID:2UUO7GLm0
>>43
有るんだったら独房に入れれば十分だろう。
死刑にする必要はない。

ギャンブルに使ったらって生活保護とかの人が自由にギャンブルに使えるのは
明らかにそれを黙認している社会の仕組みの方がまずおかしい。
人から支給されたお金をギャンブルに使うという社会不適合な考え方を教育で正せばいい。

社会不適合とされたなら治せそうなら治してやればいい。
治せないなら別の社会で生きるようにすればいい。
治せないから殺せばいいというのはやり過ぎだ。

廃止派は死刑は嫌だからとか感情的に言ってるわけではない。
死刑を廃止した方が社会的にメリットが大きいのではないかと考えている。
死刑に犯罪に対する抑止力があるとは証明されていない。
むろん抑止力がないとも証明されていない。
できるのは仮説を立てて、それが正しいと思わせる論拠を示すのみ。

50 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:18:47.03 ID:3PWb7fCIP
>>42
この場合は、じゃねえよ。この場合じゃない件のケースはどう始末するつもりだ?
大体、宅間守の場合はは自己顕示欲の発露を犯罪に求めたケースだ。こういう奴は現実には死刑制度なんぞ無くとも凶行に及んだ可能性の方が高い。
自己顕示欲が発端となれば、考え方によっては死刑が無くとも無制限の犯罪に至った可能性だってある。他者の手による死を望むのであれば、狙撃による射殺、という選択肢もあるのだからな。
こういう手前勝手を受容するお前は、犯罪に荷担したい、死刑廃止によって犯罪を助長したい、という願望を抱いていると断ぜられても無理はあるまいが。




51 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:22:11.71 ID:2UUO7GLm0
>>46
それは殺人鬼ありきの考え方だろう。
殺人を犯す人を減らすのがいいんじゃないのか?
ある人はこの先殺人を犯すって初めから決まってるなら何しても無駄だろう。
誰でも殺人を犯す可能性も犯さない可能性もある。
それを環境要因を制御して変動させられるかもしれないなら減らすようにする。

52 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:35:36.84 ID:3PWb7fCIP
>>51
だから、手から零れた砂はどう始末するつもりなんだよ。
教育なんて結局取捨選択は本人の選択になることは避けえないし、絶対終身刑なんて現行の死刑制度より国際社会の批判を受けることになるぜ。
(国連人権委は、死刑廃止を求めてはいるものの、日本に於ける死刑制度は非人道的とまでは言えない、ともしている)



53 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:38:55.37 ID:i5d88JQo0
>>51
>ある人はこの先殺人を犯すって初めから決まってるなら何しても無駄だろう。

なら死刑を廃止する必要はない
これは今までの教育云々の主張も自分自身で否定したと言う事だ。


>それを環境要因を制御して変動させられるかもしれないなら減らすようにする。

『かもしれない』という曖昧なギャンブルで一般人の命をチップに使うのか?
賭けに勝っても殺人鬼の命が助かるだけなのに。
賭けに負けたらどうする?
死刑を復活させるか?
これには答えて貰うぞ!
逃げるなよ!

54 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:41:18.97 ID:P+C/THbk0
かもしれない論争、5人の受刑者がいました、それをここにある飴玉5個だとすると、明日には一つだけ溶けて4人になっているかもしれないw

55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:42:50.17 ID:i5d88JQo0
>>49
>死刑を廃止した方が社会的にメリットが大きいのではないかと考えている。

メリットとその根拠は?

>死刑に犯罪に対する抑止力があるとは証明されていない。
>むろん抑止力がないとも証明されていない。


別に無くても困らない。
だがもしあったら無くした時に困る。
廃止派は逆だろうがねw

56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:49:23.79 ID:tmnddiXw0
>>49
>有るんだったら独房に入れれば十分だろう。
>死刑にする必要はない。

ああ、親が死んだら餓死確定の社会不適応者ニートか。
人殺しをして独房に入れば、死ぬまで衣食住の確保が出来るからな。
お前みたいのには都合がいいんだろうが、お前には残念な話だが、死刑は無くならないよ。
諦めて働きな。

57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 18:57:10.27 ID:9JzLc0R70
>>49
自分が有るか無いかで判断しといて何言ってるんだ?
こんな簡単な自分の過ちすら認めない。

引き蘢りだから道徳教育受けてないのか?忘れたのか?

58 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 19:03:18.10 ID:9JzLc0R70
>>49
> 治せないなら別の社会で生きるようにすればいい。
どこの社会だ?死刑廃止国が引き受けてくれるのか?

> 死刑を廃止した方が社会的にメリットが大きいのではないかと考えている。
人権で減刑思想が吹き荒れた80年代〜90年代初頭の凶悪犯罪者は出所後再犯してる。

> できるのは仮説を立てて、それが正しいと思わせる論拠を示すのみ。
死刑執行された死人は再犯ゼロ。
在日朝鮮人と在日韓国人と在日中国人と不良帰化人を追放すれば、大幅に犯罪者が減り財政負担も3兆円以上削減出来る。

仮説じゃ無く真実だ。

59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 19:07:58.12 ID:9JzLc0R70
日本の死刑を廃止したいなら、在日朝鮮人と在日韓国人と在日中国人と不良帰化人を国外追放しろ。
これで、日本国内の犯罪者が大幅に減るし、生活保護や他の社会保障費で年間3兆円以上を削減出来る、この財源を日本国民の安全安心政策に振り当てて、国民番号と磁気カードで納税と指紋DNAの管理センターを作り、警察捜査力のアップで冤罪を防止しろ。
この辺りから実行して行けば、日本は事実上の結果死刑廃止国になるかもしれない。

60 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 19:37:25.16 ID:2UUO7GLm0
>>53
死刑制度をこの先も存続するのもギャンブルだよ。
殺人は現行制度のもとでも起こってる。
彼らの命は敗けではないの?必要経費なわけ?
殺人鬼を更正させることで得られるのは彼らの命だけじゃない。
その知見は新たな殺人鬼生まれるのを防ぎ多くの命を救うことにつながる。
ベルトコンベアー式に死刑にすればそんなことはできない。

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 19:51:04.04 ID:2UUO7GLm0
>>56
別に人殺さなくても生活保護があるだろう。
社会=日本国家じゃない。
日本国家が多くの社会が合わさって成り立っている。
会社という社会に不適合だからリストラされた。
でも死ねってことにはならない。再就職して新しい会社に入る。
就職先が見つからない。会社という社会全に不適合とされた。
でも死ねってことにはならない。生活保護を受ける。
犯罪を犯してしまった。でも社会全てから不適合とされたわけではない。
刑務所という社会が受け皿になる。
刑務所でも不適合なら別の社会を見つけないといけない。
でも刑務所で猶予することもなく死ぬことが決められていいのか?
刑務所で適合できても死刑判決が覆らない限り殺される運命は変わらないんじゃ腑に落ちない。

62 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 19:51:14.76 ID:3PWb7fCIP
>>60
お前は馬鹿か?
死刑廃止の下では殺人は起きないと、何を担保に断言できる?
「罪に対する刑が不当に軽ければ、それ付け込む輩が必ず出てくる」と、実例を以てレスしたはずだ。
現実に起きている出来事に対して、妄想を以て反論した気になれるとは、お前の脳味噌はどういう構造をしている?
凶悪犯の命は助ける必要がない。他者の命を軽んじて、恣に殺人を犯した者を赦すことは、赦す者が他者の命を軽んじ蹂躙することを肯定するという意味を持つことに他ならない。、


63 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 19:57:05.13 ID:i5d88JQo0
>>60
>死刑制度をこの先も存続するのもギャンブルだよ。
>殺人は現行制度のもとでも起こってる。
殺人は現行制度のもとでも起こってる。


それでは廃止国で殺人は無くなったかね?
制度があるから殺人が起こるわけではないぞ。
殺人が起こるから制度がある。
ギャンブルと言ったが廃止国が日本より殺人が多い時点で廃止に賭けるのは無謀な賭けだ。

>その知見は新たな殺人鬼生まれるのを防ぎ多くの命を救うことにつながる。


だから妄想の根拠をだせよ。
それと肝心の質問から逃げてるからもう一度問う。
死刑廃止で殺人が増えたらどうする?
問い1
死刑を復活させるか?
問い2
責任は取れるのか?
問い3
取るとしたらどの様にして責任を取るんだ?

逃げてごまかすなよ。

64 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 20:03:41.75 ID:3PWb7fCIP
>>60
966 :傍聴席@名無しさんでいっぱい :2011/08/30(火) 20:12:50.20 ID:mTrQZWDvP(4)
そもそも恣意的殺人という凶悪犯罪を起こした者が反省出来ると言うのなら、自分の罪の深さを受け入れ、自ら進んで死刑判決を受け入れるのが道理であって、控訴など考えも及ばない筈だ。
にも関わらず、死刑に対する不服、控訴が後を絶たないと言うことは、結局凶悪犯罪者というものは、自分の罪の重さを自覚せず、被害者の命の重さを軽視していることに他ならないのであって、
それらを鑑みれば行き着く結論は死刑以外にはない。
反省したから刑を軽くするということは、刑が軽くなるから反省するということであり、それが実際反省と言えるのか?そんなものは只の利益誘導でしかないではないか。



65 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 20:06:24.27 ID:UTc6/AiV0
>>60
お前は精神病者をバカにしてんのか?精神病者を底辺と見下ししてるのか。
精神病者の減刑などと言うこと自体、精神病者を一人前の人間として見て
ないじゃないか。精神病者を全部自分の目線で語るんじゃねえよ。
他はお前みたいに甘えてねえよ。

お前の理想の社会を作る過程をフローチャートで書け!!

お前にはこの言葉を送ろう。
「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう。」

66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 20:15:57.35 ID:tgy6aHjZ0
廃止論者に言わせれば、海のものとも山のものとも付かない廃止論に乗っかることはギャンブルとは言わないのかw

大した山師だなw

67 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 20:22:46.55 ID:3PWb7fCIP
孰れギャンプルに乗らなければならないのなら、リスクだけが目立ってリターンが曖昧な廃止論よりは、リスクもリターンもある程度明確化化されてる存置に乗るわ。
俺は堅実派だからなw

68 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 20:44:55.94 ID:2UUO7GLm0
再犯ゼロにすることだけが目的なら犯罪者を全員殺せばいいいということになるが、
万引きしたら殺されるってんじゃ恐ろしい社会だろう。
残虐に人を殺したら殺されるべき、というのが今の日本大多数の人の考えだろう。

でもこの考え方いつまでも変わらないとは言い切れない。
法のあり方はその時代に生きる人間が決めていくものだ。
死刑を廃止する国は世論がそちらに傾いたから変わった。
日本と諸外国ではそもそも社会としての成り立ちが違うから同じようにはいかない。

でもどうなるか分からないから変えないの一点張りでは社会の発展のしようがない。

69 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:00:13.56 ID:3PWb7fCIP
>>68
陳腐な言い回しだな。
結局の所死刑廃止に至るにはお前らじゃ役不足だって事なんだから、黙って時が来るのを待ってろよ。
臥薪嘗胆の気構えのない奴が、良い意味でドラスティックに物事を変えることなど出来るものか。
死刑制度が永遠である必要もないが、お前らには早急に廃止しなければならない根拠も、廃止に至れる条件もないのだからな。

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:05:43.40 ID:i5d88JQo0
>>68
で、>>63の答えは?
都合が悪くて答えられんか?

71 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:10:04.17 ID:2UUO7GLm0
>>62
担保にというが存続してても犠牲者は確実にいるんだぞ。
それをどの程度のリスクとリターンと社会に住む人々が捉えるかが変化するかを決めるんだろ。
俺個人だってどっちか微妙なところだ。
賛成派しかいないようだから反対派もいた方が議論になるだろうと判断した。

「不当に軽ければ」と言っているが「不当に重い」のは許されるのか?
万引きに死刑じゃどう考えても重すぎる。それは社会の弊害だ。
では万引きが強盗だったら?強盗殺人だったら?無差別殺人だったら?

利益と損害のバランスを決めるのは社会に住む人々だ。そして変わる時は変わる。
いきなり変わるものではないが、だからこそこうやって議論する意味がある。
大体こんなことがコイントスのようなギャンブル感覚で決まったらそれこそ困る。


72 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:15:39.01 ID:i5fgnTa40
>>68
> 再犯ゼロにすることだけが目的なら犯罪者を全員殺せばいいいということになるが、
> 万引きしたら殺されるってんじゃ恐ろしい社会だろう。

お前が再犯ゼロを国家に求めるからだろw
万引で死刑が嫌なら完全終身刑だな。
自己意識を奪わない限り再犯の恐れは有るから、国家に責任や保障を求めるなら当然だろw

73 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:18:28.57 ID:i5fgnTa40
>>71
> 担保にというが存続してても犠牲者は確実にいるんだぞ。
現行法に従って厳格に判断と執行されてないからだろ。
それを実行してからでも遅くは無い。

120人の死刑を執行してから考えよう。

74 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:21:18.95 ID:UTc6/AiV0
廃止論者はフランスを見習えだが、フランスは凶悪犯を現場で結構
射殺している件www

75 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:23:17.68 ID:2UUO7GLm0
>>63
問1
死刑廃止が逆効果なら復活させる方向に進むだろう。
問2
責任は誰がとるとか言ってるが、死刑廃止が実現するなら社会が認めたことになる。
当然その利益も損害も社会が被る。責任は当然構成員全てにあるだろう。
実際は被害者が一番損害を被ることになるが、その図式は今も同じ。

76 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:30:37.84 ID:UTc6/AiV0
>>75
俺や家族がキチガイ凶悪犯の責任の一端を担わねばならなくなるなら、断固
として死刑は未来永劫続けなければいけない。

77 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:32:57.65 ID:2UUO7GLm0
>>72
再犯ゼロよりも求めるべきは初犯ゼロだろ。
万引きしたら殺されるとか終身刑だとしたら初犯もなくなるかもしれんが、
そんなガチガチの法のもとでは社会は崩壊する。
結局社会とその構成員が幸せであるには、そういう極端なやり方は正答でない。

78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:38:59.35 ID:3PWb7fCIP
>>71
>担保にというが存続してても犠牲者は確実にいるんだぞ。

存置であっても廃止であっても人が人を殺すか殺さないかという選択権を有している限り被害者は生まれる。
そんな解りきった事がどうかしたか?
お前が示すべき所はこんな事じゃなく、死刑廃止すれば確実に恣意的に生命を脅かす者が居なくなる、若しくは死刑存置時に比して、明らかに激減する、という事だろ。

>それをどの程度のリスクとリターンと社会に住む人々が捉えるかが変化するかを決めるんだろ。

だからその結果死刑が存置されているではないか。
さらに言えば積極的にしろ消極的にしろ存置を是としている者達を変える材料をお前らが何時までも持とうとしないから廃止に至れないではないか。
筋が通った結果に対して、一体何が不満なんだ?

>万引きに死刑じゃどう考えても重すぎる。それは社会の弊害だ。
では万引きが強盗だったら?強盗殺人だったら?無差別殺人だったら?

一体何所の国の話をしている。日本の刑法制度の話じゃないのか?w
2行目は完全に自分の言葉に酔っているだろうお前。議論したいなら正気を保て。

>利益と損害のバランスを決めるのは社会に住む人々だ。そして変わる時は変わる。
いきなり変わるものではないが、だからこそこうやって議論する意味がある。

だから黙って変わる時を待ってろよ。諸行無常、栄枯盛衰というだろ?永遠なんてものはこの世に存在しないらしいからよ。
それが嫌なら自分を変えろ。状況を変えられるだけの力を持って出直せ。
来るべきユートピアなんてものを妄想している限り、お前らじゃ死刑廃止には役不足。







79 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 21:39:41.44 ID:2UUO7GLm0
>>76
いや既に現行法でも犠牲者がいるし、それは社会全体の責任だ。
凶悪犯だけのせいでも警察や国会議員の怠慢だけのせいでもない。
死刑以外にだって法律はたくさんある。それを改正する権限を持った
国会議員を選ぶのはその構成員だ。
死刑に賛成したり反対したりしても責任逃れできるわけではない。

80 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:00:39.37 ID:2UUO7GLm0
>>78
そもそも仮説なのに確実を求めている時点で議論にならない。
結果に不満を言ってるわけではない。
とりあえず俺は人に殺されそうになった経験もないしな。
ただ疑問は持っている。殺人はなぜなくならないのかとか。
少なくとも俺はなくなった方がいいと思ってるし、現状でなくなってないなら、
現在のやり方に不備があるのでは、と思うのは自然な流れだろう。
死刑制度はその一つだが、他にも論点はある。殺人が起こっていること以外にも問題点はある。

ユートピア妄想するのは何も悪くないだろう。
そこ否定してどうして文明が発展できるだよ?
今日より明日がいい日であることを望むのは変なことじゃない。
そこに力量如何は関係ない。


81 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:04:42.10 ID:i5fgnTa40
>>77
> 再犯ゼロよりも求めるべきは初犯ゼロだろ。
アホウw お前が同列に書いてたんだろw

> そんなガチガチの法のもとでは社会は崩壊する。
お前が言ってる教育って、意思や感情までコントロールが目的だろw
犯罪の自由より思想信条の自由を規制する社会が良いんだw

> 結局社会とその構成員が幸せであるには、そういう極端なやり方は正答でない。
極端にならぬよう、現行法と多数の国民の総意として120人の死刑を執行してみよう。
法整備も思想教育も全く必要が無い穏やかな道だ。

>>79
> いや既に現行法でも犠牲者がいるし、それは社会全体の責任だ。
厳格な現行法の執行を妨げて来た死刑反対派の責任だ。

> 凶悪犯だけのせいでも警察や国会議員の怠慢だけのせいでもない。
詐病や嘘反省で減刑を与えて来た人権死刑廃止派の責任だ。

> 死刑以外にだって法律はたくさんある。それを改正する権限を持った
> 国会議員を選ぶのはその構成員だ。
意味不明なんだけど?

> 死刑に賛成したり反対したりしても責任逃れできるわけではない。
責任逃れに最大限の協力してるのは人権死刑廃止派だ。

82 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:08:13.70 ID:i5fgnTa40
>>80
> ただ疑問は持っている。殺人はなぜなくならないのかとか。
人類を最後の一人まで殺せばその後の殺人事件は無くなるぞw

> 現在のやり方に不備があるのでは、と思うのは自然な流れだろう。
人権死刑廃止派に因る司法干渉を禁止に気付かないの?w

後はお花畑板に専用スレでも建ててほざいてろw

83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:25:48.96 ID:i5d88JQo0
>>75
>責任は誰がとるとか言ってるが、死刑廃止が実現するなら社会が認めたことになる。
>当然その利益も損害も社会が被る。責任は当然構成員全てにあるだろう。


廃止に反対してても廃止派の責任転嫁に巻き込まれるのか…
しかも自分たちの責任問題は棚上げ…
こりゃ、絶対に廃止させられんな。


>実際は被害者が一番損害を被ることになるが、その図式は今も同じ。


被害が一番被害を被るのは同じでも死刑廃止で増えた場合は明らかに廃止を推進した側の責任だろ。


84 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:26:39.08 ID:3PWb7fCIP
>>79
詭弁に過ぎる。社会の構成員には殺された被害者も当然含まれるが、お前は被害者が当然殺されてしかるべき責めを負っているのだから自業自得、とでも暴言を吐くつもりか!
そもそも社会に対する責任を問うのであれば、持てる最大限の力を行使して自助努力する事を怠った社会構成員たる犯罪者本人に責めを帰すべきであって、社会に個々の負うべき責任を転嫁すべきものではない。
考えてもみろ、世の中には不遇な者は多く居るがそれらは皆殺人犯か?リストラされて路上生活に落ちた人間は必ず犯罪を犯すのか?
世の中は何でもかんでも恵まれた人間で溢れかえっている訳じゃない。いろんな手枷足枷があってもその中で自分の身の丈で生きている奴の方が多いだろう。そういう人間を前にして、好き勝手に殺した事に対し社会に問うべき責とは何だ?
甘えすぎるな。





85 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:47:28.90 ID:i5d88JQo0
自分のレスを自分で否定してどうするの?
たった数時間の整合性もなくなるレスで誰が納得する?
これは一例だけど他にもたくさんあるぞ。

↓↓↓↓↓↓
>>9
>生活の糧を得るのに盗みを働いたが顔を見られているので後で見つかって没収されてしまう。
>では殺して口封じをしよう。死んだら分からないはずだ。
>十分想定できることじゃないか。
>では聞くがあなたはそういう仕組み存在することをいつ知った?


>>61
>別に人殺さなくても生活保護があるだろう。

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 22:59:38.69 ID:s5NdEQrT0
>>4
>食うに困る環境に生まれた人間が盗みを働いたら犯罪というのでは不平等。

犯罪かどうかというなら犯罪だよ。
盗まれた方は、明らかに不利益を被っている。
有罪かどうかというなら議論の余地はあるが…。

>人が人を裁くという方式は今のところ変えようがない。

それは了解なんだね。でも、君らのお友達にはそれに異を唱える者もいるよ。
そこは、同調するなり、袂を分かつなり、けじめをつけて参加してくれ。

>死刑とは刑罰の中で唯一人の命を奪うという点で明らかに異質であり、
>だから十分に議論すべきと判断している。

議論がいけないとは言っていない。
むしろ議論にすらならないことを残念と言っている。
しかし、死刑をそこまで特別視するなら、抑止効果が特別でないと言い切る
理由は何だね?

>人の命を重んじるなら、なぜ凶悪犯にはそれが適用されないのか?

まずは、無辜の人の生命を虫けらのように扱った報いであるから。

>改心して遺族に謝罪し続ける方が遺族としては嬉しいということはないのか?

そういう人もいるかも知れないが、犯人が生きていることが許せない遺族もいる。
死刑があっても改悛の情が見られたら死刑回避の可能性もあるが、死刑をなく
したら生きていることが許せない遺族の気持ちを鎮める可能性を排除してしまうよ。

ということで、何もかも君の独自解釈だね。
そもそも、比喩に事細かに答えてくれる必要はないんだよ。趣旨にレスしてくれ。


87 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 23:03:02.55 ID:i5d88JQo0
>>80
>ユートピア妄想するのは何も悪くないだろう。
>そこ否定してどうして文明が発展できるだよ?
>今日より明日がいい日であることを望むのは変なことじゃない。

誰にとってのユートピアだ?
妄想ならエロトピアくらいにしとけよ。
殺人鬼は何人殺しても再チャレンジOK。
被害者は死んでいるから人権無視でOK。
で、再チャレンジした殺人鬼が再犯しても責任は被害者や遺族も含む全ての善良な人。
一般人は年間10人にも満たない殺人鬼の為に多大な経費、時間、手間、リスクまで掛けて洗脳教育を強要される。


88 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 23:11:33.98 ID:i5d88JQo0
>>87
結論を忘れたけど、>>80の望みは明らかに変だろ?

89 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 23:24:18.88 ID:2UUO7GLm0
>>87
社会にとってのユートピアだろう。

洗脳教育というが、「人を殺すな」って教えるのが洗脳なのか?

誰でも殺される可能性がある社会を認めている時点で被害者にも責任はある。
ただどう考えても責任以上の損害を受けている。
それは不当としか言いようがない。不当だから問題になっている。

90 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 23:35:35.99 ID:v6iWmmz+0
>>89
>>ID:2UUO7GLm0君は中学生か高校生だよね。
(それ以上だと少し知性に問題が有る)

意味も知らず言葉を振り回してるだけだから、親から教え込まれた思想を自分の思想と信じきって悦に入ってる感じだよ。

国民の平等とか使ってるけど、平等の意味を理解してないから使えるんだよ。
気軽に使ってるけど、平等とは人間の三欲や母性本能すら否定する言葉なんだよ。
真の平等とは例外が無いんだから、「ここまでは平等だけど後は不平等」なんて通らないんだよ。でないと平等とは言わないだろ?

子供の列に車が突っ込んで来て、母親が命がけで我が子を助けても、平等では無いと批判するの覚悟が有るのかね?



91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/08/31(水) 23:44:46.60 ID:v6iWmmz+0
人間社会は不平等で差別や区別が有るから成り立ってるんだよ。
人権ファシストや死刑廃止運動家が語る平等など、悪質な言葉遊びなんだよ。

日本国民が一斉に寝て一斉に同じ物を同じ量食べて同じ性行為をするなんて不可能だろ?
何らかの差が生じれば、それは平等では無くなるんだよ。
極端な話、考えや心拍数に酸素の消費量まで同じでないと平等とは言えないだろ。

変な思想家に幻惑されてるなら、夏休みの終わりと同時に目を覚ましなさい。

平等は不可能、人権は言葉遊び、人権死刑廃止派の死刑廃止は思想運動の一環。
休みの最後に少しは勉強になったかね?

92 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 00:04:17.71 ID:sgQcPFyC0
>>91
人間の持ち物で唯一平等なのが命の数。
それだけは平等でしかも取り返しがつかない。
だからこそ平等に対価を支払うべきだな。
どんなに他人の命を奪っても殺人鬼の命だけは守られる不平等は利益を受ける殺人鬼、犯罪者予備軍に特権意識を与え犯罪を凶悪化させるだけ。
これは既に少年法でも実証されている。


93 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 00:06:29.60 ID:Py2D/zxk0
>>89
まあ、君はアルプスの少女みたいに人里離れた大自然の中で一人でヤギと
暮らすのが一番良いだろう。適応障害だから一般社会で生きていくことは
不可能だよ。俗世を捨て、携帯を捨て、PCを捨て、仙人として新たな
人生を送ることをお勧めする。


94 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 00:09:06.53 ID:pkJ1CP/5P
>>89
>洗脳教育というが、「人を殺すな」って教えるのが洗脳なのか?

「人を殺してはいけない」ということは誰だって教わっている。
殺人犯だって教わっている。その証明は、殺人を犯した者が証拠を隠滅する為の行動は、それが「やってはならない事」だと理解していなければ取る必要のない行動だからだ。
人間以外の動物は、他の動物を殺したからといってその事実を隠蔽することはない、なぜなら殺すことに対する善悪の概念など持ち合わせていないからだ。
殺してはいけないことを知らない人間が、何故その事実を隠蔽する必要があるのか?

殺してはいけないことを知っていて尚、恣に殺すものの行動を防ぐという事は、洗脳かロボトミー手術を施す、という事に他なるまい。

>それは不当としか言いようがない。不当だから問題になっている。

本気でそう考えているなら寧ろ犯罪を阻止する方向で考えるべきであって、死刑を廃し、刑を軽減し、殺人を恣に出来る機会を与えると言うことは本筋から明らかに外れている。
被害が不当だから死刑を廃して不当な被害を広めよう?一体何を言ってる?
総じてお前には議論に足る整合性というものがない。



95 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 00:12:20.49 ID:5FIACBwt0
>>92
曖昧な「命」より「死」の方が適当な言葉と思う。

96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 00:34:35.99 ID:sgQcPFyC0
>>89
>洗脳教育というが、「人を殺すな」って教えるのが洗脳なのか?



あんたの『人を殺すな』は実際には『殺人鬼の刑罰を軽くしろ!』
一般人と殺人鬼を意図的に混同して他者に強制的に刷り込む。
すでに洗脳だよ。
一般的な『人を殺すな』は死刑があっても普通に教育出来る。
まさかあんたは『人を殺しても良い』って教わったのか?
『人を殺しても良い』と考えているのか?

97 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 00:36:05.71 ID:3WSb+Bad0
>>89
>誰でも殺される可能性がある社会を認めている時点で被害者にも責任はある。
>ただどう考えても責任以上の損害を受けている。
>それは不当としか言いようがない。不当だから問題になっている。

被害者に「殺された責任」があるとして、その「責任」以上の損害「死」を受けている。
それは、確かに「不当」であり、問題だよな。

問題だから、これ以上の事が起きないように「死刑」が存在するんだろ。
最低でも再犯は防げるし、安易な殺人に対する抑止にもなっている。

で、それが死刑廃止と何の関係が?

98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 02:07:41.92 ID:7fCFUVsb0
>>90

いや、
間違いなく、君達より多くシナプスが働いている。

自分が理解できない人間を、自分より下と決めつけるのは、アホな証拠だ。

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 04:18:02.56 ID:WDVoQXFw0
>94
>「人を殺してはいけない」ということは誰だって教わっている
いや、
教わっていたとしても、浸透はしていない。
現に、お前らのような「死ね死ね団」がこの国には多数、存在してるからな。

>何故その事実を隠蔽する必要があるのか?
アホか?
捕まりたくないからに決まってんだろ?
「殺しちゃいけない」と思ってるからではなく、
殺してしまった後、「捕まりたくない」と思うから、隠蔽するんだよ。

お前ら同様、殺人を犯す人間は、その瞬間、犯罪を犯す瞬間は、
「人を殺す事は、いけない事」なんて、思っちゃいない。
そう思う人間は、人を殺したりなんかせんよ。

>総じてお前には議論に足る整合性というものがない。
整合させる、脳活動がないだけだろ? お前に。

仮に、死刑を廃止し、その理由に、
「人間はどんな理由であれ、意図的に殺人行為を行ってはいけないから」
としたら、それを理解させ、浸透させる事が出来たら、
今よりも犯罪を抑止できると、思えんか?

カッとなろうが、「許せない!」って思おうが、仕返しや罰と称してでも、
人間は人間を殺しちゃダメですよ。と、
感情主体の人達にも諭せる事が出来たなら、犯罪は間違いなく減るよ。

お前らの「殺人願望」とも言える人格は、再構築されるだろうよ。

100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 06:14:29.41 ID:5buXAGcT0
>>99
横レス失礼。

>教わっていたとしても、浸透はしていない。

その「浸透」は「洗脳」と同義であると指摘されてるんだよ。

>捕まりたくないからに決まってんだろ

君の脳内では悪いことをしないのに捕まる心配をするのか?
捕まると思うのは悪いことをしたと思っているからだろ。

>仮に、死刑を廃止し、その理由に、
>「人間はどんな理由であれ、意図的に殺人行為を行ってはいけないから」

死刑があるから教育できないという理由にはならないし、死刑廃止国で
殺人がなくなるわけでもない。それは、死刑があるから殺人が起きると
いう論理を完全に否定するものだ。

君は、人が理解する能力がないと言い放つのがお得意のようだが、ここ
にいる人にすら理解させ、廃止への賛同を得られない者が、国民の多数
を説得できる訳もないだろ。
あたかも自分たちが特権階級であるかのように振る舞い、相手を貶める
ことで少数派の地位を守ろうとするのは封建社会の話だ。
多くの死刑支持者を切り捨てる君が、凶悪犯を切り捨てないのは明らか
に人や人命の扱いに関して不均衡であると思わないか。
民主政治社会においては、少数派は多数派の理解を得る努力なしでは
意思は反映されないよ。少なくとも、ここで多数になる努力を惜しむなよ。


101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 08:29:19.73 ID:sgQcPFyC0
>>99
>教わっていたとしても、浸透はしていない。
>現に、お前らのような「死ね死ね団」がこの国には多数、存在してるからな。

犯罪とは無縁の一般人でもそうなら凶悪な犯罪者の更生など尚更無理だな。
やはり死刑存置だ。


>整合させる、脳活動がないだけだろ? お前に。
>仮に、死刑を廃止し、その理由に、「人間はどんな理由であれ、意図的に殺人行為を行ってはいけないから」 としたら、それを理解させ、浸透させる事が出来たら、今よりも犯罪を抑止できると、思えんか?

何度も言うが廃止国ではそれが実現したのかね?
根拠を示さない妄想しか言えんのか?


>感情主体の人達にも諭せる事が出来たなら、犯罪は間違いなく減るよ。
>お前らの「殺人願望」とも言える人格は、再構築されるだろうよ。


なんだ>>2の刑罰を犯罪と同じか。
つまりある一定の効果が出るレベルの教育と称した洗脳がしたいんだな。
本当に殺人願望がある奴のレベルに合わせてやったらお前が>>2で主張した様に発狂する者が多発するだろうな。
元々殺人願望の無い者ほど無意味で苦痛な洗脳を受ける訳だし。

102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 09:20:36.53 ID:Vwue10j70
社会があるから刑罰があるんだろう。
「やってはいけないこと」を定義する必要があるから。
逆に「やってもいいこと」「やるべきこと」は制限してはいけない。
あなたたちだって求める選択権は後者の範囲内なはずだ。
何があっても前者を選択することなく後者の他の多くの選択肢から選ばせるようにする。
教育はそのための効果がある。これは洗脳教育とは一線を画す。
洗脳教育は「やるべきこと」までも制限、強制してしまうのだから。

殺人が「殺すか殺さないのか」の二元論で起こるわけではないと思う。
犯罪者はそもそも善悪とか利害の感覚が社会の一般的な人とずれているから犯罪を犯してしまったわけだ。
善悪と利害の感覚とは学習によって身に付ける。
当たり前だが社会によって善悪と利害の感覚は異なる。
だから社会全体で構成員にそれを教育する義務がある。
社会が義務を怠るから犯罪が起こるのだから、死刑にする前に教育し直すのも道理ではないか。
死んでしまっては教育の余地がない。

103 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 09:49:28.76 ID:Vwue10j70
大体刑罰だ云々言うが、刑法の内容を義務教育でちゃんと教えているのか?
俺はまともに読んだことなど一度もない。
もちろん俺はそれでも犯罪など起こしてない。
それは多分親や先生や友達が教えてきてくれたからだ。

しかし犯罪に手を染めてしまった人は同じように教えてもらえてたのだろうか。
彼らを責める前に教育を施すべきだ。
ただおそらく学習能力の高い子供のように順調にはいかない。
でもそれは彼らのせいではない。子供が受ける教育は子供の時には選べないから。
少しでも教育の成果が出れば、犯罪者も自分のした過ちを悔いるようになる。
そうなる可能性はないと他者が決めてはいけない。犯罪者だって決められない。
とにかく社会全体で彼らを教育する義務があるだけだ。

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 10:00:41.58 ID:yRbTotpe0

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \   ロクに仕事もせんで辞めやがって    
    | ⌒(( ●)(●)     なにが、私自身の生きざまの中で悩み考えていきたい、だよ  
    .|     (__人__) /⌒l   ざけんじゃねぇ
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____    
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\        
 / / |      ノ   ノ           /×))  ((×\ . ’, ・  ぐぇあ
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  >  
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /     .| 
          \     (           /      |
            \    \


105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 10:04:24.00 ID:pkJ1CP/5P
>>99
>教わっていたとしても、浸透はしていない。
>「人間はどんな理由であれ、意図的に殺人行為を行ってはいけないから」
>としたら、それを理解させ、浸透させる事が出来たら、
>カッとなろうが、「許せない!」って思おうが、仕返しや罰と称してでも、
人間は人間を殺しちゃダメですよ。と、
感情主体の人達にも諭せる事が出来たなら、犯罪は間違いなく減るよ。

何を教育させようと、それを咀嚼吸収するのは教育を受ける本人であって、教育をする側が脳味噌に手を突っ込むわけには行かないんだぜ。
それともお前は脳味噌を攪拌でもされたいのか?そういう状況を望んでいるのか?
自分がやられたくもない事を他人に強いようとするのは、それこそ犯罪者、凶悪犯罪者の思考だな。
お前に「浸透」が成されているかどうかなんて誰にも解らないんだ。平等を訴えるならお前の脳をも掻き回すしかない。

>捕まりたくないからに決まってんだろ?
「殺しちゃいけない」と思ってるからではなく、
殺してしまった後、「捕まりたくない」と思うから、隠蔽するんだよ。

お前は何支離滅裂なことを言っている?自分のレスを自分で検証せず、思いのまま考えつくまま行き当たりばったりでレスをするからそのように整合性が取れなくなる。
殺して良いのであれば捕まる事は無いのだから隠蔽する必要がない。
何故自分が捕まる、捕まるかも知れないと想到できるかと言えば、「殺してはいけない」事を理解しているからだ。
今一度問うが、殺してはいけないことを知らない者が、何故捕まると考えられるのか?

>お前ら同様、殺人を犯す人間は、その瞬間、犯罪を犯す瞬間は、
「人を殺す事は、いけない事」なんて、思っちゃいない。
そう思う人間は、人を殺したりなんかせんよ。

で?、ネオ麦茶はどう説明する?
あの事件は、犯罪を犯せば刑罰を受けることを理解し、18歳未満は死刑にならないという事を理解し、犯行声明を行い、計画性をもって、数台あったバスの中から、年配者や女性という力の弱い者だけが乗っているバスだけに狙いを定め、犯行に及んでいる。
計画殺人は市川一家殺人や、北九州一家殺人など枚挙に暇がないが、そのような実例に対し、瞬間の思考など何の意味がある?
大凡量刑判断の時にに、正に殺す瞬間のことなどさして考慮などされない。人を殺すことがいけない、と殺す瞬間に考えられない人間も死刑になるのなら、全ての存続殺人犯や衝動殺人犯は例外なく死刑になっているだろう。

後、忠告しておくが、恣意的殺人と刑事罰の区別くらいはしておけ。

それと、死ね死ね団だの殺人願望だの、無意味なレッテル張りをし出す時は、例外なく廃止論者が自家撞着に陥っているか、自身の論理が行き詰まって相手を罵倒するしか無くなった時だ。
それは議論を放棄したという事だ。低劣を自認したくないならそんな事は止めておけ。











106 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 10:10:47.27 ID:Py2D/zxk0
>>103
お前の理屈で言うと、一人の教師が全国の子供を教えなければならんな。
でないと教育に誤差がでる。



107 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 10:11:21.16 ID:HoGp4caB0
>>9
>生活の糧を得るのに盗みを働いたが

だからまずハローワークにでも通え。いきなり本人の責任じゃねーか。
永山の無知の涙でも読め。無知とは罪なんだよ。
長々と書いてるようだが、もしも真っ当な教育を得られなかったら〜
ってタラレバ論を通そうと思ってるのか?
顔を見られたから殺したとか何の言い訳にもならんぞ。
顔を隠さなかったお前の責任じゃんって。
いじめられて様が教育を受けてなかろうがここで人を殺さなきゃいけない必要性を
微塵も感じないね。殺したお前が悪いの一言。
ぜーんぶ他人のせいにして責任押し付けてるだけ。死刑が妥当。

108 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 10:18:16.52 ID:Lludwk0C0
特定されない為に、一生懸命ID変えて。
廃止論者は大変だ。
まぁそのうち「ソンチ」とか、お決まりの事書いて、またオメェかみたいな話になるんだろうけど。
馬鹿は死ぬまで馬鹿のままだな。
死刑が必要な理由を、廃止論者自身が示しているんだから話にならないよ。

109 :105:2011/09/01(木) 10:22:22.39 ID:pkJ1CP/5P
>存続殺人犯→尊属殺人犯

の誤りだ

110 :105:2011/09/01(木) 10:26:00.75 ID:pkJ1CP/5P
尊属殺人犯も尊属殺人の誤りだな。

俺も色々とアレだw

111 :105:2011/09/01(木) 11:02:01.72 ID:pkJ1CP/5P
>>103
自己陶酔も大概にしてくれないか?
やってはいけない事を犯罪者が義務教育で学んでいなかったとすれば、その事によって犯罪に及ぶのだとしたら、少なくともその犯罪者と同クラスで学んできた者は全て犯罪に走っていなければならない道理ではないか。
全ての人間は「やってはいけない事」を学んでいる。
仮に不当な自由により、学ぶべき事を学ばなかった、学べなかったとすれば、それは責任能力が備えられていないということになり、死刑を科せられることはない。
お前、何故18歳未満の少年が少年法で強くその権利を保護されているか知っているか?



112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:06:20.31 ID:Vwue10j70
>>106
なんでだ?あなたも犯罪を犯していないだろう?
俺の恩師とあなたの恩師、これで2人。
他に犯罪を犯していない人は申し出ろ。その人の恩師も加算される。
別に全く「同じ」である必要はない。
「絶対犯罪を犯さない」という制限を教育基準に設けるだけだ。
手段は色々あるだろうが、その共通部分を義務化する。

子供が生まれたら国は法令集を贈る。
法改正毎に改訂版を贈る。
まずそれ位してみたらいい。
犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。

六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。

113 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:19:54.34 ID:Xt/ii4s+0
>>112
すまんが俺は犯罪を犯した事がある。(立ちションや飲酒チャリや仲間内での賭け事)
俺の恩師の24人は失格だなw

114 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:24:31.51 ID:WT7spyNR0
>>28
>なぜか言葉の端しか捉えない人ばかりだ。長すぎるのか。

君の場合は、全く必要のない言葉の端ばかりが長いんだよ。存置派は本質を的確に指摘している。
すなわち君にとって都合の悪い本質。長々と言葉の端を付け足して誤魔化そうと躍起になっている部分だよ。
だから君は明確な答えが返せないのだろう?


115 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:26:46.13 ID:HoGp4caB0
くだらねぇ。死刑も殺人も何も関係なくなってるな。
ちゃんとした教育ができていなければ刑罰自体廃止と。

116 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:28:28.63 ID:WT7spyNR0
>>103
おやぁ?

刑法をキチンと教えて貰ってないから凶悪殺人を犯した可能性があるってかぁ???

死刑の存在こそが、殺人を容認する負の教育になっていると主張している廃止派と真っ向から対立しちゃうよね?

これでまた一つ廃止派のネタが打ち消されちゃったね。


117 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:31:55.66 ID:Py2D/zxk0
>>112
悪いけど、俺と君を一緒にしないでくれるかな。
君は教えてもらわないと何も理解できない人間のようだが、俺は成長する上
で人の痛みとか倫理を自分で学習したのよ。

君は「絶対犯罪を犯さない」という制限を教育基準に設けた中から
凶悪犯が出たら、必ず「教え方に差がありすぎる」って必ず言うよ。
君は世の中の全てが受け入れられないんだから。

>子供が生まれたら国は法令集を贈る。
>法改正毎に改訂版を贈る。
>まずそれ位してみたらいい。
>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。

>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。

まず自分で汗水流して働いてそれで買えよ。でないと身にならんのだよ。
なんでもかんでも社会をあてにすると君みたいなクレクレの人間になって
努力を忘れてしまうのだよ。何で社会主義が崩壊したのから考えたほうが
いいな、君の場合。
君みたいな横一線の思想は危なすぎる。バカが量産されそうな気がする。

118 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:38:32.15 ID:Py2D/zxk0
>>112

あと、君は反論しやすいことに反論するんじゃなくて、>>105の問いにも
答えるべきだ。君ら廃止派は総論だけで個別の案件には弱すぎる。
もっと個別案件も勉強するべきだろう。
例えば関や松永の生い立ちとか、どういう人生だったか。
そのようなことから死刑廃止を訴えてもいいんじゃないのか?
ま、君の場合は教えてもらわないといけないとは思うが。

119 :105:2011/09/01(木) 11:40:57.83 ID:pkJ1CP/5P
>>112
取り敢ず、俺はこれから仕事に行かなければならないので落ちるが、お前は俺の問いの全てにキチンと答えておいて貰えないかな?
議論ってのは、お互いの問いに答え合わなければ成立しないんだ。にも関わらず、お前は問いにまともに答えず、自分の言いたいことだけ思いつくままに羅列することに終始しているよな。
俺はお前のレスに対し、相応するレスを全て(多分)返しているはずだ。

お前は議論をするためにここにいるんだろう?ならばキチンと相応の姿勢を見せろ。
大凡お前が今やっていることは議論とは言わない。

ID末尾Pは、今のところ全て俺のレスだ。
キチンと議論に参加しろよ、その気があるなら。


120 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:41:03.32 ID:Vwue10j70
>>106
ネオ麦茶事件とやらを示してどうしたいんだ?死刑の年齢制限を下げたいのか?
自分が死刑になるのが損だからという理由で犯罪を抑止できると仮定する。
若い時には死刑にならないから若いうちに犯罪を犯す。
では死刑の年齢制限を下げたらいい。

その論理でどこまで年齢を下げるつもりだ。
小学生でも人を殺してしまう時代だぞ。そこまで下げるのか?

死刑に年齢制限があるのは子供は教育がまだ不十分だと認めているからだろう。
では大人なら教育が十分なのか?
教育が不十分だと犯罪を犯す可能性を認めているなら、
なぜ大人の犯罪者が教育を十分受けていない可能性を否定できる?
大人が教育を十分受けているのかどうやって測ったんだ?

教育には善悪や利害の感覚を育てる意味もある。知識だけじゃない。
知識とは本来覆されるのを前提としているものだ。天動説や地動説と変わらない。
「人を殺してはいけない」とは知識じゃない。倫理だ。
それを決めるのはその時代の社会だ。
そしてその中では覆されることを前提にしていない。そこが知識とは異なる。
人は知識で動くんじゃない。善悪や利害で意思を決定する。
犯罪者はその善悪や利害の感覚が周りの人とずれている。
善悪や利害の感覚も教育によって培われる。ならば犯罪者こそ教育すべきだ。






121 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:44:15.06 ID:zvyttvGo0
>>118
被告個人の生い立ちや生き方は、死刑制度では無く司法判断の分野だと思うよ。
一人が同情に値する生い立ちで減刑を考えたとしても、それは特定個人の裁判での事で、死刑制度に関係する事では無いからね。

122 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:48:59.13 ID:zvyttvGo0
>>120
横スレだけど、39条と41条は完全廃止するべきだろうね。
昨夜も恐ろしい再犯が起きてる。

最低でも快楽殺人は年齢性別問わない方針が必要だね。

39条と41条は人権の概念をも踏みにじってるから。

123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:53:40.72 ID:Py2D/zxk0
>>121
いや、それは分ってるんだが、俺には廃止派のポイントが分りにくいん
だよ。だから例をあげて展開したら廃止派のポイントが俺にも分るかな
と思ったんだよ。
確かに亀井静香も
「死刑は廃止するべきですが、個別の案件には答えられません」って言ってる
からそういう事だろうな。

124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:55:05.91 ID:Py2D/zxk0
>>120
俺に聞いてるのか?

125 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 11:58:29.68 ID:Vwue10j70
>犯罪者と同じクラスだったものは皆犯罪者になるはず
犯罪者だけがいじめにあってたらどうなる?
そもそもいじめだって本来犯罪なんだからそういう意味では皆犯罪者ってことだ。
ただばれなかったとか、集団だから責任も薄くなるとか
馬鹿げた論理がはびこっているからそこまで問題視されることがないだけだ。

126 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:09:49.68 ID:GDrkAmue0
イイ流れだね
ソンチの加減が露呈されてきてるw



127 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:10:27.91 ID:Py2D/zxk0
>>125
犯罪者の再犯率は50パーな。
犯罪者の再々犯率は80パーな。
で再犯率もほんとはもっと高いはずなんだけど、囚人も懲りて自分で勉強
して捕まらなかったり、起訴されなかったりってのがあっての50パー
なわけね。
犯罪者の世界でも自分から学習する奴はいるんだよ。悪い意味でだが。
で何も学習できなかったやつはまたムショにお帰りってわけよ。
で日本の刑務所は応報刑でなく教育刑ね。横一線に教育しているのに
なぜ再犯が多いのか。
君の理屈ではやはり教え方が悪いになるんだろうな。

128 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:12:40.78 ID:Vwue10j70
>>121
司法判断の問題というが判断しているのは裁判官らだろう。
言ってみれば知識の上で一番教育を受けて来た人間だし、
倫理観も同じように醸成されてきている人間だ。
一番学習機会に恵まれてきた人間が一番学習機会に恵まれてこなかった犯罪者から
今後の教育の機会を意味がないものとして奪ってしまうんだよ。
死刑以外ならともかく死んだら全く教育できない。
だから教育という観点で死刑とは異質になり、論点があると考えている。

129 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:24:32.44 ID:sgQcPFyC0
>>112
>他に犯罪を犯していない人は申し出ろ。その人の恩師も加算される。

はて?まともな教え子数百人と一人だけ凶悪な犯罪者を出した教師は教え子に与えた教育全てを否定されるのかね?

>「絶対犯罪を犯さない」という制限を教育基準に設けるだけだ。


教育で必ず正しく学べるなら、お前の親や恩師はお前に対して『他人を見下してはいけません』とか『気に入らないからといって人を罵倒してはいけません』って普通の道徳教育さえしてくれないクズなんだろうな。
そうでなければ、お前自身が教育でもどうにもならん奴がいると証明してるだけ。

>手段は色々あるだろうが、その共通部分を義務化する。


『色々』って書くとありそうに見えるよなw

>子供が生まれたら国は法令集を贈る。
>法改正毎に改訂版を贈る。

その法令集で撲殺事件が起こったら贈った側の責任か?

>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。
>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。
>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。
>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。

>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。
>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。

なにこの自己否定と他力本願は?

130 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:26:38.28 ID:RQBCKgTC0
死刑囚里親制度なんてどう?

当然廃止派は里親になるだろうし、教育もしてもらう。で、きちんと教育すれば犯罪は犯さなくなるらしいので、
再犯時に里親がその犯罪にふさわしい刑をうける。

これなら存廃派両方納得するでしょ。

131 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:35:01.37 ID:Vwue10j70
>>127
子供ならもともと持ってるものが少ないから教育しやすいんだが、
大人になるまで常習してきた人間は自分で強化してしまっているから
それを社会に戻れる位まで再教育するのは時間もかかる。

刑期を長くするのを厳罰化というのならそれは必要だと思う。
しかし厳罰と死刑は全く異なるものだ。むしろ真逆と言ってもいい。
厳罰化とは教育機会を多く与えようという観点があるが、死刑は逆に教育の機会を一切奪う。
罰には過ちを犯した人やこれから犯しかねない人を教育するというのが根本にある。
そういう意味では死刑は罰とは言えない。

日本のこれまでのやり方は死刑執行まで時間がかかるから、
つまり教育期間が長いから非人道的とは言われない。
ベルトコンベアー式に殺せばもはや完全に非人道的だろう。

132 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:39:10.38 ID:Nz6BMQYt0
お前ら廃止論者は一体何を喚いているw

教育教育喧しい奴がいるが、刑事責任を問う際は、成人の場合は当然責任能力の有無を問われるの。
犯罪を犯した者は裁かれる、という事を全く知らない人間の責任能力の有無、また知っている者の責任能力の有無がどうなるかは、責任能力の有り、無しによって量刑判断がどうなるか位、ここで議論する異常理解していてしかるべきだろ。
未成年者の場合は年齢に応じて多くの権利が段階的強制的に制限されているから、その制限にに沿って責任負うことを免ぜられているだけだ。


133 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:43:18.47 ID:Py2D/zxk0
>>131

>日本のこれまでのやり方は死刑執行まで時間がかかるから、
>つまり教育期間が長いから非人道的とは言われない。

拘置所では教育はないよwww教誨師を呼んでの懺悔はあるが。
君は例えば教育時間が長かったら死刑は人道的と認めるのか?
ベルトコンベア式の死刑は非人道なのか?
君ら廃止派って死刑の中にも人道的な死刑と非人道的な死刑があるの。
もう、訳が分らんようになってきた。

これから打ち合わせに出るけど、だれか他の廃止派の人>>131を通訳しと
いてね。お願いします。


134 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:46:57.21 ID:Vwue10j70
>>130
俺の仮説を基に案を提示してくれるのは嬉しいが、もう少し考慮してからにしてくれ。

社会に不適合と判断された以上、犯罪者は一時的にその社会から隔離される必要がある。
廃止派が犯罪者で刑務所という社会にいるならともかく、
一般社会にいる廃止派の所に里親に行くんじゃ隔離にならない。
犯罪を犯してない廃止派は法に触れてない以上、
一般社会に適合していると判断されていることもお忘れなく

135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 12:54:51.81 ID:RQBCKgTC0
>>134
隔離するってのは無条件なの?
考慮するスキもない、人類発生から未来永劫変わることのない真理なの?
人の命より優先されるべきことなの?


136 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 13:09:35.44 ID:Vwue10j70
>>132
では逆に聞くが、死刑とは量刑に入るのか?
全死とか半死とか定義できるのか?
死ぬ時に与える苦痛で定義するのか?ならなんで今まさにそうしていない?
死刑とは他の刑と違って量をとやかく言えるものではないんだよ。

>廃止派って死刑の中にも人道的な死刑と非人道的な死刑があるの。
国連が「死刑は廃止だが、日本の死刑制度は非人道的でない。」
と言っているというレスを解釈した上で明示しているだけだ。
俺の解釈が正しいかどうかは国連に聞いてみないと分からないが、
俺はそもそも死刑は総じて非人道的だと思っている。
だから末尾が「言われない」になってるんだ。
俺個人の意見なら「思う」とか「思わない」とかで終える。

確かに推論であるなのに「○○だから言われない」と
断定で書いてしまったのは明らかに俺のミスだ。そこは謝ろう。

あとこれは当たり前のことだが、廃止派でも存置派でも
それぞれの中で考え方の相違は存在する。
これは断定できる。あなたも認めてくれ。

137 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 13:18:17.30 ID:Vwue10j70
>>135
どの位でどの程度隔離するかは社会全体で決めることだろう。
生活保護だって一つの隔離の形だ。制限と言う方が正しいかもしれない。

そういう隔離や制限を明示したのが法や制度だとして、
それが不当だと思えば意見するのは自由だろう。
隔離や制限が目的なら殺すのはやり過ぎだろう。

再犯を防ぐにしてもそれは厳罰化で対処すべきであって、
死刑は必要ないはずだ、というのが俺の持論だ。

138 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 13:18:57.89 ID:mLR8wJ0j0
廃止論者のこれまでのレスを総括すると。

計画的に周到に、事が発覚しないよう念入りに細心の注意を払って証拠隠滅の努力をしながら多くの人間を殺してきたが、結果、努力で流した汗も報われず、死刑を宣告されてしまった。
しかし、たったその程度の事で何故俺が死刑にならなければならないんだ?

と言いたいわけか。
色々アレな奴らだなw



139 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 13:31:48.50 ID:Vwue10j70
>>138
他の廃止論者は知らないが、俺は人を殺したことはない。
もしかしたら俺が風邪を引いたときに街中を歩いていて
肺炎を患っている老人を結果的に殺した、
なんてことがあった可能性は否定できないが。
それは罪ではないのだろう。

既に死刑が決まっている人がこんな所にレスできるわけがないじゃないか。
それ位理解できる常識は持っておいてくれ。

140 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 13:44:52.10 ID:IkT5wlQf0
>>128
裁判員制度

141 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 14:07:15.96 ID:Vwue10j70
>>140
平均的な国民だからいいって問題じゃない。
大体平均的である時点で犯罪者より教育の機会に恵まれていることになる。
もちろん犯罪者は同レベルの犯罪者が裁けばいいというわけではない。
ここで重要なのは教育の差が犯罪の有無に関わってくるってことだ。

諸外国を見ると教育水準と犯罪数に相関性があるように思える。
それがもし事実なら教育水準をあげるべきだ。
そして誰より教育すべきは一番教育を受けてこなかったであろう犯罪者だ。
犯罪者とそうでない人の両方を観察した方が効率がいい。
むしろそうしないと何も知見が得られない。
凶悪犯は切り捨てというのは、重病患者切り捨てと似ている。
普通の人はそんなことはしないと思う。むしろ治らない患者でも死ぬまで治療を続ける例が多い。
日本では安楽死を現在認めていないというなら、
凶悪犯が殺してくれと言ったってそれに加担できない。

142 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 14:57:44.33 ID:mLR8wJ0j0
>>141
社会だの教育だの、何でもかんでも自分は悪くない全て他人のせいだ、と勝手に喚くのは構わないが、最終的に自分の行動を決めるのは自分自身だって事を忘れて貰っては困るぜ。
如何なる教育を施そうと、結局、何処まで行っても人間は皆同じにはなり得ない、個なのだという点に、君らは気が付いていない。
そもそも教育は不要だ、という発言はここには一つもない。君が教育教育と一人狂乱しているだけじゃないか。
しかも必ず人を殺さない教育とは如何なるものか、については全く言及できないらしい。
その事は結局君自身が、今ある教育が最高、とまでは言わないまでも、現時点で至りうる限界だと認識している証だろう。ならば現実を甘受すべきだ。今ある現実は、来る未来を否定するものではないのだから。

諸外国と教育というものが出て来たんで、君には是非、米コロンバイン高校銃乱射事件について知悉していて貰いたい。特に実行犯の遍歴については。
死刑存置国家であるアメリカで、死刑廃止の風が巻き起こり、国がその威信を賭けて教育更生による凶悪犯罪防止に取り組んた歴史があることを君は多分知らないだろう。
有名な事件なので精査すればネットでも詳細を掴めるかもしれない。




143 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 15:00:24.12 ID:WT7spyNR0
廃止派 「凶悪殺人犯を生かして更生させるべき」 「正しい教育を受けさせるべき」
存置派 「反省もしない、更生の見込みも無い殺人鬼は死刑で仕方が無い」
廃止派 「存置派は教育が出来ないダメな奴らなんだな。教育する方法はあるよ」
存置派 「じゃあ凶悪殺人犯を廃止派が里親で面倒見たらいいじゃない?教育できるんだろ?」
廃止派 「まずは社会から隔離すべき」
存置派 「隔離だろうが里親だろうが、廃止派は凶悪殺人犯を教育する手段を持っているんだよな?」 「だから再犯時には責任を負えばいいだけ」
廃止派 「それは皆で考えるべき」
存置派 「カエレ」




144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 15:34:53.85 ID:Vwue10j70
>>142
社会が悪いってのは他人が悪いっていうのとは全く違う。
社会ってのは自分も含めてる。つまり自分にも非があると認める行為だ。
だからこれを変えるのは自分たちの責任だ。まずは問題提起しよう。
むしろ「全て犯罪者が悪い」と声高に言うのは「自分は悪くない」って思ってるからではないのか。

全ての人間は全く同じにはならない。ここは俺もそう思う。
ではなぜ社会が存在するか。
それは全く同じではないが共通する部分がある。
少なくとも共通する部分があるとお互いに考えている。
だから社会を創る。

刑法は皆が共通して「やってはいけない」というのを定めたものだ。
でもその社会に新しく生を受けた者や他所から入ってきた者が
自分たちと同じように「やってはいけない」と認識しているか分からない。
その社会でやっていくには認識してもらわないと困るから社会全体で教育する。
その人の認識が甘い間は制限を加える。
子供は親の監視下に。犯罪者は刑務所に。
でもちゃんと認識できたら社会は何人も拒まない。

145 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:02:54.24 ID:Vwue10j70
米コロンバイン高校銃乱射事件というのを今ウィキペディアで見てみたが、
犯人の遍歴はよく分からなかったので、分かる範囲で答える。

まず犯人が犯行後自殺してしまうのでは、
もはや死刑で凶悪犯罪を抑止できるとする仮説が揺らいでくる。

俺個人の教育という観点で言わせてもらう。
アメリカは日本と違い完全な多民族国家だ。
ということは人々の間での共通部分にずれが元々多く存在する。
そのずれを社会に適合するように教育するのは大変だ。
アメリカ政府も苦慮しているが、犯罪数が日本より多いのはそういう理由があるのではないか。

教育の難しさを簡単な例にしてみる。
一つの国に肉食主義の人と菜食主義の人がいたとする。
しかしその国の大部分の人は両方バランスよく食べるのがもっともよい、と考えている。
国民の健康を考えると、肉食主義者も菜食主義者もちゃんとバランスよく食べてほしい。
となると肉食主義者には「もっと野菜を食べなさい」となるが
菜食主義者には「もっと肉を食べなさい」と教えないといけない。
これをちゃんと見極めないと教育が逆効果になってしまうこともある。
だから考え方が異なる人が多い国での教育は難しいんだ。


146 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:06:27.28 ID:WT7spyNR0
>>144
>でもちゃんと認識できたら社会は何人も拒まない。

認識できていて尚、凶悪殺人を犯した場合のことも考えたら死刑廃止する根拠には成り得ないな。
むしろ死刑とはそういう人間に対して適用されるべきものだ。

ただ。

知らなかったという理由さえあれば何をやっても許されるという事にはならないぞ。

147 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:09:27.61 ID:sgQcPFyC0
>>144
>むしろ「全て犯罪者が悪い」と声高に言うのは「自分は悪くない」って思ってるからではないのか。

犯罪とは関わらずまっとうに生きてる人間がいきなり『殺人鬼の犯罪はお前たちも悪い!』『責任を取れ!』って言われて納得できるか?
しかも言う相手が>>112だぞ。

>>144
>むしろ「全て犯罪者が悪い」と声高に言うのは「自分は悪くない」って思ってるからではないのか。

犯罪とは関わらずまっとうに生きてる人間がいきなり『殺人鬼の犯罪はお前たちも悪い!』『責任を取れ!』って言われて納得できるか?
しかも言う相手が>>112だぞ。



>子供が生まれたら国は法令集を贈る。
法改正毎に改訂版を贈る。
>まずそれ位してみたらいい。
>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。
>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。


148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:14:24.07 ID:sgQcPFyC0
>>141
>ここで重要なのは教育の差が犯罪の有無に関わってくるってことだ。
>諸外国を見ると教育水準と犯罪数に相関性があるように思える。
>それがもし事実なら教育水準をあげるべきだ。
>そして誰より教育すべきは一番教育を受けてこなかったであろう犯罪者だ。

平等とか言ってるけど差別意識丸出しだよね。

149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:20:11.16 ID:mLR8wJ0j0
>>144
理想は立派だね、敬意を表するよ。だが只それだけだ。たったそれだけか、と。
存置論者は誰も、君達廃止論者に、今更解りきっている「たらればを吐け」とは言っていない。君らの壮大な理想に対する現実とのギャップはどういう方法論で、即効性を以て埋め合わせてくれるのだ」と言っている。
現時点でも、教育を受けいたにも関わらず強行に走る計画犯罪者というものは存在する。それが君の思い描く理想教育下で出て来ないとは、君自身断言出来ないのは明白。
そういう場合、社会の責任を背負っていると自認する君は如何なる形で責任を取れるというのか?
君らが問われているのは唯その一点だけなんだよ。

ギャップが埋まらない限り、そこに付け入る隙を見つける、ある種の能力に長けた奴は必ず生まれる。それは否定できない事実なんだよ。
もし否定するのであれば、結局君は教育を口にしながら、人が潜在的に持つ能力を過小評価している、って事だ。


150 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:22:42.09 ID:sgQcPFyC0
>>145
>まず犯人が犯行後自殺してしまうのでは、
>もはや死刑で凶悪犯罪を抑止できるとする仮説が揺らいでくる。


『まず信号機があっても事故が起こってしまったので、もはや信号機で交通事故を抑止できるとする仮説が揺らいでくる。』ってレベルだな。

151 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:24:52.32 ID:mLR8wJ0j0
>>145
遍歴も調べずレスをするな!
全てに於いてそういう軽率さ、軽薄さを見せるから死刑廃止論者は信用されない!


152 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 16:35:35.36 ID:Vwue10j70
>>146
「認識」という表現は間違っていた。
法を知っていたとしても、それが当人の選択の基準になってなけらば意味がない。

>何をやっても許される事にはならないぞ
あなたは何をやったら許されて、何をやったら許されないか知っている。
その基準は教育によって身に付けたはずだ。
刑法の条文を単に暗記すればいいというものでもない。
暗記しなくても基準になっていれば問題ない。

そして許す許さないを決めるのはその社会だ。
別の社会では価値基準が異なる。
ならその社会で許されないなら別の社会に行かせればよいではないか。
あなたは死後の世界を「別の社会」などとは言わないだろうな。

153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:00:44.75 ID:Vwue10j70
>>150
信号機は設置前と設置後で大幅に事故数が減少したという事実があるから現在でも実地されている。
死刑制度はそういうデータが出ているのか?
大体信号機は現在の車社会でこそ機能するのであって
例えば自動制御の車が一般化されれば信号機もいらなくなる。
制度だって時代に合わせて変える必要がある。
自動制御の車を研究開発する人間がいるように、死刑制度の是非を問う人間もいる。
どちらもよりよい社会に変えていこうとしているだけだ。

154 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:10:23.90 ID:mLR8wJ0j0
ID:Vwue10j70 ←この人本当に自分だけの世界でしか物を語らないなぁ。ひょっとしてアスペなの?

法を知って、それを当人の行為選択の基準となったとして、それが何だというの?
刑罰には抑止力がないという仮説は廃止論者の拠って立つところじゃないの?刑罰が抑止力とならないなら、法を知っても何にもならないって事でしょうが。

別の世界ってのは死後の世界も廃止論者的には含まれるようだから死刑で問題ないのでは?
という煽りは置いといて、別の社会、といってもそれは相手のあることであって、何処の国は受け入れるという確信があるのかねぇ。
ID:Vwue10j70 は根本的に自分の世界が世界の全てだと勘違いしているようだ。



155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:20:54.15 ID:Vwue10j70
>>149
俺に責任を取れるのかというが、現行制度で失われた命の責任は誰が取っているんだ?
犯罪者が死ぬことで責任を取ったことになると思ってるのか?
命の対価は命で支払えるわけないだろう。対価ってのは交換できるものにしか使えない言葉だからな。
一度失ったら戻らない以上、命の対価になるものなどないんだよ。
だから尊いし、命の損失は未然に防ぐ必要がある。
変化によっても命の損失が起きてしまったとしても、俺にも誰にもその責任が取れるわけがない。
でも現状でも既に命の損失が起きている以上、責任が取れるかというのは変化を否定する理由にはならない。
絶対取れない責任が命の問題にはある。可能かどうかなど議論の余地はない。

156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:40:42.45 ID:mLR8wJ0j0
>>155
再三社会責任という言葉を繰り返しているのは君だよ。君を含めた全ての責任といったのも君だよね。その君が何故責任を取れないの?君に責任が無いのに何故社会が責任を負う?支離滅裂だよ。
君の持論に沿って君が率先して責を負わずに、どういう説得力を持てるの?
社会が責任を負っていないとして、それを理由に君が責任を負い、責任を取ることを否定することは、社会に負うべき責任はないと認めることだよ。
絶対取れない責任とは、責任が無いという事とイコールだよ。責任があるという君が言ってはいけない事だ。

何故こんな事が解らないかなぁ・・・

157 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:44:59.06 ID:mLR8wJ0j0
>>156
釘を刺しておかないと逃げ回るのが君の特性のようだから一応言っておくけど。
>>155の問いにはキチンと【全て】答えてくれよ。

158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:49:35.09 ID:mLR8wJ0j0
>>155
間違えた。
>>155じゃなくて>>149だった。
じゃ、責任を負っていると自負する君の回答を待ってるから。


159 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 17:58:21.36 ID:mLR8wJ0j0
あれ、俺何やってんだろw
>>155は>>149にキチンと答えてくれよ、責任負っている者として。

しかし連騰ウザい俺・・・

160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 18:01:07.50 ID:Vwue10j70
>>154
反対派は数が少ないんだからちゃんと一つ一つ前のスレも呼んでくれ。

他の廃止論者は知らないが刑罰に抑止力がないと俺は一言も言っていない。
廃止派は一枚岩ではない。それは存置派も同じだろう。

・死刑は当人の教育になっていないという観点から他の刑罰とは異なる。
・現行制度の一律に絞首刑としている死刑はその中で量刑を定義できていない
 という点で他の刑罰と異なる。

死んでしまったら教育できない。
罰とは教育の意味合いを持つべきと考える俺には死刑制度に異論がある。

俺は刑期を長くするとか罰金で支払う額を増やすとかそういう意味での厳罰化には賛成している。
そういう罪の重さに応じて罰の程度を増減できるという刑罰には抑止力があるのではないか。
しかし死刑はそれができない。

社会=国ではないというのは先に述べたはずだ。
俺たちが住む社会と刑務所という社会は同じ国にあっても同じ社会ではない。
適用される法規則も異なっている。
一つの社会で不適合なら別の社会に移す。
適合する限りはどの社会でも自由に選ばせる。

もちろん死後の世界の有無については俺はノーコメントだ。
どちらか分からない限りは社会として認めない。それだけだ。

161 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 18:17:22.54 ID:+EFzZEju0
来易く平等を使わなくなったのは成長と捉えていんだよね?

162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 18:40:17.12 ID:mLR8wJ0j0
>>160
言っておくけど、死刑存置論的には、凶悪犯に悔悟とか反省なんてものは求めていないんだよ(一枚岩)、償いなど不可能だからね。不可能なことを要求するのは人道的じゃない、だから死刑が相応なんだ。
有期刑はその罪を償うことが物理的に可能だからね、だから死刑にする必要はないのさ・
まあこれは単純な切り分けであって、例えば
被害者が植物人間になった、
全身に火傷を負わされ、所謂社会復帰が不可能、生涯高度医療を受けなければならなくなった、
等の、生きながら社会参加が出来ないというような被害に対して、加害者が精々15年かそこらで放免されるのは刑期が短すぎるという問題はあるんだけどね。
でもそれは死刑になるべき凶悪犯とは別の話だから。


163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 18:48:06.98 ID:Vwue10j70
責任を「負う」のとそれを「果たす」のは違うと思うのだが?
責任を「取れるか取れないか」とは「果たせるか果たせないか」だ
というのが俺の解釈なのだが。

命の損失の責任は社会全体で「負う」べきだが、
何人たりとも損失による責任を「果たす」ことはできない。

「負えるのか負えないのか」という以前に、現状維持でも廃止しても俺は責任を「負う」
それは俺の意思が決めることじゃない。
「果たせるか果たせないか」は当然命の損失ではどうやっても俺には「果たせない」
俺が死んだら責任を果たしたことになるならそうするかもしれないが、
実際は失くした命は戻らないから「果たせない」
これも俺の意思ではどうすることもできない。

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 18:52:16.93 ID:FKhRcrKi0
>>58
>在日朝鮮人と在日韓国人と在日中国人と不良帰化人を追放すれば

アパルトヘイトって知っているか?
実際にそういうことをすれば、各国から経済制裁が行われ、被害が増すがな。



165 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 19:04:00.88 ID:Vwue10j70
>>162
償いが悔悟や反省という意味とするなら不可能となぜ決められる?
未来のことを完全に予測することなど不可能だろう。

償いが命の損失という意味で不可能なら他の凶悪犯に限らず自動車事故も対象になってしまうぞ。

そして償いが不可能でそれを要求するのは人道的でないとして、
なんでそこから死刑が相応となる?
完全に論理が飛躍してしまっているぞ。

166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 19:05:53.33 ID:mLR8wJ0j0
道理として、責任を果たせない果たせる可能性も無いなら死刑で問題がないよ。
責任ってのは義務と対なのだから。手前勝手に計画的に人を殺し義務を果たすことが物理的に不可能な者に、自ら義務を放棄した者に主張できる権利など何一つ無いよ。死刑だね。
凶悪犯罪者は、自らの意思で全ての責任を放棄したんだよ。その事実は存置論者達の意思ではどうすることも出来ないね。

167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 19:19:51.14 ID:Vwue10j70
>自らの意思で全ての責任を放棄した
その何を責任と決めるのは社会だぞ。社会の構成員が決めたものだ。
社会がなければ責任はない。社会が変われば責任も変わる。
最悪でも社会がなくても生きられる人間が、ある社会の全ての義務を放棄したからといって、
なんでこの地球上で生きる権利まで奪われるんだよ。

168 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 19:22:51.60 ID:mLR8wJ0j0
>>165
君には死者を蘇生させる術を心得てるんだね。それなら確かに不可能じゃない。
何故そういう大事なことを今まで隠して来たんだい?

自動車は利便性があるからリスクも含めて受け入れられているんだよ。
凶悪犯罪に及ぶことで凶悪犯から享受出来る君の利便性って何?
何か良からぬ事でも企んでる?

飛躍したのは、君の茶番に飽きてきたからからかっているだけなんだけどね、正直。
いい加減退席しますよw



169 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 19:43:01.72 ID:mLR8wJ0j0
>>167
社会の構成員が決めたものと言うことは、社会構成員であった犯罪者も合意したという事。
死刑もその犯罪者自身が決めた事なのだから、相応の犯罪行為を起こせば死刑を受けるのは寧ろその犯罪者の義務。
必ず社会で生きなければならない理由がないのにある社会に生きるのはその者の自由意思。少なくとも未成人でないのならその身を何所に置くかは本人の自由。
その自由意思を以て法のある社会に属するということは、同時に死刑になるべきは死刑に合意したのであって、死刑に相応であれば死刑になるのは当然の義務。

無制限の生存権なんてものは所謂社会の外で初めて通用するもの。
餓鬼かw


170 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 19:59:07.14 ID:sgQcPFyC0
>>160
>死んでしまったら教育できない。
>罰とは教育の意味合いを持つべきと考える俺には死刑制度に異論がある。


おや?人を狂わせるような刑罰を作る為に活動してるのに?
発狂しても教育は可能かね?
>>2は具体的にどういう刑罰を行うのかね?
ついでに逃げ回ってる質問を繰り返すが>>2の刑罰を実現するために、どこでどのような活動をしているのかね?

171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 20:10:09.03 ID:pkJ1CP/5P
死刑存置論者=現実主義者、性善性悪両有論者
死刑廃止論者=理想主義者、性善説支持者


172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 20:13:50.69 ID:sgQcPFyC0
>>165
>償いが悔悟や反省という意味とするなら不可能となぜ決められる?

そんなもんが償いだと喚いてるのはお前だけだろ。
本当に償わなければならん相手はいないんだからな。
お前は殺された相手に償うのが可能か?

173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 20:36:37.76 ID:Vwue10j70
>>168
利便性があるからって言ったって自動車事故で人を死なせたら犯罪だろう。
運転手が自分の利を求めるあまり他人に不当な害を与えた。
だから裁かれる。でも死刑にはならない。
凶悪犯が殺人を利と思っていたら同じだろう。
でもこちらは死刑になる。

社会全体の利便性を考えているなら、
まず皆が社会のためと思って車運転してるわけでない。
本人が思ってなくても社会の利便になっているというなら、
あの政治家は死んだ方が社会のためだって思う人が大勢いたら
それを社会の利として殺すのか?

社会にとって不利益なことをする人は犯罪者以外にも存在する。
不利益が許容量を超える人は新たな制限を加える。
制限を加えるとは別の社会に移すことと同じだ。
囚人が自由を奪われるというように同じ法が適用されていないんだからな。
凶悪犯もそれで十分ではないか。もはやそいつは社会に不利益を与えようがないぞ。

そもそも人が生きるってこと自体は利害とは無関係なんだよ。
利害を決めるのは社会の住人だ。
どんな人間も最初に生まれてくる社会は選べない。
その社会に合わないことをしたら殺すんじゃ
最初から殺されることになるって決まってたことになる。
社会がなければ殺されなかった人間が社会があることで殺されたら
人類が社会を創った意義が揺らいでしまう。

174 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 20:52:55.58 ID:sgQcPFyC0
>>175
>人類が社会を創った意義が揺らいでしまう。

やっぱりアスペなのかね?
『平等』は消えたが『社会』に加えて今度は『創る』に執着…
社会に責任を求めるだけじゃなく、自分も社会に生かして貰ってる身だと実感し働いたらどうだ?
毎日書き込みしている時間をみたら明らかに仕事すらしていないだろ?
痛みでもなんでもない出費すら出来ない生活よりマシだぞ。
↓↓↓↓↓
>子供が生まれたら国は法令集を贈る。
法改正毎に改訂版を贈る。
>まずそれ位してみたらいい。
>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。
>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。


175 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 20:54:49.02 ID:sgQcPFyC0
>>174
間違えたな。
>>175>>173に訂正

176 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 20:59:46.97 ID:Vwue10j70
>>169
個人的に今の死刑囚を救いたくて言ってるわけではない。
彼らは現行法が続く限り裁かれなければならない。
教育を施すという意味では死刑になると決まっていても行われるべきだと思うが。

刑法って法改正があったら刑の軽い方を執行するのか。
これは生存中の犯罪者憎しって感情のもと刑を安易に軽くするのを認めない風潮を生むな。
俺に言わせれば死刑に重いも軽いもないんだがな。
死にたいって思ってる犯罪者には死刑は終身刑より軽いんだろう。

177 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 21:10:16.60 ID:Py2D/zxk0
>>173
すまん、それは謝る。
飲酒運転して死亡事故起こした奴は死刑にするべきだ。が、ちょうどいい、
君に質問だ。
これだけ社会が飲酒運転はダメだといってるのに撲滅できないのは何故だ?
テレビも新聞も会社も全部言っているよ。ある種教育だよな。大人でこれを
知らない奴はいないよ。これどう説明する?

それにしても福岡の公務員が飲酒で追突した事件。子供3人が亡くなった
あれだ。あれを飲酒運転による第一号の死刑にするべきであった…

なお人道的死刑と非人道的死刑の違いはとりあえず承知した。
しかしである…死刑は死刑だ。


178 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 21:10:53.67 ID:lltH6Qov0
>>173
気持ち悪いから自分の言葉に陶酔してんじゃねえよ気狂いが。
お前以外の社会が利としているから自動車が認められ、お前以外の社会構成員が利としていないから凶悪犯が死刑になるんだ阿呆め。
凶悪犯が殺人を利とする事は社会が理知しないから吊されるんだ知障め。

吐き気がするぐらいお前は頭が可笑しいので、以下の部分はレスを止めるが、
利害を決めるのが社会の住人である限り社会は揺らぎはしねえよ低能。
そもそも社会ってのは利害によって始まったんだヴォケ。
生きるための利害によって社会が必要とされているんだゴミクズ。



179 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 21:48:43.95 ID:xNuCZ5Sb0
>>164
> アパルトヘイト
意味が分かってないのに使わない方が良いよ。
それに在日朝鮮人と在日韓国人を帰国させるのは人道的配慮だし、在日中国人は民主主義国家としての国防だよ。

180 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:01:59.31 ID:Vwue10j70
>>177
飲酒運転はダメだと思ってない人間がまだ存在するからだろう。
厳罰化も一つの流れだ。実際効果が上がってるとも言われている。
ただ厳罰化したせいか違反の発覚を恐れた犯人が見捨てたせいで被害者が亡くなったという事例もあるらしい。
救えたはずの命が救えなかったのだからなかなか難しい問題だ。

今思いついたが、飲酒運転をなくすなら自動車にあの検問でやってる機械を搭載したらどうだろう。
息を吹きかけてアルコールが検知されたらエンジンがかけられなくなる装置。
今の技術水準で簡単に作れそうだ。勉強すれば俺でも作れるかもしれん。
もちろん搭載していない車があれば没収される。
教育は一つの手段だが、それ以外にも手段はあるようだ。

181 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:12:39.34 ID:Vwue10j70
>>178
社会にとって何が利であるかは社会によって違う。
同時に忘れてはいけないのが時代によっても変わるということだ。
今は死刑存置が利だからそうなってるんだし、住民の総意の中には俺も入っている。
でもこれから変わる可能性は否定できないし、変わるとしたら俺なんかより
もっと正しそうな仮説を立てる人が現れて、多くの人がそれを信頼して変えるんだろう。
変える方がいいとする仮説を立てるのは全く悪くないさ。
仮説が誤りならすぐ論破されるだろう。

182 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:19:23.43 ID:Py2D/zxk0
>>180
>教育は一つの手段だが、それ以外にも手段はあるようだ。
だろ。結局、教育を活かすも殺すも本人なんだよ。

確かにそうすれば飲酒運転は減るだろう。が、しかし万人が高価なもの
を買えたり、取りつけられたりする訳ではない。しかも補助金だせば
また政府の財政支出になる。搭載していない車の没収は人権を無視する
ことにはなるんだよ。また通りがかりの人に息を吐いてもらってエンジン
かける輩も出るであろう。

このように世の中は君の思いの通りにはいかないんだよ。君の世の中を良く
したい気持ちは分らんでもないが、ある程度身の周りで起きていることは
「受け入れる」ことが必要なんだよ。

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:22:41.36 ID:Vwue10j70
>>180
安易な思いつきで書いてすまん。
よく考えたら呼吸分にアルコールが検知されなかったらエンジンがかかるというのは難しいな。
呼吸の成分は詳しく知らないが、少なくとも呼吸にはあって空気中にはない成分がないといけない。
しかもアルコールを含まない人の息が密売されたら防げない。
やはり素人には難しいな。専門家ならこんな間違いだらけの仮説は思いつきもしないだろうな。

184 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:26:52.25 ID:sgQcPFyC0
>>181

また>>170の質問に答えないのか?
>>2の活動は嘘かね?

185 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:28:44.03 ID:FKhRcrKi0
>>179
頭おかしいの?
何も罪を犯していない人をどうする気だ?

186 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 22:55:10.88 ID:Vwue10j70
>>182
他の手段があるからといって教育という手段の価値が下がるわけではない。
多くの人が声高に叫ぶことも飲酒運転を減らす効果があるかもしれない。
昔に比べて「飲酒運転による致死事故」の報道が増えたのも抑制効果があるだろう。
「飲酒運転によって死んでしまう人が実際にいる」という知識をリアルに得られた。
「自分が死んでしまう」可能性を認識する。
「自分は死にたくない」って感覚なら他の人に呼び掛けるし、
そのためにはまず自分が絶対飲酒運転しないことを実践する。
知識が犯罪を抑制する。教育の効果だ。

知識がリアルであるほど抑制効果があるなら、小学校の教科書に事故件数を載せよう。
できればその小学生が住む地域のデータを乗せるのがいい。
飲酒運転で死なないまでも大けがを負った人がいたらその人にお見舞いの手紙を書かせてみる。
これらに効果がないとどうして言い切れる?まだ行われていないというのに。

あなたが俺の意見に反論してくれたおかげで、具体策を考えてみることができた。
お見舞いの手紙を書かせるなんて発想は生まれなかった。
被害者のプライバシーの問題があるが、とりあえず俺の知人の先生志望の人に提案だけでもしてみよう。

187 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:19:47.68 ID:sgQcPFyC0
>>186
>あなたが俺の意見に反論してくれたおかげで、具体策を考えてみることができた。
>お見舞いの手紙を書かせるなんて発想は生まれなかった。
>被害者のプライバシーの問題があるが、とりあえず俺の知人の先生志望の人に提案だけでもしてみよう。

つまり今まで何も考えず、しかも思い付きだけで喋っていた訳だ。
そんな事より>>184の答えはまだか?
明日も休みだから急用でもない限り納得いくまで質問するぞ。
どこの団体でどこに対して活動してるんだ?
当然その教育方法も具体的に提案して要求しているんだろ?
その内容も答えて貰おうかな。
本当に活動してるなら口頭な訳ないから書面の通りに示すだけだろ。
刑罰を変える為に活動している団体が非合法なわけないから公表しても問題ないだろうしな。

188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:23:30.49 ID:Vwue10j70
>>2の発言は言い過ぎだろう。
アメとムチという言葉がある。
ちょっとでもいいことをしたらアメを与える。悪いことをしたらムチを与える。
いきなり「反省と償い」を求めちゃいけない。それが達成できるまでアメが与えられないのはきつい。
あと教育で大事なのは信頼関係だ。教える側がまず囚人を信頼しなけらばならない。
そのためには不当なムチは当然許されない。
とりあえず凶悪犯を半年で治すのはなかなか骨が折れそうだ。
有能な看守を育てることも重要だ。

考えてみると死刑宣告って恐ろしいな。
お前は更正することはできないって裁判官に決められる。
更正する気などさらさらないと思う犯罪者がいても、
自分の未来の可能性を他人に決めつけられるのは納得できないだろうな。

189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:37:49.81 ID:sgQcPFyC0
あらら、他人事のフリで逃げましたかw
それとも思い付きの発言など記憶から抹消かね?

190 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:39:22.52 ID:PnJIw5eY0
被害者は未来の可能性どころの話じゃないんだけどな。

191 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:39:29.33 ID:Vwue10j70
>>187
思いつきはダメなのか?
それが誤りならすぐ論破するか無視するかだろう。
自分で誤りだって気づいたらその時点で訂正する。

熟慮を求めるのか?議論が進めば新しい論点が次々浮上するものだ。
あなただって俺のレスに熟慮して答えているのか?
自分だけで考えただけじゃ分からないから議論するんだよ。
相手の意見を聞いた瞬間にそこはおかしいかもとかそこは正しいかもとか
あるいはよく分からないからもっと説明してと相手に要求する。

相手の意見を一つ聞く毎に一日熟慮してってやってたらちっとも進まないよ。

192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:39:47.88 ID:xNuCZ5Sb0
>>185
頭おかしいの?
人道的人権的配慮だろw

193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:45:04.58 ID:Py2D/zxk0
>>188
>自分の未来の可能性を他人に決めつけられるのは納得できないだろうな。

これは全てのことに通じることだよ。
会社でも社長や上の人間の考えや相性などで、同じ能力の人間でも上にいく
者、そのままのものと差が出る。
高校野球でも同じ能力の選手同士でも、監督の好みによりレギュラー、
ベンチ外の差がでる。

君も死刑囚も今の世の中の仕組みを「受け入れ」るしかないんだよ。
被害者本人も「無念」を受け入れたんだよ。


194 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 23:47:17.64 ID:sgQcPFyC0
>>189>>188にな

195 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 00:05:48.55 ID:fYDOJY5g0
>>189
だって>>2さんは他人だもん。
俺がこのスレ見つけてレスし始めたのはここ2,3日の話だし。
他人のレスの真意までは俺には汲み取れん。

2,3日でも収穫は大きかった。
昔は「国家が人を殺すのは認めるのに問題はないのか」位しか考えてなかった。
もともと教育や学習には興味があったが、それを死刑と結びつけるという発想は全くなかった。
存置派の意見についても少しは理解できたつもりだ。
「死刑に犯罪抑止効果がある」とする仮説の論拠を直接聞けたのは大きい。
そちらにも何か益があれば嬉しい。
俺は仮説は否定しても相手の信条は否定しないようにしたいんだが、
どうやらできてないところも多々あるようだ。
とりあえずここらで謝っておく。本当にすみません。

196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 00:06:18.19 ID:G2rs0hhC0
>>191
>相手の意見を一つ聞く毎に一日熟慮してってやってたらちっとも進まないよ。

本当の批判はそこじゃねーよ。
その程度の感覚で他人の洗脳を提案したりするお前の頭の軽さにだ。
レスの批判ならともかく、物事の本質は一日どころか問題が全て解決するまで熟考し続けなければならない。
お前はその本質すらコロコロとその場その場で変わり過ぎる。
お前にとって変わらないのは『社会のせい』『死刑のせい』『殺人鬼を生かせ』だけ。

まあ、だからこそお前が何をしようが死刑反対君だと特定されてるんだがなw

197 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 00:47:16.87 ID:XsXehnnXO
>>188
納得できなくてイヤな思いをするから刑罰なんであって、
本人が納得して受け入れてしまったら、苦しかろうが死のうがただの修行になっちゃうんじゃないかね?


198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 00:57:59.90 ID:fYDOJY5g0
>>193
またも言葉の解釈の違いか。「納得する」と「受け入れる」は異なる。
「納得してないけど受け入れる」はあなたの言う通り実在する。
納得とは相手の言動や考え方を理解することだ。
あなたの言う「受け入れる」とはこれから起こる現実を、という意味だろう。少なくともあなたの上げた例はそれだ。
つまり「納得してないけど受け入れる」とは相手の事を理解してないけどこれから起こる現実を受け入れる。
実際は「現実を受け入れない」というのはありえない。

相手の事を理解するとは、社会の基本だ。
そうでないとお互いの共通する利害を定義することができない。
つまり理想は常に「納得して受け入れる」ことであるはずだ。

死刑を受けた死刑囚は死刑を受け入れている。納得しているかいないかは人による。
今の死刑制度を俺は受け入れている。でも俺は完全には納得できていない。

俺や他の廃止派や死刑囚は既に現実を「受け入れている」
あなたがすべきことはをあなたの考えを俺たちに「納得させる」ことだ。

住人が総じて納得できれば社会は完成だ。
納得できない人間がいる間は社会は変化する必要がある。
その変化は死刑を廃止することではないかもしれない。
あなたが死刑存置派である限りは全ての廃止派を納得させる義務がある。
義務を放棄するのも構わない。万人が納得しなくても社会は存続できる。
しかし「納得してないけど受け入れる」人が負う損害の責任はあなたにも常にある。

199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 01:13:05.75 ID:fYDOJY5g0
>>196
他人の洗脳というが、義務教育だって言わば洗脳だろう。
子供は教育を受ける権利があるだけだが、結局その教育を受けなければ受けている人と同じ社会では生きられないんだからな。
要は洗脳の中身の問題だろう。

社会にとって利を生むならその社会では行う。
社会にとって害を生むならそれは行わない。
利害のバランスが常にプラスならとりあえず社会は存続できる。
しかし社会は最終的に利を増やしながら害をゼロにする方向に動くことを望む。

社会主義国がやったような洗脳ではとりあえずその時代のその社会では失敗だったのだろう。
だから方針を変えている。

200 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 01:57:14.35 ID:fYDOJY5g0
>>197
刑罰も納得して受け入れることができる。
死刑執行までの間に犠牲者の遺族に謝罪し始める死刑囚がいるだろう。

ここからは俺の持論だ。
その死刑囚は罪を犯す前も死刑を宣告された後もしばらく犠牲者の考えが理解できていなかった。
死刑に控訴し続けたりしていたとしたらその時点では裁判官の考えを理解していなかった。

しかし遺族に謝罪し始めたということは犠牲者や遺族の思いを理解したからだ。
彼は刑罰を納得して受け入れたことになる。
万人が初めから納得していればそもそも犯罪はない。
事故は起こるがそれなら犠牲者の思いが理解できないことはない。
犯罪を犯す前から刑罰に納得している人は普通にいるだろう。
故意でやってない人は大抵刑罰にも納得している。控訴できるのにしない人とかな。
そういう人はもともと犠牲者の思いも理解しているからだ。

問題は故意でやるような人だ。
彼らは刑罰に納得するしない以前に犠牲者の思いを理解していない。
しかし死刑になるような人でも時間を経て理解できるようになっている場合がある。

ここが難しい。死刑にも教育効果があるという例だ。
しかし効果が現れていない死刑囚もいる。

どうやったら死刑囚全員に教育効果を発現させられるか。
それが分かったら俺が存置派に変わる可能性は高い。
もちろん教育効果が上がった死刑囚をそのまま殺してしまうのはもったいないのでは、という疑問もある。

201 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 02:57:34.00 ID:G2rs0hhC0
>>200
>どうやったら死刑囚全員に教育効果を発現させられるか。
>それが分かったら俺が存置派に変わる可能性は高い。
>もちろん教育効果が上がった死刑囚をそのまま殺してしまうのはもったいないのでは、という疑問もある。


一行目で出来もしない無理難題を提示。
二行目でその無理難題を解決した場合の態度を表明。
が、三行目で二行目すら本心でないことを示唆。

だめだこりゃw

202 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 03:08:40.94 ID:G2rs0hhC0
さて、寝る前に指摘しとくが犯罪者の教育やら更生の話は死刑囚以外の犯罪者で実証してからにすれば良いんだよ。
犯罪の程度が殺人鬼より軽い者ですら実証出来ないのに殺人鬼に通じるわけがないだろ。
順番が逆なんだよ。
地道な努力を怠る人間が『社会の責任』って屁理屈だけで自分の妄想を他人に押し付けるのはおこがましいとしか言いようがない。

203 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 04:37:26.53 ID:PW3MXviu0
>>200
>どうやったら死刑囚全員に教育効果を発現させられるか。
>それが分かったら俺が存置派に変わる可能性は高い。
>もちろん教育効果が上がった死刑囚をそのまま殺してしまうのはもったいないのでは、という疑問もある。

死刑囚に教育効果を発現する必要はない。ただ黙って絞首台に登ればよい。
そもそも教育効果が上がったkどうかなどだれにも解らない。お前が犯罪者よりも知能の低い馬鹿であれば、お前のようなションベン臭い甘チャンの幼児など簡単に騙すだろう。
何しろ更生したフリをすれば飴しか渡さないんだからな。
結局お前の言ってることは教育などどうでも良く、唯殺人鬼を野に放ちもっと生贄を捧げろ、被害を広げさせろ、と言っているだけだ。
結局凶悪犯罪者は殺すことが最善であって、態々態々凶悪だと判明した犯罪者に社会という生贄を捧げたいと願うお前のような強靱の言い分が受け入れられることはないし、絶対に受け入れられてはならない。

物事の+しか考えず、プラスもマイナスも考えるということをが出来ないお前は明らかな知的障害者。
お前は謂われ無き被害を受ける被害者の存在というものを無視し明らかに嬉嬉として蹂躙している。




204 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 04:41:01.28 ID:PW3MXviu0
お前のような強靱の言い分

お前のような狂人の言い分

の間違い

205 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 04:51:46.69 ID:nFTum3sQ0
>>152
>法を知っていたとしても、それが当人の選択の基準になってなけらば意味がない。

価値観の違いという事か。
一般の人間は、誰でも殺されたくないと思っている筈だ。この価値観は教育を受けなくとも変わらない筈。
そして、実際に殺人を犯してしまった場合に、全くの無関係の人間を私利私欲にて殺害した場合と、
殺人の被害者から暴力を受けていた場合等、相手にも非が認められる場合。どちらが悪い事なのか、許せない事なのかの基準も又、
『直接の』教育によって身に付く価値観では無い筈だ。


>そして許す許さないを決めるのはその社会だ。
>別の社会では価値基準が異なる。
>ならその社会で許されないなら別の社会に行かせればよいではないか。
>あなたは死後の世界を「別の社会」などとは言わないだろうな。

この部分には同意します。
未だ世界には死刑を廃止している社会が数多く存在するのだから、その社会に行かせればよいですよね。さようなら。


206 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 07:14:15.04 ID:Ar/qUtIw0
廃止論者の言ってることなんて結局
「お前らが俺を殺さなくても約しても俺はお前らの誰かを殺す、しかし俺がお前らの誰かを殺してもお前らが俺を殺すことは約束違反だから許さない」
って事だけだ。他は何一つ言ってない。



207 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 07:21:47.24 ID:nFTum3sQ0
>>206
個人判断で殺人することはあっても仕方が無いけど法判断で殺人するのは許さないということだな。

これは私利私欲による殺人を容認する価値観だ。

殺人であればどちらも容認できないというならば、故意且つ私利私欲による殺人が起こってしまった後に、それに対する死刑を認めないとおかしい。

個人の殺人が起こらないならば、法による殺人もまた起こらない。


だから同じ理由で、中国等の、殺人をしなくても死刑になる可能性がある国家で死刑に反対するなら矛盾していない。
日本の死刑に反対するのは矛盾している。

208 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 07:25:29.25 ID:nFTum3sQ0
私利私欲による殺人を無くせば、死刑も無くなる。

が、死刑を廃止しても、私利私欲による殺人は無くならない。むしろ増える。

209 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 07:39:33.33 ID:nFTum3sQ0
仮に、死刑廃止しても一切殺人が増えることはない。と、廃止派の都合の良いように決めつけて話を進めるとする。

たとえそうであっても、

『私利私欲による殺人を無くせば、死刑も無くなる。』
『死刑を廃止しても、私利私欲による殺人は無くならない。』

これが事実である限り、『私利私欲による殺人』 を容認している事実は変わらない。

死刑の存在は、殺人を容認する価値観を生むと廃止派は主張する。
これは違う。人の死には已むを得ない事情がある場合がある。という価値観があるだけだ。
堕胎や緊急避難や正当防衛などもこれに含まれる。

私利私欲による残虐な殺人には、已むを得ない事情は無い。
死刑制度は、私利私欲による殺人を絶対に容認しないという価値観を強めるものだ。

廃止派が、
凶悪殺人犯にも事情があるんだよ。とか、凶悪殺人犯だって更生する可能性はあるよ。とか主張するのはただの誤魔化し。今更。
死刑適用の判断基準には既にその判断も含まれている。

210 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 08:17:50.89 ID:Q/jUGmeU0
廃止論者:お互い人を殺さないと約束しようぜ
存置論者:良いぜ
廃止論者:よし、これで約束は成ったな、じゃあまずお前から死ね!
       
       グサッ!

存置論者:ち、ちょ、お前約束は・・・
廃止論者:あ〜?何の話だ?さて次は誰を殺ろうかな、あ、お前見っけ!!
       
       グサッ!!

廃止論者:さあ次、次!次ィ〜!!!

       グサッ!グサッ!!グサッ!!!

存置論者一同:コイツマジでヤベエ、止まんねえ。もう殺すしかない。
廃止論者:あ〜?ふざけんな!テメェ等絶対殺さないって約束したじゃねえか! 
存置論者:いやそれはお前も・・・
廃止論者:あ〜?聞こえんな。とにかく約束を破ろうなんて人非人は皆殺しにしてやる     ぜ

       グサグサグサグサッ!!!!!       

       

211 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 08:32:36.48 ID:zz0fKeFW0
>>198
違うよ。
これから起きることは変えられるかも知れないだろ。可能性はある。
俺は起きてしまったことや起こしてしまったことは受け入れろって言っている。

>>200
凶悪犯が被害者遺族に謝罪の手紙を書く。これは君の自論でいくと
本当に反省や謝罪をしているか分らないってことにはならないか?
弁護士が減刑するために無理やり書かせたかも知れない。
こんな事例もある。
死刑確定前には被害者遺族に謝罪していた奴だが、死刑が確定した
あとは謝罪するのはやめた。その理由は
「生かしてくれると思ったから謝罪や反省をした。死ぬのなら謝罪や反省
は必要ありません。」とこういう輩もいるわけだ。
ってことは偽の謝罪だった訳だよ。
このようにいろんなタイプが社会にはいる。
君のものさしで他人を図ると非常に危険だよ。他人を信用したり大事に
したりすることは大事。だがそれを利用したり騙したりする人間は必ず
いるんだよ。


212 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 08:50:40.24 ID:wBufcGrd0
地球上から死刑は廃止の方向に行くと思うよ
ヨーロッパでも昔は馬に引いて引き裂かせたり
ギロチン、火あぶりetcあったけど今では絶滅したよね
死刑自体無くした国も多い
やっぱ残虐だし野蛮なんだよ

科学、文明、思想が洗練されていくって事は、動物的な野蛮さから
遠ざかっていく事だからね

213 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 09:23:42.21 ID:Q/jUGmeU0
地球上から殺人は無くならない方向で進むよ。
ヨーロッパでも昔から殺人はあったけど、相変わらず凶暴犯の発生率は高止まりしているよね。
ギロチン、火あぶり無くても殺人犯は無くなっていないよね。
EU加盟国なんて、単に金欲しさの利益誘導で廃止した国が多くあるよね。
アフリカ辺りなんて廃止しないと経済支援しないぞ、という廃止国からの卑怯卑劣な恫喝を受けて泣く泣く廃した国ばかりだよね。
金が絡まないで廃止した国なんてたかが知れてるよね。卑怯者の廃止論者は表面的な数だけ持ち出すけど。

科学文明思想が何所まで洗練されようと、人間ってのは優秀な生き物だから、動物的な野蛮さに優れる天才ってのも必ず現れることは確かだからね。

214 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 09:34:36.29 ID:RuNhz3np0
>>211
> 俺は起きてしまったことや起こしてしまったことは受け入れろって言っている。

じゃあ120人さっさと執行しようぜw

215 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 09:49:35.68 ID:ZxGKxMFS0
そこそこの家庭に生まれても殺人を犯す奴は犯すし、
劣悪な環境で育った人間でも正しく生きる奴もいる。
DNAなんだよDNA。
恐らく今の技術でも人を殺すDNAぐらいは発見できるだろう。
プライバシーの問題とか言って人権屋が猛反発するだろうけどな。
凶悪事件の捜査で役にたつし指紋だって全国民強制的に取ればいいんだが
なぜかプライバシー程度の問題で人権屋が反発する。
普段から人命重視してるわりに結局事件解決とか人命は二の次なんだろうな。

216 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 09:49:39.74 ID:Q/jUGmeU0
まあ教育で全ての凶悪犯を更生できるなんて廃止論者の思い上がりだね。
自分らは凶悪犯より高いステージにいて、凶悪犯は何時でも自分らの掌中に入れられる程度の低いステージに居ると自惚れている。
悪性方向の能力が廃止論者の規定ごとでは太刀打ちできない高い次元のの人間の存在可能性もあるって事を考えられない。

こんな脳内お花畑馬鹿ってのも、廃止論者以外じゃそうそう居ないだろうなw

217 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 09:52:18.07 ID:Q/jUGmeU0
規定ごと、は、綺麗事の間違いなw

218 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 09:54:41.71 ID:RuNhz3np0
極左が法務大臣w
朝鮮総連べったりの極左法務大臣が極悪犯罪者の保護活動w

219 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:04:32.10 ID:fYDOJY5g0
>>211
うん。だから死刑囚は何を言おうと死刑を執行された時点で現実を「受け入れてる」ではないか。
しかし死刑になるとしてもそれを「納得して受け入れる」のが社会の理想だ。
「納得して受け入れる」ができない人がいる限りは社会は変化する必要がある。
それが実現可能かは誰にも分からないが、いずれにせよ社会は放置しておいてもそうなる性質がある。
存置派が廃止派に死刑制度を「納得して受け入れろ」というのも同じ流れだろう。

死刑制度に異議を唱える者がいなくなり、社会の他のいかなる部分でも
「納得してないけど受け入れる」者がいなくなれば死刑制度は不変のものとなる。
死刑制度の必要性を唱える者がいなくなり、社会の他のいかなる部分でも
「納得してないけど受け入れる」者がいなくなれば死刑制度は消滅する。

せめぎ合いながら、引き合いながら、単純な一次元というものでもなく
一番安定な状態を目指して社会は少しずつ変化していく。

これは俺の理想がどうとかいうことではない。
社会は常にそういう性質を有しているものだということだ。


220 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:15:05.84 ID:Q/jUGmeU0
>>219
お前の言っていることは、凶悪犯が如何なる故を以て何人殺そうとも裁かれることに納得しないなら裁くべきではない、と言ってるのと同じ。
馬鹿すぎる。

そういう言葉の端端に、犯罪に荷担したいお前ら廃止論者の願望が見え隠れするよ。


221 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:24:51.27 ID:Q/jUGmeU0
>せめぎ合いながら、引き合いながら

それはお前らお花畑の力量が存置論者に拮抗して初めて言う資格のある台詞だろ。
今のところお前らは圧死寸前、引き倒されっぱなし。
自惚れるなっての。

222 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:26:49.46 ID:HSRq8Utw0
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::  平岡秀夫が法相がなったので死刑はない!!
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::   仕事もせずにメシ代、部屋代、光熱費、医療費タダ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::  ボケたら掃夫にシモの世話までやってもらえるww 
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   オートロックで安心の居住環境w看守の宅配サービス付き
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   税金で完全介護、年取っても安心♪
   |l    | :|    | |             |l::::   無料のホスピスwwww 死刑囚天国♪  
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::  みんなも早く入ってこいよ    
   |l \\[]:|    | |              |l::::   
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

223 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:51:03.53 ID:zz0fKeFW0
>>214
何か勘違いしているようだが…

俺は明日にでも冤罪の可能性がある死刑囚以外の全死刑囚を吊りたい
人間だぞ。
俺が法務大臣になって執行許可の判を押したいくらいだ。


224 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:53:46.49 ID:nwy8AJih0
>>219
納得して受け入れないのは、自分が死刑になる可能性があるからだろ。
お前みたいな殺人犯罪者予備軍が存在する限り、死刑は無くならないよ。
何処の世界に好き好んで狂犬を繋いでいる鎖を切る馬鹿がいるんだよ。

225 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 10:54:21.60 ID:fYDOJY5g0
>>211
生かしてくれると思ったから謝罪や反省をした、というのなら
死刑の執行を猶予してくれるなら謝罪や反省もし続ける、という明確な意思表示だ。
もちろん現行法で犯罪を犯した以上はそれは認めるべきではない。
しかし「謝罪や反省をし続ける限り死刑の執行は猶予すべきだ」
という意見が主流となればその時は法は変わりうる。

そういう法改正が行われた場合を仮定する。あくまで俺の仮定だから実際の適用条件はその時の社会が決めることだ。

謝罪には相手がいるわけだが、犠牲者はこの社会にはもういない。
実際に本心から書いた手紙と納得できるか最初に判断すべきは遺族だ。
遺族や関係者がいなければ社会が判断するしかない。
遺族が社会全体の意見も踏まえて代表になるという形がベストではないかと思う。

謝罪というからには死刑囚は遺族や社会を納得させる義務がある。
遺族や社会がそれに納得できるなら法に基づいて執行を猶予する。
納得できなければ法に基づき死刑を執行する。
当然だが遺族も社会も納得させようとする死刑囚の真意を汲み取るよう
最大限努力する必要がある。

どういう基準なら納得できるかを法律で明文化はできないと思う。
双方が納得できていなければどちらかが納得しない現実を受け入れることになるが
それは今のところ昔から変わっていない。
許容範囲ならとりあえず社会は存続する。でもまた変化するように動くのだろう。

226 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:08:18.13 ID:nFTum3sQ0
>>219
>「納得して受け入れる」のが社会の理想だ。

完全な正義はこの世の中に存在しない。それはつまり、この世の中の人間全員が完全に納得できることなど存在しないという事。
納得が出来なくても受け入れなくてはならないことなどこの世には無数に存在する。

たとえ死刑でなくとも、人はいつか必ず死にゆく運命。人は皆死にゆく時、納得して死んでいきたいと願うものでは無いだろうか?
納得して死を受け入れたいと思うものでは無いだろうか?
それを故意に私利私欲にて残虐に奪う者は、死刑になったとて自業自得。たとえ死刑(他者の手)によって殺されようとも、
殺人の被害者然り、たとえ病死や事故死によって死ぬ者よりも遥かに納得して自身の死を受け入れ易い環境にあるのでは無いか?
少なくとも、死刑相当の罪を犯した者が死刑により死ぬことは、タバコを吸い肺ガンになって死ぬことや、南極や高山等で冒険をして遭難し死亡する者、
理解して危険運転をして事故に遭って命を落とす者よりも受け入れやすいのではないだろうか。

誰もが完全に納得して受け入れることが出来るものなど存在しない。
では、誰が納得できて誰が納得できないことが社会にとって最良なのか。

全員が「納得して受け入れる」のが社会の理想。

それが無理なら、納得できない人間は、誰であるのが理想なのか。
無関係に殺された側の人間が納得できるのが良いか、故意に身勝手に私利私欲にて残虐に殺した側の人間か。
どちらかしか納得させることが出来ないならば、どちらを優先して納得させるのが社会の理想なのか。

そこで凶悪殺人鬼の納得を最優先させる(優先どころかそれ以外を無視する)のが廃止論者であることは周知の事実。


まことに遺憾である。


227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:16:25.48 ID:nFTum3sQ0
>>225
>死刑の執行を猶予してくれるなら謝罪や反省もし続ける、という明確な意思表示だ。

それが反省では無いのは明確。お前のレスはその一行だけで事足りる。その後に続くダラダラとした長文は誤魔化しにすらなっていない。
それが分からないからお前は廃止論者なんかやってられるんだ。


228 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:17:54.65 ID:zz0fKeFW0
>>225
わかった。遠まわしに言って悪かった。存廃論を抜きにした俺の本心を
言おう。
君は人を信じるタイプの人間だし、社会をよくしようという気持ちも
持っている。精神病を患ったこともあるみたいだし、そういう人たちの
ケアも大事と考えている。そこまでは分る。が世の中は君みたいな潔癖
な人間で構成されている訳ではない。そこに付け込み、裏切り、騙して
壊したりする奴が必ず出てくるんだよ。俺が言いたいのは世の中は複雑
で理路整然とはしていないんだよ。
俺は君がこれから先の人生で対人関係で大きなダメージを受けるんじゃ
ないかと心配しているだけだ。
まあ、俺の心配することではないが。

スレチすまん。よし存廃論に戻ろう。俺はバリバリの存置派だ。


229 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:19:35.05 ID:G2rs0hhC0
>>225
>生かしてくれると思ったから謝罪や反省をした、というのなら死刑の執行を猶予してくれるなら謝罪や反省もし続ける、という明確な意思表示だ。


単なる口約束だろ。
刑の確定後の保証がない。
>謝罪には相手がいるわけだが、犠牲者はこの社会にはもういない。
>実際に本心から書いた手紙と納得できるか最初に判断すべきは遺族だ。

なら誰かが提案したように生きているうちにスタンスを明確化する様に変えろよ。
全員だとコストや手間がかかるから、少数精鋭の廃止派が目立つように目印を付けて練り歩くがよい。
まさか自らの望みを叶える術を放棄するとは言わんよな?
それに手紙については今の時点でも行われてある。
今さら『自分が思い付いたから提案しよう!』などと言うのは無知にも程がある。
その程度の知識と軽率さで犯罪者擁護など片腹痛いわ!

>遺族や関係者がいなければ社会が判断するしかない。
>遺族が社会全体の意見も踏まえて代表になるという形がベストではないかと思う。


なら、遺族の大多数が死刑支持を表明したら従うか?


230 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:25:56.24 ID:Q/jUGmeU0
まだ馬鹿な理屈を振り回すか。
幾ら殺しても、サルでも出来る反省で許されるなら、結局それは殺人犯が人を殺す事を許可するという事だと何故気づかない?
お前の脳味噌は一方通行でしかものを考えられないようにでも出来ているのか?
死刑にならないなら、という理由で人を殺す奴が現実にいる。
責任能力がなければ裁かれないと知って、精神病院に通い、犯行時に実際には服用してもいなかった精神安定剤を飲んだと嘘を吐き、罪を逃れようとした者が現実にいる。
頭を下げたから許すというなら、どうせ許されることだから殺して構わないという人間が出てくることに想到しろ。

現実認識力の欠落している奴が軽薄に謝罪だの教育だの口にしたところで、鼻で嗤われて終わりだw

231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:27:38.37 ID:fYDOJY5g0
>>220
そもそも社会の中で納得してないのは凶悪犯だけではない。
納得しない人がいてもとりあえず社会は存続できる。
むしろ誰もが全ての他者を理解できなくなったら社会はその瞬間に崩壊する。
そして万人が納得できる形を求めて社会は動いては止まる。
納得できない事故や自然災害もあるだろうが、納得できるようにするために変えていく。

俺がいつ凶悪犯を裁くべきではないと言ったんだ。
ここは一応死刑について対談する場だろう。
死刑廃止派だからって犯罪者を裁かないわけではない。

むしろ俺は厳罰化にすべきという流れには納得している。
しかし「厳罰」の「厳」とは「厳しい」、程度を表す形容詞だ。
しかし死刑には期間や金額といった程度を測るものもない。
人の命に程度など定義できない以上、死刑とは異質なものなんだよ。
人の命を人の命で測ることはできない。命と命の交換はできない。
交換できないのに「死んで償う」なんてことはできない。

232 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:27:50.29 ID:Q/jUGmeU0
>>230>>225

233 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:29:09.23 ID:ZxGKxMFS0
つうか反省も謝罪もいらんよ。とっとと死んでくれ。
ホントに謝罪する気があるなら自ら腹を切って示してくれればそれでOK

234 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:34:39.99 ID:G2rs0hhC0
>>219
>うん。だから死刑囚は何を言おうと死刑を執行された時点で現実を「受け入れてる」ではないか。
>しかし死刑になるとしてもそれを「納得して受け入れる」のが社会の理想だ。

で、被害者は納得して殺されたのかね?
納得出来ない死を与えたものに、自分の死に納得出来ないから死刑にするなと言う資格はない。

>「納得して受け入れる」ができない人がいる限りは社会は変化する必要がある。

なら今の死刑じゃ不満だから、冤罪と過失、情状酌量以外の殺人は全部死刑と言う主張の為にも変わる必要があるな。


235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:38:28.46 ID:Q/jUGmeU0
>納得できるようにするために変えていく。

貴重な被害者の犠牲のもとにか?( ´,_ゝ`)プッ

廃止論者:お互い人を殺さないと約束しようぜ
存置論者:良いぜ
廃止論者:よし、これで約束は成ったな、じゃあまずお前から死ね!
       
       グサッ!

存置論者:ち、ちょ、お前約束は・・・
廃止論者:あ〜?何の話だ?さて次は誰を殺ろうかな、あ、お前見っけ!!
       
       グサッ!!

廃止論者:さあ次、次!次ィ〜!!!

       グサッ!グサッ!!グサッ!!!

存置論者一同:コイツマジでヤベエ、止まんねえ。もう殺すしかない。
廃止論者:あ〜?ふざけんな!テメェ等絶対殺さないって約束したじゃねえか! 
存置論者:いやそれはお前も・・・
廃止論者:あ〜?聞こえんな。とにかく約束を破ろうなんて人非人は皆殺しにしてやる     ぜ

       グサグサグサグサッ!!!!! 

236 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:41:22.84 ID:ZxGKxMFS0
納得なんかされたら罰にならんしな。つーか執行日決めずに当日まで
知らされずわざわざ色々と納得させないようにしてるのに、それじゃ納得できない!
と言われましてもそれはそれはおめでとうございますとしか言いようが無い。
寧ろもっと納得できない方法にしたいんだが。

237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:42:47.90 ID:G2rs0hhC0
>>228
>そこに付け込み、裏切り、騙して壊したりする奴が必ず出てくるんだよ。俺が言いたいのは世の中は複雑で理路整然とはしていないんだよ。

安心しろ。
そいつ自身が『そこに付け込み、裏切り、騙して壊したりする奴』だよ。
このスレの有名人の死刑反対君とは奴の事だ。

238 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:45:51.19 ID:zz0fKeFW0
>>231
命の程度は測れない。

だが各国の主要人物にはSPが付いている。庶民にはついていない。
命の程度はあるんだよ。目に見える形で。
理屈っぽくに言えば臓器移植は命の交換にはならないのか。
金でも人の命が買えることがあるということだよ。


239 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:46:28.88 ID:nFTum3sQ0
>>231
>人の命を人の命で測ることはできない。命と命の交換はできない。
>交換できないのに「死んで償う」なんてことはできない。

お前は、「金ならいくらでも出すから譲ってくれ」 といくら頼まれても譲れない値段の付けられない大切なものを 『故意に』 ぶっ壊して、
「どう責任取ってくれる?」

と言われたらどう答える?

240 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:53:49.90 ID:nFTum3sQ0
>>231
>人の命を人の命で測ることはできない。命と命の交換はできない。
>交換できないのに「死んで償う」なんてことはできない。

まぁ、一番の突っ込みどころとしては、

何で無辜の被害者の命と、それを 『故意に』 私利私欲にて残虐に奪った凶悪殺人鬼の命を同列で語ってるんだよってことだが。

『故意に』 だよ? 『故意に』



わざとやってんの。そんで反省もしないとか。命を助けてくれるんなら反省してやるよっていう明確な意思表示?


ばかにしてんの?



241 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 11:57:23.74 ID:zz0fKeFW0
>>237
廃止派主要人物

エース…廃止派のエーズらしい丁寧な言葉使いで縦横無尽に自論を展開するが、
    存置からの質問には一切回答しない。自分で考えろと逃げる。
    よって最近は音信普通
ソンチーズ…存置派をこのように表現。最初はおだやかだが痛いところを
      突かれると急に逆ギレ。悪態を付き姿をくらます。
低脳…存値派をこのように表現。存値派を主張しているが廃止派工作員。
   自分の低能さには気づいていない。「水ッシング」が正体との噂も。
水ッシング…死刑廃止を宇宙規模・地球規模で考える。が悲しいかな九九が
      出来ないため、現在必死で勉強中。
熱狂的廃止論者…どうでもいい。

242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:10:55.92 ID:Q/jUGmeU0
平等で玉砕
教育で再び玉砕
反省で三度玉砕

ID:fYDOJY5g0よ、次はどんな姑息な手で来る?w

243 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:15:01.83 ID:ZxGKxMFS0
人の命は地球より重いって言う詭弁もそうだが例えそうだとして、
凶悪犯の命は地球より重いが善良な市民の命よりは軽い、って言う比較は容易に成り立つね。
いやいや、そうではなく命自体に差が無いんだと言うならそいつは自分の親に肝臓を一つ差し出してやれるか
って話なんだよ。親から子には出来ても子から親には出来ない事ってのはある。
小児癌の延命治療に何億もかけられるのが親だが還暦もとうに過ぎた親の末期癌の延命治療に
同じ事がしてやれるかって話なんだよ。
もちろんこいつらは難民にワクチン募金したり井戸を掘る掘削作業代ぐらいは負担してるんだろうがね。
やってないなら喋る価値もないし心にも無いって事だからな。
それに災害時の年寄りや女子供優先っておかしいだろ?
体力がある方がより悪い状況にあった時生き残りやすいとか後付の言い訳なんだよ。
なんで体力がない方優先と言わないんだ?男でもか弱いのはいる。
こいつら廃止派も普段は都合の良いように命に差をつけておいて死刑の話になると手のひら返すだけなんだよ。

244 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:18:20.91 ID:RuNhz3np0
死刑に反対すすなら国民の義務ぐらい果たせよw
無職で税金も納めず親に面倒見てもらってる分際で、国に意見するなど百年早いわ

245 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:29:03.38 ID:nFTum3sQ0
>>231
お前は、「金ならいくらでも出すから譲ってくれ」 といくら頼まれても譲れない値段の付けられない大切なものを 『故意に』 ぶっ壊して、
「どう責任取ってくれる?」

と言われたらどう答える?

はよ答えろ。

自分が同じように大切にしている物をぶっ壊さないでおいてくれるなら謝るし反省するとでも答えるのかい?
さあはやく答えてくれよ。

246 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:29:08.57 ID:zz0fKeFW0
>>243
いやスレチすまんが、命の話になったので…俺もそういう意見だ。

俺は子供を先に助けるのは分るが年寄り最優先というのには全く反対だ。
子供は将来日本を背負ってもらわなければいかん。女性は子供を産んでもら
わないといけない。現役男性がいないと経済が立ち行かなくなる。
年寄りは医療費、年金等日本の財政を圧迫しているので、災害等で助けるの
は最後でいいし、見て見ぬふりをしても構わんとさえ思っている。

よって拘置所で息をしているだけの死刑囚の命などどうでもいいよ。
逆に3人の命とったとしても1つの命で事足りるのだから死刑囚のほうが
得したとも言えるだろう。


247 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:34:20.90 ID:fYDOJY5g0
>>226
>完全な正義はこの世の中に存在しない。
正義というのは俺にはまだ難しい概念である。
これまでの納得すなわち相手を理解するという考え方をさせてもらう。
相手を理解するとは相手と自分の共通点と相違点を知り、両方を尊重することだ。

ここに二人の男女がいる。他に誰もいない。子供も産めない。
彼らは性別が違う。しかしその相違点に納得した上で
信頼関係は築いていける可能性は否定できない。
二人が複数の子供を産んだとして彼らが信頼関係を築く可能性は否定できない。

何十億人もいたら全てが信頼関係を築ける確率は極めて低い。
俺やあなたが生きている間には難しいだろう。
しかしこの先「存在しない」ことは証明できないんだ。

>人が納得して死んでいきたいと願うものだ
というのは大切な基準だ。俺もそう思ってる。
しかしそれは他の数ある基準の中の一つであることを忘れてはいけない。
凶悪犯であるなら、彼らは「他人が生きていること」に納得できていないのだろう。
他人という相違を持つ人間が生きていることを自分が生きていることと
共通点として正しく知り、尊重できなかったのだろう。

共通点として正しく知っていなければ犯罪は起こるだろうし、
正しく知っていても尊重できなければ同じことだ。
犯罪者が「生きている」を善いこととしていないという点で相違があったかもしれない。

未然に防げなかったということは周りにも責任があることだ。
犠牲者と凶悪犯がほぼ無関係だろう。
しかし犯罪者の共通と相違のバランスが大きく違うほど、その周りに既に歪みがあったはずだ。
社会はバランスが異なる者を相違が尊重し切れる範囲まで矯正したり
それができるまで隔離したりするものだ。

犯罪に対して犠牲者が納得できないように、犯罪前の凶悪犯は納得していなかったのだ。

248 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:44:23.45 ID:fYDOJY5g0
>>227
だからその時の法のもとで遺族が「反省ではない」と判断したら死刑執行するんだろう。

249 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:45:22.20 ID:nFTum3sQ0
>>247
その無駄な長文を書く暇があったのに、何故大事なことにだけ答えない?
回答さえしておけば不利な状況だと思われないとでも思っているのだろうか?

決定的な部分に答えなよ。
難しいだの証明が難しいだのは今はどうでもいいんだよ。だからこそ民主主義が大事なんだ。
難しいくせに証明ができないくせに民主主義を否定するとかどれだけ厚顔無恥なんだよ。
お前ら廃止派は、少数派であっても正しい意見であれば尊重すべきってのがアピールポイントなんだろ?

少数派且つ正しさの証明も出来ないではジリ貧だよな。

>犯罪に対して犠牲者が納得できないように、犯罪前の凶悪犯は納得していなかったのだ。

だから何?

250 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:47:20.69 ID:nFTum3sQ0
>>248
遺族が判断?
反省していないことが明確だとお前も言っているほどに明確だ。
そんな、遺族にとって辛い事実を突き付けて遺族の怒りに油を注ぐようなことはなるべく控えてやりたいと思うがね。

251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:52:53.64 ID:G2rs0hhC0
>>247
だらだらと長いが結局は『殺人鬼だけ悪いわけじゃない』『社会や周りにも責任がある』って主張の繰り返しだろ。
で、今度は『納得』がお気に召したようだな。
そんな理屈で犯罪者の責任を押し付けられ、お前の主張する教育とやらを強制されたら、こっちが納得できんぞ。


252 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:53:06.88 ID:fYDOJY5g0
>>229
今の制度では反省や謝罪しても死刑執行時期に影響しないだろう。

大部分の遺族が死刑を主張したら執行されるんだろう。

253 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:54:49.24 ID:nFTum3sQ0


『故意に』



私利私欲による残虐な身勝手な殺人を行った人間は死刑已む無し。

已む無しというのは、あくまでも死刑囚として真に反省した後に刑に服する人に対して向けられたもの。

反省もしない奴は死ね。死んで当然。
たとえ殺さなくても生かしておくべきではない。


>>252
はやく231に答えろよ。答えられるならな。

254 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 12:57:02.53 ID:nFTum3sQ0
>>252
質問は239だったな。231は質問を投げかけた先のレスだ。

255 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:01:47.65 ID:G2rs0hhC0
>>252
だろう運転は危険だと習わなかったか?
そうやって自分の思い込みだけで現実と違うレッテルを貼るからバカにされるんだろ。
実際に遺族が死刑を望んでもそれだけで死刑になる例はない。
殺害人数や犯行の残虐さも考慮されている。
お前は意図的にそれを無視している。
もし知らないならただのバカだ。

256 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:04:24.66 ID:Q/jUGmeU0
>>247
今のお前との相違に俺は納得できないし、俺自身の存在に賭けてお前と信永遠に頼関係を築けないことは保証する、だからお前自身の信念に従い、お前がお前自身に死刑を廃止することを生涯許してはならない。

これで文句はあるまい。



257 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:05:53.99 ID:fYDOJY5g0
>>230
サルでもできる反省で許すかは遺族なり社会が決めることだろう。

頭を下げたから許すと決めるかどうかは遺族や社会だろう。

遺族が犯罪者がちゃんと自分たちの苦しみを理解しているか
見抜けないのではそもそも人間は社会を存続できない。
理解とは相互理解を言っている。

少なくとも執行の判断するのが遺族なら安易に凶悪殺人なんて起こせなくなる。
凶悪な犯罪であるほど遺族の判断基準は厳しくなるんだから。

むしろ現行制度では凶悪犯は一律死刑だから、3人殺しても10人殺しても刑罰が同じということになっている。
どうみてもおかしいじゃないか。

258 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:09:10.19 ID:RuNhz3np0
>>257
そんな事より職安行けw

259 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:10:56.30 ID:fYDOJY5g0
命が交換できないのは不可逆性があるからだ。
生きている命なら生きている命や金で買えることもある。
生きている命を金で奪うこともできる。
生きている命を生きている命を以て奪うのが自爆テロとかだろう。
どれを善とするかは社会全体で決めていくことだ。

でもこれだけは言える。失くした命は何を以てしても償いようがない。

260 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:24:55.05 ID:fYDOJY5g0
>>243
いや女子供を優先するのは種が危機的状況に置かれたら当然だ。
女は子供を埋めるが男は産めない。
もちろん生殖には男も必要だが、最悪一夫多妻にすれば少数で事足りる。
子供はこれから長く生きていける。

男が体力で女より優れている者が多いから犠牲になれる。
女子供が戦場に行っても無駄死にするだけだ。
仮にそれで戦争に勝てたとしても女子供が残ってなければ人口を回復できない。
女は一人生むのに10か月かかるから、一晩で何人もの女性と生殖行為を行える男より貴重。

もちろん戦争とかの場合だ。平常時は体力の強い男もいてくれた方がいい。
そういう意味では俺の男としての存在価値は低いが。
夏休みだからって一日中パソコン触ってるんだから。


261 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:28:32.22 ID:Q/jUGmeU0
>>257
だから社会が許すと決めている以上、お前が四の五のご託を並べる必要があるまい。
そもそも全ての被害者に遺族という者が生存しているとも限らないのに、遺族が見抜くだの遺族が裁けだの、何をふざけた事を言っている。
天涯孤独の人間を殺せば無罪放免、ってか?

>むしろ現行制度では凶悪犯は一律死刑だから、3人殺しても10人殺しても刑罰が同じということになっている。
どうみてもおかしいじゃないか。

では十分拷問も加えた後じわじわと縊り殺せるようになれば、お前も納得できるな。
元々俺も謂われなく理不尽に被害者は殺されたのに、殺人犯が死刑になるまで懇切丁寧な手続きによって庇護されるというのは納得していないんだ。

262 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:31:04.74 ID:Q/jUGmeU0
>だから社会が許す

だから社会が死刑を許す


263 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:37:43.68 ID:fYDOJY5g0
>>254
自分の大事な物をぶっ壊して責任を取ったことになるんならぶっ壊すだろう。

でも損害の責任をどう取らせるか決めるのは損害を受けた方だろう。
今の日本国民が命という損害を受けた場合損害を与えた方の命を奪うと定めている。
でもそうでない考えを持つ人もいる。そしてそれが主流になることもある。
だから死刑がある国ない国、新しく定める国、廃止する国があるんだろう。

264 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 13:57:50.97 ID:fYDOJY5g0
>>255
俺がいつ人にレッテルを貼ったのかちゃんと明示してほしい。
レッテルを貼ってるつもりはないんだがそれを認識できていないと
俺にとっても周りにとっても損害だ。

俺はちゃんと何がいけないか何がいけなくないか経験したり、
そこから少しずつ想像を働かせることでしか学べないのだ。
自分だけでは学べない、だから他人に教えてもらう、
しかし教えてもらう前に迷惑をかけていることも多い。
何せ何が迷惑か全て把握し切れてない。

俺がレッテルを貼った事実を俺にちゃんと理解させてほしい。
迷惑をかけた上にお願いとは不遜かもしれないが、この後の他人への迷惑を減らすためと考えて。

とりあえず遺族が死刑を求刑したら死刑にすべきという考え方もあるのだな。
それでは単なる報復にしかならないのではというのが最初に思い浮かんだが、多分他にも真意があるのだろう。
それも合わせて分かる範囲でもいいから教えてほしい。


265 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 14:17:04.34 ID:nFTum3sQ0
>>263
>でも損害の責任をどう取らせるか決めるのは損害を受けた方だろう。
>今の日本国民が命という損害を受けた場合損害を与えた方の命を奪うと定めている。
>でもそうでない考えを持つ人もいる。そしてそれが主流になることもある。

なるほど。で、

>自分の大事な物をぶっ壊して責任を取ったことになるんならぶっ壊すだろう。

お前は、
自分が故意に、その人の大切な物をぶっ壊しておいて、当のその人に向かってそう言う訳か。
誠実さの欠片も無い。し、反省の欠片もみえない。

お前が、「許してください出来心だったんです。私に出来ることなら何でもしますからお願いします!!!」

とでも言えば、許してもらえるかもしれないのにな。
まぁこれは、被害者に対して直接謝罪が出来る場合の例に過ぎない訳だが、たとえそうであってもお前には誠実な謝罪は出来ないことが分かった。



死刑制度の必要性は揺るがないな。

266 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 14:19:30.70 ID:9D2vfKdPP
ID:fYDOJY5g0こいつ頭おかしいよ明らかに。
遺族が裁けば刑が厳しくなるから良い、と肯定したかと思えば、それは報復だから他に真意があるんじゃないか?と人に聞いてみたり。
遺族が居る居ないで、遺族が裁くという事に公平性が無くなるのに、一方で3人殺したのと10人殺したのとで同じ刑ではおかしい、と言い出したり。
統合失調症かこいつ。


267 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 14:26:31.88 ID:fYDOJY5g0
>>261
社会が死刑を許すと法で決めているのは俺も知っている。
しかしこれは知識として知っている程度なのだろう。
俺はこの先自分が凶悪犯罪を起こさないし自分が被害に遭うことはない
と信じているからそもそも殺人や死刑は自分に関係ないと考えているようだ。
死刑になるかどうかを自分の判断基準に持っていなかった。

これまで周りに疑うべき人間がいなかったせいかもしれない。
俺は報道などの見聞より自分の過去の経験を重視してしまう傾向にあるようだ。
その状態では社会全体の人の考えまで汲み取ることは難しいわけか。

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 14:42:43.87 ID:fYDOJY5g0
>>265
答え方をちゃんと答えてなかったすまん。
3文の最初の一文が俺の考えで、その次が事実、最後が可能性だ。
だから俺の考えを元にすれば、「どうすれば自分は責任を取れますか?取り方を教えてください」
最初に聞き返すことになる。

相手にとって大切な物だとちゃんと知ってれば壊さないように気を付けるつもりなんだが。

269 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 14:55:25.96 ID:HSRq8Utw0
※平岡新法務大臣はこんな人
「犯罪者にも事情がある」 民主党・平岡秀夫の発言 【太田総理】
http://www.youtube.com/watch?v=LswADT-mSs0
平岡秀夫「え?じゃあ、加害者が死ぬ目に遭えばいいんですか?」
平岡秀夫「拷問して殺せばそれで気が済むっていうんですかぁ」
被害者の母「息子が死んで犯人が1、2年で出てきてのうのうと暮らしてるのが納得できない」
平岡秀夫「死の恐怖を味あわせたい?」
平岡秀夫「彼等にも犯罪を犯す事情があったんですよ」
被害者の母「事情って何ですか?」
平岡秀夫「……そ、それは置いといてですね……」

270 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:11:32.49 ID:9D2vfKdPP
少年法廃止は質の悪いジョークだな。権利が制約されているから責任も緩和されていると言うのに。
未成年に労働の義務を科して参政権でも与えるつもりか?w

271 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:27:42.86 ID:nFTum3sQ0
>>268
>相手にとって大切な物だとちゃんと知ってれば壊さないように気を付けるつもりなんだが。

故意にやったという前提での質問なんだが?

>お前は、「金ならいくらでも出すから譲ってくれ」 といくら頼まれても譲れない値段の付けられない大切なものを 『故意に』 ぶっ壊して、
>「どう責任取ってくれる?」

>と言われたらどう答える?

これが質問な。
ああ、お前は、自分が殺されるのは嫌だが、他人は(凶悪殺人の被害者は)そうとは限らないと考えているという事か。

殺されたくないなら、ちゃんと殺されたくないと教えてくれれば殺さないように気を付けるという事かね。


死ねよ殺人者。

272 :ほうてらす:2011/09/02(金) 15:31:12.44 ID:V4TazGu70
僕は存置派だけど、正直、廃止派を人間のクズとみなしてるよ<^+^>

273 :ほうてらす:2011/09/02(金) 15:32:18.10 ID:V4TazGu70
ビンラディンを殺害したアメリカが許せないんだよね

274 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:33:34.30 ID:fYDOJY5g0
>>266
ちょっと待ってくれ。俺が言ってる意見は全て仮説か俺の解釈にすぎない。
断定的に書いているのは仮説、「だろう」とか「思う」と書けば解釈なんだ。
たまにごっちゃになるかもしれないのは悪い。
断定的に書いてもあくまで仮説や解釈だから俺がそれを覆さないわけではない。
むしろどんどん覆してほしい。

報復だから、は先のスレの中に日本の刑罰は報復刑か教育刑かみたいなのがあったから
よく分からないので聞いてみた。

275 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:34:13.63 ID:G2rs0hhC0
>>264
たった二行しかない自分のレスさえ読み返す事が出来んのか?
学ぶとは考える事でもあるんだがお前には無理か?


276 :ほうてらす:2011/09/02(金) 15:35:02.72 ID:V4TazGu70
271のような頭の悪い存置派と僕を一緒にしないで
いただきたい

277 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:44:27.04 ID:nFTum3sQ0
廃止派には、「優しい世間知らず」 「馬鹿な小悪党」 「卑怯な大悪党」 しか存在しない。

まぁ、優しく心の清らかな世間知らずの廃止派などは都市伝説レベル。

278 :ほうてらす:2011/09/02(金) 15:45:04.91 ID:V4TazGu70
僕、法律は詳しいのだよ
だから、なぜ死刑が必要なのかも一日、語れるよ!
ちなみに僕は大東文化大学法学部3年だよ
すごいガリ勉だし 


279 :ほうてらす:2011/09/02(金) 15:47:31.57 ID:V4TazGu70
>>277
廃止派には、「優しい世間知らず」 「馬鹿な小悪党」 「卑怯な大悪党」 しか存在しない

君もね

>>まぁ、優しく心の清らかな世間知らずの廃止派などは都市伝説レベル。

だから君もね      by大東文化大学法学部3年

280 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:47:43.46 ID:fYDOJY5g0
>>266
だから俺の仮定では遺族がいなければ社会が代わりに裁くしかない。
現行法だって遺族いなくても社会が代わりに裁いてるんだろう。
そこに公平性は無いと思うのだが。

3人殺した犯罪者と10人殺した犯罪者が同じ刑罰では困らないか?
3人殺したら死刑だとしたら3人以上殺すつもりの人間に対して
犯罪抑止力にはならないと思う。
全体の殺人数は減っても凶悪な犯罪は減らせないということになってしまう。
これは司法の限界と済ませていいのか?

281 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:50:55.17 ID:nFTum3sQ0
>>279
ん?私に何か用か?僕は存置派君。

282 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 15:57:46.72 ID:fYDOJY5g0
>>271
違うだろう。相手が大切だと感じるのと同じ位で自分もそれが大切だと認識していれば
相手の物を「故意」で壊すことはないと思う。
故意の犯罪とは相手が思ってるレベルと同じ位それは大切なものだと
理解していない人が起こすのではないだろうか?

物なら物、命なら命、その認識のずれが犯罪の原因となるのだろう。

283 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:05:03.53 ID:nFTum3sQ0
>>282
白々しい。

お前の言っていることは死刑存廃とは関係ない。

分かっているんだろう?意味のある回答をしろよ殺人者。

死刑適用基準を考えてみたり、物事の善悪を考えてみれば、何が悪い事なのかは分かる筈。

何故態々、加害者に情状酌量の余地があることを前提にしようとするんだ?

大切であることを分かった上で故意にぶっ壊した場合のことを言っているに決まっている。そうでなければ意味が無いだろう?

幾ら金を積まれて頼まれても譲ってくれないほどのモノだと言った筈。

お前は理解力が乏しい馬鹿だと思われたいのか卑怯者の極悪人だと思われたいのかどちらだ?

まぁ、最悪、ただの勘違いで押し通せるならば馬鹿扱いされた方が廃止派としてはマシだろうがな。

284 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:16:58.45 ID:u2zdGSCQ0
http://www.moj.go.jp/content/000074778.pdf

285 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:18:24.70 ID:fYDOJY5g0
>>282
命の感覚にずれがあるから殺人鬼もいれば自殺者もいるんだろう。
少なくとも寿命を全うする人と途中で自殺してしまう人の
自分の「命」や「生きている」ことの大切さのレベルが違う。

・自分の命は大切だ。
・相手の命は大切だ。
・その大切さ少なくとも同じだ。
ということをちゃんと理解していれば故意の殺人は起こらない。

「自分の命>他者の命」の人は殺人を犯す可能性がある。
他者とは誰かの違いもある。命以外の要素も関わってくる。
「自分の命+一人殺す殺人欲求×10人>他者の命×10人」なら
その人は機会があれば無関係な人間を10人殺してしまうだろう

ちなみに「自分の命<他者の命」もありうるわけで、そういう人は
状況によって自らの命を犠牲にして他者を救う英雄となるんだろう。
少なくとも地雷処理を進んで行ってる人は「自分の命<地雷処理で救われる多くの命」
だからそう選択するのだろう。

286 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:30:14.54 ID:nFTum3sQ0
>>285
へぇ?
じゃお前は、自分の命よりも他人の命を大事にする人間の命なら奪っても罪が軽いと言いたいわけかい?
さっきからお前は自分の都合ばかりでモノを言っているね。

少なくとも、自分が大切だと思っているモノと同じものを、他人がどう思ってようが奪っちゃダメだろ。相手が同意したわけでもないのによ。
自分の命も大事じゃないから他人も殺すって言うなら、死刑になっても本人は納得ずくだろうからお前の意には反しないよな。

287 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:47:39.97 ID:fYDOJY5g0
>>286
だから命以外の価値観も重要だと言ってるだろう。
10人殺す凶悪犯は「一人殺す殺人欲求×10人>他者の命×10人」
なら自分の命を大切と思っていてもいなくても殺人が起きてしまう。
犯罪を犯した後の凶悪犯が自分の命を大切だと思っていてもおかしくない。
殺人欲求というのがあるのか知らないが、
一人殺す毎に高まってしまう場合なら再犯も起こりうる。

さて価値観も欲求も同じ人間でも時期によって変化する。
それは与えられる教育や自ら求める学習の影響を受けるからではないのか?
実際教育があるから同じような価値観、同じような欲求を持つ人が多くいる。

288 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:49:01.09 ID:RuNhz3np0
>>285
> 「自分の命>他者の命」の人は殺人を犯す可能性がある。

これモロお前じゃんw


289 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:49:37.58 ID:Q/jUGmeU0
>>280
>そこに公平性は無いと思うのだが。

何を言っている。被害者の遺族が居る居ないに因らず、司法が被告を裁くという方法は全ての被告にとって偏りが無い。その状態を公平と言うんだ。

>これは司法の限界と済ませていいのか?

済ませて良いんだよそんな物は。限界を上げる努力が必要だ、という事と、今出来る限界を自覚するという事は、全く別の話だ。
お前はとかく自惚れが過ぎる。常に自分の誠意や真摯さの遙か先を行くような悪意を持つ人間は居ないことを信じて疑わない。
自分の限界より常に上を行く人間は居ない、と盲信している。自分以外の人間の持つ可能性という物を意識的か無意識か、否定している差別思想の持ち主だ。
俺は人間の持つ可能性を確信している。だから善性を常に上回る悪性の存在を否定しない。
人の可能性とは善の方向に向くことだけではない。


290 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 16:54:57.11 ID:XsXehnnXO
一人のおかしな人間に命の大切さを教える為には何人の善良な市民の命が必要とされるのか?
まずこれを数字で提示していただかないと、わたしも「納得」がしにくいのですが?


291 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:02:53.32 ID:G2rs0hhC0
バカは命の大切さを知ってるからこその意図的な殺人もある事すら忘れてんのか?
相手の一番大切な物を奪いたい、壊したい、って犯罪者に教育が聞くわけないだろ。
他の人も言ってるが受けた教育をどういう方向に向けるかは本人にしか選べない。

それに死刑があるから出来ない教育などないしな。

292 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:07:24.99 ID:fYDOJY5g0
もう一つの要素を提唱したいと思う。
それは実現可能性だ。これも行動を制御している。
極端に言えば、生まれてから死ぬまで一生拘束されてしまう人がいたら
本人は何を望んでも何もできない。

実現可能性に関わるものとして本人の能力と社会のシステムが挙げられる。
本人の能力は先天的に得たもの、教育と学習によって得たものとして
社会のシステムは重要だ。
犯罪を犯して刑務所に入れられた人は行動を制限されることで、
犯罪の実現可能性は著しく下がる。
刑法というシステムがあるからだ。
こうやって社会の利益を上げ不利益を下げるようにしている。

システムと教育、これらが社会が持つ大きな武器であり、社会を創るメリットである。

293 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:17:50.04 ID:nFTum3sQ0
>>292
教えてくれなきゃわからないって抜かすお前に教育を語る資格なんてないよ

294 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:19:56.88 ID:Q/jUGmeU0
>>292
お前の言っていることは全て死刑で片が付く(一蹴)。


295 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:27:41.00 ID:G2rs0hhC0
>>294
混乱して死刑に関係なくなってるぞ。

296 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:29:24.94 ID:G2rs0hhC0
>>294
すまん、間違えた。
>>295>>292に対してな。

297 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:31:52.07 ID:Q/jUGmeU0
>>294
混乱は一切していないが??
どの点が混乱しているというのか聴かせて欲しい。

298 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:33:14.08 ID:Q/jUGmeU0
>>296
了解

299 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:38:00.55 ID:6UCUfr+z0
新しく法相に就任した平岡って賛成派、反対派?

300 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:38:50.44 ID:G2rs0hhC0
しかし>>292は死刑に関係ある無し以前に本人の言う提案ですらないな。
何がしたいんだ?

301 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:41:29.18 ID:fYDOJY5g0
>>289
なるほど。遺族って元々裁判に参加できないのか。
なら今のやり方で被告側としては公平だ。
逆に遺族の有無で刑罰の重さが変わる方向は認められないということか。

302 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:43:44.64 ID:Q/jUGmeU0
>>299
後者

303 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:49:29.56 ID:G2rs0hhC0
>>301
えっ?今さら?
>>252は本当に知らずに発言してたの?
レッテルとか言って悪かったな。
改めて認識したよ。
お前は単なるバカだ。
だから、どうせなら少しは考えて発言するバカになれ。

304 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 17:57:56.85 ID:fYDOJY5g0
>>292
要は犯罪行為が「故意」で行われたとしてその「故意」を決める価値観は教育で培われたもの。
日本が刑罰に再教育として意義を求めるなら、他の刑罰と違って
教育期間が短くなってしまう死刑はなんか変じゃないかと。

犯罪者を病気を患う患者に例えるなら風邪も治るガン患者は治療するのに
末期とか未知の病気だったら治療を断念するのかということ。

305 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:00:05.28 ID:nFTum3sQ0
>>301
遺族感情が直接裁判に影響を及ぼすことは無い。
が、社会全体の世論が大きく動けば、間接的に影響を及ぼす可能性はあるだろうな。

とはいえ、ここでもまた遺族の怒り等の感情が直接的に民衆に影響を及ぼすのでは無く、
それまで無関心だった民衆に遺族の怒りや悲しみが報道等で伝わり、身近に感じられることから死刑制度への関心が高まることによって起こるものだ。
だから逆に言えば、遺族のそういった訴えが、新たな廃止論者を生む可能性だってある。


でも現状では、死刑制度の関心が高まる=凶悪殺人鬼を許せないという気持ちが高まる ことに繋がっているがな。

こういう現状を見てみても、死刑廃止論とは、平和ボケに付け入ることで成り立っているものだと理解できる。

306 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:05:45.37 ID:fYDOJY5g0
>>303
俺の勝手な思い違いだったか。というか知識が足りなさすぎだ。
遺族が求めたら減刑されることもあるのかと思っていた。
無いなら無いで残酷な話だ。遺族の意思が関係ないとは。

307 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:16:56.50 ID:nFTum3sQ0
>>304
ガン患者?
治るかどうかが最優先じゃないだろ。100%確実に治るって言ってもまだまだ治すべきだとは思わないけどね。
治す=そいつにとっての利益 だぞ?勘違いするなよ?
何故、他人への甚大な不利益を故意によって齎した人間の利益だけ追求しなければならないんだ?有り得ないよ。

更生=治療 じゃないぞ?

罪の償いをしなきゃいけないんだよ。取り返しのつかない罪なんだよ。
治すってことは通常に戻すってことだろ?
取り返しのつかないことをしでかした人間が、普通の人間に戻ればよしってことか?これまた有り得ないだろ?

死刑を免除されて償うという事は、一生をかけて社会の為に身を奉げるくらいの気持ちでいなきゃ間に合うはずがない。

お前が言ったような、「命を助けてくれるなら反省するし謝罪もする」 なんていうフザケタ奴に更生してもらう必要性など皆無。

>>306
>無いなら無いで残酷な話だ。遺族の意思が関係ないとは。

お前に言われる筋合いは無いよ殺人者。
その都度の公判で直接関係させるわけにはイカンというだけだよ。お前らよりは遥かに尊重してる。
つうかお前らは関係ないどころか怒る遺族を貶めている。

308 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:17:12.49 ID:RuNhz3np0
>>306
刑事裁判は国家や被害者の為に有るんじゃ無く、刑事被告人の為だけに開かれる。

死刑廃止弁護士は自分達の思想闘争の場として悪用してる。

309 :死刑反対:2011/09/02(金) 18:18:31.64 ID:EcQparJO0
律義に死刑執行しても、しなくても犯罪の多少に影響しない
経済こそ犯罪のキーワード!!
好景気が犯罪を抑止する

310 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:34:50.21 ID:fYDOJY5g0
>>307
治療することの目的は本人を治すってことだけじゃない。
それ以後同じ病気にかかる人も治す確率を上げるし、
それどころかかかりそうな人を予防することもできるかもしれない。
今できることをすることでこれからの不利益がなくなる可能性ある。


311 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:39:36.60 ID:nFTum3sQ0
>>310
凶悪殺人事件を起こしたら全員が死刑になるって云う訳じゃない。
治療の見込みがある=更生する見込みがある
とういうことは死刑回避する材料の一つにもなっていることはお前も知っている筈だ。
そいつを治療して未来に活かせば問題無い。廃止する理由にはなり得ない。

312 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:44:24.84 ID:G2rs0hhC0
>>306
足りないのは知識じゃねーよ。
お前に知識があってもそれを足掛かりに犯罪者擁護を続けるだけだ。
被害者や遺族に対する配慮や思いやりが欠けているから、誰でも知っている事すら知ろうとせずに適当な事が言えるんだ。
一番大切な者を無視していきなり殺人鬼の擁護を始めるお前自身が命の大切さを学ぶべきだな。
平等を口にしながら被害者や遺族の事は知ろうともせずに無視、血眼で殺人鬼だけ擁護とはおかしいだろ。

313 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 18:49:59.85 ID:nFTum3sQ0
>>312
そうだな。目的を間違えている奴がどう知識を付けたところで無駄。
むしろ悪人が知識をつけても社会のリスクが高まるだけ。
そいつが悪人であることが分かれば、そいつにどんな知識があろうとも意味は無い。

314 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 19:02:15.24 ID:cc9SPljei
殺人者=病気
意味わからんwww
事故責任認めず責任転換
完全統治の世界にどうぞ

315 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 19:11:57.93 ID:fYDOJY5g0
>>311
医者は治療の見込みがないと判断したら治療を止めるのか?
そもそも未知の病気だったら治療の見込みがあるかどうか判断できないだろう。

>>312>>313
確かに必要なのは知識だけじゃない。
他人が何持ってるか知っただけじゃその大切さまで分からないからな。

被害者や遺族に対する配慮や思いやりが欠けているというが、あなたたちは遺族か何かか?
知人に殺人の被害にあった方がいるのか?

そろそろそちらの意見も聞いてみよう。
死刑存置の現行法でも不利益は生じている。
あなたたちが存置派を名乗るなら死刑存置のもとで不利益をなくす方法を示してくれ。
あなたたちが現状に満足しているから変化する必要はないとするならそれもよし。
しかし現実に今もも生まれ続けている犠牲者の存在をお忘れなく。

316 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 19:13:22.93 ID:G2rs0hhC0
とりあえずID:fYDOJY5g0には働いて貰おうか。
そうすれば真面目にやっている者が、思慮の浅く、怠け者で責任転嫁と要求だけ繰り返す者に蹂躙される悲しみを少しは理解するかも知れないな。


>>112
子供が生まれたら国は法令集を贈る。
>法改正毎に改訂版を贈る。
>まずそれ位してみたらいい。
>犯罪を減らして社会を良くするのが目的ならそんな出費なんて痛みでもなんでもない。

>六法全書っていくらなんだろ?俺持ってないからタダなら欲しい。


こんな考えで金を使われたら働く気が無くなるわw

317 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 19:26:33.51 ID:G2rs0hhC0
>>315
>被害者や遺族に対する配慮や思いやりが欠けているというが、あなたたちは遺族か何かか?
>知人に殺人の被害にあった方がいるのか?

何この開き直りは?
自分や大切な人が被害者になる可能性を考えたら被害者や遺族の事を思いやるのは当たり前だろ?
自分や大切な人が真面目に生活し、犯罪とは無縁の人間ならなおさらだ。
お前こそ殺人鬼の身内か殺人鬼予備軍かね?
遺族に対する配慮や思いやりが欠けている以上に、犯罪者に対する思い入れがありすぎだろ。

318 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 19:51:50.15 ID:fYDOJY5g0
>>317
あなたに遺族に思いやりがあるというのならなぜそういう人が
生まれるこの現状を変えようとしない。
死刑存置するなら存置するで適用基準や適用制限や執行時期や
他の刑罰との相補性など他にも議論する余地がたくさんあるだろう。

思いやりがあるというだけで許されるなら、凶悪犯が思いやりがあるといったら許すのか?
まあ反省しても謝罪しても許さないんだから、口先だけの思いやりなんて認めないのだろう。
しかしあなただってその点では凶悪犯と同じだ。

319 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 19:56:36.67 ID:lXVUARIAO
死刑なんてなくせよ

320 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:02:56.53 ID:2vGF1qfx0
>>315
よくまあそれだけ一日中詭弁を連ねられるものだ。

>死刑存置の現行法でも不利益は生じている。
あなたたちが存置派を名乗るなら死刑存置のもとで不利益をなくす方法を示してくれ。

死刑廃止下でも不利益は生ずる、そんな事は自明だろう。
ならばその不利益に対し犠牲者の存在に対し、考えるべきは如何に初犯を防ぐべきかであって、死刑の存廃という議論ではない。お前は提起すべき根本からはき違えている。だから小手先でしか物を言えないんだ。
一体お前の言う不利益とは被害者とは何だ?そして死刑存廃を議論しているスレで死刑の議論もせず一体何をやっている?


321 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:05:13.86 ID:lCOCcKVO0
>>319
むしろ懲役刑をなくせよって思う。
死刑と執行猶予、あとは罰金と教育刑みたいなものだけでいい。
犯罪者を隔離して飼育することに何の意味がある?

322 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:15:54.61 ID:fYDOJY5g0
>>320
死刑に犯罪抑止力があること論拠に挙げているのは存置派だろう。
その抑止力とは再犯だけのものだったのか?
再犯を防ぐだけなら終身刑で事足りるだろうに初犯を防げない死刑の存在意義は何だ?
初犯を抑止する力があるなら先に挙げた適用方法を調節する議論が必要だろう。

廃止派の上げる論拠を片っ端から論破したところで廃止派の根本は変わらない。
存置派は同時に自分たちの仮説の確からしさを示す論拠を提示しなければならない。
それが議論というものだろう。

323 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:29:19.77 ID:fYDOJY5g0
>>321
教育刑を考えるなら教育時間というものも考慮しないといけない。
教育の成果が上がるまでは再犯の可能性が無視できない。
それを考えると隔離というか行動の制限が必要になってくる。

法体系を簡素化するというのは一定の利がありそうだ。
とりあえず司法判断は速くなる。
理解できない、解釈が異なるというケースも減りそうだ。
子供にも教育しやすいと思われる。
学習内容が多いと本質を理解するのがかえって難しくなる場合がある。

324 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:34:36.23 ID:G2rs0hhC0
>>318
>思いやりがあるというだけで許されるなら、凶悪犯が思いやりがあるといったら許すのか?

どこから思いやりで凶悪犯が許される話になってんだ?
お前自身の批判から逃げるなよ。
それともお前自身が凶悪犯だって事かね?
それなら納得だ。

>まあ反省しても謝罪しても許さないんだから、口先だけの思いやりなんて認めないのだろう。

大概の反省と謝罪だけで済む事なら許すけど、己の欲望のままに罪も無い人を複数殺した奴の口先だけの思いやりを認める必要あるの?

>しかしあなただってその点では凶悪犯と同じだ。


凶悪犯とは言えないが人が悪いのは確かだ。
お前ら廃止派からこんな言葉が出る事を予測した上でお前の質問をわざとスルーしていたからな。
俺の母方の曾祖父は犯罪被害者だよ。
お前はその思慮の浅い頭で被害者遺族に『凶悪犯と同じ』って暴言を吐いたんだ。
姿が見えず、誰かを知らなくても遺族を傷付ける行為や言動があると言う事を思い知れ。
このゴミ・クズ・カスが!

325 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:47:09.77 ID:G2rs0hhC0
>>322
>死刑に犯罪抑止力があること論拠に挙げているのは存置派だろう。
>その抑止力とは再犯だけのものだったのか?


抑止力が無くても構わんよ。
リスクは殺人鬼の命だけだし。
だがもし抑止力があった場合のリスクは善良な人々なわけだが良いのか?
少なくとも完全に無いと証明しなけりゃならんのは廃止派なんだがね。

>再犯を防ぐだけなら終身刑で事足りるだろうに初犯を防げない死刑の存在意義は何だ?


再犯を防ぐだけにしたいのは廃止派だけだろ。
ありもしない終身刑を持ち出すなら、先に終身刑を現実にしてから語ってくれ。

326 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:49:59.65 ID:nFTum3sQ0
>>315
>医者は治療の見込みがないと判断したら治療を止めるのか?

止める場合もあるだおるな。当然だが。
また、治療の見込みがあっても出資するものが居なければ治療はされない。悪人でもないのにだ。

悪人だったら尚の事。治療の見込みがあり、更に治療する明確な社会的意義がなければ治療を断念するのは当然。

>そもそも未知の病気だったら治療の見込みがあるかどうか判断できないだろう。

どうしても死刑存廃とは無関係な話でお茶を濁したいらしいな。

>あなたたちは遺族か何かか?

社会制度の是非を語るのに、遺族でなければならない理由は何かあるのか?
そういうお前は凶悪殺人鬼本人か何かか?

327 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 20:53:15.26 ID:nFTum3sQ0
>>326
誤) 止める場合もあるだおるな
正) 止める場合もあるだろうな

さっと見直ししたけど気付かなかった・・・・ダメだな。

328 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 21:03:36.54 ID:2vGF1qfx0
>>322
謝罪と教育なんて言葉を口にしているお前が、終身刑などという言葉をどの口で言うか。それとも謝罪と教育は凶悪犯に不要とでも悟ったのか?
教育をするということは、社会復帰を前提とするということだ、
社会復帰を前提として生涯刑務所から出さない?毎度毎度一体何を言っている?自分の言葉を選んでレスするという能力がお前には無いのか?
お前のように言に芯を持たず、その場その場で都合の良い言葉をつまみ食いしてレスする奴に、死刑など廃止できるわけが無かろう。どうしてお前らペテン師に信を置けるか。

抑止力の有無については実際に闇サイトのように「死刑になりたくない」という理由で出頭した実例があるさ。まああれは自首すれば罪が軽くなる、という利益誘導だろうがな。
他の動物は知らないが、そもそも死というのは人間が持つ根源的な恐怖さ。刑なんてものを付けるからその事が曖昧になるがな。お前は死が怖くないか?その恐怖がある限り、死刑に抑止力があるって事なんだぜ。
極端に言えば、銃口を後頭部に突きつけられて「人を殺せば銃殺する」という状況で、殺人に手を染める奴はそうは居ないさ。

>廃止派の根本は変わらない。

お前らが変わらないのであれば、死刑存置に何ら影響はないさ。物別れで幕引きだ。
大体、仮説の確からしさ、なんてものを提示して説得しなければならないのはお前らなんだぜ。
存置の方に傾いているシーソーなのに、お前ら自身が自分で重量を上げないで、どうしてお前らの方にシーソーが傾くよ。





329 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 21:11:00.07 ID:fYDOJY5g0
>>324
被害者遺族だったか。失礼した。
「その点では」というのは「思いやりがあるというだけで許される」ところを指したつもりだった。
あなたが口先だけの思いやりを認めないなら、口先だけで謝るような犯罪者とは異なる。
俺の文章力の低さは否めない。

「という」は「と言う」と変換すべきだったし、こんなに離れては指示語として機能していなかった。
それ以前にあなた自身のことに対して断定形を使ってしまった。

議論中に「あなた」自身や「俺」自身を持ち出すのはレッテル貼りと言われても仕方ない。
サイエンスの分野なら間違えるはずないんだが、「人間」が絡むと途端にダメだ。
本来傷つくことがないはずの議論の場で、不用意な発言で傷つけてしまったのは完全俺の過ちだ。
本当にすまん。ただ俺個人のミスで他の廃止派の人間に対する信用は失ってしまわないようお願いしたい。

330 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 21:39:01.69 ID:fYDOJY5g0
>>325
「ない」ということを証明することはできない、と先にも言ったと思うが。

現在終身刑でないからこそ、終身刑を議論する必要が生まれるんだろうが。
実際は終身刑が定められた後も議論する必要があるのだが。

>>326
あなたの言う通り財源の問題は重要だ。実現可能性を左右するからな。
確かに今社会で議論すべきは震災からの復興と原発の問題だろうな。
教育方法や教育内容とは改善されていくべきものだ。
そしてそれには教育し続ける必要がある。
今治せない患者も治療方法を変えていくことで治る可能性もある。
経済的に無理なときは確かに無理だ。少なくともお金のかからない方法しか選択できない。

思いやると簡単に言うがそれは難しいことだ。
遺族のことを一番理解しているのは同じ遺族だ。もちろんそれでも相違はある。
存置派は皆廃止派に思いやれということは存置派はもっと思いやってるということなのだが
あなたはもしかして遺族なのか?
遺族ならできる範囲でその思いの丈を語ってほしいと思っているのだ。
それが俺が遺族を思いやるようにするのに一番いい方法だと思う。

331 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 21:46:16.73 ID:nFTum3sQ0
>>330
>遺族ならできる範囲でその思いの丈を語ってほしいと思っているのだ。
>それが俺が遺族を思いやるようにするのに一番いい方法だと思う。

一見丁寧な文章の節々に人間性が滲み出ているな。
お前のここまでの33レスの所々に仮面に隠された本性が染み出ている。

332 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 21:48:28.53 ID:lCOCcKVO0
>>323
教育施設にとどまるも逃げ出すも自由だと思っている。
刑務所みたいな施設で隔離となれば看守や施設にお金がかかりすぎる。
ただ、犯罪行為が習慣化してしまった人間で更正したいという人間に
機会を与える施設があってもいいと思っただけ。
だから資格や技術を身につける研修制度や学校、禁煙外来のような
パチンコや買い物中毒を治すためのリハビリ施設のイメージ。
自発的に執行期間中は監禁されたいという人間用の隔離施設はあっても
いいかもね。

333 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 22:08:04.95 ID:fYDOJY5g0
>>328
死は怖いさ。でも死より怖いものもあるってこと分かる。
自殺者が年3万人もいる自殺者が物語ってる。

そして前にも言ったと思うが以前俺は自殺願望があった。
自殺の方法を調べた。
自殺ってのはな、簡単じゃないんだよ。どの自殺方法にも失敗する可能性がある。
そして一度やって失敗してそれが他人に発覚したら、マークされて今度はもっと自殺するのが難しくなる。
あの時の俺を自殺を止めてたのは死の恐怖というよりむしろ失敗して死ねなくて生き続けること恐怖だった。
実際には自殺未遂まで言った。当時処方されてた抗精神病薬を一気に飲んだんだよ。
一つの知識として教えておくが、あれでは死ねないんだ。
処方量が比較的少なかったのもあるが、ちゃんと致死量とかも考えて処方してるんだろうだな。
俺は結局死なないで、担当医に発覚、即入院。
死ななかったおかげで今は通院を続けながら、留年した大学に通っている。

とにかく死より怖いことがあるのは確かだ。
俺の持論では生き地獄とは実在する

334 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 22:17:58.77 ID:lXVUARIAO
>>321
犯罪者には刑罰を与える以前に、再犯防止として隔離しなきゃならんだろう

335 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 22:37:54.32 ID:RGA+2A+x0
>>331
そうですね。私もそう思いました。隠している・・・うすら笑っている・・・感じ
それと何で患者なんですか?身勝手な殺人者が。闘病している人に失礼でしょ!

あと人を殺めてはいけないと言うことを「教育すれば・・」と、廃止を訴える人が居るようですが
本当にそう思いますか?大概の凶悪殺人犯はその場から逃げていますよ。
捕まりたくなくて逃げるのですよね?悪いことと解っていますよね?
そんな輩にもっと時間とお金をかけて教育しろと。何んの過失もないのに
無残に人生の幕を勝手に下ろされた人の事は置いといて・・・。教育?治療?
そうだ!治療だ。癌細胞は切り取り無くすのが一番だね。

336 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 22:53:26.73 ID:TPVDLZRb0
クxウxゲーx株式会社。安い金額で外注クリエイターを使い利益を得ているもよう

337 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 23:09:01.47 ID:fYDOJY5g0
>>335
精神疾患の患者が皆犯罪者になるわけじゃない。
厳に俺は未だ闘病中だ。犯罪者になる可能性はないと信じたい。
しかし「身勝手」というなら、自殺者だって「身勝手」になる。
あれは健常者の言う「身勝手」とは全く違うと言ってもいい。
精神病っていうのはその状態に陥ると自分の価値観をめちゃくちゃにしようとする。
普通の人間なら「自分を殺したい」なんて思わない。
しかし精神病になるとそれがまかり通ってしまうことがある。
「自分を殺したい」がまかり通ることがあるなら「他人を殺したい」がまかり通ることがあっても不思議じゃない。
殺人犯が精神異常なら減刑される。
でも俺に言わせれば殺人を故意で行っている時点で既に精神異常なんだよ。
「全ての精神病患者が犯罪を起こす」は絶対誤りであるが、
「全ての故意の犯罪者は精神病である」というのは真である、というのが俺の持論だ。
病気なら教育というより治療すべき、となる。

癌細胞ならとりあえず切り取るけど、癌の治し方が分かるまで切り取った部分を観察する。

338 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 23:28:16.79 ID:RGA+2A+x0
>>337
>精神疾患の患者が皆犯罪者になるわけじゃない。
>しかし「身勝手」というなら、自殺者だって「身勝手」になる。
あなた日本語解りますか?読めますか?理解できますか?
何を言っているかさっぱり解りません。
あなたは殺された人の事は完全無視なんですね。

339 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 23:31:46.43 ID:zz0fKeFW0
>>333
君は周りの人のおかげ+自分の努力で立ち直ったんだろう。
その助かった命を大事にしな。
君が今やらなければいかんことは周りの人に感謝し、大学で一生懸命
勉強して、社会に出て社会に役立つ人間になることだ。社会に出て
いろいろな経験をし、世の中の利害、汚さ、また助け合いなど
良いも悪いも経験してから廃止論を語ろう。今はまだ若さからくる
教科書の範囲内だ。
ただ、君もめぐり合いが悪ければ死んだか、犯罪者になった可能性もある。
君はそこを考えての廃止論なんだろうが、人間なんか所詮そのような
はかないもんなんだよ。君は犯罪者にならなかった今のところ。
それが全てだ。
まあ俺が心配することではないが。

あと自殺は人口比率の統計的に言うと
東北地方の秋田県の75歳以上の割合がとても高いようだ。

あと刑務所の累犯障害者は20〜30%という驚きの結果が出ているぞ。




340 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 23:33:54.34 ID:fYDOJY5g0
>>332
犯罪行為をした者に選ぶ権利を与える、というのは斬新だ。

犯罪者によって効果的な教育方法も異なる。
その人の経済感覚によって同じ罰金額での教育の効果が異なるというのは実際ありそうだ。
罰金より効果がありそうな刑罰があるならそれをさせる。
これらの例は犯罪者側が選ぶのではなく、司法側が選ぶ例だが。

どちらが選ぶにしても「同じ犯罪を犯した者は同じ罰を受ける」というのを論破しないといけない。

あと再犯を社会がどこまで許容できるかっていうのと隔離や死刑とのバランスを議論しないといけない。

341 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/02(金) 23:56:27.78 ID:z/LFcqz90
ID:fYDOJY5g0 には厚顔無恥打ち刑あたりがふさわしそうだ。

342 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 00:05:41.98 ID:oDb9l2km0
>>340
論破だってww
おまえ、何か勘違いしてないか?

343 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 00:11:50.41 ID:jLDki+e00
>>338
「身勝手」というのは「自分の意思で」ということだと思ったのだが、
確かによく考えれば「他人の意思を無視して」というのも必要か。
自殺者は基本的に「自分の意思だけで」自殺する。
殺人をするには相手がいるから「他人の意思を無視して」がそこに加わる。
確かにそれを同列で語るのは無理があるな。

でもとりあえず自分の意思で精神疾患にかかりたいと思ってる人はいないだろうから
精神病にかかってしまって自分の意思というものをかき回された人が
自殺しようが殺人しようが本当に「自分の意思=故意」でそれらを行ったとは言えないと思うのだが。

自殺件数>殺人件数なのは「殺人は自殺より物理的に難しい」ということだけじゃなくて
「他人の意思を無視して」という別の条件が入ってくるからなのだろうか。

そもそも自分の命奪うのと他人の命を奪うのは同列では語れないものということか。

344 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 00:42:44.80 ID:lRCaTbeh0
>>342
同じ犯罪を犯した者は平等に同じ刑罰を受けるべきだと主張する人を想定したのだが。

自分の罪に対して受ける教育を自分で選ぶことを認めたら
自分にとって痛くないという基準だけで教育を選んで後
また再犯する人が現れるかもしれない。
犯罪者が自分で罰を受けるか受けないかまで決められたら
普通の学校と同じだな。
せめて再犯回数とかで何かで制限を設けないといけない。

やはり刑罰は司法側が決めることだな。
司法側に犯罪者の状況に応じて教育手段を変える自由を持たせるのがいいのではないか。
前に書いた死刑執行に猶予を持たせるとかと同じところに戻ってしまった。

345 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 02:02:07.35 ID:s3KF5Isi0
>>343
そこまで当たり前のことが分かってないお前が何を論破しようっていうんだ?
論破の意味分かってるか?
とりあえず何か言い返しておいて相手が呆れて返事をしなくなったら論破だと思っていないか?お前。

お前が存置派を論破することは有り得ない。
だが逆に存置派もお前を論破することは出来ない。
何故ならお前は議論するレベルにも達していないからだ。
言われたことが正しいか間違っているかがお前には理解できないからお前を論破することは出来ない。
議論とは、ある一定の知識や価値観を理解できるもの同士でしか成り立たない。

だからお前とのやりとり(議論?)は、お前と存置派の議論では無く、
お前という廃止派のサンプルと言い合いをしている場面を第三者に示す意味しか持たない。
お前が、理解できない奴ではなく、理解できないフリをしているだけの奴の可能性も加味して、隙のないレスを返して
詭弁の種を摘み取ることも重要。

346 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 02:11:39.96 ID:s3KF5Isi0
まぁ、ID:fYDOJY5g0こそが、彼自身の言うところの未知の病気だね。彼を拘束して研究すれば凶悪殺人鬼を知ることに繋がるかもね。

347 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 02:14:23.19 ID:L23Rm6MF0
数日前、ライブハウス放火未遂事件が起きましたが、この事件は死刑制度
の問題と更生教育の問題を深く考えさせるモノでしだ。

348 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 02:37:22.55 ID:lRCaTbeh0
スレの主題から脱線して悪い。

このスレの誰かのレスに俺を統合失調症呼ばわりするするものがあったが
俺は実際に統合失調症と診断され通院治療を受けている。

精神病患者が自分の精神病を認識するというのは重要な過程だ。
担当医の十分な考慮のもと行われている。
加えて精神病患者へかかる言葉は注射のようなものだ。
素人が扱えば非常に危険なものになる。
だから赤の他人に精神病に関する事を言う時には細心の注意が必要だと知ってほしい。

そういう意味で俺自身が誰が見ているか分からない掲示板で
犯罪と精神疾患を安易に結びつけて書き込んでしまったことが一番のミスだった。
このレスの内容自体も素人の俺が書き込んでいいものなのか不安だ。

削除依頼という仕組みがあるそうなのだが使ったことがないのでよく分からない。
こういう場合は使った方がいいのか、どう使うのか判断を仰げないだろうか。

精神病を患っている方、犯罪経験がある方、犯罪被害経験のある方
そういった知人がいる方で俺の勝手な自論を不快に思った方には謝りたい。

本当に申し訳ない。

349 :◇mBHDY3FZ3E (東京都):2011/09/03(土) 02:39:22.74 ID:MR0SkQ0q0
hh

350 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 03:47:56.07 ID:s3KF5Isi0
なるほど。
廃止派は 馬鹿 卑怯者 無知 の他にもう一つ選択肢を増やしたか。

すなわち。

病気。

351 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 03:51:47.20 ID:E1vfSSzf0
>>348
日本の心療内科は医学では無く思想文学です。

診断名に惑わされる事無きように。

「心療内科=思想文学」まで貶め作り上げたのは人権死刑廃止派。

352 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 08:16:41.78 ID:yX+do8uD0
>>347
「死刑になりたかった」発言は明らかに後付けで出てきたもので、
死刑制度の問題とは無関係だな。

無差別に殺そうと思って行った殺人未遂に対する刑罰が軽過ぎる
こと、更生プログラム見直しの必要性、または更生の限界を認める
こと、更生しないものをどう判定するかの基準を設けるべきである
ことについては問題提起したんじゃないかな。



353 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 08:52:01.48 ID:91q6f3Ux0
>>348
それが甘えだと言っている。2ちゃんはそういうものと認識し「受け入れろ」
匿名の場所だぞ。
それか君がここに来なければいい。選択の権利は君が持っている。
世の中は誹謗中傷の嵐だ。著名な人でもマスゴミからあること無い事
を書かれる。俺も死刑囚を吊れという。人権屋は被害者遺族の感情を
逆なでる意見もある。
自分は言いたいことを言うが、言われたらダメージを受ける。
まさに甘えの構造から脱却できていない。


354 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 09:27:34.58 ID:+GqlIM3jP
というか匿名掲示板で素人にすら統失だと看破されるほど明確に症状を現す人間に、まともな議論が出来るわけがない。


355 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 09:33:11.08 ID:/i3R0eS20
>>260
婆さんのどこに子供生む能力があるんだ?
まあギネス記録で80オーバーとか聞いたことはあるが。
しかも小規模災害に巻き込まれた場合の少人数なら種の保存とか言ってられるか。
女が一人死のうが二人死のうが種が危機的状況とか関係なくて誤差だ誤差。アホらしい。
それにお前の理屈なら子供を生む能力がない若い女性なら無視してよいって事になるが。
そう言う恥ずかしい後付の理屈を並べるなよ。
凶悪犯の命も平等と言ったのなら災害時の年寄りや女子供優先も関係無く皆平等と言え。


356 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 09:46:48.62 ID:/i3R0eS20
>>337
>癌細胞ならとりあえず切り取るけど、癌の治し方が分かるまで切り取った部分を観察する。

お前を治療するならまだしもがん細胞自体を治す必要がわからんな。
良性の細胞に戻してそいつらと戯れたいのか?
普通は抗がん剤でがん細胞を死滅させるのが普通だが。


357 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:01:48.82 ID:lRCaTbeh0
>>353
削除する必要はないということでいいのか?
2ちゃんでも誹謗中傷が度を過ぎれば削除されるものだと思ったのだが。

>>351
俺が受診しているのは精神科なので心療内科というのがよく分からなかった。
なので調べたところ、とりあえず内科であるらしい。
心療内科は「内科領域、各科領域の身体疾患を心身両面から医療を行う」そうだ。
身体疾患が見られない俺の場合は精神科で十分ということか。
しかし、医者でも心療内科と精神科の区別はできていないらしい。
そして「心療内科」という科名は日本にしか存在しないそうだ。

とりあえず俺の疾患の治療方法は、医師の受診と抗精神病薬の服薬だ。
抗精神病薬の全てかは分からないが、神経伝達物質(ドーパミン、セロトニンなど)を制御するものが多いようだ。
それらの乱れで統合失調症では認知、情動、意欲、行動、自我意識などの精神障害が起こる場合があるということだ。

俺も医者の説明やネットの情報による知識しかないので実際のところは分からない。
医学的にも未だ不明な点が多い。
しかし一昔前までかかったらおしまい、医者も匙を投げるような病気にも治療方法が確立されつつある。

ウィキペディアによると日本の統合失調症の発現率は0.7%と推計されている。
統合失調症の症状の一つに「相手に自分の頭の中が読まれていると考えてしまう」というものがある。
自らが統合失調症だと明かしていない相手に「あなたは統合失調症ですね」と言えば
病状を悪化させてしまう恐れがあるのではないか。

禁煙している人に煙草を勧める人などいないだろう。
せめてそれ位の感覚を持ってこれ以後の他者への発言を行ってほしい。

こうやって俺が精神病について語るのもリスクが否めないのだが、
このスレにいる人が今後起こしうるリスクの方を優先した。

統合失調症の発現率を0.7%として
確率的にはあなたたちが150人の人にそういう発言を行う事によって
リスクを負うことになる人間が一人いることになる計算だ。
ネットの書き込みで150人などあっという間かもしれない。

精神障害は列記とした疾患だ。本人も周りの人間も苦しんでいる。
よく「カッとなって」という表現があるが、もしあの「カッとなって」が
持続的に続いたとしたらどうなってしまうのか。
想像するだけで恐ろしい。


358 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:07:08.48 ID:/i3R0eS20
ならなんでわざわざ2chに来るのか意味不明だな。

359 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:07:47.02 ID:0T/seliL0
言論の自由

360 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:26:25.08 ID:lRCaTbeh0
>>355
老人はむしろ自分から「わしはもう十分長く生きたから置いていけ」とか言いそうな気がする。
ただ老人は長く生きてきたこともあって経験が豊かだったり、若い人の拠り所になっていたりもする。
そういうのが失われるのも痛手なのではないか。

災害が起きたときにその女性が子供を産めるか産めないか判断している暇はないだろう。
だったら「全ての女性を優先して守る」と簡単に決めておいた方がよい。
理屈は重要だが、事態が切迫しているときは熟考が害になりかねない。

男は体力があるから周りの人間を救う余裕がある。
男でも余裕がない人間はまず自分の命を守ることに腐心すべきだ。

361 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:36:01.27 ID:+GqlIM3jP
>>357
頭の中が読まれる?匿名掲示板でどうやって?
君がここで統失だと指摘され得るのは、単に君が統失であると素人すら看破でき得る材料を、君自身が書き込みによって提示したからに過ぎないよ。
自分でカミングアウトしているんだから、悪化も何もないだろ。まあ自分の行動を関知できないのも統合失調症の特徴だろうけどね。




362 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:43:15.74 ID:lRCaTbeh0
>>355
命というのは死んだ時初めて平等になるんだ。
先にも挙げたように生きている命は平等ではない。
平等ではないにせよ、全ての生きている命はプラスだ。
重病患者も凶悪犯もな。

生きている命が奪われたら損害だ。そして失った命は戻らない。
殺人で起きた損害は起こらない。
しかしこれからその凶悪犯が起こしうる命の損害は彼を拘束すれば十分防げる。

そして凶悪犯がなぜそうなるに至ったかを分析することは
そういう人間が再び生まれるのを防ぐのに生かせるかもしれない。

殺人鬼は本当に治すことができない癌細胞なのか。
治せないにしても新たな癌細胞の発現を減らす手段はないのか。

363 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:47:27.51 ID:E1vfSSzf0
>>357
詐病が有効なのは保健室と裁判と精神系の医者にだけ。
統合失調症の症状も痕跡も見受けられない完全な詐病だ。

君は単なるバカ(IQ85〜99)だから、親に因る洗脳教育がキッチリはまり込ん出るだけ。

364 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 10:56:19.73 ID:AGHl6pni0
>>362
お前はまず自分の過去のレスを読み返して全てのレスを整合させろ。
お前のいう拘束とは絶対終身刑なのか有期刑なのか?どっちなのかまずハッキリしろ。
絶対終身刑なら理論上は再犯を防ぐことは可能、だが、お前の大好きな有期刑下での教育によって犯罪を絶対に防ぐなんて事は不可能なんだぞ?

365 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:08:17.85 ID:lRCaTbeh0
どの遺族の方も常々口にしているではないか。
「二度と同じ苦しみを味わう人が生まれないようにしてほしい」と。
遺族の方々にすればそれは「凶悪犯は憎い」という思いを社会に訴えることで
そういう人間が生まれるのを防ごうとしている。
報道もそれに協力するし、存置派もそれを推進する。
実際俺も犯罪者は憎いと思っている。

しかしだ。
「犯罪を防ぐ」という目的は同じでも、手段は色々ある。
どれが正しいかは分からない。

俺はどちらかと言えば完全に理系の人間だから観察とか分析という手法を好む。
もちろん「人間」というものを今までまとも観察をできたことはないし
俺自身は全く専門外だから俺には不可能だろう。
精神系の医療従事者、心理学者、社会学者やその他の総合チームが必要だろう。

366 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:24:02.89 ID:lRCaTbeh0
今死刑宣告を受けている死刑囚は速やかに刑を執行するとして、
刑が執行される最後の一秒まで、いや執行された後も十二分に観察をすべきだ。
普通の献体に出して医者の卵が学習に使うよりも、もっと熟練の脳科学者が分析すべきだ。
それは行われているのだろうか?行われているとしてもちゃんと知見は得られるレベルなのか?

脳科学も精神疾患についてもようやく最近になって急速に発展してきている。
やっと道具がそろい始めたところなのだ。
その道具はぜひ生かしていく必要がある。

死刑を訴えるにしてもそういうところも同時に考えてほしい。
そして少しずつでも訴えて社会の意識を変えていってほしい。

367 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:25:59.39 ID:AGHl6pni0
>>365
死刑存廃から逸脱してるな。
研究分析は必要だからやればいい。だが本当に凶悪犯が教育更生を果たしたかどうか誰も確認しようもないのに、更生した、という自慰行為的な判断で獣を野に放ち、更なる殺しの機会を与えるような愚行をする必要はないな。
そんな研究などは死刑存置下でやればよい、廃止などというものはその研究によって、死刑は不要と断言出来るだけの効果か実証されてからすればよい。


368 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:38:37.76 ID:E1vfSSzf0
>>365
> 精神系の医療従事者、心理学者、社会学者やその他の総合チームが必要だろう。

それらは文学の域を出て無いし、人権死刑廃止派の巣窟となってるんだけど。
人権死刑廃止派が診断や分析の精度を落としてる。

>>366
> 脳科学も精神疾患についてもようやく最近になって急速に発展してきている。

脳科学や心療内科など医学科学のアプローチを否定して潰そうとしてるのが。似非人権思想に取り付かれてる既存の精神医学会なんだけど。

369 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:52:07.44 ID:lRCaTbeh0
手段は色々、道具も色々。
教育が生かせるなら教育するし、病的なものなら医学的に解決し、経済的な問題なら生活支援など。
死刑もその手段の一つだ。それだけで解決するなら俺は死刑を推進するだけだ。

目的は同じなんだ。廃止派は凶悪犯を擁護したいわけでも凶悪犯罪を助長したいわけでもない。
手段の問題だ。存置派は死刑存置のもとでどうやって凶悪犯罪をなくしていくべきか議論すべきだ。

もちろんその手段の一つが廃止派を納得させることなのだろう。
単に凶悪犯の擁護や凶悪犯罪の助長を狙うだけの廃止派もいるかもしれないからな。
そういうのは必要だとしてももっと視野を広げていく必要がある。
次々生まれる悪質な廃止派を論破することなら今までずっと続けてきた。
しかしそれだけでは凶悪な犯罪はなかなか減らない。

死刑に限ったって適用基準とか執行時期とか語るべきところはあるだろう。
現行のやり方で満足なのか不満なのか?不満ならどう変えるべきか?
そこを教えてくれ。
一応廃止派を名乗ってはいるが、俺は存置派でも廃止派でもなく、
究極的には犯罪撲滅派でもなく、社会とその住民の幸福の最大化を目的しているつもりだ。
だから今の俺の夢の一つは精神疾患で苦しむ人をいなくすることだ。
医学部ではないから医者になることはできないが、別の方法を既に考えている。
俺の実力でどこまで達成に近づけるか分からない。
しかし精神病が原因で犯罪に手を染めてしまう人間がいるのなら、
精神病患者を治すことは犯罪を減らすことになると信じている。
それが正しいかは分からないが、あなたたちが精神疾患を助長しようとするなら
それを俺は犯罪助長と受け止めてしまう。やめてくれ。

俺個人としては少なくとも「自分の考えが読まれている」
という症状はここ最近全く出ていないので気にしていない。

370 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:52:14.21 ID:s3KF5Isi0
>>357
>よく「カッとなって」という表現があるが、もしあの「カッとなって」が
>持続的に続いたとしたらどうなってしまうのか。
>想像するだけで恐ろしい。

カッとなって行った犯行。つまり、完全な私利私欲とは言えず計画性も認められない犯行だということ。
これでは相当大人数の人を殺傷したり、更には残虐であったりしない限りは死刑適用はされないだろう。安心しろ。でも可能性はあるけどな。
持続的に続くなら残念だが隔離だな。
死刑相当の罪を犯してしまう前に隔離されることを祈っててくれ。

まぁ全体的に自分の都合しか考えていない。
自分が病人だから労われと主張しているようだが、お前の病気に気を使って殺人鬼を容認するわけにはイカン。
仮にお前が凶悪殺人を犯し、お前の病気との因果関係が明確に認められればお前の罪は軽くなる「可能性がある。」
が、病気とは無関係な凶悪殺人犯も普通に存在する。
ここ、死刑の存廃を議論する場に於いて、
自分からここに出向いてきて現行社会制度を批判するお前が、病人であることを根拠として他人の意見を制限するのは笑止千万。

>>360
君の知り合いのお年寄りは余程の人格者ばかりが集まっているようですね。
「他の奴なんてどうでも良いから自分だけ助けろ」 と主張するお年寄りもいると思いますけど。
年齢が高ければ必ずしも人格者になるとは限らないようです。
「年の功」 が得られない方も中にはいらっしゃるようです。


371 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 11:57:58.57 ID:s3KF5Isi0
>>366
お前は実現可能性という言葉も口にしていたっけな。
そういうことから訴えていけば良い。
廃止派の訴えの中にはマトモなものも多少はある。
だが、死刑廃止されて利益を得るのが凶悪殺人鬼のみである事実は変わらない為、
死刑廃止論者に協力しようと集まってくる人間もまたそれに近い人種ばかりになるのは自明。

多少マトモな廃止論者も、そういう奴らに急かされて、何は無くとも死刑廃止を訴える。そこに矛盾が生まれる。
焦った凶悪殺人鬼予備軍がでしゃばりしゃしゃり出て無根拠に取りあえず死刑を批判する。そこに矛盾が生まれる。
援助者でもあるから仕方なしにそいつらに同調する。またそこに矛盾が生まれる。
そうこうしている内に、廃止論者も完全に利得に絡み動くようになる。思想そのものが歪む。

もう矛盾どころでは無い。正当性の欠片も整合性の欠片もそこには存在しなくなる。



372 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:03:37.33 ID:HTZjmDPR0
研究材料なら刑の執行まで十分にやればいい。
それに、死刑にならなかった奴にも結果的に失敗しただけで死刑相応の犯罪を試みた輩がいるしな。

そもそも防犯や教育については本当に地道に研究したり活動している人がすでに存在する。
思い付きで発言するバカにその地道な努力を全否定する権利などない。


373 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:06:40.98 ID:/hwF0yZm0
ID:lRCaTbeh0 が希望を託す日本の精神医学会が、如何に無能で無責任で無意味か理解し易い事件を教えるから、図書館で関連本でも借りて勉強しなさい。

真逆の誤診により追い詰められ形成された犯罪者。
山地悠紀(山口・母親殺害事件 大阪・姉妹殺人事件)

無能医誤診の犠牲者である被害者と、詐病と誤診で見捨てられた犯罪者。
前上博(自殺サイト連続殺人事件)

詐病での免罪を得る事で、利益共有してた無責任医者。
宅間守(附属池田小・児童殺傷事件)

これらは反国家人権ファシストがミスリードして来た、「人権=正義や美」の単純な似非人権思想が日本社会全体を蝕んでる証拠とも言える。

犯罪者を出さない為に価値観や社会構造を変えるなら、反国家人権ファシスト(多くの死刑廃止派)の隔離から始めないと、単なる無秩序社会になるだけなんだよ。

374 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:15:27.64 ID:/hwF0yZm0
>>373に追加
この三事件の裁判記録を読むと君は絶望するかも知れない。
証人として出廷した多数の医者が、精神医学の無意味を立証し精神医学を完全否定してる。
君は死刑廃止を訴えるより、君を洗脳した親元から独立し自己を見つめ直す事が一番の優先事項だよ。

375 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:24:40.51 ID:s3KF5Isi0
まぁ精神科なんてそんなもんだね。
薬飲ませてボケさせたり興奮させたり隔離したりするくらいしか出来ないでしょ。

あとはカウンセラーと変わらない。むしろ精神医学では無く、医者やカウンセラー個人の人としての力量が重要でしょ。
一番重要な 「人を見る目」 が精神科の医師に備わっているとは限らない。

376 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:35:08.88 ID:/hwF0yZm0
>>375
日本医学会の掃き溜めが現在の精神医学会だからね。
反国家人権派と東大派閥が互いに利用し合う事で、最悪の利権構造を生み出してる。

多くの国民が改正を望んでる刑法39条41条など、似非人権派が廃止や改正に反対運動を繰り返しながら、自分達の思想や利益の為に悪用の限りを尽くしてるよね。

377 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:40:33.14 ID:tn+3v3Io0
人は、見たいモノしか見えない。
見たくないモノを見ようと努力する人間は、少ない。
存置派は、
許せない人間を殺す事は正義・死刑のおかげでの抑止力・死刑廃止で得をするのは犯罪者
という妄想現実しか見ようとせず、実際、それしか見えていない。

こういう近視眼的思考は、それ自体が危険思考である事すら、気づけずにいる。
視野の狭い、排他主義が用いる選民意識は、過去の歴史でも悲惨な現実しか生んでいない。
「 金さえあれば 」生きていけると考える社会で、
このような意識は、健全な社会を構築する上で、妨げ以外の何物でもない。


このスレを見ていると、歪んだ価値観が露呈されているのが、ハッキリ認識できる。

378 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:44:28.56 ID:lRCaTbeh0
>>367
だから死刑廃止=獣を野に放つ、にはならないだろう。
野に放つのを防ぐなら終身刑でもできる。脱獄の可能性でも考えているのか?存置派が論ずる「自分が殺されるのを恐れることが凶悪犯罪の抑止力になる」というのが正しいなら、

存置派の論ずるところの「自分が殺されるのを恐れることが凶悪犯罪の抑止効果につながる」
というのが正しければ、「自分が殺される」死刑と「自分が殺されない」終身刑では
死刑の方が刑罰として重いことになる。
なら今の死刑の適用基準を満たす者は死刑として、それ以下は終身刑とすることに問題はない。
つまり存置派の論理でいけば死刑と終身刑は共存できる。
ならば共存させるべきだろう。

379 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:56:42.08 ID:/i3R0eS20
>>360
>老人はむしろ自分から「わしはもう十分長く生きたから置いていけ」とか言いそうな気がする。

気がするって何だよ。そりゃそういう奴もいるだろうし言わない奴もいるだろう。
じゃあお年寄りの意見を尊重しなさいにしとけよ。

>害が起きたときにその女性が子供を産めるか産めないか判断している暇はないだろう。

時間があるかないかそんなのお前が決める事じゃない。
ある場合もあれば無い場合もある。
しかも熟考とかしなくて良い様に子供が生めなければさっさと切り捨てるよう
決めれば?と言ってるんだが。
そこまで切羽詰ってるなら※時間が無い場合に限るとしておけよ。アホらしい話だが。

今お前が挙げてた様な理屈で命の優先順位決めて良いのなら
凶悪犯はお飯お預けで死んでくれて良いよ。
食料は世界で三分の二の飢餓に苦しむ真っ当に生きている人間最優先で配給しますので
社会で必要とされていない凶悪犯は一番後回しになります、
または生活保護受給者やワーキングプア。
もし全て滞りなくいきわたり余剰分が出た場合のみ配給いたします。
と決めておけばいい。

380 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:59:06.77 ID:/i3R0eS20
>人は、見たいモノしか見えない。
>見たくないモノを見ようと努力する人間は、少ない。
>存置派は、
>許せない人間を殺す事は正義・死刑のおかげでの抑止力・死刑廃止で得をするのは犯罪者
>という妄想現実しか見ようとせず、実際、それしか見えていない。

http://www.liveleak.com/view?i=90d_1184803093

ハイ、ではこの動画をどうぞ。

381 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 12:59:50.06 ID:/hwF0yZm0
>>378
日本の死刑廃止運動の主力は、反国家思想の活動家なんだよ。
彼らは反国家運動に利用出来るモノとして死刑制度を利用してるに過ぎないから、死刑廃止後は終身刑廃止運動や長期刑反対運動に移行する方針をすでに明らかにしてる。
当初の「狂気の解放で社会不安を招き現国家体制の打破」は脈々と受け継がれているんだよ。

何も知らず似非人権思想を信じて死刑廃止を唱えてる者は、間接的に国家崩壊に協力してるんだよ。

君を作り上げた両親の支持政党はどこかね?

382 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 13:03:07.43 ID:d36M/TMT0
法務大臣はもともとはお飾りポストだからね
自民党時代も南野のオバチャンとか酷かった
ただ今の民主党の法務大臣に比べたらかわいいもをだね
民主党の場合は確信犯的に特殊思想を持った人間を置いてる
お飾りというか気違い専用ポストに成り下がったな


383 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 13:21:26.68 ID:lRCaTbeh0
>>378
なんか文章並び替えるうちにミスってしまった。悪い。

日本精神医学会というのがあるのか。初耳だ。

まあ俺が初診でかかった医者も最悪だったさ。
なんせ初対面の相手に当人が忘れてたトラウマを思い出させるんだからひどすぎる。
再診からは別の担当医に変わって、結局その担当医に命を救われたわけだ。

どの世界にも色々な人がいるってことだな。
目につく悪い人間のために知らない善い人間のイメージまで決めてしまったらもったいないな。
そして善い人間を見て他の人まで信用すると損するぞと。

384 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 13:24:03.53 ID:AGHl6pni0
>>378
絶対終身刑を死刑に置き換える意味が全く無い。
お前は死刑にさえしなければ何でも良い、と考えているのが良く解る。
社会と一切の接触を許さず、生命のみを与えられ、刑に服す前まで与えられていた全ての権利を剥奪された状態はお前にとって「生きている」と言えるのかどうか考えるべきだ。
お前は自身を犯罪者の立場に置き換えて考えるのが得意なのだろう?
まさか絶対終身刑というものを単なる懲役刑の延長、と考えているほど馬鹿なわけではあるまい。
現実的な問題は他にもあるが、一体、絶対終身刑などというもの採用している国がどういう国か、どれだけ少ないか世界中を見てみろ。
お前が何に失望したかは知らん、が、自殺に思い至るまで病んだお前が、絶対終身刑に服する者の心理状態を想像も出来ず、死ぬこと以上の生き地獄がある、と言ったお前が「それ以下は終身刑とすることに問題はない。
などと、何事もないかのようにあっさり切り捨てるなど普通にあり得るのか?

生きるということが命「だけ」ある状態を指すのではないのであれば、絶対終身刑とは死刑と比肩する刑なのであり、同室の刑を並立する意味はない。

一体何度言えば解るのか、お前には整合性の欠片もないと。

385 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 13:25:41.58 ID:AGHl6pni0
同室→同質

386 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 13:42:31.63 ID:l/eJ+vi20
>>383
君の初診を担当した医師も再診を担当した医師も確実に無能だよ。
再診担当医は命を助けられたと思い込ませる話術を持ってただけ初診担当医より詐欺的要素が強い。

そもそも君が2chで詐病する事に何の意味を見出してるか教えてくれないか。

387 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:15:37.14 ID:s3KF5Isi0
>>377
>人は、見たいモノしか見えない。
>見たくないモノを見ようと努力する人間は、少ない。
>存置派は、
>許せない人間を殺す事は正義・死刑のおかげでの抑止力・死刑廃止で得をするのは犯罪者
>という妄想現実しか見ようとせず、実際、それしか見えていない。

廃止派の一番ダメなところは、他人の欠点ばかりを見つけようと躍起になっているが為に自分が見えていない事。
仮にそうだとして、被害者の無念や怒り悲しみ痛み苦しみのことや、遺族の怒り悲しみ無念さに共感してそればかり考えてる存置派と

私利私欲にて故意に残虐に、我欲にて凶行に及んだ凶悪殺人鬼に共感して、「そういうことがあっても社会が悪いよね」
「貧乏だったら人殺しして金奪っても仕方が無いよね」
「命助けてくれるなら謝罪や反省もし続ける、という明確な意思表示をすることは真に反省しているってことだよね」

という様々な、暴言とも取れるような発言を繰り返し、凶悪殺人鬼の立場でしかモノを見ようとしない廃止派を比較したら話にもならない。


388 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:16:34.11 ID:+GqlIM3jP
詐欺というより、医師二人がヒールとベビーフェイスに役割分担していて、最初に落としてから持ち上げる、というのは、陳腐ではあるもののある程度有効な心理操作方法ではあります。、

389 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:18:42.47 ID:s3KF5Isi0
>>386
甘ったれてるだけだよ。
悪人は人の情けに付け入ることでしか生きていけない。寄生虫だよ。

390 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:28:31.64 ID:lRCaTbeh0
>>379
子供が生めるというのは一つの基準だ。
子供が生めるというのがプラスだとして、子供が生めないはゼロで、マイナスじゃないというのが俺の解釈だ。
逆に犯罪ってのはマイナスだ。ゼロでもプラスでもない。
少なくともゼロ以上ならそれを犯罪とは呼ばないだろうな。

そして生きている命の他の基準もそんな感じだ。
一方死とは完全なるゼロだ。全てのことが生きていることを前提としているからな。
だから生きている人にとって死ってのはどうあっても下にある。
少なくとも本人が生きていることがゼロ以上だ、と感じていなければその時点で自殺するだろう。

もちろんこういう基準値は人によって異なるし、成長することによって変化するものだ。
だから社会は住民の各基準の平均値で随時判断することになる。

食糧問題ってのは分かりやすい。
社会の全ての人間にとって適量が食糧が行き渡るのは本来プラスでしかないはずだからだ。
しかしそれはできない。食糧に制限があるからだ。
こういう制限基準には、金、物、資源、国土面積、人口、技術レベルなど色々ある。
こういう制限基準のもとで実現できるプラスが制御される。
制限外の選択は「実現可能性はない」として選択肢から外れる。

制限の範囲内でプラスの最大化を求めた結果が現在の状況だ。
食糧や金の観点だけから考えれば死刑になる人を生かすより
他に援助した方がプラスが大きいから現在もそう選択している。
もちろん食糧や金以外の制限も全て同時に満たしている。

そして価値基準も制限基準も変動していくから社会のあり方が変わっていく。
プラスを最大化する選択をしながらな。
ちなみに社会全体がゼロになったら社会は崩壊する。
例えば食糧という生きる上での絶対的な制限がゼロになったりな。

391 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:39:21.75 ID:SQ1HXkHJ0
>>390
> 例えば食糧という生きる上での絶対的な制限がゼロになったりな。
種の保存に役立たなくなった老人は、食料やエネルギーを消費するだけの害悪になるね。

392 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:39:25.11 ID:njBgqS0e0
{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
                       _
 __|__  _|___ ヽヽ   /  \
 __|__   | __       │    │
   _|      |            ヽ  /
 <_| ̄\   | __.          │
                        〇



393 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:41:11.77 ID:s3KF5Isi0
>>390
病気の人は無理しないで引っ込んでいて欲しいです。
勘違いが多いまとまりのない文章で場を荒らすだけなので。

394 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:42:04.23 ID:njBgqS0e0
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ  
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了    福田孝行     /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ::

395 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:42:36.51 ID:njBgqS0e0
                     〆 ーーーーヽ
                   /          ヽ
                   /   光市母子強姦殺人  \
                 /    福 田 孝 行   ヽ
                ./                 i
                {      〆 ノ ヽノiノハ     }
                !   r-ィ'''''''''''ヽ   ´''''''''''‘ 彡  }     ,,, ‐''''ー 、 ,.   r'"゙'、
          _.. -'''"゙゙゙^'''ー、 ヽ  i  -=・=     =・=-  i / (゙゙''"      、,,,,) l `- i  |
..,,,_、 _,,..-‐'″   _,, - 、`'、  ヽ!              レヽ  `'┐ l ̄l  . l  |  .l |  |
.!、、     .,, -''i `'、, /''ミ'ー┘/ ヽ     (。__。)    / /    l  .凵  l.  |  .| |  |
  ' フ‐ i 、\l   l  ゝ ヽ  ヽ .!      u      !  ! r‐ー'′     \,!  | |  |
  ノ  / l  l   .l-"  .l   ーヽ   ,. ー-ー.、    rイ  `ー 、   i''l  |゙''''' ! .| |  |
 /   ヽ丿  リ       |      !    ーー    ノ     .|  .l !  .|  |  | |  |
/  ,     /l   .广゙゙゙l. ゙     |\       /|        |  ,! l  .|  |  | |  |
ヽ,_./ .゙>   ./ .|   |   l ヽ.     |   `'ー- -ー´  |      |.  /  |  .|  |  | .!  |
   /   /   |  ヽ..,,,,ノ  |  / \       /ヽ      |  /  |  .|  |  | .!  |
.../    /   \,      |/|    \    /  /\   /  /   .|  .|  t;;三'''' /
 `'ー‐''´       `''――‐'゛   !     \ /   /     ゙‐'     ゝ/     ヽー
                    !    /;;;\    /
                    !   /ヽ;;;;;;/ \ /

396 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:43:47.88 ID:njBgqS0e0
{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
               __ ヽヽ       |   |
  |_L   -―フ       /          |   |
 ̄|  _ノ    ∠     /_  ――――  |   |
  |         )     ̄/
        くZ、ノ     (           ●  ●
                 ヽ


397 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:50:01.99 ID:njBgqS0e0
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::  平岡秀夫が法相がなったので死刑はない!!
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::   仕事もせずにメシ代、部屋代、光熱費、医療費タダ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::  ボケたら掃夫にシモの世話までやってもらえるww 
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   オートロックで安心の居住環境w看守の宅配サービス付き
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   税金で完全介護、年取っても安心♪
   |l    | :|    | |             |l::::   無料のホスピスwwww 死刑囚天国♪  
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::  みんなも早く入ってこいよ    
   |l \\[]:|    | |              |l::::   
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

398 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:54:17.16 ID:lRCaTbeh0
>>379
子供を産めるかどうかは一つの基準だからそれだけでは決まらない。

例えば総理大臣と一人の子供を産める女性が二人だけ取り残されて
一人しか助けられないという物理的制限があった場合、
おそらく総理大臣を助けた方が社会のプラスが大きくなると判断してそちらを選択するだろう。

しかしここで総理大臣だけ瓦礫に埋もれて生きてはいるが助けられないという状況だったら、
すなわち瓦礫の存在という物理的制限が加わったら女性を選択する。

総理大臣を先に助けようとして結局両方助けられなかったとしたら、
それは「総理大臣は助けられなくても最後まで見捨てないという選択」の価値基準のプラスが
「女性を先に助ける選択」のプラスの大きさより大きかったのだろう。

俺がいう「納得できないけど受け入れる」っていうのは社会の価値基準の平均値とのずれで生じるものだろう。
そういうのは人間一人一人の相違、すなわち価値基準の違いからくるから避けられないのだろう。

そして社会全体でプラスが最大であったとしても各個人が持っているプラスが同じになることもないのだろう。

でもまあ、社会を創ったことで多くの制限基準の上限が上げられたおかげで
多くの人が昔よりプラスを受け取れるようになったわけだ。

誰かが言ってたように単に地球が生まれてから蓄えられた資源を
食いつぶすという形なのかもしれんが。


399 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 14:55:18.18 ID:+GqlIM3jP
>>390
詰まるところ今は君のいうところの最大限のプラスの状態であって、これ以上の確定的プラス材料というのは今のところ見つかっていない以上選択肢が無いから現状肯定って事でしょ。
だったら死刑存置で問題ないね。

余録だけど
常に最大限なんてものを考えるより、常に最小公約数を起点でものを考えた方が、世の中を含めて物事が平穏に行くんだけどね。





400 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:16:00.14 ID:lRCaTbeh0
とりあえず死刑の話に戻そう。

俺は別に廃止派にこだわるつもりはないんだ。
20代でこだわっているとしたら、これから学習する余地がないと認めてしまうことになるからな。

死刑と終身刑は共存しうる。
死刑の犯罪抑制効果と終身刑の犯罪抑制効果の総和が一方だけの場合より少なくならない限りな。
実際は犯罪数だけが価値基準ではないから、総合的にプラスが大きくなるように選んでいるんだろう。
だからこそ今現在日本には死刑はあって終身刑はない。
これからどうなるかは分からないがな。

終身刑を受ける人の苦痛は大きいだろう。
終身刑を認めた社会の平均値から大きく外れる人にとっては。
だからこそ価値基準を変化させる、すなわち教育効果になりうる。
それがどう動いていくかは個人にもよるし、「納得できる」範囲までに収まるとは限らない。
そういう基準も含めて現在日本で認めていない。
しかし今後社会の価値基準や制限基準の変動により認められる可能性はある。

401 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:25:51.53 ID:/i3R0eS20
>>398
分かりにくいが何となく言いたいことは分かった。
文明やテクノロジーの進化、人類の進化に伴う人間の幸福感についてだが
俺はどれも全く信用してないな。幻想の域を出ないと言うか
単なる脳内電気信号の伝達で考えたり感じさせられてるだけだな。

快適になれば成る程ストレス社会に拍車がかかる。陰と陽だな。
君のようなタイプは余りプラスとかマイナスとか考えすぎないで達観したほうがいいぞ。
他人のプラスの裏で自分はマイナスを強いられるとか考えてても精神衛生上良くは無い。

402 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:28:02.50 ID:SQ1HXkHJ0
>>400
その前に、統合失調症を装った自分の心理を分析しろ。

自己矛盾を追求されて行き詰まり、その言訳として統合失調症の詐病を行った。
自己矛盾=統合失調症の言訳を思い付くのは、自身が精神疾患患者へのあやまった認識と差別意識を持ってると読み取れる。

人権を重んじる立場の者が、実は精神疾患患者に差別意識を持つ差別主義者。

403 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:30:15.70 ID:uc4CWXA+0
>387 廃止派の一番ダメなとこ

「存置派の一番ダメなところは、他人の欠点ばかりを見つけようと躍起になっているが為に自分が見えていない事。」
と言った方がしっくりくる
「被害者かわいそう加害者死ね」という正義面した存置派が多いからかな

>凶悪殺人鬼の立場でしかモノを見ようとしない廃止派

「被害者の立場でしかモノを見ようとしない存置派」
と言った方がしっくりくる
彼らには「加害者は重度の反社会性人格障害を抱えた哀れな病人」という感覚がないのかな

病人は何よりもまず隔離し監視し治療すべきなのに、何故罰し殺したがるんだろう
事の原因・本質を理解してないとしか言いようがない

404 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:31:14.71 ID:lRCaTbeh0
>>399
俺が考える最大限というのは時間を経るに従って増加し続けるという意味ではない。
選択肢の中で一番大きい選択をする、という意味だ。
二択だったら大きい方、しかし選択前から選択後が大きくなるというわけではない。

価値基準と制限が時間や選択によって変動していくから社会の選択も変化する。

最少公約数というのは社会に住む住人の価値基準の平均値と捉えてよいか。

廃止派の人というのは社会の価値基準の平均値から大きく外れている。
だからって生きていけないわけじゃないが、少なくとも自分の価値基準の方に誘導しようとする。
社会も廃止派個人の価値基準を誘導しようとする。

そうやって時間が立つにつれて個人や社会の価値基準は変動する。
もちろん制限の変動による価値基準の変動もある。

405 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:41:09.57 ID:/i3R0eS20
>病人は何よりもまず隔離し監視し治療すべきなのに、

それを主張する言いだしっぺのお前らが一番その治療に本腰を入れないからだ。

406 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:42:54.94 ID:SQ1HXkHJ0
>>404
存置派個人の存在を忘れてないか?w

407 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:43:42.08 ID:lRCaTbeh0
>>402
俺は実際に統合失調症と診断された上で通院も続けているんだが、
匿名掲示板では証明しようもないんだろうし、信じる信じないも個人の勝手だ。

ただ大抵の精神病患者にとって自らが精神疾患であることを
周りに明かすか明かさないかというのは結構決断力を必要とすることなので、
明かしていない人を精神病と断定したり、明かした人の発言を否定するのは止めた方がいい。

少なくとも、信用ができないうちは無視するのが最善策だと思う。

408 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:44:52.83 ID:HTZjmDPR0
>>403
>彼らには「加害者は重度の反社会性人格障害を抱えた哀れな病人」という感覚がないのかな

犯罪を犯さなけりゃね。
つまり…現時点のお前にはそういう感覚を持っているよ。

409 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:45:19.44 ID:SQ1HXkHJ0
>>405
この子は隔離監視や長期治療に反対してるのが死刑に反対してる人権派だと知らないんだろうね。


410 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:48:17.31 ID:SQ1HXkHJ0
>>407
> 匿名掲示板では証明しようもないんだろうし、信じる信じないも個人の勝手だ。

診断書か処方箋をうpすれば証明出来るんだが?
自ら公言してるんだからうpできるだろ?w

411 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:48:40.10 ID:lRCaTbeh0
>>406
もちろん存置派も社会の中に入っている。

究極的に言えば個人間の価値基準の折り合いをつけていくのが相互理解であり、
そういうことの積み重ねが社会の価値基準を創っている。

こういう場もそのための一つの手段なのだろう。
言葉というものをお互いにキャッチボールすることで自分や相手を理解していく。

412 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:55:38.15 ID:SQ1HXkHJ0
>>411
その割には、廃止派だけ考慮した結論だなw

413 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 15:59:36.06 ID:JT78MAMA0
>>403
軽いね〜、ダウンフェザーより軽いわお前のレス。

>彼らには「加害者は重度の反社会性人格障害を抱えた哀れな病人」という感覚がないのかな

精神的に疾患を抱えている者の中から犯罪者が出てくるのなら、所謂健常者からも犯罪者が出て当たり前だ、とは考えないのか?
ひょっとしてお前精神疾患患者を馬鹿にしてる?精神疾患患者を馬鹿にしてるお前自身が精神を病んでるんじゃないの?
シャレじゃ済まないんだけど?


414 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:00:50.63 ID:SQ1HXkHJ0
平等の人の指摘に嘘で反論してたんだね。
ズバリ見透かされて悔しかったの?

90 +1名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい投稿日:2011/08/31(水) 23:35:35.99 ID:v6iWmmz+0 (2)
>>89
>>ID:2UUO7GLm0君は中学生か高校生だよね。
(それ以上だと少し知性に問題が有る)

98名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい投稿日:2011/09/01(木) 02:07:41.92 ID:7fCFUVsb0 (1)
>>90
いや、
間違いなく、君達より多くシナプスが働いている。
自分が理解できない人間を、自分より下と決めつけるのは、アホな証拠だ。

415 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:04:19.32 ID:lRCaTbeh0
>>410
うpというのをやったことがないからちょっと怖くてできない。
2ちゃんというところに来たのもこれでやっと2度目だしな。
というかついはまってしまうから避けてたんだがやっぱり中毒性が否めない。

処方されてる薬は現在ルーランのみだ。減薬中である。
その前にはジプレキサというものも併用していた。
ジプレキサには体重が増加するという副作用があった。

こんなこと書いても証明にはならんだろうが、とりあえず抗精神病薬の副作用を知っておけば、
治療中の方にで太ってしまった人がいても「あれは副作用のせいなんだな」と
あなたも配慮してあげることができる。

差別意識をなくすには相手のことを知ってあげることが大切なんだろうな。

416 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:11:45.69 ID:jhmGAr290

{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
                       _
 __|__  _|___ ヽヽ   /  \
 __|__   | __       │    │
   _|      |            ヽ  /
 <_| ̄\   | __.          │
                        〇


417 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:12:19.52 ID:jhmGAr290
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ  
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了    福田孝行     /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ::

418 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:14:27.91 ID:SQ1HXkHJ0
>>415
ネット知識で統合失調症を気安く語るな。
何年もの長期治療で沈静化しても、事実上完全完治はしない思い病気だ。
太ったとか薬の副作用とか気に出来るレベルは、医者がビジネスとして下した似非統合失調症だ。

デジカメか携帯で写真とってうpロダに投稿すれば良いだけだ。
2ちゃん書き込みの文章の変わりに画像貼付けて投稿すれば良いだけだ。

さっさとうpしろ。

419 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:14:30.03 ID:JT78MAMA0
>>415
UPなんてしなくて良いよ、匿名掲示板なんだし。
気に障るかも知れないけれど、君のレスをつらつら読めば、統失かな、ってのは見る奴が見れば解るし。UPする事はスレ的に何の意味もないし。

まあ、単に叩けそうなネタを見つけて喜んでるだけだから、気にしないように。
スルーすべきはスルーするのも大切。


420 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:30:21.60 ID:lRCaTbeh0
サリン事件というものがあるそうなのだが、小さい頃だったのであまり覚えていない。
ただ恐ろしい話を聞いたことがあるので一つの問題として提示しておく。
もちろん事実かどうかは分からない。

あの組織のやり方にどこかから捕まえてきたおそらく普通の健常者をコンテナに閉じ込めて、
外からガンガンとコンテナを叩くらしい。
しばらく経ってコンテナから出したら犯罪者予備軍の出来上がり、とのことだ。

言いたいのはこれがコンテナの中でなくても、日常社会で罵倒に遭い続けたら
健常者だった人も犯罪者になるのではないか、ということだ。

あとこのスレの先の誰かのレスで「○○犯罪者」(○○は忘れた、すまん)
という言葉があり分からなかったので調べたら、ウィキにそういうタイトルの
本が出ていることを知った。その本の作品概要に、
「障害のために実社会で生きられず、犯罪を犯すことで刑務所で生活することしかできない囚人」
が高い割合でいる、とあった。

詳しいデータは覚えていないが、明らかに実社会での精神疾患患者の割合と
犯罪を犯す人の中での精神疾患患者の割合に大きなずれがあるようだ。

つまり精神疾患と犯罪には相関がある、と思う。

再三になるが、以上の文章を読んで気を悪くされた方がいたら本当に申し訳ない。

421 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:52:41.16 ID:JT78MAMA0
累犯障害者ね。
日本の制度では対応できる制度が無く、累犯障害者は2、3年の措置入院で社会復帰させられるわけだから問題なのは確か。欧米ではそういう障害者のための専門隔離施設があるしね。

まあ死刑制度とは関係ないけど。
全ての犯罪者は障害者だ、というのは短絡的すぎる、そもそも責任能力の有無というのは問われるわけだし。

422 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 16:55:30.18 ID:SQ1HXkHJ0
>>420
累犯障害者だろ。

精神疾患と犯罪に相関関係は無いと主張してるのは、人権派と精神医学会なんだけど。

423 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 17:16:51.99 ID:JT78MAMA0
自分が犯罪を画策している者だったとしたら累犯障害者の施設が出来たら大喜びかな。
刑務所じゃなく3食付のホスピスだからね。
全ての判例を読み漁り(本当は供述調書まで読めれば良いんだけど)どういうケースでどういう判決が出たか精査し、精神病院に通い、その上で凶行にでも及ぶか。
なかなか優れた社会福祉享受方法だ。

424 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 17:34:47.88 ID:wpWM4uHy0
>>420
反対君を代表とする廃止派は、日夜犯罪者を生み出す努力を続けているってことか。

425 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 17:53:13.76 ID:huLlgeER0
>>421
> 欧米ではそういう障害者のための専門隔離施設があるしね

日本では人権死刑廃止派が激しい妨害工作するから無理だろうね。
39条該当者の措置入院や経過観察に反対して、治療義務を治療の権利に変えたのは有名な話。
そのおかげで、39条該当者が半年から一年で社会に出て町をうろついてる。

426 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 18:40:12.06 ID:edUeLlay0
更正できていないとか明らかに精神障害が見られるとかした囚人は
刑期を延長するとか、治療施設に移すとかした方がいいのではないだろうか?

427 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 18:47:45.46 ID:uc4CWXA+0
>413 所謂健常者からも犯罪者が出て当たり前だ、とは考えないのか?

いや思わない。健常者は犯罪しない。常に精神異常者だけが、罪を犯す
「健常者なのに罪を犯すなんて」←いやいやそれ健常者じゃないから

>ひょっとしてお前精神疾患患者を馬鹿にしてる?

という解釈が、精神疾患患者をバカにしている証拠

>精神疾患患者を馬鹿にしてるお前自身が精神を病んでるんじゃないの?

そういうのを心理学で投影という

428 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 18:55:39.37 ID:edUeLlay0
国会議員が選んだ法務大臣が死刑執行命令の権限を持つという今の形も変えるべきか。

国民が自分たちで直接投票して選んだ国会議員に権限を持たせるとか。
3人位選んで合意で決めさせた方が世論を反映しやすいしバッシングも受けにくい。

既に誰かが言ってそうな意見だが。

429 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 18:57:47.90 ID:s3KF5Isi0
証明も出来ない精神疾患を、死刑廃止論を有利に展開する為の道具に使って来たか。


廃止論者何でもアリだな。人間のクズ。

430 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 19:05:56.68 ID:edUeLlay0
というか何で各大臣を総理大臣が決める必要があるのだろう。

国民が国会議員選ぶ時に大臣級の人を指定しておいたらダメなのだろうか。
その人が適役でなかったら他の国会議員の中から選び直す。
総理大臣だけ国会議員の中で決めさせる。

431 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 19:08:09.67 ID:+GqlIM3jP
>常に精神異常者だけが、罪を犯す

( ´,_ゝ`)プッ
精神疾患と犯罪に、相関関係はないってさ

432 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 19:10:47.85 ID:edUeLlay0
国民が直接選んだ法務大臣が死刑適用基準について吟味する。
専門家が必要なら法務大臣の責任で選出する。

433 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 19:24:53.58 ID:nn2HvUol0
現在設定されてる大臣権限は、本来確定後早期に執行させる事が出来る権限なんだよ。
憲法の拡大解釈を認め無い筈の左翼だけど、得意の二重基準で拡大解釈してるだけ。
確定後6ヶ月過ぎて生きてる死刑囚は違法状態の生存者なんだよ。

434 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 20:01:53.09 ID:edUeLlay0
>>433
なるほど。
国会が法律を決める。裁判所が法律を解釈して適用する。
自分が言ったことの解釈を相手が間違えたらちゃんと言い直さないといけない。
国会の言葉を発するとは常に法律を決めることにあるはずだ。

法律をちゃんと決めない国会議員を選んでる国民の責任も大きいな。

435 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 21:40:20.09 ID:wOismUie0

{`─────/\  r-─‐/\ r‐-|  7  
 `7  /ヘ| ̄アィ、   ´|  ||   | | :|  |
  /  /|  l  |/ \ r-'  Ll  .ヘ  |  |
 / /ミ'  l   /^~ `~|   「l  「l  .|  |  
 ´ (_   /|  |_/l   l  | |  | !_!|  |
  / / .l     ) /  / .|  | =ミ   | 
-=彡‐''´  `──‐''゙ /_,ィ'  '─゙  └‐‐'
                       _
 __|__  _|___ ヽヽ   /  \
 __|__   | __       │    │
   _|      |            ヽ  /
 <_| ̄\   | __.          │
                        〇

436 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 21:41:01.19 ID:wOismUie0
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ  
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了    福田孝行     /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ::


437 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 21:45:31.35 ID:Wh7neb7i0
一次元的脳裡糸を2次元論で具現化した言葉がある
「死刑の起源は血の復讐と人身御供にある」とのことです
死刑は、理性的な司法の手段ではないのです。

人間は希望があるから生きられるわけ。殺人を犯す人間は希望がないのな。
だから人を殺す
そんな人間を殺してどうする?
死刑とは「罰」ではない、単なる「抹殺」にすぎない



438 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 21:52:31.38 ID:s3KF5Isi0
>>437
廃止派って、一本線で考えないで多岐に渡って考えろと口先だけ言うけど、まさに廃止派こそが一本線脳なんだよな。
まぁ存置派が一本線脳だって言ってんのは九九もできない水っしんぐだからどうでもいいが。

>死刑とは「罰」ではない、単なる「抹殺」にすぎない

普通に両方の意味があるよ。

439 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:13:42.89 ID:Wh7neb7i0
死刑の起源は血の復讐のみ。
殺人犯=生きる希望を失ったか、又は精神異様者

そのように精神状態の犯罪者を抹殺したからといって本当に「罰」を与えたことにはならない
彼らは限りなく生きたいと思ってる無実の人間を殺したんです。

もちろん人を殺しておいて死刑になりたくない殺人犯だっていることでしょうよ
しかし、それは身勝手な生の執着である

そのように身勝手な人格の犯人に死刑を言い渡したところで意味はない
なぜなら彼らは命の重みを理解することなく消えるからだ

犯罪者にあたえし罰とは自分の犯した罪の深さに気付くことにある
そのために消してはいけない

本当にあたえし罰があるはずです

440 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:19:04.66 ID:s3KF5Isi0
>>439
>死刑の起源は血の復讐のみ。
>殺人犯=生きる希望を失ったか、又は精神異様者

前提から間違えているのでその後の議論に繋がるべくもない。

441 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:30:20.56 ID:+GqlIM3jP
>死刑の起源は血の復讐のみ。 ←廃止君って、ホントこんなアホな事言う奴しか居ないな。


442 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:37:28.08 ID:Wh7neb7i0
殺人を肯定している社会にも問題はあるね
これはいわば自らの正義のためには人が人を殺してもいいという殺人の正当化でもある
この発想は幼いころ飼い犬が殺されたことに逆上して自らの正義のため官僚を殺害した小泉毅と一緒の思想ではないか!

小泉被告は検察側からの「生まれ変わったらまたするか」との質問に、「決起は未完成なので、魔物を皆殺しにするまでやる」と供述した。



443 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:39:48.82 ID:Wh7neb7i0
殺しを肯定する世の中だからこそ、命に重きを置かない奴が生まれるんだよ



444 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:40:00.38 ID:edUeLlay0
ある個人が生きるてるってことは生きるという選択の方が死ぬという選択よりプラスだと思うからだ。
別の個人が他人を殺すってことは他人を殺すという選択が殺さないという選択よりプラスだと思うからだ。
社会が凶悪犯を死刑にするってことは凶悪犯を殺すという選択が殺さないという選択よりプラスだと思うからだ。

個人間の価値基準や個人と社会の価値基準が完全に一致することがない以上、
思い通りの選択ができない場合が常にある。

全ての価値基準は時々刻々と変化する。

全ての人が殺人をする選択よりしない選択をすることがプラスだと考えるようになれば殺人はなくなる。
殺人がなくならなくても社会が殺人犯を死刑にする選択よりしない選択をすることがプラスだと考えるようになれば死刑はなくなる。

もちろんそれらの後また価値基準が変化して殺人を認める人間が現れることも死刑を是とする社会となることもある。

445 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:47:02.76 ID:edUeLlay0
そう言えば安楽死っていうのがあるな。
死刑の執行方法を安楽死にしたらどうなるんだろう?
もちろん同時に全ての人間の自由意志に基づく安楽死を認めないといけないが。

446 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:52:29.39 ID:s3KF5Isi0
>>445
安楽死によって死刑執行を行うことによって本当に安楽になるのは執行する側のみだろ

447 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 22:58:23.26 ID:edUeLlay0
>>446
死刑囚が死ぬときの苦痛が軽減されるかもと思ったが、犯罪抑止力が若干落ちるだろうし、
何より自分の意志で簡単に自殺できてしまったら社会が崩壊しそうだ。
リスクの方が大きすぎるな。

448 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:01:53.50 ID:edUeLlay0
報復は報復を生むってのはやはり怖いものだ。
親が犯罪者だと子供まで社会から報復を受けてしまう。
その子供がさらなる報復を生むという負の連鎖が断ち切れる日は来るのだろうか。

449 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:09:12.57 ID:Wh7neb7i0
>445
安楽死制度は死刑とはまた「質」のちがう3次元世界に入るからここでは述べない


450 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:12:08.21 ID:nn2HvUol0
>>448
一緒に子供も処刑したら?

451 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:15:13.68 ID:s3KF5Isi0
>>450
消えてくれ

452 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:19:52.29 ID:Wh7neb7i0
「ゆるす」これは一次元の世界では難しいことでしょう
人をゆるすというのは簡単ではない
しかし、なんでも裁くぼかりの世の中ではいけないんです
復讐心を満たすだけの世の中ではいけないんです
どこかて相手をゆるすような社会と人間を作らないといけない

ゆるすことは裁くことより難しいことなんですよ


453 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:29:10.13 ID:edUeLlay0
他人が生きることをプラスだと思えなくなったら殺人が起こるとしたら
例えば他人に真顔で「死ね」と言われたら他人が生きる価値が下がるとして、
何回言われたらそれがマイナスになってしまうのか。

凶悪犯の起訴から死刑執行までの心理って一体どんな感じなんだろう?
社会全体から「早く死ね!殺せ!」と言われ続ける。
執行が延期されるほどむしろ苦痛かもしれん。
しかも延期されてたらいつ殺されるのかも分からない。

死刑囚自身で執行時期を早めることはできるのだろうか。
できないなら期限を守るというのは死刑囚本人のためにも必要かもしれない。

454 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:36:18.91 ID:edUeLlay0
死刑になりたかったという凶悪犯も浅はかなものだ。
自分の生き死にというもっとも大きな選択を他人に委ねてしまうのだから。
いやむしろ大きすぎるが故に自身では選択できないとの判断なのだろうか。

455 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:47:57.09 ID:s3KF5Isi0
>>452
君にとっちゃ、全くのお咎め無し以外ゆるされてることにはならないんだ。

本当に、廃止派は甘ったれてるな。毎度毎度再認識させられる。

456 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/03(土) 23:48:30.96 ID:/v0wyZ/V0
*死刑について*

個々それぞれ、ひとりひとり。
神様の本能の世界で、作られた人間(飼いもの)は、ひとりひとり、個々それぞれであり、
誰ひとり、関わることもなく、筋合いもなく作られている。
自分の人生は自分だけのものであり、他に関わらない。
他者の命(人生)に手を掛ける者は、殺害者(犯罪者)として、死刑が妥当であるのは明白であるが、
このこと(死刑)について、それを否定するものは、殺害者(犯罪者)と同じ、人殺しを
肯定する、他者の命に手を掛けた人殺しが、その後生きることを見、留める、人殺しである。


457 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:05:53.19 ID:cQeN62Hy0
「殺したら、殺し返せ」この合理的な社会システムが命を軽んじている
死刑は命に真剣に向き合う事を遠ざけている

いかなる理由があるにせよ人が人を殺してはいけない
だから殺しを肯定する社会ではいけないんだ
違うか?

458 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:18:08.88 ID:gplXr/SF0
>>457
違うよ。
風呂はいってくる。

459 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:19:23.14 ID:C+QV+ZBg0
>>457
>>「殺したら、殺し返せ」この合理的な社会システムが命を軽んじている
>>死刑は命に真剣に向き合う事を遠ざけている

人殺しを制裁して「命の尊さ」を重んじなければ、
人殺しを死刑にして、その存在と行為を全否定しなければ、「命」を軽んじている。

>>いかなる理由があるにせよ人が人を殺してはいけない

人を殺した人間を制裁する理由があるから、その人殺しを死刑にする。

>>だから殺しを肯定する社会ではいけないんだ
>>違うか?

人を殺した人間の存在とその行為を否定する、人殺しを制裁する、
人を殺した人間を死刑にする社会でいいと思うのだが?


460 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:20:25.07 ID:C+QV+ZBg0
人殺しという犯罪のその行為は、死刑に値するでしょう?

461 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:21:24.17 ID:r8WwmnEV0
廃止論者:お互い人を殺さないと約束しようぜ
存置論者:良いぜ
廃止論者:よし、これで約束は成ったな、じゃあまずお前から死ね!
       
       グサッ!

存置論者:ち、ちょ、お前約束は・・・
廃止論者:あ〜?何の話だ?さて次は誰を殺ろうかな、あ、お前見っけ!!
       
       グサッ!!

廃止論者:さあ次、次!次ィ〜!!!

       グサッ!グサッ!!グサッ!!!

存置論者一同:コイツマジでヤベエ、止まんねえ。もう殺すしかない。
廃止論者:あ〜?ふざけんな!テメェ等絶対殺さないって約束したじゃねえか! 
存置論者:いやそれはお前も・・・
廃止論者:あ〜?聞こえんな。とにかく約束を破ろうなんて人非人は皆殺しにしてやる     ぜ

       グサグサグサグサッ!!!!! 

462 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:26:48.79 ID:C+QV+ZBg0
俺は、人殺しが人を殺したら、その人殺しを殺して、殺された人を蘇生させるね。

今現在、医学の概念に基づいて組織した医療は、死んだ人間を(病気であれ、殺害されたであれ)
蘇生させて生き戻していることが多いが、EMMRなんかが最近良く知られていて、周知されているよね。
俺は負けじと生きてやる。人殺しに負けじと生きている人は多いはずだ(笑)

463 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:30:33.59 ID:O//mwytG0
>>452
相手の選択で自分が不利益を被っても相手が選択することの価値基準を下げない。
それがあなたの言う所の真の「許す」なのだろう。
そしてあなたの言う通りそれは本当に難しいことだ。

自分の中の「相手」という対象の価値が下がってもそれが自分の許容範囲なら一般的な意味の「許す」

どちらの場合でも自分の「相手の選択」の価値基準を日々高めることが「許せる」ことにつながる。
その方法を俺なりに考えてみた。

対象の価値基準というのは自分がその対象を認識した上で初めて定義される。
お金というものはお金を知らない人には価値がないし、知っていても
お金がどんなメリット、デメリットをどう認識するかで価値基準は変化する。

つまり「相手の選択」の価値基準を高めようと思ったら「相手の選択」のメリットを探すのがよい。
これを示す非常よくある事例があなたも耳にしたことがあるはずだ。経験したこともあると思う。

ある生徒が先生に叱られた。その時生徒は先生に不満を持った。
その生徒の先生に対する価値基準は下がってしまった。
しかししばらくしてふと考える。何かの事実に直面した時かもしれない。
「あの時先生は俺にこういう事を教えるために叱ったんだ。」
先生が自分を叱ったことのメリットを認識したわけだ。
そのメリットが非常に大きかった時、その瞬間に「先公」から「恩師」へと変わる。
先生に対する価値基準は大きく上がった。

生徒は先生を「許し」たのだ。

464 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:31:13.16 ID:reywCzgp0
>>460
廃止論者にとっては、人を殺しはいけないから、殺人犯は人を殺しても良いんだとさ。
殺人犯に人殺しをけしかけておいて人を殺してはいけないとか全く意味不明だね。
まあ精神障害者の言うことだからどうしようもないけどね。理が通用するわけがないし。


465 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:35:11.51 ID:kQMENTPn0
死刑廃止を唱えてる人権派は国家転覆を狙ってるから、死刑廃止運動も国家テロ活動と言える。

466 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:35:31.07 ID:reywCzgp0
>つまり「相手の選択」の価値基準を高めようと思ったら「相手の選択」のメリットを探すのがよい

ほらな。こいつ統失だから相手の選択のメリットに殺人がある可能性を考えられないんだよw

467 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:42:50.95 ID:C+QV+ZBg0
廃止論者:人殺しが人を殺した後、生きてゆくことを肯定している者
存置論者:死刑の意味を知ることもしない、「存置」程度の認識の、殺されても、人殺しをあまり恨まない者
法律を遵守する論者:人殺しという犯罪のその行為は、死刑に値するでしょう?

468 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:49:21.96 ID:6hi1KN4MP
ID:O//mwytG0みたいに自分で言葉を一つ一つ口にする旅に、どんどん自己陶酔の世界に嵌っていく奴の話は、純粋に気持ち悪いね。
犯罪者ってのはこういうタイプが多い、マジでヤバいぞこいつ!


469 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:54:57.96 ID:C+QV+ZBg0
*人殺し*
犯罪の要素のある人間(犯罪者)は、自分の所在が、命の意味に照らし合わせて、
価値に値しないと判断したときから、人殺しを思うようになる。
そして、その命の意味に価値として値しない人間は、他者を殺害することをメリットとするようになる。
その所在が命の意味と照らし合わせて、完全に価値観外に実地で損ない始めたあたりから、
人を殺すようになる。

470 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 00:56:36.02 ID:O//mwytG0
>>466
悪い。長すぎるから分けてレスしようと思ったんだ。
俺自身もそこに言及しようと思っていたところだった。

他人が自分を殺すという選択肢だけには「許す」ということはできない。
聖人君子で「そんなあなた(殺人鬼)も許しましょう」ということがありえなくはないが、
全ての人間がそれができるわけではないし、それができるなら殺人ももはや生まれないだろう。

いずれにせよそうやって、他人や自分の選択の「メリット」を認識することが大切だ。

一方「デメリット」はどうなるか?
デメリットは知らなければその時は済むだろうが、後で認識してしまうことも多い。
ならば知った上でそれを価値基準に考慮しないよう努力すべきなのだろう。
「目をつむる」というのもそういうことなのだろう。

結局当たり前のことに過ぎないのだが、個人がしっかりと意識を持って「学習」し
周りの人間がそういう意識を持つよう「教育」するのが大切だ。

471 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:02:00.48 ID:C+QV+ZBg0
>>461
廃止論者:お互い人を殺さないと約束しようぜ
法律を遵守する論者:君が僕を殺すのであれば、僕は君を殺す。
廃止論者:よし、これで約束は成ったな、じゃあまずお前から死ね!
法律を遵守する論者:殺される前に、殺す。       


472 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:03:39.08 ID:reywCzgp0
>>470
そうやって、他人がいつでも自分の都合に合わせてくれるという思い上がりが消えないお前は、所詮犯罪者を量産するだけの存在にしかならないさ。
正にお前は人間の敵。

473 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:10:08.69 ID:O//mwytG0
殺人が認められるべきではないと思ってるのは廃止派も同じだと思うのだが、
少なくとも社会による殺人を認めるべきではないとは考えているはずだ。
そして存置派は少なくとも「社会による殺人は認められるべき」としているのだろう。
殺人を完全に否定していない。

廃止派が、「自分が殺人したいけど俺は殺されたくない」と思って言ってるわけでもない。
少なくとも俺がこのスレに書き込み始めてから見た廃止派に
そんな人はいなかったように思う。

相手がどう思っているかなんて実際は知りえないのだから、
とにかく書き込まれた内容に則るのが議論の肝だ。

「○○だから××だ」と相手が言ったら○○か××を論破する。
相手が書き込んでいないことをいちいち推測しても不毛だ。

474 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:10:47.37 ID:C+QV+ZBg0
*続・人殺し*
「その所在が命の意味と照らし合わせて、完全に価値観外に実地で損ない始めたあたりから、
人を殺すようになる。」
人殺しは、殺す対象として命の意味の価値には値しないが、自分よりはその所在の内容が多いものを
対象とするから、この時代、士農工商の積み重ねが命の意味において、価値に値する人は成功者だが、
その反対である人殺しもまた、この時代には、「その所在が命の意味と照らし合わせて、完全に価値観外に実地で損ない始めたあたり」
であるからして、人殺し同士(犯罪者同士)の、人殺し事件は、この時代にやたら多いのだろう。



475 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:15:00.46 ID:reywCzgp0
>>473
殺人犯を殺してはいけないが、殺人犯が誰かを殺すのは構わないというのが廃止派
或いは自分は存分に人を殺したいが、自分は死にたくないから死刑は邪魔だ、というのが廃止派

476 :水っしんぐ suiseizinn+:2011/09/04(日) 01:16:40.36 ID:cQeN62Hy0
いま七本線脳裡糸から私に宇宙指示が与えられたのでレスをする

殺人者と一般人の生きることの意味違う場合もある
殺人者のなかには宅間や秋葉通り魔のように死んでもかまわないって奴もいる
オウムのように死ぬことが神に繋がる道だとかアホなことを言う宗教もある
小泉は自ら正義のために殺人をした走ったように

そのような精神の問題になると
死刑にされる=命がとられるぞ,という脅しが聞かなくなる場合もあるんだよ
だから最終的には教育系・終身刑なんですよ

ようするに生きる死ぬの問題では答えられない部分、解決しない部分があるんだよ


477 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:20:15.08 ID:O//mwytG0
>>471
これは吹き出してしまった。完全に殺し合いになっている。このスレの縮図のようだ。

刑法ってまず「殺人をしてはいけない」として、破った者は「死刑に処す」という刑罰を定めてるだけだよね?
適用条件とか細かい話は置いといて。

廃止派が否定しているのは刑罰の方であって、禁止事項の方ではない。
というか誰が殺人犯を無罪放免にしろって言ったんだ?

478 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:20:27.80 ID:Bmou76bG0
>>473
>殺人が認められるべきではないと思ってるのは廃止派も同じだと思うのだが、
>少なくとも社会による殺人を認めるべきではないとは考えているはずだ。


ビンラディン殺害大歓迎の主要死刑廃止国。

英国(死刑廃止国) 「偉大な成功だ。世界に大きな安堵をもたらすだろう」 と歓迎する声明を発表した
フランス(死刑廃止国) 「(米中枢同時テロ以来)10年間、容疑者を追跡した米国の執念に敬意を表する」
ドイツ(死刑廃止国) 「アルカイダに対する決定的な打撃だ」 と歓迎する声明を発表した
ロシア(死刑事実上廃止国) ビンラディン容疑者の殺害を歓迎する声明を発表。
豪州(死刑廃止国) ビンラディン容疑者の殺害を歓迎する一方で、「テロとの戦いは続けなければならない」 と強調した
韓国(死刑事実上廃止国) 「米国のテロ撲滅の努力を歓迎し、支持する」 との声明を発表した

廃止派お馴染みの世界の潮流では、『テロリストビンラディン殺害歓迎』 なんだそうだ。
これに対し日本の死刑制度ってのは、『極刑も已む無し・・・・・』 なんだよな。
世界の潮流のほうが、より死刑制度推進っぽい流れだね。日本が置いて行かれちゃうよ。

479 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:23:15.14 ID:C+QV+ZBg0
*普通じゃない人殺し*
犯罪の要素のある人間(犯罪者)の中でも、七つの大罪にある、「傲慢者」だけは、
どの犯罪者よりもまったく価値に値しない故に、他の犯罪者(人殺し)とは違う方法の人殺しを行う。
方法は、誰よりも価値に値しない故に、その上ははるかに人数が多く、無差別に大量殺人(メリット)を可能とするか、
下山事件、三鷹事件、松川事件のような、国家が殺されては困る人物を乗せた列車脱線転覆事件(模倣計画的殺害事件)など。


480 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:37:30.68 ID:reywCzgp0
>>477
>刑罰の方であって、禁止事項の方ではない。

実効性のない禁止事項なんて犯罪行為をもくろむ人間の誰が守るんだよw脳味噌に蛆でも湧いてんのかw

>誰が殺人犯を無罪放免にしろって言ったんだ?

更生したフリさえしてくれれば放免すると言ってるのはお前じゃん統失君ww

481 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:41:00.65 ID:reywCzgp0
>>477
他人のことを四の五の言う前に、まず自分の頭の上の蝿を追え、って奴だな。
統失治してから出直してこいww

482 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:41:50.20 ID:O//mwytG0
>>478
それは社会というか国家の外だからだろう。国内法は国境を越えられないしな。

>>475
その論理は徹底的におかしいんだ。

殺人犯ってのは殺すまで殺人犯にならない。
殺人犯が生じた時点で殺人は過去のことだ。
一方今論じている死刑は殺人の後、未来のことだ。
過去と未来を同列で語ってるのは変だろう。

犯罪抑止力とか未来の事だけで語るとかなら分かるけど。

廃止派は「殺した」後の事をどうするか考えているし、
少なくとも「殺す」ことを認めているような殺人鬼予備軍は
俺には見受けられない。

483 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:45:41.16 ID:C+QV+ZBg0
>>477
>>471
>>これは吹き出してしまった。完全に殺し合いになっている。このスレの縮図のようだ。

廃止論者:人殺し
法律を遵守する論者:制裁官

この図でしかないのだが?

>>刑法ってまず「殺人をしてはいけない」として、破った者は「死刑に処す」という刑罰を定めてるだけだよね?
>>適用条件とか細かい話は置いといて。

*死刑について*

個々それぞれ、ひとりひとり。
神様の本能の世界で、作られた人間(飼いもの)は、ひとりひとり、個々それぞれであり、
誰ひとり、関わることもなく、筋合いもなく作られている。
自分の人生は自分だけのものであり、他に関わらない。
他者の命(人生)に手を掛ける者は、殺害者(犯罪者)として、死刑が妥当であるのは明白であるが、
このこと(死刑)について、それを否定するものは、殺害者(犯罪者)と同じ、人殺しを
肯定する、他者の命に手を掛けた人殺しが、その後生きることを見、留める、人殺しである。

>>廃止派が否定しているのは刑罰の方であって、禁止事項の方ではない。
>>というか誰が殺人犯を無罪放免にしろって言ったんだ?

廃止論者:人殺しが人を殺した後、生きてゆくことを肯定している者
殺人の場合、殺人犯を死刑にしなければ、無罪放免としたことと同となってしまう。
殺されたものは死んだ、殺したものは生きている、と隙間のない内容だからだよ。


484 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:48:08.26 ID:reywCzgp0
>>482
>廃止派は「殺した」後の事をどうするか考えているし、
少なくとも「殺す」ことを認めているような殺人鬼予備軍は
俺には見受けられない。

殺した後のことを単純に考えれば死刑だろw
殺した後のことを考えて、また殺す機会を与えたいと考えるお前は気狂いだw
見受けられないもなにも、自覚できないってだけだろ?何せ統失w

485 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:55:09.40 ID:C+QV+ZBg0
>>475
>>473
>>殺人犯を殺してはいけないが、殺人犯が誰かを殺すのは構わないというのが廃止派
>>或いは自分は存分に人を殺したいが、自分は死にたくないから死刑は邪魔だ、というのが廃止派

殺人犯が自分を殺すのはいけないが、殺人犯が誰かを殺すのはかまわない というのが廃止派
自分は人殺しをするが、自分は死にたくないから、死刑は邪魔だ というのが廃止派

と言うのが正しいのだろう?


486 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 01:58:59.46 ID:O//mwytG0
>>480
>実効性のない禁止事項
と書いてるからにはあなたは殺人が起こる前のことに主眼を置いているのだろう。
凶悪犯の扱いなど殺人が起こった後の問題について語るもいい。
いずれにせよ「起こる前」と「起こった後」の扱いは相関こそあれ別問題だ。
殺人犯と殺人予備軍は別物だ。

>更正したフリさえしてくれれば放免する
ここまで言ってない。
更正していたら死刑延期、あるいは終身刑とかは言ったつもりだが、
もし言っていたら謝ろう。
少なくとも今死刑宣告されてる凶悪犯のレベルじゃ、終身刑、
釈放は認められない。

487 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:01:14.50 ID:reywCzgp0
   _____________________
         | オタクを迎えに参ったつってんだろゴルァ!!
         |
         |  _____________________
         |  / ⊆ニ(二(ニニ⊇――――'        (●ヽ
         | / ̄ ̄ ̄ ̄                      ヽ
       /| /______________________ヽ
      ,/ ̄V ̄ ┏━, / ̄ ̄ ̄|| ||. ̄ ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...| |
     ,/ ∧ ∧. i┸i //  ∧∧ || / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _.,/. (゚Д゚ ) | :::|//  (゚Д゚ ) < サッサと乗れ>>482、このウスノロ野朗オタクが!!
   |/,,,,,へ⊂ ヽ  .//  ,/  ノ/ ||\______________
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。|┃       |━━━━━...............|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,゜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,東京精神病院,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,|         |       .     [|
 |====== ;...........|  /,  ̄ヽ |~~|.        |  /,  ̄ヽ |     {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''|―-|.(※)|':|''''|.'''''''''''''''''''''''''''''|''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ

488 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:04:28.89 ID:C+QV+ZBg0
>>482
>>殺人犯ってのは殺すまで殺人犯にならない。

犯罪の要素のある人間(殺人予備罪)が、殺人を計画した段階(殺人罪)で人殺しだ。

>>殺人犯が生じた時点で殺人は過去のことだ。

殺人犯が殺人を犯した時点のことは、現在時点というのだ。

>>一方今論じている死刑は殺人の後、未来のことだ。

人殺しをしたら死刑になるのはそもそも決まっているよ。


>>廃止派は「殺した」後の事をどうするか考えているし、

殺人犯が自分を殺すのはいけないが、殺人犯が誰かを殺すのはかまわない というのが廃止派
自分は人殺しをするが、自分は死にたくないから、死刑は邪魔だ というのが廃止派

>>少なくとも「殺す」ことを認めているような殺人鬼予備軍は
>>俺には見受けられない。

廃止論者がそれにあたるのだが、それと、存置論者は廃止論者の良き隣人なのだ。


489 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:13:23.72 ID:reywCzgp0
>>486
>殺人犯と殺人予備軍は別物だ。

誰も殺人犯でもない奴を死刑にしろなんて言ってねえよ統失

>更正していたら死刑延期、あるいは終身刑とかは言った

死刑や終身刑にするのに更生も糞もあるか気狂い。
大体教育だの更生だの口にしている時点で、お前が殺人犯にもっと殺しを堪能させたいという欲望を持っていることは自明なんだよ統失。

もうお前が正気じゃないことは明らかだから、これからはお前を統失君と呼ぶことにするw

490 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:14:32.05 ID:O//mwytG0
>>483
あなたは犯罪を犯していない俺のような廃止論者も人殺し呼ばわりするのか?
法という約束を破った人殺の約束が認めれれるわけはないだろう。
それ位理解しているさ。

>誰ひとり関わることもなく、筋合いもなく
このくだりは論破できる。今現にあなたと俺は「関わっている」

491 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:18:30.90 ID:reywCzgp0
>>490
>俺のような廃止論者も人殺し呼ばわりするのか?

殺人幇助予備軍と呼ぶのが正しいよな、人殺し呼ばわりは確かに良くないわw

492 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:24:22.05 ID:O//mwytG0
>>489
起きてしまった殺人をどうすることもできないのは存置派も廃止派も同じだ。
これから起こる殺人を未然に防ぎたいのは存置派も廃止派も同じだ。

殺人犯を釈放しようってわけじゃないんだからその殺人犯はもう殺人を犯せないんだよ。
死刑囚が再び殺人を犯す可能性について議論してどうする。
脱獄の可能性を示唆しているとしたら脱獄できなくする方法を議論すればいい。

493 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:29:49.02 ID:O//mwytG0
殺人幇助予備軍とは実社会に住んでいる人がこれから殺人を犯すことについて言ってるんだよね。
つまり死刑廃止によって殺人抑止力が弱まってしまうことを言ってるということだ。

死刑廃止が単純に犯罪抑止力の低下を招くとは決まっていない。
少なくとも以前俺が提示した「死刑と終身刑の共存」を否定する論拠にはならない。

494 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:29:49.46 ID:cuMlzDAe0
判検交流が存在する以上
行政に都合悪い政治的容疑者を、
むりやり死刑に追い込める可能性があるから
死刑反対

どや?

495 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:36:56.17 ID:reywCzgp0
>>492
教育と更生を繰り返し言っている事実が、お前が殺人者を猟犬で狩猟でもするかのような感覚で解き放ちたいと考えている証明。
そこに持ち込むために終身刑などというものをねじ込み、成功すれば次は終身刑廃止を喚き出し、最終的には人が人を裁いてはいけない、とでも喚き出すつもりじゃないのか?「狩猟」の為にw

浅はかな奴だw

496 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:37:53.55 ID:O//mwytG0
>>494
確かにそれでいくと怖いね。

影響力の強い政治的容疑者を死刑にするために、
例えば容疑者に疑いがかかるような形で政府側が誰か一人二人自殺なり他殺なりさせれば
後は証拠ねつ造その他諸々の裁判を行うかもしれない。
誰も政府に逆らえなくなる。

497 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:42:03.26 ID:reywCzgp0
>>493
>死刑廃止が単純に犯罪抑止力の低下を招くとは決まっていない。

じゃあ今すぐ決めろよ。
別に俺達存置がこれからお前らの実験サンプルにならなければならない道理はないんだw

498 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 02:54:45.14 ID:reywCzgp0
>>496
気狂いの妄想乙w
世界はファシズムに懲りているのに、この情報化社会でそこまで強権的になれるわけがないだろ。国際社会から孤立して日本は終わりだ統失w

499 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:03:25.13 ID:O//mwytG0
>>495
犯罪がなくなれば人が人を裁く必要もないだろう。それが理想だ。

まず死刑と終身刑を共存させる。
死刑の方が犯罪抑止力が高いだろうから死刑を重い刑罰とする。実際は逆なら逆でいいんだが。
最初はどちらも仮釈放は認めない。

そしてどちらの刑を受ける者も教育と治療を行う。
色々な教育・治療手段を試してそれらの効果を測る。
測定基準は色々考えるべきだが、「自発的に反省や謝罪を始める」がいいだろう。
刑のが減刑がないのにそれを始めれば教育効果が認められる。
もちろん効果が認められてもその囚人は減刑しない。

教育手段の改善と効果基準の厳正化をを繰り返す。
そして囚人の基準合格者が一定数を超えた時点で、減刑の可能性を考える。
社会が、囚人を実社会に戻すことのメリットとリスクを許容できると判断したら法改正して減刑を認める。
その時点での囚人に改正前と改正後の法律のどちらを適用するかも同時に定める。

改正後にメリットとリスクを社会が許容できない場合は元の法に戻す。
許容できるなら存続し、同時に教育方法の改善を図る。

あとはその繰り返しでもはや死刑や終身刑に当たる犯罪者が現れなくなれば
その時点でそれらの刑罰そのものを廃止する。
廃止した後以前の法で死刑や終身刑に当たる者が現れるようならまた復活させる。

全ての教育・治療で得られた知見は実社会での教育に還元し、犯罪の未然防止を両立する。


以上は死刑のみでもできるが、無期懲役とんで死刑ではもったいない。

500 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:08:01.23 ID:O//mwytG0
減刑を認めることで再犯などの社会が負うリスクは否めないが、
それもちゃんと社会全体で協議して法改正するかしないかを決める。

501 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:09:27.70 ID:ebagcb2x0
>>494
過去には散々在った話ですね。
その散々在った頃に現在の刑法は作られてます。

502 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:16:11.17 ID:O//mwytG0
>>501
現行制度で十分な教育・治療の改善や基準設定が行われているのか?
少なくとも死刑執行時期が違法の状態ではできない。
また死刑執行が6か月以内なら、終身刑を認めた方が教育・治療の知見く得やすい。

とりあえず現代になってやっと発展してきた精神医学の知見は犯罪者にも生かす。

503 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:19:50.44 ID:UWdJHvHv0
死刑といえば、
カネ儲けのために政治権力の悪用で全国民に乱交通信ビジネスでHIVを故意にばらまき続けている
あの 「NTTエイズ」 と、その証拠隠しのためにエイズ統計を過少発表し続けている厚生官僚どもでしょ。
あいつらが公権力の悪用でやっている悪事はまさに死刑に値するよ!!(怒)

厚生省のエイズ統計を信じるな!
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=200000006&tid=a086bbabeibdaaabdpgoa4rc05bc0ibdlc0&sid=200000006&mid=8075
NTTエイズ
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=200000210&tid=c0m3ubfafnaca4ja4ibcab1rbbbdpf0a4b&sid=200000210&mid=2577

504 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:47:15.53 ID:4h9uzJpC0
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ  
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了    福田孝行     /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ::


505 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:48:40.39 ID:4h9uzJpC0
                     〆 ーーーーヽ
                   /いますぐ吊るせヽ
                   /             \
                 /    福 田 孝 行   ヽ
                ./                 i
                {      〆 ノ ヽノiノハ     }
                !   r-ィ'''''''''''ヽ   ´''''''''''‘ 彡  }     ,,, ‐''''ー 、 ,.   r'"゙'、
          _.. -'''"゙゙゙^'''ー、 ヽ  i  -=・=     =・=-  i / (゙゙''"      、,,,,) l `- i  |
..,,,_、 _,,..-‐'″   _,, - 、`'、  ヽ!              レヽ  `'┐ l ̄l  . l  |  .l |  |
.!、、     .,, -''i `'、, /''ミ'ー┘/ ヽ     (。__。)    / /    l  .凵  l.  |  .| |  |
  ' フ‐ i 、\l   l  ゝ ヽ  ヽ .!      u      !  ! r‐ー'′     \,!  | |  |
  ノ  / l  l   .l-"  .l   ーヽ   ,. ー-ー.、    rイ  `ー 、   i''l  |゙''''' ! .| |  |
 /   ヽ丿  リ       |      !    ーー    ノ     .|  .l !  .|  |  | |  |
/  ,     /l   .广゙゙゙l. ゙     |\       /|        |  ,! l  .|  |  | |  |
ヽ,_./ .゙>   ./ .|   |   l ヽ.     |   `'ー- -ー´  |      |.  /  |  .|  |  | .!  |
   /   /   |  ヽ..,,,,ノ  |  / \       /ヽ      |  /  |  .|  |  | .!  |
.../    /   \,      |/|    \    /  /\   /  /   .|  .|  t;;三'''' /
 `'ー‐''´       `''――‐'゛   !     \ /   /     ゙‐'     ゝ/     ヽー
                    !    /;;;\    /
                    !   /ヽ;;;;;;/ \ /

506 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:55:10.54 ID:ebagcb2x0
>>502
自分はかつて存置派諸君との討論の中で、死刑制度廃止後の最高刑は現行の
無期懲役で良いだろう、と答えました。
しかし、現在の無期懲役が実質的には終身刑に近くなっていることを知らない
存置派諸君に猛反発をくらいました。
もし、一般の日本国民が彼らと同じ認識であるとすれば、死刑制度を一日でも
早く廃止すべきと思うので、妥協点としての終身刑も已む無し、と考えるようには
なりました。
更生教育はまだ不充分でしょう。
先日のライブハウス放火未遂事件の容疑者も、過去逮捕された時に充分な更生教育と
少年院出所後のフォローと死刑制度がなければ、このような事件は起こさなかった
かもしれません。

507 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 03:58:16.48 ID:ebagcb2x0
>>504>>505
明らかに、殺人愛好者!!

508 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:00:49.05 ID:pQ81gndF0
>>463
>生徒は先生を「許し」たのだ。

悪さして叱られた生徒が先生を逆恨みしていた。
ある日、自分の過ちに気付いて反省し、先生に感謝した。
って話が『許し?』
許すも許さないも最初から生徒が悪いだけだろ。


509 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:05:46.71 ID:O//mwytG0
>>508
生徒が悪かったとしてそこから学習したんじゃないか。
あなたは「良薬口に苦し」という経験をしたことはあるか?

510 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:10:02.91 ID:pQ81gndF0
>>506
>少年院出所後のフォローと死刑制度がなければ、このような事件は起こさなかった『かもしれません。』

また、かもしれない運転か。
注意一秒バカ一生だな。

511 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:16:55.68 ID:pQ81gndF0
>>509
例えばその生徒の悪事が殺人だったとしよう。
捕まったせいとは面会に来た先生に叱られる。
ところが生徒は先生を逆恨み。


どう考えても加害者の生徒が許す方の立場にはなりえんのだが?
せいぜい反省しましたってオチだろ。

512 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:27:00.83 ID:O//mwytG0
遺族は「存置派」だろうが彼らは現状に満足していない。
廃止派を論破したところで現状維持は変わらない。
遺族の意を汲むつもりなら現状を変えるか、遺族を諭すかすべき。
単に現状維持訴えるだけなら遺族の意なんて汲んでない。

もちろん執行時期を守れというように訴えるのいい。
でも適用条件とかそれだけでは解決しない問題があるのも知っているだろう。

513 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:27:19.82 ID:ebagcb2x0
>>510
頭が悪いようですね。
自分の意見を持たず、単なる誹謗中傷
抑止力の科学的証明もできず、死刑、死刑、と叫んでいる君らこそが
不確実性に依拠してることを知るべきだ。

514 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:46:49.44 ID:jmxJhh2h0
凶悪犯は死刑で何の問題も無い。一ミクロンも揺らぐ事はないし死刑はこのまま存続。

515 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:47:25.02 ID:O//mwytG0
>>510
あなたは未来が読めるのか?だったらその才能を生かせ。
変えた後どうなるかなんて誰にも予測できないんだよ。
未来は全て「かもしれない」だ。
この例は出所後のフォローだけで十分防げたと判断しても相違ない。

>>511
殺人犯した生徒の話じゃない。
この生徒はこうやって他人の価値というものを学習していくことで
将来の殺人が防げる。他人を許せるようになったからだ。

あなたが言う「せいぜいの反省」でも少なくとも同じ失敗=殺人は繰り返さない。
殺人鬼が殺人鬼じゃなくなる可能性があるんだよ。

516 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 04:52:30.57 ID:O//mwytG0
>>514
あなたの一行のレスだけで問題が滲み出ている。

まず「凶悪」の定義をはっきりしろ。
このままとは現行の法制度を維持ということか?
法制度維持した上で違法はどう処理する?

517 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:08:59.36 ID:jmxJhh2h0
>>516
何をごちゃごちゃ抜かしてるんだ?
この場合凶悪犯罪は殺人って事ぐらい分かるだろ。

廃止派が何をどれだけ喚こうが凶悪犯は死刑で全く問題ない。以上。

518 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:17:35.84 ID:O//mwytG0
>>517
だから殺人だって何人かとか残虐性とか計画性とかあるだろう。
そういう基準から漏れ出てる例がある。
遺族死刑を求めても通らないこともある。
それで納得してない遺族はどう扱うんだ?

519 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:19:58.15 ID:jmxJhh2h0
過失だろうが百人殺そうが基本一律死刑で問題ない。以上

520 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:23:10.85 ID:O//mwytG0
>>519
過失を認めたら車を運転できない人とか医療に従事できない人が出てくるが彼らはどうすればいい?

521 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:25:59.43 ID:jmxJhh2h0
車を運転できない?どう言う事だ?
殺してしまったのなら死刑で問題ない。

522 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:29:41.30 ID:O//mwytG0
>>521
事故起こる可能性も考えないで車乗るかどうか決める人はいないよ。
酔っ払いが車道に飛び出して来たらどうする?
車が故障してたら誰の責任になるんだ?

523 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:34:22.26 ID:O//mwytG0
自殺志願者が駅のホームに飛び降りる度に電車運転してた人が死刑になるのか?

あなたの考え方も一つだが、それに納得する人は少ないよ。
廃止派以上に存置派の一般的な意見からずれてる。

524 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:44:09.62 ID:jmxJhh2h0
しつこい。
過失で殺人を犯したなら過失で死刑にさせれば全く問題ない。
つまり意図的には死刑に出来ないと言う事だ。
自殺など知った事か。

525 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 05:57:46.49 ID:O//mwytG0
過失で死刑ってなんだ?
条文になんて書く気だ?
「人を殺してしまった人は誤って殺されます」って書くの?
なんで先に指定している法律が過失になるんだ。
それを決めた人も過失なのか?
じゃあその決めた人も過失で殺人したんだから殺されるな?
あなたが死んでくれるのか?
自殺したいのはあなたじゃないか。
もはや理解不能だ。

526 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 06:07:12.58 ID:6hi1KN4MP
>>525
ぶちゃけ全国ネットでお前を死刑にして晒し首にするのが一番良いと思うんだがどうだ?



527 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 06:21:37.65 ID:O//mwytG0
だから仮説に正しいものなどないんだよ。
あってもそれが本当に正しいか確認できる人間はいない。
大抵の仮説は自己矛盾を抱えてしまうんだ。
俺だって自分の仮説が矛盾していると分かったらすぐに誤りだったと認めているつもりだ。

誤りである仮説を立てることに躊躇することなどない。
それが誤りだとすぐ分かるものなら瞬く間に消えていくからな。

仮説は全て誤っている。その前提を認めて自由に発言すればいい。
勝手に誤解して受け取る人間がいればそれはあなた以下だったということだ。
たとえあなたが言わなくても同じ間違いを自分で勝手にしていただろう。
もちろんあなたも常に自分の仮説を正しく理解させる説明責任はあるが。

528 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 07:27:41.51 ID:jmxJhh2h0
>過失で死刑ってなんだ?
>条文になんて書く気だ?

だから不可能でFAと言う事だ。
お前が理解できるかどうかなど知った事ではない。

529 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 07:44:17.64 ID:AitX6mMq0
>>527
もうちょっと、ほんの僅かでもいい、爪の先くらい、他人の命を尊重できませんか?

530 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 09:05:26.79 ID:6hi1KN4MP
>>527
自分の仮説さえ実証できないパラノイア、誤りなど何度も指摘されているのにぞの事すら忘れる統合失調症患者に今更何を指摘しても仕方が無いだろ。
まあ折角だからお前のような精神異常者に、存置論者を動かせるとっておきの方法を一つ教えてやろう。お前が死ね。

廃止論者は一致団結し、死ね。
殺人犯に命を捧げろ。
常に世の中を注視することに全身全霊を注ぎ、その命を以て文字通り被害者の盾となって死ね。
人質事件が起きれば、身代わりとなれ。身代わりが果たせなければ犯罪者を説得し、犯罪者が肯んじるまで犯罪者の前で自らの喉にナイフを突きつけ一人ずつ、死ね。
その真摯さがあればが存置論者を動かせる。

だから死ね。








531 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 09:37:29.46 ID:h2MW9tY50
>>527
仮説の話は確かにそうだ。

今回の大量殺人未遂は死刑制度などにも反対してる自称人権派が居なければ起きてない。

これは仮説では無く事実だ。

532 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 09:59:44.68 ID:huPZL9L6O
強盗殺人は死刑
過失致死は最高で無期
未必の故意では複数が即死または病死せしめたなら死刑

韓なおとは死刑

533 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 10:05:47.81 ID:EvgQXzzb0
東京都の在日特権
[地方税] 固定資産税の減免 [特別区] 民税・都民税の非課税
[特別区] 軽自動車税の減免 [年 金] 国民年金保険料の免除
[水 道] 基本料金の免除 [下水道] 基本料金の免除
[放 送] 放送受信料の免除 [交 通] 都営交通無料乗車券の交付
[清 掃] ごみ容器の無料貸与 廃棄物処理手数料の免除
[衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免 [教 育] 都立高等学校 高等専門学校の授業料の免除
在日はすでに3世、4世。すべて我々の税金で賄われている!


国民が知らない反日の実体

で検索してください


534 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 10:05:47.80 ID:xcZNkRDP0
>>531
あなたの言う通り。仮説と事実は全く異なる。
あなたの上げた例で言えば、
・大量殺人未遂があったこと
・人権派と自称する人がいて、彼らが死刑制度などに反対している
この2点は事実だ。
そしてこの2点を結びつけるとうまく因果関係が説明できそうだ、として仮説を立てる。

仮説に対してできるのは証明ではない。反証することでその仮説が誤りだったと初めて分かるだけだ。
事実を以て仮説を反証する。仮説が誤りならそれを示す事実があるはずだ。
そうやって事実の観察を続けているのに、なかなか反証できる事実が現れない。
そういう仮説というのは定説となる。定説はなかなか否定できないから、その仮説に則って新たな仮説を導く人が現れる。
そうしながら仮説を立てては否定するを繰り返す。

535 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 10:30:25.68 ID:YxD8brVn0
俺が思うに社会科学の難しいところは2つある。
・言葉の定義が曖昧になりがち。
先の例で言うなら、「人権派」という言葉の定義が人々の中で大きくずれている。
だからこそあなたたちが人権派とは何を主張する集団かを示しているいるのは非常に有意義だ。
俺は「人権」という言葉は聞いたことがあるが、「人権派」というのはこのスレで初めて知った。
それだけでも意義深いが、もちろんまだまだ不十分だ。いつまでこのスレにいるか分からないが今後もご教授願う。

・事実の正確な観測が難しい。
これはすぐに分かるだろう。社会で起こる全事象は到底観測できないし、
当然正確に事実を確認できなければ因果関係など示しようがない。

仮説を反証する事実を見つける作業を実験と言う。
自然科学が専門の俺が思うに、社会科学とは実験が非常に難しい。
廃止派が死ねばいい、存置派が消えればいいと言ったところでそんな実験は人道的でない。
存置派が「安易に死刑を廃止するな」というのもそういう意味だろう。

しかし全く実験が不可能というわけではないと思う。
俺はそう思って先に「死刑と終身刑を共存させ…」という実験方法を提示してみたのだが、
全く反応が得られなかったのは残念だ。人道的でないならないで否定位して欲しかった。

再現性を測ることも困難な社会科学分野だが、科学は科学だ。
人類の入り込む余地がないはずがない。

536 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 10:37:32.50 ID:h2MW9tY50
>>534
少年法の改正を妨げた人権派
改正されてれば出所して無いので犯行は不可能

少年院での教育プログラムを骨抜きにしたのは人権派
反省より事件を無かった事にする教育プログラムを策定

以上の二点だけでも、人権派が居なければ今回の犯行は絶対起きてない。
これは真実で現実。

537 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 10:44:34.28 ID:h2MW9tY50
三十九条該当者の再犯も死刑にも反対してる人権派が居なければ起きてない。

治療や完治の義務を権利に書き換えたのは人権派。

538 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 10:50:52.95 ID:pQ81gndF0
>>513
抑止力がなくても現行では殺人鬼がそれ相応の罰を受けるだけ。
抑止力があった場合は善良な一般人の命が失われる。
証明しなければならないのは廃止派だよ。

さあ、早く抑止力がないと『科学的証明』してくれよ。

539 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 11:21:24.85 ID:6hi1KN4MP
>>535
だから何?
仮説を反証できないなら、それを圧しても尚存置を説得できる可能性がある方法は、お前らの命を賭するしかないのだから、死ね、といっている。
実験ではない、説得しろ、と、お前らが入り込む唯一の余地を態々指し示してやってるのに、何をゴチャゴチャ抜かしてやがる、とっとと決死の覚悟を見せろ。
それが出来ないなら黙ってろw


540 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 11:23:37.09 ID:YxD8brVn0
>>536
あなたの言う通り、改正されて出所が全く無いのであれば犯行は実質不可能としてよいだろう。

しかし、改正するかしないか、改正してもどのような形にするか、という所も実験方法だ。
今回の実験で分かった事実は、「人権派が今回主張する教育プログラムでは再犯を防げない」

人が行う「科学」の実験とは常に「実験の実現可能性」を人道的な観点からも考慮しないといけない。
今の技術水準なら人間のクローンを造ることは可能だが、人道的な面でそれを認めていない。
そして人権派は人道的な面を強調して「改正」という実験を妨げた。
しかし結果的には非人道的な犯罪が起きてしまった。

実験が人道的かどうかの判断というのは、実際には後になって分かることだ。
人権派が進めた実験で被害が生じたのだから、彼らがそれを責められるのは当然だ。

しかし実験した場合のリスクを十分強調して反論し切れなかった方にも責任がある。
少年法の改正如何の話が挙がっている事自体知らずにいた俺にも大いに責任がある。
それぞれの責任の重さは異なるかもしれないが、全員が実験の責任を負うのだ。

今回の大量殺人未遂の容疑者は23才とのことだが、義務教育9年で人が健全な倫理観を学ぶとして、
真逆に育った容疑者を元に戻すにはその倍の18年はかかってもおかしくないのではないか。
実際はこんな単純計算で人道的なものを測れるわけではないが、俺はそういう物の見方も必要だと思う。

仮に十代から少年院に入ったとして40際までには出所できる。
人生80年の時代なのだから、そしてこれからも平均寿命は伸び続けるだろうから、
もっと長いスパンで教育や更正というものを考えても良いのではないか。

むしろ俺も含めて最近の若者は、余計な知識(特に俺の場合は自殺手段)ばかり増やして
倫理観などの面では明らかに幼稚化している。
倫理観など一生育んでいかなければいけないのは自明だ。
しかし今叫ばれている生涯教育という言葉にそれは入っているのだろうか?

541 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 11:39:38.41 ID:YxD8brVn0
>>540
訂正
「人権派が今回主張する教育プログラム」ではなく
「人権派が今回主張した教育プログラム」だった。

事実とは常に起きた後に分かることだ。

>>539
今回の件で「再犯が起こる」という仮説を未然に証明できなかったあなたも同じだろう。
もちろんその仮説を証明する実験を行うのにあなたの命が奪われることなどあってはならない。
人道的な実験を行うためにその前に人の血が流れるのでは矛盾している。

過去には発見された細菌が感染症の原因であることを証明しようとして
自らの体に細菌を打ち込んだ科学者もいたわけだが、やはり損失が大きい。

542 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 11:40:51.03 ID:pQ81gndF0
>>515
バカにしたのは死刑がなければの『かもしれない』だよ。
本当にバカだな。


>この生徒はこうやって他人の価値というものを学習していくことで
>将来の殺人が防げる。他人を許せるようになったからだ。


だからなんで悪さした挙げ句に逆恨みする奴が許す立場になってんの?
先生に許しを乞う立場だろ。
逆に言うと生徒の為を思い、叱った先生が逆恨みされた挙げ句、最後に何故か上から目線で許して貰う話なんだがw

反省のない奴ほど他人の価値を自分より下だと学ぶって話ですか?

>あなたが言う「せいぜいの反省」でも少なくとも同じ失敗=殺人は繰り返さない。
>殺人鬼が殺人鬼じゃなくなる可能性があるんだよ。

自分が悪いのに『先生を許してやる』なんて傲慢な生徒なんだから次はバレないようにやろうと学んだ『かもしれない』な。
同じ失敗=逮捕と考える可能性も否定出来ないから、殺人鬼がより狡猾に犯行を重ねる『かもしれない』。

しかし『可能性』『かもしれない』って便利だなw

543 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 11:42:15.54 ID:+LFshWojO
死刑には必然性がない。
終了。

544 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:00:08.95 ID:YxD8brVn0
>>538
「科学的証明」という言葉は実際にはありえないんだ。
あれは科学を知らない人が多用する言葉だそうだ。
科学を知らない人ほど科学を万能視する傾向にある。

人類が全知全能でないから科学という概念が成立する。
全知全能の神(その有無を証明することは科学ではできない)には科学などできない。
科学とは自らを無知と認めた人類のみにできる行為なのだ。

今までもっともらしく語ってきたが、これは俺が考えた概念ではない。
色々学ぶうちに生物の神秘性というものを感じた俺は最近、「進化論」
というものに興味を持って調べていたらあれが証明されていない仮説にすぎないことを知った。
さらに「創造論」という概念も知った。

この2つのワードで検索すると、科学とそうでないものの区別もつくだろう。
俺が特に納得できたサイトがあったのだが、実家のパソコンのお気に入りに入れただけなので
どうやってそのサイトにたどり着いたか覚えていない。

いずれにせよ俺が言う「仮説」も概念の一つにすぎないのでその言葉に正しいも誤っているもない。
人によって見解の相違があるだけだ。

545 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:06:57.86 ID:YxD8brVn0
>>542
これからも死刑を続けた場合に起こる「かもしれない」ことを
あなたは全て認識しているのか?

「許す」という言葉の見解の相違か。
「許す」とは相手と同じ目線で立たないとできないことと俺は思ってるから
「上から」とか「下から」もないと考えている。

546 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:14:11.14 ID:6hi1KN4MP
人が命を奪われれば、如何なる活動であってもそれは止む。これは定説であり現実。
最早定説、現実の前に、廃止論者が実証も出来ない仮説を捏ねくり回すことなど不要。


547 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:20:48.48 ID:h2MW9tY50
>>540
> しかし、改正するかしないか、改正してもどのような形にするか、という所も実験方法だ。
国会図書館で委員会の議事録読んで来い。
今回の件で分かったのは、厳罰化に反対した死刑に反対してる人権派が居なければ起きなかった。
これが事実て真実だ。


548 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:25:07.07 ID:h2MW9tY50
>>545
これからも死刑に反対する反日人権派が居る事で起こる「かもしれない」ことを
あなたは全て認識しているのか?

「人権」という言葉の見解の相違か。
「人権」とは相手と同じ目線で立たないとできないことと俺は思ってるから
「上から」とか「下から」もないと考えている。

549 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:27:40.64 ID:YxD8brVn0
>>546
>人が命を奪われれば、如何なる活動であってもそれは止む。
それは逆に解釈している。ここで定義されるべきは「命を奪う」だろう。すなわち、
「如何なる活動も止む事」を「命が奪われる」と定義する。

あと「将来死なない人間が現れる可能性がない」ことも科学では証明できない。
「現在死んだと判断された人間が将来蘇生する可能性はない」ことも科学では証明できない。
全知全能でない人間は「未来」を予測する術などもたない。
明日隕石が地球に衝突して人類が滅亡する可能性も否定できない。

あなたが完璧に未来を予測できるのならあなたは神なのだろう。
ぜひ人類の愚かな争いに終止符を打ってくれ。

550 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:31:34.38 ID:2etv5X0J0
良いねえ精神障害者で夏休みの学生ってのは。
ママのおっぱいに吸い付きながら実社会と無縁なところで死刑反対だの仮説がどうの無責任に寝言ほざいていられるんだからなw

551 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:33:35.64 ID:h2MW9tY50
>>549
> 明日隕石が地球に衝突して人類が滅亡する可能性も否定できない。

これは否定出来る。
捉え難い氷の固まりの彗星でも遅くとも3週間前には判別可能な監視体制が構築されてる。

それと、この前提だと気軽に死刑執行出来るよな?
> 「現在死んだと判断された人間が将来蘇生する可能性はない」ことも科学では証明できない。


552 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:33:49.64 ID:pQ81gndF0
>>544
>「科学的証明」という言葉は実際にはありえないんだ。
>あれは科学を知らない人が多用する言葉だそうだ。
>科学を知らない人ほど科学を万能視する傾向にある。

あーあ、目先の反論に夢中でついに援護に来た仲間まで攻撃しちゃったw
レス先をたった一つ辿るだけで分かることなのにw
可哀想な死刑反対君…


513:傍聴席@名無しさんでいっぱい :2011/09/04(日) 04:27:19.82 ID:ebagcb2x0
>>510
頭が悪いようですね。
自分の意見を持たず、単なる誹謗中傷
抑止力の科学的証明もできず、死刑、死刑、と叫んでいる君らこそが
不確実性に依拠してることを知るべきだ。


553 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:34:43.43 ID:YxD8brVn0
>>547
それは事実だろう。そして事実は過去であり、変えられない。
ならばその事実を以て、未だ厳罰化を否定する仮説を打ち立てる人権派を論破していってくれ。
俺は人権派ではないし、厳罰化の流れには大いに賛同しているので俺に言う必要はない。
なんだったら俺もできる限り協力しよう。流石に自分の命までは賭けられないが。

554 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:35:47.40 ID:6hi1KN4MP
>>549
>あと「将来死なない人間が現れる可能性がない」ことも科学では証明できない。
「現在死んだと判断された人間が将来蘇生する可能性はない」ことも科学では証明できない。
全知全能でない人間は「未来」を予測する術などもたない。
明日隕石が地球に衝突して人類が滅亡する可能性も否定できない。

で?それが死刑を今廃止しなければならないというお前の駄々と何の関係が?w


555 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:43:10.48 ID:troA260uO
>>538

無いことを科学的に証明しろ

オカルト信者が論破されつくした時に出てくる最後の捨て台詞と同じ末路だね。

556 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:45:39.15 ID:h2MW9tY50
>>553
> 俺は人権派ではないし、

平等で呵られて鞍替えしたのか?

557 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:47:03.16 ID:2etv5X0J0
>>549
人間は完璧ではないのだから好きに殺させてやれ、というスタンスにお前らは居るのに、死刑廃止を喚くとか全く意味不明だな。

558 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:47:45.04 ID:h2MW9tY50
> 「現在死んだと判断された人間が将来蘇生する可能性はない」ことも科学では証明できない。
それと、この前提だと気軽に死刑執行出来るよな?

なんかスルーしてるけどあっさり執行出来るよな?

559 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:47:56.66 ID:pQ81gndF0
>>545
>これからも死刑を続けた場合に起こる「かもしれない」ことを
>あなたは全て認識しているのか?

逆もまた然り。


>「許す」という言葉の見解の相違か。
>「許す」とは相手と同じ目線で立たないとできないことと俺は思ってるから
>「上から」とか「下から」もないと考えている。

へー、じゃあこの場合は悪さした挙げ句に逆恨みまでした生徒が恩師に対して同じ目線に立って『許す』って話なのか。
目頭が熱くなるなw
なら犯罪者が被害者と同じ目線か?
被害者が最大限に譲歩してまで加害者を許す場合に、わざわざ同じ目線まで降りる必要があるのか?
被害者が加害者に同じ目線で『許す』って言われて反省を感じるか?
お前は目先の反論に夢中で自分の創作した最初の例え話の時点で躓いてるのも気付かんのか?


560 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:50:02.26 ID:YxD8brVn0
>>551
「現在死んだと判断された人間が将来蘇生する可能性はない」ということも
「現在死んだと判断された人間が将来蘇生する可能性がある」ということも
科学では証明できない。未来は科学では予測しえない。

>捉え難い氷の固まりの彗星でも遅くとも3週間前には判別可能な監視体制が構築されてる
その監視体制が完璧なものだと誰が知っている?
その監視体制が確立してから今までに彗星が衝突した事実があったのか?

>>551
その方は君らが科学的証明をできていないこと指摘しているだけだろう。
自分ができるなどとは一言も言っていない。
むしろ相手に科学的証明ができることを求めているあなたたちは何なのだ?

561 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:51:07.56 ID:pQ81gndF0
あ、つまらん反論が来ると面倒くさいんで言って置くけど、生徒が『許す』から『許しを乞う』にしたら多少はマシになるぞ。

562 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 12:52:48.24 ID:h2MW9tY50
精神病患者の命は軽いみたいだぞw

【裁判】 統合失調症の長女(39)殺害事件、「同情の余地大きい」と将来を悲観した父親(67)に猶予判決…横浜地裁★2
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1315074333/

563 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:01:11.06 ID:h2MW9tY50
やむ無しもキャラまで変えて色々大変だな
論調に癖が有るからバレちゃうんだよw

564 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:01:14.04 ID:YxD8brVn0
>>559
>逆もまた然り。
それが理解してもらえて何よりだ。
かもしれない運転をしているのはお互い様なのだ。

>なら犯罪者が被害者と同じ目線か?
今度は「同じ目線になる」という言葉の解釈の違いか。
同じ目線になるとは相手が自分にした行為についての利害関係が一致するという意味だ。

先生が生徒の「利」になると思ってした行為を生徒は「害」と判断した。
その生徒は時を経てその先生の行為が自分にとって「害」ではなく「利」だったと再認識した。

その前のレスからそういう趣旨のことを言っているつもりだったんだが伝わってなかったか。
俺も自分が発した言葉の意味を正しく捉えてもらえなかったら極力説明責任を果たすつもりだ。

565 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:02:00.99 ID:6hi1KN4MP
>「許す」とは相手と同じ目線で立たないとできないことと俺は思ってるから

すげえなコイツ、被害者は加害者のステージまで墜ちてこい、とか、犯罪者ってのは一体何様だよ。

566 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:06:05.99 ID:C+QV+ZBg0
>>476;Rote 
>>七本線脳裡糸 宇宙指示が与えられた

たけし     心の通信や、脳マイク・マイク

>>殺人者と一般人の生きることの意味違う場合もある

命の意味において価値に値しないものと、価値に値するもの それらの違い

>>殺人者のなかには宅間や秋葉通り魔のように死んでもかまわないって奴もいる

これらは間柄による、核家族単位内、その以外の血縁関係内なのだから、
他人が他人を殺すような人殺しとはまったく違うのだ。

>>オウムのように死ぬことが神に繋がる道だとかアホなことを言う宗教もある

オウム真理教は、本主国スペース中国の仏教(元・釈迦)が行った、一歩踏み込んだ親善的宗教(生きる意味において、
スポーツや、飲料製作や、お料理製作など、基本の士農工商よりカラーの多いものへの取り組みを行う)
もしも、犯罪の要素のある人間(犯罪者)=人殺しが、その当人の存在を完結させるならば、犯罪の要素のある人間(犯罪者)=人殺しの「メリット」
を遂行し、きちんとその所在の意味を遂げた場合、神様はご褒美に甘く心地よいおいしいお菓子を彼らにプレゼントするという事実だ。

567 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:06:41.53 ID:6hi1KN4MP
>同じ目線になるとは相手が自分にした行為についての利害関係が一致するという意味だ。

殺される事によって得られる被害者の利ってなんだよwww

568 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:12:03.57 ID:C+QV+ZBg0
>>476;Rote
>>小泉は自ら正義のために殺人をした走ったように

小泉純一郎は、Osama=bin-Rahdhinの’@同@人の川’だから、その中でも「頭がよければ」、以下のように行く人物。
*普通じゃない人殺し*
犯罪の要素のある人間(犯罪者)の中でも、七つの大罪にある、「傲慢者」だけは、
どの犯罪者よりもまったく価値に値しない故に、他の犯罪者(人殺し)とは違う方法の人殺しを行う。
方法は、誰よりも価値に値しない故に、その上ははるかに人数が多く、無差別に大量殺人(メリット)を可能とするか、
下山事件、三鷹事件、松川事件のような、国家が殺されては困る人物を乗せた列車脱線転覆事件(模倣計画的殺害事件)など。


>>そのような精神の問題になると

この場合の精神とは、「肉体の幹」のことである。

>>死刑にされる=命がとられるぞ,という脅しが聞かなくなる場合もあるんだよ

「命の意味において価値に値しないもの」だから、命がとられるなどと考える犯罪の要素のある人間(犯罪者)=人殺しは存在しない。
事実理論として、他者の命(人生)に手を掛ける者は、殺害者(犯罪者)として、死刑が妥当であるのは明白である。

>>だから最終的には教育系・終身刑なんですよ
>>ようするに生きる死ぬの問題では答えられない部分、解決しない部分があるんだよ

事実理論でも解るとおり、実際、死刑しかありませんが、
「たけし」はここで「自己都合」の入る犯罪の要素のある人間(犯罪者)=人殺し
の類であるが故、実にくだらない、自己の存在・所在を完結させることのできない種類の犯罪の要素のある人間(犯罪者)=人殺し。
のちの「ようするに生きるの死ぬの問題では答えられない部分、解決しない部分があるんだよ」この言葉は、
自己の存在・所在を完結する人間と、自己の存在・所在を完結しない人間の両方共に共通することだ。



569 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:13:37.56 ID:pQ81gndF0
>>560
>その方は君らが科学的証明をできていないこと指摘しているだけだろう。
>自分ができるなどとは一言も言っていない。
>むしろ相手に科学的証明ができることを求めているあなたたちは何なのだ?

鶏は三歩あるくと忘れてしまうと言うが…


544:傍聴席@名無しさんでいっぱい :2011/09/04(日) 12:00:08.95 ID:YxD8brVn0
>>538
「科学的証明」という言葉は実際にはありえないんだ。
あれは科学を知らない人が多用する言葉だそうだ。

570 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:16:45.94 ID:YxD8brVn0
>>562
何とも心が痛む事件だ。
俺が自殺願望があった、自殺未遂にまで至った云々の話をあなたたちは覚えているか知らないが、
俺は両親に泣き叫んで「殺してください!」って懇願したことがある。

そういうのを見た親は果たしてどう選択したらいいのか?
自分が産むと決めて上で産んで、手塩にかけて育ててきた子が
自分の死を望んだとしたらどう選択したらいいんだ?

俺は親になったことなどないから究極的には分からない。
しかし自分の生死の選択より重くなる命だと認識しているに違いない。

571 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:19:42.95 ID:pQ81gndF0
>>568
『した走った』w
よく見つけたな!
読む気すら起きんからスルーしてたw
算数だけじゃないようだな。

572 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:22:05.51 ID:h2MW9tY50
>>570
その設定は無理が有り過ぎるだろ。

573 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:24:15.67 ID:pQ81gndF0
>>570
>俺は両親に泣き叫んで「殺してください!」って懇願したことがある。

>そういうのを見た親は果たしてどう選択したらいいのか?
>自分が産むと決めて上で産んで、手塩にかけて育ててきた子が
>自分の死を望んだとしたらどう選択したらいいんだ?

自分の生死まで他力本願か。
救いようがないな。
お前は親に人殺しを要求したんだよ。
自分で出来ないからと。


574 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:29:10.38 ID:pQ81gndF0
追加

>>570
>しかし自分の生死の選択より重くなる命だと認識しているに違いない。

自分の生死の選択が出来なかった人間の台詞ではないな。
しかもそれを認識しているに違いないと知っていながら親に要求。

これ、最初から死ぬ気ないだろw

575 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:30:28.47 ID:YxD8brVn0
>>572
別に設定などではないんだが、それこそ証明のしようがないだろう。

そして設定だったとしてもそういう場合もありうると分かるだろう。
自殺志願者を子に持つ親など数万単位でいるんだから。

仮に今回の事件の犠牲者が自分で物も言えない状態だったとしてもどうなる?

何であれ一つの考え方を提供できたつもりだ。何かの足しになると嬉しい。

576 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:35:21.29 ID:YxD8brVn0
>>574
>しかし自分の生死の選択より重くなる命だと認識しているに違いない。
主語を欠いたのは俺のミスだな。その前の一文で予想できると思ったんだが。

正確には「親が」自分の生死の選択より重くなる命だと認識しているに違いない。

577 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:37:25.70 ID:YxD8brVn0
>>575
悪い。数万単位まで言ってるかは分からないな。
自殺者3万人が皆子供ってわけじゃないし。

578 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:42:04.40 ID:pQ81gndF0
もう死刑の存廃とは関係ないな。
メンヘラ板に行け。

579 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:43:53.79 ID:o5w25M4i0
死ぬ死ぬ詐欺のやり過ぎで親にも構って貰えなくなったから、2ちゃんねるで構って貰ってるんだよね。


580 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:48:35.70 ID:C+QV+ZBg0
>>571
>>568
>>『した走った』w
>>よく見つけたな!
>>読む気すら起きんからスルーしてたw
>>算数だけじゃないようだな。
>>476;Rote
>>小泉は自ら正義のために殺人をした走ったように

正しくは「小泉は自ら正義のために殺人をした、走ったように。」の
父性あふれる「たけし」の表現なだけなのだ。


581 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:49:57.24 ID:pQ81gndF0
>>576
そうかミスだったか
ならレスのやり直し。

>「親が」自分の生死の選択より重くなる命だと認識しているに違いない。


自分の生死の選択が出来なかった人間の台詞ではないな。
しかもそれを認識しているに違いないと知っていながら親に要求。
これ、最初から死ぬ気ないだろw


別に変わらんな。

582 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:53:21.31 ID:C+QV+ZBg0
>>571
>>568
>>『した走った』w
>>よく見つけたな!
>>読む気すら起きんからスルーしてたw
>>算数だけじゃないようだな。
>>476;Rote
>>小泉は自ら正義のために殺人をした走ったように

正しくは「小泉は、自ら正義のために殺人を、然走ったように。」の
若い青年性あふれる「たけし」の表現なだけなのだ。

583 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 13:57:28.25 ID:YxD8brVn0
とりあえず「故意」という死刑基準に匹敵する犯罪のケースが上がったから
被害者や殺害者の心理について言及したまでだが。

とりあえず「設定」とか云々言ってるうちじゃまだまだだ。
未来の事は分からない。相手の気持ちや考え方は100%は分からない。
そういう時にすべきなのは「設定」じゃなく「想定」だ。
こっちが勝手に「設ける」もんじゃないんだよ。相手を「想う」んだよ。
「想う」ってのは相手がいて初めて成り立つ言葉だ。少なくとも「相」って字が入ってるんだし。

殺人犯は被害者のことを「想って」なかったんだよ。
でも相手を「想えて」ないのは俺たちだって同じはずだ。
100%「想えて」たら誰も人から傷つけられたり、人を傷つけたりするはないはずなんだから。
自分を「想い」、相手を「想う」。それに終わりはない。

少なくとも俺は先の事があったから、「想う」という点でまだまだ未熟なわけだが。

584 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:04:26.01 ID:pQ81gndF0
>>583
>100%「想えて」たら誰も人から傷つけられたり、人を傷つけたりするはないはずなんだから。
>自分を「想い」、相手を「想う」。それに終わりはない。


これみたら遺族はどう思うだろうな。
廃止派は本当にクズだと思うよ。
遺族や被害者に対する想いすらないのに加害者にだけは想いを異常な位に抱いているんだからな。

585 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:11:33.32 ID:ss4NfStT0
123

586 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:14:07.07 ID:YxD8brVn0
>>581
この辺はとことん付き合ってやる。

自殺志願者が自分の命の選択を他人に委ねるってことは選択が重すぎて自分で判断できないからだ。
そしてその選択を親が渋るということは親が自分の生死も一緒に関わってくるからだ。
相手が選択を委ねてきたからって、故意で人を殺せば死刑になる可能性が発生するからな。

そしてこのケースでは、子が自分で求めたかまでは分からないにせよ、いやむしろ自分から求めていなかったらなおさら
親は自分の命より子供の命を重んじたんだと思う。


命ってのは幸せに生きてこそ価値がある。
苦しんでいる者を生かし続けるのはその人の命の価値を貶める行為になる。
命の価値が本人にとってマイナスにしかなっていないならせめて殺してあげた方がましだ。
でもこれからプラスになるかもしれない命を、ましてやそのつもりで産んだはずの命を
奪うってのは完全な自己矛盾だ。

生死の選択も他の選択で見られるように、時として両方マイナスにしかならないことがあるとも取れるな。

587 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:22:44.28 ID:pQ81gndF0
>>586
>自殺志願者が自分の命の選択を他人に委ねるってことは選択が重すぎて自分で判断できないからだ。

自分で選べないならすでに自殺じゃないな。

>そしてその選択を親が渋るということは親が自分の生死も一緒に関わってくるからだ。
>相手が選択を委ねてきたからって、故意で人を殺せば死刑になる可能性が発生するからな。

もう無理矢理死刑をからめるのは止めてくれないかね。
関係あるなら死刑になった実例は?

588 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:27:35.71 ID:YxD8brVn0
>>584
だから遺族の全てが殺人犯を死刑にしたいと思ってるわけじゃないことも想定しろよ。
判決出るまで死刑にしろって訴えてたとしても、執行されるまでずっとそう思ってるとは限らない。
複雑な気持ちになってる遺族の話は聞いたことがないのか?

今の制度じゃ遺族が求刑の内容が選べないんだろう?
軽くしてあげて更正の可能性を信じたいって人がいるかもしれん。
そういう遺族の気持ちは反映されてないんだよ。

しかも判決が出た後に遺族の気が変わっても恩赦できない。
そういう場合を「想定」してるのか?

想定ってのは誰もが死ぬまでやり続けないといけないことだ。
それは遺族だって死刑囚だって、犯罪前だって判決後だって変わらない。

589 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:39:13.89 ID:pQ81gndF0
>>588
話を反らすなよ。
お前が『被害者が殺されたのは被害者の想いが足りないから』とも受けとれる発言をしたから反論しただけだろ。
お前にその気は無くもそう受け止める人間がいると言う事だ。
お前に問うが『100%「想えて」たら誰も人から傷つけられたり、人を傷つけたりするはないはずなんだから。』の発言を凶悪犯罪に巻き込まれた被害者遺族に直接言えるのか?

590 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:41:28.04 ID:YxD8brVn0
>>587
自殺「志願」者だ。よく読んでくれ。
まあそういう意味では自殺志願者じゃなくて、「自死」志願者とでも言った方がいいのか。
要は自分が死にたいと思ってる人のことだ。

確かに今回のケースは情状酌量と判断されてるわけだし、
俺も似たようなケースがこの先起きてもそうそう死刑になどしないと思ってるから、
存廃問題には今のところ関わらないと思う。

俺が自分なりに想定してみたこの親子の心理を説明しただけだ。

話を脱線させたのは悪かった。
しかし死刑が適用されてない事例をいちいち挙げてきたのは俺じゃない。


591 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:47:07.74 ID:J/ZORY7o0
129 名前: 多摩っこ 投稿日: 2011/09/04(日) 06:41:26 ID:XwyoEFXA [ 08s0Rh5.proxyag017.docomo.ne.jp
夜勤明けのオイラ。
さっき福生駅前の公衆電話ボックスの電話の上に茶封筒があってサイズはA4かなぁ?
持ち帰って中身をみたら、80円の切手のシートが
50枚、収入印紙200円がシートで2枚。
一年位あたためてから、売るかな。多分酔っ払いの置き忘れだな。

166 名前: 多摩っこ 投稿日: 2011/09/04(日) 13:52:24 ID:pSMpkDKw
>>129
80円の切手のシートが50枚
 80×50×100(1シート)= 400,000円
収入印紙200円がシートで2枚
 200×2×100(1シート)= 40,000円
合計44万円・・・・
普通なら警察に届ける額だと思うが
http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/tama/1314513974/129-

592 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 14:58:33.57 ID:YxD8brVn0
>>589
誤解を生んだのかもしれないが、「想う」ってのは相手を善とすることだけじゃない。
相手を悪と捉えるのも「想う」だ。

遺族が犯罪者を悪という感情はむしろ必要なことだ。
犯罪者は悪→犯罪は悪、ってつながるからな。

でも「罪を憎みて人を憎まず」って言葉も知っているだろう。
犯罪を悪だとする考えを広めるために犯罪者を憎む気持ちは必要だが、
刑罰を決定されてもはや再犯しようもない囚人に憎しみを持ち続けるのは遺族にとってよくない。

遺族に減刑の権利を与えるだけならなんら問題ないはずだ。
死刑囚は遺族の判断で終身刑に切り替えることが可能とする。

俺は廃止派、存置派などということに囚われるつもりはない。
20代のうちから囚われてしまうのはもったいないだろう。

593 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:15:24.26 ID:7hPphhfu0
>>592
> 遺族に減刑の権利を与えるだけならなんら問題ないはずだ。

遺族の居ない被害者や親族間殺人は?

594 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:20:12.46 ID:YxD8brVn0
そういう意味では死刑の期日を守ってない政府の怠慢こそ一番の悪だ。
遺族の気持ちも死刑囚の気持ちも逆撫でしている。

期日を遅らせる権利は遺族にあるべきだ。遺族がいない場合は仕方ないが。
遺族には自由に死刑囚に面会する権利も与える。
減刑にするかしないかの判断基準にするもよし、しないもよし、
遺族に与えられた権利だから自分のために使えばいい。

595 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:23:51.31 ID:pQ81gndF0
>>592
つまらん言い訳だな。
お前はすでに何度も被害者遺族に対して失礼な発言を繰り返している。
何度も繰り返しながらも止めないのはそれこそ想いが足りないからだ。
言えるか言えないかの質問で答えも書かずに長文で別な事を書くなよ。

596 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:25:38.36 ID:YxD8brVn0
>>593
その場合は社会の代表者が住民の意見を基に判断する。
できれば遺族がいても遺族は社会全体に問いかけてその総意に基づいて決めるのがいい。

今だって法務大臣一人じゃ決められない問題だから違法状態になっている。
執行時期の延期を決める法改正を行った方が、むしろスムーズにいくはずだ。

597 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:31:32.96 ID:pQ81gndF0
>>594
>遺族には自由に死刑囚に面会する権利も与える。
>減刑にするかしないかの判断基準にするもよし、しないもよし、
>遺族に与えられた権利だから自分のために使えばいい。

減刑だけ認めるのは差別だからせめて死刑存置でいいよな。
死刑以外で減刑されたら再犯が怖いし。

598 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:34:01.06 ID:YxD8brVn0
>>595
俺は囚人の教育・治療を受ける権利と遺族の減刑の権利の両方を主張してきたつもりだが。
少なくとも囚人に直接減刑の選択権を与えていないのでなんら問題とならないと思うのだが。
権利を認めることが失礼な発言になるのかね?

599 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:37:39.63 ID:YxD8brVn0
>>597
そりゃそうだ。だから次点の終身刑も共存させる必要性を唱えている。
俺は昔は無期懲役は死ぬまでという誤解をしてたから、
それを理解した今、終身刑は絶対必要だと思う。

600 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:42:27.68 ID:pQ81gndF0
>>599
じゃ、お前は死刑存置の上で終身刑でOKだな。
仕事の時間なので後で確認するぞ。

601 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:48:32.90 ID:pQ81gndF0
あ、いい忘れたが俺も遺族が死刑から終身刑を望むのはOKだ。
ただし、反省が無い場合に刑の確定後に態度を翻し、遺族を傷付けるかも知れないから遺族の意思でいつでも死刑に出来るくらいの権利も必要だがな。
その上で廃止派が終身刑の費用を負担なら許す。
要は終身刑に減刑ではなく遺族に死刑執行の猶予の権利を与えるというものだが。

602 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:49:34.31 ID:YxD8brVn0
>>600
現在の凶悪犯罪が今後続く限りは死刑は必要。
いわゆる「凶悪」犯罪がなくなれば死刑は形骸化。
いずれにせよ再犯を防ぐのに終身刑は半永久的に必要。

大分自分の中で整理されてきた感がある。
でもこれができるのも誰もが現行制度に問題があると考えているからだな。

603 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:52:21.24 ID:0ZOfsrhj0
俺はとにかく犯罪者が社会に出てこなければそれでいいから死刑にも終身刑にも賛成だが
その二つを両立させ、遺族に判断をゆだねるのには反対だな

ただでさえ辛い時に人の生き死にをゆだねるのは残酷だろう
誰に対する刑だか分からん

604 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 15:58:25.50 ID:YxD8brVn0
>>601
刑法って法改正後は刑罰の軽い方になるんでしょ。
だったら減刑は認めても増刑は認められなんじゃないかな。
判断に迷ったらとりあえず重くしとけばあとで変えられるし。

>>603
確かに遺族に判断を強要するわけにはいかないか。
自主参加の自主責任にしとくべきだな。

605 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:00:57.90 ID:YxD8brVn0
判決以上の増刑は認めない。
死刑から終身刑への減刑というより死刑施行猶予を認める。

606 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:04:45.26 ID:6hi1KN4MP
>>599
お前は無期という刑がどういう刑で終身刑がどういう刑であるかも知らない。
知ろうともしない、いや、存置論者を嵌められると自惚れて、知らないフリをしているのかも知れないな。
教育なんて事は、更生を促すことを目的とする有期刑であればこそ出来るのであって、社会復帰をする必要がない相手に、一体何の教育をすると言うんだよ。
生涯拘禁する犯罪者に一体何を教える?w
「死刑になるなら反省しない」という奴が実際に居るのに「生涯拘禁なら反省しない」と何故言える?
統失だからって適当なことを幾ら言っても許されるとでも考えているのか?そりゃ正に犯罪者の思考だな殺統失の人幇助予備軍w



607 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:11:39.85 ID:6hi1KN4MP
>>605
>判決以上の増刑は認めない。

何言っているかまともな奴には理解出来んなw
刑の確定後、更に加算された実例なんてあるのか?w

>死刑施行猶予を認める。

一体何のためにw

608 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:35:03.33 ID:YxD8brVn0
>>606
重罪には無期刑というより海外みたいに明らかに寿命以上(100年とか)
の有期刑を認めて更正が見られる度に刑期を減らしていく方がいいと思う。

一方更正の可能性がないと判決が出れば死刑。
ただし判決後から執行前までに更正が認められるようなら先の有期刑に減刑させる。

未然に犯罪を減らすなら教育に力を入れるべき。
そしてそういう教育を実現するには既存の犯罪者を観察するのが効果的なはず。

>>607
>刑の確定後、更に加算された実例なんてあるのか?w
ちゃんと流れで読んで欲しいのだが。前のレスに増刑を認めるような意見があったから否定しただけだ。
法改正して増刑が認められないのに改正しない法の下で増刑が認められるわけがないだろう。

「死刑執行猶予を認めるべき」というのは俺の考えから始まったことじゃない。
本来違法であるはずの死刑執行が延期され続けるのはそういうことが議論になっているからだろう。

609 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:40:13.93 ID:7hPphhfu0
死刑存置厳罰化の個人的主張

人権屋と法曹界が招いた不条理を正すべき。

1 死刑を含む刑罰の厳格適応(絶対的応報刑主義)
2 捜査力強化・冤罪防止(DNA・指紋・顔写真登録)
3 刑法39条・41条の撤廃(社会衛生・保安措置の拡充)
4 検察量刑判断の禁止(最高刑の単純加算制)
5 裁判長選任制(被害者の権利)
6 人権屋・法曹界の粛正・改善後、裁判員制度の見直し

裁判員制度で復讐容認国家になる恐れが有る。
被害者と国民(裁判員)に、これ以上の負担を掛けるべきではない。

処罰は国家が厳格に行うべき。

610 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:43:04.53 ID:7hPphhfu0
>>608
死刑スレに定期的に貼られてた>>609が近いんじゃね?
最高刑の単純加算や裁判長の選任権。

611 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 16:52:59.40 ID:YxD8brVn0
死刑に執行猶予を認めることで死刑囚の更正を図る。
死刑から有期刑への減刑=仮釈放の可能性を認めることでさらなる更正を図る。

以上の減刑のみを自由に認めることで裁判官は判決の際厳罰を選びやすくなる。
予想されるよりも厳しい刑罰をかけられるのを恐れる犯罪者予備軍は犯罪を躊躇する。
結果減刑の自由化が犯罪抑止力につながる。

612 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:00:02.64 ID:YxD8brVn0
犯罪を犯す前から自らの減刑=更正を考える者は犯罪する前に更正する。

613 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:31:04.72 ID:YxD8brVn0
全ての刑罰に更正による減刑を認めることで、判決の際、「更正の可能性」を基準にする必要がなくなる。
判決が決まってから更正する度に減刑をすればよい。
裁判の迅速化にもつながる。

死刑に減刑(執行猶予)が認められない現行制度では死刑基準付近の凶悪犯罪の抑止力にならない。

614 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:36:26.27 ID:7hPphhfu0
>>613
反日人権死刑廃止派のアホコテだなw
なり棲まし工作活動潰されてコテ捨てたのか?w

615 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:41:53.05 ID:2etv5X0J0
>>613
じゃあ早く法改正してくれ。
更生すれば釈放してくれるなら喜んでお前を殺しに行くからww

616 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:46:40.40 ID:mgLDXIcu0
>>614
そのお馴染みのNGワードをお前が向けた相手は死刑は已む無しとユーフラテスだったはずだが
613がそいつらだと思うの?

617 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:47:54.68 ID:YxD8brVn0
>>614
この制度ならむしろ死刑を廃止すべきではない。
極端な話、過失で人に負傷を与えた位の人でも死刑と判決してもよい。
本当に過失の者なら死にもの狂いで謝罪するだろうし、
その更正程度如何によって短期で釈放されることになる。

現行制度は死刑に減刑を認めていないからこそ社会から死刑を訴えられているのに
裁判所が即決できなかったり、軽い罰の判決を下してしまう。
予想より軽い罰で済んでしまうという事実を根拠として凶悪犯罪を企画する者が増えていく。

618 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:49:41.11 ID:2etv5X0J0
>>613
つうかお前執行猶予の意味知ってるのかw
まさか拘禁状態が執行猶予だなどと寝言ほざくんじゃないだろうな?w
精神障害者ってのは全く何言い出すか解らんなw自殺した方がお前自身のためだったんじゃないのか?w


619 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:51:37.84 ID:gplXr/SF0
>>586
>命は幸せに生きてこそ価値がある。
↑自分で掴み、感じるもので他者から与えてもらう類のものでもないぞ。

俺はこれは語弊があるが本音で喋ると、まあ精神疾患は治る可能性があるが、
重度の知的障害者は自立出来ないため幸せになる可能性はゼロと思う。
またこの類の先を悲観しての子殺しは一切無罪にすべきだと思うよ。

あと、被害者遺族が死刑を望まない人もいるとか言ってるけど
俺がいろんな文献を見るかぎり、死刑に疑問を持ち悩む家族もいるが
最終的には死刑が良いという判断になる。また個別では大阪・岐阜の
連続リンチ殺人の中の1人の被害者遺族の家族の一人が死刑は望まない
ことを暗に示しているが、同じ家族の中でも他の人は絶対に死刑にしてくれ
と言っている。俺が本とかで調べる限りこの人だけだ。

あと終身刑は残酷だぞ。今は無期でも仮釈なしの30年だ。それでもそこそこの
キチガイがでている。

620 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 17:52:13.98 ID:2etv5X0J0
>>617
おい、早くお前を殺す権利を俺にくれよww
とっととしろやウスラグズ。

621 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:02:29.91 ID:YxD8brVn0
>>618
生きることに希望を持ってる人間ならその希望に比例して更正するので短期の拘束で済む。
生きることに執着しないで凶悪犯罪を起こしてしまう者は
元々どんな刑罰を以てしても犯行を止められなかったはずだ。

当然拘束期間中は教育と共に治療も行う。

622 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:08:33.08 ID:YxD8brVn0
>>620
犯罪の計画性や残忍性が高ければ、判決後の更正認定基準が
厳しくなりあなたが死刑になるリスクが高くなるがそれでも良いか?

623 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:19:29.18 ID:2etv5X0J0
>>622
過去の判例を熟読してから判決そのものが一番緩くなる手順を選択して殺してやるから、下らない心配してないで早くしろw
どうせ一度死のうと思ったんだろ、その貴重な機会が後に来た来たと思えばどうってことあるまい。早くしろww

624 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:27:12.04 ID:YxD8brVn0
>>623
こうやってネット上で俺と会話してるだけであなたの計画性が立証される可能性も高くなるがそれはいいのか?

625 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:30:38.43 ID:mgLDXIcu0
>>624
横槍だが、お前が相手を挑発した場合には、お前一人を計画的に殺したとしても
よほど残虐な方法で殺害でもしない限りは死刑適用はされないと思うが。

626 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:32:26.52 ID:2etv5X0J0
>>624
構わんぜ。
今のところ計画性なんてものを立証なんてしようもないのだからなw
立証したけりゃ早くしろwwお前が早くお前を殺す権利を与えてくれなけりゃ、俺が何も出来ないだろww

627 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:43:00.99 ID:2etv5X0J0
>>624
オイ、早くしろw
お前みたいに何でもかんでも更生前提でものを考えるウスラバカを信用させるなんてのはチョロいんだよwとっとと行動しろやww

628 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 18:48:19.16 ID:2etv5X0J0
>>624
何やってんだウスラバカ!早くしろ!

629 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 19:19:01.53 ID:2etv5X0J0
>>625
オイオイ
お前、俺のの生のために自分の命が義弟になっても良い、という覚悟すらないで今まで廃止廃止言ってたのかよ。
お前を殺す事が俺の生の糧になるのだからお前にとってはこの上なく本望なはずだろうが。何やってやがる!早くお前を殺す権利を俺によこせ!

630 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 19:19:41.52 ID:2etv5X0J0
義弟→犠牲

631 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 19:31:34.31 ID:cQeN62Hy0
殺人者と一般人の生きることの意味が違う

殺人者はたいがい生きる希望がないから殺人に走る
また宅間のように死刑になることが目的で大量に人殺しをした奴もいる
オウムのように死ぬことが神に繋がる道だとかアホなことを言う宗教もある
小泉は自分の正義のために殺人に走ったわけ

そのような精神の問題になると
死刑にされる=命をもって償え,という脅しが聞かなくなるんだよ
だから最終的には教育系・終身刑なんですよ

ようするに生きる死ぬの問題では答えられない部分、刑罰できない部分があるんだよ


632 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 19:34:03.05 ID:S+n5Ao3p0
死刑大賛成

http://www.digicafe.jp/diary/3753077

633 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 19:34:06.81 ID:jmxJhh2h0
凶悪犯を観察とか教育とかアホ臭すぎ。
DNAが原因なんだからそんなもん考えるだけ無駄。

634 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:03:17.11 ID:cQeN62Hy0
報復からは何も生まれない

最高刑が死刑であるため被害者遺族は復讐という感情にドンドン身を委ねていってしまう

それは被害者遺族の心も傷つけていくということ

そのような法律はなくすべきである


635 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:05:44.26 ID:YxD8brVn0
>>633
DNA一緒の一卵双生児は同一人物ってか。
そりゃ見分けがつかない双子も結構いるが、性格違うとかあるだろう。

観察や教育は社会のためになるかで判断するんだよ。
6か月に以内にこいつは観察しても教育しても得られるものがないと判断したら
期日通りに死刑執行すればいいだけだ。

選択権は常に社会が持つんだ。
あなたが益なしと判断したらそれを周り広めて期日を守らせればいい。

636 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:06:12.44 ID:gplXr/SF0
>>631
宅間をモデルに終身刑にした場合のシュミレーションを頼む。
最良の場合と、最悪の場合で。

637 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:14:23.49 ID:gplXr/SF0
>>635
おいおい、君、君

>観察や教育は社会のためになるかで判断するんだよ。
>6か月に以内にこいつは観察しても教育しても得られるものがないと判断したら
>期日通りに死刑執行すればいいだけだ。

↑こんなこと書いたら君が言っていた終身刑とかもう無意味だろ
ちょっとケースバイケースが酷過ぎるよ。
もう君は消極的存置派になってるよ。もうちょっと積極性が欲しいが。


638 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:18:09.98 ID:tZd+6Fek0
ID:YxD8brVn0 の限界は、自分の想像を超える人間は存在しないと妄想するところ。
まあ学校の仲良しグループでキャッキャやってるのが精一杯の世間知らずの坊やorねんねみたいだから、仕方が無いのかな。
こういうお子様は、ママのおっぱいを吸って生きているわけだから、リスクなんかこれっぽっちも考えないで生きていけるしね、気楽に無責任なことが言える御大層な立場なのさw


639 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:33:17.91 ID:jmxJhh2h0
>>635
同一人物に決まってるだろうが。性格も同じなんだよ。
一見違うように見えるだけだ。

今の日本で生きてりゃ殺戮訓練でも受けなけりゃ人など殺さないんだよ。
苛められたとか金が無いとか言うちんけな理由で人が殺せるのは
正に遺伝子の成せる悪戯だな。
双子の片方が殺人犯して片方が犯さなかった場合後者にバイアスがかかり
殺さずに済んだと考えられるから用済みの前者は処分して後者のみ観察していれば良い。
よって死刑で全く問題ない。

640 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:38:56.35 ID:YxD8brVn0
>>637
確かに前に終身刑について書いたな。
ただ終身刑というより寿命を超える有期刑とした方がいいような気がしてきたのでさっきもそう書いた。

囚人が生きることに社会が価値を見い出せてるうちは死刑執行を猶予する。
囚人を殺すよりこのまま死ぬまで生かした方がいいと判断したら100年位の有期刑にする。
あとは更正の具合によって刑期を短くするかどうかをその都度判断する。

囚人が健康体なら働かせてみればいい。自分や社会のためを思うなら汗水流して労働に励むだろう。
働いてない俺が言うことではないかもしれんが。



641 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:48:15.43 ID:jmxJhh2h0
あと更生が如何の言ってる奴、存置派は凶悪殺人犯と同じ殺人を犯している
と言うなら同じように隔離して更生させる必要があるよな。
そんなことしたら国民の8割が施設行きになり国が滅ぶ。
更生させるなど間違いだったと言う事だ。

642 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:49:15.63 ID:TAxfpu9Y0
>461

存置派の妄想がとうとうここまで・・・・(´・ω・`)

643 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:52:56.40 ID:tZd+6Fek0
>>640
どうして自分が他人の更生具合を正確に見極められると付け上がれるのか、そこが謎だね。
都度判断なんて脳天気な事言ってる馬鹿は、狡猾な犯罪者にたらし込まれて終わりさ。
君みたいに性善説を盲目的に信じるタイプは一番虚仮にしやすいんだよ。自殺寸前になった前後の経験も全く生かせない馬鹿みたいだしねw

644 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:54:26.76 ID:gplXr/SF0
>>639
確かに北九州の北村一家は親子全員死刑囚になるかも知れない凶暴な家族
だよな。あの異常な凶悪性、暴力の依存度はDNAのなせる技としか考え
られない。


645 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 20:55:54.05 ID:YxD8brVn0
>存置派は凶悪殺人犯と同じ殺人を犯している
とまでは言った覚えはないんだが。

まあ存置派全員を隔離して更生させるとしても、これまで挙げたように
更生が教育、労働、治療することを表すなら、単に学校や会社や病院に行けばいいだけだ。
隔離したら問題はあるが、更生させるなとはならない。

646 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:00:57.94 ID:YxD8brVn0
>>643
>狡猾な犯罪者
これが健康体なら労働を課してみればいい。
ノルマを果たす毎に減刑にする。
とりあえず社会の役に立つんじゃないかな。
凶悪犯が再犯目指そうと思ったら相当働くだろうし。

647 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:03:23.62 ID:cQeN62Hy0
>>633
殺人に走るかどうかはDNAじゃなく親・教育・環境・社会だ
報復の殺しを肯定してる社会も無数理糸で連鎖的に殺人犯を作り出している



648 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:12:14.13 ID:tZd+6Fek0
>>646
だから君は馬鹿だって言うんだよ。
労働機会を優先して割り当てられるべきは犯罪者じゃないよ、一般国民だ。
好き勝手に人を殺した獣を無罪放免にするために、真面目に身の丈で生活している一般人がしわ寄せを受けなければならない道理はないよ。

649 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:15:17.05 ID:YxD8brVn0
>>644
確かにDNAが影響を与えてるのは十分想定される。ただ家庭環境というのは外せない。

先日、「いのちドラマチック」という番組を見たんだが、
人間に対して警戒心の強い野生のキツネを一定数捕まえてきて飼育する。
それをたった数世代繁殖と飼育を繰り返していると犬みたいに人間に懐くキツネが現れ始めたそうだ。

DNAの多様性は突然変異で生まれるとして、突然変異ってのは万から億単位世代で一匹起こる程度だ。
それで今提唱されている仮説は、「同じ遺伝子でも働く順番が変わると形質や性格に大きな影響が出る」というものだ。
遺伝子の働く順番を決めるのはおそらく環境因子だ。

650 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:21:47.54 ID:YxD8brVn0
>>648
囚人が一般国民より低賃金でよく働くならそっちに労働機会回した方がよくないか?
稼いだ分を働けない人の生活費に当てればいいと思うんだが。
一般国民より役に立たないような凶悪犯は死刑でいいじゃん。
狡猾で頭が回る奴なら知的作業もできるだろう。

651 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:29:13.49 ID:mgLDXIcu0
>>629
ちっとお前落ち着けや

652 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:48:00.24 ID:f80NIF+w0
>>631
そのわりには、皆さん死刑を逃れるために大変な努力を繰り返してましたね。

653 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 21:54:07.51 ID:YxD8brVn0
死刑存置にするにも法律変えないとね。
期日守らないんじゃ国民にも死刑囚にも失礼だ。
それとも死刑囚を自分がいつ殺されるか分からない状況に置かせて犠牲者の疑似体験させてんだろうか?
そうするにしても違法状態を看過したら犯罪者と同罪だ。

654 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:03:34.85 ID:0ZOfsrhj0
>>650
だがそうなるとその低賃金で働けない人と働いている囚人自身を養わないといけない訳で
人一人が生活するのにも金がかかるのに低賃金で2人(?)も面倒見切れんだろう

そして使われる国民の血税ということになってしまう

655 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:22:05.78 ID:gplXr/SF0
>>650
ノルマで減刑をチラつかせるのはシベリア抑留と変わんないぞw
アカの発想だぞ。
君は減刑しなくても罪を償わせるんじゃなかったのかい?

>一般国民より役に立たないような凶悪犯は死刑でいいじゃん。
↑?
君は教育は受ける側にもやる気がいると気づいた。更生しないバカは
死刑になっても仕方ないと受け取ってOK?

656 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:33:13.31 ID:YxD8brVn0
>>654
平均的な年収を300万、出費も300万とする。
囚人が死んだら単に一般人がプラスマイナス0。
囚人を生かすとしたら二人分で出費600万を囚人が稼げればとんとん。
とりあえず人の倍稼げるならいい。

でも実際は囚人は刑務所で平均的な人より贅沢できないから出費も小さいのでは?
囚人の生活維持費が100万で済むなら400万稼げればいい。

いっそ殺した人数だけ養わせるようにしたらどうだろう?
一人殺したなら一人養う、二人なら二人。
犠牲者がどれ位稼げる人間だったかも考慮してみるのもいいかも。

まあ単純に命をお金で置き換えられるならそれで済むね。
後は犯罪の捜査にかかる費用とか裁判費用とかも考慮してみるとか。

社会を混乱させた事と殺人犯が生きてる事への不満とかの損失はどれ位になるのだろう?

このやり方は稼げる人間ほど有利な仕組みだから、
働けない人のセーフティーネットとかもちゃんと整備しとかないとね。

657 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:41:25.95 ID:YxD8brVn0
>>655
治療とかが必要な場合はやはり今同様死刑は適用しない方がいいね。
教育と治療ってほとんど似ていると思われる。
それが必要な人がいたのに凶悪犯罪起こすまで放置していたのは社会にも責任がある。
たとえ更生がうまくいかなくても最期まで社会が面倒見る必要がある。

658 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:44:17.95 ID:mgLDXIcu0
>>656
君は金を稼ぐという事が分かっていない。
働かせれば金が稼げるというものでは無い。
どんなに働こうが、社会全体の稼ぎは急に変わるもんじゃない。それを全員で分配するのが経済だ。

囚人に働かせるという事は、社会全体の限られた食い扶持を凶悪殺人鬼にも分け与えるという事。

今の世の中ではワーキングプアが問題になっている。
働かずに金を得る人間が増えてきたが為に、働いても収入を得られない人間が増えている。
障害者などは働いても給料を貰えないどころか料金払って働かせてもらうような制度だってあったくらいだ。
凶悪殺人を犯して反省しないような危険な囚人を働かせることにどれだけのコストがかかるか分かったもんじゃない。

世間知らずも程々にして貰おうか。

659 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:51:52.27 ID:YxD8brVn0
>>658
犯罪者が一人殺してしまったら別の養うことができずに死ぬはずだった一人の命を救えば許せると言えないか。
どちらの人間も自分には生きる選択ができなかったんだから。

660 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:54:54.20 ID:mgLDXIcu0
>>659
本当に・・・・・腹に据えかねる奴だなお前は。

661 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 22:57:20.54 ID:mgLDXIcu0
>>659
お前は自分が殺されそうにならないと殺された無辜の人間の気持ちは一生分からないだろうな。
だからお前ら廃止派なんぞに冤罪被害者の気持ちを語って欲しくない。吐き気がする。

662 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:05:16.48 ID:gplXr/SF0
>>660
彼に経済を説いても無理w。分配の意味とかも分らんよ。

が、確かに刑務所もだんだん仕事は減ってきてるらしい。刑務官が必死に
企業に営業しているらしい。

663 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:10:40.93 ID:gplXr/SF0
>>659
無茶苦茶じゃねえかwww。
君はあれだ人格が2つ以上あるな。


664 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:20:33.94 ID:7hPphhfu0
反日人権死刑廃止派と発覚して逃走したと思ったら、
今度は統合失調症の基地外に変身して工作活動

どんだけ必死なんだw

665 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:28:14.91 ID:YxD8brVn0
俺はもはや廃止派ではなくなってるな。
存置派と廃止派って想定してる条件が違い過ぎて議論にならないのかもしれない。
存置派の中で死刑の適用条件とかもっと話し合った方がよっぽど有意義な気がする。
視野が狭くならないようにするのに相手の意見聞く位にして
たまにそれぞれの派閥でまとめた意見をぶつける位でちょうどいいのかも。

廃止派はあまり顔を出さないし、とりあえず存置派は存置のもとでの適用条件をもっと語るべきではないか?

666 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:29:22.75 ID:mgLDXIcu0
>>664
お前はそれさえ言い出さなければ存置派としてはそう問題ないんだけどな。残念だ。

667 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:34:01.84 ID:FhTOTlpa0
ホントにすごい書きこみがバンバン来てますね。
>たとえ更生がうまくいかなくても最期まで社会が面倒見る必要がある。
これは社会が責任をとって凶悪犯をあの世に送るということですか?
それはそうですよね!ただえさえ身内を失った哀しみに暮れているのに
そんな遺族の手を煩わせる必要はありませんよね。
大体、身勝手に殺人を犯してその場から逃げた奴は「知らなかった」
「教わっていない」なんて言わせない。
そう、社会はそんな輩から善良な市民を守る義務がある。トボケテ逃げようとする
卑怯者から。

668 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:34:16.63 ID:qk61bVcJ0
>>664
精神病に患ってる人をしいたげてる時点で
おまえは死刑囚と思考が変わらないよ
2ch上でもそれでは信用されないね

669 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:43:18.64 ID:bbJOUrAv0
>>668
精神病に患ってる人を装ってる時点で
おまえは死刑囚と思考が変わらないよ
2ch上でもそれでは信用されないね


670 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:44:37.66 ID:YxD8brVn0
今終身刑というものを設定したら該当する犯罪者はどれ位になるんだろう?

671 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:48:15.09 ID:mgLDXIcu0
>>668
>精神病に患ってる人をしいたげてる時点で

それをやってんのはID:YxD8brVn0だがな。

672 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/04(日) 23:50:21.83 ID:FhTOTlpa0
確かにかなりキツイ表現といか、書き込みですね。
でも・・なんだか少し解るような気がします。
頭にきているのですよ。「更生」「教育」「減刑」「やった奴より社会が悪い」
何の落ち度もないのに運悪く凶悪殺人犯に命を奪われた人のことは全く脇に置いといて
みたいな書き込みに。

673 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 00:03:50.30 ID:6CEFm/ob0
>>672
犠牲者を無視するのはいけないし、そうしないようにしているつもりなんだが、
多分あなたが思うように聞こえるのは俺が「犯罪者」に主眼をおいているからだろう。

でもそもそも犯罪は犯罪者が起こすのであって犯罪を語る上で一番注目すべき存在だろう。

犯罪者であっても更生や教育できるならすべきだし、
他の刑罰には判決後に減刑をできる制度があるのに一番上の死刑には認められていないのが疑問だし、
やった奴も犯罪が起こる社会もどっちも悪いのだから両方どうにかすべきだ。

それらの問題は犠牲者抜きには語れないから合わせて犠牲者を配慮する方法も提案しているつもりだったんだが、
通じていなかったのだろうか。

674 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

675 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 02:12:04.60 ID:MzJ8H3jTP
>>673
更生できるなら、などどと言っている、神眼を持っているわけでもないお前のような甘ちゃんは、例え更生していなくても更生したと必ず誤認する。
犯罪者であり、その者が更生したかどうか誰にも解らない以上、受容可能な再犯リスクを受容しつつ、一定のリスク以上は発現した時点で「足切り」するのが社会として最も好ましい。

社会に在りもしない完璧を求めるのはお前が精神異常者だからだろ?実際精神異常者だと医者からお墨付きを貰えたみたいだしなw







676 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 02:23:14.74 ID:Dk266Yaw0
簡単な話だ。

社会は暴力を解決の手段に使用してはいけない、ってこった。
その痛みを十分に知ったからこそ、戦争を放棄した。

死刑も例外ではない。
暴力を用いて問題の解決を図ろうとする社会で、倫理や健全な精神が育つハズが無い。
悲惨な事件や犯罪を無くす社会を求めるなら、改善すべき価値観がある。
「自分さえ良ければいい」「自分達さえ良ければいい」的な価値観や、
罰と称しての暴力や殺人行為などを正当化する価値観や、
経済至上主義的な発想や価値観なども、改善するべきだろう。

本当に人間らしい、温かい幸せを実感できる社会を求めるなら、意識の改革が必要な時期に来てるんだ。

677 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 02:49:32.06 ID:InNI6GXB0
>>656
>囚人の生活維持費が100万で済むなら400万稼げればいい。
>いっそ殺した人数だけ養わせるようにしたらどうだろう?
>一人殺したなら一人養う、二人なら二人。


まず働け。
400万の金を稼ぐのがどれだけ大変か学べ。
400万の手取りがいくらで、実際に生活したらどれくらいの金が必要かも身を持って学べ。



678 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 02:58:40.45 ID:InNI6GXB0
>>676
>社会は暴力を解決の手段に使用してはいけない、ってこった。
>その痛みを十分に知ったからこそ、戦争を放棄した。


なにこれ?
廃止国に対する皮肉か?


679 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 05:14:53.58 ID:V+IvFXJa0
>社会は暴力を解決の手段に使用してはいけない、ってこった。

正当防衛とか緊急避難とか人質事件で射殺とかどうにも出来ないって事か。
みずぽみたいな事言うねこいつ。
俺なんかは逆に最終的に社会が権限を持ちその役割を担うべきとすら考えているが。
社会は毅然とした態度で暴力には暴力で立ち向かわなければ事態を悪化させるだけだ。

680 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 08:41:45.45 ID:6CEFm/ob0
死刑ってのは刑罰の一手段だから、廃止したら選択肢を減らすことになるんだよな。
死刑で死ぬことになる人が生まれるのが嫌というだけなら、適用基準をゆるくすればいいだけってことになる。
廃止派も死刑の廃止を訴えるよりも適用基準の方を議論した方が有意義なのではないか?
適用基準にひっかかる犯罪が生じない限り実質死刑制度は形骸化するわけだし。

確かに指摘の通り、法律があるというだけで社会による人殺しを容認している事実には変わりないが。

681 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 08:50:19.96 ID:6CEFm/ob0
死刑宣告を受け6か月以内に死刑にされることが確定した死刑囚にだって
最期まで更生を求めることは絶対に無駄にはならない。
自分の罪の重さを認識し悔いて甘んじて死刑を受け入れさせるようにした方がお互いにとって有益だ。
死刑を執行する人も本人が受け入れると言ってくれた方が気が楽だと思う。

そっとしておく方が更生しやすい場合もあるだろうが、とにかく更生を追及することは絶対に悪いようにはならない。

682 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:14:36.34 ID:MzJ8H3jTP
死刑になるなら謝罪しない、娑婆に戻れるなら謝罪する、なんて利益誘導を計る奴が現実にいるのだから、死刑囚に更生を求めることが無駄にしかならないのは解りきってるな。
無駄にならない、ってのは単に更生を促す行為自体が、お前のナルシズムを満たすのに役立つから無駄にならないってだけだろうw
つまり、元々お前の中には自分だけがあって、加害者も被害者も居ない糞野郎だって事だよな。
マスターベーションなんてこんなところで公開してやるもんじゃないぜw



683 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:25:08.23 ID:xw2bU7qE0
★死刑執行 法相は職責から逃げるな
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110905/trl11090502560000-n1.htm
野田佳彦内閣の平岡秀夫法相は就任会見で、死刑執行について「国際社会の廃止の流れや、
必要だという国民感情を検討して考えていく。考えている間は当然判断できないと思う」
と語った。当面、執行はしないと述べたに等しい。
だが、刑事訴訟法は死刑確定から6カ月以内に刑を執行することを定めており、「死刑の
執行は法務大臣の命令による」と明記している。
法相に就任してから考えるのでは遅い。職責を全うできないなら、最初から大臣就任の要請
を受けるべきではなかった。
民主党政権の法相は2年の間に千葉景子、柳田稔、仙谷由人(兼任)、江田五月の各氏に続き、
平岡氏で5人目となる。この間に死刑が執行されたのは、千葉氏が法相当時の2人だけだ。
最後の執行以降に16人の死刑が確定しており、死刑囚は過去最多の120人に達している。
退任間際に執行命令にサインした千葉氏は死刑の執行にも立ち会い、「改めて死刑について
根本からの議論が必要と感じた」と語った。
千葉氏は執行後、死刑の存廃も含めた制度の在り方を研究する勉強会を法務省内に設置した。
刑の執行が、勉強会設置のための政治的パフォーマンスに使われたように受け取れた。
在任中に一度も執行しなかった江田氏は7月、「悩ましい状況に悩みながら勉強している最中だ。
悩んでいるときに執行とはならない」と発言した。
平岡法相の就任会見の言葉と酷似している。平岡法相もまた、死刑の執行を見送り続けるのでは
ないかと危惧する理由だ。
国民参加の裁判員裁判でも8件の死刑判決が言い渡され、すでに2件で確定している。
抽選で審理に加わり、死刑判決を決断した裁判員らは、究極の判断に迷いに迷い、
眠れぬ夜を過ごした苦しい日々と胸の内を、判決後の会見などで語ってきた。
国民に重い負担を強いて、その結論に法務の最高責任者が応えられない現状は、どう
説明がつくのだろうか。
法相の勝手で死刑が執行されないことは、法や制度そのものの否定だ。裁判員の努力
に対する愚弄だといわれても仕方あるまい。
刑は粛々と執行されるべきものだ。法相はその職責から逃げてはならない。


684 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:30:39.61 ID:6CEFm/ob0
>>682
死刑が確定している死刑囚に更生を促すのの何が悪い。
利益誘導をする奴が大部分を占めていたって全員がそうであるわけではない。
自分の罪の重さを自覚すれば死刑も納得して受け入れられる。これは死刑囚のメリットだ。

そしてあなたは死刑執行人の心理を想定しているのか?
死刑執行は誰かがやらないといけないこと何だぞ?
死刑囚が自ら受け入れると言ってくれた方が執行人も気が楽だと考えられないのか?
反省しない死刑囚を憎む気持ちで執行人が死刑執行に気を紛らわせることになったとしても
そんな一時的な負の感情では、執行人の自分が殺したという自責の念を晴らすことなどできないはずだ。

あなたがそれに悩むことがないというのなら、あなた自身が執行人の職に就くべきだ。

685 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:32:17.17 ID:tHWO2+CH0
>>659
人を殺してはいけないなんて言ってる奴が「あっち養うからこっち殺していい?」なんてよく言えるな。
お前の理屈で行くと、他人の生きるという選択肢を奪った人間は生きるという選択肢を構わないんだよ。

686 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:35:55.19 ID:6CEFm/ob0
>>685
>あっち養うからこっち殺していい?
逆だろう。「こっちを殺してしまったけどあっちを養うことで許してくれますか?」だ。
殺人の後の話だろうが。これからの殺人など容認してなどいない。

687 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:38:32.94 ID:xw2bU7qE0
〜長生きしたけりゃ死刑囚に〜 (三食、昼寝、エコ生活)

後期高齢者死刑囚 ご長寿ランキング  2010.11月現在
-------------------------------------------
89歳 石田富蔵(埼玉2女殺)
84   奥西勝(名張毒ブドウ酒)
83   浜田武重(福岡連続保険金)
82   大濱松三(ピアノ騒音)
77   高田和三郎(友人3殺)
76   高橋和利(鶴見事件)
74   袴田巌(味噌一家4人殺放火)

688 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:46:31.38 ID:6CEFm/ob0
大体口先だけの反省や謝罪に過ぎないなどというが、例えば
一日原稿用紙30枚×30日×6か月=原稿用紙5400枚を書くようにさせてみたらどうだ?
もちろん内容も逐一精査される。
あなたは口先程度でそんなことができるのか?

しかも死刑囚になぜ犯行まで至ったかを自己分析させるようにすれば、
新たな犯罪抑制にとって非常に有益な知見が得られるはずだ。

それらに協力しない死刑囚は新たな犯罪を承認するも同じなのだから死刑にすればいいだけだ。

689 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 09:52:37.30 ID:MzJ8H3jTP
>>684
>自分の罪の重さを自覚すれば死刑も納得して受け入れられる。これは死刑囚のメリットだ。

お前みたいな精神障害者が心配しなくとも死刑囚に対する教誨なんてものは行われているわ。
それがメリットかどうか決めるのは死刑囚であってお前じゃねえよ精神障害者。
お前は世の中をどうこう言う前に精神病院の隔離病棟で健常者として更生できるように教育して貰え。
大体数多ある職業に中で刑務官という職業を選んだのは刑務官自身であって、自分の就こうとする職業が死刑の執行を含むものだと知らず就くのは、本人の勉強不足であり自己責任。
ましてやその仕事が自分にとって負担だと感じるのであれば辞退若しくは退職すればよい。お前は日本で職業選択の自由があることも知らないのか?w
結局の所お前は刑務官という仕事を蔑んでいるのだろう?犯罪者に羨望を抱き、刑務官を侮蔑するクズ野郎さお前は。
刑務官の心的負担を口にするなら、遠回しに刑務官への軽蔑を仄めかすのではなく、人の命に携わる者に尊敬を抱き、支えることくらい考えろよクズがが。




690 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:01:32.04 ID:tHWO2+CH0
>>686
物事を自分にとって都合の良い一方通行でしか考えられないキチガイは引っ込んでいた方が良いと思うけど?

あっち殺したけどこっち生かすから許せ=あっち生かせば許してくれるからこっち殺しちゃおう

いずれにしろお前は許すんだから前も後もないなw
一つのことに対して多角的考えられないのはやっぱり精神病だから?w

691 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:04:04.60 ID:6CEFm/ob0
>>689
死刑執行人の心的負担ならよく語られているではないか。
大体刑務官の数が死刑囚の数より圧倒的に多いのだから
自分が必ず執行人になると思って職に就いているわけではないだろう。
刑務官は「刑務官」であって「死刑執行人」ではない。

しかも責任が負担になるからという理由で簡単に辞退できるものではないし、
退職後に職にありつけると確定しているわけではないだろう。

692 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:06:44.55 ID:6CEFm/ob0
>>690
なんでだ。
殺す前から養うことまで考えて殺人を犯しているとしたらそれはかなり正義感の強い人だろう。
自分というより社会にとって悪だという者を殺し、弱者を救済するつもりなのだからな。

693 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:14:27.69 ID:6CEFm/ob0
>>690
追記。
殺す前と殺した後の心理を一緒にして語るべきではない。
それは多角的に考えているのではなく「混同している」というんだ。

694 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:18:25.75 ID:InNI6GXB0
>>688
>大体口先だけの反省や謝罪に過ぎないなどというが、例えば一日原稿用紙30枚×30日×6か月=原稿用紙5400枚を書くようにさせてみたらどうだ?
>もちろん内容も逐一精査される。
>あなたは口先程度でそんなことができるのか?


命懸けならなんでもするって奴は多いからな。
しかしお前がバカなのは教育だの平等だの言いながら学力で人の命を選別するような提案を平気でする事だな。
一日原稿用紙30枚×30日×6か月=原稿用紙5400枚なんてノルマは、単なる作業を設定しただけ、で個人の能力によって楽しい作文タイムから絶対不可能な絶望まで反省と謝罪に関係なしに選別されるぞ。
内容を精査するにしても文章の作成能力だけで反省と謝罪を本当に確認出来るのか?

思い付きで人の命の選別を考える廃止派こそ命の重さを知らない、又は知っていながら無視している。

695 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:20:06.24 ID:pzi0/Ap90
極悪人は善人にはなれないんだよ。
だって極悪人なんだもん。

byみつを

696 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:26:02.65 ID:6CEFm/ob0
>>694
だから内容を精査すると言ってる。
拙い文章だろうが、ノルマを達成できなかろうが、それが意義深いと判断されればいいだけだ。
犯罪者に自分の考えを言わせるだけでも有益なものだ。
作文が無理なら口頭でもいい。

嘘を言おうがそれが犯罪抑止に生かせるようなら利用すればいい。
こちらに協力することを義務付けた以上協力できなければ死刑でいい。

697 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:28:46.79 ID:InNI6GXB0
>>691
>自分が必ず執行人になると思って職に就いているわけではないだろう。
>刑務官は「刑務官」であって「死刑執行人」ではない。

人的負担の原因はこうやって『死刑執行人』『人が人を殺す』などと声高に叫ぶ廃止派も含むだろうね。
何も考えないその場その場の発言で被害者や遺族、刑務官の人や家族が苦しみ、悲しむ発言を繰り返す馬鹿は書き込みしない方がいいよ。

698 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:32:13.91 ID:InNI6GXB0
>>692
>殺す前から養うことまで考えて殺人を犯しているとしたらそれはかなり正義感の強い人だろう。
>自分というより社会にとって悪だという者を殺し、弱者を救済するつもりなのだからな。


バカにも程があるな

699 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:32:37.13 ID:6CEFm/ob0
>>697
死刑を早く執行しろと言ってる人も同じだ。
執行人にも圧力がかかっている。
俺も今や存置派の端くれだから執行人や法務大臣の心的負担も考慮する義務がある。
だから法務大臣に義務制限をかけている今の法律も改正すべきだと考えている。

700 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:39:00.92 ID:6CEFm/ob0
>>698
少なくとも無差別殺人犯はそんなこと考えて犯行してないだろう。
無差別殺人には適用されえない制度だ。

個人的な怨恨だけで殺してるなら社会の役に立つ気はあるだろうとし、
その犯行に現れている怨恨に比例するだけの弱者救済をさせればいい。

701 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:40:44.01 ID:InNI6GXB0
>>696
>拙い文章だろうが、ノルマを達成できなかろうが、それが意義深いと判断されればいいだけだ。
>犯罪者に自分の考えを言わせるだけでも有益なものだ。
>作文が無理なら口頭でもいい。
>嘘を言おうがそれが犯罪抑止に生かせるようなら利用すればいい。

結局、ノルマ無し、書けなくてもOK!、内容も関係無し、口頭でもOK!、嘘でもOK!………

やる必要すらないだろこれw

702 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:40:47.45 ID:MzJ8H3jTP
>>691
あのな、馬鹿は死んだ方が良い。というかお前の場合病院に戻れw
お前、死刑執行人なんて役職があるとでも思ってんの?
死刑執行は、全ての刑務官各々がこなす日常業務の内の一つにしか過ぎねえよ。

しかも責任が負担になるからという理由で簡単に辞退できるものではないし、
退職後に職にありつけると確定しているわけではないだろう。

簡単に辞退できるに決まってんだろ。お前やっぱり乳離れ出来てない餓鬼だわ。ごたごた言う前に実際にバイトでも何でも社会経験しろよクズが。
退職後もなにもそういうことを含めてキチンとリサーチせず仕事に就くということ自体が自己責任であり自業自得だ馬鹿め。




703 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:43:51.22 ID:jGTZxpmZ0
>>699
同じじゃないんじゃないの。
法的に本来の期間が決まっているにも関わらず、それを無視して仕事をしないのは、ただの怠慢だからね。
「決まっている仕事をしろ」という、極当たり前の事を圧力と感じるなら、そりゃただ怠け者か、社会不適応者なだけだ。
どうしても嫌なら、職自体を辞めるべきだ。

704 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:44:28.87 ID:MzJ8H3jTP
>>700
計画犯には利することばかりの制度だな。
その点で多角的に物事が考えられない、と言われてんだろお前は。



705 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:46:47.36 ID:InNI6GXB0
>>701
自己レスだが、これって廃止派の自分の為の免罪符だととらえると見事に当てはまるよな。

706 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:46:56.38 ID:6CEFm/ob0
>>702
死刑制度がある以上はどんなに嫌がっても誰かが必ずしなければいけない仕事だ。
刑務官皆が辞退したら誰もやらなくていいという問題ではないだろう。
誰か責任感が強い人がやることになる。
そしてそういう死刑執行の責任の重さを自覚している人ほど自責の念に囚われることとなる。

707 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:53:13.18 ID:6CEFm/ob0
>>703
職辞退辞めればいいという発想でどうなる?
辞めれば次の誰かがしないといけない仕事だ。
しかも一般の人が転職する感覚でできる仕事じゃない。
責任の重い仕事だ・
人に自分より強い責任感を要求するなら同じ目線で相手を見れていないことになる。

708 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:56:21.90 ID:6CEFm/ob0
>>704
単純に殺害した人数だけで話を進めたが、別に今のような判断で計画性や残忍性などを評価してもいいんだぞ。
計画すればするほど救済すべき人間が増える。
このジレンマが犯罪の抑制力につながるとは思わないか?

709 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:56:56.41 ID:MzJ8H3jTP
>>706
>そしてそういう死刑執行の責任の重さを自覚している人ほど自責の念に囚われることとなる。

だから、刑務官を軽蔑するのは止めろよ。
誰かがやらなければならない、お前にゃ出来ない事をやってるんだから敬意を抱けよ。必要なのはそういうことだろ。
お前らみたいに犯罪者を庇護して刑務官を侮蔑するようなクズが居るから犯罪が減らないんだろうが。


710 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:58:32.12 ID:6CEFm/ob0
>>709
敬意を抱くことと相手を過大評価することは全然違う。

711 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 10:59:51.97 ID:InNI6GXB0
>>700
そんな事より>>656にある刑務所内でも400万稼げる仕事を教えてくれないかな。
どこでも400万稼げるなら今の仕事を辞めて地元に戻りたいんだよ。
地元は仕事ないしね。

712 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:01:23.53 ID:MzJ8H3jTP
全員辞めれば良いことだろ。どうなるもこうもねえよ。
そんな簡単な理屈を脇に置いて職責を全うしている人間にお前がやることは刑務官を遠回しに批判する事じゃないだろうが。


713 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:03:20.17 ID:MzJ8H3jTP
>>710
犯罪者に敬意を抱き、犯罪者を過大評価している馬鹿が、どの口でそういうことを言うw
失笑ものだぞお前wwww

714 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:07:24.33 ID:MzJ8H3jTP
>>708
もうね、世の中の巣bての人間がお前の思惑に嵌るはずだ、と考えている時点で気違いなんだよww


715 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:08:19.81 ID:MzJ8H3jTP
巣bて×
全て○

716 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:11:07.49 ID:6CEFm/ob0
>>711
確かに刑務所内でできる仕事など限られている。
パソコン用意する位ならできるかもしれんが。

例えこの制度を導入したところで大抵の凶悪犯は今まで通り死刑を執行されるだろう。
犯罪で受けた損害を回収できる位の人は減刑する。

方法はなんであれ死刑判決後に減刑措置が取れるということで裁判所は死刑判決が出しやすくなる。
死刑判決が出やすくなれば安易に凶悪犯罪を計画する者が減る。

717 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:22:10.55 ID:InNI6GXB0
>>716
ところでお前、存置になったたなら存置だけで対談するスレでも作って移動したらどうだ?
今のままならスレチだぞ。


718 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:26:52.01 ID:6CEFm/ob0
>>717
廃止派がいないんじゃどっちにしろこのスレは終わると思う。
というか俺はスレというものを立てたことがないからそんな簡単にスレを立てていいのか分からない。

719 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 11:58:59.78 ID:6CEFm/ob0
今思えば、死刑の執行猶予を認めるというのは単なる減刑ではないのかもしれない。
猶予ということは今後死刑執行=増刑という可能性も認めていることになる。

結果としては現行の死刑からさらに刑罰の増減の可能性を引き出すことになるのかもしれない。

720 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 12:18:29.05 ID:MzJ8H3jTP
>>719
そんな自明のことに今頃気付くから、お前の思考には多様性が無いって言うんだよ。
全く度し難い奴だな。


721 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 12:23:08.32 ID:MzJ8H3jTP
>>718
別にお前が消えれば平和が訪れるだけのことだろ。
どうせ暇人が保守に回るから下らない心配している暇があったら自分の尻の糞を拭う方法でも考えてろw


722 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 12:29:58.16 ID:pOh8Sfzu0
死刑は殺人です

723 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 12:34:24.28 ID:6CEFm/ob0
>>720
自明とは言っても、少なくとも存置派で厳罰化にこだわる人間や、
廃止派で軽罰化にこだわる人間には生じえない発想だと思われるが。
そして自明で不毛な仮説ならとっとと論破してくれないと
これがいい意見だと本気で考えている俺が滑稽だ。

724 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:17:56.07 ID:yS1ml0Se0
死刑という制度に納得する人が多い以上、廃止よりも存続するメリットの方が大きい。
1億人の国民を統治すること、治安維持を最優先した場合、当分は死刑存続だな。

だが、死刑制度が論理的に正しいとは全く思わない。

725 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:25:56.10 ID:6CEFm/ob0
民主主義とは、お互いにお互いの利と害を一致させていくことなのだろう。
そのために必要なことは、相手の利を自分の利、相手の害を自分の害とできるやり方とその論拠、
自分の利を相手の利、自分の害を相手の害とできるやり方とその論拠を同時に探していくことなのだろう。

726 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:26:34.40 ID:MzJ8H3jTP
>>723
論破もなにも今頃になってお前が気付いた、という事実が全てだろ。
ここにレスする前に、他の可能性を考えないからそうなる。
というか多様性とリスクのバランスを考慮できない妄想気違いに、一体何の論破だよ。


727 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:28:28.72 ID:jGTZxpmZ0
>>707
だったら引き受けたからには責任を持って実行してもらわないと困る。
そもそも、法的にやらなければ成らない事を「やりたくないから」という、ニートの小僧の「働きたくないでござる」と
全く同レベルで、ただやらないだけなんだからな。
死刑廃止の提言は勝手にやりゃいいけど、決まるまでの実務に対する責任を取らないのは、たんなる我侭だろ。
責任の取れない仕事を引き受けるのは無責任極まりない。
それを良しとするのは、お前が全く同様に無責任な人間だからだ。

728 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:32:11.15 ID:6CEFm/ob0
>>726
俺は全知全能とは程遠い存在だから初めから全ての可能性を考慮することができない。
そこは認めている。
だから今俺が書き込んだ意見も完璧でないということが分かる。
ならばどこかにまだ誤りがあるはずだから、あなたにそれが分かれば指摘してほしいというわけだ。

729 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:33:35.91 ID:MzJ8H3jTP
>>725
お前は害しか提示しないのだから持論に則り、そういう世界からは消え去るべき存在であることは間違いない。



730 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:41:11.89 ID:MzJ8H3jTP
全知全能なら全ての可能性など考慮する必要がない。
無能だからこそ考慮しなければならんのだろうが、馬鹿か全く。

731 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:42:10.47 ID:6CEFm/ob0
>>727
引き受けたということは頼まれたということだ。
彼が自ら名乗り出たということではないのだろう?
ということは周りの人間にも責任があるのだし、国会議員は法律をつくることが義務なのだから、
国会議員が法律を変えるなりを早めることを訴えるべきだ。個人を責めても始まらない。

そもそも法律を全て守れるなら違法なんてありえない。
違法状態が生じるのは前提として、法律を変えるか、法律違反を正すかを議論すべきだ。
そんなのは一人で決められないからあんなに国会議員がいるんだろう。

個人攻撃する暇があったら彼ら全員を批判しようじゃないか。

732 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 13:45:50.99 ID:6CEFm/ob0
>>729
俺の提示したやり方が周りの人間にとって害しかならないなら、
周りの人間は俺のやり方が俺にとっても害だということを示せばよい。

>>730
無能で未来など予測できないのに全ての可能性など考慮できるわけがない。

733 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 14:21:22.38 ID:MzJ8H3jTP
>>732
お前にとって害であることは問題じゃないな。俺達にとっての害をお前が改めないことが問題なのだからw

未来が予測できるなら可能性など考慮する必要がないわww
全知全能であれば起こることを「全」て「知」る事が出来るのに、既に知っている結果に、何の可能性だw


734 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 14:29:23.06 ID:6CEFm/ob0
>>733
まあ全知全能なのに全ての可能性を考慮するなどと表現したのは俺の誤りだ。
そしてこういう誤りを繰り返しているからこそ自分が無能であることが分かる。
だから誤りを指摘してくれるあなたのような存在が俺にとって貴重なんだ。

あなたたちにとって俺の意見が害であることが認識できないからあなたにまたご教授を求めている。
「害である」と言われただけではそれが害だと認識できる程俺は有能じゃない。

735 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 14:40:55.01 ID:eh+/QKxp0
今日も反日人権死刑廃止派のアホコテが必死だなw

なり棲まし工作活動潰されてコテ捨てたのか?w

736 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 15:00:31.25 ID:xw2bU7qE0
       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ  
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了             /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ::

737 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 15:45:15.65 ID:xw2bU7qE0
■死刑囚、最期の言葉(1)  氏名(執行日)「言葉」(事件):執行順に掲載
・大米龍雲(16,06,26) 「くたばっちまえば、どうせ何も見えねえ(と目隠しを拒む)」(尼僧連続強姦致死)
・小平義雄(49,10,05) 「この期におよんで何も言い残すことはありません(と饅頭3個、ひかりを一服)」(小平事件)
・大谷高雄(55,02,11) 「先に行ってます。極楽では私のほうが先輩ですからね」(3人組拳銃強盗殺人)
・菊池正(55,11,22) 「おかやん、おかやん、助けてくれよ・・・」(栃木・雑貨商一家四人殺し)
・坂巻脩吉(57,06,22) 「お先に、先生!お世話になりました。元気でね!」(鏡子ちゃん殺人事件)
・古屋栄雄(59,05,27) 「ふみえーー!もう一度会いたいよぉ・・・・」(人違いバラバラ事件)
・孫斗八(63,07,17) 「ゴルァーーーー!だまし打ちにするのか!」(洋服商殺人事件・日本のチェスマン事件)
・千葉(中村)覚(67,11,02) 「犯罪なき世の中がうちたてられますように・・・・アーメン」(新潟・農家強盗殺人事件、歌人島秋人)
・奥野清(67,11,16) 「かあちゃん、いま行くで、待っとれよ」(母親バラバラ殺人事件)
・正田昭(69,12,09) 「(小木)先生によろしくお伝えください・・・アーメン・・・」(バーメッカ殺人事件)
・小林カウ(70,06,11) 「長い間お世話になりました。思い残す事も言い残す事もありません」(日本閣事件)
・杉村サダメ(70,09,19) 「あの世では被害者の皆さんに会って罪を償いたいと思います」(連続女性毒殺魔)
・西口彰(70,12,11) 「遺骨は別府湾に散骨してください、アーメン」(広域連続強盗殺人事件)
・小原保(71,12,23) 「真人間になって死んでいきます。ナスの漬物おいしゅうございました」(吉展ちゃん事件)
・片桐操(72,07,21) 「皆さん、ありがとうございました。お先に失礼します」(少年ライフル魔事件)
・中島一夫(73,10,12) 「あの世で被害者に会ってお詫びできることを思うとやはり死ぬことは喜びです」(埼玉9人殺人鬼事件)
・西武雄(75,06,17) 「そうでしたか(とタバコ一本をうまそうに吸う)」(福岡事件)
・堀越喜代八(75,12,05) 「どうか皆さん、ぼくの冥福を祈って成仏できるよう助けて下さい」(横浜・同僚母子殺人事件)
・大久保清(76,01,22) 「・・・・クック・・・・・」(大久保清連続殺人事件)
・佐藤虎美(82,11,25) 「殺られてたまるかーーーーー!」(藤沢女子高生殺害事件)
・渡辺健一(88,06,16) 「・・・ウソやろ!・・・・・かなわんなあ・・・」(寝屋川・若夫婦殺害事件)
・永山則夫(97,08,01) 「うおーーーーっ!!オレを殺すと革命が起きるぞ!」(永山則夫連続射殺事件)
・勝田清孝(00,11,30) 「目隠しを取ってもらえませんか。もう一度先生(教誨師)の顔を見たい」(連続殺人)
・大石国勝(00,11,30) 「くそ、俺のホースバンドを盗みあがったのは誰だ!」(鳥栖隣人殺人事件)
・長谷川(竹内)敏彦(01,12,27) 「・・・・残念です・・・・・・」(半田保険金殺人事件)
・宅間守(04,09,14) 「タバコとジュースくれや、妻にありがとうって、僕が言っていたと伝えてください」(池田小事件)
・秋山芳光(06,12,25) 「私は77歳ですよ。それでもあなた方は執行するんですか・・・」(秋山兄弟事件)
・藤波芳夫(06,12,25) 「今までお世話になりました」(前妻一家殺傷事件)
・陸田真志(08,06,17) 「晶子さんのところに行けるのはこの上もない幸せです」(SMクラブ連続殺人事件)
・宮崎勤(08,06,17) 「あのビデオまだ途中なのに・・」(東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件)
・陳徳通(09,07,28) 「ワタシ、ニホンゴワカリマセン。アナタタチ、イマカラ、ワタシニナニスルノ」(川崎6人殺傷事件)
・山地悠紀夫(09,07,28) 「遺骨と遺品は国で処分してください」(大阪姉妹殺害事件)
・篠沢一男(10,07,28) 「ゴルァ!おまえら、殺す気かーーーーーー?!」(宇都宮宝石店放火殺人)
・尾形英紀(10,07,28) 「私は反省の心を捨て、被害者のことを考えるのをやめました」(熊谷男女4人殺傷事件)
・坂本春野(11.01.26)「みなさん(医師、看護婦)最期まで看病してくれてありがとね」(高知・保険金連続殺人事件)
・永田洋子(11.02.06)「もっと光を・・・・・」(連合赤軍事件)


738 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 16:02:13.67 ID:jGTZxpmZ0
>>731
>彼が自ら名乗り出たということではないのだろう?
出来ないのなら、断わるべきだな。
>個人を責めても始まらない。
個人の思想で法を無視し、責任を放棄ているのだから、責められても仕方が無い。

>そもそも法律を全て守れるなら違法なんてありえない。

法務大臣が率先して違法行為をするのは問題があるだろ。
ってか、お前本当に法治社会で生きてる人間か?
脳内と自分の部屋だけが全てじゃないだろうな。

739 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 16:42:52.64 ID:6CEFm/ob0
>>738
違法行為は看過できないとして法務大臣だけ責めるんじゃなくて
国会議員全体に法改正の必要性も考慮して話合うよう訴えるべきだろう。

法務大臣だって法務大臣である以前に法律を作るべき国会議員の一人なんだから
どっちをとるかで悩んでいるかもしれない。
悩んでいないとしたらそれはそれで問題だろうしな。

とにかく一人で判断できる問題じゃない。というかむしろ個人判断で決めさせるな。
国会全体の問題として国民からも訴えていくべきだと思う。

740 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 17:03:21.38 ID:6CEFm/ob0
国民の多くは死刑の早期執行を望んでいるが、結局それは
・違法状態を問題としているのか
・凶悪犯を生かし続けていることを問題としているのか
その辺がごっちゃになってる。

741 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 17:27:43.16 ID:yoq6p4bC0
今日も反日人権死刑廃止派のアホコテが必死だなw

なり棲まし工作活動潰されてコテ捨てたのか?w

742 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 17:29:57.38 ID:mIFJJos70
>>737
これってマジ?

743 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 18:06:40.95 ID:6CEFm/ob0
「違法行為をして死刑執行を遅延するな」という人は
法改正して合法行為になった場合は許すのか、それとも許さないのか。
それを同時にはっきりさせる必要がある。

744 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 18:11:40.78 ID:jGTZxpmZ0
>>743
反対ではあるが、仕方が無いと思う。

で?
その仮定の話を持ち出して、現状違法行為である状況のなか、何か変わるのか?


745 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 18:15:14.37 ID:6CEFm/ob0
刑法で法改正が行われた場合は改正前と改正後のうち刑罰の軽い方が適用されると聞いたんだが。
それが本当なら、今法改正で死刑に執行猶予が認められたとしたら現在の執行前の死刑囚にも猶予が認められることになる。

746 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 18:21:50.06 ID:jGTZxpmZ0
>>745
そうかい。
そりゃ不勉強だったよ。
実際に見てみないと、どう言う物だか解らない。
その改正された情報ソースとその内容を添付してくれ。
脳内の話じゃないんだろ?

747 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 18:36:00.73 ID:6CEFm/ob0
第6条 犯罪後の法律によって刑の変更があったときは、その軽いものによる。

http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#s1.1

748 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 18:37:24.20 ID:6CEFm/ob0
>>747
最初の「通則」のところにある。

749 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 19:02:15.30 ID:6CEFm/ob0
刑法第6条の存在によって法務大臣が迷って今の執行の遅延をしていることによって新たな凶悪犯罪が増えているのだとしたら、
今すべきことは死刑執行時期を国会で決められるように法改正することだと思う。

国民の意見を反映しやすい国会の方が日本の最高刑である死刑の時期を決定した方が世相を反映しやすい。
社会的な悪影響が大きい凶悪犯罪者は判決後速やかに処刑し、国民が更生の可能性を考えうる犯罪者は猶予できるようにする。

750 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 19:15:30.17 ID:c15pwzBf0
何気に思うんだけど、執行しなかった法務大臣を、横領や収賄や公職選挙法の買収で告発すりゃ良いんじゃね?

個人の思いで個人(死刑囚)に対して国家予算を使ってるよね。
自分が所属する団体(死刑廃止団体)の為に国家予算で死刑囚を生かしてるよね。
死刑廃止派からの票を集める為に国家予算を使い死刑囚を生かしてるよね。

751 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 19:23:56.57 ID:c15pwzBf0
小学生が読んでも命令は判決確定から六ヶ月以内と分かるよね。
これ無視して命令を出さないのは、個人利益の為じゃない?

第475条
死刑の執行は、法務大臣の命令による。
前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。
但し、上訴権回復若しくは再審の請求、
非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であった者に対する判決が確定するまでの期間は、
これをその期間に算入しない。

752 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 20:17:48.81 ID:rz11V7ysO
死刑マニアっていますか?

753 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 20:21:36.10 ID:pzi0/Ap90
そもそも延命のために再審請求しているのに受けるのもおかしい。
とっとと棄却してさっさと執行すべし。
確定後の執行期間の長短も個人差がありすぎる。これは命の平等にも反する。
やはり確定後6カ月目に執行するべきだ。
しかも死刑廃止にすると、先に逝った死刑囚に顔向けできない。
先に逝った死刑囚は絶対に死刑賛成だと思う。

754 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 20:32:35.65 ID:V+IvFXJa0
>あなた自身が執行人の職に就くべきだ。

こう言う事を言う奴はボケ老人の死刑囚の下の世話までするべきだ。

755 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 20:46:01.29 ID:pzi0/Ap90
>>737
こうやって見ると、死刑になって当然のクズばっかりだな。

756 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 20:56:08.99 ID:OvJxANGk0
★過去10年の法相と死刑執行数
森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人  ※信教により署名拒否
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
---政権交代---
千葉景子   2人  
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
★政権交代前 5.4人/年
★政権交代後 0.9人/年

◆結論: 民主党は職務怠慢!


757 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 21:11:41.17 ID:6CEFm/ob0
違法状態が続いていたら法律そのものを改正すべきと考える奴はいないのか?

758 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 21:24:49.38 ID:V+IvFXJa0
お前は働きもせず納税の義務も果たさず国民の血税でナマポ支援してもらってる
分際で意見できると思うなよ。

759 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 21:31:01.90 ID:6CEFm/ob0
法務大臣に義務化してるから義務違反が起こりうるわけで、
権利化して法務大臣が世論に参考にしてもいいようにする方がずっと国民の意志が反映される。

760 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 21:46:00.85 ID:8FH6HEUM0
そう考えるのは廃止派だけ

761 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 22:13:06.89 ID:6CEFm/ob0
死刑制度残してるんだから廃止派じゃないよ。

「殺さなければならないのになぜ殺さない?」って追い込むより
「殺さなくてもいいけどできれば殺してほしいな」って頼んだ方がいい。
一人殺すのにあんなに迷ってるんじゃどんどん死刑囚が増えてくわ。
殺されなければいけないとされていてもなかなか殺されない事実が新たな凶悪犯を生んでるんだと思う。

762 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 22:16:42.92 ID:tzs2MsRH0
法務大臣は、自分の趣味で死刑執行指示を拒否するなら、
手当ては全額返納するか、自分が身代わりで死刑になれ。
その程度の覚悟もなく、反抗期の子供みたいな真似するん
じゃねえ。恥というものを知れ。


763 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 22:28:03.15 ID:6CEFm/ob0
反抗期の子供には叱るよりも容認してやる方が効く。

大体日本の刑法で刑罰を与える側に義務があるのは死刑だけじゃん。
お前の命はいつでもこっちの手の平の上にある、っていう状態にした方が犯罪抑止力になる。

764 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 23:25:23.52 ID:pzi0/Ap90
>>759
バカモ〜ン!!(磯野波平風に)
死刑執行を大臣の権利に出来るわけなかろうが、権利にぃwww
権利ってことは大臣の才覚でどうにでもなるんだぞ。
死刑執行は大臣の義務だ。6か月目に自動的に執行。そうすれば悩まなくて
よい。そもそも執行の数が足りんのだよ。毎月一人づつ執行すれば
それが普通になる。何事も慣れるまでは大変だが慣れてしまえば簡単な
もんよ。
あと死刑存置国でありながら平岡を任命した野田総理の任命責任も
問われるべきだと思う。

765 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/05(月) 23:58:40.45 ID:zv7zWUQA0
>>750>>751
閣議で色々後付けの言訳してるけど、訴えてみれば?
延命してる限り、国家の予算を無駄に使ってる事は事実なんだから、民主党の仕分けに掛けてもらうとか。

766 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 00:03:31.08 ID:KZN2klj00
>>764
ベルトコンベア式に人を殺す
極めて危険な発想ですね。

767 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 00:06:45.94 ID:Pz2nZtvI0
>>766
危険?
その危険な行為(殺人)をした犯罪者なんだから因果応報だろう

768 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 00:34:30.69 ID:FHCFCFGe0
>>767
つまり、貴方は殺人者と同じ発想を持っている、ということですか?

769 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 00:37:47.73 ID:Pz2nZtvI0
>>768
全然違うが?

殺人者とひとくくりにしている時点でズレている
死刑になるような殺人者と、死刑にならない殺人者が居るだろう
残虐かどうかでも違うはずだ
死刑になるような残虐な奴は、死刑が妥当それだけのことだ
そういう殺人者は罪の無い人間を殺しただろう?
俺は罪の無い人間はもちろん殺していない
これが分からないのなら、お前も死刑でいいよ

770 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 01:00:57.87 ID:PEv5KdST0
>>766

>自己認識と他者認識を用いた人格・自己理解の再構築教育
>簡単に言えば、犯罪を犯した人格を否定し、新しく作り直す
>自由を奪われ、この再教育が永遠と続き、生きる希望が「反省」と「償い」しか与えられないとしたら、
>それは、受け入れられない人間にとっては、死ぬより辛い日々の連続になる

>通常、健常者に同じ事を施したら半年で人格は破壊され、気がふれる


こんな事言ってる反対君というキチガイのほうがよっぽど危険な発想だろ

771 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 02:08:36.79 ID:Lebc3AHS0
>>770
アレは冗談抜きで、真性の気違いだからね。
殺人欲とサディズムを必死で隠そうとしてるんだけど、漏れる漏れる。
ああいうのが死刑を気にして殺人に走らないんだから、死刑は必要なんだよ。

772 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 04:04:00.46 ID:AdME7BWS0
>>737
実に興味深いな。
己の死を前にしてやっと真人間に戻れた者、結局最後まで反省しなかった者。
そして反省のフリをしながら延命を試み、最後に本性を現した者…
己の死をもって殺めた命の重さを知り反省を促せるなら死刑の意義があるし、何をしても反省しない根っからの犯罪者なら死刑にするしかない。
永山則夫なんか世間的には改心したイメージだけど結局これだもんな。
どんなに反省を装っても無意味と言う点でも死刑がベストだな。


773 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 05:02:48.76 ID:7z51XHV10
国民が選んだわけでもない人間達に死刑判決を下された時点で死刑が確定するのはやっぱりおかしい。
犯行が凶悪であるほど国民の記憶に残りやすいが、死刑囚の中にも程度の違いがあるだろう。
やはり死刑囚の命を奪うかどうかは国民が支持する国会議員に最終的な判断を委ねるべきではないか?

774 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 06:40:09.40 ID:PlvEGRXY0
>>763
子供みたい、であって子供じゃないし…。
子供が政治動かしていいのか?


775 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 06:48:10.43 ID:FwIydQ66P
国民の大多数が死刑を支持している状況で国民のお支持の上に立っている国会議員に何言ってるんだコイツ。
大体一億二千万超の国民箇々の事情に応じて法を定めるなんて事など不可能なのに、何所に殺人犯だけ特別優遇しなければならない道理がある?
馬鹿ではないか?とても大学生とは思えん頭の出来の悪さだなw


776 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 08:45:07.73 ID:7z51XHV10
生かす殺すを義務か義務違反かにするよりもどちらも権利とした方が選択しやすい。
他の全国民はそんな義務ないのに法務大臣だけが死刑執行命令を出さないといけないというのもおかしいだろう。

自らという人間を無能と認め、相手が自分と同じような人間だと認識している人間なら
相手を自分より有能な存在だと仮定するとしても、相手に完璧を求めてはいけないこと位分かるだろう。

777 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 08:56:21.15 ID:7z51XHV10
法務大臣が自分より無能な存在だと思うなら、なおさらより有能な存在である自分が諭してやる必要がある。
諭す手段として時に厳しく言うことも必要だが、その手段だけでは解決しないことも多々ある。

広い心を以て相手を優しく説き、正しい方向に導いてあげる。
死刑囚を速やかに処刑することを目的とするなら、執行猶予する権利を与えた方がかえって早く目的が達成できるのではないか。
俺はそう考えている。

778 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 09:54:26.89 ID:gsLu4cux0
>>763
>反抗期の子供には叱るよりも容認してやる方が効く。

それは、自業自得が大前提での話だな。
つまり容認しているのではない。大人として扱うというだけだ。大人の責任を与えるだけだよ。

つうか相変わらずID:6CEFm/ob0は顔無しだな。
食って掛かってくる相手を跳ね返す為のその場限りのレスしかしてないから整合性が無さすぎる。

779 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:17:16.82 ID:7z51XHV10
>>778
まあ叱るがいいか、容認するがいいかはその時の判断だ。要するに言いたいのは手段は1つだけじゃないということだ。
それが「全ての可能性を考慮する」ということだろう。

子供か大人などもどうでもいい。そんなもの年齢が何歳だからとかで簡単に判断できるものでもない。

あなたの求める目的を達成するなら俺の考える手段でも可能だよ、と言っている。
俺の手段自体はそこまで大きく変わっていないから、整合性も何もないと想うのだが。

殺人犯は犠牲者を無価値な人間と判断した。
だからって俺たちが死刑囚を無価値だと判断しては早計だ。
相手が自分より無能だとしても、何も持っていないと決まっているわけではない。

死刑囚の価値を認め、認めるからこそ処刑する。あるいは認めるからこそ猶予する。
現行制度では価値がどうとか考えるまでもなく一律に処刑される。

相手のいいところを一つでも二つでも見つけ、それを自分や相手や社会のために生かそう。
そういう姿勢が今の死刑制度に限らず、日本の多くのシステムには足りていないように感じる。

780 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:29:30.36 ID:gsLu4cux0
>>779
>あなたの求める目的を達成するなら俺の考える手段でも可能だよ

うん?私の求める目的をお前は理解しているというような口ぶりだが?それは何だと思っているのかね?

>子供か大人などもどうでもいい。そんなもの年齢が何歳だからとかで簡単に判断できるものでもない。

お 前 は 何 を 言 っ て い る ん だ ?

反抗期の子供には叱るよりも容認してやるほうが効くって言った奴に言ってんだよ。これは、何故そのほうが効くと思ってんだ?
何となくそう思うってか?w

781 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:30:15.32 ID:7z51XHV10
民主主義社会で存置派、廃止派という意見の対立が起きている。
そういう状況で存置派がすべきことは、存置が「社会」のためになる、と説得することではない。

存置派がすべきは、廃止派の求めるところが存置のもとでも達成できる、ということを示すことだ。
存置が「廃止派」のためになる、それを廃止派に理解させればいいのだ。

そのためには時にはこちらのやり方を修正しなければならない場合もある。
しかし存置派は廃止派が「利」とするところを存置のもとで達成できるようにする姿勢が大切だ。

そうやってお互いの利害関係をすり合わせていくことが民主主義のあり方だと最近俺は考えるようになった。

782 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:31:28.73 ID:HMfYzzKl0
>>779
君は一日、一日趣きが変わってくるなwww

>殺人犯は犠牲者を無価値な人間と判断した。
↑これはいくらなんでも失礼だろう。
価値があった人間の価値を無きものにしたのだよ。殺人犯は。
逆に死刑囚になった時点で人間としての価値は失われるんだよ。
人間の価値はそれを生かす場所があって初めて生まれるものだ。
その最低条件さえ死刑囚はないんだよ。

現行制度でも一律には処刑されてないだろ。収監期間の長短や確定が
前後の件もある。また江田になってからは執行されていない。
どこが一律なんだ。一律とはベルトコンベア式のことだ。
君は言葉で遊ぶな。


783 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:34:28.06 ID:7z51XHV10
>>780
あなたの求める目的は未だ俺は理解しきれていないだろう。
だからあなたは何を目的としているのか、もっと提示してほしい。
それに合わせて俺は自分の考えた手段を少しずつ修正するつもりだ。

あなたはまさか「死刑囚を処刑する」ことが「目的」だとは言わないだろう?
それは「手段」であって「目的」ではない。

784 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:38:27.57 ID:7z51XHV10
>>782
違うさ。人間は価値の無い物と判断した物を軽んずる。
そしてあなたの言うように、その結果壊れた物は完全に価値を失ってしまうのだ。
価値を認めるか認めないかという価値基準を基に人間は次の行為を選択する。

785 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:39:37.82 ID:351XalJ90
>>780
> 反抗期の子供には叱るよりも容認してやるほうが効くって言った奴に言ってんだよ。これは、何故そのほうが効くと思ってんだ?

これは当然の事だろ。
止めたり呵ったりするから反抗するんであって、容認すれば反抗する目的も意味も無くなる。
その結果、とんでもない人間に育つ可能性が高いけどね。

786 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:41:15.46 ID:351XalJ90
>>781
> 民主主義社会で存置派、廃止派という意見の対立が起きている。

廃止派の主力は、民主主義を否定してるけど?

787 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:41:40.60 ID:7z51XHV10
>>782
一律ではいけないからベルトコンベア式もダメなのだろう。
判決前の扱いは一律ではないとして、判決後の扱いを一律にしていいということにはならない。

788 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:44:57.48 ID:gsLu4cux0
>>781
なるほど。とても大事なことだから同じことを2回言ったわけだな?

だがな。同じ民主主義ならば、
廃止派がすべきは、存置派の求めるところが廃止のもとでも達成できる、ということを示すことだ。

とは考えないのかね?
廃止派が求めることは、被害者を差し置いて凶悪殺人鬼の命の保障をするということなので、それを実現しようとすら思わないんだよ存置派は。
無辜の被害者の命を優先して保護。それが実現するならば凶悪殺人自体が起こらない訳だから、当然死刑も起こらない。命は護られるっていうわけだ。

存置派と廃止派は目的からして違うの。だから無理。

>存置派がすべきは、廃止派の求めるところが存置のもとでも達成できる、ということを示すことだ。

言い方をちょっと変えるとな。
廃止派が、「建前として」 求めていることは存置のもとでも十分達成できるよ。
廃止派が、「本音で」 求めていることは達成できないというよりも、むしろ存置派はそれを阻止すべきだと考えている。

789 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:46:22.84 ID:7z51XHV10
>>786
廃止派が民主主義を否定しているなら、民主主義というやり方を支持する我々は、まずそのやり方で廃止派の利が達成できることを示すまでだ。
相手がどういう主義だろうが、自分が民主主義なら民主主義のやり方で相手を説得する。
それが主義というものだろう。

790 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:47:38.17 ID:gsLu4cux0
>>783
無辜の被害者を無くすことが目的だよ。
凶悪殺人鬼の死刑による被害?をまず無くそうとは考えていない。

お前はまさか、殺人被害者をなくそうとすら考えずに凶悪殺人鬼の命を護ることだけを目的としてるのかい?
まぁ廃止派にとっちゃそれが目的だよな。

791 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:48:15.36 ID:HMfYzzKl0
>>787
>現行制度では価値がどうとか考えるまでもなく一律に処刑される。
一律に執行されるって言ってるのは君なんだけどwww
で俺は現状は一律でないと言っている。
分ってるか?今日は気分がすぐれないのか?


792 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:48:42.30 ID:gsLu4cux0
>>785
それでは、「効く」 の意味が置き去りになっているよ。
叱るよりも効かなければ意味が無い訳だろ。

793 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:49:41.14 ID:351XalJ90
>>789
だから廃止派とは同じ土俵では議論出来ないんだよ。
反民主主義者が民主主義の旗を振り回して、狂気の主張を繰り返してるだけ。

794 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:51:16.86 ID:gsLu4cux0
>>789
民主主義を勘違いしているようだね廃止派の君は。

795 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:52:29.14 ID:7z51XHV10
>被害者を差し置いて凶悪殺人鬼の命の保障をする
こうすることの目的を廃止派からどんどん引き出せばいい。

相手の「建前」の目的をこちらの手段で全て達成できることを示せば、相手はいずれ「本音」の目的を出さざるをえなくなる。

廃止派も同じように存置派を説得しなければならないのは言うまでもない。

796 :みずっしんぐ ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 10:54:13.10 ID:gsLu4cux0
つうか反社会主義者の廃止派のお前に、「我々」 とか言われても誰もついて行かないぞ?

797 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:54:34.34 ID:351XalJ90
>>792
意味は無いんだけど反抗には効くだろ。
廃止派は一時的要素しか考える力が無いから、「反抗が止まった=効く」と思い込んでるんだよ。

本来の目的である「修正更正」を捨て去るのが死刑廃止派脳の特徴だよ。

798 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:56:24.13 ID:7z51XHV10
>>794
俺はあなたたち大部分の存置派とは違う手段を提案しているが、死刑を廃止する気はもはやない。

いずれ死刑に匹敵する凶悪犯罪がなくなり、死刑が形骸化してもはや凶悪犯罪も起こりえない
と判断したところで死刑を廃止すればいい位に考えている。
俺の生きている間に実現されれば本望だがかなり難しいと言えるだろう。

799 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 10:59:05.23 ID:351XalJ90
>>796
> 反社会主義者の廃止派

これ見て思い出したけど、以前反社会主義者と言われて、社会主義に反対する人と言われてると思い込んでた死刑反対派がいたよね。

あのとき死刑廃止派は日本語が不自由なんだと確信した。

800 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:00:48.78 ID:7z51XHV10
>>791
現状が「一律ではない」事くらい認識しているさ。
でもその「一律ではない」というのが俺の目的とは異なる方向に進んでいる。
だから手段を変えたいのだ。

801 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:01:38.59 ID:FwIydQ66P
ぶっちゃけそんなに死刑廃止が良いなら、そういう人間だけ集まって独立すれば済むことだろ。
廃止論者が国民の1割しか居ないとしても、1千2百万にはなるんだから、国として十分機能するじゃないか。



802 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:02:20.42 ID:HMfYzzKl0
>>798
いるんだよな。中途半端な中間派がwww
死刑の制度は残すが執行はしない方がいいって奴。

803 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:04:57.09 ID:7z51XHV10
>>801
廃止派の本音の目的が存置派の本音の目的ともはや相容れないとなったらお互いに独立していくのだろう。

804 :かんねんはぐげんかしなかった ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 11:04:59.36 ID:gsLu4cux0
>>795
今更だよ。いずれもクソもあるか。何度も本音を出してきたよ。
民主主義を否定してる奴を説得するのは無理。
廃止派を説得するという事は廃止派の要求を受け入れる以外にない。それは出来ない。

そして廃止派も存置派を説得できるとは考えていない。騙そうとしているだけ。力ずくでどうにかしようとしているだけ。

お互いが分かり合うことが出来る可能性は限りなく低いだろう。

存置派としては、廃止派の嘘に惑わされることなく、廃止派の建前を前提として正論で跳ね返すことのみ。
本音が見えたらしっかり指摘する。悪魔は闇の世界に封じ込める。

>>798
廃止する気は最早無いっつうか隙が無いから今は無理だと思ってるだけだろが。
それならそれで、少しでも減刑しようとしてるみたいだがな。
どちらにせよ、凶悪殺人鬼の待遇を緩くしようと動いてるだけだという 『本音』 がここでも見え隠れしてるなぁ。

805 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:06:35.65 ID:AdME7BWS0
>>763
>反抗期の子供には叱るよりも容認してやる方が効く。

親に自分の死まで選択させる餓鬼の台詞かよ。
容認してたらあんた死んでるよ。
反抗の内容が他者に被害を及ぼすなら絶対に阻止するのも親だ。
お前が親の立場で語るのは100年早い。

806 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:14:15.62 ID:7z51XHV10
>>802
極端な発想がいいなどと誰がいいといいと言ったんだ?「中庸」という言葉を聞いたことがあるだろう?
俺はむしろどっちつかずの人間こそ、両者の利害関係のジレンマに気づいているのではないかと思う。

>>804
廃止派と一括りにしているが、全ての廃止派の本音が一致しているわけではない。
俺は少なくともこのスレで死刑廃止を訴える人の中に、どう考えても善人にしか見えない者も数多くいると思った。

死刑に猶予するだけなら、単純に殺人鬼の待遇を緩くすることにはならない。
先にも言ったように、死刑が猶予できることで、裁判所は死刑判決を出しやすくなることが考えられる。
むしろ殺人を犯そうする者の待遇を厳しくするというものだ。

807 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:16:18.65 ID:7z51XHV10
>>805
まあな。だから叱るも容認するも手段の一つだとその後訂正したじゃないか。
どちらがいいかはその時の判断によると。

808 :堕胎OKのくせに死刑絶対反対マークス ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 11:19:31.47 ID:gsLu4cux0
>>806
>俺は少なくともこのスレで死刑廃止を訴える人の中に、どう考えても善人にしか見えない者も数多くいると思った。

は?????
辛うじて善人っぽいフリをしてたのはお前だけだぞ?

私から見て善人に見えた廃止派はこのスレには一人も居なかった。
そもそも廃止派自体数えるほどしか居ないのに数多くって何だよ・・・・・・・・

809 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:22:38.33 ID:SFDLWpdI0
>>808
廃止派は、平等とか人権とか命は大事とか、明らかに偽善者の戯言に過ぎないお題目を信じてる人だから、見分ける能力が無いのだと思います。

810 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:23:29.97 ID:HMfYzzKl0
>>806
>先にも言ったように、死刑が猶予できることで、裁判所は死刑判決を出しやすくなることが考えられる。
>むしろ殺人を犯そうする者の待遇を厳しくするというものだ。

だからね。
死刑判決を出しやすくしても死刑を猶予したら殺人を犯す輩が増えるのが
何故わからない?
君は中間派になり論理矛盾を起こしている。
言葉で遊ぶな。


811 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:25:48.89 ID:7z51XHV10
>>808
まあ俺は人の言葉を鵜呑みにしやすいところあるが。

でもこのスレで死刑存置における問題点、すなわち「達成されない目的」が
悪であるという人は俺が見ていた範囲ではそんなに多くなかった。

あなたたたちは相手の本音を勝手に想定してしまう癖があるようだ。
俺も序盤にそれで傷ついたことがある。

812 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:27:11.61 ID:AdME7BWS0
>>806
>俺は少なくともこのスレで死刑廃止を訴える人の中に、どう考えても善人にしか見えない者も数多くいると思った。

お前、何日か前に、ここに来て二三日って言ってたよな。
書き込みしてる廃止派は多く見ても数人。
そのうち存置を煽るだけの一行レスを引いたらまともにレスしてたのが1人〜2人。
それでさえ攻撃的で善人と思えるレベルじゃないんがが…

お前ホントはずっと粘着してただろw

813 :赤信号には反対です。 ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 11:28:07.44 ID:gsLu4cux0
つうか、何も悪い事してない人を私利私欲で殺す殺人鬼を許さないっていう制度を語るのに
善人である必要ないだろ。悪人じゃなきゃ良いだろ。

存置派に居るのは色々な人。

廃止派に居るのは悪人。或いは感覚がちょっとずれてる普通の人。善人は皆無。

廃止論を唱えていて且つ善人なのが数多くいるのならば、
自分を殺した場合は犯人に死刑適用されないという死刑廃止カード所持制度に賛成する廃止派が居なかった説明がつかない。

814 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:28:19.04 ID:7z51XHV10
>>810
だって判決が出た後ほんとに猶予してもらえると決まってないのに犯罪起こす気になるか?
グレーゾーンで予測不可という恐怖が犯罪を抑制するのではないか?

815 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:28:38.77 ID:HMfYzzKl0
>>809
それが全てだよな。納得した。

816 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:32:49.85 ID:Tk65VTsv0
>>806
>廃止派と一括りにしているが、全ての廃止派の本音が一致しているわけではない。

自分が人殺しをしたときに死刑にならないようにしたい「殺人鬼予備軍」と、
犯罪者を崇拝し、その中でも特に殺人犯を別格のように崇める「犯罪崇拝者」と
何も知らないし解らないけど、何となく「しけいはんたい」と言う事がカッコイイと思っている「天然」と、
弁護士のように、本音はどうでもいいけど死刑廃止を唱える事で利益に繋がる「職業上の廃止論者」がいるからね。


817 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:34:22.10 ID:HMfYzzKl0
>>814
だからね。
そもそもグレーゾーンで予測不可を認識できないから人を殺すんだよ。
予測できる人間は人殺しなんて割に合わないことはしないぜ。

818 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:37:34.91 ID:AdME7BWS0
しかしこの人、廃止派の時にあれだけ抑止力を否定してたのに…
なぜか急に抑止力を人一倍信じる様になったな。

819 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 11:42:41.13 ID:gsLu4cux0
>>811
アンタは私利私欲で故意に殺人しといて、自分の命が助からないなら反省も謝罪もしないって言った奴が
反省してると正当化しようとしちゃったもんな。

そういうの取り引きって言うんだぞ?

そういう口が滑った発言ってのはどう誤魔化しても消せないんだぞ?
女は子供を産む機械なんて発言した大臣がいたりしたけど、そういうのは本音で思っていなけりゃ絶対出て来ない台詞だ。
だからそういう政治家の発言ってのは重く取り上げられる。

ましてやお前のは文章だ。書き込みする前に自分で見直しが出来る。本音が漏れたら口を滑らせるよりももっともっと重いぞ。
つうかお前の場合は嘘ばっかりだから、どこで傷ついたのか理解できない。それで傷つくっていうなら好い加減嘘つき止めろよ。

820 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:43:18.26 ID:AdME7BWS0
>>814
君の思う善人の廃止派のレスを二〜三人分紹介してくれないかな。
勿論、同一人物じゃ無いヤツね。

821 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 11:43:26.27 ID:gsLu4cux0
>>818
もともと信じてましたよ。認めなかっただけで。

822 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:48:52.31 ID:7z51XHV10
>>813
声をあらたげる人ほど怪しいものだ。
さっきも言ったように中間層が一番信頼できる。
そんな簡単にシロクロ着けられる問題じゃないって分かってるんだからな。

823 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:52:12.46 ID:AdME7BWS0
>>>821
こら!それは本人から言わせないとw
>>49からの変化を説明させたかったのにw

824 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 11:56:05.35 ID:7z51XHV10
>>817
でも過去の判例よりも厳しく見られることになるんだぜ。

これから予定入ってるからちょっと失礼させてもらう。
多分またパソコンの電源が勝手に落ちてID変わるだろうが許してくれ。

825 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 11:59:36.61 ID:gsLu4cux0
>>822
>声をあらたげる人ほど怪しいものだ。

一般の場ならね。
でも残念ながらここはそういうことは分かりきったた人間が集まっている場である。
だからそれを誇張するお前が表向きだけ冷静さを装ったとしても意味は無い。
むしろ、お前はよく平然と冷酷なことを言ってのけるものだと感心す・・・・するかボケ。

>>823
ああ、ごめんなさい。

826 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 12:03:21.12 ID:AdME7BWS0
>>822
>声をあらたげる人ほど怪しいものだ。

つまりお前の事だな。
存置に対する反論のみの内容の異常な数のレス。
あと…もう一ヶ所ツッコミたいが我慢する。

その代わり>>812>>820の回答をよろしく!

827 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 12:05:53.58 ID:gsLu4cux0
>>822
あとね。シロクロ付ける必要は無いの。つうか存置派は死刑制度がシロだから存置って言ってるわけじゃないの。
色で言ったらグレーなの。必要か不必要かで言ったら必要なの。
クロじゃないから必要悪とも違うの。グレーとは言っても限りなく白に近いグレーなの。
廃止派だけが死刑はクロって言ってるの。
でも堕胎や戦争やビンラディン殺害はシロって言っちゃうの廃止派は。

828 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 12:07:28.35 ID:AdME7BWS0
>>824
>多分またパソコンの電源が勝手に落ちてID変わるだろうが許してくれ。

これも廃止派の誰かさんと同じ設定だね。


829 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 12:41:18.61 ID:e5LmK1io0
人が人を殺せるのは、「人を殺しても良い」という意識があるから。 それだけだ。
この意識を持ち合わせていない人間は、人を殺したりはしない。

憎かろうが、許せなかろうが、金に困っていようが、正義と称しようが、
「人は人を殺してはいけない」という意識が浸透出来れば、悲惨な殺人事件は抑止出来る。

憎いという心・許せないという心・死んで当然という心・殺されても仕方がないという心
こんな心が、殺人行為を正当化させ、個人の中で身勝手に表現された時、事件が起きる。

こんな心や意識を否定する為に、死刑には反対する。
こんな意識を持たせないような教育・社会を求める為に、死刑に反対する。

人が人を殺せる唯一の条件が、この「殺人行為を正当化させる心・意識」だけだ。
この心・意識を、社会は全力で排除するべきだ。

830 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 13:00:33.44 ID:gsLu4cux0
>>829
なるほど。人を殺しても良いと考える人間だけが人を殺すという事か。
そうだね。それが普通の人の考え方だ。

だからこそ、「人は人を殺してはいけないことは知っているが、それを犯してでも私欲を満たしたい。」
と考え殺人を犯す、普通の考え方では無い凶悪殺人鬼を抑制する為の死刑が必要なんだよ。分かるかい。

死刑が否定しているのは、「私利私欲による殺人」 だよ。

人を殺すこと総てを否定するならば、堕胎や正当防衛や緊急避難や戦争も否定しなくてはおかしいだろ。

死刑廃止国はビンラディン殺害を称賛しているし戦争も容認している。

これ、お前の言い分では説明つかないんじゃないかね?
死刑を廃止している国家でも、人を大量虐殺することを容認しているよ?

831 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 13:03:08.81 ID:gsLu4cux0
まぁ、厳密に言えば、堕胎の中には私利私欲によるものも含まれるけどな。

過去に廃止論者が明かした堕胎は私利私欲によるものだったね。

832 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 13:20:08.67 ID:e5LmK1io0
>830
>これ、お前の言い分では説明つかないんじゃないかね?
君のような、一元的な思考というか、近視眼的な意識では理解できないだろう。

生命を奪う事と生命を守る事は、それぞれ別の視点・別の解釈が必要とされる。
この倫理や哲学的思考は、ここに居る存置諸君には理解できないだろうよ。

君達は、生命を奪う視点で、生命を守る事を語る。
生命を守る視点で、生命を奪う思考を理解しようともしない。
この視点の違いが認識の違いを生み、解釈や選択肢の相違を生んでいる。

死刑は、生命を守る為に生命を奪う行為ではない。
生命を奪う為に、生命を奪う行為だ。
戦争や正当防衛・緊急避難は、時には生命を守る為に生命を奪う行為になる場合がある。

生命を守る事を優先で語っているのが、廃止論者。
生命を奪う事を優先で語っているのが、存置論者。

この違いが理解できない人間は、存廃論を語る資格はないんだよ。

833 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 13:44:00.39 ID:AdME7BWS0
ハヤタ隊員がいなくなったらウルトラマンが出現。
クラークケントが消えたらスーパーマン。

さて、元廃止派君と死刑反対君は対決出来るのかな?


834 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 13:50:30.32 ID:AdME7BWS0
>>832
>>2についての説明は?
これを実現する為に、どこの団体が、どのような手段で、どこに対して活動しているのかね?
嘘じゃないんだろ?
嘘でもなきく、やましくもないなら別に隠す必要はないよな?

835 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 14:51:16.03 ID:kSQsoZPR0
死刑執行をなくせば殺される心配
がなくなり無茶をする奴が増える!

836 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 15:16:16.35 ID:Tk65VTsv0
>>832
>生命を守る事を優先で語っているのが、廃止論者。
>生命を奪う事を優先で語っているのが、存置論者。

お前の言う、その「生命」は、殺人犯限定だけどな。
ついでに言えば、廃止論者にとって、その「殺人犯の命」は=自分の命だから必死になってるんだろうけど。
お前らみたいな、死刑がなくなった途端刃物持って町に飛び出そうとしている真性が存在する限り、死刑は無くならないから。


837 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 15:32:12.28 ID:prqCqyQi0
>>836

レベル125のレスに、レベル8のレス返してんじゃねぇーよw



838 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 15:41:42.85 ID:FwIydQ66P
>>837
レベル0乙としか言いようがないなお前


839 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 17:42:27.32 ID:FHCFCFGe0
>>836
このレスは酷すぎますね。
>>832の方は全ての命の重さ・尊さを語ってる訳で、
貴方のように殺されてもいい人間は殺すべきだ、という発想がある限り
殺人事件は無くならない、と言っているのだと思いますよ。

840 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 17:50:58.08 ID:u+hJyzok0
>>832
随分都合のいい意識だな。次から次へと後付けで例外がでてくる意識や価値観なんて、
虐殺目的の独裁者以外には害しかないな。

841 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 18:04:54.61 ID:gsLu4cux0
>>832
相変わらず無理問答だな廃止論者。

>戦争や正当防衛・緊急避難は、時には生命を守る為に生命を奪う行為になる場合がある。

これは普通に死刑制度も含まれるよ。
もしも死刑制度が無かったならば奪われたであろう 『無辜の』 命は確かに存在したのだから

存置派が重視しているのは無辜の命

廃止派が重視しているのは凶悪殺人鬼の命


これを生命とか同じ括りにすんじゃねーよ殺されていった大勢の無辜の人達が泣くわ。

842 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 18:20:34.35 ID:M86W3XugO
>>832
戦争や正当防衛・緊急避難は、時には生命を守る為に生命を奪う行為になる場合がある。


ちょっと酷いな。こんな最低な言い種久々にみたわ。
こんな意識の持ち主、マジおぞましい。

843 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 18:34:33.58 ID:FHCFCFGe0
>>841
確かに戦争で人を殺す事と死刑は大差ないでしょう。
では、貴方は戦争で人を殺す事を是とするのでしょうか?
もし是とするならば、>>832の方を批判できなくなりますよ。
当方は戦争自体反対ですが。

844 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 19:07:41.34 ID:gsLu4cux0
>>843
貴方個人が戦争に反対だろうが賛成だろうが今は興味は無いです。

ただ、貴方は>>832に同意している。
>>832は、凶悪殺人鬼の命とその被害者の命を同列に扱っている。私はそこを批判している。
なので当然、>>832に同意する貴方と私は同じ部分に於いては意見を分かつことになる。

私は死刑は必要だと考える。是か非では無い。必要である。
戦争は必要かどうかというよりも、攻められた場合に無抵抗でいるべきではないと考える為、
戦争には反対だが武力は保持すべきだと考える。
堕胎も時には必要。緊急避難は是非も無し。正当防衛は是。
そしてビンラディン現場殺害はむしろ非。法廷で裁くべきであったと考える。

だがそもそも、戦争に賛成すれば廃止派を批判できないと言うアナタの言い分は全く理にかなっていない。
>>832は、凶悪殺人鬼と被害者の命を同列に扱ってまで命の大切さを語っているにもかかわらず戦争を容認するから矛盾しているだけだ。

廃止論者は相変わらず詭弁が過ぎるぞ。数集まっても詭弁の度合いが増すだけだ。意味が無い。

>>842が普通の人の感覚だと思いますよ。
これが分からない>>843さんは口先だけ戦争反対だと言っても全く説得力がありませんね。

845 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 19:53:56.96 ID:7z51XHV10
予定を済ませて来た。

書き込んだ内容だけで判断して善人と考えられる廃止派のレス。
まあたとえ相手の殺人願望を想定してても口に出すべきことではないとは思う。
論拠自体はおかしくない。

これから自分の書いたレスの復習も踏まえてちょっとずつレスしていく。

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/01(木) 04:18:02.56 ID:WDVoQXFw0
>94
>「人を殺してはいけない」ということは誰だって教わっている
いや、
教わっていたとしても、浸透はしていない。
現に、お前らのような「死ね死ね団」がこの国には多数、存在してるからな。

>何故その事実を隠蔽する必要があるのか?
アホか?
捕まりたくないからに決まってんだろ?
「殺しちゃいけない」と思ってるからではなく、
殺してしまった後、「捕まりたくない」と思うから、隠蔽するんだよ。

お前ら同様、殺人を犯す人間は、その瞬間、犯罪を犯す瞬間は、
「人を殺す事は、いけない事」なんて、思っちゃいない。
そう思う人間は、人を殺したりなんかせんよ。

>総じてお前には議論に足る整合性というものがない。
整合させる、脳活動がないだけだろ? お前に。

仮に、死刑を廃止し、その理由に、
「人間はどんな理由であれ、意図的に殺人行為を行ってはいけないから」
としたら、それを理解させ、浸透させる事が出来たら、
今よりも犯罪を抑止できると、思えんか?

カッとなろうが、「許せない!」って思おうが、仕返しや罰と称してでも、
人間は人間を殺しちゃダメですよ。と、
感情主体の人達にも諭せる事が出来たなら、犯罪は間違いなく減るよ。

お前らの「殺人願望」とも言える人格は、再構築されるだろうよ。



846 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 20:23:56.61 ID:FwIydQ66P
>>845
だから何でお前ら馬鹿の妄想に殺人犯、とりわけ計画犯が合わせなきゃならんの?
頭大丈夫かおいw


847 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 20:43:20.86 ID:gsLu4cux0
>>845
>お前ら同様、殺人を犯す人間は、その瞬間、犯罪を犯す瞬間は、
>「人を殺す事は、いけない事」なんて、思っちゃいない。
>そう思う人間は、人を殺したりなんかせんよ。

お前の妄想には飽きた。
いけないこととは知りつつも、それ以上の欲望があるからこそ殺人をする。
だからこそ、衝動的に殺人をしようとも、微かな善意が残っていれば、殺人を犯してしまった後で後悔する。
やり始めてしまっても躊躇がある。

だからこそ残虐な犯行や、残虐で冷酷な死体遺棄が死刑適用基準になっているんだよ。

自分が死ぬのが怖いくせに、他人を殺すことを悪い事だと全く思っていない凶悪犯は人間の心を持ち合わせていない。
ケモノと同じだ。
何が浸透だ笑わせるなよ。他人を殺しても悪いと思っていないってことは自分が死ぬことも恐れていないってことだ。
それは最早ケモノ。人間として死刑になるのはせめてもの情け。

人によっちゃあ、そんな奴は駆除で良いって叫ぶ奴もいるだろうさ。

848 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 20:46:03.02 ID:4LR/tFRE0
http://www.moj.go.jp/content/000074778.pdf

849 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 20:52:59.78 ID:WuT4Syyv0
>生命を奪う事を優先で語っているのが、存置論者。

当たり前だろそう言う罰なんだから。バカなのかこいつは?

850 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 20:57:37.52 ID:gsLu4cux0
アムネスティが一つの国家として機能しているならば説得力もあるというものだが、残念ながらただの宗教の域を脱していない。
以下コピペ。

死刑廃止における各国の状況他

・カナダ→死刑廃止後、殺人発生件数が増加

  以下はアムネスティによる恣意的なデータの扱い
  (グラフを平均的に扱わずに、都合のいい部分から選んで犯罪減少と見せかける)

  カナダにおける殺人発生件数(人)
  http://www.geocities.jp/aphros67/graphic/canada01.jpg
  カナダにおける殺人発生率(/10万人)
  http://www.geocities.jp/aphros67/graphic/canada02.jpg

・イギリス→死刑を廃止以降、テロリストによる警官殺しが増加

・イタリア→死刑廃止後、マフィアによって裁判官、検察官、政治家、犯罪学者が次々と殺される事件が発生

・韓国→死刑を執行している時期に比べ、死刑を執行していない時期の殺人犯罪が32%増加(朝鮮日報)

・アメリカ→50州のうち死刑廃止州は13州、1972〜1976年にかけて執行停止の後、合憲とされ死刑執行が復活
       命を奪わない性犯罪に対しても死刑を適用、人種差別やDNA鑑定による大量の誤判、
       格差による弁護士の雇用状況の違いなど日本とはまったく異なる状況にある事を理解する必要がある
       死刑を執行するたびに犯罪は減少傾向にあるようだが、データをまとめきれない

・ドイツ→「終身刑は死刑より残酷」として廃止


851 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:06:34.04 ID:XvDz+WZs0
死刑廃止にしたばかりです
犯罪が増加してるのは、閉じていたふたを開けたことにより
ウミがでているだけです
 
一時的現象にすぎません

852 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:11:41.21 ID:7z51XHV10
>>845のレスをした者だが、俺がコピペした>>9のレスした人自身への誹謗中傷はやめてくれ。
論拠を否定する意見だけで結構だ。

あと省略されてるとこまで読んでくれ。

これを見直して思ったんだが、人類が生まれてから最初に起こった人殺しは
私利私欲の殺人だったのか、それとも罪を犯した者を戒めるための処刑だったのか?
有史以前じゃ想像することしかできないが、ここにいる人はどっちだったと思う?

人類が共同生活を始めた後を想定してくれ。

853 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:14:38.13 ID:PlvEGRXY0
>>851
その、閉じているフタを抑止力って言うんじゃないのか?
自分の言ってること解ってる?


854 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:22:27.03 ID:PlvEGRXY0
死刑存置の国で、死刑囚が一人も出ない社会を作ることは論理的に可能だが、
死刑廃止の国で、死刑よりも確実に凶悪犯を社会から排除する方法はない。

廃止派は、今の社会でも自分たちの目的は達成できるはず。
そちらに向かわないのは何か魂胆があるからに他ならない。
いいかげん、日本は君らの宗教に染まるほど愚かではないことに気付いたらどうだ。


855 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 22:26:37.30 ID:gsLu4cux0
>>852
馬鹿じゃなかろうか?誹謗中傷の意味を履き違えている。
お前が>>9本人だろうが他人だろうがどうでもいいことだ。
>>9をお前が引用した結果そこに反論があった。つまりその反論はお前と>>9双方に向けられたものだというだけだ。
もちろん>>9もお前のレスならば反論を受けたのはお前だけという事になるがそれは重要なことではない。

>>851
それはウミが出たとは言わん。

856 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 22:28:24.71 ID:gsLu4cux0
>>852
ああ、>>9じゃなくて>>99だろ?

つうかどっちもお前だろw

857 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:30:42.75 ID:7z51XHV10
>>833
元廃止派君として>>832に答えてみよう。

>死刑は、生命を守る為に生命を奪う行為ではない。
>生命を奪う為に、生命を奪う行為だ。
死刑に執行猶予を認めて裁判所が死刑を出しやすくなるという俺のやり方なら新たに命が奪われる行為を抑制できる。

>生命を守る事を優先で語っているのが、廃止論者。
>生命を奪う事を優先で語っているのが、存置論者。
これはどちらも一括りにし過ぎだ。

てかどっちも存置「派」とか廃止論「者」とかいちいち意見を言う「人」に意識が行き過ぎている。
お互いが論破すべきは存置「論」と廃止「論」だ。

858 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:33:03.61 ID:7z51XHV10
>>849
「そういう罰なんだから」じゃ答えになってないと思う。
上手く論破してやってくれ。

859 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 22:35:30.82 ID:gsLu4cux0
>>858
論破の必要は無いよ。そもそもの前提が嘘なんだから。

860 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/06(火) 22:40:10.64 ID:gsLu4cux0
嘘や無根拠の妄想に対して回答を求められても知らんがな。後は勝手にやってくれ。バイバイ。
以前からずっとそうなんだけど、ざっとこのスレだけ見ても、存置派の根拠ある指摘に対して廃止派は何も答えられてないけどな。

相 変 わ ら ず 都 合 の 悪 い 質 問 に だ け は ダ ン マ リ で す か ?

861 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:46:48.45 ID:XvDz+WZs0
>>853
いままで制圧さしてたことで溜まっていた社会の負の部分のウミが
いっきに噴出してるのです
 
目先だけの結果をみて全てを判断してはいけません

862 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 22:54:07.48 ID:7z51XHV10
>>855
「頭大丈夫か?」とか「バカなのかこいつは?」というのは一言余計だ。そういうのを誹謗中傷だと俺は思っている。

>>99のレスでまだ論破されてない部分だ。本人はいないみたいだが、論破しとく必要がある。

問1
>「人を殺してはいけない」ということは誰だって教わっている
いや、
教わっていたとしても、浸透はしていない。
現に、お前らのような「死ね死ね団」がこの国には多数、存在してるからな。
→少なくとも廃止派の中で殺人を犯していない人は「人を殺してはいけない」を徹底している、と取れる。

問2
仮に、死刑を廃止し、その理由に、
「人間はどんな理由であれ、意図的に殺人行為を行ってはいけないから」
としたら、それを理解させ、浸透させる事が出来たら、
今よりも犯罪を抑止できると、思えんか?
→今の状態ではいきなりこれは無理だろうな。

問3
カッとなろうが、「許せない!」って思おうが、仕返しや罰と称してでも、
人間は人間を殺しちゃダメですよ。と、
感情主体の人達にも諭せる事が出来たなら、犯罪は間違いなく減るよ。
→俺はこれは正しいと思える。ただ実現可能性が低い。すぐには全員を諭し切れない。

863 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 23:01:21.69 ID:7z51XHV10
>>859
>>860
嘘だと思ったらその論拠を示す。それが議論というものだ。ちゃんと答えてやりな。

864 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 23:07:57.51 ID:7z51XHV10
あと今更だが議論の相手に相手の発言の中での整合性を求めるべきではない。
求めるべきは自分と相手の意見の整合性だ。
反対意見を述べる相手に不整合性が見られるようになったらもう一息だ。

俺が廃止派から存置派に変わったようにな。

865 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 23:13:19.16 ID:7z51XHV10
>>861
ウミを出し切るにはこれからどれ位の期間と犠牲が必要になるとあなたは予想している?

866 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 23:39:21.55 ID:XvDz+WZs0
死刑制度にかぎらず何かを変えることは少ながらず犠牲がでてくるんですよ
しかし、犠牲がでるから止めるのではなく
犠牲の先になにがあるのかを考えなくてはいけません


867 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/06(火) 23:45:19.61 ID:7z51XHV10
>>866
どの位犠牲が増えるかを考慮しないわけにはいけない。
日本が死刑制度を廃止するのは、廃止に切り替える国で犠牲が減り始めてからでもよくないか?

868 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 00:02:12.50 ID:YWklzWmiP
>>862
だからお前の妄想に何で殺人犯、とりわけ計画犯が付き合わなきゃならないのか答えろよ。
大体、誹謗中傷もなにも、お前自身医者にキチガイだと診断されてんだろうが。馬鹿か?w


869 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 00:23:00.51 ID:3BGC65w90
>>866
シネシネ団

870 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 00:32:22.43 ID:23eEDyEB0
>>863
>>864
お前が嘘をついていることはお前自身が良く分かっているだろ。
それが法律違反に当たり、お前をその罪で検挙しようとするならばその証拠を示す必要が有るから行うが、
その必要は無い。分かる人だけ分かればよい。
嘘つき廃止派が嘘をつくたびに示しても厚顔無恥な人間には殆ど無駄。議論としては惚けてシラを切って終わりだからな。


だが第三者に分かり易くする為に定期的には示してやるけどなw

871 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 00:44:37.71 ID:23eEDyEB0
>>862
馬鹿といっているのはオブラートに包んでやってるんだが?

馬鹿でないならお前は卑怯者の極悪人ということになる訳だが?
その意味が分からないというならやはりただの馬鹿であることになる。
わからないわからない自分は精神病だからわからない勉強不足だからわからないと

都合の悪いところでは 『わからない』 を連呼しておいて、
都合の良いところでは知識人気取って無根拠なものを前提として質問してくる。


もう一度あらためて言う。

>「頭大丈夫か?」
>「バカなのかこいつは?」

(いや、馬鹿じゃないよ本当は賢くて卑怯で極悪人の凶悪殺人推進者なんだよ・・・・・)




872 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 00:59:13.10 ID:D0DiCRwd0
被害者遺族の報復感情を満たす制度ではなく
被害者遺族の感情をケアするシステムを作ることが大切なのです

死刑制度がある以上、延々と
被害者遺族の感情をケアするシステムを作ることができないでしょう

873 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 01:04:51.52 ID:QOTU9DSR0
思考停止バカ

874 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 01:10:25.21 ID:B9+BEjE30
>>866
その犠牲「者」の中に、お前が含まれることが確定していても構わないなら、考えてやるわ。

住所と名前を公開してみ。


875 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 01:21:54.86 ID:D0DiCRwd0
>>873
死刑という制度がある以上、被害者遺族がそっちに流れていきます
国家は加害者を殺すことですべてを良しとしているんですね

それだと本当に被害者遺族の感情をケアするシステム生み出すことはできません
死刑制度を廃止しなければ、遺族を癒すシステムはできない

つまり死刑制度は被害者遺族を思考停止させてるのです


876 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 01:53:57.19 ID:9CK1DN7q0
>>844
自分が反戦主義者と書いたのは、別に貴方に興味を持って貰う為ではなく、そこは
>>832の方とは違う、というつもりだったのですが。

貴方の矛盾というのは、こういうことです。
戦争というのは決して兵士と兵士の殺し合いにとどまりません。必ず民間人が殺されます。
決して彼らは死を望んでいる訳でもありませんし、殺されるほどの罪を犯した訳でもありません。
これは、もちろん貴方方風の言い方をしてるのですが、
では、なぜ貴方方はこの民間人を虐殺した兵士達を死刑にしろとは言わないのでしょうか?

最近ではイラク戦争・アフガン戦争において、米軍を始めとして民間人の大虐殺が行われています。
日本の自衛隊、特に海上・航空自衛隊は参戦して、民間人虐殺の共犯者になっています。
日本の法律でいえば、当然死刑相当の罪を犯したことになります。
なのに貴方方は彼等を死刑にしろと言わないのですか?
結局、自分の意見も主張も何もなく政府の言いなり、てことですか?

人の命は無差別に平等です、殺されていい人間なんて存在しません!

877 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 02:02:29.25 ID:9CK1DN7q0
>>875
確かにそうですね。

878 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 02:23:42.83 ID:3BGC65w90
>>875

死刑廃止国では、
> 本当に被害者遺族の感情をケアするシステム
ができてるの?

そのシステムを教えてくださいな。

>>877 でもいいけど。

879 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 02:34:36.70 ID:2dmBhReBO
>>876

あなたはなぜ彼らを終身刑にしろ、懲役刑にしろと言わないのですか?



880 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 03:03:11.06 ID:aWUDlw3/0
>>845
>現に、お前らのような「死ね死ね団」がこの国には多数、存在してるからな。
>アホか?

>お前ら同様、殺人を犯す人間は、その瞬間、犯罪を犯す瞬間は、「人を殺す事は、いけない事」なんて、思っちゃいない。
>お前らの「殺人願望」とも言える人格は、再構築されるだろうよ


これが善人w
バカだろw

881 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 03:14:21.88 ID:23eEDyEB0
>>876
私が戦争に賛成しているのならば矛盾しているのでしょうが、貴方は何を勘違いしているのでしょうか??
凶悪殺人鬼であっても命は大切と説く死刑廃止派が戦争を容認した場合に矛盾が発生するだけです。

死刑制度が社会にとって利益となると考え死刑容認する人にとっては、同じく戦争が社会にとって大きな利益を生むなら容認するでしょう。

私は侵略戦争には反対ですが防衛戦争にならば賛成します。それでも貴方が、私の考えが矛盾していると言いたいのならばどうぞご勝手に。
貴方は、他国が戦争を仕掛けてきたら無抵抗に虐殺を受け入れろ、或いは無条件に降伏しろとでも言うつもりでしょうかね。

言うだけは自由ですから。たとえそれが無根拠であっても正しくなくともね。

882 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 03:19:19.44 ID:23eEDyEB0
>>876
>人の命は無差別に平等です、殺されていい人間なんて存在しません!

それが大事であればこそ、
私利私欲にて故意に残虐に人殺しをして反省もしないような人間を許しておくわけにはいかないのですよ。

貴方は目の前で凶悪殺人鬼に家族が殺されても、あるいは殺されようとしていても見て見ぬフリでもするのでしょうか。
とても素晴らしい崇高な精神の持ち主だ。
皮肉ですけどね。


私は、自分の家族を私利私欲にて殺すことを何とも思わない人間の命をどうしても大切には思えません。
私はとても野蛮な人間なのでしょうね。


883 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 03:24:24.73 ID:woCOggvk0
ようは、あれだ。

存置派は差別主義ってことだよな?

884 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 03:31:03.88 ID:23eEDyEB0
>>883
差別で問題なのは自分の努力ではどうにもならないことで差別することだよ。
私利私欲にて好き勝手に殺人しなかったら良いだけなんだけど・・・・・・・これはお前ら廃止派にとっちゃかなりハードルが高いのか?



そんなら仕方ないけど差別する。ゴメンネ。

885 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 04:06:04.66 ID:aWUDlw3/0
>>883
このレッテル貼りの一行も十分に差別意識丸出しだけどな。

886 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 07:26:58.93 ID:MbMXiKnG0
>>872
確かに遺族は「自分の都合で大切な人を殺した凶悪犯を許せない」という感情と
「人を殺してはいけないと考える自分がなぜ凶悪犯は殺そうとしてしまうのか」という自己矛盾を抱えることになる。

死刑存置の元でどうやって遺族の心身をケアしていけばいいか?
難しいな。誰か解決策を提案できる人いないか?

887 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 07:32:14.65 ID:MbMXiKnG0
>>880
だから相手に殺人願望を想定してるところはいただけないな、って先に書いといたろ?
論拠は善人だと思ったんだ。

廃止派の中でも、「自分は無実の人を殺さないし、凶悪犯でも殺さない」って考えてる人が一人でもいたらどうする?
彼を納得させない限り、私利私欲で廃止を訴えている人間達がそれを悪用してくる。

888 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 08:33:59.28 ID:UtDJa+Nv0
反日人権死刑廃止派の工作員も毎日大変だな。


889 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 08:46:50.82 ID:2hHunsLU0
>>876
おい、共産党員。
死刑廃止国がNATO軍としてリビアを攻撃して犠牲者が出ているのを
どう説明する?
あと死刑相当の罪人に死刑以外にどういう刑を与える?
「ご自分で考える事ですよ」で逃げるなよ。
お前都合が悪いとすぐドロンしてほとぼりが冷めたら、また空理空論を
振りかざして出てくるよな。
お前みたいなクズより全スレをまともに浴びても議論する統失くんの
ほうが立派だよ。


890 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 09:57:35.88 ID:i/gr+Ouq0
>>889
自国の利益の為に国連平和維持軍まで戦闘に参加させてるよね。
廃止派の大好きな国連は数カ国の石油利益の為に戦闘行為を許可したんだよね。

自衛隊も国連平和維持軍に参加してるから、日本もリビア反政府武装テロに国連の名の下に参加させられちゃったんだよ。

死刑廃止国のイギリスとフランスは石油の為にバンバン人殺しをする国。
国連は数カ国の石油利権を守る為に人殺しをさせる団体。

良い悪いじゃ無く、それが死刑廃止派が崇めてる国と国連の実態だよね。

891 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 10:17:23.48 ID:aWUDlw3/0
>>887
>論拠は善人だと思ったんだ。

いくら論拠が立派に見えてもそれだけで善人扱い出来るわけではない。
善人とは論拠では無く人間性だ。
ここみたいな匿名の掲示板だからこそ建前とは裏腹な人間性を晒してくれているのに、それすら見抜けないのは社会に出ていないからか?
犯罪者の事で四六時中悩むのは止めて、少しずつでも良いから社会に出てリハビリした方が学ぶ事も多くて良いぞ。


892 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 10:27:06.71 ID:auBceiYC0
>>839
>>832の方は全ての命の重さ・尊さを語ってる訳で、

>832
>生命を奪う為に、生命を奪う行為だ。
この発言の時点で、それは成り立たない。
死刑はあくまで殺人を犯した者に対して適応されるからな。

まぁ832の主張が「全ての人間は殺人犯」という、何処かで聞いた事のあるシリアルキラーの主張と
同じであるなら話は別だが。

893 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 10:35:47.15 ID:VrD2DkeS0
ものすごく初歩的なこと聞いてもいいですか?
計画性がない事が量刑少なくなる理由になりますが、もし「カッとして人を殺した人」と「理由があって他人を計画して殺した人」がいたら、自分は絶対前者が隣人であったほしくないと思うのですが・・・
後者には恨まれなければいい訳で。カッとして犯罪を犯す人の方が矯正する理由があると思うのですが、カッとした方が許される理由は何なのでしょう?
すみません、小学生みたいな文になりました。

894 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 10:51:30.20 ID:i/gr+Ouq0
>>893
「カッ」の内容も精査されるから一外に刑が軽いとは言えない。
人権死刑廃止派が39条残してるから、「カッ」より怖い真性が野放し状態だよ。

895 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 11:14:30.42 ID:VrD2DkeS0
>>894
うーん、でもそれは結果論であって、被告や弁護士が「計画性はなかった。カッとしてやった」と言うからには、やはり一般的にはカッとしたことにしといた方が得と思われているような。


896 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 11:49:25.62 ID:i/gr+Ouq0
「カッ」に整合性があって納得出来るならね。

それより死刑廃止派が解放してる真性の方が怖いだろ。

897 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 12:07:27.24 ID:MbMXiKnG0
>>891
だから、これ書いた本人が善人じゃなくったってどこかに本気でこう思っているような善人がいる場合のことを言ってる。
そういう善人を俺たちは何て言って説得したらいいのかな?ってこと。

898 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 12:11:35.60 ID:MbMXiKnG0
死刑執行猶予を唱えた元廃止派君であるが、もうちょっと違うやり方を考えてみた。

裁判所が死刑判決を下したら、国会が速やかに死刑執行期日を指定する、というものだ。

犯罪の社会への影響力を考慮して国民の意見も聞きながら期日を早めたり遅めたりする。
そして期日が来たら迷わず処刑する。

899 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 12:16:02.02 ID:MbMXiKnG0
>>896
>「カッ」に整合性があって
多分これは犠牲者にも落ち度がある場合を言うんだろうね。
相手を激怒させるような行為をしたとか。
激怒した位で人殺しちゃうような人がいっぱいいたら困るけども。

900 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 12:30:38.17 ID:KVaz7g9I0

>激怒した位で人殺しちゃうような人がいっぱいいたら困るけども。

ソンチームのことか?w

901 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 12:36:58.02 ID:l3Yg8atq0
>>898
>国民の意見も聞きながら・・・
これが裁判員裁判ではないのですか。この国は法治国家です。
死刑判決が出て確定するまでには相当の時間がかかります。
裁判官・裁判員・検察・警察・弁護人・証人等が関わり合って最終的に
判決がでます。その他に国会が期日を指定して国民の意見も聞く・・・?
法律では上告できます。1回きりの裁判ではないですよね?
判決確定後6ヶ月以内に執行しなさいとなっています。
その間再審請求も出来ます。
このようなルールでは駄目でしょうか?

902 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:02:29.65 ID:MbMXiKnG0
>>901
でも裁判員裁判では裁判員が誰か公開していないでしょう?裁判員にも守秘義務がある。
結局裁判員が各自で判断するから国民全体の意思が反映できないかもしれない。

903 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:17:47.92 ID:MbMXiKnG0
>>900
無知で悪いがソンチームって何なんだ?

904 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:21:06.88 ID:aWUDlw3/0
>>897
えっ?
自分の発言も覚えてないのか?
お前、存置になったフリで廃止派擁護したいだけだろ。

>>845
>書き込んだ内容だけで判断して善人と考えられる廃止派のレス。


905 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:25:35.96 ID:GPuDhaWD0
>903
存置派ってだけで慣れ合う、人殺し大好き集団の事じゃないか?

906 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:33:00.19 ID:aWUDlw3/0
>>905
( ゜3゜)つ>>2

廃止派には発狂させる刑罰推進派がリアルにいるよなw

907 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:39:27.60 ID:MbMXiKnG0
>>904
だから書き込んだ内容=論拠だよ。
議論ってのは相手の思い付きだろうが、「論」を戦わせないといけない。
悪人な廃止派の中にもしかしたら紛れているかもしれないこういう無垢な羊みたいな事を考えている人は
どうやって説得したら存置派に引き寄せられるかなって。

そういう人間と他の悪い廃止派を分断させていけば、そういう奴は本性を現さざるを得なくなる。
俺にはなかなか論破できないから誰かこれを代わりに論破できる人いないかなと。

そしてソンチームってマジで何なんだ?
最初見た時に思い浮かんだのは「リゾチーム」の親戚か何かかな
とか本職の科学系にすっ飛んでしまったんだが、「存置派」という意味なのか?

908 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 13:41:18.16 ID:23eEDyEB0
>>893
>後者には恨まれなければいい訳で。カッとして犯罪を犯す人の方が矯正する理由があると思うのですが、カッとした方が許される理由は何なのでしょう?

とても良い質問だと思います。
ただ、罰+矯正を受ける人間のことを、「許されている」 と考えるのはまた難しいところでしょうけどね。
まぁ、死刑に比べたら許されていると言えるのでしょう。
で、本題ですが、これはもう既に貴方自身が答えを半分出しているようなものです。
そう。貴方自身も仰っているように、矯正できる=更生の可能性が高い という事が言えると思います。

逆に、
>「理由があって他人を計画して殺した人」
の場合、貴方は恨まれなければいいと言っている訳ですが、この、『理由』 に問題がありますね。
この計画的殺人者を仮にAとしましょう。
貴方に全く落ち度が無く、しかも貴方に対してこの人が全く恨みも無いにも関わらず、Aさん個人の都合で・・・・・たとえばそうですね

「誰でも良いから殺したかった」 「誰でも良いから金を奪いたかった。顔を見られたからバレないように殺した」
「(貴方と犯人が異性関係だと仮定)性欲を満たす為に襲い殺害した」
「(貴方が警察や弁護士等だと仮定)被害者の存在により犯罪がし辛く感じていたAは邪魔者排除の為に殺した」

などの場合ですね。これら総て、理由があって計画的に冷静に犯行が行われたとしたら・・・・・・

直接なじられてカッとなってつい手を出してしまう人間と比較し、社会的にどちらのほうが脅威に成り得るでしょうかね。
私は、貴方の言う後者の方が圧倒的に脅威であるし、反省や更生の可能性も少ないかと思われます。

まぁ人数的にはこういう人間は少数であると思いますけどね。(死刑制度があればね)

少し上の方で廃止派が書き込んでいますが、こういう冷静に損得勘定している人間の抑制を取り払って(死刑廃止して)
こいつらが解放されて殺人事件が増えたという事実を、「ウミが出ただけ」 と表現しています。
ウミとは、雑菌等を免疫細胞が殺した後の死骸のようなものですが、この場合は彼らは死にません。
社会に復帰する可能性だってある。また、殺人実行犯の裏で糸を引く 『病巣』 はむしろ活性化するでしょう。

死刑制度を、潰瘍を覆う表皮のように表現するのは正しくありません。
潰瘍の中心にある病巣を抑制する抗生物質に喩えるほうが適切です。
死刑廃止でウミが噴き出すのは、病巣が活性化されてウミが増幅して表皮を突き破って溢れだしたと考えるのが妥当ですね。

一般的にウミを出すというのは、病巣は抑制しつつ、新たに溢れることのない、溜まっただけのウミを切開して取り出すというものです。

909 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 13:47:54.19 ID:23eEDyEB0
ところどころ日本語がおかしかったですけど勘弁してください

910 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 13:56:20.60 ID:MbMXiKnG0
>>908
社会的に脅威になり得るのって今の社会に不満を持っている人の事だよね?
でも誰しもが多かれ少なかれ自分の住む社会に不満を持っている。
その不満をガス抜きしていくように形を変えていくことがむしろ社会が成長していく原動力となる。

無差別殺人犯っていうのははそういうガス抜きがし切れなかったことで生じる局所的な爆発ではないか?
つまり変化への必要性を示している。

今、法務大臣が法律通りに「6か月以内」にやることやらないと言っているが、
昔からそれは普通にあった。しかし何も対処せずに来たことでガスがどんどん溜まって爆発が頻発している。

法務大臣が法を守らないという行為ははこれまでずっと行われてきた。
変えるべきはむしろ法務大臣じゃなくて法律の方なんじゃないのか?

911 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 14:02:15.93 ID:23eEDyEB0
>>910
>局所的な爆発ではないか?

私はそうは思わない。というか爆発では無く理知的な犯行を防ぐ為の死刑制度だ。
ガス抜きは他のところでもやれる。
それに、ここでは言っているのはカナダで死刑廃止後に殺人が増えた事実だよ。これは爆発では無い。

>変えるべきはむしろ法務大臣じゃなくて法律の方なんじゃないのか?

確かな根拠なく執行しなかった場合は法務大臣であってもなんらかのペナルティを与えるとかかね?それは難しいところだね。
まぁそういう意見が出ても不思議はないだろうけどね。

912 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 14:04:45.40 ID:Uycv3aySO
社会がもっと高度化したら、犯罪の解決を刑罰に頼らなくなると思うんだ、と独り言を言ってみる

913 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 14:15:07.68 ID:23eEDyEB0
社会として高度化つうのは基準がわからんな・・・・・・
個人データを総て国で管理して監視カメラでガッチガチに監視して犯罪を未然に防ぐ方法になるとおもうけどね。
それでも何らかのペナルティは必要になると思うね。集団生活ってのはそうじゃないと成り立たない。

無法ってのはその名の通り無法地帯。
弱肉強食が社会的に高度だっているならそうなると思う。

社会じゃなく、人間の能力が高度化したらそうなる可能性はあるとおもうけど、生物としての進化が必要だよね。
人間よりもっともっと上の何かに進化しないと無理だと思う。人間は人間だよ。猿よりは知能が高い哺乳類。
地球上でもっとも理性がある動物ではあるが、本能だってたくさんあるのが人間だよ。

酒も煙草も思い立った時点でスパっとやめられる人間も居れば
酒も煙草も博打も、犯罪や人殺しすら、『抑制無しには』 やめられない人間だって居る。

914 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 14:18:15.11 ID:MbMXiKnG0
俺が思うに、犯罪とは、ウミみたいに出せば終わりというものでも、病巣のようにそこを潰せば終わりというものではないと思う。
「不満」というガスがどこかで流れが悪くなって局所的に密度が高くなり爆発破損する。

死刑制度はその破れを塞ぐ行為で、しかしそれだけではそこが再び破損するかもしれないし、
そこで変わった流れが別の場所での更なる爆発を引き起こすかもしれない。

だからあまりに爆発が頻発するようになったら社会という容器の形や流れ方=システムを変えなければならない。

廃止国で殺人が増えているのは流れの形を誤って変えてしまったせいではないか。

日本という国の元々の形や流れ方は諸外国とは異なるし、流れるガスの種類=国民も異なるから
単純に諸外国と同じことをしたとして、それがよく働くか悪く働くかは正確に予測できない。

いずれにせよ爆発が頻発するなら何か変えなきゃいけない。
それはどんどん穴を補修することなのか、流れを変えることなのかは分からないがな。

抽象的だが俺の感覚は大体そんな感じだ。んで俺は流れ=システムをちょっと変えてみるべきと考えている。

915 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 14:24:00.77 ID:MbMXiKnG0
付け加えるると、完全な個人間での殺人は、急速に動くガス分子同士衝突による化学反応で起こるもので
だから社会という容器の破損にはあまり直結しない。

916 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 14:49:17.96 ID:23eEDyEB0
>>914
>死刑制度はその破れを塞ぐ行為で

死刑制度は破れを防ぐものではない。つまり臭いものにする蓋では無い。
破れを生む膨らみそのものを抑制するものだ。そして出てしまった膿を浄化するものだよ。

そして、不満というガスを出さない為には不満を解決すれば良いというのが君の考え方かい?

>いずれにせよ爆発が頻発するなら何か変えなきゃいけない。

世界的に見て、それをしなきゃいけないのはまずは死刑廃止国であるから、変えるためには死刑復活させるべきかもな。

917 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 15:18:39.22 ID:auBceiYC0
>>911
>変えるべきはむしろ法務大臣じゃなくて法律の方なんじゃないのか?

>確かな根拠なく執行しなかった場合は法務大臣であってもなんらかのペナルティを与えるとかかね?それは難しいところだね。
>まぁそういう意見が出ても不思議はないだろうけどね。

公務を放棄しても何もペナルティーが無いってのは問題だよね。
確かに、そこは改正すべきだと思う。

918 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 15:35:45.49 ID:aWUDlw3/0
>>907
元々お前がこのスレの廃止派には善人が多いと思われるって言ったのに対して『その善人だと思われるレスはどれ?』って流れだぞ。
論拠も何も、お前が『これがその善人です』ってだしたのがアレ。
で、もう一度問うが、お前にはアレが善人の廃止派に見えるんだな?
あれは>>2とも同一人物だが善人に見えるんだよな?
YESかNOで答えろよ。
無駄な言い訳は聞き飽きたからな。

919 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 15:52:24.96 ID:aWUDlw3/0
>現に、お前らのような「死ね死ね団」がこの国には多数、存在してるからな。>アホか?
>お前ら同様、殺人を犯す人間は、その瞬間、犯罪を犯す瞬間は、「人を殺す事は、いけない事」なんて、思っちゃいない。
>お前らの「殺人願望」とも言える人格は、再構築されるだろうよ


しかし、論拠もなにもこれで善人ね?
殺人鬼が同じ内容を誰かに書いてもらっても善人扱いするんだろうな。
せっかく匿名を利用して本性を現して貰ってもこれだからな。

920 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 16:04:49.69 ID:23eEDyEB0
>>919
>>806
>どう考えても善人にしか見えない者も数多くいると思った。

論拠がどうとかw
どう考えても善人にしか見えないって言ってるし、数多くいるって言ってるんだよなwwwwww
小学生が親に欲しいものをねだる時に、「クラスの子はみんな持ってるよ!!!」 って言ってて一人二人しか持ってないっていうアレと同じ。

つうか長文書きすぎたかな。もうすぐスレの容量一杯になっちまうな。自重します。

921 :死刑制度は必要です ◆yb8y0lNEwU :2011/09/07(水) 16:08:41.10 ID:23eEDyEB0
まぁこの場合は、「みんなが持ってるよ!!」 って言ったくせに実は誰も持っていなかったというオチなんだけどな。

922 :( ̄(エ) ̄)y◇°°°◇modesama:2011/09/07(水) 20:24:13.85 ID:R4CrJOpE0

臓器提供者と同じで、死刑反対派だけ、死刑尾反対カードを所持していて、
そいつを頃しても死刑にならないとしたらいいんだな。

万が一、臓器提供して欲しいやつは、自分も臓器提供すべきなんだな。

。。

923 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 20:34:06.87 ID:5yIhMWTl0
いまどき死刑廃止とか馬鹿馬鹿しいこれからはどんどん厳罰化していく方向で行くべき

924 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/09/07(水) 20:50:33.18 ID:ef5lrQTH0
                        { : \                                                             __
                       ヽ: : :|--;r<fニニx、__                                              ,.  ´ }
                      人: i/       ` .}_  死刑は今すぐ廃止するべきだ!                     _,. -‐ ´     /
                    厶‐ァ   / ./     \}                                  _,. -‐  ´          /
                      / : :/   / -/、/ /  :i  '.                           ,.―r==ァ≦、      _,.   -‐   ´
                  / : :/    i,r≠x|Xハ  /l  :| i                       _,.イ   丿'´   \  /\
                  /l;/:||i:  〃fんィハ }ノイ-| / | |                       .   ´: :厶 イ         `ー 、 _ ヽ
                  / /  |从|_i{ 弋'り   ィ卞Y /ノ |                 .   ´: : : : : : j   ,ノ     ー‐ 、  i´  ノ
                  / 「 ̄ ̄{{`≫x、    ,、__ ,ヒ'りj/  リ           _,.  -‐ ´: : : : : : : : : : :厶 イ      /人\_〉/、
            / /:|   /´}}   }   /  }〉  / ./      .  ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :|  :{_   一 ´  \ \./  }
            / /  丁 ̄ ̄`\ 小.  {__,/  /イ{ _/\,.‐: ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!    〉ーt 、___〈\_ . イ
.         /  ´  ./ :|     / _L..≧ーr 彡一ァ'´人_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}  ,.イ : : :}  }     `ー‐一′
.         /     /   !ニニニ7ア´ ̄`ヾン'´      }  {:__:,.-―――――-、: : : : : : : : : : : i/ |: : :/  ノ
      /     /      |___八⌒メfニニx、  /   >ー<            `   、: : : : : : :}   Y´  :{
.   /     /        / ∧{≫≪/: : : : : :ヾy  .ィ ´ }  \  \              `   、: :{    L   〉
.  /      /        / / : }≫≪{ : : : : : : : : : V  下.     \  \                   `丶    し /
  i       /        / {: : :}≫≪{: : : : : : : : : :/ \{ \     \  \                    \  /
  |               /  ∧: :}≫≪{: : : : : : : /  \    \     \  \               `′
.  \              i  /: :|: :}≫≪{ : : : : : ;ハ     :i       \     \  \
     \     \     ' : : |: :}≫≪{ : : : : / |    |        ヽ,    \  \
      )     }   , ' : : : ,': ;i≫≪j: : : : :{ /    ./       | i     ヽ.  \
     /     /  ./: : : /: /≫≪/: : : : : \     /           | |       }:\  \
.  /     /  ./: : : /: : :/≫≪/: : : : : :,.-ミ /         j/      ./   ヽ   '.
. /      .′ /: : : / : : /≫≪´{: : : :f⌒\  \- 、         /′   /       Y !
 f       |./: : :/\: : :/ `≫≪´ {/⌒ヽ   }  __}\\     ./   /         ||
 |      /: : :/ //⌒ト-/⌒ ーf´ |     }  厂: :└‐ヘ,〉  /    /             |/
. \_/⌒ハ/^ヽ.__,厶 | f   |:   l/´ ̄ ̄: : : : : : : : : \ /    {           ノ′
    ハ  /: : : :/: :∧__!/⌒ヽL イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : \     \
.    / ∨: : : /: : : / | /   / | : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ     ≧=-


503 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)