2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

40台のオサーンに今現在読むべき新進気鋭作家を教えて

1 :1:2011/10/20(木) 02:03:15.65
とりあえず阿部和重以降の作家でオススメを教えてください
・作家名
・オススメするポイントなり理由
……って感じで書いてくれると嬉しい

2 :1:2011/10/20(木) 02:34:36.19
自分としては……
・木下古栗
・絲山秋子賞を受賞したし……
 って感じですかね

3 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 03:46:28.53
質問スレで聞けば?
わざわざ新スレ立てる必要ないと思うけど

4 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 14:03:42.33
山崎ナオコーラとか。
若い女性のある種の感覚がわかるかも

5 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 15:01:15.69
ツイッターでrstshってアカウント名で活動している人
本業はライン工らしい

6 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 15:07:28.84
日本の最近の作家でかい?
一人だってオススメできそうにないや

7 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 15:27:31.71
>>5
自演乙

8 :1:2011/10/20(木) 23:27:13.08
>>3 そいつは知らなんだorz
>>4 ナオコーラ『人の〜』読んだけど、ぴんと来なかったっす 歳かね?

9 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 23:45:42.06
最晩年の、村上春樹だろ

10 :1:2011/10/21(金) 00:22:23.25
>>9 最晩年? もう死ぬのかそれはめでたい
ってか読まないし興味ない

11 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 07:08:14.05

何年か前に芥川賞とった中村文則とか。暗いけれど。


12 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 07:23:18.15
中村なんとかはド・田舎出身者の大バカ大卒だろ…… 
エッセー読んだら中学生のレベルにも達していない


13 :中村文則:2011/10/21(金) 15:57:21.32
文学新人賞一次選考落選レベルのお前が
おれを偉そうに語るなw
まずは新人賞ぐらい取れw

14 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 16:03:15.60
苦役列車

15 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 17:14:24.21
瀬戸内寂聴

16 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 17:59:52.15
>この人、意外と小説知能指数は低いと思う(笑)。
>センスないんだよねー。
>ある意味「無花果カレーライス」より言いたいことはあるんですよ。
>いかにも芥川賞候補らしいという伝統的な純文学小説を書いてるんですけどね。
>例えば主人公が読んでいるのがカフカの『城』だったりほんと脇が甘い。
>あと幼児虐待なんてネタを持ってくるとか、作りがものすごくベタ。
(メッタ斬り!版 第133回 芥川賞、直木賞選考会)

17 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 20:48:12.05
結構前だけど
新潮の新人賞とった燈台仏文出身の
破滅派とかなんとかいう同人ぽいことしてる人
名前は忘れたけど
百年の孤独を下敷きにした作品とか
最近の世代では群を抜いてると思う
読んでないけど

18 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 20:52:00.26
桜庭一樹じゃないだろうし、誰だろ

19 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 20:53:30.11
わたしだw

20 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 21:32:18.82
>>17
高橋文樹だな

21 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 22:11:17.37
なんでおまえらはゴミかつマイナーなラインナップばかり持ってくるんだよ
rstshしかり、中村しかり、高橋しかり、
こりゃ自演と思われてもしかたないぜ

22 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 22:17:12.04
で、誰がおすすめ?

23 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 22:20:03.78
さあ・・・日本の若い作家なんてほとんどバカにしてっからな
阿部和重とかはマシなんじゃね?

24 :中村文則:2011/10/21(金) 22:56:20.37
と、自称文学通(笑)の新人賞一次選考止まりのチンカスが言ってますw

25 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 02:23:25.57
これもしかして本人か? 興味深いな
まあ、中村の本なんて熱心に読んだことがないが・・・
豊崎も言ってるように、あんた、頭使わないで書くとドヘタだから、
もっと頭を使って小説を書いたほうがいいよ
もし、頭を使ってそれなら、救いようがないが・・・
若手が軒並みクソなんだから、もうちょっと楽しませてくれよな

26 :中村:2011/10/22(土) 05:21:38.43
俺の作品は限られた天才にしか理解されないんだよ。
「大江健三郎」さんとかね……。

ここの馬鹿共にはもったいない、読むんじゃねーよ
このきちがい、猿ども

27 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 05:39:08.45
中村文則は、今現在、唯一の日本国では天才的大作家だ。現代のゲーテ、ダンテクラスの作家。
サイン本もここに沢山残っているぞ。

だまってけえ!

28 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 10:25:16.14
だまってけえ!
だまってけえ!
だまってけえ!
だまってけえ!
だまってけえ!
だまってけえ!
だまってけえ!
だまってけえ!


29 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 10:43:01.43
小説家が、そんなことを言って、
大きな美、構造的な美を描くことを放棄するから、
昨今みたいなキチガイ小説の系譜に堕ちちまうんだよ
こいつは素人本読みの俺だけが言ってることじゃないぜ
本物かどうか知らんが、おまえは致命的欠落を克服するんだな

30 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 10:44:37.42
まあ、率直に言って、
技術とセンスがぜんぜん足らん作家に言っても、
まったくしようのないことだと思うがな

31 :中村文則:2011/10/22(土) 14:52:41.23
と、小説の技術もセンスも持っていない作家が言ってますwwwwwwww
さっさとお前がかけwwwwwwwwwwwwwwwww

32 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 14:55:18.88
文学に古いも新しいもない、黙ってガリヴァ旅行記を読むべし

33 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 14:58:43.39
おれは作家じゃねえっての!
作家を目指したことすらない、ただの素人本読みだよ
若い人に期待してるんだからさ、中村さんも頑張ってくれよ
まずは、言われたことに、ちゃんと言葉で反論できるようにならないとな

34 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 14:59:50.40
で、40台のおっさんが読むべき小説は・・・

35 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:00:09.14
偽者にしても、ネットってのは怖いんだぜ
もう一週間もすれば、あんたのオバカな発言は広まるからさ、
どっちにしろコテつけんのはやめときな

36 :中村文則:2011/10/22(土) 15:04:35.02
チンカス素人のお前(=自称文学通(笑))が説教すんなwwwwwwwwwwwwwwwww

37 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:05:12.92
これ面白いから、コピペしてどっかにスレ立ててくるわ

38 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:05:36.01
で、40台のおっさんが読むべき小説は・・・


39 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:06:32.49
>>38
中村・・・中村・・・中村真一郎!

40 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:09:42.79
現代のゲーテ&ダンテ、天才・中村文則さんの文学的レス集1
(http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1319043795/l50)

11 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 07:08:14.05

何年か前に芥川賞とった中村文則とか。暗いけれど。

12 :吾輩は名無しである:2011/10/21(金) 07:23:18.15
中村なんとかはド・田舎出身者の大バカ大卒だろ…… 
エッセー読んだら中学生のレベルにも達していない

13 :中村文則:2011/10/21(金) 15:57:21.32
文学新人賞一次選考落選レベルのお前が
おれを偉そうに語るなw
まずは新人賞ぐらい取れw

24 :中村文則:2011/10/21(金) 22:56:20.37
と、自称文学通(笑)の新人賞一次選考止まりのチンカスが言ってますw

26 :中村:2011/10/22(土) 05:21:38.43
俺の作品は限られた天才にしか理解されないんだよ。
「大江健三郎」さんとかね……。

ここの馬鹿共にはもったいない、読むんじゃねーよ
このきちがい、猿ども

41 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:10:03.79
現代のゲーテ&ダンテ、天才・中村文則さんの文学的レス集2
(http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1319043795/l50)

27 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 05:39:08.45
中村文則は、今現在、唯一の日本国では天才的大作家だ。現代のゲーテ、ダンテクラスの作家。
サイン本もここに沢山残っているぞ。

だまってけえ!

31 :中村文則:2011/10/22(土) 14:52:41.23
と、小説の技術もセンスも持っていない作家が言ってますwwwwwwww
さっさとお前がかけwwwwwwwwwwwwwwwww

36 :中村文則:2011/10/22(土) 15:04:35.02
チンカス素人のお前(=自称文学通(笑))が説教すんなwwwwwwwwwwwwwwwww

42 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:11:56.51
中村真一郎か。
名前しか知らないな

43 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 15:19:33.61
>>42
真面目な話だが、
大衆ウケはしないが、小説の形式を追及した人だよ
純文学志向、形式論志向の人には良いと思う

44 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 16:50:46.45
阿部和重以降じゃない!

45 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 16:58:35.91
>阿部和重以降の
すまん、ぜんぜん見てなかった

46 :1:2011/10/23(日) 00:44:54.94
>>17 結局、←は誰のことなんですかねー
>>14 どうで死ぬ身の〜を読んで「いい!」とは思ったけれどこの人の面白さって、
結局金太郎飴のようにどれも同じにしかなりえないような気がする
>>15 巨匠ぢゃん……


47 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 02:09:37.93
三浦しをんってどうなの?

48 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 03:25:21.23
石黒達昌や吉村萬壱が好きだが微妙に薦めづらい

49 :1:2011/10/23(日) 07:30:38.96
>>47 面白いし達者だけど、要するに通俗という印象が
>>48 薦めづらい理由はどのような?

前田司郎とか、岡田利規の小説ってどんなもんですかね?

50 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 07:42:50.69
面白いかつ深いって作家がいないのかね
面白い気もするけどそれだけ?な作家か、深い気もするけどいかにも
ああ文学してますねな作家か

51 :1:2011/10/23(日) 08:04:48.08
>>50 そうとも言えます
途方も無い新しさで読むものの既存の感性やら文学的常識を粉砕してくれる作品に出会いたい


52 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 10:14:34.78
>>46
17は誰かがレスしてたと思うけど
高橋文樹だよ

53 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/10/23(日) 11:57:54.59
オッサンの読書歴を知らんとなんとも言えないスレ。

新進気鋭じゃないけど、森茉莉、倉橋由美子なんてどうですか。
女が書いてる小説って感じがして、オッサンにとって、
新鮮な作品だと言えなくもないと思います。

既存の文学観が破壊されるかどうかはわかりませんが。

54 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 13:05:57.81
>途方も無い新しさで読むものの既存の感性やら文学的常識を粉砕してくれる作品に出会いたい

べつに新作じゃなくてもいいような気もするけど……

55 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 14:04:47.28
>>53
しれっとした顔でゴミを薦めんなよ

56 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 14:11:36.89
>>49
石黒はSFっぽい、吉村はグロ
純文扱いの割りに良くも悪くも両者ともあんまり純文っぽくない

57 :d(@∀@) 【東電 87.3 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【kinema:4337】 ◆ANOSADJXD6 :2011/10/23(日) 19:34:10.40 ?PLT(13334) 株優プチ(book)
何読めばいいか、自分の読んでるものは実はつまらないものなんじゃないか
みたいなパラノイアはわたくしにも常にあります。確かに流行は気になる。
でも面白かった本、後から思えばトンでもない金脈を堀り当ててしまう
その取っ懸りになった最初の一冊てのは、わたくし個人に関していえば
ひとに薦められて読んだものじゃなくて、書店や図書館でなにげなく手に取った
本ばかりでした。

40年も生きてあれこれ読んできたのです。自分の勘を信じることです。

58 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 20:08:40.70
読んだことないんだけど、今村夏子、本谷有希子、村田沙耶香の感想を知りたい

59 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 21:12:42.84
おっさんならおっさんらしく同世代の作家を嫁

60 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 21:16:22.93
やっぱ「中村文則」推しだな! ギャルに愛読している言う受けがよいよ
あと団鬼六も。で、

61 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 21:42:14.77
マジレスすると「水嶋ヒロ」「中村文則」「岡田克也」。

62 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 22:18:46.61
意外に名前が出ないけど、舞城王太郎とか。「熊の場所」はよかったよ。

前田司郎、岡田利規、本谷有希子とか演劇畑の人は、語り口は面白いけど
何か小説的な広がりに欠けるというか、個人的には物足りない感じ。
前田の「恋愛の解体と北区の滅亡」は、最近の純文学の一つの類型かなって気もする。

村田沙耶香「ギンイロノウタ」はいいよー。機能不全の家庭に育った内向的な少女の独白、みたいな。
暗い感じが好きな人には好きだろうと思う。

ただ、マジレスするとここ10年くらいで純文の有望な新人なんていないと思うよ。
中村文則の小説は、相変わらず主人公がモテモテなんだろうな。デリヘル嬢が間違えて部屋に来て、
そっから付き合うことになるとかー

63 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 22:26:51.27
玉袋筋太郎とか。

64 :1:2011/10/23(日) 22:34:22.49
>>52 あ、どうもです
>>53 たしかに
おおまかに言って北杜夫→安部公房→筒井康隆→丸谷才一→金井美恵子&蓮實重彦
そして現在に至るって感じです。阿部和重はチャーミングで好きです
絲山秋子は初期の感じは好きらしい
>森茉莉
読んでみます
>倉橋由美子
その昔『聖少女』?読んだけど今は食指動かず
>>54 >新作じゃなくてもいい
その通りなんですが、新しい作家に疎すぎるのでお知恵を拝借したく
最近一番感銘を受けた小説は中村光夫の『ある愛』
>>56 なるほどですね!

65 :58:2011/10/23(日) 23:20:53.77
>>62
ありがとうございます、参考になります


66 :吾輩は名無しである:2011/10/23(日) 23:26:15.28
青木淳吾でしょうな

67 :1:2011/10/23(日) 23:41:34.41
>>62 村田沙耶香面白そうです読んでみます
中村文則ってそんなノリだったのかw

>ここ10年くらいで純文の有望な新人なんていない

 ……orz

68 :1:2011/10/24(月) 08:29:01.46
>>58 >今村夏子 「こちらあみ子」
面白そうです読んでみます

あと、津原泰水ってどんな感じでしょうか?


69 :吾輩は名無しである:2011/10/24(月) 10:12:43.30
>>68
>今村夏子 「こちらあみ子」
アマゾンレビューってあてにならないですけど、あまりに高評価だから気になりますよね
自分も今度図書館で借りてみます

70 :1:2011/10/24(月) 15:11:30.18
今、今村夏子 「こちらあみ子」新刊本で買ってきた。(古栗あとまわし)
応援フリーペーパーまで発行されてたのは驚き!
(あと買ってきたのは、よしながふみ「きのう何食べた?5」ホーガン「星を継ぐもの」)(スレ違いw)


71 :吾輩は名無しである:2011/10/24(月) 18:33:29.26
>>58
どれもナイーブ(英語の)な女作家の典型

72 :吾輩は名無しである:2011/10/24(月) 23:27:33.21
今はないけど村田沙耶香ってこの板にスレあったんだね

73 :1:2011/10/25(火) 00:41:46.00
「こちらあみ子」表題作読んだ。素晴らしかった〜
なんだか周囲の文学的風景からは隔絶している存在って気がしました

74 :1:2011/10/25(火) 02:34:26.72
>>73 併録の「ピクニック」も読んだ。これも面白かった。主人公の造形には共通点があるね。
タイトルには、若干疑問もあるけれど、しかし、素晴らしい小説であることには間違いないと思いました。

 とにかく上手い。
 小島信夫を読んだことがない!のですが、この人は、ひょっとして「女小島信夫」的な作風なのでしょうか?

 「こちらあみ子放送局」というフリーペーパーに、好きな作品作家として「ムーミンシリーズ」「長くつ下のピッピ」が挙げられているのも、親近感がわきます。


75 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 03:13:44.72
今村なんぞでアースゲースバラシカッターて思える文学観なら、
もうなに読んだってへこたれることないよ
適当に本屋さんで立ち読みするのが一番マシ
こういうスレは、本当に今の文学に倦んじまった、
ある意味で重症患者が立てるべきもので、軽症のオッサンはオナニーして寝てろ

76 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 07:17:49.92
あなたのお薦めは?

77 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 07:37:14.54
ベタだが、ペレーヴィンあたりとか
ぎりぎりアベ以降じゃないか

78 :1:2011/10/25(火) 07:51:52.60
ヴィクトル・ペレーヴィンご教示感謝
立ち読みしてみます

79 :1:2011/10/25(火) 07:54:13.36
みなさんの中原昌也の評価は?
それと、ソコロフの「馬鹿たちの学校」読んだ方いますか?

80 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 22:01:56.74
>>1さんは阿部和重を好きなんですかね?
どうも読まず嫌いというか、手が伸びない作家なので感じを教えてもらえるとありがたいんですが

81 :1:2011/10/25(火) 22:29:00.71
>>80 インディヴィジュアル・プロジェクション、ニッポニアニッポン、無情の世界、グランド・フィナーレ、
シンセミアといったあたりを読みましたが、どれもとても面白いですよ。
 どんな作家かうまく説明できないし、評価もできませんが、
馬鹿とか変態とかイカレタ人間が大活躍するあたりが今の精神風俗を活写していると言いますか……



82 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 23:21:52.58
キチガイ小説の親玉みたいなやつだよ
海の向こうは、論理的な抽象小説や、幻想的な抽象小説が流行ってんだけど、
島国ニッポンはいまだに私小説的キチガイ小説をやってる
哀れだね

83 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 23:25:34.55
>>81,82
レスどうもです
もう少し頑張って読んでみようかと思います

84 :1:2011/10/26(水) 00:21:15.40
>>82 >論理的な抽象小説や、幻想的な抽象小説
      ↑オススメを教えて下さい

85 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 08:05:40.74
鍵語を教えたんだから後は自分で調べろ
手間を人にかけさせて楽をしようとするな、ゴミ野郎

86 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 08:58:30.12
まあ、もう少し鍵語を足すなら、
たとえば、ロシアなんかは、ターボ・リアリズムだな

87 :1:2011/10/26(水) 10:08:44.75
>>66 『私のいない高校』買ったはいいけれど、ツンドクの山に埋もれている(笑)
面白かったですか?
阿部和重は「自分がやりたかったことをやられた、同業者として刺激を受けた」というようなことを行ったいましたよね


88 :1:2011/10/27(木) 23:44:03.19
窪 美澄 って通俗エンタメですか?  ↑87誤字がひどいなw 「言っていましたよね」ですw

89 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 01:14:18.40
森見登美彦と万城目学の感想を知りたい

90 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 01:30:01.22
新進気鋭作家…
小谷野敦の私小説とかは?

91 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 11:15:07.53
82のはボルヘスとかかな。

92 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 21:11:27.15
SF的なものも含め幻想小説的な純文もそれはそれでもう限界だろうに

93 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 00:27:10.33
>>89 森見 達者、ユーモラス、漱石「坊ちゃん」的文体から深みを排除したような軽快な語り口
万城目学 鴨川ホルモーを読んだ限りでは、マンガ以下の拙劣なエンタメ。面白いけどね


94 :1:2011/10/29(土) 00:29:20.66
>>90 小谷野氏は以前は研究者として評価していたし本もたくさん買ったが、
今現在では、人間としての軽蔑がその評価を凌駕した
 私小説が至高という説については、完全にオワッテイルとしか言えない


95 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 09:36:13.33
>>93
どちらも深みはないですかぁ
軽快、ほら話風(虚構性強い)、それでいて深みのある(若い)作家さんを知りたいんですが

96 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 17:46:43.12
小野正嗣とか。
文章読みづらいけれど。
あとは最近聞かないけれど、辻内ナントカ(下の名前忘れた)。

あと、阿部より年長だけれど
ほら話っぽく、深みがあるのは古川日出男さんとか。


97 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 22:14:22.64
地味だけど佐川光晴とかどうでしょう。芥川賞5回落ち。やや説教くさい。

98 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 22:35:35.85
>>96,97
ありがとうございます、今度あたってみます

連投してスレ主さんに申し訳ないので書き込み控えますm(_ _)m

99 :1:2011/10/30(日) 21:25:43.74
>>96,97 あたってみます。感謝!
>>98 遠慮無用っす


100 :1:2011/10/30(日) 21:33:29.65
>>99 と書いておいてこういうのもナンですが、春樹を激賞する人にはあまり期待できないなー個人的に>小野正嗣


101 :吾輩は名無しである:2011/10/31(月) 02:45:32.07
スレの趣旨とは違うけど、阿部和重好きならミシェル・ウェルベックは合うと思うのと、
最近文庫が出たジョナサン・フランゼン「コレクションズ」あたりも良いかも。

あと、新人賞シーズンなので雑誌の「文藝」を買ってみるとか。東大の院生が受賞してて、
なかなか意欲的なことをインタビューで語ってた。おれは立ち読みで済ませたけど。

102 :1:2011/10/31(月) 22:15:56.33
>>101 ご教示感謝 どちらも面白そうです チェックしてみます

103 :1:2011/10/31(月) 22:18:12.30
>>96 古川日出男 読んでみます!
>>97 佐川光晴 『生活の設計』周囲から読め読めと言われております。読みます! 

104 :吾輩は名無しである:2011/11/01(火) 07:06:18.38
>>100
ああ、春樹嫌いですか!?
ただアップダイクだって村上春樹大絶賛ですよ。
まあでも小野さんは読みづらいので無理にとはいいません。


105 :1:2011/11/01(火) 21:34:50.90
蓮實重彦に心酔してるので。春樹はどうにも。
アップダイクも昔読みかけて興味が持てず結局放棄しました

>小野さんは読みづらいので無理にとはいいません

 読みづらいという理由で敬遠するのはなんかやなので(笑)チェックしてみます


106 :吾輩は名無しである:2011/11/01(火) 21:53:39.09
そんな読みづらいかな
「にぎやかな湾に背負われた船」借りてみたけど読みやすい
ただ、田舎町のお話のためか自分は上手く入り込めないけれども

107 :1:2011/11/03(木) 20:23:46.26
小野正嗣、立ち読みしてみましたが、やはり受け付けない文章でした残念 春樹系
ここまで川上未映子の名前なかったですがみなさんの評価や如何



108 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 22:56:50.29
ここでその名前出しちゃ荒れるよ。
「乳と卵」はまあまあ良い中編。目新しさはないけど。「ヘヴン」は小谷野の「宗教小説だ」という評価が
一番妥当な気がする。というか、作品自体よりもキャラクターで売ってる作家だし。

若い女性作家だったら、青山七恵がいいよ。「わたしの彼氏」はわりと評判。

109 :1:2011/11/03(木) 23:10:53.25
>>108 荒れる理由 kwsk
>作品自体よりもキャラクターで売ってる
 ……そうなの? デビュー時は、批評家の渡辺直己が「これはホンモノだ」と激押しした模様ですが、、、

青山七恵ご教示感謝


110 :吾輩は名無しである:2011/11/06(日) 01:15:43.27
伊藤計劃
いま「ハーモニー」読み始めてる、SFは苦手なんだけど今のところ面白い

111 :1:2011/11/06(日) 10:16:57.87
>>110 伊藤計劃はたしかに面白いですね わたしは『虐殺器官』と『ハーモニー』読みました

 (ただ、難癖をつけるつもりはないのですが、個人的には両作品とも、基本的なアイディアに重大な欠陥があるような気がしております。もしかすると、小松左京が虐殺に賞を与えなかった理由はそれなのかな、と妄想したりしておりますw)

112 :吾輩は名無しである:2011/11/06(日) 14:09:44.03
SFやファンタジー関係の作家なら多崎礼『煌夜祭』と仁木稔『グアルディア』が好きだ


113 :吾輩は名無しである:2011/11/06(日) 17:25:39.05
>>111
作者の設定した世界があっさり成立していることですかね?
「ハーモニー」だと、あの「やさしい」社会やWatchMeにまつわるシステムに誰も
抵抗しなかったのか、みたいな
といってもまだ読み初めだから後々そこに触れるのかもしれないし、単に自分が
SF慣れしていないだけかもしれないけれど

114 :1:2011/11/07(月) 15:24:48.63
>>113 ちょっと違うポイントなのですが、ネタばれになるので書かないでおきしょうw


115 :1:2011/11/07(月) 21:12:54.92
>>97 今、図書館で借りた佐川光晴『生活の設計』の冒頭を読んでいますが、この文章は、非常に面白いです。
同時に数冊借りてきた中に、大江『臈たし〜』もあり、冒頭を読んでみたのですが、今まで大江を読まず嫌いで敬遠してきたことを後悔しました。面白いのですねー


116 :1:2011/11/08(火) 00:40:32.61
『生活の設計』が超面白くて、読み終わるまで眠れないわー

117 :1:2011/11/08(火) 01:08:26.50
妻の実家でお腹痛くなるという流れの巧みさと言ったらない

118 :1:2011/11/09(水) 00:25:17.19
『生活の設計』読了! 感動! 佐川光晴は全部読むことに決定です。
いとやんの『イッツ・オンリー・トーク』読了。併載の「第七障害」は名品かと。会話が魅力的。

みなさんの星野智幸の評価や如何? 俺俺、どうでせう?

119 :吾輩は名無しである:2011/11/10(木) 13:46:54.16
星野智幸はクズ

120 :吾輩は名無しである:2011/11/13(日) 21:06:38.72
クズは言いすぎ。
ラテンアメリカ文学のスタイルを模倣した、何の独創性もない作家だけど、
政治がうまいのとそこそこツラが良いので、生き残ってるだけのゴミ。島田雅彦二世ってとこか。


121 :1:2011/11/14(月) 07:55:57.90
クズとゴミ、同じじゃん(笑)
それはそうと、早稲田文學0に載っていた横田創『嘘で塗り固められた人生』と中原昌也『執筆委任』
素晴らしかったです。両人とも、もっと読みたいと感じました。

122 :吾輩は名無しである:2011/11/14(月) 08:15:34.21
そんなローカルそうなのって市販されてる?

123 :1:2011/11/15(火) 18:03:01.43
ローカルかどうかはさておいて、アマゾンの古書で購入しました。編集人が芳川泰久であることを知り、急遽わたしはワセブン派になろうかとw
氏の『書くことの戦場』『金井美恵子の想像的世界』は愛読書なのです

124 :1:2011/11/17(木) 23:58:02.67
かじいたかし『僕の妹は漢字が読める』 面白かった(笑) 特に前半は傑作w

125 :1:2011/11/22(火) 01:03:13.16
 今、ナボコフ『セバスチャン・ナイト〜』、灰谷健次郎『兎の眼』、若松孝二『俺は手を汚す』を中断しつつ、
図書館で借りた群像2011.4の木下古栗『本屋大将』を読んでおりますが、これは傑作と言うか、怪作というか!
理解できぬという人がいても当然と思いつつ、数行毎に爆笑しております。
 第七回絲山賞受賞も納得。『ポトスライムの舟』の作者津村記久子氏も、こんな面白い小説があるなら自分が小説を書く意味はない、的なことをどこかで書いておりましたが、……


126 :1:2011/11/22(火) 01:07:07.80
忘れてた! 諏訪哲史が好きだ、評価する! という方いませんか??

127 :1:2011/11/27(日) 01:53:28.15
阿部以後ではありませんがw
高橋源一郎の『恋する原発』を読みました……
最初は面白かったのですが、後半はダレた印象です。何も起こらない……
内田樹の悪影響があるような……「追悼」だの「服喪」だの……
みなさん、どう思いました?

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)