2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アントン・チェーホフ

1 :吾輩は名無しである:2011/08/12(金) 13:33:32.36
久しくなかったので立てました。

2 :吾輩は名無しである:2011/08/12(金) 14:44:42.59
           /  \―。
           (    /  \_
           /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄
        ...―/          _) < ちんちん キッ!キッ!キッ!
       ノ:::へ_ __    /     \___
       |/\:::: :::: :/::: :::: \/_
      /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
     |:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::) ─┼─
     |::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/   ─┼─
      |  \`    \     /     │
      \  ------       /       | | /
        \  -       /         _/
         \____-イ

思い出をちんシュに込めろ。
おまえらクズどもにも思い出があるはずだ。
懐かしく、淡い日々の思い出の数々を、ちんシュに込めろ。
それが今甦り、輝くモニュメントとなる。
ちんシュスレに、おまえら自身の手でモニュメントを打ち立てろ。
それが奇蹟のカーニバルの原動力となる。

3 :吾輩は名無しである:2011/08/12(金) 18:36:08.72
復活おめ

4 :吾輩は名無しである:2011/08/16(火) 23:56:24.20
チェーホフはどれも素晴らしい出来ですね
特によかったのは「決闘」「燈火」「退屈な話」
たまに「とみくじ」のような今でも誰かが書きそうな小説があるのもチェーホフのいいところ
評論とかにも手を出したいけど誰のがいいかな

5 :吾輩は名無しである:2011/08/17(水) 02:15:56.31
「中二階のある家」がベスト。

6 :吾輩は名無しである:2011/08/19(金) 22:13:10.74
わーい、チェーホフスレ復活うれしい

7 :吾輩は名無しである:2011/08/20(土) 00:13:23.05
>>5
喪男乙

8 :吾輩は名無しである:2011/08/20(土) 01:00:37.15
戯曲はありきたりでつまらんが、掌編小説は素晴らしい。なんかもう素晴らしい。

9 :吾輩は名無しである:2011/08/20(土) 06:59:21.31
あまり有名じゃない(文庫未収録)中編だが、『無名氏の話』がすごくいい。岩波あたり文庫にしてくんないかな〜
ちなみに2ちゃんねらーの話ではない…

10 :吾輩は名無しである:2011/08/21(日) 10:58:21.37
評論そんなに読んでないけど…
「チェーホフ自身によるチェーホフ」フランスの女性が書いた本。
チェーホフの孤独とかに焦点を当てていて面白かった
ガリマール新評伝シリーズの本は、最初は普通の評論なのに
途中からリーカ大絶賛モードになるのが面白かった

11 :吾輩は名無しである:2011/08/21(日) 13:07:29.28
チェーホフほど人生の虚無を書き続けた作家はいない。
「六号室」の医師ラーギンの言葉ほどこの世の真実を吐露したものはない。
自らの意思でなくこの世に呼び出され、人生の意義も分からぬまま生き、
また意思に反してあの世に帰っていかざるをえない。

12 :吾輩は名無しである:2011/08/24(水) 22:30:52.52
「犬を連れた奥さん」が好きなんだけど、
これなんか拙い英語力でも読めないこともないのでうれしい

http://www.ibiblio.org/eldritch/ac/jr/197.htm


ちなみに名訳とされる神西訳は青空文庫で読めるよ

13 :吾輩は名無しである:2011/08/26(金) 13:58:57.18
神西訳って、絶賛されてるけど、そんなにいいかなあ。
小笠原訳のほうが自分には合うかなあ。

14 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 11:54:45.12
>>11
全集買って読んでるけど、二十歳そこそこでこの人間嫌いは凄い
この年代だと普通、世界は嫌いだけどヒロインだけは好きみたいなのが多いが
この人は女にもまったく容赦ないなw

医学校いきながら、これだけ作品乱発したのも凄い
金稼ぐのに必死だったんだろうな、初期の漱石と似ている

15 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 11:56:48.56
日本語の美しさを堪能できるという点では一番だと思う。
わかりやすさとか自然さいうと、それは小野さんとかの方が上だと思うけど。
自分はワーニャ伯父さんの神西さんの訳文が好きだ

16 :吾輩は名無しである:2011/08/28(日) 11:58:08.77
漱石、確かにチェーホフっぽいとこあるかも…

17 :吾輩は名無しである:2011/08/29(月) 00:13:21.87
戯曲は神西
小説は小笠原

18 :吾輩は名無しである:2011/08/30(火) 13:32:59.79
http://www.youtube.com/watch?v=tzftKASSmUM
新訳チェーホフの役者のテレビ出演映像あった
それでこのかわいいアナウンサーだれ?

19 :吾輩は名無しである:2011/09/02(金) 22:42:00.71
かわいい女!…でもないと思う
NHK-BSとかって、フリーのアナウンサーとか使うよね
セントフォースの人じゃない?(いいかげん)

20 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 12:43:06.37
浦雅春の訳の工夫は笑える
でも、あれでいいのか?

21 :吾輩は名無しである:2011/09/03(土) 21:37:35.91
ロシア語のニュアンスを伝えたかったのだろうけど
日本語としては不自然な感じがしちゃうんだよなー

「さくらんぼ畑」はどんななんだろう まだ読んでいないが

22 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 13:36:01.94
>>18
沼野さんは、レムの翻訳者のイメージがある

23 :吾輩は名無しである:2011/09/04(日) 17:51:32.53
チェーホフは形式化を非常に嫌った印象がある
形式化とは、ストア学派など哲学の思弁的な観念のこと
六号室ではイワンにディオゲネスを否定的に語らせ、ストア派的な考えをもっていた医者アンドレイも色々ひどい事件を味わって
いつのまにかイワンの口癖を自分で発するようになる
諦念するしかない状況を描いてるところが仏教的だが、個人個人の精神の充実を医学とか教育に求めず内面に求めるようなところもある
それを思想ではなく具体的な物語として小説としたのがチェーホフの現代性だね

24 :吾輩は名無しである:2011/09/05(月) 00:01:13.26
浦雅春『チェーホフ』岩波新書
読んだ

25 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 16:47:40.70
ディオゲネスじゃなくてマルクス・アウレリウスだ。正反対の哲学になっちゃう。

26 :吾輩は名無しである:2011/09/11(日) 12:46:46.44
しらけ鳥

27 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 01:46:26.49
浦雅春、文庫の後書きで章ごとの頭に山崎まさよしの歌詞を引用するのはやめてくれ。

28 :吾輩は名無しである:2011/09/13(火) 13:50:14.50
何それ
まさか、>>27はチャールズ・マンソン的な超能力を発揮してないよね?

29 :吾輩は名無しである:2011/09/14(水) 11:45:54.62
チェーホフの父親は一代で失敗した没落市民

30 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 01:35:55.62
>>28
馬のような名字って短篇集の解説にあるよ。
あれを見て秒速5センチメートルっていう最悪のアニメ映画思い出して、吐き気がしたわ。

31 :吾輩は名無しである:2011/09/20(火) 20:31:26.36
アニメといえば宮崎駿はチェーホフが好きらしいね

32 :吾輩は名無しである:2011/09/26(月) 22:14:47.36
ああ、そう

33 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 02:50:53.47
チェーホフは本当暗い。
特にヨーヌィチなんかは下手なホラーよりよっぽど絶望的に終ってる気がする

34 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 18:10:02.17
だって苦労人でしょこの人
医学生時代から家族養うために死ぬ思いで作品書きまくるけど、当時の小説は今のラノベ並の飽和状態
せっかく書いた作品が長いといっては削られ、オチが弱いと言っては勝手に書き加えられて、編集には馬鹿にされ
あげくに原稿料が現物支給だったり、不買されたりとさんざんな目に
さらにそんな環境のためにまわりの同業者がバタバタ死んでいって、そりゃ人間不信にもなるだろ

「不必要な勝利」や「生きた商品」などで最初期には本物の文学者を目指してた志を感じられるが
だんだん埋め草的な、やっつけ仕事に流れていったのがよく分かる

35 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 21:41:36.78
でも喜劇なんですよ

36 :吾輩は名無しである:2011/09/28(水) 23:33:40.97
プーシキン、レールモントフ、ドストエフスキー、トルストイ、ツルゲーネフが貴族
ゴーゴリ、ゴンチャロフが裕福な家庭に生まれたのに対して
この人だけは極貧生活からの叩き上げなので、厭世や世の中に対する期待感の無さが凄い

37 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 00:46:28.42
イオーヌィチのラストはは厳しいよね…好きな作品だけど…
子猫ちゃんに騙されて墓で待ってるシーンが好きだ

38 :吾輩は名無しである:2011/10/01(土) 00:47:20.72
クプリーンも庶民出だっけ?

39 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 01:56:46.73
中二階のある家のラスト一行は泣かせるよな。

40 :吾輩は名無しである:2011/10/05(水) 23:33:33.05
>>36
チェーホフは、家が破産して家族はモスクワに行ったのにアントンだけが
人手に渡った家に残って家庭教師をした
家族に見捨てられた思いで少年時代を過ごしたのかもしれない

41 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/10/10(月) 03:50:32.44
いろいろ苦労してんだ

42 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 14:22:20.65
チェーホフの伝記本読むとさらっと書いてあるけど
実際アルバイトで家庭教師しながら医学校通いつつ
家族6人の口を糊するって、普通できないよな

43 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/10/11(火) 00:24:18.79
かもめはかもめ

44 :吾輩は名無しである:2011/10/15(土) 16:24:13.35
「ミシュス、きみはどこにいるのだろう。」小笠原豊樹訳
「ミシュス、君は今どこにいるのだ?」原卓也訳

45 :吾輩は名無しである:2011/10/17(月) 10:25:32.91
あげとく

46 :吾輩は名無しである:2011/10/17(月) 13:50:53.90
>>44
こんな短い文でもずいぶん違うね

47 :吾輩は名無しである:2011/10/19(水) 22:41:44.65
この人の小説って、過去から現在(逆じゃなく)を見つめるような視点の
物語が多いですね。
サハリン以降はちょっと違うけど。

48 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 01:45:41.51
映画】ロシアの劇作家チェーホフの戯曲「かもめ」映画化・・・デヴィッド・ドゥカヴニーとヘレン・ハントが出演
1 :禿の月φ ★:2011/10/20(木) 00:58:55.81 ID:???P
 テレビドラマ「X-ファイル」シリーズのデヴィッド・ドゥカヴニーが、ロシアの劇作家チェーホフの戯曲
「かもめ」を映画化する作品『リラティブ・インサニティ(原題)/Relative Insanity』へ出演することになった。

 Deadline.comによると、映画化作品では舞台をロシアからニューヨークへ移し、
主人公の女優イリーナと作家志望の息子コンスタンティンとの関係を描いていく。
ヘレンがイリーナ役を演じ、デヴィッドはイリーナと愛人関係にある作家、トリゴーリン役を演じるよう。
ふたりのほかに、映画『ナイト&デイ』のマギー・グレイス、ジョアン・チェンも出演する。

 戯曲「かもめ」はロンドンやニューヨークで舞台化されており、
2007年にロンドンのロイヤル・コート劇場で上演された舞台で
クリスティン・スコット・トーマスやキャリー・マリガンが出演。
また、別のキャストでイギリス王立劇場でも上演されている。
映画版の撮影は来年から開始される予定。(竹内エミコ)


49 :吾輩は名無しである:2011/10/20(木) 03:09:31.63
かもめか……
四大戯曲の中でも一番暗い気がする。
三人姉妹も強烈だけどさ

50 :吾輩は名無しである:2011/10/22(土) 20:53:35.14
「さくらんぼ畑」新訳とても工夫されていていいと思うけど
ワーリャの「もっとも高い信仰心!」っていうのがどうも違和感…

51 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 00:06:45.80
けっこう若くして死んだんだね、実質的なキャリアが30後半までで
なんか人生達観した印象があったから、もっといってるのかと思った

52 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 10:07:50.59
意外と早く亡くなっているというのもだけど、
自分の中では夏目漱石とチェーホフって似ている感じ
チェーホフは自分の子どもは持てなかったけど

53 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 13:42:19.17
>>40-42
貧しい人の治療を無報酬でやったり、子供に教科書を配ったり
慈善活動をしながら作家もする
尊敬するけど、素晴らしい人に出会ったという陶酔感はないな

チェーホフは悪くない
俺の心がおかしいんです

54 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 18:57:52.96
チェーホフさーん!

55 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 22:31:34.56
>>53
陶酔とか、感涙とかウェットなのはチェーホフに合わない気がする

56 :吾輩は名無しである:2011/11/05(土) 00:17:05.01
今のドラマでチェーさんとか呼ばれてるし

ほとんど手帳のネタ?小説かな

57 :吾輩は名無しである:2011/11/05(土) 12:18:48.00
虚無感

58 :吾輩は名無しである:2011/11/06(日) 09:27:44.36
チェーホフの小説は何も起きない、何かが起きても何も起きない

59 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 13:32:34.96
でも、チェーホフは女好きなんでしょう

ブサイクにも手厳しいし

60 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 13:36:44.79
そういえば、『1Q84』でサハリン島が取り上げられてチェーホフが盛り上がる
のかと思ったら、意外に注目されなかったような気がする
去年は生誕150周年でもあったのに

61 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 21:57:48.56
サハリン島旅行の時でしたか、
日本人娼婦とも手合わせしてましたね。
そして、友人だか編集者だかに手紙で彼女の妙技を伝えていたとか。

当時の日本人は娼婦にいたるまでエネルギーがありました。
貧しかったんですね。


62 :吾輩は名無しである:2011/11/09(水) 01:38:12.72
>>61
現代の吉原の娼婦たちもエネルギッシュですぞ。
吾輩は月2回65000円払って、娼婦を買ってまする。
いやあ、買春は楽しい。

63 :吾輩は名無しである:2011/11/09(水) 03:13:24.90
童貞だからモテる男の話は辛くなる
現代の英雄とか読んでて苦しかった

64 :吾輩は名無しである:2011/11/09(水) 10:35:21.88
>>63
レールモントフか。あれは俺のことを書いたかと錯覚した。
あれを映画化した「愛を弾く女」も女に気をもたせて
思いっきり振る男を描いて、完璧だ。俺のリアルと同じ。

65 :吾輩は名無しである:2011/11/09(水) 13:36:13.28
>>63
川端康成はモテる童貞の話を書いてるな

66 :吾輩は名無しである:2011/11/09(水) 19:58:51.77
>>63
ブサイクで馬鹿な奴が単に偶然で得をする話が楽しいの?

67 :吾輩は名無しである:2011/11/09(水) 21:36:43.77
>>61
チェーホフは日本に行きたがってたけど、それが目的か!?
結局、寄れなかったんですけどね
香港では楽しんだのかな

68 :67:2011/11/09(水) 21:41:24.58
検索したらこんなチェーホフの手紙の一文が出てきた…

  ぼくに子どもができたら、子どもたちに誇りをもって言ってやります。
 『えい畜生、俺だってかつて黒い目のインドの女と性交したことがあるんだよ!
                  いったいどこで? 椰子の木の庭で、月夜に!』

69 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 10:25:54.12
何自慢だよ

70 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 21:44:51.75
『チェーホフの中の日本』をネットで調べたら、面白そうな本だった
でも、アマゾンで見ると品切れ
もしかしたら絶版


71 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 21:45:52.45
死ぬ直前には、日本人についてなにかうわごと言ってたんでしょ

72 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 21:47:13.71
>>71
詳しく

73 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 21:55:01.61
文献じゃなく、レイモンド・カーヴァーが書いた『使い走り』って小説で見た

それは病気で死にかけてるカーヴァーが、チェーホフが病気で死ぬまでを書いた小説で
その中でチェーホフが死ぬ前に、何か水夫と日本人について断片的に語ったと書いてある

74 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 21:55:33.83
>>70
古本屋では割と見かける率高いと思う
古本屋サイトで検索したらけっこうあったよ
ttps://www.kosho.or.jp/public/book/aimaisearchresult.do


75 :吾輩は名無しである:2011/11/12(土) 10:47:28.26
古書も含め、書籍のネット購入はここで探すと便利ですよ
http://book.tsuhankensaku.com/


76 :吾輩は名無しである:2011/11/12(土) 10:58:20.05
『チェーホフの中の日本』、調べたら全然売ってないですね
>>74さんのところも売り切れたのか、ヒットしないですよ。
2008年刊行で品切れ?
まさか回収してるとか?
手元にある1冊、アマゾンで高く売ろうかな

77 :吾輩は名無しである:2011/11/12(土) 11:00:56.81
著者名で検索したらいっぱい出てきました
売るのやめました

78 :吾輩は名無しである:2011/11/12(土) 11:01:53.59
『チェーホフのなかの日本』が正しいです

79 :吾輩は名無しである:2011/11/12(土) 14:38:29.01
74です
78さんが書かれているように「なか」をひらがなにすれば出てきますよ

80 :吾輩は名無しである:2011/11/18(金) 13:04:48.75
に書かれた短編「獅子と太陽」にホテル日本というのが出てきた
何かこのネームングに深い意味があったのかは分からない
1887年、まだサハリンに行く前に書かれた作品だな

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)