2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★文学板住人が選ぶ必読書リスト★

1 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 11:31:05.40
リストの対象は…
本はあまり読まないけど文学部に入ってしまった哀れな大学生、
子供向けの本はよく読んでいた中高生です

10冊くらいを目処に書いていけばいいじゃない


例:こころ(夏目漱石)
カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)
     ・
     ・
     ・

2 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 11:49:04.75
学術書は抜きで文学限定なのか

3 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 13:59:47.42
現代日本文学

細雪 谷崎
眠れる美女 川端
神聖喜劇 大西
万延元年のフットボール 大江
楢山節考 深沢
俘虜記 大岡
富士 武田
枯木灘 中上
邪宗門 高橋
抱擁家族 小島


4 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 14:12:05.57
カゲロウ 水嶋先生

5 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 15:26:34.49
対象は自由に決めさせてくれよ

6 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 19:31:46.84
オイディプス王
ファウスト

ぐらいしか思いつかない

7 :(@∀@) 株価【E】 ◆ANOSADJXD6 :2011/03/02(水) 18:25:02.14 ?PLT(13334) 株優プチ(book)
>>1
こうゆうのは楽しいですね。完全に好みのモンダイですからね。

「土」 長塚節
「三浦老人昔話」岡本綺堂
「子を貸し屋」宇野浩二
「風流微塵蔵」 幸田露伴
「末枯」正・続 久保田万太郎
「青銅の基督」長与善郎
「巷談本牧亭」安藤鶴夫
「富島松五郎伝」 岩下俊作
「盆栽老人とその周辺」 深沢七郎
「小姓町の噂」高橋義夫

8 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 13:04:44.62
☆ 文豪 サマセット・モームが選ぶ、世界十大小説

『トム・ジョーンズ』 ヘンリー・フィールディング
『高慢と偏見』 ジェーン・オースティン
『赤と黒』 スタンダール
『ゴリオ爺さん』 バルザック
『デイヴィッド・コパーフィールド』 チャールズ・ディケンズ
『ボヴァリー夫人』 ギュスターブ・フローベール
『白鯨』 ハーマン・メルヴィル
『嵐が丘』 エミリー・ブロンテ
『カラマーゾフの兄弟』 フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
『戦争と平和』 レフ・トルストイ

まあ、おれが好きなトム・ジョーンズはこっちのほうだけどな・・・
ttp://www.youtube.com/watch?v=VBdSqk78nHw

9 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 13:16:56.36
これなんてめちゃノリノリなんだけど、トム・ジョーンズおじさん・・・
ttp://www.youtube.com/watch?v=QrwO8b9iq34

10 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 13:22:58.17
Tom Jones dances like HELL !
ttp://www.youtube.com/watch?v=1UxU8s7Au0A

11 :みかん ◆Mikan/ByYA :2011/03/03(木) 16:09:37.30
文学が好きなの、でもね、にちゃんの文学板過疎すぎるから、
行っても特に議論できないの・・・・

うわぁん

とりあえず本読もう

本を読んでるなんてね、
最低でも500は「いいもの」を読んでなくちゃ
堂々といえっこありません。

「いいもの」ってのは、時間の洗練を受けたもの
時間は、だから、残酷とも言われますし、薬にもなるんです

12 :みかん ◆Mikan/ByYA :2011/03/03(木) 16:10:32.78
すいません誤爆しました

13 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 17:02:21.64
>「いいもの」ってのは、時間の洗練を受けたもの

春樹の受け売り恥ずかしすぎるだろ・・・

14 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 19:46:31.55
最近は同時代の読者に読まれるってのも、大事な気がしてきたんだよな。

というわけで生きてる人で、
笙野頼子「居場所もなかった」
小川洋子「ブラフマンの埋葬」
多和田葉子「容疑者の夜行列車」
川上弘美「センセイの鞄」
松浦理英子「ナチュラル・ウーマン」
山田詠美「僕は勉強ができない」
江國香織「神様のボート」
河野多恵子「秘事・半所有者」
吉本ばなな「キッチン」
林真理子「ルンルンを買っておうちに帰ろう」

15 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 19:57:51.72
金井美恵子『文章教室』も追加してよ

16 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 20:57:24.09
じゃあ林真理子は消すかな。

17 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 02:53:51.30
とりあえず、あずまんの本は1冊は読むべき

18 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 02:55:47.99
『カラマーゾフ』『悪霊』『地下室』『罪と罰』
『知と愛』『シッダールダ』
『異邦人』
『ファウスト』
『意志と表象としての世界』
『ツァラトゥストラ』

19 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 14:40:35.60
>>14
何気に女性作家ばかりだな
自分も現存してる作家なら女性の方が好きな人が多いけど

20 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 17:38:10.58
文学板が過疎ってのがいまいち分からなかったが、
「魔法少女まどか☆マギカ」というアニメが開始数ヶ月で465スレを消費したって聞いて、
川上スレが56なんて全然大したことないんだなと実感。それも作品が話題になってではないし。

21 :吾輩は名無しである:2011/03/05(土) 10:11:47.33
萌えアニメとかいい加減卒業しろよw
恥ずかしいから。

22 :吾輩は名無しである:2011/03/05(土) 10:40:22.53
ただの萌えアニメだと決め付ける低能さは救いがたいな〜
ただの萌えアニメだとしてもそれだけで恥ずかしい(笑)として終了させる哀れな感性
読まずに批判する一番質の悪いタイプ
お前の脳はもう動いてないから自殺しろ

23 :吾輩は名無しである:2011/03/05(土) 15:20:25.94
幼稚っていう言葉がある

24 :吾輩は名無しである:2011/03/05(土) 15:57:11.37
萌えアニメから卒業しないのが現代人。
成熟回避とも取れるが、果たして「成熟した大人」がいて「文学」を読む、その像は正しいのか否か。

そもそも昔は、まともな大人の男は小説なんて読むものじゃない、みたいな見方もあったし。
太宰も「小説は女子供が読むもの」と言ってたか。

というわけで>>17の言う通り追加。
東浩紀「動物化するポストモダン」

25 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/07(月) 10:12:28.99
中高生向けなら『TUGUMI』とか『夜のピクニック』

大学生向けなら『夜は短し歩けよ乙女』とか『ノルウェイの森』みたいなのでいいじゃん。

子供の頃から身の丈に合わないような本を読ませてどうするの?

26 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 10:37:52.95
あの事件、実は在日の仕業
http://mikosuma.com/

27 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 15:11:09.75
それなら小学生はズッコケ三人組だな

28 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 18:50:17.81
ふたりのロッテ
万年元年のフットボール

ジュラシック・パーク
豊饒の海
重力の都
高野聖
桜の森の満開の下
ニューロ・マンサー
たんぽぽのお酒

29 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:06:04.46
2chとパチスロって似てると思う
パチスロにアニメの作品多いよね
2chやパチスロを呆けた顔してやってる池沼が、呆けた顔のままアニメを見ている
ただそれだけのことである

30 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:30:17.29
>>29
自己紹介、乙!(キリッ)

31 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 20:15:53.56
こういうスレで必要なのは自分の衒いを出さないことだろう

意志と表象としての世界とかマジで薦めてんのか?

32 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 20:51:45.86
龍の子太郎くらいしかおもいつかない

33 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 22:32:05.57
ここ、バカ指数高くね?

34 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 17:43:20.06
バカはお前だろ。

35 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/10(木) 19:38:52.35
馬鹿を承知の上でする発言とか、思ったことを素直に口にすることは悪くないと思うよ。

「ためらい」とか「諦め」こそが罪悪。

36 :吾輩は名無しである:2011/03/11(金) 11:53:09.97
東の小説ではどれがおすすめ?

37 :吾輩は名無しである:2011/03/11(金) 21:52:02.76
数冊をなんども読むほうがいいかもな

38 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 09:58:13.12
>>35
逆だな。沈黙は金。慎み深いことは美しいし、無害だよん。



39 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 10:38:10.00
リアルでは沈黙
2ちゃんでは言いたい放題
この場合は?

40 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 13:34:25.96
沈黙、それだけが尊ばれるなら無害では決してない。

41 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/14(月) 20:18:47.25
>>38他人に迷惑をかけるのはよくないけど、少しくらい迷惑かけるのは仕方ないと腹をくくって、

馬鹿なことを言ったら容赦なく批判してくれていいから、次々と先へ進みたい、と思う。

そのほうが面白いと思うな。思慮深さに欠けるのは確かに美しくはないけど。

ということで、俺は少数精読より多読派だ。

そして、若者には根本的なテーマを扱った小説を読んで欲しい。もちろん、詩も。

42 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 21:07:37.25
必読書も何も
新潮社の文庫でどこの本屋でもブックオフでも
売っててみんな読んだ事あるに決まってるし。
こんなのは、結局自分にとっての必読書だったのを自慢するスレなんだな。

とりあえず、中学三年までの数学の本とかは、理解したら何か考えたり説明するのに役に立つ。
そのぐらいの論理力みたいなものは在った方がいいみたいだし。なかったら駄目みたい。

あと、キーモンニコライデスのデッサンの道しるべ。
とか右脳関連の絵の本。

右脳が結構大きな位置しめるからな。

本読んでもおもしろくなかったとか分からないとかいうやつは。
右脳鍛えてから読むと良いだろう。

本読んで感動出来るとか言うのは感受性とか才能じゃないわ。
本人の体験とかによる。

43 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/03/14(月) 21:10:19.27
>>41
ほほう。三浦は多読派か。一日一読も大変だからな結構。

44 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/15(火) 10:39:56.53
>>41ショーペンハウアーとかが、天才の作品だけ、良書だけを熟読しろ、とか、古典を読め、とか言ってたけど、

そういう作品って、俺には理解するのが難しいし、

古典は、それが書かれた必然的な理由、バックグラウンドを知らないと読めないって思った。

本読んでて理解出来ないのは正直辛いし、落ち込む。

だからこそ、まずは、歴史とか文化、哲学なんかで理解装置を作るためにって意味でも多読派だ。

ここの住人は、入門書とか、解説書、概説書をみんなまとめて軽蔑してるかもしれないが、

いい入門書、いい解説書はある。そういう本はためになるし、面白いと俺は思う。

あと、読書は癖をつけたら、興味薄い本でも意外と読めるぞ。

45 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 11:56:57.98
>>44
>ショーペンハウアーとかが、天才の作品だけ、良書だけを熟読しろ、とか、古典を読め、とか言ってたけど、

賛成。しかもなるべく生に近いテキストで読みたい。



46 :吾輩は名無しである:2011/03/30(水) 21:01:07.02
惜別
金閣寺
正義と微笑
アンナ・カレーニナ
人間失格
音楽
ツァラトゥストラはこう言った
斜陽
午後の曳航
宴のあと
もの思う葦

47 :吾輩は名無しである:2011/03/31(木) 13:43:50.33
宇津保         
源氏          
とはずがたり
万葉集 
八代集
金槐和歌集  

48 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/03/31(木) 13:59:42.34
どうもピンと来るものがないな。武陽ならば散々罵倒するのだろうが、奴が居ないとくだらんw

49 :吾輩は名無しである:2011/03/31(木) 14:33:18.64
お前がやればいいだろカス

50 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/03/31(木) 18:23:01.03
>>48その武陽って人は物知りだったの?

51 :吾輩は名無しである:2011/04/01(金) 01:18:19.96
>>48
くだらんのはお前だ馬鹿

52 :吾輩は名無しである:2011/04/01(金) 01:22:48.37
>>50
ただのレス乞食だよ。
他人の趣味をけなすだけの不快なコテだった。

53 :粕漬マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/04/01(金) 01:51:16.63
いや、何かどす黒いものを抱えているんだろうが罵倒には知識の裏付けがあって面白いことも多かった。

54 :吾輩は名無しである:2011/04/01(金) 04:58:35.75
でも言ってる意見に同意できることがほとんどなくて地頭が悪い感じだった

55 :吾輩は名無しである:2011/04/01(金) 17:06:04.39
ハッキリ言ってモテモテだったな
ムキになって言い返してくるところがウケたのか
かまって欲しくてイチャモンつける奴等ばかりだった

56 :吾輩は名無しである:2011/04/01(金) 20:28:31.48
女であそこまで口汚いコテを見たことはなかった

57 :名無し募集中。。。:2011/04/01(金) 21:13:46.27
まあ

(o^v^o)に較べればかわいいもんやけどな


58 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/04/02(土) 09:45:24.98
人気者だったんだな…

武陽にオススメの本とか聞いてみたかった。

59 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 21:47:31.94
アドルフヒトラー著、我が闘争

60 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 17:47:06.64
学術系の必読書教えてください

61 :吾輩は名無しである:2011/05/05(木) 18:32:53.22
プラトン

62 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/05/05(木) 22:27:11.17
プラトンとキリスト教知らないうちから、ほかの西洋哲学に手を出しちゃだめだよね。


63 :(@∀@) 【東電 80.2 %】 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 【rakugo:3407】 ◆ANOSADJXD6 :2011/05/05(木) 23:36:46.25 ?PLT(13334) 株優プチ(book)
プラトンの名前くらいしか知らない人間は、手始めに何を読めばよさそうですか。

64 :吾輩は名無しである:2011/05/06(金) 00:29:12.06
>>63
プラトン

65 :吾輩は名無しである:2011/05/06(金) 00:31:31.41


66 :吾輩は名無しである:2011/05/06(金) 01:38:02.63
「プラトン入門」(竹田青嗣)で充分だと思う。

67 :吾輩は名無しである:2011/05/06(金) 01:52:45.58
せめて藤沢令夫くらいには手を出しといたほうがいいよ
竹田とか超訳ニーチェとかより多少ましって程度だろ

68 :吾輩は名無しである:2011/05/06(金) 02:05:19.13
へ〜

69 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/05/06(金) 08:47:58.24
>>63岩波現代文庫に田中美知太郎っていう、プラトン研究の第一人者が書いた『哲学初歩』って本があるけど、
その本は古代ギリシャ哲学の主要な問題点をある程度押さえながらなぞっていく本で、便利。
手始めにそれを読んで、わからない用語を、ネットか、『岩波哲学・思想事典』みたいなので調べていくと、
哲学の本質的な問題について、ある程度はまでなら知ったかぶりすることができるよ。

70 :(@∀@) 【東電 82.7 %】 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 【rakugo:3407】 ◆ANOSADJXD6 :2011/05/06(金) 23:29:58.71 ?PLT(13334) 株優プチ(book)
ありがとうございます。学生時代にはギリシア語だのアリストテレスを読む演習だのを
履修してなぜか単位も取れてるのですが、悲しいことに出席した記憶が
ぼんやりとあるきり、中身はこれっぽっちも覚えてない…。
心を入れかえてやり直します。

71 :吾輩は名無しである:2011/05/09(月) 23:49:43.17
他に当たり前すぎてあまり名前が出てこないようなのあったら教えてください
フロイトとかですか?

72 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/05/10(火) 00:27:53.56
本当かどうかわからないけど、立花隆なんかは、フロイトは間違ったこと言ってるから読む価値ないって言ってますよ。

フロイトの思想は一時期文学に大きな影響を与えたし、真偽はともかく、教養だと思って読むのはありだと、個人的には思います。

73 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 01:08:13.43
立花なんてブンヤには文学はわからんと思うが
フロイトを読む必要がないのは事実

74 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 01:24:34.80
罪と罰、ボヴァリー夫人、白鯨、レ・ミゼラブル、神曲、マクベス、ハムレット
挙げると切りがなくなるなw
一冊なら罪と罰だねー、色んな要素があるからなこの本。構成も完璧だし。

75 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 16:05:48.63
白鯨は読むべきだな。ユゴーは・・・

76 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 17:11:10.13
>>72-73
それほど重要ではないんですねえ

>>74-75
有名な作品は出版社やら翻訳者やらが違うものがあるんですが、
これよりはこっちがいいとかむしろこれは絶対にダメとかあるんですか?

77 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 20:30:17.79
罪と罰:岩波、新潮、光文社
白鯨:岩波、新潮
どれがええのん

78 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 22:34:37.03
フロイトは科学だと思って読んだら駄目だけど(検証不可能だから)、
一つの思想だと思えばじゅうぶん読む価値がある。
とくに「人間モーセと一神教」とかやっぱり何か凄い洞察がある。

79 :吾輩は名無しである:2011/05/10(火) 22:59:11.39
白鯨に関して講談社文芸文庫の訳が読みやすいと思うものの
一冊2000円近くする金銭的ネックからお勧めはしない

一番安価な新潮も味わい深い訳だが
(「Call me Ishmael」を「まかりいでたのはイシュメールと申す風来坊だ」と訳している)
解説や註は岩波に劣る

やはり註も豊富であり訳文も読みこなすのに無理のない岩波を推す

80 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 01:12:00.14
白鯨って特異な小説だと思う。過剰だし、長いし。
私の知る限りでは、他に同じような本が全く無いから、あれは絶対に読んでおくべきだね、同意するよ。

81 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 01:16:23.07
小説じゃないけど、新約聖書は凄くないか?

82 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/05/11(水) 10:14:45.83
聖書を知ってると知らないとじゃ文学作品の見方が、ガラッとかわってしまうくらい、聖書の影響はデカイしなあ。
聖書を知らない日本人が読む『白鯨』とアメリカ人が読む『白鯨』は別物だ。

83 :吾輩は名無しである:2011/05/11(水) 17:36:22.36
>>79
ふむふむ
岩波を読んでみまつ

84 :吾輩は名無しである:2011/05/12(木) 01:35:09.86
新約聖書。確かに思想基盤というか影響力というのもあるけど、とにかく書かれてある内容が凄い部分がある。
カラマーゾフの大審問官といい、遠藤周作の沈黙といい、一節をネタにしただけで本が一冊出来上がっちゃうくらいだからね。

85 :吾輩は名無しである:2011/05/12(木) 17:18:34.81
日本文学で特に影響の大きいものを教えてください

86 :吾輩は名無しである:2011/05/12(木) 23:16:23.33
あなた方、知識が豊富ですよね。趣味でここまで達したのですか?

87 :吾輩は名無しである:2011/05/13(金) 14:12:59.09
>>85
日本の近代文学史を見てみれば分かるけど、その質問は少しナンセンス

88 :吾輩は名無しである:2011/05/13(金) 21:42:29.58
>>87
センスがあったら質問なんかしないでしょ
そのレスこそがナンセンス

89 :吾輩は名無しである:2011/05/13(金) 21:45:19.01
ちなみにセンスの意味はわかってます^^;;;;;;;

90 :吾輩は名無しである:2011/05/16(月) 19:33:47.01
>>26


91 :吾輩は名無しである:2011/05/17(火) 08:54:17.88
生きている作家なら高村薫「晴子情歌」からの三部作、
大西巨人「神聖喜劇」。
実力の割に評価されていない野上弥生子、漱石よりも骨太だと思う。

92 :吾輩は名無しである:2011/05/20(金) 03:56:59.04
パチンコ業界の集団ストーカー
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1275726604/

集団ストーカー 対策編
http://www.youtube.com/watch?v=r0yEg4B0Ddc

93 :吾輩は名無しである:2011/07/24(日) 10:58:59.47
古都 川端康成
春琴抄 谷崎潤一郎
こころ 夏目漱石
山月記 中島敦
斜陽 太宰治
聖書
シェイクスピア
百年の孤独 ガルシアマルケス
神曲 ダンテ
イリアス、オデュッセイア ホメロス

聖書、ギリシア神話は必読だと思う。下地がないとわからない文学がたくさんあるから

94 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 17:36:05.37
ムムッ

95 :吾輩は名無しである:2011/09/30(金) 22:28:06.74
ドストエフスキー 罪と罰
三島由紀夫 金閣寺
大江健三郎 万延元年のフットボール
平野啓一郎 決壊

96 :吾輩は名無しである:2011/10/03(月) 00:04:26.04
ドストエフスキー「虐げられし人々」「カラマーゾフの兄弟」
ディケンズ「ディウ゛ィッド・コパフィールド」
夏目漱石「こころ」「それから」
森鴎外「舞姫」
「源氏物語」
ゲーテ「ファウスト」「ウ゛ィルヘルム・マイスター」
トーマス・マン「魔の山」
プラトン「ソクラテスの弁明」「パイドロス」
スタンダール「赤と黒」


97 :吾輩は名無しである:2011/10/10(月) 12:05:02.04
「万延元年の玉転がし」を何度も挙げてるやつは同一人物だろwww
投票は1人1回にしろよ

98 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/10/12(水) 00:33:19.06
Ulysses

99 :吾輩は名無しである:2011/10/30(日) 20:23:27.88
ふがー

100 :吾輩は名無しである:2011/10/31(月) 16:54:37.76
文学板某OB(OG?)が新参者にすすめる10冊。

「徒然草」
「歎異抄」
「青が散る」
「水辺のゆりかご」
「人間・この劇的なるもの」
新約聖書
ギリシア悲劇(一つを選ぶなら「オイディプス王」)
シェイクスピア(一つを選ぶなら「ハムレット」)
「賭博者」
「嵐が丘」

ごくたまーに見にくることもあるからね、みなさん♪

101 :もっけ:2011/10/31(月) 17:41:13.63
三島由紀夫は絶対読んどけ!文学板の住民ならとりあえず何でもいいから嫁。

102 :吾輩は名無しである:2011/10/31(月) 20:35:44.23
やなこった。

103 : 【28.9m】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/10/31(月) 23:42:25.13
加賀乙彦「宣告」

104 :吾輩は名無しである:2011/11/01(火) 09:39:06.93
三島幸男は「不道徳何とか講座」を読んだ

105 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/11/01(火) 13:23:06.64
>>100
美香だな。

106 :吾輩は名無しである:2011/11/02(水) 01:46:58.61

名称を正しいものにしないサヨクの伝統的手法
どの板でも見られる伝統芸能です




107 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/11/16(水) 00:18:50.36



108 :吾輩は名無しである:2011/11/16(水) 20:16:37.81
堀田善衛「審判」

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)