2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【NG推奨】文學界新人賞81【ポッポ】

1 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 03:32:31.68
前スレ
【NG推奨】文學界新人賞80【ポッポ】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1295023075/

NG推奨ワード

http://okuizumipoppo.blog98.fc2.com/

ポッポ

ポッポの話題は荒れるので出さずに文学界の話題で盛り上がろう!

2 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 06:47:31.90
いつまでポッポつけてんだよww

3 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

4 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:11:44.73
87枚。今晩、初稿完成予定。
待ってろ編集部。

5 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 12:22:05.82
はっや! と言ってやるべきか。

6 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:04:51.95
>>5
推敲や改稿を徹底するなら、今月中に初稿は仕上げないといけないよ

7 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:24:36.92
>>4
87枚じゃ規定に乗らないだろ。
100枚以上だろ

8 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 13:40:48.13
100枚程度だから
80〜120枚
でしょ。
規定変わった?


9 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 14:41:33.78
ここに限ったことじゃないが、陰湿な私小説的記述を基本とした
ニートフリーター小説で不可解なギミックと特異な文体で書かれた
ものが、偏って選択されているような気がする。
そうでないものは弾かれているのか?
そういうものしか投稿されないのか?
受賞作や最終選考に通らなかった作品の梗概を見るとどうしても
疑問に感じてしまう。

実際のところどうなの?

10 :ヴィンテージ武井:2011/04/13(水) 14:52:07.60
どうなのーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イッテQのカレンダーが外れたというくじ運の悪い奴がカキコしてみた

11 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 15:42:45.18
現代の生き難さを書いただけの小説はもう沢山だ、とはいつかの文学界新人賞の選評でも書かれていたし、芥川賞でも村上龍が同じようなことを言っている。
純文学なんだから、生き難いという共感の向こうに、もう何か一つでもいいから欲しい(書きたい)よね。

12 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:18:44.09
第112回の選考ってもう終わったのかな?
今日まで連絡が来ないってことは、望み無し?

13 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 16:24:06.82
>>12
あんた最終選考に残ったのかい?

14 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 17:47:18.26
今から書き始めても間に合わないかな
プロットが思いつかんのだ
大それたオチは要らないとわかっていても、作品としてのオチが欲しい

いや、諦めるつもりはないけども

15 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 17:48:55.37
>>12
2か月前に連絡ないなら最終に残っていない
3次落ち

16 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:04:00.13
三次通過したら最終選考だよね?
すごいじゃない

17 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/13(水) 18:19:10.54
>>11
遅レスだが同意
バブル期にそれをやれば挑戦的なものになるかもしれないけどこんな時代なので苦悩してるだけの話は小説にされなくってもお腹一杯だと思う
その状況を違う視点で捉えて読者に驚きを与えることができればいいよね

18 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 03:09:37.37
>>14
俺は今月一日から書き始め、今日初稿を仕上げた。3ヶ月に書いた60枚の短編(未応募)をさらに掘り下げて書いたため、短期間で書けたが、大本の短編も10日間で書いたもの。
100枚程度の作品なんだからむしろ短期間で仕上げるつもりでいないと締まりがなくなると思う。

19 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 05:16:06.04
俺もプロットを練るのに時間をかけた方がいいと思うわ。
200枚以上書く気ならそれなりに早く動き出すけど、100枚前後って長めの短編みたいなもんだし
時間をかけて書くものではない、というのが個人的感覚だ。まあ人それぞれって言ってしまえばそれまでだが。

20 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 11:58:32.95
ここは、63枚だと規定外と判断されますでしょうか?
物凄く斬新であっても規定外になるのでしょうか?

21 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 12:05:09.06
そんなのここの住人が答えられるわけないじゃん

22 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 12:27:33.78
あくまでも100枚程度だから。

「程度」と曖昧にしているんだから、おら達には分かんねえべぇ。

23 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:00:50.56
>>20
80枚は書いとけよ(水増ししてもいいから)

24 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:03:59.77
みんな手書き?パソコン?

25 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:50:02.07
○枚以上○枚以下とはっきりとした規定はない。
内容で判断されると思うけど。
60枚を超えてるなら、
下読みさんは、最初の2,3ページは読むだろう。

26 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 13:57:07.32
>>24
手書きだとデータが紛失する可能性あるじゃん

27 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 14:03:17.74
80〜120できれば90〜110にすべき
100っていわれて60って
新人賞だから違反ではないだろうけど
プロになってからの依頼なら
紙面上不都合が出るレベル

つまり受賞しても将来もそういう人だろうなと思われる

28 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 14:22:36.87
一応読まれてから、
100内も書けない奴だから63枚なんだ、と判断されたら落とされる。
63枚か…、無駄を省いてすっきりさせたな、と判断されたら選ばれる。
規定枠よりも内容重視だな。


29 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 14:54:48.58
そんなに規定枚数より少なくても選ばれるほど斬新な内容って
10年に一人とかの才能じゃなきゃむりじゃね
自分でまあいけるかもくらいな才能と思うなら
「無駄を省いてすっきり」って思ってもらえるかもってのは
楽観視しすぎじゃね

30 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:00:29.55
規定が100枚程度なら100枚程度でまとまる話を書けよ

31 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:21:00.78
150枚くらいは書きたいんだけど、規定違反ならもう少し書き足して他の賞に送るか

32 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:23:02.35
何作か書いたことないと、何枚くらいに落ち着くか見当も付かないよな
俺、書き始めたばかりの頃そうだった
小牌と多牌ばかり、あがれない
締切日が違い別な賞に出したりとかしてた

書きながら増やすんじゃなくてあとから文章入れると、なんかやっぱそこだけ浮くし
削るのも全体からちょっとづつ刈り込むようにしないと、
ストーリーが死んで粗筋追いかけるだけみたいになる



33 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:31:09.99
150枚って規定違反なの?
規定は100枚「程度」だろ。

34 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:37:34.19
だったら、150枚を135枚まで削ったならOK?

35 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:57:10.17
普通、(数字)程度って言ったら、その数字の±20%が許容範囲じゃない?

36 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 15:58:56.84
過去70枚程度で受賞できた人がいる。
最終的には規定枚数よりも内容だよ。

37 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:01:33.99
それだけで落選とかはなくても評価は厳しくなると思うよ
100枚の作品と同じくらいのレベルなら150枚の方を落とすだろうな

特別な理由が無い限り、要望に応えられない人間なんだなと思われる

38 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:02:39.52
つーか、みんな型にはまっている。
最初から規定規定規定ではね?
もっと自由に!斬新なものを。
100枚云々は出来上がってから考えよう。
常識の韓を破ったものを作ろう。


39 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:12:26.25
お前ら主観でしか喋ってないなw
俺の記憶では75.6枚〜123,4枚で受賞した作品があった
ちなみに今回の四次選評で枚数大過ぎて落とされてるのある。
てことは少な過ぎもあるはず。ただ内容で四次までは行ってる

40 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:14:35.30
±20%を超えると減点対象にされる、という事では。
他に滅茶苦茶物凄い箇所があればその減点をカバーしてくれる。
勿論、逆転も可能。
だから、自分の納得した作品を作れば良い。
おそらくは、内容の方が採点要素に大きく響くのだろう。

内容が駄目な100枚ジャストは文句なしに落とされる。

41 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:17:28.28
規定から外れていても、内容が良ければ四次までは行くんだよ。
下読みでは63枚でも150枚でも内容が良ければ落とせない。

42 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:21:34.60
ただ問題はさ
100枚程度のものを何本も読んでてふと60枚を読んだら
その肝心な内容が、ちょっと薄いかな、って感じちゃうよな

43 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:25:47.56
又、その逆もいえる。
ふと150枚の長編を読まされたら、しまりのないものに見える。
でも今回のように四次つまり最終まで行くんだったら、どうなんだろうなぁ……。

44 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:27:47.20
60枚でも例えば糸山の『沖で待つ』のようにとても読み易い作品だったら、
逆に印象に残るかもよ。

45 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:30:20.34
いずれにせよ、
75.6枚〜123,4枚で受賞した作品があったわけだから、
±25%に納まっていれば、枚数で減点はされないよ。

46 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:44:32.33
>ちなみに今回の四次選評で枚数大過ぎて落とされてるのある。
てことは少な過ぎもあるはず。ただ内容で四次までは行ってる

それ、ひょっとしたら、枚数が多かったから、皆の作品よりもいい味が出て
4次まで行けたんじゃないの。


47 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:46:08.05
義経の戦法に倣うなら、型破りをして皆に差をつける、という事だね。

48 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:51:32.14
自分で書いてて思うのはさ
100枚ってのが微妙で物語世界や人物の作りこみみたいなことが
ギリできる量だと思う
そういう書き方したいなら、できればもう少し枚数が欲しい

80枚とか60枚とかになってくると作りこみと言うよりは
どれだけ鮮やかに切り口を見せられるかっていう感じになる
だから、それだと100枚はちと多い

自然と100枚になっちゃったって言う場合もあるから、なんともいえないけど
他の賞はとかが採用してる枚数はやっぱそれなりに意味があると思う


49 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 16:56:52.77
つーか、枚数多すぎても良かったのかよ!
といいたい。
そんなの最終まで残すなよ!
真面目に100枚にまとめる努力は何なの?
だったら、俺も100枚超して好きなように書くんだった……。
その方が良い出来になるのは当たり前だし。
選考が公平じゃないよ。

50 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 17:00:30.51
君にルールを破る度胸が無かっただけ。
それも実力。
後からグダグダ言うな。

51 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 17:42:09.64
まてよ、君の100枚に収める能力は実はプラス評価されてた可能性もある
(いわば不公平に君に良い点数が与えられてた可能性もあるということだ)

ここで「どうせ多少超過や過少があっても、作品で評価されるに決まってる」
なーんて言ってるのは、そういう作品を出してしまったがために
自分に言い聞かせてるだけの臆病者かもしれないのだよ

52 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 17:48:19.30
±20%は下読みの段階で×にして欲しい。
何で四次まで上げるのよ?
公平に!

53 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 17:49:24.62
±20%超えは下読みの段階で×にして欲しい。
何で四次まで上げるのよ?
公平に!



54 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 18:17:40.38
そりゃないわ。
だって規定が
あいまいに〜だいたい〜おおよそ〜100枚だろ。

55 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 18:20:00.44
>>39
>ちなみに今回の四次選評で枚数大過ぎて落とされてるのある。

お前凄いな。4次まで行ったのかよ!作家デビュー目の前じゃん。

56 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 18:25:58.67
正直者が馬鹿を見る、では行けないよ。
どうして枚数超過を最終に残すの?

57 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 18:29:27.59
おおよそがどの程度なのかがわからんのよ?
ここのスレ見ると、その人その人によって感覚が違うようだね。

58 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 18:31:42.08
135までなら落とされないよ。
内容が良ければの話だけど。

59 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 18:42:34.13
100枚「程度」で150枚はアウトだろ
200枚もアウト
120枚くらいならセーフだと思う
もうその辺は自分で決めるか文学界に聞いてみれば?

60 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:12:13.00
100枚程度というのは、
70枚から130枚だな。

61 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:13:49.08
編集部はどうして規定枚数をはっきりさせないんだろう?

62 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:19:50.05
>150枚くらいは書きたいんだけど、規定違反ならもう少し書き足して他の賞に送るか

150枚だったなら群像に送ったら?
群像の規定は250枚以内だったろう。

63 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:22:15.22
つーか、どう書いてほしいんだ。100枚以内?
それだと30枚くらいの作品を送ってくる奴もいるだろう。
文學界はそういうのは求めていないわけだ。
100枚きっちりでは縛りがきつすぎる。
「100枚程度」これで何が求められているか察してくれ、
というのが編集部の真意。

64 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:24:09.27
>編集部はどうして規定枚数をはっきりさせないんだろう?

講談社『群像』に読者を持って行かれない為。
140枚程度までなら無理にでも受け付けて引き止める。



65 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:31:15.53
読者応募者は神様です。
枚数超過とはいえ、そう簡単に切り捨てる事は出来ません。
てか……

66 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:34:13.67
応募者1500以上は維持していなくてはね。
存続出来ない。
だから常連応募者固定層に対して、規定枚数であまり煩い事はいわない。

67 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 19:37:22.15
文学界は新人賞応募者からの売り上げで持っているようなものだ。
特に5月と6月と11月と12月は売れる。

68 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 20:05:29.72
以前、NHKのラジオ深夜便に、元文藝春秋編集長が出ていた。
芥川賞の裏話を色々してくれて興味深かったんだが、その中に、
芥川賞は200枚以内を目安にしているというのがあった。そして
すぐ付け加えて、あくまでも目安ですから、それを越えたら絶対ダメ、
という考え方はしない、実際、平野啓一郎さんの「日蝕」は300枚近く、
いや、それ以上だったんじゃないかしら、などと言っていた。
ま、それがどうしたと突っ込まれても困るんだが、世の中、杓子定規に
建前だけで動いてはいないということだ。

69 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 20:33:36.07
杓子定規に100枚に納める事もなかろう。
140枚以内であればなんとかなる。
内容が良ければ。


70 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 21:01:55.88
てかみんな初出しなの?
四次選考は最終じゃないし、枚数は大して関係ないよ
ただ、受賞作は圧倒的に九十数枚の作品が多い。70〜120も過去にあったというだけで
要はそのくらいで描けるモノが評価の対象なんだろ。
選評でも言ってる

71 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 21:06:49.32
0.5次→2000作から600作くらいに
1次選考→100作くらいに
二次選考→50作くらいに

----------こっから誌上掲載--------------

三次選考→15作くらいに
四次選考→5作くらいに
最終選考→受賞作

72 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 21:22:46.69
0.5次という数字がややこしいね。

73 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 21:27:47.97
編集側からしたら、選考の内にも入らん、ぱっと見の捨て作業なんだろうが
出す側からしたら大半が落ちるから0.5次は重大
実際ここに来るようなのはほとんど0.5次で落ちてるでしょ?

74 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 21:38:59.33
0次と呼んでも問題ないと思うんだが

75 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 22:02:27.24
そうだよね、なんで0.5なの?

76 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 22:04:32.13
3分の1に絞るのが一次選考でしょ?
下読み通過は2次通過では?

77 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 22:27:40.87
おk

78 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 22:31:30.00
いや、一次から下読み→10人で一人10作ずつ選ぶ
二次通過は、会議にもかけられてるから、常連は覚えられる
ソース→座談会
0.5次は、皆がそう言ってたからそれに倣った。

79 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 23:16:06.03
なんだか、七面倒だな、システムというか、選考名呼び名が分かりづらいよ。

80 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 23:35:54.18
最初に落とされる1400作のゴミってどんなのだろう

むしろ読んでみたい

81 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/14(木) 23:54:09.70
>>80
どのくらいのものが落とされるんだろうかね

82 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 00:15:18.34
どういう基準で2/3を落としたのかと訊かれても、
編集部は口が裂けても答えないだろうね。
いかに無茶なデタラメやってるかがばれるからw

83 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 00:19:12.63
40才以上は読まずに即ゴミ箱。

レコード会社のデモテープと同じ。


84 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 00:37:53.01
こんなこと気にするのもどうかと思うけど、下読みがパクルとかあるのかな?

85 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 00:40:33.95
>>80
>>81
>>82
編集部内部に入れば分かるよw
つまり就職することw
内部(文壇関係者)と読者層には結構乖離があるからね

86 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 01:39:19.87
>>83
そういう部分って改めないといけないと思うけどね

87 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 07:30:38.66
>最初に落とされる1400作のゴミってどんなのだろう
むしろ読んでみたい

以前のそんなこといった人がいて、
予選で落とされたものをリックさせて発表した奴がいる。
やっぱり、とんでもないしろものだった。
つーか、その作品にいらついた。
落ちたやつ読んでどうするんだよ。
むしろ、どうせだったら予選通過した作品を読んでみたい。
全く参考にならんよ。


88 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 07:32:26.75
>最初に落とされる1400作のゴミってどんなのだろう
むしろ読んでみたい


以前のそんなこといった人がいて、
予選で落とされたものをリックさせて発表した奴がいる。
やっぱり、とんでもないしろものだった。
つーか、その作品にいらついた。
落ちたやつ読んでどうするんだよ。
全く参考にならんよ。むしろ、

どうせだったら予選通過した作品を読んでみたい。



89 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 08:47:36.38
>>88
浅いね。君の考え方は浅い。
それでは君はいつまでも1次落ちだろう。
1次落ちの作品を読み、受賞作も読んで、どこに違いがあるかを知れば
自分の作品にそれを反映させられる。
そして受賞に近づける。

そんなことにも思いが及ばんでどうする。

90 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 10:06:10.40
同じ話書いてるならともかく(同じ話でも駄目だと思うけど)
そんな数学みたいに差分を出して分析できるもんじゃないでしょ

読んでみて、うわーおもしろくねーとか、つか最後までよめねー
みたいな感想になるだけだって


91 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 11:35:23.65
下手な小説読んでたって上達しないよ。

92 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 11:59:09.55
つーか、おはなしにもならない小説なんだろう。
初っ端にて落とされたものって。

93 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 12:14:50.71
小説ではなく、自伝を書いているだけだなと判断されたらまずいだろ。
ただの世の中の歎きもアウト。
一枚目から誤字脱字を連発してもアウト。



94 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 13:44:32.07
あと世の中の何かに対して批判している筆者が投影されてるものね

95 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 13:56:18.05
>>93
>>94
程度の低い出版社なんだなw
文学界って。
悪い意味で古い体質から抜け出せていないw

96 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 14:07:53.19
「アサッテの人」落としてるからなぁ〜。

97 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 14:43:23.93
つまり、経験の浅い人は、
一人称小説は止めなさい!

98 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 15:32:30.06
>>93-94の理由で2/3が捨てられているわけではない。
まともに読まずに捨てるんだから、どんな小説か分かるはずがない。
冒頭の一文が気に食わないとか、ふん、男か、とかそんな理由で落とす。
くじ引きの方がよほど公平と言へるであらう。

99 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 16:36:12.14
君も捻くれてるねー。
ひょっとして、予選通過して紙面に載ったことないの?
そうだよね、だからそういう事言うのだよね。
みっともねーぞ、おい。
君の文章読むと、君が良く見える。

100 :98:2011/04/15(金) 17:42:36.96
実は、俺は文學界に応募したことは一度もない。短篇は苦手でねw
ただ、他の賞で「予選通過して紙面に載ったこと」はある。
ヤクザな賞ではないよ。五大新人賞の一つ。その上で言っている。
君も少しは想像力を働かせてほしいもんだ。
ふん、男か、は言い過ぎとしてもだ、2000もの作品を短期間(1週間か精々10日)で
ふるい分けるんだぞ。編集部員は5、6人だろう。新人賞に専念できるわけではない。
単なる自叙伝だの、世間への愚痴をこぼしているにすぎないだの、そこまで読み込める
はずがないではないか。
パッと見なんだよ。直観で判断しているんだよ。確かにパッと見で捨てられて当然の
論外応募作はあるだろう。しかし、それは極く少数。例外。大多数は小説の体をなしているのだ。
編集部はエスパー揃いだから、それでも評価は誤らないと君は信じているのだろう。
俺がひねくれ者なら、君はお目出度いお人好しだなw

101 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 18:39:40.05
>ただ、他の賞で「予選通過して紙面に載ったこと」はある。
ヤクザな賞ではないよ。五大新人賞の一つ。その上で言っている。

ホントかよ???


102 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 18:40:39.88
嘘だろうよ。

103 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 19:02:05.01
わざわざ嘘を吐く理由があるとも思えないんだが

104 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 19:08:37.93
もういいよ。嘘は。
いちいち反応しないで

105 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 19:42:46.17
人に信用されない気持ちが分かるだろう?
くじ引きの方がよほど公平と言へるであらう。なんて言うもんじゃないよ。

打たれ強い鈍感な奴に言ってもしょうもないか……


106 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 21:58:43.51
>「アサッテの人」落としてるからなぁ〜。

「アサッテの人」は大幅に書き直して群像に送ったんじゃなかったのか……。



107 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 21:59:37.23
てか、そもそも文学界だっけ。

108 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/15(金) 22:11:58.54
松波太郎 の「廃車」を読んだひといる?
読んでるんだけど、なんで文学界新人賞なのかわからん。
わかるひとがいたらおせーてもらいたい。

文学界の選考基準っておかしくないか?

109 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 00:30:38.26
おかしいよ。
倒産寸前の左翼に乗っ取られた「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ出版社だから。
近々印刷会社傘下に入ることが発表されるよ。


110 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 01:02:06.99
最初から出版社の倒産や経営危機も想定してたんでしょ?
広告費で運営しているようなものだものね。
出版社の多くは、言論を守るために、株式に上表してない。
そこで、株式で支配できないのならと、広告費でつって、
言論を誘導しようとしてる。

そうだね。アセンション計画のために、すくなくとも25年前から計画してたんだからね。
私の父親が、ロータリーのパーティーに誘われたのが、小学生のとき。
あの異様な光景はわすれないよ。
あのときからターゲットにされていたとしたら、壮大な計画だったね。

愚かな計画のために、大勢の人間が殺されました。
アセンションを煽っている人たちに注意してね。

111 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 02:57:36.65
第112回文学界新人賞(文芸春秋主催)は、山内令南さん(52)の「癌だましい」と、
水原涼さん(21)の「甘露」に決まった。賞金は各50万円。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110415-OHT1T00178.htm

112 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 03:02:19.45
>>111
きちんと選考してたんだなw

113 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 03:46:07.13
52と21って随分と開きがあるな…
21って学生か?

114 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 04:15:31.65
文学界新人賞に山内さんら
 第112回文学界新人賞(文芸春秋主催)は、山内令南さん(52)の「癌だましい」と、水原涼さん(21)の「甘露」に決まった。賞金は各50万円。

 山内さんは1958年生まれ。岐阜県出身。病院勤務などを経て中部学院大に編入したが、食道がんと分かり退学し、現在療養中。水原さんは89年生まれ。兵庫県出身。北海道大文学部に在学中。



115 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 07:18:24.74
わざわざ神戸から北大に進学する辺り、あまり頭が良さそうではないが…

116 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 07:45:45.29
結構北海道に憧れて来たって人はいるよ。

つーか後輩かよ。なんか悔しい……。
まあ読んでみないことには何とも。

117 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 08:43:50.63
52歳か、すごいね
なんか自分だったら30過ぎたあたりで文学賞志すことを諦めそうな気がする

118 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 09:32:11.55
誰だよ、
40才以上は読まずに即ゴミ箱。
コード会社のデモテープと同じ。
ってな事いってたのは?



119 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 09:35:18.94
若い頃からずっと小説を書き続けて来た人ばかりじゃないからな。
中断があった人もあれば、中高年になってから、一念発起の人も。

120 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 10:02:34.73
52の人は大学院?行ってたけど、癌で中退したらしいね。
一念発起って感じかな。

121 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 10:38:59.38
結局、年齢は関係ないって事?

122 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 10:42:53.40
2ちゃんねるで40歳以上は即ゴミ箱行きといってるのを読んで
真相がバレないように、今回は50歳代も加えたとも考えられる。
出版社の社員も2ちゃんねるは見てるだろうからな。

123 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:10:05.62
それも聞いてて……、苦しそうな意見。
だったら又そのように騒げば、40歳以上の人が又20代の人と同時受賞するのか?
騒げば20代も40代も尚更チャンスだな。

124 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:13:05.12
そんなさ、2ちゃんの裏を書いてとかやってるほど暇じゃねえって
そんな出版社との心理バトル想像するのは楽しいけどさ
勝手な一人相撲じゃん

っていうか真相がばれないためになら簡単に50代を入賞させても平気ほど
40台足切ってどうでもいい隠された真実なのかよw

もとからそんなのなかったって方が普通な結論でしょう

125 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:18:37.35
しかし、二人受賞ってのに引っかかるものがあるのは俺だけ?

126 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:21:03.30
2CHの書き込みなんぞ、
どこの誰だかわからない奴が憶測で書いてるだけなんだしね。
嘘八百なんだから。
年齢制限なんてないよ。


127 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:24:29.37
あれ、過去に20代の中山智幸と70代のおばあさんが同時受賞してなかったかな?
今回の件は、珍しい事じゃないよ。
考えすぎなんだよ。

128 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:25:03.58
ないだろうと思われる。
しかし、絶対ないとも断定できない。
最近の2ちゃんねるの書き込みを読んで
カモフラージュのため五十台の作品も拾ったと考えられなくもない。
とにかく否定も肯定も、推測の域を出ない。

129 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:25:50.88
>70代のおばあさんが同時受賞してなかったかな?

受賞してません。

130 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:30:55.11
つーか。君40代超えてるの?
超えてないなら、君にとってはどうでもいい事だろう。
なんで、ここで40代超えてる人の応募意欲をなくさせる事いい続けるの?

131 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:36:53.79
俺は今年26歳で、執筆歴は1年だが、自分より若い人の受賞は刺激になったよ。
愚痴や憶測を並べるよりも、自分の作品と向き合おう。
さて書くか。

132 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:37:15.60
第101回(2005年) - 中山智幸「さりぎわの歩き方」
辻原登奨励 参考作 - 桑井朋子「退行する日々」

の事じゃね。
奨励参考作だね。
確かに70代のおばあさんだ。入賞に年齢制限はない。

133 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:42:03.05
21歳、北大文学部か・・・
若いな
それはいいが、50以上ってのが引っかかる
なぜ21と52というあまりにもかけ離れた年齢2人を出すのか・・・

134 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:43:36.86
奨励参考作=受賞作なの?

135 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:44:42.09
二人の作品が他と比べて良かったからだろうよ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:46:00.60
賞金があるようだから、奨励参考作も賞の内だろう。

137 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:46:43.96
>>130
そういう君は40代超えてるの?
超えてないなら、君にとってはどうでもいい事だろう。

なんで、40代以上のはゴミ箱行きといってる奴の深謀遠慮がわからないの?

138 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:50:20.37
こんなやつな

 〜編集部地価秘密会議室にて
編集長「今日集まってもらったのは、他でもない2chのことだ、まずデータはどうなっている」
編集者A「はい、監視会社からのデータによれば、ここ半年で40才足切りに関する書き込みは着実に増えてます」
編集者B「くそう、あの便所の蛆虫どもが!」
編集者A「最近ではもと業界人を名乗るものの書き込みまであります」
編集者B「どうせ、そんなのワナビの自演に決まってる」
編集者A「それが、一概にそうとも……」
編集長 「まあ、まて俺にいいアイディアがある。ここに52歳の作品がある、
     焼却炉から俺が拾ってきたやつだ、ちょっと泣けるやつだ」
編集者C「しかし、それを受賞させては我々の今までの苦労が…、
    なんのために今までがんばって40歳を切ってきたんですか」
編集長 「話は最後場で聞け、アイディアというのはだな、『ダブル受賞』だ」
一同  「だ、ダブル受賞!!」「えー!!」
編集者C 「き、禁じ手です。そんな予算が下りるはずはありません」
編集長 「社長へは俺が許可を貰って来た、もうコレしかないんだ、
     40歳切り、プロジェクト名『40GOガーベージ』を守るにはな」
一同  「編集長!!(号泣)」

139 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 11:52:46.65
>なんで、40代以上のはゴミ箱行きといってる奴の深謀遠慮がわからないの?

深謀遠慮だったの、そりゃわからんかった。
なるほど、そういう事だったのか……。
でも、その深謀遠慮は好きになれないな。
つーか、大方の40代はその手にのらないよ。無駄な演出!



140 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:00:26.09
編集会議終了後

編集者A「しかし40代以上、特に50代以上のワナビにも困ったもんすねえ。俺ら出版社は息長く書けて、出版社を儲けさせてくれる作家でなきゃ、存在価値ないんすからねえ」
編集長「まあ、50代受賞で40以上は即ゴミ箱行きって書き込みもなくなるだろう。次からはまた40以上のは届いたら即ゴミ箱でいいぞ」
編集者A「そうですね。やれやれ、これで手間が省ける」
編集者B「次は10年後くらいにまた50代と20代のW受賞で行きますかね」
編集長 「ああ、もちろんその線で行く。みんないいな」
一同「ハイ」

141 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:02:23.82
いずれにせよ、事実として52歳の方が受賞したんだから、
40代超えてる方もこれに続くように奮って応募しよう!

142 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:03:10.99
つまり何?
そういい続ければ40歳以上の投稿が減って敵が少なくなるのにってこと?

143 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:05:48.64
そんな臆病者は絶対にプロにはなれない!

144 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:10:00.15
その前にその手に乗る馬鹿はいない。

145 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:39:30.64
逆に40・50代の応募が圧倒的に多くなれば、
20代の書き手に希少価値が出てくると思うが。

20代応募が目立ち続けると。20代若者風の作品内での競争が激しくなる
50代でしか書けない作品が斬新に見えてくる。

ここで、20代の人が年齢制限の事をいっているのかは分からんが、
実は自分の首を絞めているんだよ。

146 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:48:10.45
書き込み読んでると、ここは50代以上のワナビーがいっぱい来てるような・・・。
そんなに50代以上って多いのか?

147 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:55:52.21
当たり前だのクラッカーだ

148 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:58:50.32
20代、30代だけしか新人作家がでてこないとしたら
20代、30代の作家志望者が悲劇なんじゃないのか
違う世代の書いたものを読んで、刺激を受け
そして一番大切なのは、自分が書く作品によって
異世代の文学に激しく反発することなんだよね
それが文学の活性化であり、瑞々しさを保つことなんだと思うよ
それが、20代、30代しか受賞しないんじゃあ
ぬるま湯と同じで、風呂から上がりたくても上がれない
いつまで経ってもそのままぬるま湯に浸っている
そのうちにどんどんと温度が下がってくるが、それすらもわからなくなる
そんな感じなんでしょーか?

149 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 12:59:21.57
つかさ50歳人出たんだからもうこの話止めて
小説の話しようぜ
40さいごみ箱行きなんて10代の
あっしにはかかわりのねえことでござんす

150 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 13:02:32.37
>>148
20代で受賞した作家もすぐに50代になりますから
20代、30代の作家志望者は違う世代の書いたものを読んで、刺激を受けるのに
少しも困りません。

151 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 13:26:37.75
50代の受賞者の作品はタイトルとニュース記事から考えると私小説っぽいね
確か下読み座談会でこういう作品は落とされるって言われたパターンじゃない?
作者と経歴があまりに一緒だと云々ってあったよ
それでも受賞したんだから何か違うんだろうから読んでみたい

152 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 13:27:54.73
>>150
20代が年とって50代になっても、世代を引きずっているってことが
わからないの、おまえさん。おめでたい。作家志望なんかやめちゃいな。
早い話が、今度の大災害と原発事故だ。
同じ事象でも世代によって捉え方がちがう。受ける衝撃が違う。
なーんにも衝撃なんか受けずに、高尚な芸術文学とかいう
象牙の塔に篭って、わけのわからない美学とかに耽ってるのもいる
そういうことなのよ
屁理屈はいいから、だいたい察しがついてるから
蚊にさされるほどの刺激もないから

153 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 13:44:20.76
>>152
今の50代は世代を引きずっているってことですね。
南木佳士も、多和田葉子も、奥泉 光も、 笙野頼子も、保坂和志も
世代を引きずっているってことですね。
わかります。



154 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 13:51:22.37
>>153
もうこれが最後な
出かけなくちゃなんないし、暇ないから
世代を引きずっているよ、それは否定しない
俺は、作家として世に出たとき、というものも重視してるんだよ
その意味は、おまえさんには、きっとわからないでしょうね
いつまでたっても
それでいいんでないの、俺のしったこっちゃないから
あなた、女でしょ。感じでわかる。
気が強い女って俺のタイプなんですけど、それもどうでも……いいか!

155 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 14:52:30.52
153ではないが、不愉快。
あなた女でしょ、とか唐突で意味不明。
もっと建設的な話ができないのものか。


156 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 14:58:14.76
奨励賞とった桑井朋子もがんばってるね。

157 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 16:07:22.28
>>127
そのおばあちゃんって長い事同人活動をされてきた大物だよ
普通の人じゃない

158 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 16:51:37.40
でも無名だったわけだから。
あくまでも同人活動だし。

159 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 16:52:02.70
>>115
出身地と大学だけの情報で頭良く無さそうって判断は流石に早計過ぎるだろ
まあ学力云々はわからんとしても、
少なくとも21の若さでこの賞を取ったんだから十分凄いと俺は思うよ

160 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 16:57:38.88
北大って旧帝大だろう。
東北大・東大・名古屋大・京大・大阪大・九州大
と同列なんじゃなかったか?

神戸大よりは難関だと思うが……。
そう簡単に入学させてはくれない所だよ。

頭良くなさそう、というのも可笑しくないか……。

161 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:04:31.54
北大と東北大が何で九大と同列なんだよ?
あなた九大を舐めてません?

162 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:06:01.42
>>158
中央文壇で名前が知られてなかっただけで
確か地方文壇では知られた人じゃなかったっけ?
賞を与えたら逆に失礼になってしまうような

163 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:11:34.16
失礼って事はないだろう、天下の文学界からの賞なんだし。
地方文壇と中央文壇とでは全然違うさ。

164 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:22:21.68
女編集者のウンコを食う覚悟で

165 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:23:56.73
>>161

南国の田舎物が北国の田舎物と一緒にされて怒ってるw

166 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:30:34.20
第112回文学界新人賞の2次通過作は文学界の来月号に載るの?

167 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:32:06.60
>>161

 東北大>>九大≧北大でしょ?

168 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:36:15.36
女編集者のウンコを食う覚悟で

169 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:37:41.02
難関度は

東大 > 京大 > 阪大=九大 > 名古屋大 > 東北大=北大

です。

170 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:40:00.83
同じ大学内でも学部によって偏差値10近く違うとこもありますから一概に並べられんし、
そもそも入学に必要な学力だけで大学に優劣をつけるのもおかしいでしょう。

そして何より、ここはどこの大学が凄いかを話す所じゃ無いよ
今回賞取った21歳がたまたま北大だったってだけじゃないか

171 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:48:50.88
芥川賞受賞者なんか、大学出の方が少ないんじゃないか?
松本清張とか、西村賢太とか。
出ててもたいしたことない大学卒とか中退が多い。

172 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 17:52:17.76
>>169

九州大学と広島大学ではどっちが難しいの?

173 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 18:02:59.25
九州大学

174 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 18:07:21.69
大学について議論したいならよそでやれや

175 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 19:29:50.74
>>171
面白いもんで、作家全体で見たら一流大卒が多い
しかし流行作家やら実力派作家に限定すると途端に大卒率が減る
野坂氏は学歴こそ早稲田だが、落第生で嫌になって小説を書き始めたと
思いっきり言ってるし、お勉強の出来るエリートタイプは少ない
徹夜で麻雀して阿佐田哲也なんてPN作っちゃう人とかw

176 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:19:57.71
どこの大学でも国立なら恥ずかしくない。
芸大系の大学も、偏差値とは無縁だから恥ずかしくない。
俺はホンっとに恥ずかしい五流の私大出だから、この流れは辛い…

177 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:27:14.79
この流れ?
西村賢太は中卒だよ。
流れなんかないじゃん。アホか。

178 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:32:19.11
俺も兵庫で年齢も近いんだけど、水原涼さんって何市出身か分かる人いる?

179 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:47:24.04
学歴と実力は希に一致するに過ぎない。しかし、実力と新人賞が釣り合うとも限らないが。
くそな流れには違いない。

180 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:50:13.04
そのうち大卒を見下した中卒自慢が始まるよ。

181 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:53:56.07
中卒で芥川賞とる一方で、
作家になれない大卒連中もいるしね。


182 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 20:57:21.93
西村が中卒をセールスポイントにしているからな。
確かに世の中では希少価値になっている。羨ましい。

183 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 21:01:27.15
ここのスレは、
枚数制限 → 年齢制限 → 学歴 と話題が流れているようですね……

184 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 21:12:31.75
>>183
中卒や52歳が獲ってる以上、年齢も学歴制限もないって事だからな
特に高齢の作家志望には今回の受賞は朗報だったと思う
仮に60や65で引退するとしても10年程度は仕事できるわけで
出版社としても使える人材なら登用するだろうから

185 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 21:32:35.71
65で引退するとしたら55がラストチャンスか。
55以上のワナビってどのくらいいるのかな?

186 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 22:16:02.42
テーマはあるが、ストーリーが思いつかない
いっそ、もうできてるストーリーで書くか

187 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 22:33:07.39
純文学短編の場合、1箇所でいいから他では見た事もない何か光るものが欲しい。
それで決する。
構成が少々乱れていても構わない。

188 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 22:55:56.49
オチが付かないな、落ち着かない、なんちゃって

189 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 23:38:47.49
あぁ…

190 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 23:41:08.42
いぃ…

191 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 23:41:29.04
うぅ…

192 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 23:41:51.49
えぇ…

193 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/16(土) 23:42:08.03
おぉ…

194 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 01:01:10.90
おっぱい!

195 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 01:06:08.32
私のレスのせいで悪い方向へ流れていってる

196 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 01:53:49.02
では反省して腹を斬れ

197 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 02:16:12.95
だってオチが決まらないんだもん

198 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 02:24:38.94
オチが決まらないのは人の行為

>オチが付かないな、落ち着かない、なんちゃって

とか言っちゃってどっちらけちゃったのはお前のせい。言い訳無用。腹を斬りなさい。


199 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 02:32:33.84
>>198
尊敬する水島ヒロさんの小説を読んで勉強しました!
勘弁して下さい

200 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 02:54:49.16
はい勘弁します

201 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 12:05:09.45
5大文芸誌の新人賞で40代以上(そして50代以上でもある今回)の受賞は、
この30年くらいで初めて、でいいですか?
教えてエロいエロい人。


202 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 12:25:54.26
1985年に米谷ふみ子(1930年生まれ)。
新潮新人賞、文学界新人賞、芥川賞の三冠。

203 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 14:09:51.88
だから、桑井朋子がいるって話だろ。
いちいち数えていたらきりがない。

204 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 15:08:05.37
>>203
何の話?50代以上の受賞者の話なら、数えればきりがあるよ。
100人も200人もいないんだから。

205 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 15:47:37.21
>>203
その人は2005年「退行する日々」で第101回文學界新人賞辻原登奨励参考作。とウィキにあるだけだから除外。

するってーと米谷ふみ子ただ一人ですか。

その人は芥川賞まで一気にとっているということは飛び抜けていたという事。
逆に、「高齢者でも差別されない」の証明ではなく、「芥川賞一気にとるくらいでないと文芸誌新人賞は40代異常は取れない」の証明になっている(哀笑)


206 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 15:52:36.82
だから、桑井朋子は芥川賞一気にとるくらいではなかっただろう。

207 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:06:09.83
桑井朋子ってひとに拘るね。ともかくその人は受賞もしていないし、飛びきり高齢の色物だから、考慮する必要なし。
あとの唯一の?例外がユダヤ妻。これは一気に芥川賞取るほどの実力がその時点であった。

つまり普通は全滅だという事だわね。
今回はニューウェーブ起きたのか。それとも芥川賞クラスのさくひんなのか。前者だろう。


208 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:15:47.65
五大文芸誌のここ30年の受賞者は、文學界新人賞が年二回で同時受賞も多いので
200人くらいかな。
で、米谷ふみ子たった一人だけですか? 40代以上の受賞者は。差別されているね。おじさん、おばさん。
今回はニューウェーブかもしれないが、どうせまた元のゴミ箱直行に戻るんだろうねw

209 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:27:25.40
米谷は、新潮新人賞受賞作で芥川賞。だから、文学界新人賞受賞作が芥川賞受賞水準だったかどうかは不明。

210 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:32:05.47
無駄な啓蒙は止めろよ、誰が君のいう話を信じるの?
痛々しい。


211 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:36:11.82
年齢は関係ない、作品が良ければ受賞する。
つーか、今回もそうだろう。
まだ年齢制限の話をし続けている奴は、はっきりいって馬鹿だ。

212 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:37:17.84
何枚書いた?

213 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 16:39:58.62
今後、40、50代の人が受賞しても何も可笑しくない。

214 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 17:09:00.64
可笑しくないけど、受賞しないであろうよ。


215 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 17:10:56.25
8年前くらいにおじいちゃんも取ってた。ハンバーガーの話しを書いてたな。

216 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 17:13:20.10
2ちゃんねるで年齢制限があるといわれているから
それを封じるために今回は20代とのW受賞にしておこうという
出版社の陰謀ではないかと思いもしない奴は世間知らずのお坊ちゃん。

年齢制限がないのは事実としても、あるのではないかと
疑わないのが馬鹿。

217 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 17:21:32.60
意地汚ねーぞ、おい。
その手に乗らねーよ、タコ!

218 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 17:51:19.25
くだらねえ

219 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 18:24:09.94
しかし、5大純文学新人賞ニ冠、芥川賞受賞とは、史上唯一のことなんだよな。
こういう見方もできる。
応募者の年齢が若ければ、今後に大きな期待が持てるだの、磨けば光るものがあるだのの理由で推すことができる。
が、高齢になればなるほど、この理由が使えなくなるので受賞へのハードルが高くなる。
ゆえに若い人が有利になり受賞者も40歳以上は圧倒的に少なくなる。

220 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 18:44:03.68
どうだろう

結局、年齢関係なくね?ってのが素直な見方なんじゃないかと

221 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 19:22:15.23
もう学歴とか年齢とかの話はいいよ。

ところで受賞作っていつ読めるんだっけ?

222 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 21:34:43.18
>>221
来月の文學界

223 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 22:16:07.33
下らない議論をしているうちに、完成したよ。2週間寝かせてから読み返そう。

224 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 22:31:11.35
>>223

早いね。おれは、まだプロットも出来てない。

225 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/17(日) 22:46:02.43
>>215
おじいちゃんとハンバーガーを想像したら和んだ

226 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 00:11:53.19
>>219
エンタメはそうでもない
比較的最近でも朝倉かすみの例があるし

227 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 04:23:54.52
文學界ってまだフナヤマが編集長だっけ。
風見鶏なんだよねあいつ。


228 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 05:19:27.00
今回は誤魔化しを入れてきたが、データは語る。
40代以上の原稿はほとんどムシケラ扱い。
諦めなさい。

229 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 07:04:27.40
だから、しつこいよ。
もう年齢制限の話は止めろよ。誰がそんな話、まともに受けるの?
不快です。
別の話題で行きましょう。

230 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 12:36:42.85
でも40や50で受賞したとして
それから活動期間はは10年くらいだもんな
すげー短い

231 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 13:19:50.50
>>215
それって、おじいちゃんが、おばあさんの体をなでなでする話だっけ?
山田詠美にすげーうけてたような記憶がある。

232 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 13:27:57.72
長いよ、高齢化社会では。

233 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 13:35:48.30
老後の生きがいになるさ。

234 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 14:25:34.23
>>230
>それから活動期間はは10年くらいだもんな
>すげー短い
どのみちほとんどがほぼ一発屋で終わるんだから
10年も活動できるか心配する必要ないだろ

235 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 14:44:40.55
みんな村上春樹を生み出したいから40代以降はゴミ箱直行だった。
しかし20代のキチガイ小説を持ち上げても全くものにならないから、
ここ50年くらい(ユダヤ妻除く)ムシケラ扱いしていた中高年から受賞させてみた。
そんなとこか。

西村の芥川賞とか、100才の詩人柴田トヨちゃんの「くじけないで」のヒットの影響もあるのか。

236 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 14:49:17.09
柴田トヨさんのはビックリしたな
創作開始が90歳超えてからだと

237 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 14:54:56.95
あの人のは朗読も心を打つ。俺も練習しようかな。


238 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 14:59:29.40
>>230
若い人の寿命が縮まるから、これからは何歳を取ってもあんまり変わらなくなる

239 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 15:54:39.51
今の20代は40から50で死ぬよ。
短い。


240 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 15:56:29.93
あと数年もすれば、90や100まで生きる時代ではなくなる。

241 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 16:00:41.07
まあそうかもな。団塊世代が70くらいでバタバタ死ぬのはほぼ確定だから
バブル世代なんか60代だろうな


242 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 16:07:48.05
むしろ、桑井朋子の方が長生きするよ。

243 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 17:03:29.77
もう飽きたよ、年の話はいい加減に止めようよ。

244 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 17:20:43.94
ヒント・年に敏感なのはおっさん、おばんさん

245 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 17:34:04.67
ちなみにお前ら何歳なんだ?

246 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 17:34:58.98
おばんさん

247 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 17:45:04.46
>>245
17やけど

248 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 17:54:33.52
だから、何で年の話なんだよ?
これからは小説のプロット若しくは構成の話、
という事でどうよ?

249 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 20:06:15.39
>>245
俺文藝に出したけれど、17歳っす

250 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 20:17:26.54
2chで年聞いてどうすんの?
殆どがデタラメなんだから。

251 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 20:25:03.56
プロットw構成w
お前らエンタメの賞いけw
純文学新人賞の選評で、誰かプロットが稚拙だとか構成が甘いだとか言って
落としたり、逆に受賞させたのを見た事あるか?
意味ないとは言わんが

252 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 20:44:00.14
【純文学】とは・・・

目的のない、詩的なストーリーです。

主にストーリーの展開で読者の興味を引かず、主人公の受けた感情を細かく、味わい深く表現します。

読者を驚かせたり、喜ばせる、悲しませるなど、娯楽性を第一に書きません。物語の舞台は、SFやファンタジーのような空想世界ではなく、現代です。

とにかく、人間を書くこと(描写)に力を入れたジャンルです。

たとえば、太宰治は『人間失格』で、主人公の恥の多い生涯を書きました。

主人公は、自殺をしようとしたり、妻が強姦に合っても何も出来ず、お酒を止めるために、薬に頼ります。

純文学を書くには、まず、何を詩的に表現するか、物語の大元を明確にしましょう。



253 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 20:45:47.17
なんだ、>>252は17歳か?

254 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 21:23:21.10
>>252
そのレスはこぴぺかもしれないけれど
現代文学は批評性も必要だよ あと娯楽性も
ある程度必要になってきてると思う 
そもそも純文学のくくりがどんどん崩れていってる

255 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 21:34:58.30
SFやファンタジー
のような純文学はけっこうあるよ。
芥川賞でもなかったか?

256 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 22:12:24.30
まぁ、だけど、もろに娯楽性を追求したものは×だろうね。
50%以上の内容が時代物小説、50%以上の内容がミステリー小説なのはゴミ箱行きだろう。

この感覚は人によって違う。
50%が適切か?不適切か?ある程度がどのくらいなのか?
という問題だな。

257 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 22:15:03.43
文学界の応募要項では評論は×となっていますでしょうか?

258 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 22:19:16.23
くくりようによっては、『さようなら、ギャングたち』
はSFやファンタジーの部類に入ると思います。


259 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/18(月) 23:53:56.09
40才以上はゴミ箱直行。
過去50年の5大誌の新人賞選考結果が如実に表す事実。

それを打ち消すために今回の文学界新人賞選考結果がある。
しかしほぼゴミ箱直行なのはデータが表わしている。

群像・文藝・すばるは完全直行。ザマミロ中高年www



260 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 00:02:23.18
>>259
あんた中高年に何の怨みがあるんだよ。
不安にさせ、応募を躊躇させたところで、あんたの作品がよくなきゃ受賞しないのに。


261 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 00:09:42.16
>>259
別にゴミ箱に直行だっていいの
「ザマミロ中高年www」っていうのは
作品で示してくれよ
半径1メートルの世界に閉じこもった小説だの
人生を達観したような心境小説を気取った小説こそ
じじむさい、ああ臭い、くさい、じじくさい!
こんな小説書いてるやつは、年が若かろうが感性と心は
中高年というか、棺おけに片足突っ込んだ老人だよ
くやしかったら作品で若さを示せよ、アホ

262 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 01:18:16.32
>>260
45才と認定w

>>261
52才と認定w

263 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 02:33:08.74
>>262
261だけど、大外れだもんね
67才でした、そんでもって朝起ちビンビン
但し、肝心かなめの夜になるとどういうわけかダメ
起ってくれないのよ、これが
朝型なのかなあ、と思ってそんじゃあ朝にやるかと発想の転換!
どうなったと思う?
それが、ダメでした、アハハ
よくよく考えたら、相手が悪かった、見飽きた婆さんじゃあなあ
だれか、いい人紹介して
贅沢はいわないから、そうだなあ……鈴木京香か夏川結衣くらい
の容姿で勘弁してやるから、よろしこ!

264 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 03:39:56.23
ポッポ

265 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 07:24:04.01
もうやめれ!

266 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 07:27:44.56
ここで中高年に応募するな! と叫んでどうするんだよ。
ま、刺激すれば、中高年をますます発奮させる事になるけどな。

267 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 07:29:45.64
つーか、その必死な若造はそんなに自分の作品に自信ないの?
中高年を恐れているの?

268 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 08:22:56.56
もう、50代が選ばれちゃったんだから、
応募するな、と叫んでいても仕方ないだろう。
へんてこな深読み啓蒙をここでしてるみたいだけど、
あいにくさま、今後中高年の応募は逆に増えるよ。

269 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 09:36:23.17
本人が中高年なだけ
今まで40代切りがなかったとすると
落ちてたのは才能がなかったということになるから
少なくとも今回以前はそういう画策が編集部にあってもらわないと困る

あるいは職場で中高年に押さえつけられてて
中高年がひどい目にあってるということを書いて
鬱憤を晴らしてただけ

270 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 09:44:02.26
過去にも40代切りなんてなかったよ。間違いない。
俺3次まで行ったし。

271 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 12:47:48.40
つーか、今回の受賞作を見よ!
だよね。

272 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 14:34:36.09
地方文学賞は中高年の独壇場
商業誌新人賞は30代までのもの
決まり事なんだよ

273 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 14:48:47.18
つーか、今回の受賞作を見よ!
だよね。

274 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 15:01:18.41
結局、減点率の問題だと思う。
中高年の減点が10%なのか30%なのか50%なのか。
最終候補作選定前に、減点30%くらいなんだと思う。
それで、米谷ふみ子は生き残った。
あとは全滅みたいな状態で、ここ50年くらい来てるんではないかな。


275 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 16:20:20.67
まったく根拠の無い想像のパーセントとか
君が思うだけの話しとかもういいよ

だいたい小説を点数つけて判断してるとも思えない

276 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 17:31:02.01
一時通過ってどうやってわかるの?
文学界にのってなかった

277 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 18:54:13.93
ここで想像を語っても無意味だろう。
根拠が自分の頭で考えた事ではね……。
誰も相手にせんよ。


278 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 18:55:40.12
減点率?
何だ、そりぁ?

279 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 19:48:32.41
年齢詐称すればいいだけの話

280 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 20:07:45.94
年齢詐称して、受賞してしまったならどうするの?
つーか、ここで語られてる想像に振り回される事ないよ。
40、50代でも大丈夫だってば。
今回の受賞者、過去の受賞者を見れば良い。

不安を煽って必死で40、50代の応募意欲をなくさせようとしているようだけど。
悪徳住人はしばらく捨て置け。

281 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 20:08:41.28
ねえねえ 一時通過はどこにのってるんでちか?

282 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 21:02:31.03
つうか、純文学の新人賞なんて、ガキでも光っていればいい、そんな程度のもんだから、
いい歳こいて、純文学雑誌の新人賞狙いはないだろう。

歳をとっているなら、年齢相応の経験が生きるエンターテインメントで勝負しろ。
受賞できれば、早速カネになる。

283 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 21:40:13.18
>>276
1次通過は載らないよ。
2次通過だけ。

284 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 21:53:36.79
エンターテイメントといってもなぁ……、
安っぽいもの書いてもつまらん。

285 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 22:01:11.56
まぁ、確かに、
採れるモンなら直木賞も悪くはないな。一躍名が売れる。
直木賞とるには何処の新人賞を目指せばいいのかな?
やっぱり、文芸春秋がいいのかな。
というか、オールも文芸春秋だな。


286 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 22:07:46.02
何を夢語っているんだよ。
直木賞とるにはストーリーを創れなければ駄目だよ。
純文以上に物凄く熟練を要する。
そんな甘いもんじゃない。

287 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 23:14:13.98
芥川賞ストリートいらないからな

288 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 23:17:26.91
うおォン やる気出てきた

289 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 23:19:19.27
ストーリーって要約できるから、そんなもんに感動することが馬鹿馬鹿しく思える


290 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/19(火) 23:20:34.24
まあ馬鹿馬鹿しくてエンタメ読めない人は書くこともできないよね

291 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 01:54:30.11
今の純文学はキチガイ文学だから、
直木賞取った方がまともだよね。


292 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 07:29:42.13
でも俺は芥川賞の方が欲しいな

293 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 08:59:48.92
名前は芥川賞、中身は直木賞だな。
芥川賞受賞作品なんて、クズばかりだ。

294 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 10:29:30.65
ベストセラー作家を目指すなら直木賞
権威が欲しいだけなら芥川賞

295 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 10:37:05.05
やっぱり、
文学界新人賞 → 芥川賞
というレールに乗っかるのが王道だね。

296 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 11:24:44.26
群像新人文学賞 → 芥川賞
というレールも侮れない。

297 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 11:32:50.17
坊ちゃん文学賞では駄目でしょうか?
飛び抜けていい作品だったら、芥川賞とれるのでしょうか?

298 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 11:35:18.57
芥川賞は文芸誌掲載が条件じゃなかったっけ。

299 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 11:52:47.43
坊ちゃん文学賞が芥川賞をとった前例はありません。
芥川賞に拘るならば、坊ちゃん文学賞に応募するのはやめときな。

300 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 12:01:23.48
112回目の受賞者の21歳、ノミネートしそうじゃないか? 受賞すれば初の平成生まれの芥川賞作家だね。

301 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 12:02:46.82
文学界新人賞 → 直木賞
という前例もあるようです。 

302 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 14:34:56.55
最近はいつ文学界新人賞から芥川賞取った?
@ただし、新人賞受賞作そのものではいつ?
Aその後の作品で文學界誌に発表したのではいつ?
フナヤマの馬鹿が編集長し始めてからろくに成果が出てないべ。
1人か2人だろ?


303 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 15:03:58.82
芥川賞は名前と質が伴ってない。
もっとインパクトのある作品や作家が欲しい

304 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 17:06:02.11
時代的な問題でそういう作品が出ないんだから無理

305 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 19:15:06.01
芥川賞よりも、まずはこの賞が欲しい


あなる見てすっごいやる気でてきた。

306 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 19:42:45.43
そうだね、上を見るよりも、先ずは新人賞!

307 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/20(水) 21:38:11.96
そろそろ書き始めよう

まずはプロット練らなきゃ

308 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 00:19:40.32
>>298
発表された
だけが条件だろ
同人誌でも書籍でも可
ただそれは建前

309 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 01:08:34.58
書きたいんだけど集中できないな

310 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 01:43:24.63
100枚程度なんだから、集中して書こう。締まりがなくなるよ。

311 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 05:56:38.80
691 :花村マン毛通 :2010/10/09(土) 16:35:29
すけべえ、すけべえ

718 :華ムラ・マン毛・U :2010/10/10(日) 17:20:21
スケベッ! スケベッ!

925 :花村マン毛U :2010/10/16(土) 00:29:31
「スケベ〜、スケベ〜、スケベ〜、スケベ〜、スケベ〜」
 俺はスケベ〜と喚いた。五回だ。特に意味はない。ただ何となくそうしただけだ。
 女のマンコの匂いがしてきた。芳香であった。股間が屹立した。

28 :華ムラムラ・マン毛2 :2010/10/19(火) 14:54:50
ドッスッケッベェ〜、ドッスッケッベェ〜

29 :禿村満月 :2010/10/20(水) 18:45:58
私は禿げているのではありません。剃っているのです。

30 :肥邑満月 :2010/10/20(水) 22:06:44
私は太っているのではありません。程よく肉がついているだけなのです。

312 :華邑マンgets:2011/04/21(木) 05:58:40.70
みなさん誤解なさっていますが、私はデブハゲヒゲ野郎ではありません。爽やかな初老の紳士なのです。

313 :華邑マンgets:2011/04/21(木) 05:59:48.75
スッケッベェ〜、スッケッベェ〜、ドッスッケッベェ〜、ドッスッケッベェ〜

314 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/21(木) 16:07:18.97
なんだかよくわからんが華邑マンgets乙w

315 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 00:36:37.70
文學界新人賞でデビュー
新潮がじっくり育てて
芥川賞受賞
以後新潮系作家として活躍

このBを踏み台にしてSで伸びるのが黄金パターン

316 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 06:09:16.18
みんなは早稲田文学新人賞とかに送ったりしないの?
確か今年の審査員は蓮實だったはず。いや、だからどうだってことは
ないんだけどね…。

317 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 07:39:56.06
21歳北大生は公募に応募したの初めてらしいね。


318 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 11:41:13.51
早稲田文学新人賞、あそこは1年以上審査がかかる。
年老いてしまうよ。

319 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 11:42:57.60
公表の日程は嘘八百、
が十八番だからな。

320 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 11:47:37.59
だったら、ここと掛け持ちして出せばいいじゃん。
ここで最終まで残ったら、早稲田を辞退すれば良いよ。

321 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 11:55:07.03
同人誌系列では、三田文学新人賞もあるよ。
慶応と関わりのある人しか取れないといわれているけど、
応募者の85%が慶応に関わりを持っているので、
慶応に関わりのある人の受賞が続くのは当たり前の事。
巷でいわれるような不公平さはない。

322 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 12:06:13.34
でもやっぱり、文学界新人賞だな。

早稲田は当選作1名だけ。佳作なし。審査員1名に気に入られなければならない。これがなかなか難しい。
三田は佳作もあるが、佳作では将来はない。審査員は4名いる利点はあるが。

文学界は奨励作があるし、奨励作さえとれば、
将来に芥川賞候補作にノミネートされる可能性がある。
多いときで入賞者が3名も出る。
5人の内の1人に強烈にアピールすれば良いからだ。

323 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 12:32:31.94
ま、それとは関係なしに、
歌手や芸能人と同じ所も若干あるしね。
どこで合格すれば、強力な宣伝等のサポートが得られるか、という点は。


324 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 12:43:41.30
三田か……、マイナーだな。
早稲田も今ひとつインパクトが足りない。
やっぱ、季刊誌だから月刊誌の新人賞の知名度には及ばない。

325 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:06:21.52
どれでもいいから、月刊誌の新人賞が欲しい。

326 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 16:15:32.97
早稲田のは季刊誌であるまえにフリーペーパーだからダメ〜

327 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 20:44:22.65
>>317
kwsk
というかもっと情報出せよ。

328 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 21:14:05.93
文学界新人賞に山内さんら
 第112回文学界新人賞(文芸春秋主催)は、山内令南さん(52)の「癌だましい」と、水原涼さん(21)の「甘露」に決まった。賞金は各50万円。

 山内さんは1958年生まれ。岐阜県出身。病院勤務などを経て中部学院大に編入したが、食道がんと分かり退学し、現在療養中。水原さんは89年生まれ。兵庫県出身。北海道大文学部に在学中。



329 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:00:44.88
山内令南さんの場合、題材が勝負を決めたんじゃないかな……。
最近の受賞作には見られない重いテーマだね。
横光利一なんかも、このような題材でぐっとくるものを書いてたな。

330 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:04:30.85
大方は題材で決まるからな。
人が書かないものを書かなくてはね。
その人にしか書けないものをね。

331 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:18:04.55
題材で決まるなら病気モノなんか真っ先にはずすべきじゃね
よっぽど良くないと、見たことある感がぬぐえない

読んでみないからなんとも言えないけど
それだけ聞くと、いまさら癌モノかよって思う


332 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:38:24.54
北大生の人は高校から同人誌を作り、在学中に作家になる決意をした。
公募は初めて。内容は中上健次へのオマージュで鳥取の話。

ソースは今朝の北海道新聞のインタビュー。

333 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 22:46:16.66
>>332
写真もあり?

334 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:01:38.63
あり。
髭生えててとても21歳には見えなかった。いかにも文学青年っぽい感じ。
確か言語・文学コース4年。


335 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:01:55.03
いくらなんでも21歳で初めて書いて受賞なんてことはないよな。
俺なんて、本を習慣的に読むようになったの20歳のときだし、小説書きはじめて1年と少ししかたっていない。
文学界には、次、初めて出します。

336 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:34:05.87
ほんとは京大あたりに入れる頭だったけど、文学に時間割いてて、北大にしか行けなかったのかもしれんな

337 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:47:00.87
京大と北大じゃレベル違いすぎるだろ。
あと今後も北海道に住み続けると言ってたので、単純に北海道が好きなのか?と思ったんだけど。

338 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:54:40.21
レベルが違うから、その差分ぐらい手を抜いたんじゃねって話

339 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/22(金) 23:55:01.48
つきあってる女が道産子だと見た

340 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 00:01:49.31
そんで芥川賞候補になりそうかい?

341 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 00:04:51.59
どうでもいいが夏に北海道大学行ったが素晴らしい所だった。
すげー広い。
なんかのんびりしてて良かったよ。
将来は北海道大学行こうと思ったが冬のこと考えると嫌な予感がしたのでやめた

342 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:36:37.33
高校生気取りの45才と読んだ。

343 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:38:52.54
>>336
その可能性は高いけど、しかし作家は頭脳明晰じゃないと駄目ってわけじゃないだろう
学歴で上下をつけるのは学生時代だけにしてくれw

>>334
ようやく本物っぽい人が受賞する時代に回帰するのかもね
文学が金にならない以上、やる奴らはそれを承知で応募してくる

344 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:43:36.65
>>343
学歴は学生時代だけという考えが、学生の考えなんだよな実は
作者の学歴によって作品の読まれ方は変わる

345 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:45:53.99
>>344
お前さ、あちこちに出没してスレを荒らしてるけど、目的は何?
ほとんど一日中いるよな

346 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:51:28.73
学歴コンプワナビ乙

347 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 02:54:12.47
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。


348 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 07:26:17.02
これからは高卒もどんどん受賞するよ。
ここは中卒が芥川賞とってしまう世界だ。
サラリーマン、公務員とは全く違う世界だからね。
学歴は全く意味をなさない。

349 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 07:35:07.81
いつ学歴に意味があったんだよ
文書を書くという都合上高学歴に分布することが多かったってだけじゃん

350 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 07:53:49.56
別に学歴見てるわけじゃないだろ
優秀な奴は大学の程度に比例して比較的多いってだけで
大卒じゃないとその違いが分からんから難しいだけで
小学校卒業した時は、高校三年生のレベルの違いとか分からんだろう
処理能力とか思考能力は高い人が多いよ。やっぱり
勿論高卒でも優秀な人はいるに決まってるけど、圧倒的に一流大卒の方が多いってだけ
過半の大学生はただ学歴欲しいだけだけど、残り半分は
熱心に学問を研究してるよ。4年間文学を専門研究した人はやっぱり文学的レベルも低くはない

351 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:20:05.44
>>350
あんた何にも知らないんだな
文学部の教授がどういうポジションかというと
作家志望で大学院に進んで小説を書き続けたが芽が出ず
文学者になったタイプが多いんだよ
学者としての優劣と作家としての優劣は別物

ま、それ以前にその意味不明の矛盾だらけの文章をどうにかしろと思うけどな
それとも何かの病気なのか?

352 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:27:29.05
お前何言ってんの?

クラシック音楽の教養があることと楽器ができること
はたまた作曲ができることは君の言うとおり別問題だけど

単に分布から言えばクラシックの教養がある人が多い所に、
圧倒的に作曲もできる人もい多いって話じゃん


353 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:29:15.56
>4年間文学を専門研究した人はやっぱり文学的レベルも低くはない

それはわかるが、例えば中卒の西村のように独学で文学を専門研究した人も文学的レベルが高い。
どっちもどっちなんだよ。学歴では線引きが出来ない。
ただ、大卒の方に文学を志す人が多いけどね。
だけど、絶対数抜きで、比率で行けば大卒も高卒も能力は同等だ。



354 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:31:29.20
>>352
書けないなら意味なし
東大の教授でも書けないなら作家じゃない
中卒でも書ける人は作家
分布が多いとか少ないとか何の意味もない

355 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:34:36.67
>>352
それからひとつ言っておくが

>別に学歴見てるわけじゃないだろ

と冒頭で言いながら内容は学歴で判断する事そのものなんだよ
釣りで書いてるなら良いが、本気で書いてるならあんたマジで病気だ

356 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:37:46.43
アメリカで優秀な人と日本で優秀な人を比べても、
アメリカの方が人口が多いんだからアメリカの優秀な人が目立つ。

しかし、日本で優秀な人の方が世界でトップになる事だってある、という事だな。
最高の能力に国の違いは関係ない。

文学の能力には大卒高卒の区別はない。
あるのは作家になれる数だ。志の多い集団の方が多くなるのは当たり前。

357 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:39:47.18
>>356
つうか学歴持ち出してる人って根本的な事を忘れてる気がする
作家になれなければただの人だし、また作家は個人プレーの世界だから
自分との闘いであって、自分の能力を極限まで引き出し、高める事が要求される
学歴がどうとかそんな低レベルな話で矮小化しても仕方ないんだよな

358 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:45:22.24
西村は稀なのかもしれないけど、
中卒で作家目指す人が少ないから稀になるだけで、
むしろ「中卒で作家目指して作家になれる確率は高い」
中卒でも出来る奴しか作家をめざそうとしないからだ。

そして「大卒で作家を目指して作家になれる確率は低い」
なぜなら、大卒で作家を目指す人が中卒の連中よりも多い為、競争が激しいからだ。

要するに、数字や確率で物を語るのはアホらしい、という事。

359 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:52:51.35
物事の本質を捉える事の出来ぬ大卒坊
や暗記中心の詰め込み教育をされてきた大卒坊やなんぞ、
簡単に論破できる。

360 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 08:56:25.99
>>358

なれる確立は等価(もしくは環境があるほうが有利)だろ
目立つ確立はあがるだろうけど

作家って学歴順に集団ごとに競争して選抜されたものがなるもんじゃねーし

361 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:00:00.86
西村持ち出しての中卒自慢はやめろよ。
だいいち西村も、障害事件起こしているくせに反省の色をみせようとしない。
拍手喝采を浴びる程に正しいのかよ?勘違いしてないか?

362 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:01:15.97
>>360
作家というのは自分で突き詰めて物事を考えるものであって
素早く解答に至る能力に秀でていたところで何の意味もない

363 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:03:41.08
>>361
学歴ネタで暴れられなくなるからってごねないの

364 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:06:52.22
萬月ちゃんだって中卒だし、金原ひとみも中卒、か。共に芥川賞作家。

365 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:16:59.37
確かに、中卒から芥川賞ってすごい事だけど、しつこくないか?
いくら賞賛されれば気が済むんだよ?
つーか、いつまで中卒自慢する気?
大卒を見下してそんなに楽しいのか……。
もう飽きたわ。


366 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 09:37:30.79
>作者の学歴によって作品の読まれ方は変わる

でもこれって事実だと思う。
平野がまだ作家として生き残れてるのは、京大法卒って
学歴と無縁とは思えないし、例えば阿部和重にしても
蓮實があれだけ誉めなきゃ、ここまでやってこれたか?とは思う。
東浩紀がこれだけ注目されてるのも、彼が東大を優秀な成績で出た、
ってのと無関係では有り得ないよね。
あと作家として、学歴で一番惨めなのは高卒でも中卒でもなく
三流私大卒だと思うわ。小谷野がツイッターで宮本輝の学歴を
揶揄してたけど、当然宮本はツイッターなんかしないし出来ない
だろうから返答してないけど、仮に返答したとして、何て応じれるかな?
学歴ってのは良くも悪くも、読み手にこそ影響するよ。

367 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 10:11:27.85
悲惨つうか、売りにはならないよってだけでさ
でも、そこが一番多いんじゃね、統計とったこと無いけどさ
人口比から言っても、作家として必要な最低限のある程度インテリジェンスのある人って言うなら
普通の大学の人になると思う




368 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 10:14:54.77
367は

あれだよ、中卒高卒は最低限のインテリジェンスが無いって意味じゃないよ
(中卒作家も居るぞ、なんて反論しないでね)
無難な大学が数から言っても一番多くなるんじゃねって意味だよ

369 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 10:16:28.55
>>367
とりあえず純文系、大卒作家に限れば、六大学が主流というか、
地方国立を除けば、それ以下の偏差値の大学卒の作家は思いつかないなぁ。
宮本、津村、中村航くらいか?

370 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 10:23:50.61
ほうほう、なるほど
でも、エンターテイメントの作家も考えると、そうじゃない人も多いよね

あれだろうな
そいつの学歴とマーケットの学歴は穏やかに相関してるんだろうな
それが純文学よりエンタメが売れる理由でもあるんだろうな
(だからエンタメの方がレベルが低いとか言うつもりは無いよ、上下ではなく方向性の差ね)
宮本なんかは純文学のジャンルでもストーリーで読ませるほうだしな
人によっては純とも言えないんじゃないかとも思うし


371 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 13:33:18.21
そういや佐藤亜紀なんかも、ツイッターで素人に
「佐藤は馬鹿大卒なのに良い本を書く…」みたいな事言われて
「まだ学歴なんて無批判に信じてるのか!」とか反論してたけど
それくらいしか返しようがないよな。学歴を笑われた時の対抗手段って。

372 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 13:44:18.23
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

373 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 15:54:48.24
まだ学歴ネタで引っ張るのか
うぜえなw
こいつ病気だろ

374 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 17:34:52.30
基本的に学歴に煩いのは
高卒の僻みと、必死に高学歴掴みとった人間なんじゃないの?
俺みたいな地元では一番だけど全国では二流、といった半端もんには良く理解できないから
大学が意味ないっていうのは極端だし
高卒は糞っていうのも極端。
大学の専門研究とか論文とかしてなかったと思ったら、今恐ろしいくらい無知だったと思うし
かといって小説書く事に関してはそんなに関係ないなあとも思う。
まあ、思うだけだけどね

375 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 19:01:39.21
>>366
平野や東なんて世間じゃ誰も知らない。実質的に死んでるよ。知っているのは一部のマニアだけだよ

376 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 20:25:30.90
>>375
その一部マニアを惹きつけられるのが「学歴」の威光だと思う。

>>374
ちなみに俺は三流私大卒のワナビだよ。


377 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 20:49:01.61
北大在学中に文學界受賞
出版社的には同時に芥川賞をとらせたいだろうな

でも52歳で受賞してるってとこを考えるとこっちのおばちゃんのほうが巧いんだろうな

378 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 20:49:23.38
>>376
でも実際大したことないじゃん。京大つても所詮関西だし。関西人、所詮関西人だよ。俺はそう見てる。
東だって教養学部?みたいなバッタものの学部。俺は随分胡散臭いと思うがね。国1や司法試験受かってるわけでもないわけだし。
知っている奴は知っている。せめて東が文学部とかだったら少しはリアルだったけどね。

379 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 22:22:26.11
地方国立大経済学部卒、地方銀行3年目
文學界新人賞を受賞したら私大文学部の客員教授なれますか?

380 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/23(土) 23:10:37.23
東工大、東京医科歯科大など、偏差値高いけど、文学はお門違いの大学だと、どう判断されるんだろね。

381 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:27:34.20
>>380
東工大は島田雅彦がいるし、東京医科歯科大は東北大学工学部とかの
作家もいるから、普通に「いいとこ出てんのね」で終わりでしょ

382 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:35:11.82
島田雅彦は東京外語大だと思うが、まあ、とにかく、
学歴ネタはもうよそうや。下らん。
評論家や学者はともかく、物書きに学歴なんか関係ない。
学歴を気にしている時点で、東大出だろうと中卒だろうと、
その人は物書きにはなれんよ。

383 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 01:50:04.15
ストーリーは重視されないんですよね?

384 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 02:32:09.66
小谷野敦「高卒じゃしょうがないね。高卒の者の言論相手に裁判起こしたりしないから安心しな。
実はぱっと見て怒り狂ったんだけど、本当に高卒だと知って怒りは収まった」

いっそ清々しい学歴差別

385 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 06:15:02.10
学歴ってさ、結局、無能な奴に有能と錯覚させる道具なんだよな

作家に関して言えば、作品が書ければ作家だし、書けない奴はそもそも論外
書けない奴がどんなに高学歴だろうが、そいつは作家としては無能であり才能はない

学問にしたって本当に学者になれるような有能な奴は殆どいないわけで
大学院に進学しようが何だろうが、学者になれなかった奴は学者としては無能

学歴は何かを得る為の通過点に過ぎず、それ自体に意味なんかありゃしないんだよ

高卒の書いた作品なら見方を変えると抜かしてる奴がいるが
精神世界の産物である小説をそんな読み方する奴は死んだ方がいい
文学に限らず芸術に関する分野では必要とされていない人間だ
過去の学者達の築き上げた思想、哲学、様々な考え方を頭に叩き込み
それから外れる考えを素人の浅知恵と見下すような奴には
絶対に独創的な仕事は出来ないし、それどころか作家の独創性を殺す害がある
と、まあ、ここまで書いても、わからない奴にはわからないだろう
また反論の為の詭弁を弄する事も目に見えているし

386 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 06:19:44.82
ま、文學界は作品が良ければ低学歴でも中高年でも賞をくれるんだから
学歴がどうのと馬鹿な事言ってる暇があったら作品書いたり能力磨いたりしろ
限界感じて自分を保つ為に学歴が〜って言ってるなら作家になるのは諦めたらいい

387 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 07:24:57.91
俺は中卒が羨ましい。
売りに出来る強力な武器を備えてる西村が羨ましい。

二流私大を出た所で糞の役にもたたない。
あっそうだったの、で終わってしまう。

俺には西村以上の能力があるのに、
向こうが中卒出たというだけで大きく水をあけられた。


388 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 07:36:08.78
俺に西村以上の能力が〜というなら作品で証明すればいい。
自分の持てる力を駆使したといえるか?
中卒がうらやましいとか無い物ねだりしてる暇があるなら。


389 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 07:43:26.23
まぁ、二流私大、高卒は、世の中に腐るほどいるからなぁ……
中卒のように売りには出来ないよ。

だからこそ、実力勝負なんだよ。
過ぎてしまったものは仕方ないだろう。
そのように道を歩んでしまったお前さんのせいだ。
悔しがってる暇があったなら、執筆せいや!

390 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 07:48:47.42
花村も金原も本当は実力なし。
語彙が不足過ぎる。
ただ単に経歴がインパクトあるだけ。



391 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 08:20:13.84
とりあえず花村はキモい……
2ちゃん意識した選評がキモい……
痛すぎて鳥肌立つんだよね

392 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 09:14:40.61
つーか、中卒を抜けば何も残らないだろうよ。

393 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 09:20:48.47
このすれキモイ、あのこぴぺを思い出した

〜中略〜
自分よりへたくそに見えるプロの作家を酒飲んでののしってる。
そいつに、賞に学歴なんか関係あるわけないだろ
(才能ないやつデビューさせても出版社の首絞めるだけだから)
って言ったらそいつが、ぽろぽろ泣きながら
「才能より、学歴って言ってくれ、それだったら俺は諦められる」って言うんだ。




394 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 09:21:54.96
金原は親が出版関係者でしょ

395 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 10:10:06.84
好きな女といちゃつく上等な日課があるわけでもなくて真昼間から2chを開いて無意味な書き込みを続ける、脳みそが腐っていく、俺はそこに集う馬鹿連中と一緒だ。
アイロン掛けたシャツを着込むはいいが、昨日食べた腐ったバナナの匂いが空きビール缶の散らかっている部屋の中で未だ残っている。
どうにかしてくれ、と

396 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 10:49:26.85
>>385
まったく君は正しい。というか、それが正しい意見であってほしいと思う。
でも、やはり、>>384みたいな事を(プロでも)言う奴がいるのも事実なんだよなぁ

397 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 11:04:30.00
ところがね、
中卒を看板にする違った意味での学歴某もいるんだよ。
だからいってやりなよ、文学に中卒も何も関係ないと。
結局は、無能な奴に有能と錯覚させる道具なんだよな


398 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 11:07:17.30
中卒→芥川賞が
有能と錯覚させる道具手段
本当は学歴なんて一切関係ない。
実力の世界。

399 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 11:14:34.17
でも中卒で芥川賞取った奴の方が偉いだろう。
事実、何かと注目されるし、話題にされる。マスコミでの扱いが違う。

400 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 11:23:16.36
>>397
>無能な奴に有能と錯覚させる道具なんだよな

揚げ足を取るようで申し訳ないが、作家であることに学歴が一切関係ないなら、
そもそも無能な奴を有能と錯覚せず、ちゃんと有能な奴が作家になってるってことだろ。

学歴が無能な奴を有能と錯覚させる道具として現に作用しているんなら、
文学、少なくともデビューして作品が出版されるには学歴が影響しているということになるよ。

どっちなんだと。

401 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 11:40:12.25
>>400
例えばサルトルの嘔吐とか、教養小説は、それこそサルトルが書いてこそ、な
評価のされ方してるよな、とは思う。

402 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 12:11:49.15
所詮、中卒ですよ、
作家目指して作家になれなかったら、単なるアホーですよ。
やっぱり、高卒の方が社会では評価されるんじゃないの。
ある程度の学歴は必要だろう。
何で中卒如きに高卒が大きい顔されるわけ?
それだったなら高校で勉強する意味なくなるじゃん。


403 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 12:19:59.37
>>402
太宰治とか社会では使い物になりそうにないじゃん。
それがリスペクトされる特殊社会なんだから。

404 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 13:25:42.67
いつの間にか中卒と大卒との喧嘩になっているw




405 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 13:27:02.56
いつの間にか中卒と高卒との喧嘩になっているw



406 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 14:02:06.11
俺、一流国立大学だけど3留在学中だよ

407 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 14:04:59.41
>>406
何留何浪しようが国立は国立。胸張れるやん(必要以上には誇るなよ…)。

408 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 14:18:35.53
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

409 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 16:06:50.08
>>332
>水原涼(21)
勝手に女の子と思ってたわ…

410 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 17:15:25.28
>>406
恥を知れよw

411 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:07:30.66
ぶっちゃけお前らは、偏差値45以下の三流私大卒の俺が
賞とってデビューしたとしたら、ちゃんと読んでくれるの?
「アホが書いた本なんぞ読んでられっかよw」なんて言わずに
興味持ってくれる?

412 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:16:37.47
面白そうなら読む
以上

413 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:18:27.69
アマゾンレビューが好評であれば読む

414 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:28:23.03
タイトルで決める
あと買うか買わないか本屋で最初の2Pくらい立ち読みして決める

415 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:40:39.75
賞をとったら必ず読む。

416 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:42:57.65
あんただって西村の芥川賞作読みたいだろうよ。
いうまでもないだろう。
勘違いしてないか?
三流私大だからって何で読まれないんだよ??

417 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:56:36.92
読んでないよ

418 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 18:59:29.01
本人の意識の問題かもよ?
普通では考えられない事をいう人も中にはいる。
驚く事はない。

419 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 19:00:40.08
俺も賞をとった作品なら読むさ。

420 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 19:54:19.22
>>21
俺は29日から広島行くよ

421 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 19:55:58.81
ごめん

422 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 01:42:59.62
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。


423 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 06:19:03.90
>>422
じゃ芥川賞と直木賞なくなるかもな。
少なくとも、選考委員の大幅入れ替えぐらいはあるかな。


424 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 10:16:22.70
>>422
おい出来損ない、レスしてやっから真っ黄っ黄の目ン玉ひんむいてよく見ろよ?w
お前酷愛の、「私の廃太子論」ごとき半端な赤い論文が載っただけで
文藝春秋がウスノロ左翼に乗っ取られたことになるかよ、低脳ww
しかしお前は福島があんなことになって、日本人みんなが懸命になって
復興にあたってるのに、安全地帯からその非日常を楽しむみたいに
「日本オワタw日本オワタ」って騒いでるチョンみたいな奴だな。

425 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 15:53:28.33
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

426 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 16:24:04.31
チョンに日本語はムツカシカタね…

427 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/25(月) 23:24:19.50
文藝春秋は確かに経営危機にあるけど
まだまだ「のれん代」があるから倒産はしない。
印刷会社だけでなく、広告代理店やIT企業も(ry

428 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 12:50:56.38
>>424
文藝春秋社員の方ですか?
見苦しいですね。

429 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 12:55:22.89
>>424
>安全地帯からその非日常を楽しむみたいに
>「日本オワタw日本オワタ」って騒いでるチョンみたいな奴だな

これはちょっと聞き捨てならんな
不安で堪らなくて急性ストレス障害になる人が続出してるのに
「オワタw」じゃなくて多くの人は「オワタorz」って書いてる事に気づけよ

430 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 13:16:44.67
>>424
書いてることが矛盾している。

「文藝春秋社はもうだめなんだよね」と書いてる>>422が、

>「日本オワタw日本オワタ」って騒いでるチョンみたいな奴

ならば、「文藝春秋社」は福島並みに危機的状況にあることになる。
反論してるはずが>>422を肯定しているんだが?

431 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 13:27:49.72
左翼はもうオワコン。これからは中派、右翼の時代。マスコミの落ち目を見ても左翼系が落ちているのが分かる

432 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 13:41:34.11
要するに全共闘世代いうんすか、60年安保とかの「キチガイ左翼世代」が社会に中心に座って日本を狂わした、
しかしそろそろ定年にもなりーの、社会全体から呆れられーので、左翼は終焉なんですよね。


433 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 18:44:48.57
>執行 草舟

この人の作品読むといいよ。
いいものはいいと思えるから。
コネとか目先のマーケティングばかり気にしてたら、先行投資にならない。
悪人にへつらって、悪事をつつかれて、
集団ストーカーやっちゃうような薄っぺらい人たちの作品よむより、
こういう人の本を読むほうが、よっぽどためになる。

434 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 18:52:44.48
最近は、集団ストーカーの被害もましになってきたけど、
参加した方々はどんな気分だった?
楽しかった?参加した人たちは、死ぬまで自分のしてきたことを忘れないでね。

悪事に参加した人も、被害者のふりして状況を把握していたひとも、
悪事をつつかれて悪口言いまくっていた人たちも。
あなたたちのボスは人殺しでした。何人殺したんだろうね?

死後、裁きがありますから、よく覚えておいてください。
なぜ、芥川賞を巡ってこのようなことがおきたのか、よく考えてくださいね。
蜘蛛の糸、猿蟹合戦をかいたのは、芥川です。芥川はある意味、特別な人でした。

平穏を取り戻して、悪事に参加したことすらそしらぬふりをする皆さんへ。
死後、裁きがあることをわすれないでください。
では、どうぞ残りの人生を楽しんでくださいね。
たくさんの不幸をありがとうございます。



435 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 18:53:34.27
あなたたちからされてきたことは、永遠に忘れません。

436 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:06:33.04
あ、飛行機の騒音です。わかりやすいですね。
死後、さばきがあることをおわすれなく。

437 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:10:34.73
集団ストーカー、ガスライティングの犯罪は、
騒音などでアンカリングという行為を行います。

道路に面していない場所に引っ越したら、飛行機での騒音が頻繁になりました。
でも、もう慣れてしまって、何も動じなくなりましたが。

たとえ、私を自殺に追いやっても、あなた達が勝利したとは思わないでください。
死後、裁きがあることをお忘れなく。
加害者達は、人殺しのゲームに参加したことをわすれないでくださいね。


438 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:12:14.17
悪事や不正を指摘されて、人殺しのゲームに参加してまで、
あなた達が守りたかった言論とはなんだろう?

死んでから、永遠に後悔してくださいね。
死後、さばきがあることを、お忘れなく。

439 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:23:53.51
なぜ、芥川賞をめぐって、この出来事がおきたのか。
芥川は、猿蟹合戦と蜘蛛の糸でなにを伝えたかったんだろうね?

やり直すことのできない過去を、永遠に悔やんでください。
大勢の人間が殺されました。
死後、裁きがあることをお忘れなく。

440 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 19:29:33.67
ところで、『アセンション』ってなんだったの?

441 :訂正:2011/04/26(火) 21:12:42.88
著者は、佐賀鍋島藩士の家系って書いてあるね。
もしかしたら、フリーメーソンとかかな?
一部、『物質至上主義』とかかれていて??と思うこともあったけど。
でも面白かったけどね。
集団ストーカーやっているような人たちの小説よりは楽しかった。

433 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 18:44:48.57
>執行 草舟

この人の作品読むといいよ。
いいものはいいと思えるから。
コネとか目先のマーケティングばかり気にしてたら、先行投資にならない。
悪人にへつらって、悪事をつつかれて、
集団ストーカーやっちゃうような薄っぺらい人たちの作品よむより、
こういう人の本を読むほうが、よっぽどためになる。

442 :訂正:2011/04/26(火) 21:15:09.69
集団ストーカーに参加した皆さん。
死後、裁きがあることを、覚えておいてね。
生きている間は、どうぞお幸せに。

443 :訂正:2011/04/26(火) 21:27:01.44
アセンションを煽っていたひとたちのボスは、
人工地震でどれくらい人を殺すんだろう?

444 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 21:46:16.15
>>429
「安全地帯からその非日常を楽しむチョン」と、「日本はオワタ(かも知れない…)」と
絶望している東北被災者がいて、>>422は前者に属する。ただそれだけのこと。


>>430
違う。チョンが自分と関係ない、対岸の不幸を楽しんでる様子(文藝春秋に
しょっぱいアカ論文が載った)事と、己にさして影響のない福島の不幸を見て
「日本オワタw」と騒ぐその『嬌態を重ねている』のであって、福島と文藝春秋社が
危機的状況にある、という事を言っているのではない。


445 :訂正:2011/04/26(火) 21:49:28.90

この皮肉がわかる人がいればいいけどねwwww

433 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 18:44:48.57
>執行 草舟

この人の作品読むといいよ。
いいものはいいと思えるから。
コネとか目先のマーケティングばかり気にしてたら、先行投資にならない。
悪人にへつらって、悪事をつつかれて、
集団ストーカーやっちゃうような薄っぺらい人たちの作品よむより、
こういう人の本を読むほうが、よっぽどためになる。


446 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 23:27:46.92
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

447 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 23:41:52.81
私はチョン公です、まで読んだ

448 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 23:49:16.37
>>447
頭大丈夫? お前は劣等在日認定ね。

449 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/26(火) 23:58:34.53
などと供述しており、余罪については

450 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:00:59.88
>>449
つまんねーw
高卒だな。頭悪いわw

451 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:03:26.38
>>450
     \
   `o、
        \
     、/`o、
  \

452 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:04:36.39
きめぇ

453 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:09:39.47
水は低きに流れる。
倭が韓民族の文化を輸入してきたのは歴史的事実。
日本の一出版社が、左翼と共謀して韓民族に乗っ取られるのも
無理からぬ話しではあるよね。「私の廃太子論」はその声明だったわけ。

454 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:09:47.33
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

455 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:11:21.67
>>453
>>454
そう…(無関心

456 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:15:02.71
>>454
マキバオー「文藝春秋社はもうだめなのね。印刷会社の傘下に入るのね。
『私の廃太子論』でおなじみの、キチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社からねー」

457 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:20:37.06
>>455
とかいって明日の自分の給料の心配でもしたら?
惨めだよね左翼韓国に乗っ取られた文藝春秋の出来の悪いアホw

458 :訂正:2011/04/27(水) 00:28:38.71
統一教会は似非右翼でしょ?

459 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:34:03.01
>>457
そう…(無関心

460 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 00:54:14.57
>>459
その負け逃げの卑屈なレスしているうちは文芸春秋倒産危機について語り続けるからね。


文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

461 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 01:01:42.22
>>460
あなた疲れてるのよ、モルダー

462 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 05:37:48.97
>>461
なんだい、スカリー?

463 :旧  変  態  男:2011/04/27(水) 08:24:26.14
スッケッベェ〜ッ、スッケッベェ〜ッ

464 :華ムラムラ・マン毛2:2011/04/27(水) 08:26:32.00
頭部より撤退してきた私の髪は、鼻の下に移住し、ヒゲとして平和に暮らしています。

465 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 11:37:54.31
ノアの方舟の末路は近親相姦ですか?

466 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 15:12:56.02
>>461
疲れているのはお前、倒産寸前の某出版社B社のお前。


467 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 15:28:52.44
文芸春秋ってそんなヤバいのかwww
もう応募しねーわwww

468 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/27(水) 16:49:47.45
>>466
そう…(無関心

469 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/04/27(水) 20:31:43.34
スカウターが狂って壊れたって?

470 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 00:39:40.62
>>468
その負け逃げの卑屈なレスしているうちは文芸春秋倒産危機について語り続けるからね。


文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

本誌こと月刊文藝春秋も赤字となってもう1年以上だろ
「私の廃太子論」が動かぬ証拠・もう極左に乗っ取られた会社ね

471 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 02:21:42.17
朝日新聞とかは革マル仲間の菅政権、ほとんど批判しない。

・反対する野党自民党はもっと冷静な対応を責任ある対応を

・○○が出来ないのは明らかなのだからここからどうするのか考えるべきだ
 (例 マニフェストの数々の破綻について)

472 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 09:04:10.10
>>470
そう…(無関心

473 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 17:05:25.12
文藝春秋社はもうだめなんだよね
印刷会社の傘下に入るよ
「私の廃太子論」でおなじみのキチガイ左翼に乗っ取られた売国狂乱会社だかんね。

本誌こと月刊文藝春秋も赤字となってもう1年以上だろ
「私の廃太子論」が動かぬ証拠・もう極左に乗っ取られた会社ね


474 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/28(木) 21:44:37.63
>>473
そう…(無関心

475 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 00:29:09.93
>>474
馬鹿の人る覚えしかできない下等人間(笑)
何をやっても無能で半人前、さすが倒産寸前企業関係者。
下劣で人間のクズなんだよねお前。
恥知らずで運勢落ちてゆくぜ、ザマアミロwwwww


476 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 00:52:33.60
>>194
人の人生をはかりに掛けるのは忍びないが
中島らもとか安部譲二は面白いと思う

477 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 00:55:16.67
ごめん誤爆

478 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 01:31:33.22
エロい人、
芥川賞は女性が被害者じゃないと駄目、とかいうの貼っておながい。

479 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 01:51:53.28
文藝春秋はあと5年はつぶれない。
ただ、大日本印刷の傘下に半年以内に入ることだけは100%ガチ。

480 :訂正:2011/04/29(金) 02:54:45.64
284 :名無シネマ@上映中:2011/04/29(金) 02:54:28.85 ID:M1SKGxYo
鳥を火で丸焼きにした小説家。
鳥を演じた女優さん。

しくまれたものだろうけど
何かしら因縁をかんじない?

481 :訂正:2011/04/29(金) 02:55:15.13
証拠をたくさん残したのに、どうして知らないふりができるんだろう?

482 :訂正:2011/04/29(金) 02:56:53.22
アセンションというなのもとに、大勢の人間が殺されたね。
そしらぬふりをしている人たちも、悪事に加担したことをよく覚えておいてね。
死後、裁きがあることをお忘れなく。

483 :訂正:2011/04/29(金) 03:01:43.12
なんであんなタイトルつけたんだろう?

484 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 03:16:24.46
被害者面して、悪口いってるかもしれないけど、
集団ストーカー被害にあって、殺されそうになったのは、こっちだから。

あんなタイトルつけて、内容もあんなんで、
ハリウッド映画とリンクしているような内容を偶然つけられるかな?

死後裁きがあることをわすれないでね。

485 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 03:17:34.33
大勢の人間が殺されたんだから、少しは罪の意識もってね。
集団ストーカーに加担した人間達は、死後裁きがあることをわすれないでね。

486 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 03:19:06.86
あなたたちは、『死』を軽く見すぎてる。
死後の裁きのとき、殺した人達と対面したとき、
その重さがわかるだろうね。

私がうざい?消えてほしい?
殺された人達は、もっとあなたたちを憎んでるよ。
死後裁きがあることをわすれないでね。

487 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 09:49:41.34
俺は大丈夫なんだってば〜
プレアデスに行くんだからさぁ〜

488 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 10:23:02.88
>>475
馬鹿の人る覚えしかできなくて恥ずかしいです…

489 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 15:12:18.45
ロスチャイルドも、ガスライティングを継続してるけど、
彼らは預言の解釈を間違ってる。
だから、平気で人を殺すし、また人工地震を起こそうとしているし、
何をやっても許されると思ってる。

死後、苦しむのは彼らなのにね。
何度警告しても、彼らは警告を聞き入れなかった。


490 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 15:28:09.16
>>486
誰が誰を殺したんだ?
それすらいわないで喚いても意味不明だ

491 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/29(金) 19:19:02.20
うっし、構成を大幅に変える。

492 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 03:43:25.36
基地外増えてないですか?
それとも応募まで間がある時って、いつもこんな感じなの?


493 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 03:58:14.23
極左に乗っ取られたキチガイ会社、文藝春秋社

494 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 04:39:54.06
1000年語り継ごう

津波の危険と、売国奴菅直人


495 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 04:43:32.06
文藝春秋はあと5年はつぶれない。
ただ、大日本印刷の傘下に半年以内に入ることだけは100%ガチ。

496 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 07:33:37.86
入らなかったらって、責任とって自殺しなくていんだからな!
お前は昔から責任感が強いから、死をもって償うとか言い出しかねないからな…
いいな?自殺はダメだぞ?って、お前が俺の言うことを聞いたことなんて
なかったよな、一度もさ…

497 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 10:59:56.15
以前、規定枚数についてここで揉めていたようだけど、
文学界5月号を読んだけど、
200枚でも内容が良ければ4次選考までは行くようだ。


498 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 11:01:50.91
よって、140枚程度だったら、余裕でクリアだ。

499 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 17:41:08.25
マジで
マディソン郡の橋
のあとベストセラー出てないんじゃないの。


マジ損(赤字)・文の恥・

500 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/30(土) 20:19:54.01
>>497
勘違いしていない?
112回は3次通過したけど、前回は力作にもかかわらず200枚以上書いていて、規定からおおきく外れているため選考外とした、と書かれていた気がするよ。

501 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 00:59:21.69
            芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。


502 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 01:44:22.60
あっという間に五月か〜。


503 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 02:53:29.63
はい。

504 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 06:42:14.64
>>501
それは百も承知なんだけどさ、それぬきには成立しないんだよね。
だから一次すらも通らないのか、、、、

505 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 08:08:45.50
3次通過した作品が4次選考に行くんだろう。
その作品が寸評されるんじゃないの……。

ところで、最終選考の一つ手前の4次選考ってあるんだろう?

506 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 08:11:29.89
以前でいう2次通過作が、今でいう3次通過作
3次通過作は勿論、次に行ける

507 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 08:22:00.74
紙面に掲載されている作品への寸評は
「4次選考の講評」となっているね。

508 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 15:38:20.99
芥川賞のタブー(続)

簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは圧倒的に「極左の根城」文藝春秋社実質主催の芥川賞から
徹底的に排除され、純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、
痩せ細り、大衆の共感は得られない支持層1%芸術と成り下がった。

509 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 19:30:38.84
書き上げたぜ、やっほ〜〜〜

510 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 20:01:28.86
2chで、このスレ変だな。とか、なんか醜いレスが目立つな、っと
おもったら、たいていこいつらの仕業。
=========================================
ピットクルー 株式会社 http://www.pit-crew.co.jp
株式会社 ガーラ http://sales.gala.jp/cybercops/index.html
イー・ガーディアン 株式会社 http://e-guardian.co.jp/e-guardian/index.html
株式会社 ガイアックス http://solution.gaiax.co.jp/solution/supportdesk/
日本エンタープライズ http://www.nihon-e.co.jp/solution/support.html
株式会社 ライトアップ http://www.bc-manage.jp/
=========================================
結構もうかるので、最近この手の会社が増えてきた。
つまり、このスレでもこいつらは、相当数活躍しているということ。
一人おかしいヤツが居たら、最低20人はコイツラが潜んでいると
思ったほうが良い。

511 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/01(日) 22:37:59.23
「私の廃太子論」でおなじみの極左の牙城・文藝春秋社。


512 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 04:36:18.79
苛烈な大江健三郎バッシングで知られる、極右の巣窟・週刊金曜日。

513 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 14:48:50.29
>>512
いくらなんでも真逆に近いわ、恥知らずだなお前。

514 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 17:29:09.40
工作員は集団ストーカー被害者を精神疾患に仕立て上げるために、
細かい工作を行います。

325 :名無シネマ@上映中:2011/05/02(月) 16:55:45.43 ID:UFIcY/Ts
【ナタリー・ポートマン】ブラック・スワン【賞レース本命】
ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1293014493/301-400
>>323
ふーんそうなんだ
自分ちょっと統合失調症の気があるから観るの止めようかな…
絶対盗聴器が仕掛けられてるだろ!
と思い込んで真夜中に電化製品分解してる自分を客観的に見ると多分統合失調症なんだろうなと思う

515 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 19:25:08.84
>>513
@大江が極左なのは異論ないよね?
A週刊金曜日が、繰り返し大江バッシング記事を載せたこと、
公開質問状を叩きつけたことも、異論ないよね?

@Aより、週刊金曜日が極右なのは明らか。以上、証明終了。

516 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 19:29:23.76
ま、513の論理じゃそうなるわなw

517 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 20:26:43.76
受賞作の掲載号、今週発売だね。
道民の俺としては、21歳の彼の作品が楽しみ。

518 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/02(月) 23:02:15.49
>>517
どうせたいした話じゃないよ。
ここの下読みは小説の価値がわかってない。
まあ、他の下読みも大同小異だが。
だから文学が衰退しつつあるわけだが。

519 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 00:45:08.35
>>512
>極右の巣窟・週刊金曜日
馬鹿すぎる。

520 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 01:25:28.17
一本の論文が「極左の理由」になるなら、
大江に対するバッシングが「極右の理由」になりうる。
極右の象徴・週刊金曜日を糾弾する。


521 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 01:31:42.29
どういう説明すれば馬鹿すぎる奴にはいいんだろう。
週間金曜日の、そうだな。ウィキペディアでも覗いてこいよ。


522 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 01:40:55.67
大江健三郎Wikipediaより
>本多勝一が、反核運動に批判的であるばかりか軍備拡張に熱心な意見に賛同している
文藝春秋から文学賞(芥川賞)を貰ったり、それらの審査委員をするなどして
協力しているのは「体制・反体制の双方に『いい顔』をみせる」非論理であるばかりか
利敵行為ですらあると批判し、大江に公開質問状を送ったが、大江は何も回答しなかった。
また本多は大江がノーベル文学賞を受賞した際にも『週刊金曜日』誌上で集中的に批判的に取り上げ、大江が
九条の会を結成した際も、エッセイ『貧困なる精神』で、名指しこそしないものの
会自体に疑問を投げかけた。本多による一連の批判について、大江は『取り替え子
(チェンジリング)』(2000年)の中に描いている。


日本言論の代表的極右・週刊金曜日

523 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 01:50:14.28
日本語が通じない馬鹿発見!
週刊金曜日のウィキペディア見てこいよ。

524 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 01:59:19.97
文藝春秋は中道右派。
週刊金曜日は極左。
しかし文藝春秋は極左に乗っ取られた。なぜなら「私の廃太子論」を掲載したから。
一方週刊金曜日は極右に乗っ取られた。その証拠に「大江バッシング」を掲載した。
また週刊金曜日は天皇主義者、佐藤優を重用している。
もはや極右勢力の巣窟である事は火を見るより明らか。

525 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:03:55.54
週刊金曜日は極左でしょうが。
馬鹿じゃね?
キチガイなの?


526 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:09:47.78
文藝春秋は極右、でないにしても右よりでしょうが。
馬鹿じゃね?
キチガイなの?
私の廃太子(笑)?たった一本の論文の掲載が極左の証明になるんなら
「極左の権化」である大江のバッシング記事を連載は、極右の証明になるんじゃねえの(笑)?

527 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:11:28.18
要するに「文藝春秋は極左に乗っ取られていない」と言いたいがためにそれだけの目的で
話を週刊金曜日に持ってきてる文藝春秋工作員なのかなw
それならかなりウケルw
無駄な抵抗は止めろ近未来の印刷会社の子会社従業員w

528 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:13:28.04
週刊金曜日のウィキペディア見たの?
キチガイ君。
あっこは凄まじく極左なんだよね。
そう書いてあるだろw

お前の完全な負け。
はやく印刷会社子会社の社員が嫌ならハロワ逝けよw


529 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:15:23.23
文藝春秋は極左に乗っ取られていないと嘘を言いたいがために

極左の週刊金曜日は極右だと妄想捏造虚偽出鱈目を言い放つ

この姿勢、まさに極左外道w

530 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:17:13.36
文藝春秋は極左に乗っ取られましたw

週刊金曜日は元から極左ですw

嘘吐きはお前の始まりw

531 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:22:15.89
まず文藝春秋が「極左に乗っ取られた理由」を、「一論文の掲載の有」以外で
説明・証明してみてよ。もし仮に「その必要はない。私の廃太子論を読め」ならば、
週刊金曜日の「大江バッシング」が、「極右に乗っ取られた理由」に類比可能でしょう?
ご想像の通り、俺だって週金が「極右に乗っ取られた」なんて微塵も思ってねーよ。
ただ文春が「極左に乗っ取られた」、とも同様に思わないだけで。


532 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:29:35.18
週刊金曜日なんて実際には読んでねーよ馬鹿
2000年ころの記事なんて読めねーよ馬鹿
糞屁理屈出してくるなよ馬鹿

自分で「俺だって週金が「極右に乗っ取られた」なんて微塵も思ってねーよ。 」と認めてらw
嘘を持ち出してきて証明できる話なんてねーよ馬鹿w

文藝春秋は極左に乗っ取られた。
週刊金曜日は元から極左。
両方とも事実なんだよねぇ。

すいませんお前歯ごたえ無い。眠くなってきたので今日は落ち。どうもすいませんお前が馬鹿すぎてw


533 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:44:17.83
おお、これがあの捨てゼリフというやつか…

534 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 02:47:18.35
>文藝春秋は極左に乗っ取られた。
>週刊金曜日は元から極左。
>両方とも事実なんだよねぇ。

いやだから週金はともかく、「文藝春秋が極左に乗っ取られた」理由を
「左翼論文が掲載された」事以外に証明してよ、って話しで。
俺が週刊金曜日を持ち出したのは、「左翼論文の掲載」が出版社の乗っ取り・乗っ取られの
証明になるなら、逆説的に極左雑誌である週刊金曜日も過去に大江バッシング記事を
載せた事実から、「極右に乗っ取られた」と見なしうるっていう皮肉なわけで。
結局のところ文藝春秋が左翼に乗っ取られた証拠を「左翼論文の掲載」以外に
説明出来るの?って話し。
たかだか「私の廃太子論」ごとき半端なアカ論文が
まかり間違って掲載された事が、左翼が一出版社を乗っ取った証明になるなんて、
思ってねぇよな?キチガイ呼ばわりすんならそれなりの論拠を用意しろよ。

535 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 03:19:45.95
そうです。ロスチャイルドさんの親戚や仲間達は、文壇の不正にかかわっていました。
それを指摘した人間に対しても、集団ストーカーを行います。
彼女はそれを知っているんでしょう

http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1304341899/101-200

105 :名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/05/03(火) 03:17:50.64 ID:58Ol8Vwn0
自ら嫌われる事やってて、何言ってんだか。

536 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 09:41:03.69
やめなはれ

537 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 10:47:44.64
億万長者はハリウッドを殺すものと相場は決まっている。

538 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 16:32:00.45
>>534
自分で
>たかだか「私の廃太子論」ごとき半端なアカ論文
とか規定しているが、これは天皇制廃止だからな。
こんなの掲載するのは極左なんだよ。

文藝春秋が極左でないなどというのは、
人を10人も殺して「あの人は虫も殺さぬ人です」というのと同じくらい、超完全にムリなんだよねぇ。


539 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 16:42:57.98
>文藝春秋が極左でないなどというのは、
>人を10人も殺して「あの人は虫も殺さぬ人です」というのと同じくらい、超完全にムリなんだよねぇ。

こりゃ相当頭悪いわ^^;

540 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 16:51:15.08
>これは天皇制廃止だからな。文藝春秋が極左でないなどというのは、
>人を10人も殺して「あの人は虫も殺さぬ人です」というのと同じくらい、超完全にムリなんだよねぇ。

となると、やっぱり「極左の象徴」大江健三郎を批判した週刊金曜日を
極右でないと言うのは、「超完全にムリ」だよねぇ。
あとな、
>週刊金曜日なんて実際には読んでねーよ馬鹿
>2000年ころの記事なんて読めねーよ馬鹿
この姿勢はどうなの?原典にあたれとは言わんけど、最低ググるなりする
リテラシーは持ってなきゃ話にならんでしょ?だから特に検証もなく
「極左に乗っ取られた」とか臆面もなく宣まわっちゃうんだろうね。
恥を知れよ、下等種。

541 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 17:11:22.29
もうやめなはれ

542 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 18:21:18.18
ここは「週刊金曜日」でも「文藝春秋」でもなく「文學界新人賞」のスレです

っていってもわかんないんだろうなぁ…
5月に入ったし、そろそろみんな第一稿はできたころかしら

543 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 19:19:50.26
「これを読まぬうちは小説を書いてはいけません」って本ある?
なんか読書量がショボくて自信がないって言うか・・・


544 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 19:20:48.35
>>543
そんなものない
書きたかったら書けばいいし
書きたくなかったらそれでいい

545 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 19:24:24.91
>>543
ありきたりな答えかもしれんが
「座右の書」って言えるような本があればそれでいいんじゃね
ものは人それぞれだろうけど
そう言える本が見つかるまで読んでれば読書量も自ずと増えるだろうし

546 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 19:31:26.04
ちなみに544、545さんの座右の書はなに?
ちなみに俺は「神聖喜劇」・・・と人に聞かれたら答えるけど、実際は「羊をめぐる冒険」が一番好きですotz

547 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 19:45:50.07
>>546
545だけど
「神聖喜劇」は、申し訳ない、読んだことないすわ

俺は「芽むしり 仔撃ち」かなあ
なんか上の流れのあとだと言いづらいけどw

548 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 19:48:15.10
とりあえず今回の文學界新人賞は俺の他にどいつが取れそうだ?
せっかくだから俺の作品と肩を並べるくらいの作品で有って欲しいが
言っとくけどハッタリじゃない
これが伝説の始まりだと思ってくれ

549 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/03(火) 20:15:52.75
>>548
ということは最終に残ってるのね?

550 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 02:03:23.83
みだりのマキバオー

551 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 05:21:49.12
>>539
お前には頭に来たww自分は「週刊金曜日が極右とは思っていない」と白状しながら
どうしても文藝春秋の天皇制廃止論を極左とは認めない。謝らない限りあと100回は。
以下の書き込みせざるを得ないww

552 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 05:23:33.39
           芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。

553 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 05:24:38.39
           芥川賞のタブー(続)

簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは「極左の根城」である文藝春秋社の実質主催する芥川賞から徹底的に排除され、純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、 痩せ細り、大衆の共感は得られない支持層1%芸術と成り下がった。

人間関係の回復などは是とされるが、例えばビジネスの伸展やスポーツの勝利など、社会的状況下の極小の成功なども、主筋と絡んだ場合には「通俗的」として致命的減点となる。
中盤はひたすら状況の停滞もしくは悪化でなければならない。

クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。95%(20人の内19人)の芥川賞受賞者は24才〜39才と見てよく、差別は非常に強い。差別は左翼の本性を現すものである。

「私の廃太子論」でおなじみの文藝春秋社が、極左の牙城であることは業界内外に広く知れ渡った、絶対事実である。
現在同社は社内で本誌と呼ばれる「月刊文藝春秋」誌まで赤字が常態化、某印刷会社の傘下に入る日も近いと噂されている。

★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。
主人公や作者が社民党を支持しそうな、日本社会に対して斜に構えたスタンスの人間でなければ、絶対に受賞しない。

554 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 05:34:11.19
文藝春秋極左社員は物事を悪い方に持ってゆくだけww

555 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 06:37:28.63
>>551
とりあえず通報しときました。

556 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/05/04(水) 20:23:45.13
6月末締め切りらしいですが
ここは100枚前後つまり80〜120枚ならOKと
そんで傾向としてはキチガイ純文学傾向なんでしょうか?
それともエンタメ系でしょうか?
今から書くんですが・・・
>>542
今から書こうと思っています

557 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 21:23:59.53
>>556
受賞作読むとかせめて受賞した人を確認するとかしようぜ?

558 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 22:03:02.37
>>557
読んでも傾向が分からないので。純文学なのかそれとはズレるのか

559 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 22:30:09.86
次の芥川賞は伊坂のPK

560 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 22:38:14.84
PKはエンタメじゃないか?

561 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/04(水) 23:10:31.02
伊坂ってこのまえ購読してる読売新聞に出ていたな。まだ若そうなだった

562 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/05(木) 02:48:30.77
さすがに伊坂を新人と見なすのは…

563 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/05(木) 03:05:44.52
グランドフィナーレの奴もとったしおk

564 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/05(木) 03:11:13.96
芥川やってもすぐ消えちまうのが多いから阿部にやりたくもなる罠

565 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/05(木) 06:48:14.05
伊坂は阿部に比べてガチに100倍くらい売れてるし、ないと思うがなぁ。
でも受賞したら話題になるし、あと陰謀論は嫌いだけど、何年か前に
直木賞にノミネートされるのを辞退したよな?あれは今回の伏線だった気が
しないでもないでも・・・

566 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/06(金) 00:58:55.35
舞城王太郎=伊坂とか噂で聞くけどホント?
その噂の真偽は知らない。
ただ、伊坂が直木賞候補作選定を断ったのはあまりにも香ばしい、
芥川のほうに目があるからとしか考えられへんのやしかし。

567 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/06(金) 01:09:36.64
現在草稿22枚目。がんばる。がんばれ。

568 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/07(土) 12:04:10.79
93枚。さて、郵送するかな。

569 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/08(日) 07:04:40.09
この時期、純文学の中央文学賞がここしかなくて辛いな。
実際春と冬じゃ春の方が応募総数200くらい増えるらしいし。
3月末が固まり過ぎてるからどれかを夏に持ってくればいいのにな。

570 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 02:53:39.20
あー笑えてきた

571 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/09(月) 13:53:23.80
映画よりも真実のほうが怖いよ。集団ストーカーの手口を書くね。

・非通知でワン切りの電話。2:22とか4:44とかぞろ目の時間にかかってきた。
・外に出ると、222とか、444とかのぞろ目ナンバーの車が家の前に駐車してある
・出かけていくところどころで222とかのぞろ目ナンバーが追ってくる
・外に出かけるとカルトに洗脳された工作員が、わざとらしくいろんな小細工をしてくる
 (詳細は、集団ストーカー:くしゃみ、携帯で検索してね)
・ぞろ目ナンバーや気味の悪い出来事が頻繁につづくので、ネットで調べるようになる。
・たいてい、インターネットの閲覧記録は、加害者側は知っています。
・携帯電話のメールも閲覧されているとおもっていいでしょう。
 管理者側からなら、過去のメールのやり取りも、掲示板を覗くように閲覧できるからです。
・家族が真夜中に富士山への登山に誘われる。数日後富士山での殺人事件が連日報道される。
・救急車やパトカーや飛行機の騒音に悩まされる。(道路から離れたところに引っ越してから車の騒音はなくなりました。飛行機の騒音が増えました)
・おかしな噂話が広がる。(フリーメーソンやカルトネットワークで悪評されます)
・映画などで、本人にしかわからないような脅迫
・盗聴はされています。家での会話などをほのめかす脅迫がいろんな場面で行われます。

これは、ガスライティング(集団ストーカー)という国際犯罪です。
加害者達は、集団で個人に攻撃を仕掛け、被害を訴える人間を精神疾患であるとでっちあげ、
自殺させたり、廃人にさせたりして、闇に葬ってきました。

ガスライティング(集団ストーカー)の発祥は、
古くは貴族などの人たちが、気に入らない人を苛め抜いて自殺に至らしめるという娯楽から始まりました。

でも神様はすべて見てる。
死後裁きがあることをお忘れなく。

572 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 02:12:21.77
>>571のつづき

アセンションを煽っている人たちは、カバラや数字の陰謀が大好きでしょ?
集団ストーカーの加害者とアセンションやユダヤの陰謀にかかわっている
工作員は兼任していると思います。

573 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 02:12:49.14
今日も、報道関係で、嫌がらせがありました。

574 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 02:38:21.39
>572の訂正

アセンションを煽っている人たちは、カバラや数字の陰謀が大好きでしょ?
集団ストーカーの加害工作とアセンションやユダヤの陰謀の工作と、
兼任している人もいると思います。


575 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 02:39:38.47
下読みとかさ、文学者としては三流もいいとこだよな。
売れない芸人、えせ学者、とにかく三流も三流。
そんな三流が選考やってるって、なんなんだよ、まったく。

576 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 07:00:57.38
一流にしか理解できないなら
それは商品として終わってるだろ

一般人に大うけとまでは行かなくても
(それはそれで文学性が低いだろうから)
せめて3流の文学者でも評価できるレベルは重要だろ

577 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 07:54:59.08
一般読者は自分の読解力不足からくるフラストレーションを
2ch文学板で作家や批評家の噂話をすることで解消してますがw

578 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 09:53:48.45
>>575
1、将来の人気作家が下積みやってるのかもしれない。

2、文学にしろ美術における審美眼にしろ芸術を理解・評価する力は、数をこなせばついてくる。
  作品を書く才能が一流か三流かはあまり関係ないだろ。
  それよりも偏らない広範な読書体験のほうが大切だと思う。
  作品の方は、偏ってても面白ければ良いんだけど。

579 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 10:47:50.17
受賞作の話しようぜ
誰かもう読んだ?

580 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 11:21:47.94
>>578
>文学にしろ美術における審美眼にしろ芸術を理解・評価する力は、数をこなせばついてくる

これは俺の経験からいうと、疑問だな
硝子工芸作家に、文化功労者である故岩田藤七という人がいた
日本において硝子工芸品を美術にまで高めたひとだ
硝子の美術品とはそれまでは西欧のものだった
そこに日本的な美意識を持ち込んだ
世界は驚愕して賞賛した、そんな作家なんだ
人間国宝の藤田喬平は弟子だ
岩田藤七の作品を目にしたときは世界が変わったよ
美意識そのものが変わった
手触り感が今でも鮮やかに残っている
大袈裟にいうと物の見方が変わってしまったんだ
圧倒的な力で、変えられたんだな
数をみればいいというもんじゃないんだな
ついでだからいうけど、じゃあ誰でも同じように変わるというと
これも違うような気がする
岩田藤七の作品に宿る美と力とが、こちらの中に宿っている何かと
激しく共鳴して、化学反応を引き起こすんだ
革命みたいなもんだ
誰もが共鳴するというもんじゃない、と少し傲慢に言ってみます

581 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 11:41:31.08
疑問だなまで読んだ。

今月号は売れるだろうな。とか穿った見方をしてしまう。

582 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 11:48:51.20
それあんた、良い物を数をこなせば付いてくるって言う命題の
その数をこなしてるうちの1個だっただけなんじゃ

583 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 12:13:02.28
580だが
ついでからもう一ついっておく

>文学にしろ美術における審美眼にしろ芸術を理解・評価する力は、数をこなせばついてくる

これは、エセ書評家とエセ編集者の見方だよ
でも、これが幅をきかせているから問題なんだけどもね
本当の意味での作家とは、数をこなしたなかで形成されるものじゃないよ
形成されるものは単なる技術だ
独自性とか強烈な個性とかは、それとは別のものだ
その作家にかないもの、それでいて人を惹き付ける力
それは個々に違う
岩田藤七の作品に激しく共鳴し合う者もいれば
藤田喬平の作品に心を激しく揺さ振られる者もいる
しかし、どちらも本物だ
その本物と強烈に通じ合うものが、確固とした個性をもった作家の資質なんだと思うよ
いろいろと数をこなして、いいところだけ吸収しても、俺にとっては意味はないね
俺の言っている意味が、恐らくわからないだろうね
新人賞ででてくる作家は、数をこなしてきたなかから作家になった者ばかりなんじゃないか
エセ書評家とエセ編集者なんていうと、反発がすげーだろうけど
新人賞は、本当の意味での作家を見つけ出すのに適していないと思う
そこを勘違いしているから、もう駄目でしょうね
ああ、すっきりした!

584 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 13:07:06.50
>文学にしろ美術における審美眼にしろ芸術を理解・評価する力は、
数をこなせばついてくる

というのは、業界人の扇動だよw
一杯本を買い、美術館にしょっちゅう行って欲しいからw
文学や美術界の裏面のエピソードを知っておくのも良いだろう。
世界的に見ても、芸術至上主義なんてほとんど幻想に過ぎんw
文豪もアーティストも、俗気にまみれて生きてる訳でw
なぜ、弟子になったのか?それは奥さん、あるいは娘さんに
惹かれたから、なんてケースが実は多かったりするw



585 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 13:20:44.06
>>584
>文豪もアーティストも、俗気にまみれて生きてる訳で

そうだよ、否定しない、俗物そのものだ
が、そんな俗物でしかないようなクズなのに
作家としての衝動があるんだよ
クズでしかない自分のなかにある、きよらかな衝動を
言葉に紡ぎたいという、身体のそこの方から激しく突きあがってくる衝動がね
その衝動こそが、作家の資質なんだろうね
その衝動がなければ、単なる言葉を技術的に羅列しているのに過ぎない
新人賞から生み出される作家はそうした者がほとんどじゃないのか
だから、個性がないし、どれも同じだし、衝動がないから、直ぐに消える
俗物の延長でしか、言葉を紡いでいないということだね
それから、誤解しないように言っておくが、「きよらか」とは
単純ないみではない
ドストエフスキーの「きよらか」と川端の「きよらか」は当然に違う
もうこれで、お終いだ、忙しいんで付き合っていられない

586 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 20:31:59.25
>>583
>これは、エセ書評家とエセ編集者の見方だよ

いやいや、数をこなして一流作家になれるなんてことは言ってないよ。
数こなして一流作家になれるなら、学校でカリキュラム組んで一流作家を製造出来ることになるからね。

僕が>>578で「数をこなせば〜」と書いたのは、
作家としてではなく読む側としての話。
>>575が、「下読みなんて三流がやってる選考は信用できない」というから、
作家としては三流でも、沢山読んでれば、良い作品は解るだろと。
作家として三流なら、下読みとしても信頼出来ないってことにはならないと言いたかっただけ。



587 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/10(火) 20:40:42.44
>>584
>というのは、業界人の扇動だよw

という主張と、以下に続く文が、論理的に繋がっていない。
自分の中では繋がってるんだろうけど、
そこをきちんと書かんと、他人は読んでもわからん。

588 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 11:56:55.50
あれ?
今回の文學界新人賞受賞作について語られてると思ったら
荒れてる…
なんか残念だ

589 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 13:52:28.42
>>588
おいらどっちも読んだけど感想書く暇ないわー
学生の方のはあれかなり具体的な場所まで絞れちゃうね、舞台になる家

590 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 15:04:37.66
>>589
一行で感想お願いします。
それが無理なら◎○△×だけでも。

591 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 20:37:17.51
>>590
学生のは姉に魅力が無いのが致命的だったなー
中上健次的な〜とかどこかに書かれてた気がしたけど、どこがだろって思った
しいて言えばともだちの居ない「眠りの日々」、「十九歳、海へ」ってとこかな。雰囲気は。
にしても鬱屈度がだいぶ違うけども

癌のは、あれ悲惨だったなー
今期のカイジの第1話、ビールとポテチと焼き鳥を狂ったように食うじゃん。カイジが。
その時感じたのに近い感じが何故か蘇ったな
書かれてることは結構キツい感じなんだが反対に何故か無性にもの喰いたくなったの

592 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 21:47:32.13
芥川賞はなさそうだね。群像のも含めて。

593 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 22:32:29.17
>>591
レビュー感謝。

>>592
個人的にはのののと朝が止まるがいい感じだと思う。

594 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:36:23.50
>>593
その2作もう対象外でしょ。今年の1月から6月の間に文芸誌に発表されたものじゃないと。

595 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/11(水) 23:37:15.94
個人的にはのののよりは甘露のが好きかも
のののは選者の誰かの白い本の山の解釈が面白かった記憶はあるけど、ののとりとか分身とかになるとちょっと…

596 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 01:56:31.04
           芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。

597 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 01:56:49.50
           芥川賞のタブー(続)

簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは「極左の根城」である文藝春秋社の実質主催する芥川賞から徹底的に排除され、純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、 痩せ細り、大衆の共感は得られない支持層1%芸術と成り下がった。

人間関係の回復などは是とされるが、例えばビジネスの伸展やスポーツの勝利など、社会的状況下の極小の成功なども、主筋と絡んだ場合には「通俗的」として致命的減点となる。
中盤はひたすら状況の停滞もしくは悪化でなければならない。

クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。95%(20人の内19人)の芥川賞受賞者は24才〜39才と見てよく、差別は非常に強い。差別は左翼の本性を現すものである。

「私の廃太子論」でおなじみの文藝春秋社が、極左の牙城であることは業界内外に広く知れ渡った、絶対事実である。
現在同社は社内で本誌と呼ばれる「月刊文藝春秋」誌まで赤字が常態化、某印刷会社の傘下に入る日も近いと噂されている。

★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。
主人公や作者が社民党を支持しそうな、日本社会に対して斜に構えたスタンスの人間でなければ、絶対に受賞しない。

598 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 06:59:04.09
>>596-597

もういいよ
何人かが褒めたんでうれしくなっちゃったんだろうけど
普通の人は鼻で笑ってるから

599 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 11:34:47.77
今回はじめて文學界の作品読んだんだけど、
水原くんの作品のように、描写がうざいくらいあるのが文學界の特徴なの?
文章が巧いのは理解できるけど、いい作品かどうか聞かれたらそうでもないような気がして
小説書き始めたばかりの人が、描写を付けろと言われて、なんでもかんでも描写つけたような
感じだし……
それでいいの?

600 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 12:00:43.54
だーかーらー
描写が多いとか、少ないとか、難しい漢字が多いとか、平易な文章なのにとか
一人称だからとか三人称だから
とかじゃないんだって

自分の文章なのかどうかが重要なんだって
ただ単にめったやたらと修飾をふやしたりとか
逆に全部取ってみたりとか
あるいは、どことなく村上春樹が透けてみるようなのとか
そんなんじゃダメなんだって
(似てても村上の模倣から抜け出たものがあれば良いんだろうけど)

それと、もう一個、もしあんたが
「こんな簡素な文章俺でも書けるよw」とか
逆に
「なんか素人がめったやたら描写つけただけみたい」
って思うなら、もっと勉強しろよ
俺がAKBとカラの区別付いてないようなもんだからそれ
わかるやつは(消費者であっても)わかってるから

601 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 12:02:16.01
だーかーらー

とか書いちゃう人ってどんな顔して2ちゃんしてるんだろうね。

602 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 12:05:45.39
おれか? 顔真っ赤でだよ

603 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 13:39:01.35
>>596
とりあえず西村賢太の作品、どれでもいいから読んで、「フェミ〜」の部分修正してね。
あと田中慎弥の「切れた鎖」(三島賞受賞)の、朝鮮人描写も合わせて。

>★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。

上記「日本」を、例えばアメリカとするアメリカ文学、あるいは
中国とする中国文学、イギリスでもフランスでもドイツでもいいから、
そういう「自国自賛的作品」、あるなら紹介よろしく。ブンシュンはサヨクにノットラレターは分かったから。


604 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 15:18:14.26
アメリカ文学ってアメリカを批判してはいない希ガス。
ジョン・アービングなんかはアメリカ愛を感じるな。

日本で言えば…おいらは読書経験僅少のだめな奴だけど、
夏目漱石の三四郎とか日本愛を感じるのね。あれ好きだな。

横からごめんなすって。

605 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 16:09:38.76
「甘露」はなぜ受賞できたんだ?選評を読んだが強力に推した選考委員がひとりもいない。
「癌だましい」は松浦理英子が強力に推したのはわかったがな。

606 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 16:14:17.79
というより米国批判はあまり翻訳されない、が正しいかな
インディアンの側から書いたやつとか
黒人から見た風とともに去りぬとか評判になっても日本に入ってこない

607 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 19:25:54.64
>>605
今回低調だったから消去法だろ

608 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/12(木) 19:30:22.60
次回は軽妙な作品が選ばれる

君たちの出番かもよ

609 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 01:06:12.95
6月末ということですが…
ここって名前だけで最近凄い作家出してませんよせ

610 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 01:36:42.03
ここのところ芥川賞はあまり文藝春秋関係から出てない
新潮社の独壇場
もちろん「次書くよ書きますよ当たり前でしょそれが仁義です」の暗黙の了解あるけど
でもやはり実質主催の文藝春秋涙目

611 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 16:19:55.85
オール読物新人賞スレで、文学界新人賞の選考が話題になったようですので、一応、上げておきます。

723 名前:名無し物書き@推敲中? :2011/05/13(金) 16:14:05.95
純文学だって仕様に沿わなければアウトだろ。
200枚で4次選考までいったっていっているけど、たぶん嘘だろう。
ソースは確かなの?
そんな馬鹿な話あるわけないだろう。
そのせいで真面目に100枚程度に納めている奴を予選で落としてどうする?




612 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 18:48:37.60
真面目とかw

613 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 18:56:28.74
100枚に納める力を評価するか
それとも規定オーバーの200枚を読ませる力を評価するか

そもそも何故100枚なのか

614 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 19:33:42.08
文芸賞ONLINE 文學界新人賞 に100枚の理由が書かれていた気が。。

615 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/13(金) 20:47:45.27
100枚程度というルールなのに、
200枚の作品を予選通過させてしまう下読み、編集部がいけないんだよ。

616 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 09:01:58.43
甘露、出だしはいいと思ったが、
いまどき近親相姦ってw
ここはキモイ作品が選考委員の受けがいいの?

617 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 10:03:33.12
>>616
中上フォロワなんでしょ?
編集部的にも文芸回帰みたいな考えがあったんだろうよ

618 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 18:38:35.32
ここのところ芥川賞はあまり文藝春秋関係から出てない
新潮社の独壇場
もちろん「次書くよ書きますよ当たり前でしょそれが仁義です」の暗黙の了解あるけど
でもやはり実質主催の文藝春秋涙目

この会社は「社民党目線チェック」が厳しすぎて、文学が枯れ細って死んでいる。
名声があるので救済の申し出はあるが、大日本印○とか、
結局お金の出し損になるだろうとも囁かれている。

619 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:28:11.72
今度からある程度予選通過スレとその他の人用スレに分けない?

620 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:34:11.84
スレ立てるのは勝手だよ。
人が付いてくるかはしらないけれど。

621 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:39:01.31
>100枚程度というルールなのに、
200枚の作品を予選通過させてしまう下読み、編集部がいけないんだよ。

何をいってるんだよ。
鴨沢萌が40枚程度だったかで第64回文学界新人賞を獲ったでないか。
あくまでも内容勝負。
規定枚数はあくまでも参考数字に過ぎない。たいして重要じゃないよ。



622 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/14(土) 20:39:14.10
そっか……、ちょっと立ててみるわ。嫌味だろうけど……。

623 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 03:04:06.54
とにかくここの編集は馬鹿。どうしようもない。下読みも。
ここが輩出した新人は軒並みくずばかり。

624 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 04:35:55.88
ほんとここはレベル低すぎ。
さすがに応募するのやめた。

625 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 04:40:39.30
花村なんてキモすぎるのが選考委員になってもう終わったね。
あんなの文学の恥辱以外の何ものでもないし。
まじキモい。死ねよ、ハゲ。
まじでキモい、死ね、ハゲ、まじで死ね、ハゲ、ソープハゲ。

626 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 04:46:57.32
たしかに、まんこをキズとかぬかすキチガイにはちがいない。
まじでキモいな。
平成のキモはげ大臣だ。
こいつの文庫本、単行本、持っているような奴とは絶対つきあわねえ。
パチンカスとつきあわねえのと一緒。いい目安になるよ。

627 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 04:48:21.57
萬月って人相は悪いし口も悪いが、いろんなところで小説はこうやって書くんだという
話をしているじゃんかよ。実作者であんなに細かいことまでしゃべるお人好しもなかなか
いないと思うがな。

628 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 04:49:07.38
他者を全否定するほどの猛者ならそれなりの風格のある批判をどうぞ。

629 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 05:26:43.99
萬月は人間のクズって結論は、
10年前から完全に出ているがな。
文才は無いし、
性格は最悪以下。
リアルに人間のクズなんだよねえ、萬月。

630 :>>1:2011/05/15(日) 08:24:55.15
おまえら、満月は去年くらいから、2chに向けて煽ってるんだから
ここで反応したら同レベルだろ。まあ、批判したら批判したで
顔真っ赤な満月の選評が読めるのは面白いがな

631 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 09:02:30.84
萬月は2ちゃんを見てる間違いない。今も…

632 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 09:04:37.58
2ch創文コネ騒動'09の事に萬月が言及してたのっていつだっけ?

633 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 11:48:09.17
俺はあの萬月の軽くて人のよさそうな人間性は嫌いじゃない。
しかし、ゲルマニュウムの夜が芥川賞に相応しいとも思わない。
だが、あの多作ぶりはやはり文才があるということだろうな。
それが文学的、社会的に価値があるかどうかは別として。

634 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 15:06:13.77
満月は、オヤジさんとお袋さんの年齢差が30くらいある、
ってのはちょっと文学的だな、と思う

635 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 18:28:23.02
20歳の時に相手50かよ。本当か?

636 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 20:35:53.56
あのう、基本的なことで恥ずかしいのですが、
文學界新人賞の応募資格は「新人」であることですね。
この新人とはどういう意味でしょうか。
書いたものが活字になったことがない人のことでしょうか。
また、活字になったとしても金銭を得ていない人のことでしょうか。
それとも、何らかの文学賞を受賞していない人のことでしょうか。
流れを断ち切って申し訳ないのですが、
どなたか教えてくれませんか。

637 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 20:43:46.90
いいから出せよ
あとで、そのくらいOKだと思ったって言えばいいじゃん

(専業兼業とわず)職業作家でないならOKじゃね
他文学賞も地方文学賞とかエンタメの賞ならOKだと思うよ
新潮とか文学界とか群像で賞取ったなら聞いたほうがいいかも
(そんなやつが質問してるとは思えないけどw)

638 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 20:51:26.64
>>636
まだ文學界新人賞を受賞していない人だと思う。

639 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 21:35:19.12
>>637
ありがとうございます。
職業作家でなければOKなのですね。
職業作家でなければアマチュアですね。
アマチュアなら応募できると解釈しました。
よって、私も文學界新人賞に応募しようと思います。

640 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 21:40:18.35
何かの新人賞を受賞したけど芽が出なくて、別の新人賞に改めて応募した作家っていたような気がする。

641 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 23:34:56.22
今回の文學界をとれば1月の芥川賞受賞のチャンスがあるわけか。
芥川賞とれば売り上げ10万部は見込めるから印税1000万か。税金ひいても手元に
600万は残るな。仕事やめよう。

銀行員の俺は銀行モノで勝負だ

642 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/15(日) 23:59:03.39
とれなかった場合はどうするの?
月給なくても暮らしていけるんだ。いいなあ。

643 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 01:35:22.62
>>641
銀行モノって池井戸潤みたいな?
純文でやるならあれ株屋だけどテスト氏かな

644 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 01:36:58.87
>>641
やっと全力で取り組む決心をしたか。

645 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 02:16:49.01
>>641
3年後にはなんのオファーもなくそれこそハロワ。
今の純文学はほんと駄目。

646 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 05:23:41.71
>>643
あと『スティル・ライフ』くらいかな。
テスト氏もそうだけど、株という形式で社会が数字に置き換えられている象徴性だけが重要で、
金融そのものはテーマじゃないんだよな。ヴァレリーは経済学的比喩を評論でも使ったりしてるけど。
金と純文というと、今村仁司の『貨幣とは何だろうか』とかクロソウスキーの『生きた貨幣』辺りの評論しか思い浮かばない・・・

647 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 11:34:58.05
>>641
銀行辞めなさい、すぐ辞めなさい。

648 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 12:39:57.33
>>641
銀行を辞める理由がわからんw
たいした残業もないんだから趣味で小説書け

649 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 12:59:08.05
つーか純文学系じゃあ芥川賞作家にでもならなきゃ
銀行員のがいい生活送れるでしょうに

650 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 13:09:55.59
>何をいってるんだよ。
鴨沢萌が40枚程度だったかで第64回文学界新人賞を獲ったでないか。
あくまでも内容勝負。
規定枚数はあくまでも参考数字に過ぎない。たいして重要じゃないよ。


この時の規定は100枚程度だったの?





651 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 14:39:38.13


652 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 20:40:52.22
>>650
50枚程度だよ

653 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 21:03:43.46
最初の方は30枚から100枚だったと思った。
100枚程度になったのはいつからなんだろう?

654 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/16(月) 21:14:46.60
51 :名無し物書き@推敲中?[sage]:2008/04/30(水) 13:10:52
鷺沢萠が受賞したときの規定枚数は100枚以内で、今とは違う。

規定内であるし、何も問題がないのでは……

655 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 02:15:45.45
100枚程度の規定で200枚で出した奴を叩いている馬鹿がいるが、
そんなのは本人と編集部に任せておけ!
他人の批判をするケツの穴が小さい奴は!
締りがいいだろうから俺のジョニーをぶちこんでやる! ケツを出せ! ハアハアハア!

656 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 04:33:18.61
1人称や私小説が多いのかな?

657 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 20:54:25.07
俺は変態物の私小説を出すぜ

658 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 23:05:46.48
純文学は昔からなんで私小説が多いんだろう?

659 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 23:11:33.84
変態物私小説なんか読みたくねえーよ。
たとえ受賞したとしてもな。
オナニー小説に付き合わされるのはごめんだね。

660 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 23:37:05.36
いや、自分の作品がその変体物私小説に負けたと考えろよ。
何かしら学ぶべきところはあるはず。

661 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/17(火) 23:56:56.14
>>658
エンタメが私小説を受け付けてくれないから

662 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 01:53:18.51
文藝春秋と新潮社は世間イメージでは並び称される印象もあるが、内実は違う。
まがりなりにもオーナー家がある新潮社。
たとえ大賢ではなくとも、おかしくならないように目を光らせている。
小学館や講談社とも似た、出版社らしい理想形を保ち、村上春樹の「1Q84」のヒットなどで、
(図書館の貸し出し増で苦しいながら)頑張っている。

文藝春秋社はオーナー家というものが機能せず、
左翼に乗っ取られて、だらしない遊び人も多く、社内はバラバラ。
全くと言っていいほど、ベストセラー小説が出ない、沈没寸前のボロ舟になってしまった。


663 :やっちゃん ◆.7pMAIcjuM :2011/05/18(水) 02:45:18.69
そろそろクレ!!!

664 :.:2011/05/18(水) 16:37:42.83
>>624
>さすがに応募するのやめた。

同感!

「阿部和重文学賞」(仮)(実用書部門有。作品発表場のSITEのADDRESS送信により応募訖了とす形式有)を、未設立では有りながら、推奨致します

665 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/18(水) 18:21:25.65
文壇の不正を指摘されて、
都合が悪くなったといって、
集団ストーカーを行い、
自殺させるようと、
報復をしてきた人たちがいます。

理不尽ですよね?


それって、報復じゃなくて、
都合が悪い人を殺そうとする悪人じゃない?

ほら、マフィアが都合の悪い人を消すみたいにさ。
極悪人じゃない?

666 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/19(木) 10:43:35.31
ここ、
ネットで投稿できないんですか?


667 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 11:22:54.06
ここ10年くらいの受賞作でおもしろいやすごいなって思うのはどれ?
自分は糸山秋子と長嶋有かなぁ

668 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/19(木) 11:47:15.31
あ!どっちも文庫あるけど、どうなんですか。

オイラパラレルと、糸山さんは・・・・・・・。

669 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:51:05.38
6月末にここに出そうと思ってます。
100枚前後なので2週間あればいいかな。
プロットどうするかなー…
なるべく強烈なプロットを。

670 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:53:58.57
>>662
俺の中での評価、格。
新潮≧群像>文藝春秋>>>すばる他

最近は群像の評価が高まっている。
やっぱり村上春樹や阿部和重の存在が大きい

671 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:57:30.65
最近の若い作家(20〜30代)の本ってうんこばっかだな。
昔なら村上春樹(29)とかいたのに

672 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 16:58:02.45
>>669
誇張した日記で十分ですよ

673 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:20:39.36
ホントうんこの話多いよな。
糸山もだな、あれは、べたべたうんこを身体に塗り捲る話だったな。
でも鹿島田真紀は、うんこの話で野間文芸新人賞とったけどな。
うんこも芸術にされてしまう時代か……。世も末だ。

674 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:23:03.48
可愛い顔して、うんこを芸術にしてしまうんだから、恐れ入る。


675 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:28:45.28
つーか、男の学生に、ここにうんこをしてみな、という男家庭教師なんて世の中にいるのかよ?
そんな出だしを読んでみて、その本を読み続けたいか? なあ、みんな……、どう思う?

まぁ、普通の思考の人でないからこそ新人賞なのだろうけどね……。

676 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 17:53:34.71
>>672
「日記」でいいんですか?
というか散文詩でもいいですか?

677 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/19(木) 18:13:21.79
なんじゃ!このやろう!

678 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 19:15:50.44
>>669
お前すごいな。
推敲含めて、二週間で応募作仕上げられるのか。

679 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 19:18:22.20
100枚ぐらい二日で書けるだろ。

680 :669:2011/05/19(木) 19:25:30.02
>>678
3月末の某でも2週間で全部やりましたよ。
書くこと自体は10日間で書ききりましたが
3日ほど印刷したり、穴をあけたりしてました

681 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/19(木) 19:27:03.82
えらい人たちがたくさんいる。

俺は5月19日から

書き足します。

仕事と文でお金をもらえたらうれしい。

682 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 20:41:49.84
>100枚ぐらい二日で書けるだろ。

お前はプロでも充分にやって行ける。

683 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 20:53:51.56
一日がんばっても10枚が限度だわ
10日で仕上げて、10日寝かせて、10日推敲で
最低でも一ヶ月かかるわ

684 :669:2011/05/19(木) 21:12:50.47
3月末の某の時は最高で1日25P書けました。
ただ書いた日はその後放心状態というか疲れきりましたね。うまくいけば僕の場合5日間で100枚は書けます。 あくまで僕の場合ですが。書けない日は3行でストップです。
他の方や現役の作家の人がどうとかは正直知りません。

685 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:17:35.37
問題は枚数より中身だろう
兼業すること前提で考えたら年に2冊書ければ十分だわ

686 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:44:21.29
ガスライティングに参加した作家さんたちは、
死後、裁きがあること忘れないでね。

687 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:44:31.98
ガスライティングに参加した作家さんや漫画家さんたちは、
死後、裁きがあること忘れないでね。

688 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:50:53.24
殺された人達は、文句も言えない。
でも、殺された人達も生きてるんだよ。
どれだけ罪深いゲームに参加したのか、よく考えてね。

689 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/19(木) 21:52:29.51
あなたたちが、地位とお金と引き換えに抱えることになったものはなんだろう?
その重さを良く考えてね。

神様はすべて見てた。
死後、裁きがあることをお忘れなく。

690 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/19(木) 21:57:29.84
ダメだこりゃ。

691 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 07:15:23.31
>>673
谷崎とか読んだことないんだね…

692 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/20(金) 07:24:49.58
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50521459

693 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 07:25:16.25
谷崎なんぞ可愛い方だろう。
先ずは、糸山のうんこ小説を読んでみれ。
2,3日は食事できなくなるかも知れんがな。

694 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 07:39:10.72
>>686-689
2chで氏名とか晒されて自殺した奴てのはこの板だったのかね?

695 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 07:55:36.51
>>694
知らないけど。
ここで書き込みしてから、相当の間、集団ストーカー被害にあったよ。
今はだいぶ治まったけど、いつ再発するかわからない。
私は、大体犯人がわかってるから、『消す』ために相当しつこい間被害にあった。
いつ自殺してもおかしくないほどにね。

昭和ごろ、新聞記者や週刊誌の記者が自殺したりしたのは、
集団ストーカーが原因だった人たちもいると思うよ。

696 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 07:58:28.42
そのころは、ネットもなにもなくて、
本当に精神病になったと思い込んだ人たちもいると思う。
出版社や新聞社って、真面目で頭のいい人たちがおおいからね。

そうやって、言論の自由はつぶされたのかもしれない。
都合の悪いことを書かれると、殺されることを畏れてね。

697 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:02:26.91
なんで文学界スレなん?

698 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:06:04.13
ただ、言論の自由が潰されていくと同時に、
出版社は、カルトを操る黒幕たちの協力企業が出す広告費で、
甘い蜜を吸わされていたんだよ。

だから、出版社だけじゃなくて、日本全体が外国の策略に嵌ってしまってるだけ。
戦後、こうなるように戦略が立てられていたんだよ。
倒幕にかかわった子孫、いまでいう特権階級の人たちも関わったかもね。

699 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:18:51.72
人工地震がおきたとき、
集団ストーカーやアセンションに関わってていたひとたちは、どう思った?
殺された人達のことについて考えるときあるかな?

死後、裁きがあることを忘れないでね。

700 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/20(金) 08:32:00.83
裁きないよ。

殺された人たちが裁きうけるんじゃない?
死後。

お前の糞みたいな倫理だか、裁きがあるよ。

殺す

701 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:34:14.79
>>697

おもしろいだろ、文学界はパラノイア
群像は(おそらく村上春樹のせいで)欝な自殺願望が来るんだよ

本当にこういう事延々と書いた小説が来るんだぜ

702 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:38:59.46
>>700

聖書読んでから返信くれる?

703 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:45:36.19
ユダヤスレッドで工作するなら、聖書読みなよ。
読み飛ばしちゃったの?

そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、
(heb: 9:27)

704 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:51:52.63
>>702
犯罪者が改心することを祈りなさい。
裁きはあなたではなく神様がなされる。

705 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 08:57:50.71
>>704

それ、ガスライティング加害者にいってくれる?
集団ストーカー加害者は、ターゲットを裁いたわけだよね?
そして、ある人たちを精神疾患に陥れ、ある人たちを自殺に追い込んだんだ。

本当に、あなたたちがしたことは正義だった?
人工地震でたくさん人が死んじゃったよね?
それって、正義だった?


706 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:07:01.56
>>705
聖人伝を読みなさい。
怒りを心から消せず、神様に寄り頼めない者に
軽々しく裁きなどと口に出してほしくない。

707 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:11:02.24
>>706

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】スレッドにお帰り。
ここは、文芸版ですよ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/18(土) 14:58:52 ID:n/CTll3Y
太田は、なおも「加入戦術」を続行したICPグループに1963年に再び「指導者」として迎え入れられ、
1964年に「関西派」と称された西京司、酒井与七らの革命的共産主義者同盟と統一する。1965年に
太田が組織決定を経ずして指導した「立川米軍基地内にデモ隊を突入させ、米兵にデモ隊を射殺
させることで大衆の憤激を喚起し反米軍基地闘争を全国化させる」ことを目的とした「5.18闘争」が
不発に終わり(「十人が射殺される」ことを想定して太田の影響下にあった三多摩社会主義青年同盟
のデモ隊が立川基地内に突入したが、結局日本の機動隊に排除されたのみだった)、責任を追及
された太田は少数の支持グループを率いて脱党。新たに「第四インターナショナル(ボルシェビキ・
レーニン主義派)」(BL派)とその大衆組織である「武装蜂起準備委員会-プロレタリア軍団」を
結成するが、この時期から次第にマルクス主義そのものとの決別を開始し1971年に脱党。
同党から死刑宣告される。同年頃より竹中労・平岡正明らと3バカゲバリスタと呼ばれる仲になり
「世界革命浪人」と自称する。

1971年、記録映画『アイヌの結婚式』に感動。このことが契機で、1972年にはアイヌ革命論者となり、
北海道庁爆破、白老町長および北海道知事に「死刑執行」を宣告(ただし実行犯とは別)、土着革命論、
「人類独裁の打倒によるゴキブリの解放・ネズミの解放・ミミズの解放を!」(『日本エコロジスト宣言』)
を訴える「エコロジー主義」など主義・主張を転々とし、現在は「ユダヤ・ネットワークが世界を裏で
支配している」などと主張する反ユダヤ主義およびユダヤ陰謀論の日本における代表的論客の一人。
また、自然食運動(家畜制度全廃)を主張している。太田当人は「私のことを主張が転々としている、
と言う者がいるが、私は一貫して『反米』なのだ」と語る。

708 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:12:08.19
Wikipediaにもたくさん工作してるんだね。
誰が書いたのか、一目瞭然なんだけどね。

709 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:13:37.68
>怒りを心から消せず、神様に寄り頼めない者

聖書読んでる?神も怒るじゃん?
太田竜さんの宣伝まだやってるの?

710 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:16:03.12
あなたがwikipediaに書いたタロットの解釈は間違ってるよ。
正しく言えば、ロスチャイルドも正しく解釈なんてできない。
あれは、夢を元に絵にしたものだから。
勘違いも甚だしいよ。嘘撒き散らして、裁きのとき半べそかかないでね。

711 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:20:03.82
Wikipediaなんて信じない。
死者から聞いた話しか信じない。
自分は教えたからね。
あとは知りません。じゃ、落ち。

712 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:21:24.47
>死者から聞いた話しか信じない。

死者と会話なんてしてないよ。
口寄せは禁じられてるでしょ?

713 :ダンプ松本が青木やっちゃんだ!:2011/05/20(金) 09:23:24.28
>>702
聖書

名無しの推敲中?

はい。読んでいる。

ただ、違うね。

うすいんだ。

聖? 

返信をくれないで。

714 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 09:26:26.31
松浦寿輝と松浦理英子って夫婦とか親戚とかなん?

715 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 11:38:06.59
>>693
糸山のスカトロ小説のがショボいやん。
上田秋成なんか人肉食小説書いてるけど、スカトロなんざ大したことないよ

716 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 11:43:47.52
ようやく、工作員が己の非を認めました。

【科学】米研究グループ「大地震の恐れ」 茨城沖、ひずみ蓄積か
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1305842824/l50
925 :名無しさん@十一周年:2011/05/20(金) 11:41:41.20 ID:msna3gJDO
>>917
心というのは魂ではなく善意の真心のことだな

確かにコイツに対してはそういった正の感情が微塵もないことを断言する

過去のオノレの所業を思い出せ

717 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 14:30:08.54
狂ったスレだな

718 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 14:50:06.58
スルー推奨

719 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/20(金) 16:00:13.50
いや、真面目に6月末に応募しようと思っていたんだがね
方向変えて太宰賞にしようかな

720 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 00:02:18.91
           芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。

721 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 00:42:02.39
          芥川賞のタブー(続)

簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは「極左の根城」である文藝春秋社の実質主催する芥川賞から徹底的に排除され、純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、 痩せ細り、大衆の共感は得られない支持層1%芸術と成り下がった。

人間関係の回復などは是とされるが、例えばビジネスの伸展やスポーツの勝利など、社会的状況下の極小の成功なども、主筋と絡んだ場合には「通俗的」として致命的減点となる。
中盤はひたすら状況の停滞もしくは悪化でなければならない。

クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。95%(20人の内19人)の芥川賞受賞者は24才〜39才と見てよく、差別は非常に強い。差別は左翼の本性を現すものである。

「私の廃太子論」でおなじみの文藝春秋社が、極左の牙城であることは業界内外に広く知れ渡った、絶対事実である。
現在同社は社内で本誌と呼ばれる「月刊文藝春秋」誌まで赤字が常態化、某印刷会社の傘下に入る日も近いと噂されている。

★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。
主人公や作者が社民党を支持しそうな、日本社会に対して斜に構えたスタンスの人間でなければ、絶対に受賞しない。

722 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 01:24:43.56
>>720
どうやったらそんなバカになれんの?

723 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 01:34:07.93
>>722
スルーしろよ、小説とは無縁のパラノイアなんだから

724 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 13:27:12.49
すいませんパラノイアってなんですか。簡潔に教えて下さい

725 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 13:38:03.80
>>722 >>723
倒産寸前会社の社員の自作自演だな。

726 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/21(土) 15:14:52.64
>>724
見えない敵と戦ってる、↓みたいな奴の病名

727 :NOVAPOLICELEE:2011/05/21(土) 19:14:30.17



728 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 00:59:19.38
>>726
お前が惨めという感じかな。

729 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:07:25.45
ユダヤの陰謀を世間に広めるために、ロスチャイルドとロックフェラーは、
メディアを牛耳る戦略を立てました。
皆さんもしっているとおり、『言論の自由』を守るため、出版社は、
株式に上場していない会社が多いのです。なぜならば、株式に上場すると、
株主に対して、批判的な記事は掲載できないからです。

なので、権力者達は、広告費をつかって、メディアを牛耳る戦略にシフトしました。
そして、自分達の息のかかった作家や漫画家を育て上げました。
そして、その人たちを権威ある存在にして、メディアの言論を操作し、
のっとることに成功しました。
2ちゃんねるには、とても文章の上手な『工作員』が多いですね。
作家志望などは、ほいほい彼らのせんりゃくにひっかかる人たちもいると思います。

なぜ、今回、集団ストーカー被害にあったのか。
つながっていないようで、つながっているのです。
元締めは、海外の権力者です。

愚かな計画のために、大勢の人間が不幸になったり、殺されたりしました。
権力者たちの育てようとしていた集団を

730 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:09:58.07
コネ疑惑を追及して、集団ストーカーにあったのは、
権力者たちの都合の良い情報を流してくれる伝達者の本拠地を
指摘してしまったからかもしれませんね。

では、いつごろからそのようなことが行われていたのか。
三島はなんていって自決した?

731 :NOVAPOLICELEE:2011/05/22(日) 01:13:03.69
機関車at と図書新聞のせいで殺されたのかな?

732 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:13:17.04
ある特定の集団と集団ストーカーとユダヤの陰謀は、
つながってるのです。ココで精神病認定する人たちは、
理解していないか、隠蔽したい人でしょう。

私が集団ストーカーにあったのは事実ですし、
作家や漫画家たちも、ガスライティングに参加した人たちがいると思います。


733 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:16:47.84
ユダヤの陰謀関連のスレッド、アセンションスレッド、集団ストーカースレッドの
常連の書き込みを見てください。

文体や、思考の癖、などから同一人物だと思われる人たちがいることがわかるでしょう。
編集者の方なら、すぐにわかるのではないでしょうか?

734 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:18:21.78
あと5レスぐらい続きますので皆さん我慢しましょう

735 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:20:16.29
『あいつのせいで、つぶされたくない!』

ココで暴露されている人たちはそうおもっているかもしれませんね。
それでは、コネのない一般応募の人たちに対して、
あなたたちが何をしたのかよく考えてくださいね。


736 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:35:06.31
>>726のつづき。
権力者たちの育てようとしていた集団を 、維持させるために、
コネ疑惑を指摘した人を自殺させようとしたひとたちもいました。



737 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 01:52:33.31
ロスチャイルドたちは、ユダヤの陰謀にもあるように、
愚かな計画を立てていました。
アセンションなどのブログに、
よく瀬織津姫について書かれていると思いますが、
私も親戚に神社をしているひとがいました。

生贄にするために、私達の家族をマークしていたのでしょう。
私達を不法に監視していたとおもいます。
そして、たまたま、ここのスレッドでコネ疑惑を追求したことを知って、
自分達の育てた協力者と一緒になって、私を自殺に追い込むことにしたのだと思います。
偶然というより、ココでの騒ぎを利用したのかもしれませんね。
もし、コネ疑惑を追求していなくても、
ロスチャイルドたちは、別の理由をつけて、私を自殺させていたかもしれません。


738 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 02:20:54.54
ロスチャイルドが計画をした、ナタリー・ポートマンを世界女王にする
茶番劇のために、大勢の人間が不幸になり、また殺されました。

日本にも、愚かな計画の賛同者はたくさんいました。
でも、神はすべてをご覧になっていました。
死後、裁きがあることをお忘れなく。

ブラックスワンと、悪魔の小説。
何をれんそうさせたかったんでしょうかね?

739 :NOVAPOLICELEE:2011/05/22(日) 02:38:42.74
神は映画を見てたんじゃない?

大勢の人不幸?

大田出版の本読もう。

カールマルクスの詩をお忘れなく

740 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 03:02:13.12
京都の文壇に深くかかわってたのは、表には出ていない銀行一族の親戚だと思いますけど。

741 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 03:12:43.99
>>740のひとは、↓このブログを書いている人の知り合いでしょう。
http://mihoh.seesaa.net/

742 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 03:49:27.89
>>728
そう…(無関心

743 :NOVAPOLICELEE:2011/05/22(日) 04:26:26.55
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50754114

744 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 04:31:28.21
今は、被害がだいぶへったんだけど、
私を黙らせるために、一時的に集団ストーカーをやめてるのかもね。
まだ、アセンションにあわせて、愚かな計画を継続している人たちがいるから
気をつけてね。

一時的に、行動を伏せて、水面下で何をたくらんでいるのかわからないから。
これだけはいえる。ロスチャイルドは神じゃないし、ナタリーも神じゃない。

愚かな計画は、すべて神が見てる。
死後、裁きがあることを忘れないでね。

745 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 04:40:14.50
>>744
文学界のスレで何やってんの?
ローカルルール違反してる人の話を誰が真面目に聞くと思うの?
馬鹿じゃないの?

746 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 04:41:16.93
該当板にスレ立ててそこでやってリンク張るとかならまだしも板違いも甚だしい

747 :NOVAPOLICELEE:2011/05/22(日) 05:02:59.31
アセンション とは合わせない

違反はないだろ。

真面目に聞くか?

文章を。

748 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 07:07:58.33
人工地震だね。また人殺しするんだね。


749 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 13:41:25.73

まだ、カバラを悪用してるね。
600と50だよね?

Natalie Portman's $600 Carton of Eggs: The Black Swan and The Chicken
ttp://www.opednews.com/articles/Natalie-Portman-s-600-Car-by-Charlotte-Laws-110517-899.html

カバラ表→[GR] > Gematria Reference Identities
http://www.biblewheel.com/gr/GR_Identities.asp?View=10

750 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 13:42:55.00
ロスチャイルドさんたちは、いつまで魔術に頼るんだろうね?
もう、魔術は封じられたのに。
どれだけ人を殺せば気が済むんだろうね?

751 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 13:44:11.35
ガスライティングは、数字で脅迫をしてきます。
個人にしかわからないような方法で、脅迫するのです。

752 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 16:57:24.23
すげえな、この荒れようw

753 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 17:06:32.94
だった二人のキチガイのせいでこうなるんだね

754 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 19:56:38.61
このスレ機能してない

755 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:05:39.97
集団ストーカーのターゲットになると不思議なことがおこります。

・身近な人が真夜中に富士山に誘われる→数日後、富士山での連続殺人の報道
・身近な人が車上荒らしにあいます
・自分の住んでいる近所や身近な人の住んでいる場所が、番組の撮影場所に頻繁につかわれるようになります。(ほのめかしあり)
(集団ストーカー被害者が訴える、メディアを使ったほのめかしです)
・歌詞や映画や漫画などで、本人にしかわからないような脅迫が行われます
・爆音バイクや飛行機、救急車、パトカーなどの騒音に悩まされます
・本人にしかわからないような脅迫がおこなわれ、知人が明らかに不審な死を遂げたりします。

集団ストーカーの首謀者は、あらゆる手段を用いて、相手を発狂させて、
自殺させたり、社会的に廃人にして、闇に葬ってきました。
どれだけえげつないことをしているのか、悪性に満ちたことをしているのかを知ってください。

756 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:09:32.25
そんな力あるなら直で殺すんじゃね?
知人は殺すわけだし
テレビ使ってまで発狂させるより早くね?

つか、そこまでの力あるのになんで2chへの
書き込みをやつらは止められないわけ?

757 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:12:08.15
本人にしかわからない脅迫の例を挙げると、

親戚が働いているお店が、メディアで取り上げられます。
もちろん、親戚にもテレビに出ます。
そこで、本人にしかわからないようなメッセージ性を込めた
画像なり、音楽なり、台詞を使うのです。
本人が『ターゲット』にされているというメッセージ性を受け取るような内容です。

集団ストーカースレッドにいる人たちのなかにも、メディアでのほのめかしを指摘する人がいます。
被害を訴えるひとはいますが、『まさか個人に対してこそまでしないでしょう』という工作員の言葉に丸め込まれてしまいます。
しかし、現実に、彼らはそれをするのです。


758 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:13:24.03
>>756
政治家は殺されているよね?

759 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:15:49.91
>>756
私を直接殺さないのは、上にも書いてあるように、
宗教的な意味合いがあるから、自殺してほしかったんじゃないかな?
殺されている人もいると思うし、2chでの書き込みは、彼らはすべて把握してるよ。
わざと泳がせてるんだよ。発狂させて自殺させるのは、貴族の娯楽みたいだからね。

760 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:17:04.66
>>756
ただの荒らしだと思う
しかしネットストーキングしてる奴が仄めかし行為を行う事自体は事実だな
嘘が8か9、本当のことが2か1程度入ってる

761 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:18:51.07
>>760
そうそう、あなたみたいな工作員が、集団ストーカースレッドにいるんだよね?
あなたみたいなのが、『まさか個人に対してこそまでしないでしょう』とかいって丸め込む。


762 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:19:01.82
あ、返事くれると思わなかった、どうも
なんて言うかいろいろ怖いね

763 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:19:35.15
ここのスレッドが、集団ストーカーのきっかけだからね。


764 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:23:56.25
集団ストーカーのターゲットになると不思議なことがおこります。

・身近な人が真夜中に富士山に誘われる→数日後、富士山での連続殺人の報道
・身近な人が車上荒らしにあいます
・自分の住んでいる近所や身近な人の住んでいる場所が、番組の撮影場所に頻繁につかわれるようになります。(ほのめかしあり)
(集団ストーカー被害者が訴える、メディアを使ったほのめかしです)
・歌詞や映画や漫画などで、本人にしかわからないような脅迫が行われます
・爆音バイクや飛行機、救急車、パトカーなどの騒音に悩まされます
・本人にしかわからないような脅迫がおこなわれ、知人が明らかに不審な死を遂げたりします。

集団ストーカーの首謀者は、あらゆる手段を用いて、相手を発狂させて、
自殺させたり、社会的に廃人にして、闇に葬ってきました。
どれだけえげつないことをしているのか、悪性に満ちたことをしているのかを知ってください。

本人にしかわからない脅迫の例を挙げると、

親戚が働いているお店が、メディアで取り上げられます。
もちろん、親戚にもテレビに出ます。
そこで、本人にしかわからないようなメッセージ性を込めた
画像なり、音楽なり、台詞を使うのです。
本人が『ターゲット』にされているというメッセージ性を受け取るような内容です。

集団ストーカースレッドにいる人たちのなかにも、メディアでのほのめかしを指摘する人がいます。
被害を訴えるひとはいますが、『まさか個人に対してこそまでしないでしょう』という工作員の言葉に丸め込まれてしまいます。
しかし、現実に、彼らはそれをするのです。
_________________________________________

集団ストーカーで被害を訴える人たちを精神疾患者に仕立て上げて、自殺したり廃人にしたりしてきました。
新聞社や週刊誌の記者で、不審な死をとげたひとたちはいませんでしたか?
彼らの手口は巧妙です。そして、犠牲になった人たちはとても多いのです。

765 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:46:57.46
>しかしネットストーキングしてる奴が仄めかし行為を行う事自体は事実だな

そうだね。私の場合は、誰が集団ストーカーの加害活動をしていたか知っているからね。
ほのめかしされて、ほのめかしを仕返したところだけを取り上げられて、加害者扱いされてるかもね。
mixiネタで、嘘ばら撒いている人たちがいるかもね。

766 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:49:19.80
2chにある『不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から』というスレッドの
初期の書き込みを見てみてね。

『闇の声』というハンドルネームでの書き込みの人。
編集者さんなら、誰が書いているかわかるんじゃないかな?

767 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 21:50:43.57
わたしも、いつまで生きていられるかわからないからね。

でも、神様は見てる。
殺された人達も、あなた達を監視しています。
死後、裁きがあることを忘れないでね。


768 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 22:15:21.44
ただ、ひとつ謝罪するならば、
コネ疑惑があったとき、大森望さんが祭り上げられていたけど、
大森望さんは、アセンションや、コネや、ユダヤの工作とも関係なかったみたいだね。

最初にここで書き込みがあったときに、
おかしな活動をしている人たちの仲間だとおもって
わたしも便乗して書き込みをしてしまってごめんなさい。

769 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/22(日) 23:28:03.97
彼らは、また人殺しをするかもしれないから警戒してね。

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】9
http://toki.2ch.net/occult/dat/1294391749.dat
951 本当にあった怖い名無し 2011/03/15(火) 23:53:44.82 ID:Bcd8Q2ib0
862 名前:678[] 投稿日:2011/02/19(土) 23:34:23.14 ID:APGSLbaR0
山梨のじいちゃん予言なんだけどw
そろそろ聞きたいひといるかなぁあ?

じいちゃんが予言できるのも
川でひろって来た手のひらぐらいの大きさの水晶が原因らしいんだけど
じいちゃんがいうには「なんか、もののけ」が棲み憑いているらしいだよね、その水晶。

もののけがじいちゃんに語った予言を少し書いとくよ。

自民と民主の一部が手をにぎっておおきな政権与党がまもなくできるらしい。
九州の火山噴火はまだ序の口で、もうすぐおおがかりな住民避難がはじまる。
年末か来年になると大規模な放射能事故がおきて大騒動がおきるらしい。

ま、こんな感じなんだって、じいちゃんがいうにわ


880 名前:678[] 投稿日:2011/02/20(日) 01:55:36.65 ID:qymLVMbp0
2011年 九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される
2012年 2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦
2013年 世界中の海岸が陥没してゆくらしい
2014年 とつぜん、地球に接近して来る小惑星が発見され、大戦争がひき起される
2015年 宇宙ステーションか何か大きなものが宇宙から落ちてくる
2015年からは、世界的に(呼吸器系の?)奇病が大流行するらしい

770 :760:2011/05/23(月) 01:01:00.84
>>762
単なる通りすがりみたいなもんだから。それにしても、う〜ん・・・・w
どうもこの集団ストーカーがどうのって書き込んでる人、リアルで投稿者のIPを見られる立場の人らしいね
実は俺、769で貼られてる

>880 名前:678[] 投稿日:2011/02/20(日) 01:55:36.65 ID:qymLVMbp0
>2011年 九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される
>2012年 2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦
>2013年 世界中の海岸が陥没してゆくらしい

というこれなんだけど、このレス、さる他のスレにも貼られていて
丁度今朝方、東北の放射能汚染は怖いねってレスを書いたばかりなんだわw
下記が俺が今朝方書いたレス

>654 :本当にあった怖い名無し:2011/05/22(日) 06:46:24.72 ID:Sr7Ghu/p0
>>451
>>880 :678 :2011/02/20(日) 01:55:36.65 ID:qymLVMbp0
>>2011年 九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される
>>2012年 2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦
>>2013年 世界中の海岸が陥没してゆくらしい
>>2014年 とつぜん、地球に接近して来る小惑星が発見され、大戦争がひき起される
>>2015年 宇宙ステーションか何か大きなものが宇宙から落ちてくる
>>2015年からは、世界的に(呼吸器系の?)奇病が大流行するらしい

>2月の時点で東北の放射能を言い当ててるのが何気に怖い・・・
>関東の地震は適当に書いても当てられるけど、東北の放射能汚染は言い当てるのは困難
>あてずっぽうが当たった可能性が高いとは思うけど、なんだかねえ・・・
>しかもここに書いてある事って、全部現実に起きそうなものばかりだし

今回の件だけなら、まだ偶然で済ませられなくもないけど
過去に俺は何回か連続してこういう事をやられてるんで(ネットストーキングの仄めかし)

771 :760:2011/05/23(月) 01:09:20.03
>>762
ついでに言うと俺が創文板にアクセスしたいた時間とも重複してるので
俺がこのスレを閲覧してるのを、閲覧者のIPを調べて、知った上で769を投下してる

ネットの利用時間なんて重複するのが当たり前だから、それ自体は大した事ないと思うだろうけど
例えば平日の夜中に眠れなくてレスを書いたら、平日の夕方が出没時刻だったはずの奴からレスが返ってきたり
ここ2ちゃんっていうのはありえない事が結構平気で起こるw

普通なら俺(770)が769と同一人物で、嫌がらせでやってると思うものだろうけど
まあ匿名の板で言っても説得力ないだろうけど、俺と彼は別人だよ
もちろんコンビプレーで何かをしてるとかでもない

ま、俺の予想では、アクセス記録の閲覧可能な運営か、あるいは運営に協力する立場の人間が
このような書き込みを行って嫌がらせを働いているのだろうと思ってるんだけど
だとするとこの集ストがどうのと延々と書き続けてる人は、どこかから金を貰ってここを荒らしてる事になる
(運営や協力者が金貰って依頼されたスレッドを荒らしてるという噂は前々からあるし)

そのどこかがどこなのかは想像するしかないけど(文學界以外の可能性も普通にあるからな)w

772 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:13:28.69
>>770>>771

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
は?ユダヤの陰謀スレッドとここの書き込みとブラックスワンスレッドは
よくみてるよ。

おかしな人たちの書き込みを張っただけだよ。
あなたのIPなんて追跡してないから安心してよ。

それとも、集団ストーカー被害者を加害者に仕立て上げる誰かさんかな?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




773 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:15:47.41
>集ストがどうのと延々と書き続けてる人は、どこかから金を貰ってここを荒らしてる事になる

集団ストーカー被害者を加害者に仕立て上げる誰かさんかな?

774 :760:2011/05/23(月) 01:19:04.57
俺が今朝方レスをつけた大元のコピペレスはこれ

451 :本当にあった怖い名無し:2011/04/13(水) 21:27:51.17 ID:LjMKf0Cs0
62 :678 :2011/02/19(土) 23:34:23.14 ID:APGSLbaR0
山梨のじいちゃん予言なんだけどw
そろそろ聞きたいひといるかなぁあ?

じいちゃんが予言できるのも
川でひろって来た手のひらぐらいの大きさの水晶が原因らしいんだけど
じいちゃんがいうには「なんか、もののけ」が棲み憑いているらしいだよね、その水晶。

もののけがじいちゃんに語った予言を少し書いとくよ。

自民と民主の一部が手をにぎっておおきな政権与党がまもなくできるらしい。
九州の火山噴火はまだ序の口で、もうすぐおおがかりな住民避難がはじまる。
年末か来年になると大規模な放射能事故がおきて大騒動がおきるらしい。

ま、こんな感じなんだって、じいちゃんがいうにわ

880 :678 :2011/02/20(日) 01:55:36.65 ID:qymLVMbp0
2011年 九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される
2012年 2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦
2013年 世界中の海岸が陥没してゆくらしい
2014年 とつぜん、地球に接近して来る小惑星が発見され、大戦争がひき起される
2015年 宇宙ステーションか何か大きなものが宇宙から落ちてくる
2015年からは、世界的に(呼吸器系の?)奇病が大流行するらしい

775 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:22:04.25
>>774

そうなの。勘違いさせてごめんね。
あなたを追跡なんてしていませんから。それに、工作員ではありません。
本当に被害にあった被害者側ですから。レッテル張りはやめてね。

776 :760:2011/05/23(月) 01:27:18.49
>>772
俺が書き込んだのはそのスレじゃないし、そもそもあなたが貼り付けたレスは日付が3月15日になってる

2ヶ月も前のレスだよね?

そもそも「タイター」スレだから全くスレ住人の性質が異なるものだから(実質SF板の住民みたいなもんだし)

そりゃ俺が今朝方、完全な亀レスでつけたコピペレスはマルチレスだったようだから
余所のスレにも沢山貼り付けてあるし、貼られる事自体は不思議はないだろうさ

しかしな、2ヶ月も前の別スレに貼られたマルチレスが、ここに偶然書き込まれる確率って何パーセントだよ?

恐らく宝くじが当たるより低いわw

俺が仄めかしがどうのと書いたからわざとやったんだろ?

>>762
ま、2ちゃんにはこういう人がいるんですよ
といってもこれを信用しろって言っても俄かには信用できませんよね
だからこそ「相手にだけわかる仄めかし」なんですけどw

777 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:32:20.60
>俺が仄めかしがどうのと書いたからわざとやったんだろ?

違います。スレ流し乙。
工作員が書いたような怪しいこぴぺを貼った結果、
探して見つかったのが、たまたまあなたの書き込みだっただけだよ。
ほかのでも良かった。

__________________________

ま、こんな感じなんだって、じいちゃんがいうにわ

880 :678 :2011/02/20(日) 01:55:36.65 ID:qymLVMbp0
2011年 九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される
2012年 2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦
2013年 世界中の海岸が陥没してゆくらしい
2014年 とつぜん、地球に接近して来る小惑星が発見され、大戦争がひき起される
2015年 宇宙ステーションか何か大きなものが宇宙から落ちてくる
2015年からは、世界的に(呼吸器系の?)奇病が大流行するらしい
____________________________

ここだけが、怪しい犯罪予告だったから。
たまたま、あなたのこぴぺをはってしまっただけだよ。


778 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:39:41.07
都合の悪いことを書かれた
工作員が、スレ流したいだけなんじゃないの?

それに、こぴぺじゃなくて、自分がばら撒いたネタだったからあせっちゃったのかな?

779 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:40:57.77
じいちゃんの話は、あなたが書いたの?
だから、あせってるの?

780 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 01:42:53.50
たまたまあなたのこぴぺを貼ったことはごめんなさい。
だけど、あなたのIPは追跡してないし、おかしな預言をまとめて
掲載してあるコメントをこぴぺしただけです。

被害者に加害者のレッテルを貼らないでね。

781 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 02:23:28.45
工作員に揚げ足取られているようだから付け加えておくね。

>私の場合は、誰が集団ストーカーの加害活動をしていたか知っているからね。
>ほのめかしされて、ほのめかしを仕返したところだけを取り上げられて、加害者扱いされてるかもね。
>mixiネタで、嘘ばら撒いている人たちがいるかもね。

ほのめかしを仕返したからといって、被害者と加害者が対等だとは思わないでね。
こちらは、あなた達の仲間から、自殺に追い込まれるような嫌がらせを受けて、
殺されたときのダイニングメッセージとして、残しているだけだから。

あなた達と違って、集団組織ではないし、組織犯罪にも加担してない。
組織犯罪を指摘しているだけだから。

782 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 10:09:16.74
文学界新人賞の話しようぜ

783 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 12:51:31.53
いまどき近親相姦なんてありなんですか?
下読みの見識には恐れ入るw

784 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 13:43:21.78
ダイイングメッセージな

ダイ二ングメッセージっつうのは冷蔵庫にハンバーグがあります
チンして食べてください、見たいなやつ

785 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:03:14.63
dying message

786 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:32:18.54
わろた

787 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:39:35.85
わろたで

788 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 21:40:00.00
めっちゃわろた

789 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:28:57.47
入れ歯落ちて禿げ頭湯気出して鼻血出るくらい、わろたわろた

790 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:35:07.01
はろわ

791 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 22:37:48.44
ハロプロ終わってた

792 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/23(月) 23:26:51.85
主に逆らう者は自分の悪の罠にかかり/自分の罪の綱が彼を捕える。
諭しを受け入れることもなく/重なる愚行に狂ったまま、死ぬであろう。

793 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 08:14:48.57
文學界新人賞を受賞した『癌だましい』の山内令南さん、
今月19日に亡くなったそうだ。
今朝の読売新聞の文芸時評に載ってた。

ご冥福をお祈りします。

794 :ヤシーアオッキー ◆.7pMAIcjuM :2011/05/24(火) 09:07:13.82
.....受賞して、お亡くなりに。。。受賞作、こっそり買おう。

冥福祈ります。

795 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 13:27:27.80
芥川賞の物故者への遺贈はあり?
まずすぐ書籍化で10万部、
初の死後受賞があれば50万部は狙える。
読んでないから本当に良い作品かは知らないが、
新人賞の本来の役割からすると「先のない人」への授賞はおかしいかもしれないが、
経営危機の文藝春秋社なんだから、
固いこと言わずに山内ちゃんにあげちゃいなよ。


796 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 13:47:47.95
出たら買うから早く出せ

797 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 14:14:16.29
この人は男?女?写真から分からなかったんだよな

798 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 15:45:28.77
>>793
うああああああああああああああああああああああああああああああああ

799 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 15:47:05.73
マジで命削って書いてたんだな…

800 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/05/24(火) 16:11:36.81
確認

801 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 16:48:46.77
さすがに希有な例なんじゃないかな

802 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 16:54:51.23
>>797
記事を読めば性別分かるだろ。

803 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 17:24:38.26
というかがんの進行状況も全て含め理解した上で受賞させたと思う俺は人間として終わっているかな?
死んだらセンセーショナルだしな


804 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 18:01:01.11
>>803
多分この人末期癌告知されてから書きだしたんじゃないかな・・・
単なる予想だけど。
癌にならなかったらこの人多分小説書いてない
癌になったから小説書いたんだと思う

805 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 18:05:13.16
ていうか最終候補作になった時点で本人に連絡してみりゃ
ほんとに重篤な状態だと分かるだろ。
>全て含め理解した上で
とか言うけど
何が全ての理解した上でだか何が全て理解した上でじゃなくてか
何が計算ずくで何が計算ずくじゃなくてだか
なんて誰にも分からんよ。作品にある程度は力があったんだろ。

さぁ盛り上がって参りました早く本出せやこら。

806 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 21:14:18.64
2chの『不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から』というスレッドの、
『闇の声』ってハンドルネーム。

今と昔で、中の人が変わったね。
やましいことがあったから変更になったのかな?

807 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 22:38:11.56
てst

808 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 22:40:00.36
>>793
印税は誰に行くのかね?

809 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 22:44:57.44
相変わらずの卑しさで安心した

810 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/24(火) 22:49:28.48
ここまで計算づくだったか。えげつな

811 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 02:09:40.23
「癌だましい」面白いの?

812 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 02:28:01.21
最新巻「涼宮ハルヒの驚愕(きょうがく)」面白いの?

813 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 02:54:32.46
>>811
作者は食道癌を患っていることもあり、まさに渾身の作であったのだろう。気合は痛切に感じた。
が、正直、ぼくにとっては面白いとは感じれなかった。
それはぼくの経験の浅さもあるかもしれないし、読解力のなさなのかもしれないが。

主人公は四十台のおばちゃん。がん告知を受けるところから時系列的には物語が始まる。
彼女、食以外に何の関心を示さず、仕事もろくにできず職場でも「癌」扱いを受け、
恋人はおろか家族も誰一人いない。母の命日すら覚えていない。
食道癌を患いながらも食事しようとしては失敗する。
その繰り返しが食への執着、食べれないことへの無念を強調し、「生」へ働きかけている。

時系列逆転の構成をとっており、
五→四→三→二→一と物語は進む。
この構成の妙は発想としてはよかった。が、成功していたとは思えない。
物語が進むにつれ(時間が戻されるにつれ)、彼女の無神経さばかりが目立ち、
肝心な「食(生)」への固執ないし懐古(?)みたいな切実さが薄れている。

これは本当に好みの問題だが、主人公のキャラが好きになれなかった。
だから最後まで「うーん」みたいな印象が拭えない。冒頭のインパクトは「甘露」同様に光っていた。
あと、選評でもあった「錯倒」という言葉、この作品の的を得てると思った。

食べること=生きること
である主人公だが、食道癌のため、できない。しかし、治療をせずに、
彼女はそれでも痛みをおして食べようとする。この徹底された「錯倒」は、
生きるために何かに抗うないし戦うという、ファイティングポーズだとぼくは思う。
そこはよかった。ほんと切実。

しかし、これが必ずしも「死と向き合う」とかそういうものに?がるとは限らない。
花村氏は「逃げている」とコメントしている。そうとも捕らえられるのかぁなんて思った。
原因の一つに、主人公の世界が自己完結していることにあると思う。
「食」というものだけに集中したからこその迫力だったかもしれないが、
もっと広域にわたる世界感がみれたらなよかったが、そんなものは100枚という枠では到底かけないだろう。

814 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 04:51:16.81
サイトで冒頭、立ち読みしたが、癌だましいは、描写に不自然な点があったが、
やはり迫力を感じた。いい作品だと思う。
自分的には、評価は決して高くはないが・・・。

もうひとつには受賞に値しない。すぐ消えるというか、今後、絶対、残らない作家。
相変わらず、文学界編集部、下読みの馬鹿っぷりを堪能した感じ。

せっかく、高齢の応募者の力作を珍しく選んだと思ったら、
蓋を開けてみれば、、、、まったくここの編集、下読み連中の糞っふりときたら

815 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 04:53:45.61
もうひとつには受賞に値しない。
   ↓
もうひとつのは受賞に値しない。

816 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 07:13:42.77
「甘露」は確かに設定が有り得ないが近親相姦部分の描写は上手かった。
でも、自分の家族がこんな状態になったら、俺は絶対にオカズできねなと
思った瞬間に一気に冷めて読む気が失せた。

817 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 08:23:42.09
>>814
貴殿は句読点の打ち方を学ぶべき候


818 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 09:09:59.53
>>816
「候」の使い方がおかしいと思われ候

819 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 09:12:34.21
>>818
アンカーがおかしいと思われ候

820 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 10:19:30.11
>>814
「糞っふり」って、切れないうんこを尻振って切るしかない肛門のゆるい奴のことだろ?
下読みの悪口としては最高の表現ですなあ(棒)。

>>816
おれも姉ちゃんの裸が気持ち悪いタイプなので、オカズにするところで気分悪くなった。
描写力はあると思ったけど、今後は題材を編集者が一緒に選んでくれるからな。

821 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 11:28:25.07
>>813
あいがと(南アッキーナ風)

822 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 11:57:15.84
著者逝去済の闘病(癌)小説は爆発力あるよ。

ともかく社内でごり押しして芥川賞候補作までは何としても是非。
それと前後して書籍売り出せ。
必ず売れるやんそんなもの。


823 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 13:10:11.77
文春のことだから、芥川賞候補確実だな

824 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 13:33:19.73
芥川賞候補になるかな? 文学界でも選考委員で評価が割れているし、芥川賞受賞は難しいだろう。芥川賞だって選評があるんだ。死者の作品の弱点を指摘するなんて、普通嫌だよ。

825 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 13:38:57.43
芥川賞を受賞すれば、おそらくベストセラーになるだろうけど、
TBSの余命一ヶ月の花嫁みたいなバッシングは受けそうだな

826 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 14:25:00.31
自由高さH(説明書)が候補になるぐらいだよ。
文春の裁量でどうにでも

827 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 15:00:37.60
最近の「覆面作家候補!」「兄弟合作作家候補!」「初の中国人受賞!」「初の非漢字受賞なるか!」とかより筋がいい話題。

「死者が候補!」これね、絶対イケルよ話題として

828 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 15:15:14.03
初の非漢字圏受賞なるか!
だった
初の非漢字圏出身作家受賞なるか!
の意味ね。
この話題は前からある、さいきんはシリン・ネザマフィだっけな。

829 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 19:04:29.00
あれ?
作者の山内令南さんってお亡くなりになられたの?

830 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/25(水) 19:13:10.18
>>828
二回も候補になってた。主催者は受賞させたかったんだよな

831 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 00:44:23.41
>>829
>>793

832 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 00:58:34.38
そういえば向田邦子も直木賞を受賞して間もなく飛行機事故で亡くなる
という劇的な展開だったな。

833 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 01:03:00.20
>>831
しばらく文学界スレに来てなかったので知らなかった
ショックだな
でも、亡くなる前に受賞できて、報われたのかな・・・

834 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 01:17:17.29
>>830
二回目の候補作は、じゅうぶん、受賞に値した作品だったね
脳死のやつ。

835 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 02:21:32.83
そもそもなくなった人は対象になるのか?
聞いたことがないよ。
受賞決定後、表彰前に亡くなったという例は知っているが。

836 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 02:33:14.18
対象になることにすればいいんだよ。
文藝春秋から出る本なんだから。
候補作止まりでもまぁいいんじゃないか。


837 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 16:32:03.93
芥川賞のことはよう知らんが、一応は将来を嘱望される新人作家に与えるって趣旨なのでは・・・
となると、亡くなった人に与えるのは、賞の存在理由そのものを曖昧にさせるような。
「特別栄誉賞」的なものを作ってそれを与えるとかならありえるが。
あるいは、他の候補作がつまんな過ぎたりしたら、故人に与えてひとつのアピールにするとかいうのもありかな。

838 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 16:53:03.85
>>837
与えるに値するなら受賞を、という事でいいと思う
将来を嘱望された新人作家が亡くなられたという事なので
与えたとしても問題はないと思われる

>故人に与えてひとつのアピールにするとかいうのもありかな。

これは亡くなられた作者に対する冒涜です

839 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/26(木) 17:48:30.16
芥川賞受賞後も生きているけど、まったく小説が書けなくなって作家としては
死んだも同然の人もいるから、生きてようが死んでようがどっちでもいいと思う。

840 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 03:23:12.79
作家を育てるも目的、
いい作品を世に紹介するも目的。

「癌だましい」候補作にしようよ。
で、同日売り出し。

作家との校正やり取りも要らないんだし、
文藝春秋社員が誤字脱字無いかもいっぺん死ぬ気で見て、
リリースすればいいのよ。

841 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 10:48:44.06
>>故人に与えてひとつのアピールにするとかいうのもありかな。

>これは亡くなられた作者に対する冒涜です

考えすぎ。
あくまでも作者は出版社に食わしてもらってる立場です。
出版社が、作者に報酬を与える為に利を追求する行為は、当然の行為です。


842 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 10:55:49.98
>>841
だな
考えすぎだ
作家にだけ対していうなら正論だ
だがなあ、客に対していうならあんたが考えすぎだ
冒涜といってくる客もいんだよ

843 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 12:27:55.59
作者に対してだけいっている。

844 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 12:33:25.16
売り出すに当たって、普通よりは話題性がある、事は確かだね。
因みに、私が故人の立場だったら、非常にうれしい。
どんどん、遺作をアピールして戴きたい。
拒む理由など考えられない。
よほど神経質で偏屈な人でない限り、皆、同じかと思うけど。

845 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 12:37:37.88
つーか、故人は世間に晒される事を望んで応募していたわけなんだから、

>>故人に与えてひとつのアピールにするとかいうのもありかな。
>これは亡くなられた作者に対する冒涜です

は結果的に違うと思う。


846 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 12:38:25.36
WIN-WINの関係だけど、こういう受賞者の選び方は応募者からすると嫌なことこの上ないな

847 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 12:41:48.68
皆が言うように候補作にはなるだろうね

848 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 13:07:02.65
まあ、故人に限らずにアピールして広くみんなに買って読んで貰わなくては、
賞金払えないしね。
アピールする事を冒涜だ、といってしまったら商売が成り立たないしな。
それだったら、新人賞企画をやめてしまった方が良い。


849 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 13:10:41.51
モラハラもいいとこだな
感覚が異常としか言いようがない
狂ってると言われても文句言えんレベルだぞ

850 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 13:16:02.79
日の目を見る事を夢見て、
死ぬ気で一生懸命書いて応募した作品を広くアピールしてもらって、何で悪いの?

851 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 13:19:38.04
>故人に与えてひとつのアピールにするとかいうのもありかな。

まぁ、我々に作品発表を差し止める権利はないからね。
つーか、差し止めたらバチがあたるぞ。

852 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 13:31:39.13
人の死を金儲けに利用するのは究極の外道行為
そういう事をする奴を普通の人はケダモノと罵る
あんたら感覚がおかしいわ

亡くなった個人の為に作品をアピールするのでなく
賞の宣伝効果を狙ってただ死を利用してるだけじゃねえか
そんなものが許されるわけねえだろ

853 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 13:58:12.22
>>852
太宰が今も読まれているのは何度もトライして女中と心中したから。
女優の中にはスキャンダラスに走るのもいる。
そして大衆はそこに価値を認める、関心を持つ(ここ重要)。

…というのとさえ違って「癌だましい」作者は病死だもんで。なんの作為もない。
今最新医療のある世でも癌で死ぬ、そこで何を思い、何を苦しみ、
純文学カテゴリー的表現で、何を書き残して逝ったか。
それを読みたいと思う大衆読書ファンの心に何の問題も無し。


854 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 14:05:42.90
兄弟合作とか外国人とか受け狙いみたいなもんが候補作だもんな
超バイアスがかかった文春選考なら、「癌」を候補作にしないわけがない。

855 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 14:09:35.54
受賞してしまったのだから、アピールされてしまうのは仕方ないんじゃないの。
受賞作を秘密厳守にしてどうするんだよ?

856 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 14:14:12.63
>>852
故人が俺の作品はアピールしないでくれ、
と思っているとでも?

857 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 15:36:20.77
>>852
あんたが考えすぎなの。

858 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 16:32:25.33
本人は自分の本が売れたら嬉しいだろうね。だからそう願って新人賞に応募したんじゃないかな。

859 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 16:48:18.63
だからといって、人の死を利用して金儲けして良いのか?

860 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 16:56:57.69
利用の仕方では普通ありだぜ
作家や俳優が死ねば追悼番組やるし
作家なら過去の本も出す

棺おけに本入れてやるとかむしろ供養になると思うよ、


861 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 17:26:16.78
お前ら信じられね、嘘だろう?

862 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 18:26:49.16
>>853
あなたの主張は理解できるんだけど

>>856-857
あんたら変だって

863 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 18:35:42.88
「今回候補に挙がった作品の中では、故人ではあるがこの人の作品が最も優れていました」って趣旨で授賞するんなら別に冒涜でもないと思うが。
「生きている奴ン中でこの故人よりマシなものを書いている奴はいねぇ。お前らもっと命かけて書け」ってなアピールはアリかと。
将来性を評価するっていう趣旨とは相反するだろうが、「生きてる君らより将来性があったんだよこの人は」という意思表示。

864 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 18:50:18.18
>>863
同意

865 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 20:17:27.13
>>862
同意。
故人は自分の力作にて出版社に金儲けされる事を望んでいない。
あなたは間違ってない。

866 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 20:24:18.60
>>845
同意

867 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 20:24:43.85
亡くなった人が略歴にどう書いてあったか気になるな
病気療養中とか書いてないで受賞したのなら文句はないんだけど

868 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 20:30:09.41
あのう、受賞者はもうひとり居るんですけど
存在を忘れちゃいませんか……
別にいいのですが
一方がインパクト強すぎて一方がこんなにも薄れてしまうものなのかと……

869 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 20:37:35.91
近親相姦で家庭崩壊とか時代遅れだし、キモいだけでつまらなかった

870 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 20:51:26.61
>>868
あれ?朝吹の話してたっけ

871 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 21:05:34.78
ルックスがいいとか、家柄がいいとか、既に有名人だとか。

そういう書き手を求めているのだよ。これに該当しない連中は、応募しないように。
しても、互いの時間と体力の無駄というもんだ。

872 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/27(金) 23:28:40.78
まぁともかくこの株は買いだ。
頑張れ「癌だましい」。
スマッシュヒットは行こうぜ!

873 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 12:28:02.35
まあ、やってみればいいんじゃないか
きっと期待した通りにには売れない
今までの話題作りで市場は食傷気味

874 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 13:20:40.95
故人に成仏してほしい…。

なので、書籍化して少々売れてほしい。文藝春秋さん、書籍化しようよ。

俺、成りすましの著者本人ちゃうよ(蛇足)

875 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 14:02:19.10
先生方に酷評された自由高さが候補作だろ。
癌のほうがはるかにマシ

876 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 14:52:55.57
みなさん、いよいよ残す所1ヶ月ちょっと。
進んでいるかな?

877 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/28(土) 22:06:19.66
まず癌になるというアプローチもいいかなと思い、
福島へのボランティアへ逝くことにしますた。

878 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/29(日) 06:10:29.26
>>874
著者にとっては、新人賞受賞作が一世一代の大仕事になったわけだからね

879 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 00:01:27.69
村上春樹の蛍はわずか原稿用紙60枚程度なのにすごいよ

880 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/05/30(月) 00:08:16.05
ホテルから逃げ出した蛍が納屋を焼くやつだろ

881 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 00:11:00.33
>>876
進んでいるよ。
110枚×2作、120枚、140枚の合計四作。
本日までに、
全て手書き原稿で、清書終了しました。

後は、手直しだけ。

お互いに、精一杯頑張りましょう。

882 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 01:16:16.50
最初の受賞作の『太陽の季節』って、二晩で書き上げたらしいね。
アイデアがまとまらなくても、直前ギリギリまで諦めない方がいいな。
まあこういう話を聞くと、むしろ〆切直前までウダウダする言い訳になりがちだがなw
早めに書き上げて推敲するのが真っ当だよね。

883 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 09:45:29.25
オレは一日15枚がやっと。それ以上やると気が狂う。

884 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 10:31:32.28
『下読みの鉄人』サイトに書いていたけど、
早い時期に出した方が予選通過し易い、って本当なの?
実際に下読みしていた方の参考意見だから、気になる……。
だとしたなら、締め切り1月前に出して置こうかな?

885 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 10:33:07.06
あのサイトは推測の域を出ないし、古すぎる。

886 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 10:37:09.46
いや、別の所の編集部の方も同じ事をいっていた。
後の出で来る作品ほど推敲され尽くした良いものが集まってくる。
予選は激戦を極めるそうです。

887 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 18:08:41.55
>>884
締め切り一月前って今日ですやん(*´ω`*)

888 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 18:15:26.16
新人賞を目指すんであれば、そんなもん関係ない。
俺は、二次通過は何回かしているし。
締め切り日最後の最後まで推敲し直して完璧な作品で勝負する。

889 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 18:30:48.48
みなさんは、字数行数はどうしてますか?
私は、30字×40行で書いてますが。
本当に主観ですが、純文学は、この字数行数かとw

890 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 18:43:13.54
関係ないね。

891 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 20:30:26.44
えび天重だろ、jk

892 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/30(月) 22:19:44.17
>>884
そうだとしても最後まで推敲した方が良い。
推敲不十分低レベル群の中でボーダーぎりぎ
りで、例え一次を通過しても次ぎで確実に落
とされる。
どちらかというと、そんな事よりも下読みの
好みとかが大きく影響する。
誰に読まれたか、の方が問題だ。いわゆる
「運」が大きく左右する。


893 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 04:40:24.19
枚数って単純に(字数/400)なのか、
Wordなら20×20のフォーマットに直した上でのページ数なのか、
どっちが正解なの?

894 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 06:29:17.28
どっちでも良いんだよ

日本中の人か何年もの間、どっちかしか計算しないで送って来てる
いずれか一方が間違いなら、こう計算しろって話も応募要項に書かれているはず

895 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 06:39:11.74
俺は400で割った枚数で出して二次まで進んだ。
原稿用紙フォーマットにしなくても全く問題ない。

896 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 08:09:42.63
字数ってツール機能で出した空間も含めての総字数でいいのでしょうか?
手計算の字数と比べて、
10枚以上の差がでてしまうんですけど。
120枚なのに、計算の仕方によっては135枚になってしまう。
100枚程度が規定だから、やっぱりはっきりして貰いたい、それともこのくらいの誤差は許容範囲と考えようか?

897 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 08:10:59.68
訂正
字数ってツール機能で出した空間も含めないでの総字数でいいのでしょうか?
手計算の字数と比べて、
10枚以上の差がでてしまうんですけど。
120枚なのに、計算の仕方によっては135枚になってしまう。
100枚程度が規定だから、やっぱりはっきりして貰いたい、それともこのくらいの誤差は許容範囲と考えようか?




898 :ヤシーアオッキー ◆.7pMAIcjuM :2011/05/31(火) 08:15:34.08
アリの穴に投稿すればイイんじゃないか?受賞作、サイトで読みましたが、結構良かったです

899 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 08:50:58.95
字数/400は少数派なんじゃないか? かなり誤差が大きい。
普通は20x20にフォーマットした時の枚数か(こちらが推奨)
例えば40x30ならその枚数/(20x20)*(40x30)だと思う。


900 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 09:40:00.44
原稿用紙換算てのは
普通は20x20にフォーマットした時の枚数
を言う。

だけどここは100枚「程度」だから、
あまり枚数は気にしてないと思う。

901 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 10:17:06.78
あまり神経質になる必要はないかもしれんが「A4判用紙に印刷し、400字詰換算枚数を明記すること」という文章からして
20×20、あるいは原稿用紙換算だと読める。

902 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 10:38:27.59
おれは400で割るほうを推奨 多数もきっとこっち
たんにソフトの文字数計算値の値をそのまま書いてくるやつがほとんどだと思う

400字詰め=20x20ではないし20x20にすることで空白の計算が違ってくる
20x20で雑誌つくるわけでもないので誤差が大きいのは本当は20x20のほう
原稿用紙とはコクヨのあればかりではないよ20x20の事だろうなっていうのは深読みしすぎ

別な賞で、
「枚数が申告より少ないと思われたが20x20なら規定枚数になるということで審査を続行」
みたいな文書があったし
20x20で規定内ならOKだとは思うけど


903 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 10:52:40.37
>>902
特に明記してない限りどっちでもOKだろ。
おいらは20x20でみてる。
しかしワードってそんなに面倒なの?
一太郎使ってるけど換算やフォーマットで苦労したことない。

904 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:20:24.05
どっちでもOKだよ だけどどっちかっていうなら400で割るほうだろうと
そのままなんだからさ
それに面倒なんて誰も言ってなくね?
簡単だしすぐやれるけど、それが20x20にしたほうが良い理由にはならねえじゃん

905 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:29:18.95
>>904
いやワードのことを聞いたのは>>902に対するレスじゃなくて、
この話題が出る度に面倒そうなこと言う奴が多いから。

906 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:29:57.73
10%以上動くじゃん。
どっちでもいいって事はなかろう。
20×20ワード換算機能で70枚だったら少なすぎ。
ツール機能で計算した空白除きの総文字数を400で割っての70枚なら、ぎりぎりOK。

読めば分かるから注意した方が良い。
どっちかでクリアすれば良いという問題じゃない。

907 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:32:29.61
じゃあ普通はどっちでも良いけど
空白多くて10%以上(小さいほうに)動くなら
20x20にしちゃダメって事で
ファイナルアンサーな

908 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:35:01.14
どっちでもいいけど現在400で割る方が圧倒的に多数だよ。

909 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:35:27.64
>>902
>「枚数が申告より少ないと思われたが20x20なら規定枚数になるということで審査を続行」

この文章は、主催者側が規定枚数を20×20で考えていることを意味してるね。
応募原稿を20×20で数えた枚数が、応募者が違う方法で算出して申告した枚数より少なかったが、
それでも20×20で数えた枚数が規定枚数を満たしていたので審査を続行したということだろう。


910 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:35:52.03
>>907
うん、上限下限が決まってる場合はsafe sideで収めるべきというのは同意

911 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 11:42:59.23
>>909

ちがうちがう、20x20にしたらボーダ超えるから許したけど
明確に書いてないわけだから違反にできないけど
改行多くして無理から計算すれば規定範囲とかやめたほうが
良いよって話のながれでだよ

だいたい、紙ベースで原稿集める賞なら20x20でほんとうにOKかなんて
チェック大変すぎるじゃん

912 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 12:08:35.72
この問題、しばしば持ち上がるね。
俺が某文学賞主催者側に電話で聞いたところ、単純に400で割ればいいと言われた。
もっとも主催者側によるのかもしれないが、894の言うとおりだろう。

913 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 12:28:19.25
400で割るにしても、空白を含めない総文字数なのか?
それとも空白を含めた総文字数なのか? で全く違って来る。


914 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 12:31:29.06
主催者側の可能なチェックは、空白を含めない総文字数を400で割る、
じゃないのか?

明らかにオーバーしている可能性、又はその逆の場合のチェックの時だけだろうけど。

915 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/05/31(火) 12:36:52.41
空白含めるだろw

行×列÷400

なんで一文字づつ数えるのさ
主催者も可能だけどやらないよそんな事
なんていうか答えは出てるのに議論したいだけでしょ
(暇だとかでさ)

それに空白どのくらいにするのかも含めて作品

916 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 12:37:03.90
>>914
いや紙ベースの原稿で空白を含めない文字数を出すのは困難。
例えば40x30の体裁で30枚だったら(40x30x30)/400で90枚、という計算だろ。

実際には主催者は大量の原稿を扱ってるので、このくらいの量だったらだいたい
空白がどのくらいで何枚になる、というのは感覚でわかってるから20x20換算も
だいたい見当はつくはずだけどね。

917 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 12:37:44.01
空白も文字数に入れる。
400で割った原稿を20×20のフォーマットにしたら原則としてページ数は少なくなる。
だからオーバの心配はないはず。

918 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 12:42:08.61
もう20x20の話いらんよ
答え出たんだから
>>912がうそつきって議論したいなら別だけどさ

919 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:03:50.77
400字詰原稿用紙で検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%EF%BC%94%EF%BC%90%EF%BC%90%E5%AD%97%E8%A9%B0%E5%8E%9F%E7%A8%BF%E7%94%A8%E7%B4%99&num=50

総文字数から400で割るというのは、そういう風にして計算せよって場合以外は使わない。
応募要項には「400字詰原稿用紙100枚程度」。単に4万文字程度というわけではない。
原稿用紙○枚程度と書いてあったら原稿用紙換算、つまり20字20行で計算する。当然、20字20行で100枚だと4万文字行かないがそれで良しなんだよ。
エンタメなどの賞では総文字数を400で割れというのもある。とにもかくにも応募要項に従うべきだと思う。

920 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:04:07.15
は、解決? 20x20のフォーマットは違うのか?
912が、単純に400で割ればいいといわれたって、
それはマイナーな出版社からじゃないだろうね?

921 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:10:52.34
400で割りゃあいい派は勝手に自爆すりゃあいいと思うが100枚程度だからそこまでの自爆にはならんだろうな。
ただ「原稿用紙」という単語が要項に出てきた場合はあの見慣れた升目つきの原稿用紙の事を思い浮かべるだろ? あっちだよ、あっち。
特に純文学系統なんてそういうところうっせーんだから。
それにウルトラマイノリティーだと思うが手書き派だっているぞ。手書き派は文具屋であの原稿用紙を100枚ほど買って書いて送るんだろう。

922 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:11:03.51
じゃお前らはそれで良いよ
めんどくせーやつらだな

お前らを除くROMってるだけの人とかはみんな解決したって意味だよ

923 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:11:59.52
912が聞いて確めたんだから、単純に400で割る、が常識なんだろう。
つーか、そうでなければ、編集部はチェック不能だよ。400で割るが当たり前だ。

924 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:14:24.07
>>912にはソースがないし、そういう体裁でいいよっていう出版社あるいは文学賞と原稿用紙に準拠という出版社と文学賞がありますよって。
文學界新人賞は後者ですよ、と。

925 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:16:39.50
400字詰め原稿用紙組み換え枚数じゃえしな
換算なら空白は生かすのかもしれない

926 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:23:44.47
手元になぜか去年の公募ガイドがある。ほとんどの小説の文学賞は400字詰原稿用紙云枚と書いてある。
その中に2010年織田作之助青春賞が載っていてこう書いてある。
「400字詰原稿用紙30枚(電子データは20字×20行を1枚として換算)以内。」とここまで親切に書いてある。
これでも400字で割りますか?

927 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:24:13.51
某内部の者ですけど/400の応募者が圧倒的多数ですよ。問題なく受理されます。

928 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:25:55.46
ワナビの次に多いのがタイミング良く出てくる内部の人間あるいは下読みの人間だなw

929 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:31:47.55
もう一つWEB上のソースから引用。

http://okwave.jp/qa/q3589804.html
他の回答もほとんど20字20行だそうですよ。まあこれは外部のアマの意見で内部(笑)の人の意見には敵わないが。
> 400字詰め換算枚数とは?
>
> 文学賞などに小説を応募する際の質問です。
> 多くの賞の応募規定に「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」とあるのですが、この正確な意味とは何でしょうか?
> (1)ワープロで20×20字の書式で書いたときの枚数(この場合、改行したときの空白スペースも原稿量に含まれます)
> (2)ワードの機能の「文字カウント」などを使って算出した総文字数を400で割ったもの(例えば90,000文字なら225枚)なのか。

> 既に回答が出ていますが。
> (1)の方法で計算するのが正しいと思います。
>
> その理由としては、応募規定に、
> 「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」
> とあることからも分かると思います。
> わざわざ、「原稿用紙に書いた場合の枚数に換算して、その枚数を書け」と言っているわけですから。
> 先の回答にもありますが、単なる文字の羅列ではなく、空白も含めての作品ですから、原稿用紙の枚数に換算せよということになるのだと思います。
>
> (2)の方式、つまり何文字書いたかを問題にするのであれば、「文字カウントによって算出された総文字数を明記せよ」という規定になっているはずです。

930 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:36:37.67
400で割りたいヤツ好きなだけ割ればいい。
ここは100枚「程度」だから無問題だ。

だけど古い編集者とか新聞社上がりの人は、
原稿用紙換算を気にする人がいるから注意な。

原稿用紙換算て言われたら20x20の枚数だ。
覚えておいて損はないぞ

931 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:36:41.82
私は某内部の者でありまして
内部の某ではありませんよ(笑)

932 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:38:52.99
横溝正史ミステリ大賞の応募要項

ワープロ原稿 40字×40行で88枚以上200枚以内
手書き原稿 400字詰め原稿用紙 350枚以上800枚以内

933 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:44:29.03
というか原稿用紙と書いてあるのに20・20だと思わない奴がいるのに驚きだな。小中高の時分に原稿用紙を見た事がないのか?
80年代後半生まれのゆとりなんだがゆとりじゃないんだかわからない世代の人間だが原稿用紙使って作文書いたけどな。

934 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 13:49:45.13
>ワープロ原稿の場合、A4判の紙に印刷し400字詰換算の枚数を明記

どこにも400字詰"原稿用紙"とは書いていない。400字詰換算だ。400に詰めろ。400で割れ、という指示なんだ。

935 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:00:22.07
大人になればコクヨのあれ以外にも原稿用紙があるって知るんだよ

出版社に電話したやつは信じられないウエブ上のソースは信じる
って人に言ってもしょうがないけど

横溝は丁寧でいいな、それだとワープロはワープロ、
20x20の原稿用紙計算とか間抜けなことにしなくて良いってことが
わかる

936 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:02:01.73
>>934
いいえ、ここの文学賞ではこうです。

【募集要項】
●応募作品は新人の未発表原稿に限る。 同人雑誌に発表したもの、他の新人賞に応募したもの、自費出版したものは対象外とする。

●枚数は400字詰原稿用紙100枚程度。 ワープロ原稿の場合、A4判の紙に印刷し400字詰換算の枚数を明記のこと。

●原稿には、表紙に題名、枚数、筆名、本名、住所、電話番号、メールアドレス(所有の場合のみ)、年齢、現職、略歴を明記し、必ず右肩を綴じること。 (これらの個人情報は、候捕作・受賞作の発表、該当応募者への連絡のために利用し、選考後、直ちに廃棄いたします)
●募集要綱、選考についての問い合わせには一切応じられません。 また一旦応募した作品の訂正は受け付けません。応募作品は返却いたしませんのでご了承ください。
●新人賞受賞作の複製権(出版権を含む)、公衆送信権等は、(株)文藝春秋に帰属します。
【締切】 平成23年6月30日(当日消印有効)
【宛先】 〒102-8008
東京都千代田区紀尾井町3-23 
文藝春秋 文學界編集部 文學界新人賞係
【発表】 「文學界」 平成23年12月号
(同年11月号に予選の通過者と作品名を発表します)
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/bungakukai_prize.htm

まあちゃんとしたのは文學界を買うか立ち読みするかで確かめてな。


937 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:04:24.49
>>936
そこからコピペしたんだけど

938 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:08:29.47
>>937
じゃあ文脈読み間違えたのかね?
枚数は400字詰原稿用紙100枚程度。【大前提】→ワープロ原稿の場合、A4判の紙に印刷し400字詰換算の枚数を明記のこと。

手書きの場合は原稿用紙100枚そのまま。

こういう事なので、文脈上、大前提に従うべきとしか読めない。



939 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:09:26.70
総文字数を400で割って、なにか意味あるのかな。
それなら応募規定で、○万字って指定すればすむんじゃないのか。
わざわざ400で割って、
改行も空白も存在しないというあり得ない原稿の枚数で数えるって
どういうこと?

940 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:10:16.42
20x20厨(俺が今作った言葉)は日本語が良くわかってないってこったな

941 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:12:08.38
>>939

総文字数を割る、で誰ももめてないから


942 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:13:20.72
>>941
総文字数を割った枚数を明記、とはどこにも書いていないけど。

943 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:13:42.50
AはB
CはD

って並列にならんでるんだから
原稿用紙が【大前提】とか無理から過ぎる

944 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:15:32.88
>>942

どこも書いてないし、誰もそうしろと言ってないのに
939はなんで、いない人に文句言ってんだよ
って意味だよ

945 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:20:39.17
400字詰という定義わからんなあ。
原稿用紙換算なら原稿用紙のやり方でやるが、400字詰めなら400で割る?
文藝賞はちゃんとワープロ原稿の場合でも400字詰原稿用紙換算枚数って書いてあるけど。
単に400字詰めと書いてあるなら「(原稿用紙)400字詰め」とカッコ内を省略したように思ってた。
原稿用紙とも行数文字数指定なしの単純な「400字詰め」の定義って何?

946 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:23:31.25
>>945
つられるなよ。20字20行であってるよ。
俺は遊びに疲れた。脱落するよ。

947 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:24:53.96
枚数は400字詰原稿用紙100枚程度。 ワープロ原稿の場合、A4判の紙に印刷し400字詰換算の枚数を明記のこと。

という事は、ワープロ原稿の場合は400字詰換算という事じゃね。
応募規定に従うならば、400で割るんじゃね。
ワープロのツール機能で出した総文字数を400で割るんだろう。違うのか?

948 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:27:40.19
プロになれたとしても、ずっとずっと原稿用紙で何枚という計算がついてまわるよ。
原則が原稿用紙だから。特殊な場合、つまり全文字数を400字あるいは任意の文字数で割ってくれという場合は誤解されないようにちゃんとそう要項に書かれる。
なぜかって、ワープロがなかった時代の事を考えろって。

常識は20字20行の原稿用紙換算だから。枚数はいくらって訊かれたらね。
プロ作家のあとがきにも「この小説は800枚で〜」と何の断りもなく書かれてあったら原稿用紙800枚なんだと思うだろうに。400字で割った枚数なんだなと思う頭は俺にはない。

949 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:30:47.00
>>941
>>934は、総文字数を400で割れって言ってるんじゃないの?


950 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:31:25.68
いまはワープロがある時代なんだって常識はさ
仕事の依頼もページ数だけでなくWC指定で来るよ


951 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:32:12.26
試した見たら、20%近くの誤差が出た。
20×20換算は相当に枚数が多くなる。
20×20換算は間違いだ、としなければ俺は出せなくなってしまう。

952 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:36:35.88
>>947
もういいよ。お前はそれで行けよ。このくらいのイージーミスくらいは内容が上出来なら通るさ。
知り合いに裏表印刷でしかもホッチキスで綴じたのを応募して3次通った奴知ってるからな。エンタメ系列の新人賞だけどな。
中央だが、応募総数が少ない新人賞だったからか電話が来てアドバイスと共に裏表印刷は今度からやめてくれって言われたんだとさ。


953 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:39:24.91
枚数なんぞに拘るな。
どうせ計算の仕方で相当に違って来るんだから。
60枚以上150枚以下に納まっていればそれで良い。
過去に、200枚で4次までいっているんだから。
みんな拘りすぎ。

954 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:40:35.43
とか言ってるけど
「もう20x20で計算はやめよう」と心に誓うのであった

955 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:40:41.84
みんなそれで結構悩んでるんだぜ。
原稿用紙100枚じゃ足りない、あるいは微妙に行き着かないってな。


956 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:43:28.81
わざとらしいよ、書きづらい100枚って値にしてるのは

957 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:43:29.62
20・20がこの流れでは支配的なんだからそれに従っとけよ。
400で割るんだ、って頑固になってるのはIDないからアレだが2人くらいしかいない感じだぞ。

958 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:46:57.72
>>945
400字詰めというのは原稿用紙の代名詞みたいなもん。
言わせんなよ、恥ずかしい、っていう文藝春秋の恥じらいの心を察してやれよ。

959 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:47:33.97
>>957
いつもはそうだけど今回は400派が押してるように見えた
人数もみんなレベルが下がって短時間に連続して書き込めないし
もうちょっといると思う

960 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:49:14.91
よし、じゃあ運営にID制度導入を申請にしに行くか。

961 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:49:43.40
あついな……この議論

962 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:52:55.21
ああ、ディベート遊びには持ってこいだな
全ては応募要項に勘違いされちゃうように書いている文學界のせいなんだけどな
他の文学賞はワープロでも原稿用紙換算って書いてあるのにここは変な書き方しやがって

963 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 14:59:18.14
本当の答えは「どっちでもいい」だって事はお前らわかってるんだろうな

964 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:02:06.98
>>963
130枚になってしまって応募規定ぎりぎりの時はそんな事いってられないだろう。


965 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:04:29.86
だから、100枚+−50枚くらいどうって事ないってば。

966 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:05:57.00
ワープロとか言っても、モロにワープロで打ってる奴はほとんどいないだろうし、
時々、原稿用紙形式に切り替えて枚数を確認するなり、
原稿用紙モードで書いていって、プリントアウト前に枚数だけ確認して解除するなりすればいい。

それより、原稿の穴あけがめんどい。それ用のパンチを買えばいいんだろうけど、
一作入魂で書いてるから、今後の応募のこととか考えて買ったりしたくないのが人情というものでw

967 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:20:45.59
お前んちキリモミとかもないの? 買えよ、パンチくらい

1作入魂でも作家になるつもりなら、その後要るだろう(しらんけど)

原稿用紙モードで書くやつなんかモロにワープロで書き始めるやつよりいないって
20x20じゃ見通しが悪すぎる

人生1作って思うなら、応募した後パンチすてれば良いじゃん
そのくらいの覚悟って儀式としてさ(つっても1穴なら300円くらいだけどね)

968 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:23:37.13
俺、ワード2007の原稿用紙設定で書いてるわ。知人にも書きづらくないかとは言われる。
個人的には慣れちゃったし、書いている途中で何枚の段階なのかわかるから気に入っているんだけどね。どうもマイノリティーらしいね。

969 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:26:10.01
ゴメン。400字詰原稿用紙モードで書いてる。
最後に応募用の体裁に直して推敲するけど。

970 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:32:11.08
キリモミってなんだろうと思ったら
もしかして錐のことかな。

パンチも錐も100円ショップで買えるね。

971 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:47:21.91
おれはわざわざドリルパンチ取り寄せたぞ。

972 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 15:59:49.36
あれ? ダブルクリップ派は少数か?

973 :ヤシーアオッキー ◆.7pMAIcjuM :2011/05/31(火) 16:00:07.73
william s. burroughs より面白いんだな〜〜〜?無駄遣いしたくないんだよ。頑張ってください

974 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 16:07:55.57
>>972
純文程度の枚数ならダブルクリップでも問題ないと思う。エンタメだと枚数多くてちょっと無理。
どちらにしろ「ダブルクリップはあまり好きじゃない」とどこかで下読みが言ってたのを見て、自分は使わないことにしている。


975 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 19:42:11.50
>>974
75円で親の仇みたいにでっかいダブルクリップ売ってるよ。
200枚くらいまで綴じられて便利っす。

976 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 19:45:02.92
http://mbbook.jp/darutyu/

これよんだがいいぜ

977 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 21:30:57.49
>>976
改行多いな。
中揃え・横書きとくれば
1ページ目で落選しても不思議じゃないなあ。
つまんねかった。
がんばって書いた人、さようなら。

978 :名無し物書き@推敲中?:2011/05/31(火) 23:04:26.76
あのごついクリップって怖くね? 俺だけ?
なんかあるのかなトラウマ的なものが
記憶の底に埋めてしまってるだけでさ

979 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 00:16:38.43

俺はショックだぜ この歳まで「錐」のことを「錐揉み」って呼んでたぜ
誰も注意してくれなかったよ
かげで「あいつコレの事『キリモミ』って言ってたぜw」
とか笑われてたんだろうな、とか思うと叫びたくなるぜ、顔が熱いぜ

980 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 02:04:06.30
464 華ムラムラ・マン毛2[]投稿日:0000/00/00 00:00:00
頭部より撤退してきた私の髪は、鼻の下に移住し、ヒゲとして平和に暮らしています。

981 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 02:41:42.94
           芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。

982 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 02:49:10.76
           芥川賞のタブー(続)

簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは「極左の根城」である文藝春秋社の実質主催する芥川賞から徹底的に排除され、純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、 痩せ細り、大衆の共感は得られない支持層1%芸術と成り下がった。

人間関係の回復などは是とされるが、例えばビジネスの伸展やスポーツの勝利など、社会的状況下の極小の成功なども、主筋と絡んだ場合には「通俗的」として致命的減点となる。
中盤はひたすら状況の停滞もしくは悪化でなければならない。

クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。95%(20人の内19人)の芥川賞受賞者は24才〜39才と見てよく、差別は非常に強い。差別は左翼の本性を現すものである。

「私の廃太子論」でおなじみの文藝春秋社が、極左の牙城であることは業界内外に広く知れ渡った、絶対事実である。
現在同社は社内で本誌と呼ばれる「月刊文藝春秋」誌まで赤字が常態化、某印刷会社の傘下に入る日も近いと噂されている。

★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。
主人公や作者が社民党を支持しそうな、日本社会に対して斜に構えたスタンスの人間でなければ、絶対に受賞しない。

983 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 06:58:06.89
次スレ無理だった

984 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/01(水) 08:40:49.84
忍法帖のリセット騒動があったからノーマルな利用者はレベル不足でスレ立て無理だよ

985 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/02(木) 07:45:52.68
次スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1306968298/

986 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/02(木) 10:53:06.93
31枚まできた
まだまだだな

987 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/02(木) 16:25:37.77
>>982
>クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。

例えばどの芥川賞受賞作がそうなのでしょうか。浅学の知識では、
妹とのセックスの絶頂に、ある覚醒を覚える内的独白で閉じられる、中上健次の「岬」が
辛うじて当てはまりそうだと思えますが、しかしこれは最近と呼ぶには古すぎます。


>★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。

「」内のうち、日本をイギリスに変えてみます。つまり
「イギリスが好き・イギリス人が好き・キリスト教を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」、となります。
かようなイギリス文学はあるのでしょうか。イギリスをアメリカ、あるいはフランス、
ロシア・中国・韓国に変えても構いません。そのような小説が、各国において書かれ、
また読まれているのか。実際その通りであり、982様のおっしゃるよう、
日本でのみ忌避されているのが現状なのでしょうか。つきましては上記の内容の
海外文学を、二、三紹介して頂ければ幸いです。


988 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/02(木) 21:17:02.35
>>979
「錐揉み」とは、穴をあけるため、錐で両手ではげしく左右に回す動作のことを言います。
もう辞書で調べたとは思うけれども、
誰でも思い違いがあるんだから、めげないでね。
余計なことをいってごめんね。


989 :986:2011/06/03(金) 01:24:10.87
39枚
ちょい詰まった

990 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/03(金) 22:17:40.63
セブンイレブンの文書プリントと、自宅のインクジェットプリンタではどっちがきれいかな。
文書プリントの場合、MS明朝だとちょっと字が細い気がする。

991 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/03(金) 22:34:48.86
文書プリントハはページプリンタなんだから
インクジェットは勝てないだろ
それは細いのではなく、あなたのプリンタがインクがにじんでる(つかドットが大きい)だけ

992 :990:2011/06/03(金) 22:54:02.35
なるほど。
じゃ、文書プリントにしよう。

993 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/03(金) 23:30:01.12
30×40で送る人っている?

994 :990:2011/06/04(土) 00:27:01.76
30×31だね。

995 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/04(土) 02:39:06.58
30×31か。
どの見せ方が一番いいのか悩んでるんだけど、20×20は
行が多くなって話にせわしない印象を与えるんだよね。
どの数字かいいか論理的に誰か説明してちょ。

996 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/04(土) 02:41:52.43
30字40行、フォントサイズ12Pで送ってるわ。

997 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/04(土) 02:45:13.39
やっぱりそれがベストですよね。
ほかの賞もその数字が多いし。ありがとう。

998 :986:2011/06/04(土) 16:44:30.54
46枚
ペースが遅い・・

999 :名無し物書き@推敲中?:2011/06/04(土) 17:03:09.29
実はこれから取りかかろうかと思ってたりする

1000 : ◆JmL79WimIE :2011/06/04(土) 17:13:29.60
おれが獲る!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

256 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)