2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阪急交通社の集客詐欺

1 :またたび:2011/01/27(木) 22:14:57 ID:iXpoAsfc0
阪急交通社の不正行為に対する訴訟。阪急交通社はロシア旅行で、
客に間違ったパンフレットと、店頭での間違った案内で、
観光しない場所を観光すると案内し旅行契約を結ばせ、
実際旅行ではその場所は観光しなかった。
阪急交通社は1審で、PC資料を改ざんし、間違ったパンフレットを
送った後に、訂正パンフレットを送ったと主張、
裁判官は告訴を棄却。日本では旅行社が、行きもしないところへ
行くと言って集客し、裁判で改ざんした証拠資料を提出しても
罪が問われない。悪徳企業のしたい放題。
控訴審では阪急交通社の社員、柳平が出廷を求められているが、
本人が「記憶にない」と言えば、詐欺行為は証明されない...。

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2011/01/28(金) 07:30:44 ID:z8eGWNuh0
スルガ銀行による個人情報違法利用についての裁判で,
個人情報保護法18条2項により,
個人情報利用目的の事前明示義務が定められているにもかかわらず,
スルガ銀行代理人神谷町セントラル法律事務所弁護士奥島健二・金森浩児は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法18条は適用されない。」
と誤りを主張し,
これを鵜呑みにした簡裁裁判官岡崎昌吾(現在,東京簡易裁判所)は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法は適用されない。」としました。
東京簡易裁判所・岡崎昌吾は馬鹿です。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)