2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中村光夫

1 :まぐな:2011/12/08(木) 00:17:33.11
忘れられかけているようなので。

2 :吾輩は名無しである:2011/12/08(木) 13:04:42.38
なにもかも、忘れないで記憶にとどめる必要はありません。
覚えておいても意味のないものは忘れたほうがよいのです。
年はとりたくないものです。

3 :まぐな:2011/12/09(金) 03:20:55.88
まあまあ、そうは言わず。
小林秀雄の著作が普通に店頭で買えるのに、中村の著作の殆どが絶版なのは石が浮かんで木の葉が沈むようなものだ。

4 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 03:29:43.93
ほほう、これは渋いところ持ってきたなー
いま、中村訳のベラミはどうしたら読めるのだろう

5 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 03:35:11.53
おいおい、なかなか煽るじゃねーかw

6 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 03:40:45.41
>>5
バカが調子こくんじゃねーよ

7 :神戸土人の悪は底無し。関西ゲス以下の頽廃癌種:2011/12/09(金) 03:44:07.36
これは小谷野止めだね。間違いない。まぐな=柄谷、性悪土人のかんがえつきそうな嫌がらせだ。

8 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 03:46:46.83
>>6
もっとマシな煽りしてみろよw

9 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 03:49:16.10
>>8
おまえは芸がないというか文才ないなー
マシなとうかいうなら、もう一ひねりした言い方があろう

10 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 03:50:25.14
>>9
まあ、>>6からたいして進歩ないな。 おまえの力はそんなものさ。

11 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 03:56:54.62
>>10
だから芸がないっていうのさ
つーか、文章の基本がなってないな、こいつは

12 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 03:57:56.37
うーん、>>9から退歩してんぞ? やはり>>9で全力か。

13 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 04:00:42.43
退歩って言葉使いが低脳なんだよな
センスのないオタクに言っても仕方ないが

14 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 04:01:56.98
退歩がどう低能なのか、見事説明できたら、Bをやるよw

15 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 04:11:16.69
ふふ、ほんじゃきくがな、>>5の煽り云々、詳らかにしてみ
小林秀雄がどうこうだったらマジ馬鹿認定

16 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 04:15:16.26
マグナの>>3に煽りを感じたんだよなー。

でもまあ、中村の著作ほとんどは絶版だっていうからなあ。
そう考えると、>>3の表現もそれほど過剰とはいえんのか?
中村のほうが、小林より明らかに上といってるように聞こえたからねえ。
でもまあ、実際そうなのかな? そのへんはまだよくわからん。

中村の全集ってのはあるんだろうか。

17 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 04:21:17.05
っち、やっぱその程度のアホだったか
その程度で煽りどうたらいうから、所詮2ちゃんの住人なんだよ
お前に教えるのはもったいないが、中村の全集は筑摩
戯曲がいい

18 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 04:24:17.23
お、サンキュー

これね中村光男全集。

http://www.ne.jp/asahi/yamazaki/kasetsuhome/study/nakamuratxt.htm

内容もだいたいわかるな。戯曲は15巻か。「わが性の白書」ってのは
文庫本にもなってたね確か。


19 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 04:25:32.84
ふん、なにがサンキューだ
そのまえに失礼の段あやまれ、ばか

20 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/12/09(金) 04:27:34.68
>>19
失礼って、あんた>>4? >>5は別にあんたに宛てたわけじゃなかったんだが。
まあ、誤解させるような書きかたしてすまんかったなw

21 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 04:32:30.90
ふん、まあ、わしも大人気なかった
許せ
どうも2ちゃんだと口がぞんざいになっていかん
中村の作家論(谷崎とか志賀とか)は、いまは批判の的というかバカにされとるが、当時と思えば勇気ある発言だな

22 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 07:16:57.06
名無しはバカっぽいな

23 :まぐな:2011/12/09(金) 13:10:44.48
>>16
>>3は三島が書いた坂口安吾が評価されず、太宰治ばかりが読まれるのは……
というチワワがよく貼ってたコピペをパスティーシュした。三島は煽る才能があるからな、俺だとそこまではできない。
「文章読本」で三島も中村を取り上げていてなかなか魅力的な比喩を使って褒めてる。

24 :まぐな:2011/12/09(金) 13:16:21.47
中村全集は出てることはでてるが、生前刊行なので、それ以後の文章が収録されておらず、
しかも本人の意向で収録されなかった文章もあるのではないか。
そのあたりもきちんと収録した完全版全集を出すべきだろうな。

25 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2011/12/09(金) 13:25:04.15
中村光夫は二葉亭の評論とか「戦争まで」とか良いよ
もっと評価されるべきだな
少なくとも福田とかよりは上

26 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 20:59:56.02
小説は面白いけど‥

27 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 21:53:43.76
僕には今中村光夫全集を読む読者の顔が見えません。しかし、1970年代前半
頃までは中村にも確かな読者層はあったのです。文芸評論家としては福田恒存や
吉田健一より遙かに高く評価されていたのです。現代の若い人には想像もできないかも知れませんが、
そのことは三島由紀夫の中村に対する高い評価からも想像できるはずです。
福田や吉田のスレッドは昔からあるのに何故中村のスレッドはいままでなかったのか。
そこに僕は単なる文学史家の怠慢にだけ帰すことのできないない、平成文学史の辿った皮肉な運命を
感ぜざるを得ないのです。それはこの時代を生きる僕らも免れないはずです。

28 :吾輩は名無しである:2011/12/09(金) 23:17:52.60
もっとかんたんに考えていいことだよ。
例えば、「風俗小説論」や「フローベルとモーパッサン」。
今読んでも、なんにも面白くないんだ。
あのころはまだ、吉田健一がまったく評価されていない時代だった。
文芸評論家としては平野謙と中村光男の活躍が目立ったと思う。
今、読みなおすとすればむしろ平野の方が面白いという気がするね。断然。

三島が評価したなんて関係ないよ。三島は中村と個人的な付き合いがあったし、
ににより中村は三島作品を高く評価・宣伝してくれる宣伝マンをやってくれてたというだけ。
三島事件の時、いちばんテレビに映ってもっともらしい解説をしてかせいだのは中村。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)