2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

丸谷才一

1 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2010/12/22(水) 18:39:49
蓮實 まず「私小説」以外の小説(傍点)がはたしてあるのか。原理的な問題としてではなく、
具体的な作品として。たとえば丸谷才一の『裏声で歌へ君が代』、あれは「私小説」的なもの
から可能なかぎり遠ざかろうとしているけど、小説としては零だと思うわけです。『笹まくら』にしても
『たった一人の反乱』にしても読んでいるとつらくなってくるんです。西欧小説にたいする後進国的
な思いこみだけで書いているでしょ、このひと。ヨーロッパのほんの一時期の小説類型に殉じよう
とする特攻隊精神というか、文学はもっと自由でいいわけだ。彼の場合も、「私小説」的に書いた
『横しぐれ』だけがちょっとおもしろい(一同賛同)。むろんよいものが出てくれば褒めるのにやぶさか
でないし、ぼくとしては「私小説」なるジャンルにべつにこだわっているわけではない。 (P32)

『批評のトリアーデ』(1985)

2 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 19:58:55
まさかの2ゲット

3 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 20:26:37
おちんちん

4 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 20:56:50
(o^v^o)おちんちんかよ!

5 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/22(水) 22:19:06
おちんちんじゃねえよ!

6 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 22:45:46
>>5 出たな!鈴木雄介! 許さん!!

7 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/22(水) 22:47:40
なんで怒ってんの?

8 :6:2010/12/23(木) 00:12:29
深い意味は無くてよ

9 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/23(木) 00:36:45
びっくりしたなあ。もう

10 :チワワ ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/23(木) 02:36:46
∪o・ェ・o∪{きゅ〜ん♪(くだらないなあ)

11 :吾輩は名無しである:2010/12/23(木) 09:05:01
丸谷さんは天才でふ

12 :吾輩は名無しである:2010/12/23(木) 18:55:54
なんで天才やねん!!才能のなさは本人が一番良く知ってるはず

13 :吾輩は名無しである:2010/12/23(木) 20:57:58
おまえもな

14 :吾輩は名無しである:2010/12/27(月) 01:44:40


15 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/01/04(火) 22:15:26
なんと言うか丸谷の書くものは上記の思い込みに取り付かれているような気がするんだよな。
「文学全集〜」というのは結局「これと派生する書物を読んでいけば丸谷才一になれる全集」ということでしかない、と書けば言い過ぎか。
「偏愛する〜」と断っている蓮實は少しはましだな。

16 :吾輩は名無しである:2011/01/05(水) 15:45:54
そこまでの引力があるとは、さすがに自分でも思っていないんじゃないか。

17 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 18:12:55
丸谷の初期の作品どれでもええからみてみ、文体の冴えのなさゆうたら呆れる
ほどやで・・だから江藤にバカにされるんやろ

18 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/01/08(土) 18:17:06
丸谷というのは本人が思っているほど凄い作家ではないだろ。
エッセイはそこそこ面白いが、ただの物知り爺さんといってしまえばそれまでだ。

19 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/01/08(土) 18:26:33
アイルランド、イギリスの作家から影響を受けたようだが、彼らにあるような一種の刺々しさ、冷たさがないのだな。
ある意味では安定しているといえるのだろうが。

20 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/08(土) 18:30:33
丸谷謎はユリシーズ翻訳家と死て死か残らぬ爺さんで笑止ねぇ〜(笑)

21 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 11:33:34
ttp://book.asahi.com/hyoryu/TKY201007200163.html

22 :吾輩は名無しである:2011/01/13(木) 19:39:25
>>18
知識的な部分しか、つまり内容の核心までは読みとる力のない私です、という
告白か。なかなか可憐でよろしいな。


23 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/01/13(木) 20:32:43
ただのエッセイ屋だといっているだけだw
内容より表面を見ろ。そう教わらなかったか? 
丸谷が安定した位置に止まってそこから抜けられない作家である事は自明のことだ。

24 :吾輩は名無しである:2011/01/13(木) 22:44:20
書く前にまず、自分は何を言いたいのか考えをまとめてごらん。
そう教わらなかったか?
それができるようになったら議論の相手もしてあげよう。
しかしひでえなあ、きょうび中学生でももう少しましな文章を書くよ。

25 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/01/14(金) 00:24:35
ふむ。分からないのか。馬鹿には教えられんなw

26 :吾輩は名無しである:2011/01/14(金) 01:15:58
マグナは他人をキチガイ扱いしてきた狂人。

27 :吾輩は名無しである:2011/02/02(水) 21:03:03
鼎談・読書について 筒井康隆さん×丸谷才一さん×大江健三郎さん
ttp://book.asahi.com/clip/TKY201102020200.html

28 :吾輩は名無しである:2011/02/03(木) 12:37:24
「完本 日本語のために」 新潮文庫 3月

29 :吾輩は名無しである:2011/02/07(月) 21:41:43
テスト

30 :吾輩は名無しである:2011/02/13(日) 13:47:06
今週の本棚:丸谷才一・評 『きことわ』=朝吹真理子・著
ttp://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2011/02/20110213ddm015070003000c.html

投げやりだな お迎えが近いのかもしれん

31 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 14:33:57.25
お前のレスも投げやりに読めるけどやっぱりお迎えが近いのか?

32 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 14:48:29.24
忠臣蔵についてもっと書いてよインチキ野郎

33 :48>306:2011/03/27(日) 16:24:45.85
★原子力委員長・中曽根康弘の娘・美恵子と原発ゼネコン鹿嶋建設が結婚しているという利権の閨閥関係
岩手宮古の田老地区が世界に誇った堤防でさえ総費用は現在値で50億円であった。あと25億円あれば倍の高さにすることが出来た。
では、
1隻1500億円のインチキ戦艦イージス6隻は震災が国民を攻撃した3・11に、
何をしていたのか?
1隻600億円のインチキ潜水艦16隻は? 2000億円のインチキスパイ衛星は?
一体、何をしていたのか?
http://esashib.web.infoseek.co.jp/tohokuzisin01.htm
軍部・軍需経済の拡大に対して敢然とたたかうことを忌避した国民は生活の全てを破壊略奪されることを忘れてはならない。
http://www.angelfire.com/planet/horiemon06/mokuzinoko.htm
★原子力委員長・中曽根康弘の娘・美恵子と鹿嶋建設が結婚しているという利権の閨閥関係
鹿島建設(現・鹿島)は、原子力発電所の建設では圧倒的な業界一であり、判明している限り、高速増殖炉"ふげん"、"もんじゅ"、
福島第一原発1・2・3・4・5・6号、 福島第二原発1・2・3号、浜岡1・2・3号、伊方1・3号、柏崎1・2・5号、女川1号、島根1・2号、東海1・2号、大飯3・4号、泊1・2号を建設してきた。
その創業一族・鹿島守之助の娘婿・渥美健夫が、前述のように鹿島建設の後継会長となり、その息子・渥美直紀が、原子力委員長・中曽根康弘の娘・美恵子と結婚するという利権の閨閥関係をとりむすんでいた。
したがって、"もんじゅ審査委員会"グループの主査をつとめた京大教授・小堀鐸二が、"もんじゅ"建設会社の一族だということになる。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/satoeisaku01.htm
原発・軍需経済の番犬組織地検特捜部が佐藤栄佐久元福島知事追い落としの策謀を強行したことで、原発事故の拡大を招いた罪悪は万死に値する。
佐藤栄佐久知事でっち上げ逮捕で日本検察陣にどれほどの見返りがあったのか、
その誠実な検証がなされない限り、福島原発被害者が浮かばれることはない。



34 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/07/16(土) 00:18:08.41
『思考のレッスン』と『新々百人一首』を読みましたがよかったです。

丸谷才一と大江健三郎は作家の中でもかなりの読書家だと、何かの本で読んだけど
あれは何の本だったっけ…

35 :吾輩は名無しである:2011/07/16(土) 00:30:56.57
どうりでつまらない小説書くわけだ

36 :吾輩は名無しである:2011/07/17(日) 01:46:54.32
だいたいそういう事吹聴してるのは井上ひさし

37 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2011/07/17(日) 07:45:47.64
>>36思い出しました!たしか井上ひさしの『本の運命』ですね。
ありがとうございます。

実際はどうなんでしょうね。丸谷は典型的教養人という感じがしますが、
井上ひさしのように何万冊も読んでいるのでしょうか…

38 :吾輩は名無しである:2011/07/18(月) 03:22:31.51
読んでるだろうねえ。その代償として小説はぎこちない。

39 :吾輩は名無しである:2011/07/18(月) 10:01:13.60
ぎこちないって例えばどういうことだろう。
技巧が勝ちすぎるというようなことかな?
むしろ38君が読み手としてぎこちない読み方をしているんじゃないかという気がするが。

40 :吾輩は名無しである:2011/07/28(木) 08:40:46.02
丸谷さんの新作が秋頃に発表されるらしいね。
お行儀の悪い、エロチックな内容だっていう話だけど。

41 :negaD:2011/07/29(金) 02:39:11.13
高校大学時代は丸谷にぞっこんだった。
私生活でもすべて歴史的仮名遣いで通すほど。
でも、いまや何も期待していない。残念ながら。
でも、『笹まくら』と『横しぐれ』は傑作だと思う。


42 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 09:16:41.95
エッセイは五、六冊読んだけど、まだ小説は一冊も読んでない
おすすめは上の二冊かい?

43 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 10:29:43.81
『笹まくら』と『横しぐれ』。

それとやはり円熟期の長編、『たった一人の・・』以降から一冊。
一冊、どれを選ぶか。『女ざかり』かな。

44 :吾輩は名無しである:2011/08/11(木) 11:14:19.32
ボートの三人男に続編に当たる作品があるんだよな。
それも訳して欲しかった。
今となっては無理かなあ…

45 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 21:35:51.03
久々の長編が文芸誌に載ったのに反応ゼロ

46 :吾輩は名無しである:2011/09/09(金) 23:55:37.82
みんな読んでる途中なんだよ
お前も読んでないくせに

47 :吾輩は名無しである:2011/09/10(土) 00:16:25.43
のだめのパクリ

48 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/22(木) 22:42:18.67
ちよつと気取つてage

49 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 09:20:50.01
エホバの顔を避けて、だったかあれは良かった。
あと、たった一人の反乱で、嫁さんとナニをした後、ポタポタナニを
嫁さんが落としながら歩く描写は書けていたな。

50 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 21:34:02.53
「たった一人の反乱」20代で彼女からプレゼントされた。どこが良いのかわからなかった。退屈じゃなあ。
谷崎賞受賞していた。谷崎賞はろくでもない賞だと思った。どこか間違っているか。
40年ぶりに丸谷が「若き日の芸術家の肖像」を訳しなおしていることを知った。
卒論も「若き日の・・・」だったそうだ。わしはなんと不遜にも「ユリシーズ」だった。
丸谷を小物扱いした。訳しなおすなら『ユリシーズ』一人で訳せといいたい。

51 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 22:15:07.73
私は「訳さないでくれ」と言いたい

52 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 22:35:07.77
そんな時間ないだろ

53 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/23(金) 22:35:58.66
丸谷は面白いと思うが、色々な文章に言及しても、後続が育ってくれない、という部分はあるよな。
春樹と夏樹には期待しているようだが別物な気がする。何をとち狂ってか朝吹を褒めたがこれもちょっと違うと思う。

54 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/09/23(金) 22:37:29.67
若島とかどうなんだろうか。そりゃ確かに知識人ではあるが、自分はあの人の書く文章には何の厚みも面白味も見出せない。
小説オタクだと思う。

55 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 22:42:22.73
そういえば山崎正和の『不機嫌の時代』をメチャクチャ誉めてたな

56 :吾輩は名無しである:2011/09/23(金) 23:39:11.50
知的で構成力がある小説家としては
矢作俊彦が丸谷に近いでしょう。

57 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 08:44:11.32
>>49
丸谷さんはね、そういうセックスの実際的な描写が妙にうまいと思う。
「笹まくら」にも行為そのもののいい描写が何箇所かあるね。
セックスの描写というより、日常の行為のある側面の拾い上げ方が上手なのかもしらん。
例えば、「たった一人」だったか、主人公がうんこするエピソード。うまい。

58 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 08:58:57.58
>>57
私は、小説を読んだらそういう細部しか記憶には残らんので、
大層な理屈ははなっから興味がない。

59 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 09:06:10.97
>>58
そういうの、小説の面白さのかなりの比重を占めるものだと思う。
「神は細部に宿る」。

60 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 09:29:10.79
よく小説を読む楽しみとして、筋を楽しむということがあがるけど、
あれをこれしてこうなった、というのが筋の基本なら、その筋も
あんまり覚えていない。

61 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 11:32:05.41
丸谷才一の「忠臣蔵とは何か」は、その素材の物語が魅力的なうえに、
原作者たちがとくに自作に無意識的であったために、文学についての文学として格別の成功を収めている。
ともあれ、読み終わってなによりも思うことは、ここには批評と原作の幸福な出会いがあり、
もっとも基本的な意味で、文芸評論の醍醐味がかもしだされている、ということである。
一方に、舌なめずりして隠された意味を読み解こうとする眼があり、他方には貝のように黙って、
おびただしい意味を無意識の底に隠している作品がある。
これこそ、近代と古典の出あいということだろうし、知性と詩との衝突といえるものだろうが、
その間にこれだけの距離があり、ドラマがあることが、批評に得がたいエネルギーをあたえている。
古典はもっともっと読み解かれねばならず、批評は古典によって鍛えられなければならない。
それにつけても、現代の劇や小説があまりにも作家の自意識に侵され、
すべての意味を露出してしまったことの不幸が心をかすめるのだが、これは所詮、いってみても仕方のないことなのであろう。

62 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 19:15:09.46
そうかなぁ?
別に、小説はそれだけ価値をだし、批評は業界で食うための人の
仕事でしょう?ましてや、それを古典と云々なんてどうでもいいような気が
するけど

63 :吾輩は名無しである:2011/09/24(土) 20:41:30.47
>批評は業界で食うための人の
>仕事でしょう?

どういう意味かちょっと想像しにくい意見だね。

64 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/09/25(日) 13:50:50.26
エッセイはよく読んだな。

65 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 12:35:52.47
丸谷 Who ?だね。
文化勲章の価値を高めるかな

66 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/10/25(火) 12:43:02.81
丸谷以外の文学関係の受賞者は、加賀乙彦に山口昌男か。
こっちは勲章じゃないけど。

67 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 14:00:26.79
山口昌男はもう80才だって。えっ、という感じで胸を衝かれた。

68 :森ノ内 ◆ZnBI2EKkq. :2011/10/25(火) 19:05:40.89
加賀はドストに執着し過ぎ・・・しかも、読めていない(笑)

69 :吾輩は名無しである:2011/10/25(火) 19:59:19.22
内田百閧竭蜑ェ昇平や大江健三郎のように叙勲を固辞する作家は、もう現れないんだろうな。

70 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 02:41:55.97
>>69

大岡に蹴られて以来、必ず本人の承諾を取ってから発表することになっている。
大江は、蹴られることはわかっていたが、ノーベル賞を取ってしまったので、
叙勲候補にせざるを得なかったと言われている。


71 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 08:21:44.24
頭悪いスノッブが一生懸命、上手く立ち回って文化勲章を
もらいましたというサタイア。何も自分で考えたことがなくて、
周りの空気を読んで発言したり、書いたりしてるだけ。

72 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 08:48:23.77
>>71
何も自分で考えたことがなくて、周りの空気を読んで発言したり、
書いたりしてるだけのおまえが何に言ってるんだ(笑


73 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/10/26(水) 12:46:50.40
北杜夫死去か。梨のつぶてで褒めてたし色々評論も書いてるから、ショックだろうなあ。

74 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 13:04:21.18
姓は角谷だったのに、いつのまにか根村に改めていたんだな。
婿になったわけでもないと思うが…

75 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 13:54:55.82
婿入りしたのは有名な話だ。


76 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 19:32:01.63
>>72
お前はオウムか。
丸谷の業績は何もない。
強いものにへつらい、弱い者に付け込んで来ただけの丸谷だ。
丸谷が自分で考えたことなど何もない。

77 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 20:18:19.61
>>76
みじめなやつだな、おまえって(しみじみ

78 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 20:44:00.68
昭和30年代くらいまでまでの受賞者を基準にすれば
丸谷が文化勲章なんて論外だけど
どのみち昭和後期からは長生き競争に勝った人がもらう勲章なんだから
丸谷がもらっても違和感ない(w

79 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 20:59:40.98
>>78
まるっと同感

ところで、筒井康隆も長生きすれば文化勲章くらいは貰えるかな?

80 :吾輩は名無しである:2011/10/26(水) 21:16:52.62
たしかNHKの報道では、小説以外の多彩な活動が評価された、と総括されています。
つまり、小説以外の翻訳や評論といった“文化人”としての活動が
“文化”勲章を叙するに値した、ということなんでしょうね。
まあ、小説家としては北杜夫氏や筒井康隆氏程のものではありませんから。
小説や評論、翻訳もそこそこ愉しめる水準にはあるのですが
谷崎や小林といった過去の受賞者に伍するほどの内容ではないでしょう。

81 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/10/26(水) 21:58:26.40
いや、丸谷の小説はそりゃ文豪の名作と比べるあるいは海外の文豪作品と並べても、今一つ、いや今二つは劣るかもしれないが、それなり良さはある。
記憶の流れを突如逆行させたり、その部分を照り映えさせるのはうまい。
「横しぐれ」で重要なのは坊主が種田山頭火だったかということではなく、記述の中に少しずつを過去の記憶の断片を仕込み、それを最後にいたって再構成させる手法なのだ。
記憶の問題を意識しているということでは、やはり丸谷は特殊な作家なのではないだろうか。

82 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/10/26(水) 22:04:33.26
>>80
小林秀雄ってそんなにいいものか? エッセイのうまさということでは丸谷に軍配があがりそうだ。
谷崎は作品によって出来不出来の差が激しい。それと比べればまだ丸谷は安定しているほうだ。

83 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得原爆:2011/10/26(水) 22:14:59.35
今一つ、いや今二つは劣るかもしれないが、それなり良さはある

エロトマニアでハーマンアマナミエコ(川上弘美鈴木)
と共犯の、キムチのこいつ全然具体的論拠がないんだよな。

記憶がどうこうというのは間宮がやってるパクリだろ


84 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 01:26:28.09
>>82
小林秀雄の本領は批評であり、近代文学においてはその開拓者です。
また、丸谷と谷崎とでは小説の数が違います。
一般的に数が多ければ駄作の頻度も高まります。
逆に丸谷はそのキャリアに比して小説作品の本数が非常に少ない。
それは天下の公共放送が「小説以外の」と断りを入れた程の寡作ぶりです。
だからこそ「安定」しているともいえるわけですよ。
小説の出来映えで言えば筒井康隆や北杜夫と大して変わりません
そして、作品数や世間への浸透度では筒井や北の方が上です。

85 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/10/27(木) 01:44:20.96
丸谷は海外の作家を目指したかったんだろ。だから作品数を必然的に少なくした。
評論で稼ぐという方法を編み出した訳だな。その意味では澁澤龍彦と非常に近い。日本で洋物志向だと必然的にそうなる。
丸谷は教師になっているが。作品数が多ければ作家として優れている、という考え方はどうかと思う。
ヴィクトリア朝の小説家は作品数が多く、ページ数も膨大だ。だから20世紀の作家よりおしなべて優れている、とはとても言えない。

86 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得原爆:2011/10/27(木) 01:51:03.49
海外の作家を目指したかったんだろ

それはそこの間宮緑 俺を目指したかったんだろ

評論で営業

それはそこのあんた 自力で作品かけないダウン症の寄生虫の
エロトマニア関係妄想鈴木腐れ縁志願でサツに殺される
津原と川上弘美組(チョン)

ヴィクトリア朝

何いきなり比べてんだ?イエローが


87 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得原爆:2011/10/27(木) 01:53:24.76
小説の出来映えで言えば筒井康隆や北杜夫と大して変わりません
そして、作品数や世間への浸透度では筒井や北の方が上です。

お前の都合でホメタリけなしたりして
政治的工作してるだけじゃねえか。
だからメスなんだよ、亜細亜人は
断念をしらない

実力ないのに全員妄想で単語使う、
優劣に拘るが勝つことができない、
ストーカー犯罪と島国自閉妄想単語無駄遣い
盗作居直り・コトダマ詐欺でおもいあがった
論拠のない メスのサル

88 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 06:40:51.90
丸谷は駄目。
富岡多恵子の図に乗ったフェミの勇み足「釋迢空ノート」や、
それに依拠し、さらにヤオイを加えた安藤礼ニの折口信夫論を
誉めたお調子者。全然駄目。
安藤礼ニに大江健三郎賞をやった大江もあかん。

89 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 11:48:26.72
丸谷さんはレトリックが巧い名文家だからね
中身は鯨統一郎と大差ない珍説だったりするわけだが…

ただ文壇政治家的な地位に永く居過ぎた感はある
中上健次みたいに丸谷に嫌われて谷崎賞も読売文学賞ももらえなかった作家がいる反面
大したことないのに丸谷に書評で激賞されたおかげで一気に株が上がった作家さんもかなりいるもんなあ…


90 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 16:35:29.76
スレチっぽいけど。
町田康はどうなのかな?谷崎賞受賞当時丸谷さん審査員だったと思うが
積極的に推したのかな?ふと思って選評さがしたことがあるけど見つからなかった。


91 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 17:13:10.30
>>90
いや、丸谷は町田の「告白」はかなり貶してた
筒井は絶賛だったけど

92 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 17:20:20.88
ってか、ここに書いてあるじゃん。文壇ゴシップおもれーなー。

http://media.excite.co.jp/book/special/dousuruno/p03.html

豊崎 授賞式といえば、谷崎賞の受賞パーティの席で、筒井康隆さんがすごいことを言ったらしく、まだまだやんちゃな人だなと感心したんですけど。
受賞したのは、みなさんご存知の町田康『告白』なんですけど、当然本人もいらっしゃるんですよ、会場に。
「えーっと、今日はわたし以外の選考委員が1人も来ていないので、ほんとの選考会の様子をお伝えいたします」とか言って。
「『告白』に関しては、われわれは受賞は順当じゃないかってことでまとまってたんですが、たった1人猛烈に反対する委員がおりまして、それが丸谷才一です。
こんなものは小説じゃない、こんなものは日本語じゃない、もうたいへんな否定の仕方で。
さすがに聞いているわたしもちょっとそれはないんじゃないかと思って、どうにか庇ってあげられないかと思いました。
ただ選評は順番に述べることになっておりまして、丸谷才一の次が井上ひさしで、彼がちゃんと反論してくれたので
、わたしはあえて何も申し上げませんでした」って暴露したらしいんですよ。
町田康ってちょっと気難しい人なんです、すごく神経が細くて。だから、もう相当どんよりしてたらしいんですけど、
そしたら今度は、婦人公論文芸賞を取った桐野夏生を「あなたは日本で一番小説がうまい」と大絶賛し始めたらしいんですよ、筒井先生が。
それは町田康からすれば気分のいい話じゃありませんよねえ。で、受賞パーティ後の二次会はなかったそうです(笑)。

93 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得原爆:2011/10/27(木) 17:43:25.33
丸やがウマイとか
大したことないのにホメタとか
全部こいつらのウソだよな。
アジア人は全員論拠ない
ダウン症だと思う。しねよ

94 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 22:02:42.63
>>92
なるほど。ありがとう。
「告白」が文庫化された時点で読んで唖然。丸谷氏がいてなんでこんなものを
と思い、そのころ選評をさがしたけど見つからなかった。そうだろうね。スッキリしました。

ただ、今思うと「告白」って妙な魅力があることは確かなんだよね。

95 :吾輩は名無しである:2011/10/27(木) 22:35:28.86
>>92
>こんなものは小説じゃない、
>こんなものは日本語じゃない、
>もうたいへんな否定の仕方で

町田の「告白」は文字通り告白による“ものがたり”だから
丸谷が“小説”ではない、と断じるのは充分納得できる事ですよ。
百歩譲って小説だから語りが主でも首尾結構が整っていれば良い訳ですが
町田の場合はそういうわけでもないので、さすがにあれは認められないでしょう。

結局、谷崎賞は中央公論社主宰の文学賞だから
同社から単行本が出ていた町田に(営業上の観点から)賞をあげても良いだろう、
といった空気に対して丸谷一人が反対したのが真相でしょうね。
実作者の立場から旗幟を鮮明にしたという点ではむしろ評価すべき事ですよ。

96 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得原爆:2011/10/27(木) 23:19:36.35
こんなものは日本語じゃない

だから又作家の言う事にも
毎回 論拠がないんだよね。

自閉症のオナニー中毒の荒らし国家


97 :盗作ストーカー犯罪のせいで311地震と三発目自業自得原爆:2011/10/27(木) 23:22:01.67
{{権力の基盤というか根拠が非常にあいまい(略)女の地位は親の七光りの結果(略)
対照的にギリシア神話の最高神ゼウスは、父親であるクロノスを殺害し、数々の敵を打ち破ることによってその地位を獲得した。
(中略)客観的に見て、太陽神にして最高神という地位は、アマテラスにとっては高すぎるのだ。彼女には何の実績もなかったのだから。
(略)つまり彼女のあり方は、はじめからきわめて誇大な性質を帯びていたのである。(P63)
日本人は、特に集団心理に突き動かされた場合、アマテラスの誇大妄想から来る「自己愛的人格障害」に
影響されると老松氏は言う。つまり他人からの「賞賛」を求めるか、批判を恐れて引きこもるかどちらかになってしまうのだ。
(略)日本のマスコミのネットへの対応は、きちんとした現状認識の上に立っていないように思える。
自らの役割を定義する時には、常に良識という言葉に頼り自画自賛的であり、
自分たちの失敗を踏まえた反省が見られない。そこには、まさにアマテラス的な誇大傾向がある。
(略)「ブログ」は、西洋的な英雄元型が議論する場としてではなく、
綺麗で中身の無いアマテラス的なテンプレートとして、日本では受け入れられた。}
http://d.hatena.ne.jp/essa/20060911
これに全部同意するというわけではないが
まあ言葉の使い方が自己肥大してるんだよね
論理や客観性によって断念されていない
趣味だけであれこれいってるが
具体的にそれはどこかといわれるといえない
アマデウスのモーツアルトに「音が多すぎる」とからんでいた
陛下みたいな感じの発言しかないんだよな日本人には

98 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 07:04:31.52
老松より俺の方がはるかに鋭い。
と、言わずにいられないw

99 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 10:26:57.69
昨日発売の佐々木中の「アナレクタ3」で、丸谷才一の「きことわ」評がボロカスに叩かれている
原文は読んでないのでわからないけど、その引用を読む限り、うーん、もうボケちゃったのかなあ、と思った

ちなみにそれは朝吹真理子本人との対談での発言なのに、佐々木の発言のみの抜粋という不思議な形となっている
本人に配慮して、朝吹はリアクションを載せないでくれ、と言ったのかもしれない

100 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 11:55:32.36
それ、毎日新聞の書評かな。
なんかしきりに女っぽい、女っぽいと書いていた。
「きことわ」がだいぶ気に入ってるんだな、いい書評な、だと思った。

101 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/10/28(金) 12:20:34.25
>>99
佐々木中程度がなんか言ったところでなあ。

102 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 13:14:30.13
>>101
お前ごときに「佐々木中程度」と言われる佐々木マジ涙目

103 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 15:14:36.34
>>100
それそれ
読むひとが違うと受け取り方もずいぶん違うんだな

104 :吾輩は名無しである:2011/10/28(金) 20:14:50.00
>>99
>ちなみにそれは朝吹真理子本人との対談での発言なのに、
>佐々木の発言のみの抜粋という不思議な形となっている

それはマスコミが政治家の言葉尻を捉えた
編集映像を使って糾弾するのによく似ていますね。
対談の場合は文脈に即して発言の真意を検証しなければならないので
佐々木のやっているような事はヤクザの所業といえます。

で、相手は丸谷だから下手すれば訴えられますよ。
実際、大手進学予備校の講師が
無断転載の上で授業でこき下ろした時には訴訟を起こしていますから。

105 :negaD:2011/10/29(土) 00:31:20.75
>>99,100 きことわは女学生の作文レベル
http://negativedialektik.blog65.fc2.com/blog-entry-126.html
参照されたし
宣伝乙


106 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 01:11:03.25
まあ若い評論家は丸谷が死んじまう前にせいぜい喧嘩売っとけ

買っちゃくれないけどな

107 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/10/29(土) 03:35:37.31
>>105
negaDってそのブログの人か。知ってた。
ちよつと気取つて書けが標語である丸谷文章読本を読んでも、この朝吹の表現はおかしなものだよな。
異化させようとしている狙いは分かるが、実力が追いついていない感じ。

108 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 07:16:03.68
>>105みたいなことを一番言いそうな石原慎太郎や宮本輝が沈黙か?w
石原の舌は3枚ぐらいあるんじゃないか?w
石原は朝吹真理子の、中国人やイラン人以下の日本語能力に
疑問を呈しろよw

109 :吾輩は名無しである:2011/10/29(土) 18:00:44.57
つまねぇなー、おまえら使われて満足してる畜生だろう

110 :吾輩は名無しである:2011/10/30(日) 02:05:47.38
>>104
お前、佐々木の該当書読んでないだろ
ほんと、文学やってる奴て頭悪いの多いな

111 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 19:22:11.94
文化勲章と聞いて。誰?

112 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/11/03(木) 21:01:02.75
佐々木とやらの批判をとりあえず当たってみたがまあアレだな。いかにも毒にも薬にもならない批判というか、
丸谷書評に対してこう批判すれば仲間内では空気を読んでいると思われる、程度な書評だったな。
丸谷がまあ敢えて反時代を書いてるのの、反時代的な部分にまんまと引っかかって、これでは女に失礼とか言っている当たり障りの無い反論。
で、佐々木も男だから女について語るのは相変わらず、胡散臭いというよくある流れになる訳だ。
朝吹発言を消してるあたりなんだこれは、という印象も強い。

113 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/11/03(木) 21:01:31.81
書評の評か。

114 :吾輩は名無しである:2011/11/03(木) 22:25:38.74
今週の本棚の丸谷才一評は楽しみにしている。
信頼してる書評家の一人だ。
「きことわ」は読んでないけどw
いままでも何冊か買ってるよ。
つい最近だと、『古典基礎語辞典』。
拾い読みだが面白いよ。

115 :negaD:2011/11/03(木) 23:13:46.95
>『古典基礎語辞典』
 買おうかなあ……高いんだよなあ……

「きことわ」は全く評価しないなー

(よろしければ↓参照)
http://negativedialektik.blog65.fc2.com/blog-entry-126.html

116 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 00:48:25.64
>>112読むといかにマグナがバカか分かるな
空気とかそんなんじゃなくて、本気で怒ってるよ、あれは

117 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/11/04(金) 03:06:23.21
本気で怒ってるようには見えんな、どう見ても。仮にそうだとしたら朝吹発言も収録するだろう。
あとここは佐々木スレではないから。

118 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 13:37:16.24
朝吹真理子の幸運なデビューにはやはり慶応閥や有力な先祖の存在を
無視できないだろうし、
朝吹の4代前の先祖である朝吹英二が福沢諭吉の筆頭クラスの
子分であったことから、忠臣蔵論では福沢とも縁浅からぬ
丸谷であってみれば、朝吹真理子について一言いわずにいられないのが
丸谷の気持ちなんだろう。

119 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 16:28:04.53
やれやれ、コテはずしてもわかっちゃうよw

120 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 16:40:34.28
国家が国民の誰かを不名誉にしたってかまわない。しかし、
国家は人に名誉を与えてはならない。僭越もいいところだ。
国家から文化で勲章をもらうような人には、だから、何んの文化的価値も無い。

121 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 16:46:52.07
だからオレは文化勲章は断る。
あっ、だけどオレ、文化功労者ならいいよ。断らない。
年金はそりゃ是非ともで欲しいから。~~;

122 :吾輩は名無しである:2011/11/04(金) 17:33:53.96
教養無いのが騙される

123 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 07:14:13.74
丸谷も柴田元幸を見習って翻訳に打ち込んでりゃ良かったんだよな。
ジョイスをチョイスしてw
だが、柴田の方が20以上も年下だから無理があるかw

124 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 11:14:17.93
やれやれ

125 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 11:26:42.35
>>124
お前ごときが生意気抜かすなw

126 :吾輩は名無しである:2011/11/07(月) 14:36:33.24
いいから、もう

127 :吾輩は名無しである:2011/11/08(火) 20:44:11.16
「ブルーフジ」というのが、どうもダサい感じがしてしかたないのだが・・・

128 :吾輩は名無しである:2011/11/10(木) 12:12:53.22
「持ち重りする薔薇の花」か。
ああいう芳醇な小説はやはりいいもんだな。
長編というにはやや物足りないけれど、しごく上等なお菓子のような。

129 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 11:37:35.63
勲章のことが「持ち重りする薔薇の花」にちょっとでてくるね。
これ書いた時点で内示は来てたのかな?

130 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 12:00:18.65
「今週の本棚」で誰が書評するかだな。

131 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 13:08:27.99
あれは誰かモデルがいるのかな。

132 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 14:01:35.36
「笹まくら」で戦争忌避者を描き、「裏声で歌へ君が代」といふ名の作品を世に出した作家が、文化勲章を「辞退しない」とは思いもしなかつた。そしてこのことがまつたく議論になつていないといふ不思議。

133 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 15:03:47.10
カナ使い、出来もしないのにやらないことだな。
二箇所も間違うようでは論外(笑

134 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/11/11(金) 15:33:14.57
「笹まくら」で戦争忌避者を描き、「裏声で歌へ君が代」といふ名の作品を世に出した作家が、文化勲章を「辞退しない」とは思ひもしなかつた。そしてこのことがまつたく議論になつてゐないといふ不思議。


直してみた。こうか。

135 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 16:47:05.46
「笹まくら」はべつに反戦小説じゃないし、
「裏声で歌へ君が代」もべつに反国家小説じゃないしなあ。
どうして辞退すると思うんだろう?

136 :吾輩は名無しである:2011/11/11(金) 16:56:58.65
>>134
おまえ中学生か?

137 :吾輩は名無しである:2011/11/13(日) 02:22:07.28
丸谷先生は軍国主義が嫌いなだけで大江健三郎みたいにアンチ天皇制じゃないだろ


138 :吾輩は名無しである:2011/11/13(日) 04:52:42.65
>>137
その通りだが、左翼脳には理解できないだろうね。


139 :吾輩は名無しである:2011/11/13(日) 08:13:17.62
『裏声で歌へ君が代』
懐かしい。昔読んだ。「 から始まる語り。
小説って自由なんだと思った。

140 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/11/14(月) 00:51:22.80
長篇面白いのか。

141 :吾輩は名無しである:2011/11/14(月) 07:19:23.70
独特の文体だな。好き嫌いが分かれそう。

142 :negaD:2011/11/14(月) 08:05:21.54
昔ぞっこんでした
しかし『笹まくら』と『楡家の人びと』どっちを読み返すかと言われたら、楡家かなあ
持ち重りする、読んだ人面白かったですか

143 :吾輩は名無しである:2011/11/14(月) 10:56:13.81
小説として非常に楽しみました。
こういう豊かな味わいの小説が読める喜びはなんともいえないです。

余禄として、これを、読んでから弦楽四重奏にはまってしまい、
ハイドン、モーツァルト、ベートーベン等等CDをもう10枚以上買ってしまいましたw

144 :吾輩は名無しである:2011/11/16(水) 12:26:19.17
>>137
戦前の過度な天皇崇拝に対しては違和感を持っていたのでしょうね。
たとえば、丸谷さんが中学生時代の読書について書いたエッセイのなかで、
 「多くの民族が酋長や王に対して宗教的畏怖を感じ、『迷信的尊崇』をおこなつたことを説明した」
 フレイザーの『サイキス・タスク――俗信と社会制度』を読んで、
 「当時猖獗を極めてゐた天皇崇拝が人間の歴史全体のなかでどういふものなのかを、
 明確に学んだのである」『男ごころ』147頁
などと書いていました。

ただ、『笹まくら』にしても、『裏声で歌へ君が代』にしても権力に対してずいぶん批判的な
描き方をしているな、と思ったので、国家からの勲章を受け取り、
そして天皇に頭をさげている丸谷さんをみて少し驚きました。

145 :吾輩は名無しである:2011/11/16(水) 13:24:17.82
>>144
こういう幼稚な反応をする人も読者のなかにはいるんだと知らされ驚きました。

146 :吾輩は名無しである:2011/11/16(水) 21:17:27.47
幼稚というか、小説をなにかこう狭い心で読むというか、
イデオロジーの干物にして飲み下そうとするひとたちが少なくないんだよ。
それで短絡しちゃう。ぶちこわしで、なんにも面白くなくなるよね。

147 :吾輩は名無しである:2011/11/19(土) 02:05:48.39
大江や井上ひさしみたいなガチの左翼なら「後鳥羽院」や「新々百人一首」は書かないよ


148 :吾輩は名無しである:2011/11/20(日) 14:00:36.01
『完本・日本語のために』を読んだ。
彼の主張、たとえば国語教科書には政治・経済の文章も載せるべきだといった意見には賛同するが、国語教育批判をしている連中の政治に関する知識がこの程度なのだから、下手なことはしないほうがいい。
それにしても、丸谷みたいな非常に有能な人間でさえ、コミンテルンテーゼの焼き直しみたいなものを無批判に信じていたのだから、左翼の情報工作がいかに巧妙であったかが分かる。
現在の中立な歴史解釈からは、治安維持法は日本の歴史と社会秩序を保護した良法であることは常識であるし、
日本国憲法は、前文の理想を実現するものでないことは勿論のこと、成立過程に重大な不備があるために憲法として無効ではないかという説が冷静に議論され始めている。
そこらへんが時代を感じさせるね。過去にも、田沼意次は賄賂政治家で、松平定信は名政治家みたいな間違った歴史認識がまかり通っていた時期があることからも分かるように、仕方ないことなんだが。

149 :吾輩は名無しである:2011/11/20(日) 14:04:35.78
ああだこうだと書きましたが、この人が非常に優れた文学者であることは確かです。
あと、明治政府が文字を読める愚民を作った、というあたりには、(こういうと右翼には怒られるのでしょうが)同意しますね。

150 :吾輩は名無しである:2011/11/20(日) 20:07:52.89
「今週の本棚」に辻原登の書評がでましたね。
これ以上の褒めようはないという、力のこもった、かつ巧みな文脈での絶賛。
さすがの丸谷さんもここまで言われては照れるんじゃないか(笑
でも、内容的には押さえどころをはずさない、いい書評だとわたしは思います。

ただし、最後がいけない。
「ブラヴィシッシーモ!と。」という結び。
「ヴィ」にアクセントがこなきゃだから「シーモ」はのばしちゃおかしいや。

151 :吾輩は名無しである:2011/12/08(木) 15:11:52.94
今週の本棚・新刊:『丸本歌舞伎』=戸板康二・著
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2011/12/20111204ddm015070163000c.html

短評で署名は(才)とあるけど、これは丸谷さん?

152 :吾輩は名無しである:2011/12/08(木) 23:54:24.72
「手抜き」「不親切」「力がこもっている」
このへんの語彙だけでも丸谷っぽいなとは

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)