2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

応募原稿の使い回しはなぜ悪い?

1 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/12(水) 22:18:08.82
ルール違反でもないのに、遣い回しにうるさい下読みが多いよね。

2 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/12(水) 23:04:09.25
1明らかに、傷があるのにわかってなくて直さないまま何度も送ってくるのは邪魔
2あまりにも何度も同じの送ってくやつは、
 こいつはプロになってから量産ができないやつ=つまり賞とってもすぐ消えていくという判断
3別な賞で落としたのに、まだ多くってくるってことは、くそな下読みに当ったと思ってるだろ
 つまり俺の目利きを信じてないだろという立腹

つまりじゃまなんだよ

3 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/12(水) 23:05:49.34
>>2
あんた、説明うまいね
それだけ言ってもらったら、誰でも納得できるだろう

4 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/12(水) 23:29:10.75
量産できない奴は納得。
特にエンタテイメント系はどんどん量産しなければ話にならん

5 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/12(水) 23:38:28.68
乱歩賞作家の場合、専業でも年1作程度という人が多いよ。

使い回しは駄目と言われて、素直に納得できる応募者は少ないと思うけどな。
まあ、この板は読み専門の人の冷やかしレスが多いから、しょうがないか。


6 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/12(水) 23:49:29.51
>乱歩賞作家の場合、専業でも年1作程度という人が多いよ

そのクリティがないのに、量産ができないのは致命的ってことだろうな
精魂込めた職人の逸品でもない、工場的な大量生産もできない
そんなやつはいらねー

7 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 01:51:41.07
大量生産小説ほどつまらないものはない。東野圭吾とか

8 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 02:33:28.89
クリティなきゃ、新人賞は獲れないって。
ファンがある程度ついてしまえば、クリティ下げても売れるだろうが、
クリティがない素人が量産しても、何にもならん。

9 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 02:39:01.32
大量生産だろうが生き残っていくためには努力も才能もいるんだけどね
商品としてマスが欲しがっているものでもあるし

10 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 02:40:35.22
だれだよw クリティ

11 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 03:10:24.50
クリリンのことかー!!

12 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 06:48:16.80
クリティww

13 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 07:14:01.62
栗を煎じたお茶=クリティ

では?

14 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 15:52:20.35
「ら」抜きは聞いたことあるけど「お」抜きとはなw

15 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 18:43:45.91
逆に言えば、クリティなんだよクリティ
クリティさえあれば、クリティがめっちゃ高ければ
使いまわしでも受賞できるんだよ

16 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/13(木) 20:26:04.44
目から鱗です><

17 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/14(金) 12:05:10.79
一度落ちたものをいくら改稿して
同じ出版社に送っても受賞できませんよw
これしか書けないのかと思われるだけ。

別の所に送って受賞はあるみたいですけどね


18 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/14(金) 14:08:05.09
脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノ
キシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。日焼け
した頭皮に使用する場合に見られがちであるが、ワセリンやトレチノイン
と併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られている。

ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び起こり
始める。また、成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳
する乳児がいる場合での使用は禁忌である。

あまり一般的ではないが、他の副作用には以下のようなものがある(リア
ップの添付文書には具体的な症例を提示しつつ異変を感じたら薬剤師・医
師に相談するよう


19 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 19:45:58.31
だめなもんは、だめなんじゃ!

理由を聞いてはならん!

20 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 20:18:11.77
クリティ とは

クオリティのことか?

21 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 20:19:32.36
なにをいまさら皿うどん

22 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 22:16:27.50
アガサ・クリスティの略だろ

どう考えても

23 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 23:25:52.09
ばれなきゃ、いいんだよ。
ばれないためには、運の要素も大きいが、
下読みのメンツを調べる情報収集能力も重要だよ。

24 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 23:33:33.35
糞エンタメはともかく、文学小説はまずは自分のために書くものではないのかな?
直木賞とったやつで、想定読者は己のみ、と言い放った強者もいたが。

25 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 23:36:56.03
だめだよ、なんで下読みがすぐにばれるのにって言うか教えてやろうか?

最終に上げる前に下読みで集まって相談するじゃん
そこで
下読みA「この○○○はどうかな? あらすじは〜」
下読みB「あれ、それ俺**賞で読んだわ、ちょっと見せて、あーあこれXXXが良くないんだが、直ってないな」
下読みA「じゃだめっすね」

って感じで落ちる、ここでばれないほど改稿してあるなら、それはもう別な作品だよね
つか、直ってればバレようが上に行くんだから、作品を良くすること考えろよ


最後に良いこと教えてやろう
「まったく使い回しバレないのは、どこいっても1次落ちなやつだけ」
これなら下読み一人しか読まないからなかなかバレない

26 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/15(土) 23:56:54.95
>25
あのね、最終候補選定会議に参加する下読みは、
予選通過した作品を全部読んで参加する。
だから、下読みAとBの会話みたいなのはありえない。

27 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/16(日) 00:00:41.26
下読みって新人作家がやってるって本当?
「文学界」の下読み座談会では「普段は自分の名前で文章を発表している」とだけ紹介されてたけど。

28 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/16(日) 00:05:45.07
そのケースでも同じこと

読む前に話し合いがあるなら(もち無いものもあるぞ)、
最終候補選定する会議にすらその額品は行かない。すべての下読みにすら読んでもらえない
ってことだよ

無い場合でも同じことなのは
とにかく、最終に行くすべての作品の内容をすべての下読みが把握するから
そこでばれるんだよって事
A賞の下読みのうち1人だけがB賞にいるから、ばれる確率は**%だなとかやることは
バカらしいって話だよ

29 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/16(日) 00:09:45.83
>>27
『下読みの鉄人』参照
http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/m01-02.htm

30 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/16(日) 00:11:30.44
>>27

純文学は金ないから、新人とすら呼べないけっこうな中堅どころでもやる
とくにその雑誌の新人賞とったけど、あまり本が売れてないみたいな人
(最終選考の作家よりはランクがしたな人)

エンタメは、有名どころではない雑誌の賞なんかは、新人作家だけでなく
それこそ編集者の奥さんとか、奥さんの知り合いの文学部出資のご近所の方
とかあるらしい
地方文学賞とかも地方の大学の先生とか、文化人だよ

乱歩賞は以前は新人作家の必須仕事だったらしいけど、
いまは選考委員会がやってるよね


31 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/16(日) 00:14:18.23
文學界は編集部が読むってよ

ぼくが『文學界』という雑誌の編集部にいたとき、
文學界新人賞というのを年二回やってたんですね。
それで一回に100枚前後の小説を集めるんですけれども、
毎回1500本くらいくるわけですよ。編集部5人ですから、
各人300本くらいずつ読むんです。
100枚のを300本ですよ。つまり3万枚。仕事している合間に。
半年に一回だから年に四百字詰め原稿用紙に換算して6万枚読むことになる。

32 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/16(日) 00:26:03.02
『下読みの鉄人』だと、「長編の下読みは低賃金重労働」とあるが、
ミステリー系だと、下読みはおいしい仕事らしいね。

33 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/17(月) 16:30:29.71
A賞の受賞者が、この作品は実はB賞では一次落ちだったんです、と語ったらどうなる?
B賞で落とした犯人探しとなり、その下読みは仕事を干されることになりかねない。
そこで、無能な下読みほど、使い回しを止めさせようと必死になるわけさ。

34 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/18(火) 22:12:06.52
なるほどねぇ、屁理屈だが俺は気に入った
(俺に気に入られてもうれしくないだろうけど)

おまえさ、その発想力があるなら
こんなところに書かずにそれで小説書いたほうが良くね?

35 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/19(水) 19:13:43.07
下読みの悪口書いてる小説を、新人賞に応募したって無駄だよ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/19(水) 20:33:46.28
下読み殺人事件

37 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/20(木) 21:51:36.84
「子供に自分で考えさせる躾け」とやらの弊害だな。
この世の中、「ダメなものはダメ」なモノばっかりなのに、
「自分で考えなさい」などと言うから子供が
「自分で考えた結果、悪いことだとは思いません。ダメだと決めつける方が悪いです」
になる。
結果、その子が一番損をすることになる。

躾けのしかたを間違えたね。

38 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/24(月) 14:29:57.08
自分で考えさせることと
出た答えが違ってもほっておくことは別だろ
出た答えが間違ってたら「それはちがう」って言うってw
芸術的とかの、答えが千差万別なものは別だけどさ

39 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/24(月) 18:56:07.41
応募原稿の8割が箸棒と言われているけど、それも自分で考えて応募しているわけだろ?

40 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/24(月) 20:18:17.19
いやでもそれは、
「これ箸棒だけど1次は通るかな、2次まで行くかな」みたいなレベルが知りたい応募もあるって


41 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/24(月) 21:09:16.47
>>これ箸棒だけど…

箸棒だと自覚しながら、応募する奴もいるのか? 
ちょっと、驚いた!

42 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/25(火) 09:14:11.57
というか、使いまわしってそんなにバレるのか?
下読みって、一気に何十もの作品を、それも一次だったら
全文は読まず、数ページだけで落としたりもするんだろ?

俺だったら、よっぽど短期間に連続で来ない限り、
作者名もタイトルも内容も綺麗さっぱり忘れそうだけどな。
「ん? 前に似たようなのを見たことがあるような、ないような……
ま、多分ないだろう」
とか。一年どころか半年も開ければ絶対こうなる。

43 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/25(火) 13:40:33.17
一次落ちはいいんですよ、どうせどこに出しても一次落ちで
「ぐぬう、使いまわしがバレたな」って思いこんでればさ

2次以降とか下読みによる選考会まで行く人なら、
そこでは下読み通しの作品の話し合いもあるだろうから全文読まれてるだろうし
心にも残ってるだろうし

そこでばれますよって話
もっともばれたところで、いい作品に改稿されてるなら上に行くだろうから
上に行けないのは
「あ、それ僕読んだ、傷が治ってないね、駄目だね」とか
「この人A賞にもB賞にもC賞にも出してるね、これしか書けないんだろうね」
みたいな感じで傷が治ってないとか、直ってるけどまだまだ受賞級とは言えず
どうせB級なら同ランクの新鮮な他の人を上に行かせた方がましみたいな時とかだから
結局はばれること気にしてもしょうがないんだけどね



44 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/25(火) 18:43:36.49
悪いものは悪いんじゃ!

45 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/25(火) 18:47:12.35
通俗小説は多作が命 流行りの小説(今なら時代小説。少し前なら本格推理や架空戦記)を、流行りが廃れる前にバリバリと書くのが仕事。
そういう人を求めている。
なのに、ひとつの作品を何年も投稿してくるヤツは = 寡作作家にしかなれないだろう。通俗小説を出してる当社には必要ないね。と判断される。

さらには
ひとつの作品に延々とこだわり続ける = 融通のきかない、頑固な性格だろうと判断される。
よって、出版界や読者のニーズにそった小説を、編集の指示を聞き入れて書いてくれるとは思えない。

編集部の人 「いらんわwwwそんなヤツ 自費出版でブンガクサクヒンでも書いてろよwwww」

オシマイ

46 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/25(火) 19:13:34.95
使い回しが悪いと思う人はやらなきゃいいよ。
俺は新作を書く合間に、旧作の使い回しもガンガンやるぜ。
使い回しがばれないように下読み情報を入手するのは当然のことだ。
新作年2本書いて、使い回しも年2回、新人賞はたくさんあるからな。
チャンス倍増の機会を見逃すような愚か者にはなりたくないぜ。

47 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/25(火) 23:45:51.37
誰からの賛同も得られず、>>1の自信が揺らいでいる件について

48 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/26(水) 17:52:46.53
海外の新人作家とか、何社も持ち込んで、ようやくデビューして大ヒット、みたいな話はざらにあるのに、どうして日本だと同じ小説を何社も見てもらうのはダメなんだろ。

49 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/26(水) 18:55:21.65
ダメだって言ってんだろ

50 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/26(水) 18:56:20.90
>>48
お前が考えなくたっていいんだよ。
お前がどれだけ考えたって、世の中の結論が変わるわけじゃないんだから。

51 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/26(水) 21:03:55.21
狭いからです

52 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/26(水) 22:47:44.51
だから、バレないようにうまくやれってことだよ。
無能な下読みほど、死に物狂いで保身に走るから、正論など通るわけがない。

53 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/26(水) 23:32:30.93
下読みの掛け持ちをなくして欲しいよね

54 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 11:17:03.30
下読みって重要な仕事だから
待遇もいいらしいな


55 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 11:28:19.69
>>46
反論の余地がないな。
ダメで元々、万一当たれば儲けものという気軽なバクチ。
同じバクチでも、宝くじを一束買うことを考えたら、
あるいはパチや競馬につぎ込むことを考えたら、
たとえ大はずれでも、郵便代なんて微々たるもんだし。

56 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 11:58:06.70
自演するなカス

57 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 12:19:49.16
パチ、宝くじ、競馬と根本的に違うのは
才能ないやつがラッキーで儲かることが皆無なんだよな
ものすごく高確率に見える、応募総数が極めて少ない賞で
才能ないやつばっかだったら
(つまりは鉄板の馬券とか、ガバガバの台とか)
馬券やパチならとりやすくなるわな
新人賞は違う、受賞者なしになるだけ

58 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 12:48:38.49
>>57
といって、「ラノベに比べたらこっちのが高確率!」
と言い張って競馬やパチにつぎ込むのもどーかと。
それだったら、どうせ一本仕上がるのに何ヶ月もかかるんだし、
「ラノベ投稿」につぎ込んだ方がマシだわな。

59 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 14:46:51.85
なぜ、いきなりラノベに話が飛んだんだ?

60 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 16:22:04.16
パチも競馬もやらねーよw
>>57は逆に言えば
自分に才能があるならば
期待値がトータルでプラスになれる
ほとんどありえないギャンブルと言い換えることもできる
こんな台や馬、そういない

才能があれば、だけどねw

61 :名無し物書き@推敲中?:2011/10/27(木) 17:53:47.70
この板の住人の99パーセントは、
読み専、書こうとして何も書けん奴、箸棒書き、一次落ち常連で占められている。

これを前提にすれば、使い回しは無駄だから止めとけというのも真理かもしれん。


62 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/05(土) 22:00:22.11
>>61
そうかもな。本当に真剣かつ必死にやっている奴は、こんな板こない。
そもそも2chどころかTVも見ていないだろうね。

63 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/08(火) 13:13:01.04
同意が得られると思って、
こんなスレを立てたことを反省したらどうだ?

64 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/17(木) 20:03:25.28
使い回し、ガンバリマス!
新作は書くよ、当たり前だろがさ
思うに使い回しを拒む奴って己の作品に対して愛が無いって思う

65 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/18(金) 23:06:26.00
一つの作品をずっと愛する奴は作家に成れないのさ
新しい恋を常に求める者が作家に成れる


それに拒んでるのは作家ではない、編集部だ
「新しい恋人を作れ」と、「あの不細工の事は忘れろ」「恋愛上手に成れ」
「お前ならもっといい女が手に入る」と
「いくらあとから推敲して着飾っても、俺たちはあの不細工を見逃さないぜ」ってね

じっさい生涯1作品の作家だっているんだけどね
それは超美人を最初からものにした者だけに許される行為

不細工でもずっと愛したいなら本にする事を求めるのではなく、
死んだときに原稿を棺桶にでも入れてもらえ


66 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/19(土) 05:42:01.22
もし取りこぼした作品が他で出版されて大ヒット飛ばしたら、
今の業界の仕組みが維持できなくなるからだろ。
出版した側も同じ仕組みでやってんだからイメージはよくならない。

67 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/19(土) 07:38:46.48
そんな事で維持できなくなったりするかいな
本当に起こっても、ちょっとしたオモロ話で終わり
どんだけ脆弱なのさ

68 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/19(土) 11:04:51.93
クリエイター個人の作品で飯食ってる出版社がクリエイターより強い立場にいるということを示せるんだよな。
選ばれなくて理不尽に思う人がいればいるほど敵わぬほど強い力を誇示できる。
クリエイターに対して出版社通さないとデビューできないという図式を作り上げないと商売が成り立たなくなる。

69 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 07:57:33.38
完全使い回しではなく、キャラだけ同じとか、プロット同じで語り手が違うとかだったらいいかもな。

70 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 09:04:10.39
>>68

業界が結託して、クリエータを拒絶しているの?

71 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 11:20:04.27
プロット同じ

ドルロイの嵐=ダーティペアの大乱戦

72 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 15:00:06.19
昔、江戸川乱歩賞スレで、ダントツがどうのこうのと言っていた時、
受賞作が以前公募ガイドに送った自作と似ていると言った人がいた。

結果的に、有耶無耶のままで終わってしまった話だった様だけども、
応募作がパクられたとか、プロにリライトされたって話はよく聞く。

その真偽について、明確に否定されているのだろうかと不安になる。

使い回しは、作者側の自己防衛だろうけど、使い回しがバレるのは、
下読みのギルドとかに、データベースが存在しているからだろうか?

73 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 15:21:30.76
使いまわしも一次で落ちるならそうばれないんだよ一人しか読まないからね
どんどん上に進んでいくと、どれを最終に上げるかで相談を行うから
そこで
「それ他賞にもあったよ」ってなる
他賞の下読みが一人でもいれば、そいつがその賞の審査時に読んだことなくても
応募があったかどうかくらいは気がつくからね

一方で1次落ちさんは1次落ちさんで、どこ行っても1次落ちだろうから
「くそう、つかい回しがばれてるのか?」って疑うんだろうけどw

受賞するくらいなのに間抜けな下読みに当たって1次落ちってのも
ありえるけど、それなら何度目かには2次とか行くでしょ。

パクリはどうだろ?
(自慢として聞いてほしくないんだけど)
プロとまったく同じ発想の小説書いたことあるぜ
出す前に気がついて書き続けるの止めたけど
たぶん発想のタネになった出来事が一緒なんだと思う
(そのタネを小説から想像するのは無理なくらい違う話なんだけどね)

74 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 15:36:18.54
データベースと書いたのがまずかったの?

75 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 15:57:32.89
なんで? ある意味ではデータベースだと思う
いわゆる商品としてのデータベースに下読みさんたちが入力したり
1個1個検索したりはしてないだろうけど


76 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/20(日) 16:11:26.26
test

77 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/20(日) 16:11:54.94
ポプラスレッドから、宝島社の該当Urlが貼り付けられた時、
社員でも無い某氏が、履歴書について語っていたので驚愕した。

応募者の経歴不記載は履歴書の不記載と同じで、不採用になる。

78 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/20(日) 16:12:13.31
HPで何処そこの予選通過作だと称する作品が掲げられている。

ここで、下読みのデータベースの存在は不鮮明であるとしても、
下読みの友人を優遇する為に評価を下げられたデータの影響は、
作者が知る事の出来ないまま流用され続けることになるんだろ?


79 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 17:14:47.49
私は江戸川乱歩賞スレのダントツやポプラスレのぶっ飛びを読んでみたいだけです。

66氏、68氏が、何を言いたいのか分からないので、70で御訊ねしてみました。


80 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:24:20.34
使いまわしっていう言い方が悪い。
どうしても表現したい世界観があるなら拘れよ。
それを評価されるか、されないかは自己責任だ

81 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:25:19.20
一作書いて力尽きたという理由で使いまわしてるなら、言うまでもなく屑だが

82 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:35:20.91
本来セカンドオピニオンは医者の顔に泥を塗るような行為だが、医者も完璧じゃないから認めているよね
出版社は完璧だといえるのか?

83 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:40:12.87
出版社というより下読み担当の書評家だよ。
彼らが最終候補作を選ぶときに、リライト作に駄目出しするんだよ。
日本ミステリー大賞新人賞の予選委員のコメントを読んでみるといいよ。
http://www.mys-bun.or.jp/news/index.html#20110922news

84 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:46:32.87
>>80
>>81

今日ここで問われているのは、>>68のレスについてではないでしょうか?

業界が結託して、クリエータを拒絶しているのかについて、どうですか?

85 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:49:28.24
これをよむと、要するに作品の傷が治ってないからだな
リライトだから絶対だめということはないらしい

86 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:52:59.22
>>84

ほっとけよ自分のせいで世の中に冷たくされて
回り全部が敵の陰謀に見えてる人の妄想だよ

87 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 18:59:40.72
要するに応募作品のデータベースは存在し、下読みのデータベースも存在するということですか。

88 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 19:11:20.50
え?

89 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/20(日) 21:34:23.03
そりゃどんな作品が来たかくらいデータ取るよね

90 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 00:38:16.14
>応募原稿の使い回しはなぜ悪い?

悪い悪くないより人が嫌がる事をなぜしたがるか不思議
選ばれる立場なのに、なぜそう偉そうなんだろ
一作しか書けてないが、落ちたような縁起の悪いもん出す気になれない

91 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 02:53:22.89
>90
その一作、駄作であることに自信があるんだね。

92 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 11:49:51.83
次回作の方が完成度が高くなる自信があるんだろ

93 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 13:08:41.75
>>90縁起wwwwwww
ばかじゃねーの?

94 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 13:36:50.84
>>91
なにその極論。92がほぼ代弁。次回以降より良くするよう努力だけじゃ。

>>93
ゲン担ぎ馬鹿にするんじゃないよw 人は理論の生き物じゃない上に小説も理論じゃない。
まあ93は蹴られれるようなショボイもんにしがみついてればいい。

95 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 13:45:00.85
こんなんだから文系は馬鹿にされるんだよ

96 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 13:57:38.92
>>95
俺は周りからは頭の堅い研究者扱いだぞ?
我が教授も「研究者には運が大事」「実験にはセンスが必須」
これは割とよく言われる。

97 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:09:02.53
君はさぁ、努力すれば人生が上手く転がっていくかもしれない可能性を秘めているのに、
「俺は運が悪かったから、人生が上手くいかなかったんだ」と言いながら
老衰して死んでいくのか。

98 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:11:01.50
十年の歳月、思い返せば、あっと言う間だよな?
その「あっと言う間を」何回か繰り返しただけで、もう老人なんだぞ?

99 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:12:51.03
第一作より第二作が良くなると信じているわけか。
信じるのはあんたの勝手だが、大口を叩くのは、
第二作を完成させてからのほうがいいんじゃないかな。

100 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:17:49.30
>>97, 99
「努力だけじゃ」って言ってのに何言ってんだ。この人達は
97 なんかズレまくり。99 信じるって? 信じる信じないってそんな乙女感覚で書いてませんがな。
やるだけよ。短編で地方賞程度ならとったよ << これを大口と言う

101 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:23:09.04
>>90
お前はクズなんだからさ、
クズはクズらしく、人目につかない所で小さくなってろよ、もうwww

102 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:23:33.49
『努力するだけ』というなら、日本語として理解できる。

103 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:24:45.85
ここはクズが集まる人目につかない所かと思ってたよwww

104 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:25:42.70
なんだ、クズだっていう自覚はあるんだ。

105 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:27:13.61
名詞+だけでも意味は通じる

106 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:29:45.34
>>104
皮肉だよ。というか論旨ずらせて満足かい?

107 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:33:57.86
一作は書き上げたんだろ?
一次オチにしても、結果が出るまではドキドキして楽しかっただろ?
もう一度その楽しさを満喫したいと思わないのかな。
「下読みに見る目がないから〜 世の中は運が全てだから〜」
などとウラミ魔太郎みたいにブツブツと呪っているより、
前向きに進んでいったほうが精神の健康のためにも良いぞ。

108 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:35:17.66
そうだな、使い回し君のことは、今日からウラミ魔太郎と呼んであげるよ。
君のあだ名にぴったりだろ?
魔太郎と呼ばれたら返事しろよ。

109 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:37:17.16
だから、二作目を書き上げてから物言えって。

110 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:40:57.99
>>109
なんで多作キャラに変わってんだよwwww

111 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:42:42.37
ひとつの作品にいつまでもこだわって使い回しするよりも、
たくさんの小説を書いた方が良いのだ、ということは、受け入れたわけだな。

ヨシヨシ。いい子だ。

112 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 14:50:09.38
2年後、2作目が出来ずに、一次落ちした第1作の使い回しに走る90が見えた!

113 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:02:28.89
>>112 妄想乙。てかなんで君と109は断定的なん? 109 は偉そうだしw
どうして完成していない=書きあげてない。となる? 視界が自身の方法論だけじゃないか?
と言えば意味分からんだろ?www しっかり考えてみなよ

114 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:11:51.11
まずは日本語をマスターしようね。ガンバ!

115 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:19:10.88
2chの殴り書きで↑こういう指摘するバカがかならずいるよな。

116 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:20:17.84
ガンバ!
だって……
80年代に中高生をやってたオバハンか。
ここまで愚かだと、もはや煽る値打ちもないな。

117 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:25:18.43
>>113

あのさ112はさ、
君がエラそうな事とか言っていながら2年後書き上げてなくて
使いまわししてたりしてwって言う軽口だろ
(上手くできてるかどうかのレベルは置くとして)笑うところだろ
本気で妄想とか、XXな理由で君が完成していないに違いない
って話じゃないよ

なんだよ「妄想乙ってw」
なんだよ「完成していない=書きあげてない。となる?」
って

もしかして他人の言葉を文面通りしか受け取れない病気?
「お前可愛いな食べちゃいたい」とか言われたら本気でビビるタイプ?



118 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:30:20.35
>>117
すまん。笑って書いたが……。伝わらない書き方だっだね。皮肉すぎた
自演乙とか妄想乙って「笑い」の延長だと思ってたが違うのか

119 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 15:56:42.39
「このミス」はうるさい審査員がいるが(寛容な人もいる、大森さん)
そもそも第1回の大賞が使い回し(というか、流用)
ほかにもたくさんあるんでない?
使い回しに神経質な下読みはクビにしたほうがいい

120 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 16:53:52.43
文学賞メッタ斬りの中で、『四日間の奇蹟』は、
ファンタジー大賞の最終候補作だったと大森さんが暴露してたね。

121 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 17:29:18.44
ああ、そう言うのって、
「エジソンはテストで零点を取ったんだから、テストで零点を取った俺は発明王になれるはず」
という主張と同じ。

122 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 17:31:58.14
ま、絶対になれないとは言わないけどねw
馬鹿な夢を見ているんじゃないよ、エジソンと違ってお前はただの馬鹿なんだから
って話さ。

123 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 17:38:08.77
思うんだけどさ
傷があって落ちた作品が治っている場合
使いまわしを、受け入れない下読みはいないんじゃね?

逆に傷が直されてない使いまわし作品を喜んで受け入れるなら
それはそれで下読みとして問題じゃね?

大森の例は、他賞で最終まで行ったやつでしょ
つまりは他賞ではライバルがいたからダメだったが良いものであったってだけでしょ
大森が使いまわしに寛容だったのとちがくね?

124 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 17:39:13.22
だよな。誰彼がやってるから俺もって……。夢見過ぎw
自分に都合の悪い人間はクビにしろって、どんだけ自己中だよwww

125 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 17:45:31.44
もうそろそろ本音で語れや。

・いつまでもモラトリアムを続けていたい。
・賞の結果が出るまでは、働かないでいることを正当化できる。
・落選したけど、しかし働き出す勇気がない。
・落選したことで、才能がないという事実には気づかされてしまったので、もう小説を書く気力が出ない。
・だから同じ小説を何度でも投稿する。
・何度も投稿することで、延々とモラトリアム期間を引き延ばすことができる。

これが本音なんだろ?
ミエミエだからね。

126 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 17:50:35.41
賞を取って、プロになったら、
締め切りのプレッシャーと、編集のシゴキと、読者の容赦ない批評に晒されるんだ。

お 前 に は 絶 対 に 無 理 !

諦めてバイトでも始めた方がいいだろうね。

127 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:06:12.50
応募者からすれば使い回ししたい奴は、したい奴で勝手にやればいいと思う
箸棒の使い回しで下読みはウンザリするかも知れないが……
自分でハードルあげておきながら下読み怨むって、笑いのタネってだけだし

128 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:07:11.57
それが君の本音だとしても、それは君の自由だよ。

129 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:12:54.93
なんだここは応募者を装った下読みが多いのか
出版社に門前払いされ続けた若きキングの傑作群(バックマン名義の)を読んだことないの?


130 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:13:18.66
箸棒なら下読みは大歓迎だよ。
長編なら、5分で1万円稼げるからね。

131 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:20:12.47
>>129

傑作「群」な
次々と書いてたから彼は

132 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:25:56.72
>>128
非常識な奴が、ふつ〜の考え方の奴に「うんそれは自由だな」と諭している図w

133 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:31:10.84
>>129
それと使い回しと何の関係があるんだ?
例えば「時代に先行 --> 門前払いされ続けた」から「時代に先行 --> 使い回す」って頭逝ってねぇ?
大前提として彼は「門前払い」だったんだろ?w

134 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:35:05.42
129 が言ってるのは「俺のは先鋭的だから入賞して当然。使い回してれば見る目のある選考に当たって絶対入選」って事だ

135 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:41:14.93
ワロタ。結局、自己中視点じゃんw

136 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:41:22.07
だからそれは、
テストで零点を取ってしまう人間の中に、たまたま一人か二人ぐらいは、
本物の天才が潜んでいる。

しかしお前がその天才である可能性はゼロに近いよ、って話だな。

おれはジジババじゃねぇんだ。同じことを何度も言わせるな。

137 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:48:31.96
>136
新人賞に応募している人って、自分の才能を信じている人がほとんどじゃないかな?
新人賞を受賞できるんであれば、使い回しかどうかなんて小さい話だよ。

138 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:56:51.67
信じているなら、新作に挑戦するはず。
なぜ新作にチャレンジできないのか。

それは、一度落選して、己の才能の限界を理解しちゃったからなんだよ。

しかしいまさら働くのは嫌。モラトリアムを続けたい。
しかし新作は書けない。
だから何度でも、何年も前に書いた落選作を投稿し続けるしかないんだ。

139 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 18:59:08.94
ところがですね1次通過するかどうかで必死なやつもいるんですよ
最終に行ったようなのを使いまわしは、まあわかりますよね

でも1次落ちは
俺にも1次通過くらいの才能はあるんじゃないかと思い込んでるわけですよ
そういうやつは落とされても下読みを信じないから、使いまわす
(どっかは1次くらいは通過するはずだってね)
多作も能力がなくてできないですし
そして落ちる、そのときの心のよりどころが

「使い回しがばれてくそな使いまわし嫌いの下読みに落とされたのだ」

ってことなんですよ
だから、使いまわし非難する下読みを、みんな悪く言うけど
本当は彼らがいなくなると困るんですよ
才能がなくて落ちたという現実を見なくちゃいけなくなるから

140 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:03:10.44
下読みさんはさぁ、本音では使い回し大歓迎でしょ。
投稿作を一つ読んで幾らの歩合給なんだからさ。
「あっ、これね。前に読んだよ」
落選の札を張って、それで金をもらえるんだから。

それなのにわざわざ、「使い回しはやめましょうよ」と提言してくれる。
その誠意と親切を受け入れるか、無にするか、
君たち自身の魂の、軽重が問われているんじゃないの。

141 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:05:44.44
だから、使い回しする人はどうぞ勝手にやれば、とどうして思えないの?
下読みじゃなく、応募者ですよね? 他人の使い回しなんて関係ないよね。
自分の新作が他人の使い回しのせいで落とされるのを心配しているのかな?
それは情けない。

142 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:07:12.44

>自分の新作が他人の使い回しのせいで落とされるのを心配しているのかな?


143 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:09:11.27
>自分の新作が他人の使い回しのせいで落とされるのを心配しているのかな? それは情けない。

「俺の方が上」って意識がすごいな。「使い回して当然」って思考も頷ける。

144 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:10:39.15
おw 142と143 は別人だからなw 141あんた、ある意味才能あるわwww

145 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:11:36.89
なんかさ、性格のひねくれた嫌な年寄りが多いね、ここ
下読みを主人公にした小説書いてみようかな
仮題 意地悪じいさん

146 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:13:24.29
昔は、それなりの競争を勝ち抜いた人しか、文化人として振る舞えなかったけど、
今はこの、2ちゃんねるみたいなところでいくらでも偉そうにできるからねぇ。

自分で作ったブリキの勲章でも、それを恥ずかしいと思わないのなら、
胸に飾って偉そうにしていられるわけだから。

147 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:15:22.98
>>145
嫌がられながらも意固地に使い回し続ける人間は何と言う?

>>141
応募者だが……。めくらを弄ると楽しいからw <-- コレは本音かどうか?

148 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:16:15.66
この業界は壮大な椅子取りゲームだからな。
出版社が出す本の数は決まってる。しかもすでに名を成した作家先生たちが
優先席を占めている。

使い回しでその椅子を奪えると思っているのなら、ま、やってみたらいいさ。

149 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:16:19.59
いまさらだが>>90煽られすぎわろたw

150 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:19:03.64
>>149 >>90みたいに験を担ぐワナビよりは見所あるよな

151 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:19:24.59
援護で使い回し野郎がフルボッコに見えるが違うのか?

152 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:20:29.52
>>151
149=150 ボコられた本人だ

153 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:21:02.19
使い回しばっかりやってると、いざ、新作を書いた時にも
「ああ、○○県の△△さんか。いつもの使い回しだな」
って、ろくすっぽ見てもらえなくなるかもよ。

ま、新作を書く気もないから、どうでもいいか。

154 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 19:28:11.49
しかし……。
この使い回し君は、どういう育ち方をすると、こんなにも片意地張りな人間になるのだろうかね。
彼(彼女か)と同じ性格のキャラを、そのまんま小説に登場させたりしたら、
「いくらなんでもこんな意地っ張りは不自然です。もっと生きた人間を観察しましょう」
って、言われちまうだろうな。

155 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:22:37.47
だから使いまわしは悪くないって、
ブギーポップは笑わない、も富士見の使いまわしなんだから

156 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:26:09.75
ああ、ごめん。
使い回し君というのは、>>90の仮称か
無視して

157 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:27:24.97
>>140
下読みさんはそんな下衆な人間なの?
同じもの読みたくないって言う人間の普通の感情に基づいた発言じゃないの?

158 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:31:56.86
>>156
90、90って。90にこだわってるなw そんなに悔しかったのか?
無視してだ? 甘ったれんな。コノ使い回し!w

159 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:35:33.73
ってか使い回し君って呼ばれているのは、そもそも>>90なのか?
>>90は使いまわさないと公言しているが

160 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:39:21.62
人の成長を読める下読みとそうでない下読みで意見が分かれるところだな

161 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:41:35.37
>>159
149=150 が悔し紛れにほざいてるだけだろ。それか他の使い回し君が煽ってる

ふと思うんだが、この使い回し君はカテエラの訂正と使い回しの区別もつかないんじゃないか?
どれも使い回しだと思ってるのかもな。

162 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:43:14.86
160 << だいぶ苦しくなってきてるようだw 共感ageレス

163 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:52:52.67
投稿完了して、執筆のやる気が無い期間に
ライバルの執筆時間をこの板で拘束できて、本当にありがたいよ

164 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:58:01.79
一作しか書けなくて、それを使いまわしている奴をライバル視するとか終わってるな


165 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 22:05:06.16
そうだな。ライバル視野郎も使い回し野郎も終わってるな。

……同じ奴だったりしてw

166 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 22:10:37.93
自分が受賞レベルの作品を書けるかどうかがすべてじゃないの?
俺、ライバルなんて考えたことないけど、それが普通だよね?

167 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 22:16:55.90
投稿した作品の結果待ち最中にやる気がでない自分を自己分析して、
改めて、俺は小説を書くのが好きで作家目指してるわけじゃないだな、と気づく。
全ては自己顕示欲によるものだ。
心底悲しい

168 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 22:24:54.51
>>166
俺も考えた事ないな。

>>167
自己顕示欲でも良いと思うぞ。良いものを世に出せるなら

169 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 22:29:26.01
なーんてね!
他のワナビも思っているであろう欝に陥るような事柄を論えて、
やる気を無くさせる!
これもライバルを蹴落とす作戦だぜ! ハハッハ、
ハはは、はは……

170 :168:2011/11/21(月) 22:43:39.37
wwwwwwwwwwwwwwwwお前、実はバカだろ?
釣るにしてもこらえ性の無い奴だな。早漏かよ……。
例えお前でも、落ち込んでいるならいつでも慰めてやるぞ?

どうだ? もうちょっと悩み言ってみろ。ホンネで話そうぜ

171 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 23:38:58.78
せみしぐれ

172 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 00:35:51.92
おまえら、ある賞では一次落ちだった作品が別の賞では受賞した、
なんて事実があること知らないんだろう
まして、ある賞での一次落ちが別の賞では最終選考なんていくらでもある

ま、書いた本人が使い捨てでいいなんて思ってるんだからゴミなのは確かだが

173 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 00:55:25.54
そんな事実は、実は無いんだよ
皆が勝手に、言ってるだけなんだよ
「明確に、あそこで落ちたのがここっで受かったて言ってる人いないよ」
って指摘すると

それは下読みを無能扱いする行為だから誰もしないそうなんだ

つまりは事実として確定したものはないんだよ

174 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 01:08:13.24
Z武さんに粘着して、議論を吹っかけていた男の正体がコレ
ttp://www.youtube.com/watch?v=IBz5l42BZ7A

これを見たら、もうね、話の通じないヤツには絶対に話は通じないんだなぁと、
納得させられましたわ。
このスレの使い回し君にも、同類の臭いを感じますしねぇ。

175 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 01:58:01.01
見た。病んでる人間のパワーはすげーな
このイカレっぷりを文章で伝えられる力量が欲しいわw

176 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 02:08:10.81
この男ね、有名な粘着なんだけど
ネットに書き込まれた文章を読むと、
ここまでイカレた低能だとは思わないんだわ。
だから、最低限の理解力ぐらいあるんだろうと思って、
乙武さんとかも相手をしちゃったんだよね。

だからねぇ。噛んでふくめるように説明してやっても、ぜんぜん理解しないヤツってのは
例えばここでは使い回し君のことだけど、素はこんな感じじゃないのかな、と思うようになったんだよ俺は。

177 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 02:50:37.82
ライバルとか言ってる時点でダメ
読みたくない
小説は自分との戦いなんだよ
競争じゃないんだ

178 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 04:59:41.34
とりあえず、下読みが「同じもの読みたくない」って言っちゃ駄目だろ。仕事なんだから。

 =仕事したくない

179 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 10:26:38.20
むしろ「こうしたほうがいいですよ」って言うアドバイスなんだから
仕事の一環だろ


180 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 13:01:37.97
結論出てるんじゃン

155 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:22:37.47
だから使いまわしは悪くないって、
ブギーポップは笑わない、も富士見の使いまわしなんだから



181 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 13:42:13.57
↑やっぱりこいつ、知的障害だろ。

182 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 13:54:34.87
新人賞はほぼコネらしい。
そろそろ内部告発が頻発して出版社ともだおれかもな

183 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 14:21:24.22
北方謙三、アエラのインタビューにて

昔の仲間で、今でも売れない原稿を書き続けてる人がいます。
そいつは会社経営してて金持ってるから自費出版してるんだよ。
毎回送られてくるから読むんだけど、もう40年も書いてるからうまいよ
でも、何かひとつ足りない。でも本人には足りないものが見えない
へたにうまくなってるから、袋小路にはいりこんじゃって抜け出せなくて
自分よりへたくそに見えるプロの作家を酒飲んでののしってる。
〜中略〜
そいつに、賞にコネなんかあるわけないだろ(才能ないやつデビューさせても出版社の首絞めるだけだから)
って言ったらそいつが、ぽろぽろ泣きながら
「才能より、コネって言ってくれ、それだったら俺は諦められる」って言うんだ。



184 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 14:28:06.22
>でも、何かひとつ足りない。でも本人には足りないものが見えない

それを教えてやれよ。ついでに教えてくれよ。

つか
『俺のスゲェ。落ちたのはコネがないから』
『俺のスゲェ。落ちたのは下読みの見る目がないから』
『俺のスゲェ。使い回してれば絶対入選』
お前、幾つ当てはまる?

185 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 14:35:45.31
たぶんだけど
北方が教えても劣化版北方になるだけで
自分で見つけるしかない部分なんじゃね

186 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 14:51:12.13
読んでる人をストーリーに引き込む魅力
とか
アッと言わせるトリックとか
「そういうものが足りないんだよ」と教えられても
才能がない人にはどうしようもなかろう。

187 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 14:56:50.95
某女流が新人賞をとった時も、
「枕営業だ」とか言いだした知的障害ネラーがいて、
俺は
「出版社の偉い人は、いくらでも美女に接しているのに、あんな不細工(ひどい物言いww)を枕でどうこうするわけねーだろ
と言ってやったのだが、
結局そいつは、飽きるまで自分が立てたスレに書き込みつづけていたっけな。


188 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:09:33.19
>>186
そうだなw 毎回北方がトリック考えてやれねえもんなw

>>187
そういう人は、きっとその作家のゆがんだファンなんだよ
枕のシチュエーションを想像して自慰行為をしてたんだと思う
掲示板に書き込むことで妄想を強化してね

そんな人は枕じゃないなんて絶対に納得しない
ファンタジーが壊れるもの、ウルトラマンの背中のチャックを見せるようなもの

189 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:17:41.56
>>177他の投稿者がいる時点でライバル視は当たり前。
自分として良い作品が出来たから受賞確実! とか自分が世界の中心だと思ってる池沼かよ

>>182コネなわけないだろ。そんなのは受賞できない奴が自分を慰めてるだけ
コネで受賞したような作品ばかりなら、誰も本なんて買わないよ

190 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:29:19.90
>>186
まるで自分には才能があるような口ぶりがキモチ悪い

191 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:30:25.37
>>188
なんでおたくらトリックばかりなんだよwww

192 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:31:45.24
加藤典洋
「小説を書く人は、自分の中に、どこにでもいる、ふつうの、ただの小説の読者をもっていないといけない。なぜならそれがすべてのはじまりだからだ」


193 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:41:00.33
特殊な才能やセンスがないと、どうにもならないモノの代表としてトリックを持ち出しただけ。
つか、ミステリじゃなくても、叙述トリック的なものは必要だろう。
「○○は実は××だった。と思わせといて△△だった」とかね。


194 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:42:22.88
しかしまぁ、なんというか……
使い回し君には読解力もなかったんだな。
さもありなん、だけどさ。


195 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:42:23.78
>>191

トリックは、たとえばだろ
トリックの後ろに「とか」って付いてるじゃん
たとえばトリックを毎回考えてやれない
たとえば、意表を突いた展開を考えてやれない
  ・
  ・
  ・

って並べるのうざいじゃん
それで
「毎回北方がトリック考えてやれねえもんなw」になるんすよ

196 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:44:12.43
書いてダメ、読んで読解力無しじゃあ、正直どうにもならんぞ。

197 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:51:52.49
>特殊な才能やセンスがないと、どうにもならないモノの代表としてトリック

だめだコイツwww 
つか例えが「トリック」ってその時点で分かってねぇのが露見だろw
ところで叙述トリックの意味分かってる?

198 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:54:22.97
197の文章だけを見ると、一見、最低限の知性は持っているように見える。
しかし実際には……

という話。


199 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:56:09.00
キプロス(乙武さんに議論を吹っかけていた万札コピー野郎)を見てからというもの
この手合いの人間の見分けがつくようになってきたわ

200 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 15:57:55.53
実際には……トリックの重要性を分かってない、とでも言えよw
トリック厨はトリックいじり回してろ

201 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 16:02:03.30
>>199
なんだ、あんたも妄想っ気があったのか。残念だ。
まあ一応忠告として調べておきな。>叙述トリック

202 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 16:08:03.82
今の知的障害児は、小中学校では皆に世話してもらって、優しく扱われるからな。
健常者よりイイ気になってしまうんだろうな。
社会に出たら知的障害に優しくしてくれる人などいないのに。

これも教育の失敗だな。

203 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 16:13:07.08
>>202
お前、知的障害のこと何も分かってないだろ? 一度施設に行ってみな。

>小中学校では皆に世話してもらって、優しく扱われるからな。
全くお花畑脳だな。やつらは陰でイジメられてんだ。ロクに登校してないから知らないか?

その妄想癖、一歩間違うとヤバいぜ?

204 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 16:15:42.59
なぁ、君はどうして「使い回しはしない方が良いこれだけの理由」だけ、理解できないんだ?

205 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 16:16:31.52
いかん。キプロス系と話をしてたら夕方になった。

206 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 16:17:18.64
>>204
だからすべて妄想、勘違いだって。俺は90だ。使い回し反対派なのw

207 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 17:34:45.79
使い回し反対派
1.自分は使い回ししないし、他人にもするなと強制する。
2.自分は使い回ししないが、他人はどうでもいい。
3.他人に使い回しするなと強制するが、自分はやる。

このスレにいる使い回し反対派のほとんどは3のようだな。

208 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 17:55:27.68
↑こいつの読解力wwww

209 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 18:33:10.61
>>208
207 は、みんな使い回ししてると本気で思い込んでるか、からかってんだろうな。
一生、そうやって生きて行くんだろ。哀れだわぁw

210 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 18:57:56.05
4.
まだ一作も書けない、あるいは書けたがゴミだと自分でもわかっている。
応募すらまともにできず、使い回しなんて夢のまた夢。
だから、使い回しをしている人がうらやましくて、叩きまくる。

211 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 22:09:24.52
>使い回しをしている人がうらやましくて

ぶっwwwwwww

212 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/22(火) 23:33:33.14
おい、笑うなww
笑っちゃダメだってww

213 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 00:03:18.13
おまえらどんだけ底辺なんだよwww

214 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 00:33:57.57
使い回しというより、ローテで循環させておけば、複数受賞も夢じゃ無いかもしれない。

215 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 04:08:42.06
>>213
俺らが底辺ならお前は底辺ぶち抜いて地に埋まってるよw
ご愁傷さま〜www

>>214
ま、確かに勘違いは自由だよ。夢想もね。
ただ、笑えないイラっとする勘違いもあるって事、覚えておこうねw

216 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 05:14:19.71
夢を見るのは只だからな。

217 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 08:42:18.82
それぞれ独立したシリーズ物にしとけば、いつか、目立つ時もあるかも。

218 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 13:07:36.11
ダメな過去、悔しい過去なんかに執着していたら
素晴らしい未来が待っていたとしても
それに気がつかないまま終わっちまうだろ。一生が。

219 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 17:07:39.71
選評・評価シートくれるところを対象に
使いまわしはするけれども
書いてくる内容がいつもばらばらなんで
参照にしづらい。

このラノ大賞で落ちた作品
ほとんどそのまま電撃大賞に送ったら
選評の内容が笑えるくらいまっさかさまだった。

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 17:09:55.21
使いまわすなと言ってる人は
下読みや編集者などの読み方により評価が変わってしまうという事実が露骨に発覚するのが嫌なんだよ。
つまりワナビの中に使い回し否定派がいたらモグリかも。

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 17:31:00.59
1次落ちで、読み方で評価変わるのはさ
あれもこれも欠点ばかりでいい所なしって事じゃね
どこが一番気になったかは下読みの好みでさ

ワナビのもぐりってなんだよw

222 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 17:36:19.51
分からんなら分からんでいい

223 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 18:48:10.32
あ、俺も分からんw というか自分に都合よく考え過ぎな奴多いとは思わないか?

224 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 19:45:28.23
だから結論出てるから

155 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/21(月) 21:22:37.47
だから使いまわしは悪くないって、
ブギーポップは笑わない、も富士見の使いまわしなんだから

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 17:09:55.21
使いまわすなと言ってる人は
下読みや編集者などの読み方により評価が変わってしまうという事実が露骨に発覚するのが嫌なんだよ。



225 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 20:19:19.75
>>224

最終まで残ったようなやつならありってことだろ
十分受賞可能性があったが同時期にもうちょっと良い作品に負けてた
だけなわけだから
あと作品の欠点が修正されてるものもありなんだろ、落ちた理由が消えてるわけだから

つまりその結論では、一次で落ちたやつをちょっといじったくらいで
出しまくってる、君みたいな使い回しは依然として否定されてるってことだよ


226 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 20:47:50.84
>>224
結論、結論ってその結論から導かれるものが
「自分に都合よく考え過ぎ」
ってなわけだw 分かるか?

そういう事実(ブギーポップとかな)を見て「じゃあ、俺も」ってアホか、バカか、と

227 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 23:13:39.99
一次オチで
選評くれるような奇特な賞でどこよ

228 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/23(水) 23:21:11.79
MF文庫Jライトノベルじゃないかな。
この前、一次オチの人が評価シートってのを晒してた。
通信簿みたいなモノだった。
感想はテンプレだと思うね。

229 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 07:00:34.69
218さんは、217さんが悔い改める様諭して下さっている。

とても親身ないい人だ。217さん。218さんに新作を送れ。

230 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 11:56:18.26
ブギポの説得力にワロタw

俺は中立派()で、
修正を加えた使いまわしで送っている間にも、
新作を執筆するのが一番だと思うよ

231 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 12:53:55.67
良い子の諸君!
「中立派として言わせてもらえば」
「久しぶりにこのスレ覗いたんだが」
「通りすがりだけど」
こういうことわりを入れながら書き込んでくるヤツは
論争の真っ只中にいる人間だぞ

232 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 12:56:40.21



233 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 14:11:51.79
とある飛行士のなんたらって奴は電撃一次落ちらしいね
まぁ電撃の一次は他と違ってかなり難関だけど

234 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 15:25:47.77
俺が電撃の下読みだったら、ドクロちゃんは間違いなく落としてたw
センスねえなあ、俺

235 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 15:35:47.64
>>231全くもってその通りだな。
>>231には誰も反論できない

236 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 17:17:16.54
熱弁はいいんだが、なんでここでブギポみたいなラノベを出すんだ?
説得力無いぜw個人的の偏見だがまさか、ラノベ書きが下読みうんぬん文句言ってるとは思わなかったぜ
ラノベって書きまくってなんぼの世界だろ?文句言わず馬車馬のように書けよ

237 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 17:33:53.05
例がアサッテの人だったら説得力五倍増しだったな

238 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 18:57:44.38
元がちいせえから5倍してもちいせえけどな
結局のところ多作ができなくて大事な小数(もしくはたった一つ)を
びくびくしながら使いまわししてる人が、ちょっとだけ気が楽になる
位の説得力しかない

最終まで行った人なら同じ時のライバルが板から落ちたと思えるから
そもそも使いまわしに抵抗無いだろうし

下読みは、ブギーボードの書き込み読んでも(読まないだろうけどw)、
なるほどって心を入れ替えて
使いまわしにやさしくなることなんかありえないだろうし
(つまりそういった方向への説得力はゼロ)
だから説得力あるぜってどんなに吼えてもシステム上ははまったく変わらない 
壁に向かって投げる卵ほどの価値も無い

239 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 20:13:16.14
壁に向かって卵を投げると当然割れて辺りに散らばる。
それを拭く紙としてお前らの原稿用紙を使えばいいんじゃん、そしたら壁に向かって投げる卵よりは価値が出るだろ、簡単な話だな。


240 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:13:32.17
>>236お前馬鹿だろ
ブギーポップは使いまわしで受賞したライトノベルなんだよ。
しかも、めっちゃ売れた

241 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:15:08.98
この場合の価値とは卵の価格ではなく
壁に対する攻撃力としての価値なのでは?

242 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:26:49.60
>>240
236はラノベ自体を馬鹿にしているんだが。文脈よめよ。
ラノベは書きまくって何ぼの分野なのにグダグダ言うなって書かれてるじゃん。

243 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:34:25.30
使い回し君は、小中学生の頃に
「ボクは他の子たちより頭が悪いんだ」って自覚できなかったのかな。

244 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:35:36.70
それに他賞で最終まで行ったんだろ
そりゃ他の賞で受賞してもおかしくないさ

使いまわし派は、そういうのじゃないだろw

245 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:47:16.64
現実の社会でみんなに馬鹿にされているボクも
匿名のインターネットでなら頭が良いふりができる、他人を見下して馬鹿にできる
などと思っているのなら甘い。
匿名ネットでも馬鹿は馬鹿だ。
たとえ匿名でも、文章を書き込んだ瞬間に馬鹿だとバレる。

246 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:48:20.79
このスレの使い回し派のほとんどは最終経験者ですよ。
私がそうだから、わかります。
反対派は一次落ち常連組みたいですね。

247 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:51:03.44
つうかラノベ自体が大きな意味で使いまわしの世界じゃないかw
編集者が型にはめてストーリーを支持するんだろ?
エンタメや純文みたいな一般の文芸から見たらシステム自体が異端過ぎるわ

248 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:52:16.98
誤字った。支持じゃなくて指示な

249 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 21:57:49.06
合議制であることが、必ずしも型にはめるとか
何かのまねであるとか限らないですよ
それに立案はほとんどの場合、作者です

250 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:02:43.23
ここもラノベスレになってしまったか!

251 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:03:19.44
会議制ってマジでヤバイな。
ラノベ恐ろしすな

252 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:05:36.35
ラノベの作品Aがあったとして似ているA’があるとする
そのくらい変えてれば使いまわしとは言われないんだけどね

253 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:13:10.94
いい歳してラノベを書いて、あわよくばそれで人生一発逆転だ!
なーんて考えているヤツら

それが君たちか。
ナルホド、馬鹿ばっかりだ。

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:14:49.73
ラノベ独自のキャラ要素ってのも作品の記号化の一つだよな。
何でそんな窮屈に縛られた世界に惹かれるのかが分からん、小説は自由だから価値があるというのに。

255 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:15:56.93
>>253
僕には彼女がいます。
そして週に1回〜2回くらいセクースするんですが、ひとつ気になる事があるんです・・。
セクースしてるとき彼女が「あんあん・・」とか言いますよね。
でも彼女が絶頂に達してくると「ああ、ああ〜!! ああ〜〜〜!!!
なるほどなるほど!!!ああ、ああ〜〜〜〜!!!なるほどーーーー!!!!!」
と言っていくんです。
本人は大真面目なようなんですが、僕はこんな彼女がダイキライなんです。

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:24:24.25
>>254

例えば小説であっても私小説は私小説なりの
ミステリーはミステリーなりの縛りがありますよ
SFにしていい分、ラノベの方が自由度が高い面もあります

確かに小説は自由だ、何を書いてもいいんだ、とは言いますが、
結局は小説はどれも縛りの中での自由を競う芸術だと思います

257 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:27:17.15
エンターティメント小説と呼ばれるものは、小説とは違うものである。

                     by 丸山健二

258 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:29:12.83
詭弁だよ。
一般文芸にある縛りは作者の表現を縛る事はない、むしろそれが作家性に帰結する。
ラノベは違うだろ、そもそも成り立ちから違いすぎるから同じ概念で語れない。

259 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:31:39.37
ラノベを文芸論で語るからおかしくなる。

260 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:38:51.86
ラノベの縛りだって作家性やジャンルの成立に奉仕するものであって
表現の縛りだとは作家は思ってないと思いますよ

ミステリー作家が謎を出すことは表現の縛りだとは思っていないように

261 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:41:24.36
君たち、マンガを絵画論で語るような愚かな真似をしている。
でも君たちは馬鹿だから、
マンガを絵画論で語ることのどこが愚かなのか、きっと理解できないだろう。

262 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:41:58.65
萌えキャラを出すのが縛りにならないのか、ハーレムは?よく分からんシーンでパンツ見せたりするんだろw
ふざけんなよ、そんなのをミステリーの謎解き要素を一緒にするなw

263 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:43:05.38
頭の悪いヤツが、一生懸命にコムズカシイ理屈をひねくりまわした結果、
「使い回しは正しい!」という結論に到達しちゃった、
というわけか。

どうにもならんな、これは。

264 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:46:01.26
漫画は漫画で表現力に特化している、ゆえに此処まで一般化している。
ラノベの素晴らしさって何?文章的に噛み砕かれたという意のラノベならそれも見出せるがね。


265 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:46:09.74
しかもロジックの立て方自体は間違っていないんだよ。
そういうもんなんだ。
昔の人はそういうのを
「理屈と膏薬はどこにでもつく」と言って自戒したもんだ。
理屈が完璧に成り立ったとしても、だからってそれが正しいとは限らない。

こういうことを骨身に沁みて理解している人が、「頭のいい人」と呼ばれるんだ。

266 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:49:10.29
ラノベは書きまくって何ぼの分野なのにグダグダ言うな



もう、ラノベの話は終わりなwwwwwwww

267 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:51:29.56
>>262

それは例えば、ミステリーで言えば名探偵ものや、クローズドサークル物
最後のどんでん返しであったりするわけなんですよ

要素が一緒に見えないのは、(一緒にすると怒る人が居るのは)
例えば高級店のお吸い物と、カップ焼きそばについてくるわかめスープみたいな
受け手に高級低級の認識があるからです
それに成りたちも使われ方も違う要素ですしね

ただ、とあるジャンルの小説群の中のさらに細かいカテゴライスや
お約束という意味では比べえるという事です


268 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:51:35.04
やはり1次選考の合否だけでは自分の書いた作品の真の評価は定まらないと思う。このミス大賞の選評を
読んでみるとこの賞においては「作品の使い回しは御法度」という暗黙のルールが確立しているようだ。
他で落とされたならその作品には欠点がある、だから違う賞に送っても同じ結果になるだけだ、と。

果たしてそうだろうか。その理屈はそれを読んだ1次選考の下読みの評価が絶対的に正しいことが前提となる。
しかし僕自身も1次も通過しなかった作品をまったく同じジャンルの他の賞にそのまま手直しせずに出したら
(これはもちろん正しいことではありません)二次を通過して出版社の編集者から電話連絡がきて驚いたことがある。

↑「死亡フラグ」を大ヒットさせた七尾さんのブログから。長文引用失礼します。1次選考はあてにならんよ


269 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:54:12.94
ああ、わかった!

使い回し君は小説を書いていないし、投稿する気もないんだ!
理屈を捏ね回して議論していれば幸せ という人間なんだな。

それならこの板には必要ないな。
無視・シカト・ハブる をさせてもらうとするか。

270 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 22:57:33.77
だから、エジソンの例まで出して説明してやっても、
「一次落ちもなにも、自分にはまったく関係のない話」
だから、心に響くこともないんだ。
自分の考えを変える必要もなかったんだ。
べつに小説家になりたいわけじゃないんだもの。ここでグダグダやってるのが幸せなんだもの。

ああwwwwやっと、コイツの正体がわかった。

271 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 23:02:52.48
女だな。女。
生活に何の不安もない女。
「昨日と同じ今日、今日と同じ明日」を親や夫が保証してくれている
そんな生活をしている女。
そうだろ?

272 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 23:02:56.03
>ラノベの素晴らしさって何?

かつての円本や
三文で売られていた(よって三文文士という言葉が生まれた)本
などが担っていた
識字的に低レベルの読者に対する字で書いた物語の提供じゃないですかね
読書に対する欲求はいくら低レベルな読者でも漫画だけでは埋められないでしょうから
彼らの欲望のガス抜きやつらい現実を忘れるための妄想が主体ですし
(例えばハーレムものとか、すごい強い主人公物とか)
扇情的なイラストがついて、性表現は抑えられてる

百万部売ったラノベは、哲学用語や文学用語、SF的知識を混ぜることによって
そんなものを真剣に勉強しなくても、哲学的知識に触れたような錯覚を
得られるようにできてますよ
ラノベの社会的役割はバカにできないと思います

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 23:04:21.77
死ぬまでやってろ。

274 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/24(木) 23:12:05.63
>>273
うわっ、寒っ! 273だけに絶対零度並みだ。

275 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 03:21:17.76
時代は今まさにラノベ、ラノベなのである。

276 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 09:49:34.07
ラノベは粗製濫造 だれが書いても同じ表現のロボット小説な

277 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 10:15:05.14
パンツ見せる行為がミステリーの謎解き要素と同じ役割らしいしw

278 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 11:08:52.25
本能に訴えるという意味では、謎解きではなく犯人に追いかけられるサスペンス的部分かな

279 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 20:23:07.45
ラノベはくっさいくっさいだわぁ。
・ くっさい描写
・ くっさいセリフ
・ くっさい世界観
もうくっさいくっさいで結局くっさいオタクが喰いつくんだわぁ

でもこれが儲かるんだわ。うひひひ

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 20:24:45.67
と、書き手は思っているに違いない。

281 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/25(金) 21:10:56.99
うん。

282 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 01:23:31.61
おまえらが一生懸命書いたまったく市場に相手にされない糞文より、
ラノベの方が売れるんだよな。

283 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 02:26:30.84
いえいえ、それは違いますよ
なぜって私の文章。市場に相手にされないどころか、下読みのゴミ箱ですから

284 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 02:31:07.78
まぁまぁ、それはお互い様でしょうね。
ラノベワナビのゴミ箱率もハンパないですから。

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 02:40:18.12
俺は本気で作家になりたいから、使い回しはしてないんだけどさあ。

それとは別に、ここをもし下読みさんか編集者が読んでたら尋ねてみたい。
重要な質問だ。

●応募原稿は、原則的に社外秘のはずだ。
●だのに、なぜ「他社に応募した原稿の使い回しだ」って分かるんだ?
●これ、個人情報保護の問題に抵触してないか。
●「使い回しはよくない」。それはよく分かる。
●でも、「使い回しが発覚してる」ってことは、「私という下読み(もしくは編集者)は、
個人情報の漏洩を行ったことを自ら告白しています」ってことにならないのかな?
●出版社の企業コンプライアンスだとか、情報秘匿のモラルはどうなる?
●「使い回し」問題は、発見して編集者に告げた段階で、個人情報漏洩を行うことになるんじゃないか。
●だったとしたら、「使い回しは決して発見してはならない」ものなんじゃないのか。

俺は、「使い回し問題」は自己矛盾を起こしていると思うんだが、どうだろう?
真面目に考えてほしいんだが。

286 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 07:11:39.91
ブラックリストに登録されるぞwwwwwww

と、言ってみるテスト


287 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 07:40:17.51
一番最初の黒丸が間違ってるぞ

応募者の住所氏名とかはともかく
応募原稿は社外秘じゃないよ、法律における個人情報にも該当しない
下読みが他社に声かけて落選した原稿が出版された例もある

もし社外秘であるとするならそれは、
原稿を他社に持って行かれたくないという理由で社外秘にしてる場合はあるだろうけど



288 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 08:27:50.01
>原稿を他社に持って行かれたくないという理由で社外秘にしてる場合はあるだろうけど

そんな原稿が有るのなら、とっとと出せばいいだけwwwwwwwww

289 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 08:44:33.75
>下読みが他社に声かけて落選した原稿が出版された例もある
ソースはありますか?

290 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 09:15:57.66
バトルロワイヤルがホラー小説大賞落ちた後
太田出版で出してるよ
太田出版の新人賞に使いまわしたわけではないよ
(そんな新人賞ないからね)

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 09:30:27.34
>>285
そんなことが行われていたとして、出版社を訴えられるか?
一生デビューできなくてもいいの?あぁん?
というのがあるから無意味なんだよ
出版社の犬になるために頑張ってんだよな俺らは

292 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 09:45:12.07
いやべつに法律違反じゃないし

>個人情報とは、生存する個人の情報であって、
>特定の個人を識別できる情報(氏名、生年月日等)を指す

応募時に、他にもらさないって契約結んでるなら契約違反だが
それにしたって民事なわけだし

293 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 09:46:53.03
新人賞の公募をしながら、新人を葬り去るという矛盾wwww

お抱えの作家にアイデアを盗用した編集でもいるのかwwwwwww


294 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 09:52:04.06
>>288

>そんな原稿が有るのなら、とっとと出せばいいだけwwwwwwwww

まだ本選前とかかもしれんだろ



295 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 09:55:17.11
内山安雄は小説現代と文学界の新人賞の両方に別な作品を応募したが
最終選考に行く前に雑誌掲載されてデビューな
文学界の方も小説現代が買い取って掲載

そんな原稿がとっとと出された例はちゃんとある


296 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:05:15.19
>>290
それは違うよ。
ホラ大の選評を読んだ太田出版の編集長が、うちで出したいと角川に掛け合ったが、
作者の連絡先はプライバシーなので教えられない、と断られた。
そこで、太田出版は雑誌に尋ね人広告を出し、作者から連絡があって出版になったんだよ。
ソースは「文学賞メッタ斬り」

297 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:06:00.46
>まだ本選前とかかもしれんだろ


使い回しの是非についての話だろ?
二重投稿とかのチェックで社外秘にしても、事前発表から漏れてたら祭りだろww

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:14:48.36
>そんな原稿がとっとと出された例はちゃんとある


情報が漏れたの?

299 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:18:32.20
>>296

いやだから、個人情報は守られるが、書いた内容は守られてないって例だろ
違くないだろ

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:21:29.27
どうでもいいからワシをプロにしれ!!

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:28:28.11
バトロワは、最終選考の選評でボロ糞に言われたのが、話題になったんだよ。
下読みが何かしたわけではない。

>>下読みが他社に声かけて落選した原稿が出版された例もある
こういう例は、ないんだな?

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:36:06.91
まてよ最終選考でぼろくそに言われただけで
他社が新聞広告まで出して探すかよ

下読みが声かけた、は言い過ぎかもしれんが
読んだ事のない太田出版の編集者が新聞広告出すんだから
読んだ下読みに連絡とって内容を聞くくらいはしてるだろ
じゃこう言いなおす
  ↓

応募者の住所氏名とかはともかく
応募原稿は社外秘じゃないよ、法律における個人情報にも該当しない
下読みや編集者の間で話題になっていた作品に他社が目をつけて落選した原稿が出版された例もある


303 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 10:46:53.68
必死やな(笑)まあ、いいや。
ちなみに、バトロワを落とした選評。
http://motoken.na.coocan.jp/material/5horror.html

林  そう。『バトル・ロワイアル』はなんでこんな嫌な感じかなあと思うと、こういうことを考えるこの作者自体が嫌いなんです。
荒俣 分かります、それは。だから逆に言うとホラー小説もそうだけど、小説の意味がいよいよ問われますよ。小説までゲームになっちゃったら、もうほとんどお手上げじゃないですか。厳しく言っておいた方がいいんじゃない、ここはひとつ。
編集部 そうですね。
高橋 ただ、この『バトル・ロワイアル』って、同世代の、例えば二十二、二十三歳ぐらいの青年たちが読んだら結構面白いんじゃないでしょうか。
林  私もそれが怖い、それが嫌なんです。
荒俣 ゲーム世代にはたまらないと思いますよ、これは。
林  結構話題になって売れるような気がしますね、これを出版したら。

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 11:01:47.24
>>303
>必死やな(笑)

まあ、そうだなw
なんていうか「下読みが自主的に動くのだよ」とか主張したかったんじゃなくて
内容なんかダダモレだよ、訴えるとか馬鹿だと思われるだけだし、個人情報ですらないよってことなんだけど

内山の例も情報が漏れたとかじゃなくて、社外秘とか無理だから
そういう場合はまさに>>288が言うように、社外秘とかじゃなくとっとと出すものだよって事


305 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 11:33:55.04
>内山の例も情報が漏れたとかじゃなくて、社外秘とか無理だから


候補者の二重投稿とか、盗作とかを、各社に照らし合わせてチェックするから?

306 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 12:08:28.04
糞な下読みっているもんだな
小説は運ゲーwww

307 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 16:53:59.83
>文学界の方も小説現代が買い取って掲載


使い回しにイラッとする>215 氏

>>214
ま、確かに勘違いは自由だよ。夢想もね。
ただ、笑えないイラっとする勘違いもあるって事、覚えておこうねw


308 :215:2011/11/26(土) 18:48:07.37
>>307
全然分かってないね。キミ
キミの勘違いはイラっとしないけど、見下しながら苦笑いできるよ

309 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 19:01:51.31
>>308 氏に同意する。

307より214の方がより高尚である。

307は反省し、買い取られる原稿作家を目指すべし。


310 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/26(土) 22:32:10.01
ブラックリスト
バトルロワイヤル
買い取って掲載
内容なんかダダモレ
独立したシリーズ物(214 では無く、217)

土曜日の書き込み。
昔、こんなパターン無かったか?


311 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/27(日) 00:24:17.43
>310
君は夢と現実の境が見えなくなったのか?

312 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/27(日) 01:18:13.10
>>310
AIの限界だ。気にするな。

313 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/27(日) 06:56:55.72
>原稿を他社に持って行かれたくないという理由で社外秘にしてる場合はあるだろうけど

有名人か無名の有望新人の原稿を入手したので、公募の賞に捻じ込もうとしている。
無名の有望新人をデビューさせるために賞を新設したという話もあるだろ。
有名人と言えば、去年の今頃、某俳優が騒がれていた。

しかし、売り出しの時期を逸してしまったら、どうなるのだろう。
他社に手柄を横取りされない為に葬り去るのだろうか?

314 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/27(日) 09:53:35.64
おまえらが考えているより醜い世界だからな
現実ってやつは

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/27(日) 13:18:49.26
あんだけ騒がれたポプラだって、出版プロデューサーのH女史が
むかしの部下のポプラ社員に声かけた真っ黒な出来レースなのに、
最後まで出来レースじゃないってシラ切りつづけたからな

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/27(日) 15:34:00.07
お待たせ、ポプラの第三回な。>310
出版社名がモロに書いてあるガチバトル。怖ェーなwwww

24 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/05/31(土) 00:20:47
これまでいろんなスレを見てきたが内部から情報を漏らすとは
初めてのこと。船場吉兆従業員みたいな奴がポプラ社にいるのか?

863 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/04(水) 12:33:44
ブラックリスト(文学賞応募者の)とか聞いたことがあるじゃが、
なんか知っているひといたら教えてくださらんかな。
(20歳男性の質問)

691 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/17(火) 02:04:50
他社の者だけど何とかならないかな。
バトロワのパターンで獲得したいんだけど。

710 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/17(火) 10:55:09
ぶっ飛びに5000万円でトレードの話が……

548 名前:名無し物書き@推敲中? :2008/06/21(土) 16:53:48
すげええええええええ!
常識超えまくり
ど素人の処女作
下読みと編集者をとりこ
応募作はシリーズもの
正体を紅さねえスタイル
オレはぶっ飛びに萌まくり!


この時期、此処のスレッド限定で騒いでいたけど、単なる噂だったのかな?
同時期に他社でも、出すと言いつつなかなか出なかった雑誌も発売日が伸びていた。
出版不況のあおりで、新人がデビューするのは大変なんだろうな。

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/29(火) 16:43:49.59
俺のおかげで盛り上がってるなぁ、このスレ

318 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/29(火) 16:54:35.46
ああ これからもよろしくな

319 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/29(火) 19:23:10.82
964 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2009/02/15(日) 09:59:39
>>963

ぶっ飛びは本当の馬鹿でしたので、業界から干されました。
世間知らずでバカだったので、ブラックリストにのってしまいました。
ぶっ飛びは、おそらく、永久に追放されることでしょう。

どこからも誰からも相手にされなくなってしまいました。信頼できるものを見つけることができぬまま・・

でもね、子供みたいなことをいうようだけど、
しがらみだらけの直木賞をもらうことよりも、現場の人たちから認めてもらった本屋大賞の方が価値があると思っています。
作家、書評家先生から褒められるよりも、友人から褒められる方がうれしい。

965 名前:名無し物書き@推敲中? E-mail:sage :2009/02/15(日) 10:33:52
ぶっ飛びさん、ご愁傷さまです、もう書くだけ無駄ですよ。

320 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/30(水) 07:07:06.93
買い取りに五千万円なら、イラッとするどころではないわなwww

マニア向けの豪華愛蔵本とかが、軍資金に化けているのか?


321 :名無し物書き@推敲中?:2011/11/30(水) 07:16:41.59
ぶっ飛びというのはネタだよ。
乱歩賞の下読みがHPの日記にダントツ作品があったと書いたことから、
乱歩賞スレで大騒ぎになった。
それをポプラスレの住人がマネて、ネタにしていろいろ騒いだだけだよ。
当時スレにいた人はみんなわかっていた。

322 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/01(木) 20:37:12.70
応募規定で、『当社に応募する限りは他社への応募は、御遠慮願います』等と、
明記してある公募の文学賞など、見た事が無いけれども、そんな公募は在るの?

323 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 00:25:40.57
文書化されてないからOK、じゃなくね?
単純に、XXは嫌がる下読みがいるらしいよて話だからさ

それを聞いて行動に2パターンあるわけじゃん
A:それをしないように気を付ける人、
B:下読みにそんな事いう権利ないだろ!とか下読みを非難する人 
  あるいは、使いまわしで受かった人もいるぞって例外を探して安心する人
大きく分けるとこの2パターンだと思うけど

つまりあんたの目的はなんなのさ? 
使いまわしがいかに正しい行為かの力説を頑張ることなの?
それとも受賞を目指すことなの?


ちなみにジャンプ小説大賞だったかが、応募原稿の著作権は会社の物になります
だったと思うよ(本当に争った場合どうなるかはわからんけど、少なくとも彼らはそう主張してる)


324 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 02:10:35.85
>>322
文藝春秋だけ注意だな
『他の新人賞に応募したものは対象外とする』

後はok 電話で四社に確認したけれど、やはりokだったよ


犯罪でもマナー違反でもないのだから、使い回しの是非を論議することは、ただの暇つぶし
喫煙が許可されている場所で、喫煙者に対して
「迷惑だからヤメろ」「自分自身のためにヤメろ」と説教しているようなもんでしょ

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 03:07:56.62
>>323 324 本質に迫る書き込み、ありがとうございます  
おれはこの件、以前から不満で、奴隷の叛乱だと捉えていて
しょせん、下読みは奴隷なんだから奴隷は奴隷らしく言われたこと粛々とやってりゃいい
前途あふれるワナビさまに楯突こうなんてもってのほか

「使い回しがナンタラ云々…」  そのくだらん1行でひとりの評価スペースがなくなるんだよ
運営も悪いわな、奴隷どもをつけあがらせて  禁止にすれば済むことだよ
このスレ眺めても余裕のない上から目線のヒステリックなものが多い
身過ぎ世過ぎに関わるからかな?
奴隷が叛乱する気なら、せめてイソップの100分の一程度は機知がないとな
機知はないくせにキチガイだらけだろ、ははは
ワナビたちよ、悪い大人にだまされるなよ!


326 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 04:13:23.64
クンニリングスしろや〜

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 06:33:04.47
五割書き直せば使い回しにはならない?


328 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 08:41:23.72
>>327
もう新しいの書いた方が楽だと思うんだが。

329 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 08:50:17.41
商業作家を目指しているのなら、量産する能力が必要だ。

どんどん新しいのを書いて出したらいい。

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 09:18:55.34
駄作量産してどうするんだ?
新作でも使い回しでもいいから、商業レベルのものを応募しろよ。

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 09:48:23.99
商業レベルのものでも、一作しか書けなかったらデビューしても続かない。

本人は自己満で完結でも構わないが、発掘するのに時間と金をかけた出版社が気の毒。


公募して賞を取らせる傍ら、見込みのあるやつはキープして伸ばしてくれたらいいのに。

どばーんと売れるやつって、どこの賞も受賞しないで作家になった人わりといる。

332 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 10:00:31.57
一作しか書けない奴なんて、メッタにいない。
新人の多くは受賞作以下のものしか書けずに、何年もボツの連続。
それで嫌気がさしてあきらめてしまう人が多い。
量産が求められるのは、プロとして一定の人気を得てからだよ。

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 10:12:45.19
男のケツの穴に目覚めろ!!! 男の悲鳴は最高に気持ちいい〜

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 10:20:56.37
>>332

わかってねーーーw
新人作家の話じゃないのね、文句言ってるのはここにいるワナビなのね

多分、あなたがわかって無い理由は
それあんたに、他の人より才能があるって事だぜ
プロ並みのって意味じゃないぜ
あなたが多作できるから、できないやつの心理が分からないんだよ

普通は、作家目指しても1作も書き上げれない←これがマジで普通
せいぜいが、祭りとか喜んでる連中がやってる短文(短編小説じゃないぜあんなの)
そして頑張って1作完成できたやつでも続けて書けない
(まあ、2,3作くらいで止まるのが普通かな、1作のみも多いと思う)

だからこいつらにとっては、使いまわしの否定は酸素止められるようなもんなんだよ
そりゃ下読みを憎むさ

つか「じゃあ、お前らもし作家に成ってからどうすんの?」
って思うじゃん、取り合えず、なんかその時は上手くいくんじゃねえかな
って思ってるんだよ、馬鹿だから

335 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 10:48:56.61
それから、使いまわし肯定派が見てない、あるいはあえて無視してるのが

実は「使いまわしが嫌がられてる」のではなく
「落ちた物を直しもしないで送ってる事」が嫌がられているという点だ

「Xという作品がAで1次落ちだがBでは受賞なんだ」
そうかもしれない、しかしXがどの程度直されているのかはだれもしらない

ワナビがA賞で落ちる、とりあえず見直しし新たに見つかった漢字の間違いとか、てにをは、とか直した
論理的に矛盾も気が付いたものは直した、それでB賞に出した、やっぱり落ちた
とりあえず彼にはもう修正点とかみつからないわけだ 誤字脱字矛盾は治したから
するとどうしたらよいかわからなくなる、自分の傷を見つける才能がないからね
傷ならまだいい、
そもそも小説になっていないから誤字脱字直すレベルじゃどうしようもないのかもしれない

こういう人にとって、
「傷が治ってるなら使いまわしはOK」って下読みが言うのは困るわけだ
自分に才能がないことになるからね。あくまで下読みには
「使いまわしはどんな場合でも却下」でないといけない
これなら、才能があっても使いまわしってだけで拒否る下読みの文句言えばいい

だから「傷が治っていない作品を使いまわしするな」の上段が消える

336 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 12:41:21.72
よし! 今夜はデリ嬢と玉舐めフェラだ バッチグー^^b

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:13:31.39
>>334,>>335 ×書き上げれない ○書き上げられない

何も分かっていないのはあなただ。
応募者は「使い回しが嫌がられる」ことを考慮するどころか、見る必要すらない。
誰でも、どんな作品でも、応募するのは自由。その代わり評価するのはこちらの自由。

実際に9割以上が駄作なのは皆知っている事実。
「くっだらねーモン読んじまった」と嘆きながら応募作を放り投げて、目薬を差し、
あるいは洗面所に駆け込んで手を洗う姿を何度も目の前で見ている。

しかし、どんなゴミでも目を通すのが下読みの仕事。
仕事がツライというのは単なる「愚痴」。
並べてあるのは「言い訳」と「自己満足」。実に醜い。

出版社側の人間として言うが、
愚痴ならいい。人間だもの。
だが、誰に対してだろうと、「〜は応募するな」というのは、公募に対して自由応募を阻害する妨害行為。
応募者に作品に対する評価は求めていない。それはこちら側の仕事。


あなたのために真面目に言うが、もしあなたが下読みなら
(下読みにしては文章が稚拙だが)
それほどイヤなら、その仕事を辞めたらいい。辞めちゃいなよ。
契約している側としても、真面目に下読みしている人にとっても、他の賞主催社にとっても迷惑だからさ。

338 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:26:14.24
長いから読んでないけど執筆したら?

339 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:26:52.84
>>337
だったら、使い回しはマナー違反とか抜かしている下読みはクビにしろよ。

340 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:28:50.02
>>337
君は嘘つきだから嫌われるんだよ。
君がどれだけ一生懸命嘘をついて、自分を大物に見せようとしても、
誰も君の嘘なんかに乗っからないから。

嘘や知ったかぶりで人気者になれるのは小学校の低学年まで。
高学年や中学生になったらもう、みんなお前の嘘を見抜いてる。
だから友達がいなくなっていったんだよ。

341 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:33:11.11
嘘や知ったかぶりで万能感や優越感に浸るのって
かえって虚しくならないか?
現実の君はただのクズだろ?
一日2ちゃんに浸って、一日無駄に潰した分だけ、
よけいに駄目人間になっていってるわけだろ?

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:36:48.50
お前の人生だから、別に、お前がどうなろうと知ったこっちゃないけどな。
お前の地獄は、お前が現実社会で、お前自身を満足させられるほどの出世を果たしたときにだけ
解消されるものだ。
現実社会で何十年も歯を食いしばって頑張り続けるしかないんだよ。

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 14:44:13.37
、、、自演だったらコワイ
(>_<)



344 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 16:09:37.46
>だったら、使い回しはマナー違反とか抜かしている下読みはクビにしろよ。

そんなやつはいねーよ、って意見じゃん
いたら謝ってやるよ、探してもってこい


あと人格攻撃は議論で言いかえすことができませんでしたってことだよな

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 16:22:36.80
http://konomys.jp/archive/vol_08/second/02.php
結果が判明した、すなわち落選した(1次であろうと、2次であろうと、最終であろうと)作品は、どうか。
これはルール違反ではない。ルールには抵触しないが、マナーとしてはいかがなものか。
選考する側にとって、一度目を通して反古にした使い回しほど、テンションが下がるものはない。

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 16:39:23.69
>>344
さっさと謝れ!!

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 16:39:38.69
結論はとっくに出てるんだけど、
隙を持て余したニートや主婦や家事手伝いが
創作論議を戦わせているようなふりをして時間を潰す
ただそれだけの板だから。ここは。

終わった議論を蒸し返してまで時間潰しをしなくちゃならない閑人が集まってるんだよ。

348 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 16:41:27.43
はっきり言うけど、この板に張りついてる人間は、
小説なんか書いてないし、投稿する予定もないし、
そもそも小説を書くだけの才能も、準備もないクズばかりだからな。

349 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 16:43:46.27
ああ、得意になって
「つ鏡」だの「自己紹介乙」だの
書き込まなくてもいいからね。
そういうの、もう十年も前から見飽きてるし。

350 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 17:36:26.15
>>345

その後読めよ
>推敲が充分でなかったから落ちたのではないか。
>改稿し、作品をもっとブラッシュアップすれば
>受賞レベルに至るのではないか
>最終まで行ったなら最終選考委員との相性が悪かったのかも。
>実際、そういう例もこれまで絶無ではない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
って書いてるじゃん、手直しや改稿した人や、
最終まで行ったので別な賞に出しての受賞は、過去に例があったって事じゃん
(ま、もっとも使いまわしで大成した奴はいないっても言ってるけど)

つまり、最終へ行くほどの才能があるとか
あるいは傷もきちんと直したのに、使いまわしってだけで落とす賞

これは存在しないんだよ、あんたらの妄想

あんたらが落ちたのは使いまわしだったからではなく
才能がないか、もしくは作品の傷が治っていないから

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 17:54:20.00
話をすり替えているな。
マナーとしてどうか、とはっきり言っているじゃん。

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 18:24:43.88
すりかえ? すり替えに見えるのか

ってことは何?
下読みが「マナー違反だ」と断言しないまでも「いかがなものか」
って発言することが気に食わないってことなの?

使いまわしの原稿の扱いを文句言ってるのではなく、彼らの発言が気に食わない
ってこと?

タバコの比喩を借りるなら
喫煙が許されてるところで、赤ちゃん連れた人が隣にいてタバコ吸ってて
店員が「マナーとしていかがなもんですかね」って言ったらむかつく、みたいなこと?
禁止ではない、追い出されるわけでもない、マナー違反だとも明言してない、
でも「いかがなもんですかね」っては言われた、とそれがむかつくんだって話?

じゃもう使いまわしの是非の話じゃなく、下読みのセリフの是非なんじゃねえの?

353 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 18:31:45.45
いやでも謝った方が良いか
確かに「マナー違反だ」と思ってる下読みはいるわけだからな

これが腹立つというのも、合理的な行動ではないし生きにくい性格だともうけど
感情はどうしようもないよね
(本当は、じゃ違うの出せばそれだけですこし有利じゃんって思うべきなんだろう)

すまなかった、俺が悪かった ごめんなさい

354 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 18:47:16.81
http://konomys.jp/archive/vol_01/second/index.php#first01
ただこの二作には、大きなマイナス要因がある。
一度、もしくは二度、他の新人賞に応募して落選した作品であるという点だ。
新人賞の予選委員に兼任が少なくないのは、こうしたチェック機能を働かせるためでもある。

無論、これが選に洩れた理由のすべてではない。
一度落ちた作品を改稿のうえ他の賞に応募することは、厳密な意味でのルール違反には当たらないからだ。
が、こうした作品は、選考の過程で明らかなハンデキャップを抱えることになる。
大賞レベルに達した作品でもない限り、それが分かった時点で、まずもって最終候補には残れないだろう。
これは他の賞でも同じである。改稿を繰り返して同じ作品を応募する作者は、将来性に乏しいと判断されるからだ。
作家志望者は厳に、戒めるべき行為と銘記されたい。

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 19:03:41.67
1次通ったとか駄目だったとか、やっと2次まで行けたレベルなら使いまわしはやめるべき
大賞レベルなら使いまわしもありってことだね

所詮下読みや審査員は、大賞レベル(を量産できる人)を見つけ出すのが目的だからさ
スポーツの大会みたいなレベルを正当に評価すべきとかどうでもいいもんな
(レベルの下の方は特にさ)

それは正義じゃないってワナビは思うけど
目的は作家を見つけ出すことだから、むしろ積極的に(できの悪い)使いまわしを切る
下読みは出版社的には有能な正しい行為な人なんだなろうな

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 20:06:42.79
>公募して賞を取らせる傍ら、見込みのあるやつはキープして伸ばしてくれたらいいのに。

見込みが有るからキープしたと応募者に知らせるのかな?
育成枠で囲い込むとしても、唾を付けとくだけで、何か縛りを掛けられるだけの様な気もする。
例えば、キープされた応募者が他賞で入選するのは、裏切り行為になるのかな?


357 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 20:22:55.11
ファンノベみてみろ。
最終候補で本出してもらってるのもいるし
受賞しても一作で消えるのもいる。
キープして伸ばしてくれるなんて甘い世界じゃないと思うぞ

358 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 20:27:47.20
>キープして伸ばしてくれるなんて甘い世界じゃないと思うぞ

応募者側にメリットが有るのかなと、思っただけです。

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 20:41:57.64
>>358
主観でしかモノゴトを考えられない人間には、小説の執筆は無理。
向こう側の立場の人間は、この出来事をこう考えて、こういう行動を取るはず
という心理描写が説得力のある形で書けなければ、
事件をリアルに描くことなどできない。
「登場人物全員が作者本人で、作者と同じ発想でモノゴトを考えている」
などという小説はペケだ。

俺がなにを言っているのかワカランだろう。
うん。君にはわからないと思う。

360 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 20:54:50.40
>主観でしかモノゴトを考えられない人間には、小説の執筆は無理。
>向こう側の立場の人間は、この出来事をこう考えて、こういう行動を取るはず
>という心理描写が説得力のある形で書けなければ、
>事件をリアルに描くことなどできない。
>「登場人物全員が作者本人で、作者と同じ発想でモノゴトを考えている」
>などという小説はペケだ。

>俺がなにを言っているのかワカランだろう。
>うん。君にはわからないと思う。


何にイラッとされているのか存じませんが、キープという単語に反応されたのですか?
もしかして、キープしてたつもりの応募者に逃げられた編集さんですか?
御愁傷様です。

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 22:41:47.94
>>360
君がどんな小説を書いているか(過去に書いたか)当ててやろうか。

・主人公は君の思想や感情を反映させた君の分身で、
・君自身を超絶的に美化したキャラクターで、
・脇役たちは主役を引き立たせるために用意され、
・主役を引き立たせるためだけに事件を起こし、
・主役に関わるときだけ動いて喋り、
・主役と関わらない時には何をしている人物なのか、まったく考えられていない。

どうだ。こういう小説だろう。違うか?

362 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/02(金) 22:51:23.62
ああ、他にも
・主役のルサンチマンのために用意され
・惨めな敗北で主役を満足させるためだけに存在している脇役
ってのもありそうだな

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 06:37:35.06
>・主人公は君の思想や感情を反映させた君の分身で、
>・君自身を超絶的に美化したキャラクターで、
>・脇役たちは主役を引き立たせるために用意され、
>・主役を引き立たせるためだけに事件を起こし、
>・主役に関わるときだけ動いて喋り、
>・主役と関わらない時には何をしている人物なのか、まったく考えられていない。

>・主役のルサンチマンのために用意され
>・惨めな敗北で主役を満足させるためだけに存在している脇役


量産タイプの新本格派ですか?


364 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 17:40:01.94
わったし、頭悪いし、何を言っているわっからないけど
ホットイテよ、自分さえよければいいの
私の場合、他人に読ませるために書いてないのよね
頭のいい人って他人のことにとやかく言いすぎよ

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 18:27:36.46
普通の応募者

      使い回しは自己責任で御自由に

出版社の編集さんに診てもらえるとか、色付きの応募者(本人承知)

      構ってもらえなくなったとしても、勝手に他社に応募できない

出版社の編集さんにマークされた応募者(本人知る術も無し)

      他社に応募されたら絶対阻止するから諦めろ


こういう理解で、よろしいのでしょうか?

366 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 18:55:27.78
そのマークされた人? 何十人だか何百人だか知らないけどさ
それを編集は仕事の合間に常にチェックして
他社(当然仲の悪い会社も、小さくて交流が無いところもあるだろ)への応募を
絶対阻止する、理由って何? 金にもならんのに

またそんな珍妙な理解をしてしまったのはなぜ?

367 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 19:35:37.64
>それを編集は仕事の合間に常にチェックして

自動的に回ってくるのじゃないの?

>>304

>内容なんかダダモレだよ、訴えるとか馬鹿だと思われるだけだし、個人情報ですらないよってことなんだけど

 305

>候補者の二重投稿とか、盗作とかを、各社に照らし合わせてチェックするから?

368 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 19:44:50.88
>絶対阻止する、理由って何? 金にもならんのに


>>66 >>68

この理由を考えていたら、こんな仕組みが思い付いた
まぁ、他社に横取りされるのを黙って見ていられないだろうし


369 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 19:53:17.05
回ってくるとかまでシステム化されてないと思うよ

「予選委員に兼任が少なくないのは、こうしたチェック機能を働かせる」
というセリフは、
リストが回ってくるのではなく、あちこち兼任する下読みが人手でチェックしてることを意味すると思うし
それに、「作家志望者は厳に、戒めるべき行為と銘記されたい」というセリフも
マークされたらもうだめというよりは、新しいの書けば
「あ、あの使い回し君、新しいの書いてきたよw」
って感じに好意的に受け取られると思うけど

内容がダダもれなのも、池上のエッセイかなんかで読んだけど
文壇バー(笑)とかで話題になったって書いてあったよ


370 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 19:57:50.07
>まぁ、他社に横取りされるのを黙って見ていられないだろうし

え? あんたが言う出版社の編集さんにマークされた応募者ってのは
使いまわし常習者で他の出版社にチクって落とさせるって話してるんじゃないの?

才能あるからマークしてるひとなの? それどうやって他社で落とさせるの?
へんじゃね だったら自社で受賞させればいいだけじゃん

371 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 20:21:19.03
>使いまわし常習者で他の出版社にチクって落とさせるって話してるんじゃないの?
>それどうやって他社で落とさせるの?

ブラックリストって何ですか?

>だったら自社で受賞させればいいだけじゃん

肝心の応募者が、ここ数年間自社の公募に応募していないから、受賞させられないwwwwww


なんか手間が省けたみたいで、感謝wwwwww


372 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/03(土) 20:35:07.85
えーとつまり
自社には応募してこないけど、他社には応募してくるやつは
ブラックリスト(というものもあって)をまわして落とさせることができると信じてるわけ?
しかも使いまわしのリスト(ってものがあるはず)使ってってこと?

俺をからかってるだけ? まじ?

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/04(日) 00:58:16.80
からかっているというか、ネタだろ

374 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/12/09(金) 18:53:26.63
応募原稿の使い回しよりも、
無能な審査員の使いまわしの方が、有害な気がする。

文学賞の受賞作がカスなのに、あえてカスを選ぼうとしてしまう。
それを継続してきたつけが、出版不況につながったんだろう。


375 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/09(金) 19:50:24.91
カスレベルの作品すら書けないやつがなにいってんだか

受賞してから文句いってねw

376 :名無し物書き@推敲中?:2011/12/09(金) 20:31:07.85
本当の名作は、カスが読んでも名作だと思う
審査員は無能でもいいんじゅやないかな
むしろ有能な人にしかわからん作品方がまずくないか?

103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)