2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

飲酒運転擁護の裁判官、小池明善

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/09/22(水) 13:36:15 ID:TKnxEFVy0
 酒酔い運転による事故で懲戒免職となった処分は重すぎるとして、
高知県土木事務所の元主任技師の男性(49)が、県を相手取り、
処分の取り消しを求めた訴訟の判決が21日、地裁であった。

 小池明善裁判長は「原告は管理職でなく、運転は私的なものだった。
県の処分基準は重すぎる」
として男性の訴えを認め、県に処分の取り消しを命じた。

 判決によると、男性は2009年4月、友人と土佐市の居酒屋で酒を飲み、
マイカーで信号機に衝突。飲酒検知で呼気1リットル中から基準値
(0・15ミリ・グラム)を大幅に上回る0・7ミリ・グラムのアルコールが
検出され、道交法違反(酒酔い運転)容疑で現行犯逮捕された。
罰金80万円の略式命令を受けた。

 県は1997年、飲酒運転をした職員は「原則として免職」と
処分基準を改正しており、この基準を基に逮捕の翌月、懲戒免職処分
としたが、小池裁判長は基準自体を「重い」と指摘。
免職処分は「社会通念上妥当性を欠く」とした。
(2010年9月22日09時26分 読売新聞)

この裁判官、高知白バイ事件でも悪名を轟かせています。

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/09/23(木) 11:09:18 ID:LhZuupEL0
飲酒検知の値に捏造疑惑でもあったのか?

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/10/06(水) 15:07:30 ID:7kTYP6Qc0
喫煙家は何人も殺してるのだから、そっちを断罪せよ

4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/10/16(土) 11:31:55 ID:bhP8agyd0
スルガ銀行による個人情報違法利用についての裁判で,
個人情報保護法18条2項により,
個人情報利用目的の事前明示義務が定められているにもかかわらず,
スルガ銀行代理人神谷町セントラル法律事務所弁護士奥島健二・金森浩児は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法18条は適用されない。」
と誤りを主張し,
これを鵜呑みにした簡裁裁判官岡崎昌吾(現在,東京簡易裁判所)は,
「本人確認が完了していないから個人情報保護法は適用されない。」としました。
東京簡易裁判所・岡崎昌吾は馬鹿です。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)