2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■◆★◆■   村上春樹   ■◆★◆■

1 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 13:37:39
他人のことがなんとでも簡単に言えなくなったら、
世界はすごく陰鬱で危険な場所になる。

2 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 13:38:43
ということで次スレですおw

3 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 15:11:21
>>1
乙である。

4 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 15:12:40
とりあえず

とり急ぎ

ジュリアン・アサンジの文学的意義について、語ってみよう。

5 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 19:37:16
966 :吾輩は名無しである:2010/12/11(土) 15:20:30
鈴木さん、
「自分の臓物をえぐり出されたような感覚を与える文学」
「もっとちゃんとしたもの」
「本物」
「現代の作家」で。
教えて下さい。

973 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/12(日) 02:10:13
>>966
本当に知りたいという姿勢を見せて下さい。俺が具体例を出したところで否定するだけでしょ?

978 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 08:48:14
>>973
否定するつもりはありせんよ。ただ知りたいだけです。
あなたの主観的な意見を知りたいだけですので、否定のしようもないです。

6 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 20:41:35
俺もえぐり出されるような感覚を求めて読んでるつもりはない。好きだけど。

7 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 22:27:47
村上チョン基

8 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 22:56:49
村上春樹はあらゆる世界の言語で過大評価された作家。私も翻訳者が悪いのかと
思っていた。しかし、結局彼が何も言うことを持っていないのだと気がついた。

http://howtojaponese.com/2009/05/27/q-teen-eighty-four-early-release/
Jahana Noboru Says:
May 31st, 2009 at 5:18 am

Murakami Haruki: Most overrated novelist in any language. I used to think it was just
bad English-language translations, but I’ve finally realized that he has nothing to say.
\Underground\ was his best book, probably because it comprised interviews
he conducted with those involved with the attack at the Kasumigaseki station and
therefore there was no room for him to name check pop tunes, pop brands, pop
celebs. Let me make a suggestion to his handlers and marketing geniuses
who have guided this odd career as consciously as any \idol\ or genetically modified
crop: Sell his books exclusively at \combini\ like 7-Eleven, Lawson’s, Hot Spar, and
the like. As a courtesy, the clerks can ask if you want it heated up in the microwave
before you consume it like a postmodern o-bento. His spoken English also is iffy
considering he lived in the US for quite a while. Maybe he should have gone out into
the streets and talked to living, breathing people. Really, if you want to know
the location of the \otaku\ phenomenon any cultural GPS will give you
the coordinates of one, Murakami Haruki.


9 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 22:57:50
イギリス人も酷評の春樹

I guess I'm with gg. I've always thought Murakami was an over-rated fashion fad.
I'm only surprised that it's taken others this long to wake up to this fact.

http://www.guardian.co.uk/books/booksblog/2009/nov/27/falling-out-of-love-with-murakami

村上春樹というのは過大評価されたファッションものに過ぎないといつも思ってきた。
まったく驚くのはこのことに人々が気がつくのにこんなに長くかかったということだ


10 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 22:59:38
絲山秋子 日記より 感想

海辺のカフカ」(村上春樹)新潮文庫

読書にもいろいろな種類があって、喜読、嘆読、耐読、苦読などと私は名付けているが、
このHPで最も多くの方が票を投じて下さった「海辺のカフカ」は、
残念ながら私にとって「苦読」作品だった。まあ、相性が悪かったということです。
常に感じたことは「『海辺のカフカ』に書かれているこいつらは人間じゃない」ということだった。
テーマパークとしてはよくできていると思う。
それにしても「メタファー」ってコトバ、一体何回使ってあるんだろう。
せっかく選んで下さったのに、こんなことですみません。やっぱり無理な企画だったのかなあ、
でも嘘つくのはまずいし。ちょっと反省しています。


11 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:00:24
http://dianying.at.webry.info/200810/article_2.html

フォーラム初日午前の基調講演は
韓国が評論家の柳宗鎬氏。論客です。少し迷ったのですが
と前置きしつつも、かなり辛辣な村上春樹批判を。
間もなく発表になるノーベル文学賞の有力候補と目されて
いることを念頭に置いての発表か。
私も『ノルウェーの森』以降の村上春樹作品は全然評価して
いないので、ほぼ同感。

12 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:01:44
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」


13 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:03:50
村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位


http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090920/kor0909201300001-n1.htm


2006年に実施された韓国の30代の作家らを対象にしたアンケートによると、
「いちばん過大評価された海外の作家」の1位にも村上春樹が選ばれるなど、
マイナスの評価もある。


14 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:05:13
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

 小倉「この人は、いろんなことに関心がない、関心がないっていうのね。ところが、すぐ後の
    ページで、本当はめちゃくちゃ関心があることが暴露されてしまう(笑)」

    「このひと、他の人の言葉を借りて自分自身を褒めるのね。〈「この寮で少しでもまともな
    のは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」/「どうしてそんなことがわか
    るんですか?」と僕はあきれて質問した。〉
    嘘付け。あきれてないじゃない。自分もそうおもってるくせに、厚顔無恥。」

上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。「あなたってこうみたいな人ね」
    他人の口から言わせたことに対して、すべて肯定的なのよ。叙述の内容に責任をとらない
    というスタンスをいつも取っている」

富岡「全部翻訳文体なんだね〈午後が深まり〉、午後が深まりなんていうのも、翻訳文体ですね」

上野「やれやれ」というのは、その事態に対する距離と同時に。その事態を自分から変更する
   意思が何一つないことを示しています。村上の世界の恐るべき受動性を象徴しています。」
   
富岡「やたら人が死ぬ。簡単に。小説の書き手のほうからいうと、非常に安易なのね」

上野「失敗した私小説でしょう」

上野・小倉・富岡「つまらん」


15 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:06:08
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

上野「わたなべくんには能動的なアクションが全然ない。彼にとってアクションはすべてまわり
    から起こってくる。彼にとっての幸運は、周囲の人間が、それほどおせっかいにも彼に
    手を出してくれているということ。」

富岡「この子は何もしない。学校へ出たり、アルバイトしたり、図書館へ行って本を読んだり
   しているだけ」

小倉「こういう文章が気に食わないんですよ〈僕自身は知らない女の子と寝るのはそれほど
   好きではなかった〉正直に書けば〈僕自身は知らない女の子と寝るのはまったく嫌いという
   わけではなかった〉(笑)
   なんでこんなええかっこうして書くの?

上野「この文体ってテレビ的というか、漫画的なのかしら」
小倉「漫画の噴出しのせりふで」
上野「全体に、シナリオみたいな書き方でしょう」

小倉「私は、村上春樹がほんとうにまともに、どういう人生観をもってるか見えないですよ」

上野「ごく簡単よ。他人と関係を持ちたくない。他人との距離をつめたくない。僕はこういう
  人間なんだ。「やれやれ」といってるだけ」

上野「この半端さが彼の限界でありとりえであり、この気の利いたショートセンテンスと、ダイアローグ
   の組み合わせが初期からあり、もしモノローグだけ、ダイアローグだけならダイナミズム
   を生み出すのに、どちらも途絶するしかないというのが彼の小説作法です。
   何もおきないことのエクスキューズが気の利いたショートセンテンスです」


16 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:07:05
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebokk(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ

http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)


Tarnya I say over rated. I bought 'the wind up bird chronicle' after readin reviews on here and amazon
and was really dissapointed. It was boring and childlike and nothing really happened, which for a book
which was as thick as a brick was rather annoying! I much prefer Ryu Murakami..but maybe thats
because i like things that shock me(過大評価です。ここやアマゾンの書評をみてねじ巻き鳥クロニクルを
買ったががっかり。退屈で子供っぽく、本当に何も怒らない。レンガのように厚くうんざり。村上龍の方が好き。)

17 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:07:50
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebook(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ。参加しよう(笑)
http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)



Micaela I work in a bookstore and lately I've read a lot about japanese literature and
my honest opinion is that Murakami is completely overrated! He's too "occidentalized"
for a japanese writer. People like him because he doesn't write like a japanese author.
Kawabata, Mishima, Akutagawa, are so much better than Murakami but of course,
he writes bestsellers, he's for another kind of reader. A "trend reader",
I might say, a reader that goes for the books he sees in the newspaper. No offense.
August 25, 2009 u 5:56 poslije podne(本屋で働いていて、たくさんの日本文学を読みました。
正直に言えば、春樹は完全に過大評価です。彼は日本の作家にしては西洋化されています。
人が彼を好きなのは日本の作家のように書かないから。川端、三島、芥川、村上より
ずっといいわ。彼はベストセラー作家だけど、別の読者のものね。あえていば流行好きつまり
広告につられて本屋にいく人たち。悪気はないわ)


18 :吾輩は名無しである:2010/12/12(日) 23:20:18
フェイスブック(笑)からコピペしてる奴w

19 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 01:14:12
外人さんでも春樹の良さが分からないやつがいるんだねw
読書人が皆が皆、読解能力に優れた奴ばかりとは限らない証拠だな


20 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 01:50:29
>>4
語るより、フォローサイトを立ち上げる方が先だろ
募金集めて弁護士費用くらい調達せんとあかん

21 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 04:38:37
韓国の文学の方が偉大だからね
これはしたかない

22 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 04:55:35
「仕方ない」でしょ!

23 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 05:22:16
>>21
おまえと同じ国の人だよ

24 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 06:58:49
最高傑作に推す声高い世界の終わり読んだ
ノルウェイとカフカのが面白かった

25 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 10:36:59
>>19
全て人間に良さが理解されるほうが怖いw

26 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 11:12:26
アンチも>>19みたいなものには寛容になってくださいな

27 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 11:56:04
アメリカamazonのコメント欄でも村上春樹は群抜いて多いよね
日本作家の中では抜けて人気ある

28 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 12:11:41
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43734.jpg

http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43735.jpg


主人公はこいつじゃないと現実感と怖さがない




29 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 12:35:31
http://farm1.static.flickr.com/7/10687666_efca0c1b51.jpg?v=0
これ外人が作ったのかな

30 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 12:56:43
ノルウェイの森天才すぎ

31 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 14:04:19
手コキブームの走りだもんね。

32 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 15:28:13
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   スガシカオ?評価してるよ。
|   ⊃  |   なるたけ初期のものがいいな。
 \ ー  /





33 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 16:14:57
>>32
その顔見るたび法令線を書き足したくなる

34 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 16:56:46
ファーストフードとか言ってる奴、何言ってるんだ?
ファーストフードってあれだろ?ハンバーガーだろ?
何でハンバーガーが小説なんだよ?
ハンバーガーは食い物、小説は読み物だろうが?
何で食い物と読み物が一緒なんだよ?
全く理解に苦しむねw
そんなトンチンカンな事言われたら、
さすがに春樹も「やれやれ」だぜw?

35 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 17:00:31
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  -  -  |  
|   ⊃  |   
 \  3  /




36 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 17:06:36
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |  
|   ⊃  |    はいほー!
 \ O  /






37 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 17:14:48
姦淫関西人作家

38 :文学板住民:2010/12/13(月) 18:26:45
おいおい、レス番まちがえてる。なおしとくよ

>>20
語るより、フォローサイトを立ち上げる方が先だろ
募金集めて弁護士費用くらい調達せんとあかん

>>37
全て人間に良さが理解されるほうが怖いw

39 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 18:28:30
また穢多関西人が・・・汚い

40 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 18:32:18
下品ネタなしなら、この作家板違いでは????真剣に考えて

41 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 18:32:31
セクースは汚いものじゃない

42 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 18:49:10
最悪のエタ姦淫民族 半朝鮮カンサイジン まだ『ノルウェーの森』等々で猥褻物陳列罪中?

43 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 18:52:53
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |  
|   ⊃  |    金ならあるよ!
 \ O  /






44 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 18:56:16
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |  
|   ⊃  |    届けかたを考えたんだ、読者様への
 \ O  /





45 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:04:31
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   綿谷りさ?評価してるよ。
|   ⊃  |   なるたけ初期のものがいいな。
 \ ー  /





46 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:04:59
リトルピーポーは私達に紛れ込んで悪さをするのよ!!!
みんな、気をつけて!!!

47 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:12:52
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   リトルピーポー?ああ。
|   ⊃  |   愚民の米語か。
 \ ー  /






48 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:17:06
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   韓流?ああ。
|   ⊃  |   ぼくの祖先か。
 \ ー  /





49 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:20:53
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   ぼくが「文学板の主役」の正体でした。
|   ⊃  |   やれやれ。
 \ ー  /






50 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:21:47
マグナ「朝吹作品なんてどこにでもいる文学少女で書けるレベルw」
名無し「じゃあお前書いて証明してみろ」
マグナ「以後黙殺するww」


538 :吾輩は名無しである:2010/12/03(金) 19:35:46
>>535
お前小説いっぱい読んだんでしょ?
それなら知識があるんだろ? その状況でなぜ書けないんだ?
どこにでもいる文学少女で書けるなら、どこにでもいる文学少女よりも知識があり、頭が良いお前なら簡単に書けるだろ?

それともどこにでもいる文学少女よりも知識が少なく、頭が悪いの?


51 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:26:00
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  -  -  |   ああ、音楽?トムに頼めなかったんだ
|   ⊃  |   あれじゃ流行るわけないよ。やっぱり安直な映画化は駄目だ
 \  3  /   今後の予定?もちろん、つぎはリベンジだよ。監督は韓流で





52 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:35:25
韓国は偉大だからね
文学も技術もスポーツも

53 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:55:34
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |  ノルウェイの森天才すぎ
|   ⊃  |    手コキブームの走りだもんね。
 \ O  /    セクースは汚いものじゃない





54 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 19:59:57
セクースは汚いからこそ興奮するのよ。

55 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 20:14:14
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |  ノルウェイの森天才すぎ
|   ⊃  |    手コキブームの走りだもんね。
 \ O  /    セクースは汚いものじゃない





56 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 20:27:40
映画と小説どっちが出来がいいの?

57 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 20:29:38
>>56
おまえは目糞と鼻糞のどちらが優位にあるかという問題を
文学的に説明できるのか?

58 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 20:42:41
映画に決まってんだろw

59 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 21:14:11
ノルウェイの森
公開中

総合:
(5点満点中2.95点)
2.95点

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id336172/


60 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 21:20:22
ノルウェイの映画版は見てないから知らないけど小説版はすべてのシーンが良かった
最後にレイコとやっちゃう流れがこれまた風情あってよかった

61 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 21:36:38
まあ、ノルウェイの森がピークなのは認めるよ。

62 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 21:59:51
なぜか海外ではノルウェイの森よりねじまきの方が読まれてる・・・

63 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:10:06
>>60あれ?関西人って関西語しゃべるんじゃなかったの?なんだよ風情って。姦淫だろ

64 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:21:30
戦前かw

65 :日本鬼子:2010/12/13(月) 22:38:07
姦淫民族って楽だなw金もうければ尊敬される。あとは猥談で稼ぎw関西人ちゃんw朝鮮バカにしてていいの?

66 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:45:35
姦淫作家のファンって、やっぱり日本鬼子らしく倭的AV女優なんですか?よく生きていれますね。子供が可哀想

67 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:47:02
ノルウェイの森が猥談だと…?
あの程度をエロいと思ったことがない
映画はおろかドラマすら見れんだろ

68 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:47:43
こんな作家の公的に存在できる国に生まれたことを後悔しろ。綿谷が芥川賞の国だ。

69 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:51:04
村上っていいなあ・・・
何といっても瑞々しい生命感がある。

あっ?村上佳菜子のことねw

70 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:52:35
リアル朝鮮人か。
朝鮮儒教は日本には潔癖すぎる。

71 :Michael ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 22:52:59
hentai hentai japs Don't coming here! Go home, Freeeeze!
You ought to go Kamikaze :)

oh Haruki was hentai manga japs loves

72 :関東人:2010/12/13(月) 22:54:10
>>70おい、関西語わすれてるぞ。終わってるのはわかるな?

73 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:57:10
ある意味ではイスラムに近いよね
悪くはないけど時代に合わん

74 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 22:57:29
>>71
Oh!You are right.!!!

75 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:00:13
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  -  -  |  リアル朝鮮人か.
|   ⊃  | 朝鮮儒教は日本には潔癖すぎる
 \  3  /





76 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:02:21
Haruki is continuing telling himself a lie.

77 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:03:01
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   Hentai 変態ってうるさいな
|   ⊃  | ishiharaの太陽の季節をよめよ
 \ ー  /







78 :Saito:2010/12/13(月) 23:12:39
Haruki makes himself like a Japanese Hentai writer, but He is a Kobe city's civil.
And all Japan isn't love his Hentai anime like novelity, about to Oe(He's Nobel prize writer)
critic like "Haruki is only American novelists mimicries. He is ghost of post ww2."
Some Japanese crticists, Asada & Karatani & Fukuda...etc did somelike meanings, however
little people loves Japanese adulter culture, in'Norway'n wood' or 'south of border...' etc
they makes Japanese porn, sexual Hentai cutures, and manga, adult videos, animes. I have been perplexed

79 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:14:44
ノルウェイは違うけど料理好きの男ばかり出てきて(しかもシャレたものばかり作るw)こんなのいねぇよって思うけど
主人公の変な性格だったりでなんとなく整合性はとれてたり

80 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:23:29
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   Hentai novel 変態小説ってうるさいな
|   ⊃  |    世界の、いや神戸のisiharaが目に入らぬか
 \ ー  /










81 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:27:01
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | チャラ男のチャラチャラ話かきゃーうれるんやから楽なご時世やで
|   ⊃  |
 \ ー  /













82 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:29:00
>>78
I understand.
The believer here is madness, or they are pitiful people.

83 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:30:44
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | どうせお前らアダルトビデオ級のヘンタイ民族なんだろ、
|   ⊃  |    ぼくの『ノルウェイの森』でも崇めて死んでけばいいよ
 \ ー  /     平安時代から一歩も進まぬカスども








84 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:31:37
どんだけ村上春樹を意識してんだよって奴がいるけど、
こういう村上春樹を卒業できないでいるアンチがいることは春樹作品の特徴だよなとは思う

85 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:34:38
ノルウェイと1Q84はガチでキムチョンイルの愛読書

86 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:34:51
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |   全世界でベストセラー。お金なら余ってる
|   ⊃  |   どこまでぼくの小説がすきなんや、君たち
 \ O  /    村上春樹は早稲田大学の星になった。やったね1







87 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:39:01

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |   つぎはノーベル賞と、
|   ⊃  |   それから文化勲章。あとは、人間国宝かな
 \ O  /    人生先行き明るいな、2chでガキのなりすましでもするか







88 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:39:46
韓国は偉大だからね
日本は後進国になったよ文学

89 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:42:17
単なる大衆作品だからじゃなく、村上作品だからいつまでも卒業できない人w

90 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:44:10

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  K文学の宣伝してる奴なんなんだ
|   ⊃  |   
 \ ー  /    






91 :anti thesis ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 23:46:17
▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀███████ ▀▀▀▀▀▀▀▀
 ▅▆▇           ██▀▂ ▀▊        
  ◢█▆▃▂         ▀▌▓▓▍█▃▂        
▐〓● ▀█▇▆▆▅▅▆▇▇█ ▓▓▎███▇▇▆▅▆▇█▀ ●〓▊
 ◥◣▃◢◣▂  ▀■▀▀  ◢◤▀〓▀▋▀◥◣  ▀▀■▀ ▂◢◤▄◢▀
      ▀◥◣▃▂▂▃◢◤▋   ▂▊   ▐▅▃▄▂▂▃◢◤▀
             ◥▌ ▃〓  
 ██████████   ▐▆▃ ◥◤  ▃▌ 
 █████████▉   ◢▉  ◥▍  ▼
 █████████▉  ▐▀█◣▃〓▂ ◢▍  
 █████████▊   ▲ ▌▂▍ ▄▲  
 █████████▊   ▀〓▀◣▃◢▀▌   
 █████████▋    ▋▂▲▌▃▅▍   
 █████████▋     ▌▍▆▓▓▼

92 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:51:45

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  ぼくの小説でHENTAIは国際語になった
|   ⊃  |    尊敬しろ。尊敬しろ。
 \ ー  /     たったの十年でMURAKAMIは世界の共通語になった




93 :吾輩は名無しである:2010/12/13(月) 23:58:14

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\  ああ、金なら余ってるよ。それがどうした
|  ・  ・  |  こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
|   ⊃  |   威張っている神戸都知事は尊敬できるだろう。
 \ ー  /     小説規制、断固反対!非実在青少年は想像力規制だ!







94 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:06:08

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\ 蝦夷ども死ねよ。西の人間と同等だと思うなよ、クズ共が。
|  ^  ^  |  時代が変わってもお前らは永久に日本の非主流派であるということを
|   ⊃  |  頭に叩き込んでおけ。お前らは日本の発展に何の貢献もしたことはない。  
 \ O  /   クズどもが身の程を知れ。
------------





95 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:11:01
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\ 東京とか東北の蝦夷はもうちょっと自分たちの歴史を学んだほうがいい。
|  ^  ^  |   お前らはこの国で常に3等市民なんだよ。
|   ⊃  |  日本で一番在日朝鮮人や中国人が多いのは東京だよ。
 \ O  /    お前らは征夷大将軍に討伐される側の獣人扱いなんだよ。
------------




96 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:13:24
  ,,,,,,,,,,,,,,,   毛むくじゃらの蝦夷どもは身の程を知れ
 / ,,,, ,,,,\   ぼくの小説でHENTAIは国際語になった
|  ^  ^  |      こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
|   ⊃  |  クズどもが身の程を知れ。
 \ O  /    お前らは征夷大将軍に討伐される側の獣人扱いなんだよ。
------------






97 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:15:35
ネタがなくなったらしい

98 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:17:49
  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\    韓国の文学が優れていようがいまいがどうでもいい。
|  ^  ^  |     ゴミ民族が何をしようが笑止。
|   ⊃  |     日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
 \ O  /     そして濡れまくって感じまくりを痴漢オヤジに察知され、   
------------      ホテルに連れ込まれて交尾、と。




99 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:24:47

  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\    在日朝鮮人が一番多いのは東京であって大阪ではない。
|  ^  ^  |     ちゃんと自分で統計を調べて確認してから発言しろ。
|   ⊃  |     日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
 \ O  /      こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて   
‘‘------- 、、     関西人がどうとか言ってるアホどもはどういうつもりなんだ?




100 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:37:41
>>95>>99
統計
在留資格別
ttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000007731491
登録者数別
ttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/img/StatInffunc/xls.gif
本籍地別
ttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000007731501

参考
>大阪市生野区を中心に9万人にのぼる
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA
ttp://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34.64600000&lon=135.54684690&sc=5&z=13

出典
ttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001065021
出典の信用性
ttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
>当サイトは各府省等の参画のもと、総務省統計局が中心となり開発を行い、
>独立行政法人統計センターが運用管理を行っております。

独立行政法人統計センター
ttp://www.nstac.go.jp/

法務省統計局
ttp://www.stat.go.jp/

101 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 00:52:00

  ,,,,,,,,,,,,,,,    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
 / ,,,, ,,,,\    日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
|  ^  ^  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113306.png
|   ⊃  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113305.png
 \ O  /    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png 
‘‘------- 、、   ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113308.png
ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png



102 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 02:00:35
確かに韓国の方が優れてるね
日本は最近劣化しててだめ

103 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 02:09:59
韓国は物売れば売るほど日本に赤字になるシステム変えないと無理
日本の3分の1の経済規模なのに毎年日本に3兆円を貢ぎ続ける不のスパイラル
永遠の鵜よ

104 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 05:23:13
彼の国には育つ土壌がない
もちろん文学も

105 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 07:01:36
短編で一番のオススメは?

106 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 11:43:01
>>105
安易に人のアドバイスを求めるな!
このバ〜タレが!

107 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 12:22:16
作品ユーザーレビュー ノルウェイの森

数ある映画として。採点:(5点満点中1点)
投稿日時:2010/12/14 09:01:47 投稿者:mr_microprocessorさん

『原作はいい』だとか、
『原作を見ないと分からない』とか
『原作を映画にする難しい』とか言うけれど
一視聴者としては全くどうでもいい事で
あれだけ前評判を上げといて
期待して見に行ったものが…
この晴れんばかりの内容ににすごくがっかりしました。

映画とは何か、
ある一部の自己中心的な満足で出来た
作品に見えて仕様がないです。

一部の賞賛で終わるのではなく
ありきたりでもいい部分もあってもいいから
思いに残る映画を作って欲しいと
これから期待しています。

108 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 12:28:13
作品ユーザーレビュー ノルウェイの森
うーん
採点:(5点満点中1点)

投稿日時:2010/12/13 22:35:11 投稿者:nari0829さん

思っていたよりもずっと薄口であっさり。。。140分がとても長く感じられました。途中で退席すれば
よかったかな。見応えナシ。残念。

109 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 18:41:32
菊池凛子好きじゃないから迷う まぁでも見に行こうかな

110 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 18:51:11
アイロンのある風景にでてきた啓介でいつも桑田を想像してしまう

111 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 20:51:54
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  マジックリアリズムの輸入業者? 米ミニマリズムの模倣?   
|   ⊃  |   なにをいってるんだよ。売れれば勝ち
 \ ー  /




112 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:00:17
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,  おいおい、ぼくはわるくない
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  ジョンアーヴィングからジョギング中に   
|   ⊃  |    読者を文体麻薬中毒にする方法をならったんだ
 \ ー  /     セントラルパークでのことだよ






113 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:02:31
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  都知事ってアホやろ  
|   ⊃  |   俺らもやばいんやで
 \ ー  /





114 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:07:44
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,  みんなぼくの話題でもちきり。ミリオン更新
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |   あとは待つだけ
|   ⊃  |   小説は気楽な稼業ときたもんだ
 \ O  /   ワイン片手にノーベル賞のオッズみながら、2chでガキのなりすましでもするか






115 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:12:07
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\  浅田彰?柄谷行人?福田和也?内田樹?しらない名前だな。
|  ・  ・  |  批評家の著作は残らないよ。
|   ⊃  |   小説家はむしろ本人が死んでから
 \ ー  /    作品が輝き始めるけど。





116 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:19:58
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,  村上春樹の世界的栄光の名声に比べると
 / ,,,, ,,,,\  あまりにも無残だね。まあ批評家なんて
|  ^  ^  |    こんなもんか。いくら威張って小説家けなしても
|   ⊃  |   後世に残るのは小説家の作品。批評家の文章なんて
 \ O  /     十年たったら読まれない。






117 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:23:00
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\ 東京とか東北の蝦夷はもうちょっと自分たちの歴史を学んだほうがいい。
|  ^  ^  |   お前らはこの国で常に3等市民なんだよ。
|   ⊃  |  日本で一番在日朝鮮人や中国人が多いのは東京だよ。
 \ O  /    お前らは征夷大将軍に討伐される側の獣人扱いなんだよ。
’’---------、、





118 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:31:07
  ,,,,,,,,,,,,,,,   毛むくじゃらの蝦夷どもは身の程を知れ
 / ,,,, ,,,,\   ぼくの姦淫小説でHENTAIは世界的国際語になった
|  ^  ^  |      こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いてミリオンセラー
|   ⊃  |   クズどもが身の程を知れ。
 \ O  /    お前らは征夷大将軍に討伐される側の獣人扱いなんだよ。
''----------,,,   関西人がどうとか言ってるアホどもはどういうつもりなんだ?




119 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:38:49
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\  netにはびこる正論原理主義
|  ・  ・  |  さえなければ、だれもぼくを批判できないよね
|   ⊃  |   小説家はむしろ本人が死んでから
 \ ー  /    作品が輝き始めるけど。






120 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:45:22
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,  ああ手を汚さず、自身がよごれなくてよかった
 / ,,,, ,,,,\  これからは「卵を投げつける側」と言おうかな
|  ・  ・  |   double meaningは反則か
|   ⊃  |    よくばれなかったな。底抜けバカばかりだ
 \ ー  /     浅田彰のまともな受け取り方と言ったらw





121 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 21:58:57
こないだ春樹に顔射した

122 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 22:00:13
絲山秋子 日記より 感想

海辺のカフカ」(村上春樹)新潮文庫

読書にもいろいろな種類があって、喜読、嘆読、耐読、苦読などと私は名付けているが、
このHPで最も多くの方が票を投じて下さった「海辺のカフカ」は、
残念ながら私にとって「苦読」作品だった。まあ、相性が悪かったということです。
常に感じたことは「『海辺のカフカ』に書かれているこいつらは人間じゃない」ということだった。
テーマパークとしてはよくできていると思う。
それにしても「メタファー」ってコトバ、一体何回使ってあるんだろう。
せっかく選んで下さったのに、こんなことですみません。やっぱり無理な企画だったのかなあ、
でも嘘つくのはまずいし。ちょっと反省しています。


123 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 22:02:49
 
  ,,,,,,,,,,,,,,,  
 / ,,,, ,,,,\  wired fishがいるな
|  ・  ・  |  レディオヘッドに言っとくよ
|   ⊃  |   だからダメなんだ、おまえらは
 \ ー  /    いつでも遅れてるねw「文学のミスチル」はすごいけど





124 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 22:05:13
春樹、イクよ
顔に出してもいいかい
ああ、いいともさ
はあはあ
イキそうだ
ああ、ああ、イッてくれ
はあはあ、うっ出るっ
いっぱい、出してくれ
どぴゅぴゅぴゅっぴゅ
ああ、ああ、あたたかい


125 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 22:05:27

  ,,,,,,,,,,,,,,,    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
 / ,,,, ,,,,\    日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
|  ^  ^  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113306.png
|   ⊃  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113305.png
 \ O  /    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png 
‘‘------- 、、   ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113308.png
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png





126 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 22:08:00
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |  どうせお前らアダルトビデオ級のヘンタイ民族なんだろ、
|   ⊃  |  平安時代から一歩も進まぬカスども
 \ O  /   ぼくの小説でHENTAIは世界的国際語になった
’’---------、、






127 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 23:08:29
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43734.jpg

http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43735.jpg



この顔で女優の選り好みなんて贅沢言うな


128 :吾輩は名無しである:2010/12/14(火) 23:37:10
そこしか突っ込めないのかよって所しか突っ込めない者たち。

129 :◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 01:42:52
そこしか書けないのかって所しか書けない者のスレッドでそれを言うのだから。

130 :◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 01:44:50
^(=ↀωↀ=)^にゃー

131 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 03:26:54
さすが文学板ですね。たいしたことない。

132 :◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 03:32:57
たいしたことない作家のスレッドでそれをいうのだから。

133 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 04:01:19

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  泪  泪  |  さすが文学板ですね。たいしたことない。
|   ⊃  |
 \ ー  /



134 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 05:24:59
>>132
そんな作家をいつまでも卒業できずにいる者が多くいるくらいなんだから
総じて文学板はたいしたことない。

135 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 05:26:24
卒業できない=>>132>>133のことね

136 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 05:48:38
>>133-135自演乙 終了

137 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 05:51:03

  ,,,,,,,,,,,,,,,    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
 / ,,,, ,,,,\    日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
|  ^  ^  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113306.png
|   ⊃  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113305.png
 \ O  /    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png 
‘‘------- 、、   ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113308.png
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png





138 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 06:42:26
言葉にできないから人は物語性を求めるのでは?
村上春樹の作品は言葉にできないという部分で踏ん切りつけられないでいる年頃の読者に
踏ん切りつけさせるために在るようなもんだと思う。要は物語性を求めるものではないしそこで批判するのも違う気がする。
わからんけども。

139 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 06:53:27
>>138馬鹿なのはわかるが、どの板に書き込んだかは理解したな。
ほら、お前の安住の地だ。http://kamome.2ch.net/anime/
永遠に迷い込むなよ。サブカル糞神戸奴が!

140 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 06:56:44

  ,,,,,,,,,,,,,,, 要は物語性を求めるものではないしそこで批判するのも違う気がする…
 / ,,,, ,,,,\  ああ、金なら余ってるよ。それがどうした
|  ・  ・  |  こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
|   ⊃  |   威張っている神戸都知事は尊敬できるだろう。
 \ ー  /     小説規制、断固反対!非実在青少年は想像力規制だ!




141 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 06:59:08
↑このようにストレートに返す言葉も持てないんじゃん

142 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 07:08:55
↑このようにストレートに返す言葉も持てないんじゃん

143 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 07:13:10
誰しもが納得するような村上春樹批判が出ればいいのにね。

144 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 07:15:22

  ,,,,,,,,,,,,,,,    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
 / ,,,, ,,,,\    日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
|  ^  ^  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113306.png
|   ⊃  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113305.png
 \ O  /    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png 
‘‘------- 、、   ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113308.png
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png




145 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 07:41:05
おい、ゲイシャと遊んでろよ。お前。おまえだよ。春樹! 綿谷いるぞ。綿谷。そっちだ。京都だよ! 糞ハゲ

146 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 08:19:11
どちらかと言えば好きって程度だからこそ気になる、批判してる人達の意見。

147 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 08:50:25
原作がくそだからね
それを隠蔽して底上げしてくれる女優、作品でないと
くるくるぱーの春樹信者が怒り出すと

148 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 09:18:38
なんで糞なのか言葉でうまく言えないでいるから
ずっとアンチは春樹を卒業できずにここにずっと居座ってたり意識し続けたりしてるんだと思う

149 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 09:24:27

  ,,,,,,,,,,,,,,,  
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |     なんで糞なのか言葉でうまく言えないでいるから
|   ⊃  |     ずっとアンチは春樹を卒業できずにここにずっと居座ってたり意識し続けたりしてるんだと思う
 \ O  /     要は物語性を求めるものではないしそこで批判するのも違う気がする…
‘‘------- 、、  
           


150 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 09:34:00

  ,,,,,,,,,,,,,,,  
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  | 「完璧な文章などというものは存在しない、完璧な絶望が存在しないようにね。」
|   ⊃  | 
 \ O  / 
‘‘------- 、、  
           




151 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 09:37:53
文学板の連中(顔の奴とか)に完璧な文章なんてそもそも求めてないから心配すんな。
それでも文学板なら言葉で説明することにもっと挑んでみてもいいのでは?とは思ったよ。

152 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 09:47:02
  ,,,,,,,,,,,,,,,  
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |     馬鹿は救いようがない
|   ⊃  |    
 \ O  /     こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
‘‘------- 、、  
           



153 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 11:54:59
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

 小倉「この人は、いろんなことに関心がない、関心がないっていうのね。ところが、すぐ後の
    ページで、本当はめちゃくちゃ関心があることが暴露されてしまう(笑)」

    「このひと、他の人の言葉を借りて自分自身を褒めるのね。〈「この寮で少しでもまともな
    のは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」/「どうしてそんなことがわか
    るんですか?」と僕はあきれて質問した。〉
    嘘付け。あきれてないじゃない。自分もそうおもってるくせに、厚顔無恥。」

上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。「あなたってこうみたいな人ね」
    他人の口から言わせたことに対して、すべて肯定的なのよ。叙述の内容に責任をとらない
    というスタンスをいつも取っている」

富岡「全部翻訳文体なんだね〈午後が深まり〉、午後が深まりなんていうのも、翻訳文体ですね」

上野「やれやれ」というのは、その事態に対する距離と同時に。その事態を自分から変更する
   意思が何一つないことを示しています。村上の世界の恐るべき受動性を象徴しています。」
   
富岡「やたら人が死ぬ。簡単に。小説の書き手のほうからいうと、非常に安易なのね」

上野「失敗した私小説でしょう」

上野・小倉・富岡「つまらん」


154 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 11:59:27
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

上野「わたなべくんには能動的なアクションが全然ない。彼にとってアクションはすべてまわり
    から起こってくる。彼にとっての幸運は、周囲の人間が、それほどおせっかいにも彼に
    手を出してくれているということ。」

富岡「この子は何もしない。学校へ出たり、アルバイトしたり、図書館へ行って本を読んだり
   しているだけ」

小倉「こういう文章が気に食わないんですよ〈僕自身は知らない女の子と寝るのはそれほど
   好きではなかった〉正直に書けば〈僕自身は知らない女の子と寝るのはまったく嫌いという
   わけではなかった〉(笑)
   なんでこんなええかっこうして書くの?

上野「この文体ってテレビ的というか、漫画的なのかしら」
小倉「漫画の噴出しのせりふで」
上野「全体に、シナリオみたいな書き方でしょう」

小倉「私は、村上春樹がほんとうにまともに、どういう人生観をもってるか見えないですよ」

上野「ごく簡単よ。他人と関係を持ちたくない。他人との距離をつめたくない。僕はこういう
  人間なんだ。「やれやれ」といってるだけ」

上野「この半端さが彼の限界でありとりえであり、この気の利いたショートセンテンスと、ダイアローグ
   の組み合わせが初期からあり、もしモノローグだけ、ダイアローグだけならダイナミズム
   を生み出すのに、どちらも途絶するしかないというのが彼の小説作法です。
   何もおきないことのエクスキューズが気の利いたショートセンテンスです」



155 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 12:25:43
こういうキャラクター性を3人が主観的につまらんと思ったってだけなようにも思えるけどなぁ。

156 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 13:24:13
要するにフェミのオバサンには評判が悪いということですな。
それ以上の意味はない。


157 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 14:17:13
フェミニズムって、男根主義と対になる、要するに「おまんこ主義」のことだよね

158 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 14:18:54
男根主義よりはおまんこ主義の方がいいな。

159 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 14:22:00
>>158
僕は男女平等主義者なのでどっちも嫌です

160 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 15:29:41
石原慎太郎なんておまんこに頭突っ込んで窒息して死んじまえって思わない?

161 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 15:58:06
思わない。


162 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 16:08:12
俺は思うな。都議会で青少年を育成する有難い条例が可決されましたけど、率先して奴を刺しに行くオタクはいないの?

163 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 16:09:31
ネットで奴に賞金首かける裏サイトとかあったら匿名で募金するんだけどなあ。

164 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 16:27:43
↑vipperと比べて発想がつまらん

165 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 18:56:18
オタクや出版社のやってる行動を見てると、
刺すだのなんだのしか言えない旧弊な鈴木を見てると発想の乏しさを感じた

166 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 18:59:57
刺す以外に方法ないじゃん。攫うのも何かと大変そうだしさ。

167 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 22:53:27

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |   つぎはノーベル賞と、
|   ⊃  |   それから文化勲章。あとは、人間国宝かな
 \ O  /    人生先行き明るいな、2chでガキのなりすましでもするか





168 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 22:54:48

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  都知事ってアホやろ  
|   ⊃  |   俺らもやばいんやで わかってや
 \ ー  /





169 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 22:57:05

  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |   ガキの名誉感情なんかしったことか
|   ⊃  |   俺さえよければそれでええんや
 \ O  /    ガキのなりすましで、トリップもばれてるしやな
          冤罪? なにをいうとるんや。都知事はわいらの敵やないか





170 :吾輩は名無しである:2010/12/15(水) 23:04:46

  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\    この婦人をどうしようもなく抱きたいのである。
|  ^  ^  |     本人も交尾が嫌いではなさそうだし。
|   ⊃  |    綿矢りさ本人がバリバリの関西人だ。関西在住だしな。
 \ O  /     関西人以外は彼女に近づくな、分かったな。

‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png




171 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 15:30:43

おまえら、ちゃんとウィキリークスのフォローしてるか?

ちんけな幼稚園児レベルの話に貴重な人生を無駄遣いしてんじゃねーぞ
人生はたった一回限り、
今日という日は、宇宙始まってから未来永劫二度とはない、たった一度の時間だぞ



172 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 18:22:12
村上は“不条理”との関係の有り方といった根本的な面で、まだまだ幼稚だな。
その辺が、カフカやドストエフスキー、ニーチェといった実存主義作家との差だ。
もう、いい年したオッサンなんだから、早く日本型サヨクあるいはサヨク崩れに
共通する精神的限界から自らを解放してほしいと思う。
・・・といっても無理かw

173 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 18:30:51
村上春樹は左翼でも左翼崩れでもないんだが。
どうして批判する奴ってトンチンカンなんだろう?


174 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 18:41:08
>>173
プッ、
サヨク崩れって皆、そういう言い方するんだよねぇwww
自分の過去に負い目を持ってて恥ずかしいみたいな。
だけど、頭だけは解放されたつもりでも、実は体はドップリ元のドグマに
漬かってたりするんだよなぁ・・・
“頭隠して尻隠さず”みたいなw

175 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 18:45:25
バカウヨは自分の思想と違うものは全部左翼扱いにするから何言っても無駄

176 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 18:50:20
バカサヨは自分の思想と違うものは全部右翼扱いにするから何言っても無駄

177 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 18:52:47

74 名前:ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/16(木) 17:29:20
マジで石原慎太郎は殺すべき。

75 名前:鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/16(木) 18:36:25
>>74村上春樹さん、なりすましで暗殺そそのかし発言やめてください。



67 名前:ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/22(月) 20:48:10
それは仕方な…くねえよ!ソープとか風俗に行きやがれ。金はあるんだからよぉ。俺はねえんだよ!でも痴漢はしないぜ。

68 名前:鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/22(月) 21:33:57
またなりすまし犯罪。天罰がくだりますよう

178 :ヘ(^q^)ヘ天才鈴木 ◆IHLbs/YhoA :2010/12/16(木) 18:56:53
読んだ?

179 :ヘ(^q^)ヘ天才鈴木 ◆IHLbs/YhoA :2010/12/16(木) 18:58:02
お。トリ間違えて藁貸してすいませんですねぇ(藁)

180 :ヘ(^q^)ヘ天才鈴木 ◆IHLbs/YhoA :2010/12/16(木) 18:58:45
チラッ

181 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 19:41:26
こんなんばっかじゃん、アンチって。

182 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/16(木) 19:48:52
僕は村上春樹ファンですよ。

183 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 19:57:37

  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |   こんなんばっかじゃん、アンチって。
|   ⊃  | 
 \ O  /  
‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png



184 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 21:27:30
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43734.jpg

http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43735.jpg



この顔で女優の選り好みなんて贅沢言うなつうの



185 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 21:41:58
(◕∀◕)「ウョ!イイオトコ!」

186 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 21:48:09
水嶋ヒロはあらゆる面で村上春樹を超えた・・・!!!

村上春樹下品すぎ・・・!!!キモすぎるw


187 :吾輩は名無しである:2010/12/16(木) 22:47:51
キモさはおまいらとどっこいどっこいだと思うの

188 :吾輩は名無しである:2010/12/17(金) 00:31:47

  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |   キモさはおまいらとどっこいどっこいだと思うの
|   ⊃  | 
 \ O  /  
‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png



189 :鈴木ヘ(^q^)ヘ ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/17(金) 05:29:17
古賀春江さんってシュールすね

190 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 00:34:56

  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |   古賀春江さんってシュールすね
|   ⊃  | 
 \ O  /  
‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png

191 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 04:23:10
ダンスおもしれぇ

192 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 04:29:32
死の?

193 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 04:37:38
このカス作家はまだ生きてんだ? なぜ世間に顔向けできているんだろう。姦淫小説を堂々青少年に売り込んで生きるゴミ人間なのに。

194 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 07:05:44
↑石原慎太郎乙


195 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 10:45:28
性描写がなんなんだ

196 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 18:38:42
スタイル性だけで受けていた作家は、歳取ると駄目になる典型なのかな。

197 :吾輩は名無しである:2010/12/19(日) 18:58:00
歳取ったら、歳取ったで、シニアスタイル性みたいな方向でやっていくのかな。

198 :吾輩は名無しである:2010/12/20(月) 23:36:17
「ノルウェイの森」

親友が突然自殺した。
そいつの彼女(直子)が残ったので、ノリでオマンコしておいた。でも直子はメンヘルで施設に入った。
よく分からないけど、直子は大事な女性だ。とりあえず大学に入ったので、ナンパしてオマンコしまくった。
好きでもない女とオマンコするのってむなしい。
大学で、ミドリって言うへんな女と知り合った。
俺には直子がいるし、ミドリにも彼氏がいるのでオマンコはしない。
時々、直子の施設に行って手コキとかフェラしてもらってるから満足。
そしたら、突然に直子が自殺した。悲しいから旅に出る。
帰ってきたら、直子の世話係の既知外ババアが俺んちに来た。とりあえずオマンコした。
そうしたら何もかもふっきれた。もう、必死にミドリとオマンコしにいく。
ミドリ「落ち着け猿」
終わり


199 :吾輩は名無しである:2010/12/21(火) 00:21:40
ノルウェイの森ものすごくよかった。
古さをまったくかんじない。

200 :吾輩は名無しである:2010/12/21(火) 00:27:36
631 :無名草子さん:2010/12/20(月) 18:53:43
両方だな。語りたいことと、物語にして共感を呼ぶ能力。

語りたいこともないのに作家になりたいやつはいる。
それは物語を語りたいんじゃなくて、作家というステータスが欲しいんだな。


201 :吾輩は名無しである:2010/12/21(火) 00:28:19
天才猥談w

202 :吾輩は名無しである:2010/12/21(火) 00:35:00
天皇制廃止すんの?

203 :【倭】石原慎太郎内閣結成!【祝】:2010/12/21(火) 01:23:37
http://stat001.ameba.jp/user_images/20100603/07/pachikichi7/c9/93/j/o0800119110572257111.jpg
http://stat001.ameba.jp/user_images/20100603/07/pachikichi7/f3/10/j/o0800119110572257591.jpg

204 :吾輩は名無しである:2010/12/21(火) 02:04:17
(◕∀◕)「見れねえぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーォ」


205 :非実在青少年涙目www:2010/12/21(火) 03:30:12
http://s3.amazonaws.com/twitpic/photos/full/207839825.jpg?AWSAccessKeyId=0ZRYP5X5F6FSMBCCSE82&Expires=1292868661&Signature=TwThepUmrSVaAVcClEE6BYJvJ7c%3D
http://s3.amazonaws.com/twitpic/photos/full/207837998.jpg?AWSAccessKeyId=0ZRYP5X5F6FSMBCCSE82&Expires=1292868704&Signature=Uwhx7LGFTQcbD8CiIRj6jhNGATs%3D

206 :吾輩は名無しである:2010/12/21(火) 23:17:44
「一冊の本」というPR誌で寺島靖国という香具師が、村上春樹の生原稿を古書店に
売りさばいて金銭を得ていたらしい故・安原顕について、村上の文春への告発文に
対し、村上との間に確執があったのなら「売り払ってしまえ」と安原が思っても
不思議ではない。シュレッダーにかけてしまうより、売っ払うが人間の感情の表し
方として正しいと擁護したそうだが、寺島靖国って誰よ?

207 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 01:16:11
村上春樹は風の歌を聴けの映画について何かコメントしたことはありますか?
あったとしたらどこで発言されてました?

208 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 17:25:24
うろ覚えだけど、「もう映画はこりごり」みたいなことを言ってた記憶がある。
それだけに今回の映画化は驚いた。監督が外国人だったのが良かったのかな。


209 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/22(水) 18:28:05
単に金が欲しいだけなんじゃないの?

210 :吾輩は名無しである:2010/12/22(水) 20:02:49
来年こそはノーベル賞ゲット
春樹の喫茶店巡りしたなぁ

211 :吾輩は名無しである:2010/12/23(木) 05:38:46
外国人だからとかなんだは知らんが、あの監督を好きな人はもともと多かった

212 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/23(木) 16:22:08
そうなんですか…

213 :吾輩は名無しである:2010/12/23(木) 21:31:28
春樹はここで(西欧)セックスマニアなるものを上手く茶化した
ミドリ「落ち着け猿」が効いている

214 :吾輩は名無しである:2010/12/23(木) 21:37:51
プロジェクト^^ヒロに至っては、
ミドリ十字「落ち着け猿」ってことになる

215 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/24(金) 01:52:42
よくわかんない。

216 :吾輩は名無しである:2010/12/24(金) 02:33:13
>>213いやあ、いい批評ですね。冴えてる。その観点でしかみせてはいけないでしょう、これは。

217 :suzuki:2010/12/24(金) 05:28:41
春樹は古代東洋文化の戯画。大江三島石原春樹ら戦後第一世代の結論は「俺ら藁貸しとけ」de人生終了

218 :SATO:2010/12/24(金) 05:33:06
208koube人の変節は常態。石原参照

219 :sengoku34 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/24(金) 06:32:28
あにょはせよ^^

220 :梟首:2010/12/24(金) 08:31:56

,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\    この婦人をどうしようもなく抱きたいのである。
|  ^  ^  |     本人も交尾が嫌いではなさそうだし。
|   ⊃  |    綿矢りさ本人がバリバリの関西人だ。関西在住だしな。水嶋くんは第二の綿矢りさだね
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
|  金 悪|   出来レースで綿矢と金原を囲い
|   ⊃  |   俺さえよければそれでええんや
 \ O  /   http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png
’’’-----,,,   都知事はわいらの敵やないか  ,,,,,,,,,,,,,,,         東蝦夷ども死ねよ。西の人間と同等だと思うなよ、クズ共が。
 / ,,,, ,,,,\ 聖心、明治でエリートならば、東大は神様だな。でも、官庁や大企業では
|  金  金|  エリートとしては扱われないな。学歴としては恥ずかしいものだよ。たいしたことない。
|   ⊃  |  ぼくの小説でHENTAIは国際語になった
 \ ー  /       こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いて
””ーーーー、、  クズどもが身の程を知れ。2chで先行きあるガキ作家志望(しろうと)のなりすましでもするか
            これで将来安泰だ。さすがカンサイの血。風説の流布でも殺されりゃすまい藁

               羨ましいな。
 \ O  /     関西人以外は彼女に近づくな、分かったな。

‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png

221 :吾輩は名無しである:2010/12/24(金) 09:59:36
今日はアフターダークですな。

222 :吾輩は名無しである:2010/12/24(金) 10:01:46
>>221ネタニマジレスカコ悪p
sine

223 :吾輩は名無しである:2010/12/24(金) 10:17:33
やれやれ

224 :吾輩は名無しである:2010/12/25(土) 17:19:08

今年のノーベル化学賞日本人2名受賞の背景には

数年前から北海道大学現役教授陣が推進してきた世界各地でのシンポジウム、
すなわち受賞に相応しい日本人の業績を、
具体的に、世界へ向けてアピールするという地道な努力が存在した。

文学賞にも、同様のことが言える。
いま日本人でノーベル文学賞候補に推挙できるとすれば
村上春樹をおいて他に無い。
第一に、村上春樹は「1Q84]の始末をつけること。あのままでは駄目だ。
第二に、それを待って、日本文学界&出版界は総力をあげ受賞を勝ち取ること。

大きな節目だから、読者もまた心して
文学と出版の歩みに目を光らせ、参加すべきである。




225 :梟首:2010/12/25(土) 17:31:00
ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ
ウゲエ  ,,,,,,,,,,,,,,,    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』(エロゲ小説)
 / ,,,, ,,,,\   『完全な遊戯』(精神障害者をレイプする内容)、『夢を与える』(AV小説)置いて
|  悪 〜  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113306.png
|   ⊃  |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113305.png
 \ OO  /    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png 
‘‘------- 、、   日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
  ウギャアア          ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png   ,,,,,,,,,,,,,,,    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』(エロゲ小説)
 / , ,,,,\   『完全な遊戯』(精神障害者をレイプする内容)、『夢を与える』(AV小説)置いて
|死死死  芥|    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113306.pn ⊃ |    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113305.png
 \ 金金money/    ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png 
‘‘------- 、、   日本の歴史を作ってきたのは常に西の人間。
ウッギャアアアアアアアアアアア ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png死ねゴキブリ

226 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◇m0yPyqc5MQ :2010/12/25(土) 17:33:32
|   ⊃  |    綿矢りさ本人がバリバリの関西人だ。関西在住だしな。水嶋くんは第二の綿矢りさだね
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\    こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いてウケケケ
|  金 悪|   出来レースで綿矢と金原を囲い
|   ⊃  |   俺さえよければそれでええんやウケケエ
 \ O  /   http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113307.png
’’’-----,,,   都知事はわいらの敵やないか  ,,,,,,,,,,,,,,,         東蝦夷ども死ねよ。西の人間と同等だと思うなよ、クズ共が。
 / ,,,, ,,,,\ 聖心、明治でエリートならば、東大は神様だな。でも、官庁や大企業では
|  金  金|  エリートとしては扱われないな。学歴としては恥ずかしいものだよ。たいしたことない。
|   ⊃  |  ぼくの小説でHENTAIは国際語になったヤレヤレ。ヤレヤレヤレ。
 \ ー  /       こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いてウケケ京都京都
””ーーーー、、  クズどもが身の程を知れ。2chで先行きあるガキ作家志望(しろうと)のなりすましでもするか ウケ

227 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/25(土) 18:10:21
鍵くんはギリギリアウトだな。

228 :ヘ(^q^)ヘHaruki Murakami ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/26(日) 05:10:33
  ,,,,,,,,,,,,,,,   
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |   いま日本人でノーベル文学賞候補に推挙できるとすれば
|   ⊃  |  村上春樹をおいて他に無い。
 \ O  /  
‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png


229 :ヘ(^q^)ヘHaruki Murakami ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/26(日) 05:14:51
  ,,,,,,,,,,,,,,,      村上春樹をおいて他に無い。
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |   こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いてウケケ京都京都
|   ⊃  | クズどもが身の程を知れ。2chで先行きあるガキ作家志望(しろうと)のなりすましでもするか ウケ
 \ O  /  
‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png

230 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/26(日) 08:00:26
狂ってるな〜

231 :祈る者:2010/12/26(日) 13:54:39
赤の他人になりすましてあらゆる悪意の発語をまきちらし、
刑法ぎりぎりの発言でその人物に迷惑をかけ、
自分だけは金儲けで救われようとする廃人村上春樹。

この人物が生きている間に散々悲惨な目にあわないとしたら、この世は一体どんな道理で回っているのだろう?
悪人が栄え、善良な人物が貶められる。そんな世界には地獄以外の形容の仕様がない。

 村上春樹が地獄に堕ちるのは前提で、その遺伝傾向をもった全ての人間に天罰がくだり、この世から消え去りますように。
姦淫の喧伝で地上に迷惑をまきちらす邪悪な血筋に、善良な人々の一致協力による徹底した浄化がいたりますように。
どうか邪悪な人物、村上春樹とその血族に絶滅が起きますように。

232 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/26(日) 14:08:58
僕は村上春樹じゃないですよ

233 :Haruki Murakami:ヘ(^q^)ヘ ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/26(日) 20:38:16
  ,,,,,,,,,,,,,,,      僕は村上春樹じゃないですよ
 / ,,,, ,,,,\   
|  ^  ^  |   こどもでも読める棚に『Norwegian Wood』置いてウケケ京都京都
|   ⊃  |  2chで先行きあるガキ作家志望(しろうと)のなりすましでもするか ウケ
 \ O  /  
‘‘------- 、、   都知事ってアホやろ
           ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/t/tsumiyama/20101206/20101206113309.png
           村上春樹(強姦国民の汚い血を引く屑)は親戚傍系まで粛清されるべき


234 :吾輩は名無しである:2010/12/26(日) 20:50:14
>>224
>第一に、村上春樹は「1Q84]の始末をつけること。あのままでは駄目だ。

あのままでは駄目だというより、元々何の思想も無かった奴の本質がその正体を
表したと言うべきだろうw

235 :吾輩は名無しである:2010/12/28(火) 15:02:47
1Q84に騙されてヤナーチェクの「シンフォニエッタ」のCDとか買った奴・・・
恥ずかし過ぎるwww

236 :吾輩は名無しである:2010/12/28(火) 15:40:16
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43909.jpg
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43910.jpg


主人公がこんな美男子なんだから
女優が菊池凛子とか文句言うぞこらあ

237 :記憶喪失した男:2010/12/29(水) 15:47:30 ?2BP(791)
村上春樹の初期三部作を読んだ。
「風の歌を聴け」
「1972年のピンボール」
「羊をめぐる冒険」
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」←つまらん
「ノルウェイの森」
を読んだ。
結論として、村上春樹はかなり面白い作家だということがわかった。
ノーベル賞やってもいいんじゃないかな。
村上春樹に匹敵する作家は、京極夏彦と江戸川乱歩ぐらいしか浮かばない。

おら、アンチ春樹ども。語ってやるから、かかってこいよ。

238 :記憶喪失した男:2010/12/29(水) 15:52:30 ?2BP(791)
>>234
読んでないが同意。
同じ作家がずっと傑作を書きつづけられるわけない。
引退作家の引退作品を読んだかわいそうな人たちのたわごとだろ。
1Q84は駄作ってことでいいんだよ。

239 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 16:09:54
▼きのうポプラ社から発売された『KAGEROU』も、2千万円の懸賞小説の受賞作だ。
本名で応募していた作者が、実は人気俳優の水嶋ヒロさん(26)だったというから、話題性では負けていない。
これまで内容の紹介は最小限に抑えられ、妻で歌手の絢香さんが、登場人物のモデルらしいといった噂が人気を加速させた。
予約だけですでに40万部を超えているという。

▼三浦はデビューしてから35年間、第一線の作家であり続けたが、水嶋さんはどうだろう。
もっともご本人はそんな先のことには興味がないようだ。今は自作の映画化に意欲的だという。
そういえば、やはりかつてのベストセラー、村上春樹さんの『ノルウェイの森』を原作とする同名の映画が公開中だ。

▼そのなかで、主人公のワタナベが読書をしていると、
秀才でプレーボーイの先輩、永沢から本を取り上げられ、こんな忠告を受ける場面がある。
「人生は短い。時の洗礼を受けていないものを読んで、貴重な時間を無駄に費やしちゃだめだ」。

「ノルウェイの森」

親友が突然自殺した。
そいつの彼女(直子)が残ったので、ノリでオマンコしておいた。でも直子はメンヘルで施設に入った。
よく分からないけど、直子は大事な女性だ。とりあえず大学に入ったので、ナンパしてオマンコしまくった。
好きでもない女とオマンコするのってむなしい。
大学で、ミドリって言うへんな女と知り合った。
俺には直子がいるし、ミドリにも彼氏がいるのでオマンコはしない。
時々、直子の施設に行って手コキとかフェラしてもらってるから満足。
そしたら、突然に直子が自殺した。悲しいから旅に出る。
帰ってきたら、直子の世話係の既知外ババアが俺んちに来た。とりあえずオマンコした。
そうしたら何もかもふっきれた。もう、必死にミドリとオマンコしにいく。
ミドリ「落ち着け猿」
終わり

240 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 16:11:16
>あのままでは駄目だというより、元々何の思想も無かった奴の本質がその正体を
>表したと言うべきだろうw

↑に同意って。
かなり面白い作家じゃねえのかよ。

241 :大反響! 水嶋先生の大行進:2010/12/29(水) 16:20:50
水嶋ヒロ小説100万部突破

 俳優・水嶋ヒロ(26)のデビュー小説「KAGEROU」が、28日に累計発行部数100万部を突破したことがわかった。
ポプラ社が発表した。15日に発売されたばかりで、発売から2週間足らずでのミリオン達成。同社によると、現在も順調に増刷を重ねている
という。読者からの反響は大きく、「小説家・水嶋ヒロ」のフィーバーは当分続きそうだ。

 水嶋は芸名を伏せ、本名「斎藤智裕」名義で執筆し第5回ポプラ社小説大賞を受賞。さらに賞金の2000万円を
辞退するなど、発売前から注目を集めていた。

 そのため、発売前にして発行部数43万部を記録。発売日には売り切れ店が続出し、即座に25万部の増刷が決まった。

 読者からは、「とにかく読みやすくて面白い」「彼の人生そのものにも興味をもちました」など多数の好意的な感想が寄せられているという。
(2010年12月29日)

242 :記憶喪失した男:2010/12/29(水) 16:42:20 ?2BP(791)
>>240
1Q84は、つまらないんだろうよ。
でも、「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「ノルウェイの森」が
面白いっていってるんだよ。
誰にでも駄作はある。
1Q84は読んでないけど、あきらかに駄作だろうが。

243 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 16:43:22
>>240面白いって、あなたの地域だと…

244 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 16:44:58
242藁貸し増すねぇ〜(笑)ま阪穴多は本人では〜(笑)

245 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 16:55:33
>>242
いやいや、234は村上春樹を「元々何の思想も無かった奴」って。
あとなんで「1Q84は読んでないけど、あきらかに駄作」なの?

246 :記憶喪失した男:2010/12/29(水) 17:36:35 ?2BP(791)
>>245
ネットで発売後一週間で感想がのり、
たいしたことない作品だと書いてあったから、そう思ってるんだよ。


247 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 17:54:49
なるほど。ちなみに俺はアンチじゃないぞ。
俺は「1972年のピンボール」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」がけっこう面白かったんだけどな。
「ねじまき鳥クロニクル」もとっちらかってて面白いぞ。

248 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 18:03:26
1Q84、アマゾンでかなり酷評されてるな。
アマゾンでこんなにたたかれる事ってあるんだ。

249 :記憶喪失した男:2010/12/29(水) 18:08:17 ?2BP(791)
>>247
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が面白いだって?
幻想小説としては陳腐だし、ハードボイルドとしては、臆病だ。
しかも、世界が終わらないし。
あんた、もっと面白い海外短編SFを読んだ方がいい。

「ねじまき鳥クロニクル」はそのうち読もうかと思ってるけど、
あんまり期待していない。

春樹に幻想は期待しない。春樹の幻想は陳腐で平凡だ。
春樹の性描写に期待している。春樹の恋愛構造に期待している。

「風の歌を聴け」セックスを書くぼくがセックスを書かない鼠を
暗にバカにしている話だ。おれもむかしは鼠のようだった。

「羊をめぐる冒険」誰とでも寝る女の子が死んでしまう話だ。
とても感動した。

「ノルウェイの森」13歳の超絶技巧派レズの出てくる話だ。
それなりに感じた。

250 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 18:10:48
160 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 15:29:41
石原慎太郎なんておまんこに頭突っ込んで窒息して死んじまえって思わない?

162 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 16:08:12
俺は思うな。都議会で青少年を育成する有難い条例が可決されましたけど、率先して奴を刺しに行くオタクはいないの?

163 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 16:09:31
ネットで奴に賞金首かける裏サイトとかあったら匿名で募金するんだけどなあ。

166 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/15(水) 18:59:57
刺す以外に方法ないじゃん。攫うのも何かと大変そうだしさ。

74 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/16(木) 17:29:20
  マジで石原慎太郎は殺すべき。

31 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 14:04:19
ノルウェイの森天才すぎ 手コキブームの走りだもんね。

251 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 18:12:53
769 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/27(月) 18:41:17
俺様用メモ
  オランダが未来を生きているソース  
  :ワークシェアリング先進国   :獣姦ポルノ先進国  
  :大麻合法化          :売春合法化  
  :安楽死の合法化       :国民の幸福度世界一  
  :介護でナースのSEXサービス
日本も見習うべきだな!

364 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/21(火) 20:22:02
俺はりさたんの尿を飲み下痢便を食する事が出来ればそれで満足ですよ

702 名前:吾輩は名無しである :2010/12/28(火) 20:43:26
  村上春樹はしぬべき。後生に迷惑しかかけていない。

372 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/23(木) 11:50:53
糞尿の事なら何でもおまかせください!

396 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/27(月) 14:43:25
寒いですねえ

糞味噌で味噌汁を作って飲みたいですねえ

236 :吾輩は名無しである:2010/12/28(火) 15:40:16
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43909.jpg
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43910.jpg

主人公がこんな美男子なんだから
女優が菊池凛子とか文句言うぞこらあ

252 :吾輩は名無しである:2010/12/29(水) 23:09:23
>>248 そりゃ読みたい人が読むというのが本来の姿である春樹作品を、ただ話題に便乗して読んでるやつらがこんだけいっぱい読んだら、そうなるさ。

253 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 10:50:57
>>224
具体的にしゃべれ。

1Q84の「BOOk4」が出るんか? 1Q85が出るんか?

254 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 11:13:45
364 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/29(水) 18:37:04
>>362
そんな顔なのか…!!イラン人って渋谷の奴らしか知らない(今は駅前には全くいないけど)けど奴らのケツ持ちは関東連合らしいね。
@@はどこのイラン人と知り合いなの?俺は渋谷と目黒と練馬あたりのイラン人。基本的に渋谷の取り締まりが厳しくなって郊外へ。

365 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/29(水) 18:38:21
郊外っていうか都内の住宅街に密売の場所を移しているね。

366 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/29(水) 18:40:04
普通「あー久しぶりねー!」とは言わないよ。向こうも命がけだからね。目配せで挨拶する事はあるけど。@@は相当仲いいんだな。

367 :(@∀@) 【ehon:2253】 ◆ANOSADJXD6 :2010/12/29(水) 19:08:59 神 ?PLT(13333) 株主優待
渋谷の第一勧銀あたりにいた連中だとゆうと、麻布三ノ橋あたりの人々ですかねー。

369 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/29(水) 19:46:43
第一勧銀…俺が知ってるのはセンター街の奴らだね。ロッテリアの入り口あたりでたむろしてた奴ら。第一勧銀あったっけ?

370 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/29(水) 19:49:14
15年前に偽造テレカをパチパチやってた連中だよ!あいつら今練馬区あたりの住宅街で売ってる。こんなこと書いていいのかな…
外国人から買うのは目立ちすぎるからやめたよ。あいつら時間守らないし。けっこう割高だし。やっぱり信用出来る日本人がいい。

361 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/28(火) 22:56:58
でもシャブはマジで死ぬんじゃないかってくらいやってた今年の初めから春先まで。
金が底をついて、それからずっとやってないなあ。

255 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 13:57:25 ?2BP(791)
せっかく議論してやろうと思ったのに、
コピペしか来ないのか。

256 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 14:01:32
255 名前:記憶喪失した男(村上春樹) :2010/12/30(木) 13:57:25 2BP(791)
せっかく議論してやろうと思ったのに、
コピペしか来ないのか。

500 名前:(o`.´o)harukimurakami ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 13:46:41
やはりマゾちゃんの読解力は凄いですねぇ〜(笑)
日本語ひとつを獲っても日本文化とするなら、日本国土に日本文化(日本語)を継承する者が望ましい訳でしてねぇ〜(笑) 「民族の自存的な立場」でいいならフランス語や英悟を喋る日本国籍を持った外来者(笑)、
見た目は東洋人の中国人でもいいことに鳴り増す殻ねぇ〜(笑) 日本語を一応は喋る(笑)在日作家クンニカス平野ではてんで離しに鳴り増せん〜(笑)

501 名前:(o`.´o)harukimurakami ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 13:49:09
自分在っての他人(笑) これがクンニ化すゴリラ恋愛感ですねぇ〜(笑) 藁貸し増すねぇ〜(笑)

平野啓一郎さん新刊『かたちだけの愛』 「好きな自分」を生きる愛 (2/2ページ)
2010.12.15 08:08
ttp://sankei.jp.msn.com/culture/books/101215/bks1012150809002-n2.htm
「人のおかげで自分を好きになるし、自分を好きにさせてくれる相手をまた好きになる。他者との関係が循環的に持続していくから、
夫婦愛だけじゃなく親子愛や師弟愛にも適用できる。人が亡くなるときの悲しさも、その人と一緒にいるときの“好きな自分”を
もう生きられないことから来ているのだと思う」

257 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 14:06:09 ?2BP(791)
つまんね

258 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 14:26:09
村上春樹は三年以内にノーベル文学賞を受賞することに鳴るで症ね〜(笑)まず著作権の問題があり増すけれどもこれも怪傑しておる酔うです殻ねぇ〜(笑) 妻り、ノルウェーの森が講談社から
新潮へ移ることに鳴るということ(笑) その前にノルウェーの森で荒稼ぎの貯めの映画だった訳です殻ねぇ〜(笑)

そうしてもうひとつ春樹にはやるべきことがある(笑) ノーベル文学賞を受賞するにはこれをクリアーする必要があるという訳ですけれども〜(笑)

259 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 14:40:28
361 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/18(木) 16:41:21
>>359
じゃああなたが客観的に見て村上春樹に比肩しうる作家を一人でいいから挙げてよ。世界的レベルで。

349 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/16(火) 17:57:35
プギャー

31 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 14:04:19
ノルウェイの森天才すぎ 手コキブームの走りだもんね。

41 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 18:32:31
セクースは汚いものじゃない

54 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/13(月) 19:59:57
セクースは汚いからこそ興奮するのよ。

342 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/24(金) 19:21:16
割りとかわいいと思う奴もいるはずなんだが
名前を調べる前に、セフレや元妻のほうが遥かにかわいいんで
おりじなる・・・で ぁうぁ 3D!

349 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/26(日) 00:14:44
>>347
大学のゼミに痴漢常習犯がいたよ。昨日は射精したとかそういう話ばっかしてたけど、そいつは天才かも知れないと思ったな〜

702 名前:吾輩は名無しである :2010/12/28(火) 20:43:26
村上春樹はしぬべき。後生に迷惑しかかけていない。

260 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 14:45:44 ?2BP(791)
「日本文学の現状と課題」スレでも書いてるけど、
文学の主流とはやはり恋愛小説であって、
しかも、なぜか、不倫とそれがバレたことによる死だったわけですよ。
ノルウェイの森もその形を踏襲しており、
二股と恋愛相手の片方の死をもって終わるわけです。
しかし、ノルウェイの森の他の文学より新しい点は、結婚という概念を
拒絶している点です。
結婚している先輩の浮気はやはり奥さんの自殺によって幕を閉じ、
十九世紀的文学形式を踏襲しています。
しかし、主人公は結婚していない。そこに、現代性があるわけです。

おれは、新しい文学をやりたければ、結婚制度の再賛美をすればいいと思うです。
純愛の復権こそ、求められている形であり、村上春樹を超える道です。

261 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 14:49:39
260お前の頭の中でだろ。関西人は源氏物語だから不倫の観念がない。石原もお前も瓜二つだ。

262 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 14:54:32 ?2BP(791)
関西人とかいわれてもわからんのですよ。
誰がどこの県出身かなんて覚えてないもので。

つまり、源氏物語のように、多くの美女とセックスしたいという本音の賛美と、
しかし、それでは平等の概念が守れないという現実に問題があるわけです。

その解決は、美女が多くの男性、できるだけもてない男性のセックスの相手を
してあげるべきだという価値観だと思います。

つまりは、反ジャニーズですね。格好いい男を抱いてもいいから、ぶ男も抱けよと。
そういうわけです。それが新しい文学となりえると思います。

263 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 14:56:03
純愛を復権したとて懐かしいノスタルジーに寄る一時敵なものに鹿奈良無いのでは〜(笑)冬のソナタ謎の酔うに〜(笑)

264 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 14:58:14
262お前の血(関西土民の血)が姦淫を広めたいだけなのはわかった。他には? 穢い以外の形容ができないが。

265 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 14:58:57 ?2BP(791)
冬のソナタ見てないんです。すいません。
今度みたいと思います。

でも、話していて、いろんな人とセックスしたいという本音も聞きますが、
結婚している人の、浮気は絶対バレたくないという本音もよく聞くのです。
浮気がバレたら、結婚終わりだと思うという声は根強いです。

266 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 15:00:47
265穢い、以外に何を言ってもらいたいの?

267 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 15:02:00 ?2BP(791)
つまり、性の解放を求める意見の中、
もてない人たちの救済の意見は根強く、リア充爆発しろ、というわけです。
それらをうまく解決する新しい恋愛規範の成立の模索こそ必要だというわけです。

268 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 15:04:08 ?2BP(791)
>>266
おまい、つまんねえよ。なんか考えろや。

269 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 15:06:49
267単純にお前が姦淫病を、どこかで患っただけだろ。遺伝なんだろうけど、綿矢も石原もお前そっくりだから。
それ、恋愛じゃなくて不倫だぞ。狂ってるよお前。性の解放(獣倫)なんかお前ら関西奴しか求めてないよ。穢多だな。

完全な遊戯
石原慎太郎

あらすじ
深夜二人の男が車を走らせていると、一人の女が道路脇に佇んでいた。
調子のいい台詞で車にのせ、強姦する、
素性の知れない女なので、監禁し売春宿に売り飛ばす。
しかし、女は精神疾患を患っており、売春宿の主人から引き取ってくれるよう申し渡される。
男たちは悪事を隠蔽するため女を殺し、海へ捨てる。

>>268これがお前らの「面白い」なんだろ? 人種が違ってるんだょ。

270 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 15:10:40 ?2BP(791)
おいらも、十歳の頃は、十六歳でセックスして、やりまくるんだと思ってました。
現実は大きくちがいました。
なぜ、総務省は最も性的に魅力的な十四歳から十八歳までの裸体を検閲するのでしょうか。
その謎がわかりません。
その年齢にセックスをしたいという欲求は強いのであり、
人目でいいから、美男美女のそういう写真動画を見たいという欲求は強いのであり、
なぜとりしまられるのか、社会的陰謀の理由がはっきりしません。
そこに強い不満があるのです。

おれは女をひとりじめしようとは思いませんよ。
ただ、子供たちがおこぼれに預かれるようにと願っているだけです。

271 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 15:13:04
270死んだほうが幸せだったな。それでも姦淫の血は薄まらず、社会の賎業を占めていく。
どうでもいいが、近寄るな。警察へ突き出すぞ。猥褻物陳列罪人。

272 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 15:29:15
270
理性を捨て本能のままに性獣になる小説も案外面白いかも死れ増せん〜(笑)
未成年の男女は性の趣くままにセックスに明け暮れ(笑)女は妊娠(笑)ふたりは子供を産み、他に好きな異性が折れば浮気しまたセックスに明け暮れる(笑)夫は不倫女を妊娠(笑)
妻も不倫男に酔って妊娠(笑)で、結末はこの無限ループ(笑)そうして、性欲の果てたふたりは「人生は虚しいなぁ」と呟くので消化ねぇ〜(笑)

273 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 15:31:02 ?2BP(791)
>>269
完全な遊戯がつまらんのはわかったから、
他に論理的な批判はないのかね。

たとえば、こんな話はどうだろう。
強姦されたい女性をアンケートで選び出し、
強姦パーティに優しい男性を招待する。

そうすれば、男も女も、強姦という珍しい性体験ができるじゃないか。

連投規制だ。くそっ。2ちゃんねるも使いにくくなったぜよ。

暇に書かせてもらうが、つまりおれは、男女ともに喜ぶ新しい性構造を構築し、
その悲哀を描けたら、村上春樹を超えられると思っているんだよ。
村上春樹は、セックスに対して、多少差別主義があるのは嫌だが、
みんなの求めていたとおりの恋愛像を描いていると思うよ。
少なくとも、主人公が娘の母親に頼むことで望みを果たす夏目漱石の「こころ」よりは
素晴らしいと思うけどね。

274 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 15:36:29 ?2BP(791)
>>272
つまりは、賢い避妊の仕方を知りたいというただそれだけが解答ではないですか。
なのに、なぜ、総務省はエロを検閲するのでしょうねえ。

275 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 15:38:37
>>273
よう、童貞

276 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 15:41:48 ?2BP(791)
>>275
残念ながら、おれは童貞ではないのですよ。
性経験はとぼしいですけどね。

新しい文学として、処女童貞をなぐさめる形の小説が求められていると思いますがね。
それはやはり、純愛シンデレラストーリーだと思いますよ。

277 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 15:49:41
274
政府の意向とは、未成年のセックスに寄る妊娠、出産による母子家庭の急増(笑) その母子家庭の不良化(笑) 学級抱懐を懸念しておるということで笑〜(笑)
単にセックスの好さを吹聴するエロ本の規制の必要性があるということ〜(笑)このままで母子家庭手当てで日本経済はいずれ破綻するで笑〜(笑)

ところで穴多、親から虐待されて施設におる子供を全員引き取って責任持って育てる気は在りませんかねぇ〜(笑) 刺すればその規制も緩むやも死れ増せん殻ねぇ〜(笑)

278 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 16:04:26 ?2BP(791)
>>277
ニートだから金はない。
あれだ、パチンコ産業が子育てすればいいと思う。

279 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 16:11:12
>>記憶喪失した男
じゃぁお前が書け

280 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 16:13:19
278
ニートならば時間は腐るほど在るで笑止〜(笑)底でボランティアで児童施設の子供遊び相手で死てみなさい〜(笑)そうして想いった母子家庭の実情謎を目の辺りにすることで日本が抱えた問題も
少し馬鹿りは理解できるやも死れない〜(笑)
刺すれば穴多の嗜好回路も少し馬鹿りは魔友にも鳴るで笑止〜(笑)

281 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 16:19:32 ?2BP(791)
>>279
書いてるよ。
こう相談しているのも、そういう新しい新作のネタづくりのためさ。
「小説家になろう」で「へげぞ」で検索して出てくるのがおれの小説だ。

>>280
児童施設のボランティアをするより、小説の再検証をしようと思ってるんだ。
おれが読んだ700冊の小説が「シベリアにラノベ含む読書の話」スレにのってるよ。
性欲を抑えようとするよりは、満たしてほしい。
そういう社会になってほしい。だって、セックスめちゃ気持ちいいじゃないか。

で、おれの論理のどこがまちがってるんだ?

282 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 17:03:18 ?2BP(791)
おーい、反論は終わりか。
形式どおりの問答しか、ほとんど帰ってこなくて、
あんまり建設的な議論ができなかったけど、
おれは、1〜3日はいないので、反論を書いておいてくれよ。

283 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 17:16:46
>>282
じゃぁ貼れよ

つまらない事は俺が保証する

284 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 17:33:26
281
糞リンク荒れば助狩り増すねぇ〜(笑)

285 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 17:33:55 ?2BP(791)
>>283
何を貼れっていうんだ?
おれの小説をか?
悪いが、2ちゃんねるはリンクを3回以上貼れなくしてるんだ。
だから、わざわざ貼らない。
「小説家になろう」で「へげぞ」で検索して、
最新作の「みかげつ記」原稿用紙20枚ほどを読んできたらいいじゃないか。
評判がいいのは、その一個前の原稿用紙15枚ほどの「濃姫」だけどな。
おれは面白いと思って書いてるよ。

286 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 17:49:39
ttp://ncode.syosetu.com/n7735p/1/
藁貸し増すねぇ〜(笑)胎児教育がどのようなシステムなのかその描写を放棄し(笑)

同じ顔をした美女たちの群れを。世界一の美女謎は同じ顔に世界一も世界二も無いで笑止(笑)なぜならブス、醜いもないのなら美女の価値すらも必要無いのでは(笑)

287 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 17:54:11 ?2BP(791)
>>286
おまいはわかってない。
美女とは、認識的な快楽をともなった刺激なのだ。美男子も同じだ。
序列ではないのだよ、美しさとは。

288 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 17:58:12 ?2BP(791)
美男美女とは、遺伝子の容姿の発現と遺伝子の性的認識の一致あるいは近似を
示すのだ。

289 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 17:59:35
世界一とは序列を刺して増すけれども(笑)

290 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 18:05:44 ?2BP(791)
序列にこだわるおまいのとらえ方が、
他人との勝ち負けを意識した低俗な価値観だというのだよ。
世界一の美女を抱けたら、それで満足じゃないか。
おれはそう思うよ。自殺もこれで減ると思う。
第五章までちゃんと読め。

291 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 18:09:36
ttp://ncode.syosetu.com/n8836n/1/
藁貸し増すねぇ〜(笑)嫁に嫁ぐにも先方の意思も在るで笑止(笑)このような父の子を貰うで消化〜(笑)どうやって殺してくれよう、って毒殺の為に嫁いだので笑〜(笑)
書きたいことをただ書き連ねた糞文と逝った漢字ですねぇ〜(笑) 会話も下手糞で 藁貸し増すねぇ〜(笑)

「おまえが我が妻となる者か。この信長で不満はないか」
「いえ、ございませぬ。不束者ですがよろしゅう」
「うむ」
 これが夫との、初めての会話でした。この男、わたしに殺されるとも知らずに。
 うむ、とは、威張っておりましょう。なんでしょう、この男。うむ、などと申して。
「ふふふふっ」
 思わず、わたしは笑ってしまいました。いったい、どうやって殺してくれよう。

292 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 18:17:52
藁貸し増すねぇ〜(笑)毒を吐いて、頭が切れる。いや、舌が肥えている、も無いで笑止〜(笑) 毒の味を認識死ておる辞典で失笑〜(笑)
ttp://ncode.syosetu.com/n8836n/2/

 夫は竹の椀に水を入れてわたしに渡しました。わたしは一口、きれいな水を飲み込みと、体を返して、裏で竹の椀に毒を入れました。これを飲めば、夫の命はそれでお終い。
 わたしは竹の椀を夫に差し出しました。わたしの腕は震えていたようです。夫は、竹の椀から水を口に含みました。わたしがやったと喜ぶと、夫は水をぶっと吹き出しました。
「この水には毒が入っておる。濃や、大丈夫か。さっき飲んだのではないか」
「いえ、わたしは飲んでおりませぬ」
 わたしは殺されるかもしれないと思いました。この夫、思ったより頭が切れる。いや、舌が肥えているのか。
 殺されるよりは、わたしが毒を飲んで死のうか。


293 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 18:18:01 ?2BP(791)
おまえ、一章しか読んでないんじゃないのか?
オチ読めよ。作者としては一章だけで語られるのは不満だよ。

294 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 18:25:29 ?2BP(791)
>>283も出て来いよ。つまらなかったか。
思ってたより、面白かっただろう。くくく。

295 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 18:29:36
↓ブラウザの「ページのソースの表示」でIDがわかるんだから自演するなよ
http://victreal.com/news/archives/51394273.html

296 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 19:20:58 ?2BP(791)
なんだか、わからないけど。
文学論について語ろうぜ。
名無しでも、マテリアリストでもいいからさ。
おいらの小説の批判もうけてたつよ。

つまり、おいらは恋愛小説の定型を発見したんでやってきたんだけど、
それは、浮気して、誰かが死んでしまう話なわけだよ。
それで、
男が不倫、二股、死刑→「赤と黒」
男が二股、片方の女が自殺→「ノルウェイの森」
女が不倫、自殺→「ボヴァリー夫人」←くそつまらん写実主義
女が不倫、自殺→「アンナ・カレーニナ」
男女ともに不倫、二人とも自殺→「失楽園」
女主人公で、男が二股して死亡→「恋空」
なわけだ。
おれも、こういう二股による苦悩を書いてみるべきかもしれないと思ったりもしている。

297 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 19:40:05
>>294
あー面白かった

298 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 19:48:13 ?2BP(791)
>>297
ありがとね。これからも頑張るよ。

299 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 20:44:15
296
漱石の「虞美人草」が無いですけれどもねぇ〜(笑) 形式も大事ですけれどもそれよりも大事な者が在るとは重い増せんか〜(笑)

300 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 20:52:00 ?2BP(791)
虞美人草は読んでないんだ。アンナ・カレーニナも第一篇しか読んでない。
よかったら、虞美人草を同じように定型化してくれないか。
正直、漱石の虞美人草がおれのあげた作品たちと同じくらい有名だとは
とても思わない。文学板の偏見だろう。

形式ではなく、文学で語っているのは、みんなが読みたいのは、
結局、なんだかんだと結婚して浮気せずにやっていく人生の中で、
他人はどうなのかという本当のことなんじゃないかと思う。
そういう意味では、ワイドショー的文章は文学だと思っている。
現代の文学たりえるだろう。
おれにはおれの性体験があるけど、他人のことはよくわからない。
他人も、他人の性体験の話を好んで聞きたがる。
そして、それができない処女童貞はどうすればいいのかという問題とともに、
性体験の面白い形こそ、求められているのだと思うのだよ。

301 :吾輩は名無しである:2010/12/30(木) 20:59:33
>>300
お前の話は解りづらい上にツマラナイ

302 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 21:01:04
296
記憶喪失した男が不倫小説を提唱し文学論について語りたいとのこと〜(笑) 刺すれば、わたくしがりさに書いたプロットを穴多に提供いたし魔性〜(笑)
これを元に小説を書いてごらんなさい〜(笑)
ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1287790269/393

穴多の欠点をわたくしが批評死ますよ〜(笑)

303 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 21:04:45
300
女が二股、男らにばれて女が自殺→「虞美人草」

304 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 21:12:26 ?2BP(791)
>>302
アホか。想像妊娠なんてのは、京極夏彦が1994年に出した「うぶめのなつ」
で発想を知ったやつらが流しまくってる流行テーマだ。
そんなもの書いたら、西尾維新なみに、京極のパクリといわれてしまうわ。

305 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 21:36:35 ?2BP(791)
うーん。
美男美女は、処女童貞を抱かなければならないという習慣があり、
美女の彼氏が、童貞のテクに引かれて美女を奪われそうになって恐怖する話
とか、どうかな。

マテリアリストは知らず知らずのうちに京極夏彦の影響下にある。
藁か染ますね(笑)

306 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 21:41:35 ?2BP(791)
ちなみに、化物語やめだかボックスが書かれたので、
ちょっと時代遅れな批評だが、
西尾維新の最高傑作といわれていたクビシメロマンチストは、
京極の「もうりょうのはこ」のトリックとほぼ同じトリックなんだよ。
だから、劣化京極とかいわれるの。

307 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 22:28:10
304
藁貸し増すねぇ〜(笑)すでに穴多のチープな文学観がわたくしには見えており増す〜(笑) 形式やプロットは骨格で笑止(笑) それを道肉付け使用が作者の自由のはずです〜(笑)
女はなぜ想像妊娠に陥ったか?原因は夫の不倫で笑止(笑)そしてその不倫離婚回避が妊娠な訳ですねぇ〜(笑)
そこで女の夫の不倫を妄想することで女の不倫観が描けるで笑止(笑)刺すれば穴多はどのような不倫小説が描きたいで消化(笑) 穴多の不倫論は夫と新婚妻の出会いなりそめを不倫にすることで
十分な不倫小説が描けるのです〜(笑)

想像妊娠で京極夏彦の影響下にある、謎はチープ過ぎて離しにも鳴り増せん〜(笑)

308 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 22:45:39 ?2BP(791)
>>307
じゃあ、うぶめの前に想像妊娠を扱った作品を挙げてみろよ。
おれは、結婚にとらわれない恋愛像を描きたいから、不倫というのはない。
おまいのプロットは陳腐すぎて魅力がない。藁か染ますね(笑)

309 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 23:03:07
308
藁貸し増すねぇ〜(笑)すでに穴多のチープな文学観がわたくしには見えており増す〜(笑) 穴多は総統に頭がお割るい〜(笑)
刺すれば、美男美女は、処女童貞を抱かなければならないという習慣があり、 美女の彼氏が、童貞のテクに引かれて美女を奪われそうになって恐怖する話でも書けば宜しい〜(笑)

処女童貞を抱かなければならないという習慣(笑) 藁貸し増すねぇ〜(笑)

310 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 23:08:20 ?2BP(791)
おれは本気でその方向の恋愛小説が書けないかと、
模索しているんだ。おれも童貞でいる期間は長かった。
ずっと、生物学的に劣等な成長を遂げたのではないかと悩んでいた。
おれはそういう悩みを救ってあげたいんだ。
マテリアリストには、そういう悩みはないのかい?
おれの悩みを一笑に付すおまいは、どうせ、日本文学にはもう語るべきテーマがないとか、
思っているのだろう。おまいは、創作者の悩みがわからないやつなんだ。

311 :記憶喪失した男:2010/12/30(木) 23:11:20 ?2BP(791)
マテリアリスト、おれから見ても、おまいは相当に頭が悪いんだよ。
悔しかったら出してみろよ。うぶめ以前の想像妊娠の小説を。
ほれ。

312 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 00:20:37
村上春樹大好きな永坂勇人はマジキチ

313 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 00:21:38
mixiで春樹のものまね日記書いてるから是非活目せよ!!

314 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 10:27:40
>>311
テーマどうこうより文章が酷いな。
よくこんなもの恥ずかしげもなく晒すよな。尊敬するわ。

315 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 11:21:35 ?2BP(791)
一日待っても、想像妊娠の小説は見つからなかったようだね。
ご愁傷様。マテリアリスト。藁か染ますね(笑)
自分が何か斬新なアイデアでも出した気になってたんでしょうか(笑)

>>314
テーマより、文章がどうこういうやつは、総じて二流だ。
文章なんて、よっぽどきれいに書けない限り、読みやすければいいんだよ。
読めるだろ、おれの文章。
マテリアリスト以下の雑魚だな。さすが、名無し。

316 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 13:54:33
問題の最終回(笑)3Pがオチとは藁貸し増すねぇ〜(笑)
ttp://ncode.syosetu.com/n7735p/5/

「カグヤ、いるな」
「はい」
「武器を出せ」
「ご自由にお選びください」
 剣に、狙撃銃、ロケットランチャーに、分散並列処理型分子大ナノロボがあった。
 ぼくは、全部を装備する。
「野獣はどこだ」
 ナノロボが探知して位置を示した。
 とりあえず、ロケットランチャーをぶっ放す。
「きゃあ」
 崩れた野獣の屋敷の部屋から、シンデレラの悲鳴が聞こえた。
「必ず助け出す」
 ぼくは、野獣を狙撃銃で狙った。
「どこだ、ヒロト。どこからでもかかって来い」
 斧を持って構えている野獣を森から狙撃する。命中。野獣は倒れた。
「行こう、ユウナ」

 それから、ユウナとシンデレラとの3Pだった。三人とも感じまくっていた。
「はあはあ。カグヤ、きみも脱げ」
「はい、ヒロトさま」
 カグヤの黒い服が解けて、巨乳が見えた。
「全員のカグヤ、出て来い」
「はい、ヒロトさま」
 何百人のカグヤが黒い服を脱ぎながら出てきた。

「これから、毎日、毎日、ユウナとシンデレラとカグヤとマサミを抱くんだ」


317 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 14:04:02
藁貸し増すねぇ〜(笑)三角関係で斬新なアイデアと思う辞典で記憶喪失した男は芽出度いと逝った漢字ですからねぇ〜(笑) 一度漱石を読まれては〜(笑) 三角関係馬鹿りですよ〜(笑)
うぶめ以前の想像妊娠の小説は尻増せんけれども(笑) ストーリー上の妊娠の勘違いと逝った小説は探せば或るのでは〜(笑) 斎藤 美奈子の「妊娠小説 」に想像妊娠の小説紹介があるやも死れ増せんけれども〜(笑)
想像妊娠小説にしろ三角関係小説にしろ(笑) 興味は無いですねぇ〜(笑)


318 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 14:05:21 ?2BP(791)
>>316
傑作だろ。今が入院中じゃなかったら、もっと濃厚なセックスシーンに
書きかえたいところだけど。

ところで、想像妊娠の小説は見つからないんだろ。降参しろよ。
おまいは京極夏彦のアイデアを十五年後になって知って、
斬新なアイデアかとかんちがいして披露しているんだからさ。
恥ずかしいでつね。

319 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 14:11:26 ?2BP(791)
真面目な話に戻るぞ。
三角関係小説が高尚な文学とみなされ、
純愛小説が低俗な文学とみなされる現状をどう思う?
おれは、三角関係がこれほど文学で高い評価にあるとは知らなかったんだ。
マジで、驚いているんだよ。

320 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 14:12:03
二流で悪かったな。
まあ、スレチだから他でやれよ。雑談とか。

321 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 14:15:03 ?2BP(791)
しかも、三角関係の文学の答えは、誰かが死ぬことなんだよ!!!
そんなのでいいのかよ!!!

322 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 14:17:41 ?2BP(791)
>>320
スレチじゃねえよ。
「ノルウェイの森」も三角関係が誰かが死ぬことによって終わるんだよ!!!

323 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 14:35:37
いやスレチだろ。

324 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 14:39:55
藁貸し増すねぇ〜(笑)想像妊娠が斬新なアイデアと逝った覚えはあり増せんけれども〜(笑)わたくし謎は「三角関係小説が高尚な文学とみなされ純愛小説が低俗な文学とみなされる現状」さえも
尻増せん〜(笑)要は純愛小説寄りも三角関係小説の法が面白いのが多いということなのでは〜(笑)


325 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 14:51:59
記憶喪失した男をここから追放死体意味でのスレチでは〜(笑)藁貸し増すねぇ〜(笑)

326 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 14:52:11 ?2BP(791)
>>324
純愛小説よりも三角関係小説の方が面白いのが多いという事実は、
おれには驚きだったんだよ!
シンデレラや白雪姫や眠れる森の美女のような純愛小説のが絶対に人気高いよ。
純愛小説じゃないから、最近の面白い文学は、理性のないけだもののようだとか
いわれて貶されるんじゃないのか?
おれは「ノルウェイの森」も「失楽園」も「恋空」もすごく面白かったんだよ。

327 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 14:53:48
マジレス
『関西人、不倫文芸を語る』で穢多の星になれば?

姦淫病人=村上春樹

328 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 14:56:42 ?2BP(791)
おれの新作「みかげつ記」は、
シンデレラと眠れる森の美女の三角関係に、
シンデレラを寝取られるという展開で、男と眠れる森の美女をくっつけている。
だが、眠れる森の美女を男に独占させることもなく、
野獣に強姦させている。
恋敵の野獣は、二人の美女を抱いてから死んでいるんだ。

そして、結末はハーレムエンド。最高じゃないか。
すべて丸くおさまっている。

329 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 14:58:14
記憶喪失した男=村上本人(但しAVスーフリ映画『ノルウェイの森』を18才未満へ放映中に限る)
materialist≒harukimurakami(但し情報操作に限る)

330 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 15:02:41 ?2BP(791)
真面目に語ろうぜ。
おまいら、このスレにいるなら、村上春樹の初期作品ぐらいは読んでるんだろ。
その恋愛観について、話そうぜ。

セックスは汚いものじゃないって、今はみんな思ってるよ。
でも、童貞処女はその話題にのりにくいよ。
浮気しない男女は、浮気ネタで笑いのネタにされるよ。
そこらへんのバランス感覚について、話そうよ。

331 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 15:08:13
村上はまじで姦淫キチガイ。くりかえし風俗壊乱を誘発する書き込みで晩年を過ごすつもり。
血も育ちも最終結果も悪すぎ。醜悪品種。

332 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 15:11:42
>シンデレラや白雪姫や眠れる森の美女のような純愛小説のが絶対に人気高いよ。

藁貸し増すねぇ〜(笑)穴多には小説寄りも児童が喜ぶディズニーアニメがお似合いなのでは〜(笑)死ぬまでディズニーアニメでも観てろと逝った漢字で消化ねぇ〜(笑)

333 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 15:17:26
荒ししかいない・・・

334 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 15:20:12 ?2BP(791)
本当は、名作文学も、童話にしてしまいたいんだろ。
なのに、三角関係小説でしかも死ぬから、童話にできない。
子供に優れた物語を教えた方が良いに決まってるからな。

335 :記憶喪失した男:2010/12/31(金) 15:52:41 ?2BP(791)
>>333
悪いが病院へ帰る時間が来た。
真面目に語ってくれる人を募集していたところなんだ。
おれの三角関係小説論についてどう思う?

336 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 18:16:13
じゃあ俺の意見「一生入院してろ。」

337 :吾輩は名無しである:2010/12/31(金) 19:01:51
文学板ってたいした人間がいるわけじゃないんだとつくづく思わされる

338 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/01(土) 00:25:07
う、うるさいぞ!おまんこおまんこ!
おまんこおまんこ!
おまんこおまんこ!
おまんこおまんこ!

339 :吾輩は名無しである:2011/01/01(土) 16:19:58
た、たいした人間様が来たぞおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーー

340 :見ろ! これがなりすまし軟派やろう、こうべ土民の本性だ:2011/01/04(火) 10:13:50
81 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/27(月) 19:42:37
>>80
テメー何言ってやがんでぇ!!梅毒で脳が腐ってんじゃねえのか?

79 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/27(月) 18:50:14
さすがスーフリの総本山ですなあ!!

236 :吾輩は名無しである:2010/12/28(火) 15:40:16
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43909.jpg
http://upp.sakura.ne.jp/src/upp43910.jpg

主人公がこんな美男子なんだから
女優が菊池凛子とか文句言うぞこらあ

338 :(o`.´o)harukimurakami ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/01(土) 00:25:07
う、うるさいぞ!おまんこおまんこ!
おまんこおまんこ!
おまんこおまんこ!
おまんこおまんこ!

339 :村上春樹:2011/01/01(土) 16:19:58
た、たいした人間様が来たぞおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーー

341 :記憶喪失した男:2011/01/04(火) 19:02:35 ?2BP(791)
とりあえず、村上春樹にアンチがいるのはわかった。
で、おれのオカルト知識を披露すると、「1Q84」が売れたのは、
国家機密が書いてあるからというデマを信じた愛国者が買ってるんだが。

342 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/04(火) 19:11:03
日本に愛国者なんていないでしょ。外国人が嫌いな奴がいるだけで。

343 :記憶喪失した男:2011/01/04(火) 20:46:16 ?2BP(791)
おれは愛国者だよ。
世界同時平和を願ってるけど、ちょっと微妙に日本びいきだよ。

344 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/04(火) 20:47:48
俺は天皇制は支持してるけど民主党も自民党も潰れちまえばいいと思ってる。

345 :記憶喪失した男:2011/01/04(火) 22:09:08 ?2BP(791)
おれは、小さな政府の支持者で、高速道路無料化の支持者だ。
そういう意味で、管は支持してる。みんながアンチだから、おれは応援するのさ。

346 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/04(火) 23:00:25
俺はマジで原発反対派だから自民党以上に原発推進派の民主党はマジで消えて欲しいんだよな。ちなみに社民党に投票した。

347 :吾輩は名無しである:2011/01/05(水) 05:47:22
福島みずほ…、阿部知子…。

348 :記憶喪失した男:2011/01/05(水) 07:33:58 ?2BP(791)
>>346
おれは太陽電池パネルにお金を注ぎ込むように民主党にメールしまくってる。
そいで、実はおれも社民党に投票した。

349 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 10:51:26
夜のくもざる
何故かアマゾンで2冊買っちまったぜ

350 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/08(土) 16:30:31
ダメだよ二冊も買っちゃあ!

351 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 16:32:24
>>350
コテで馴れ合いかよ

352 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/08(土) 16:35:40
あぁ?何言ってやがんでぇ?

353 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 20:05:05
村上春樹はほうっておくと、他人に迷惑をかける言動しかしない。生まれ育ちに問題ありすぎ。

手に負えないし、国家に有害。中身はただのエロ関西ジジイ。

354 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/08(土) 20:09:05
でもさあ、鍵くんも変態じゃん。それはどう思うのよ?

355 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 20:10:30
宇野常寛「l1Q84ですか?全然駄目ですね。全部古いですよね。オーウェルのビッグ・ブラザー
に対してリトル・ピープルとか。教団もオウム真理教と足して2で割ったみたいなもので」
荻上チキ「リトル・ピープルに具体性がないですね」

356 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/08(土) 20:20:05
まあ宇野も全然ダメだけどねw

357 :ある関西人物語:2011/01/08(土) 20:27:16
穢多が言う。その名前は名士の偽名であり、名士を貶める意図である。
「でもさ、あんたやって変態やんけ。それどないするん?」

穢多は村上春樹という。親から授かった名前だ。穢多は赤の他人へ迷惑をかけるのを少しも悪いと教わらなかった。
穢多は姦淫を少しも恥じず、罪に覚えぬよう周到にきたなく育った。
 穢多は東京へやってきた。穢多にとっては大都会である。
穢多は東京の大学へ入った。数々の不品行を恣にし、東京の人間になったと感じて満足していた。
そこでの経験を素に『ノルウェイの森』という作文を認た。穢多のくらしを描写したものである。

358 :季節遅れのクリスマス:2011/01/08(土) 20:42:57

 ∩ .∩
 .い_cノ  / ̄>O
.c/・ ・っ (ニニニ)△△     なんだ題名だったのか。
.("●" ) .(・ω・`)[‖]  ここも嘘つきばかりだな
O┳Oノ)=[ ̄てノ ̄ ̄]      ルドルフ!次行こう!
◎┻し◎ ◎――◎=3
/ラジャー\



359 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 21:52:47
読ませるし、比喩も適切だし、物語の構造は気を惹かれるし、
いいと思うんだけど、いまいちなんだよね。

360 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 00:19:56

503 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 13:14:19
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |そりゃスゲエ今度産むとこ見せてよ
|   ⊃  | 
 \ ー  /


361 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 09:44:44
やい鍵くん。セクースはきたないものじゃないんだよ。

362 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 13:13:19
そこには羊男が立っていた。

363 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 13:16:53
村上穢多キチは姦淫文書の全世界頒布の罪で、殺されるべき。それができないならせめて死ね。

364 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 13:42:21
穢多が人間様の言葉を喋るな。次に人前に出たら二度と人間のふりをできなくする。

365 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 13:56:41
君が殺してくれるなら殺されてもいいよ。どこに行けばいい?

366 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 13:58:23
あと殺し方だけ教えてくれ。死ぬ前に心の準備をしたいから。

367 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 14:03:35
穢多が人間様に殺してもらえるだと? 人間をなめているのか。

お前は穢多の暮らしを散々書き散らし、穢多の分際で人間の名前を名乗ってきた。その上、人間様の死に様が欲しいだと?

368 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 14:08:51
じゃあ猛犬に噛まれて殺されるんでしょうか?

369 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 14:19:11
村上穢多キチは地獄に堕ちる以外に道がない。それ以外の道は人間様のものだからだ。

それ以外に道はない。

370 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 14:20:46
君に俺を殺す勇気がないなら俺は生き続けるしかないな。

371 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 14:28:36
それは勇気とは言わないんだよ。人間界では。

それは「穢れ」という。
姦淫文書をまきちらし、淫乱発言をする以外に特徴のない生きものは、人らしい死に様を与えられない。
生きつづける? これは笑う。生きつづける??? 赤の他人に迷惑と邪習をまきちらしつつ???

372 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 14:29:43
当たり前じゃん。セクースはきたないものじゃないんだよ。

373 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 14:30:57
お前も毎日三回づつオナニーしてるくせに偉そうな事を言うなよな。

374 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 14:49:24
ドアを開けると、そこには羊男が立っていた。

375 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 14:52:47
穢多には穢多の暮らしがある。

ただ、姿はちがえどそれはお前の上に残るだろう。村上穢多キチよ、自分の住処へ帰るがいい。
お前は人間語を習いすぎた。
それはお前には高すぎる目標だった。さもなくば、それほどの下劣さに安住できなかった。
お前の世界には別の言葉がある。それは我々の言葉ではない。

376 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 14:57:42
セックスはコミュニケーションだからね。

377 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 17:47:10
単純に、村上春樹の理想は、もし関西で行えば矛盾しない。

関東の底には武士道があるので、ここでそれをやると反発を受ける。石原が結局倒されるのと同じ。
前にも書いたが、

関西文学板
春樹、綿矢、石原、谷崎、司馬
こういった公家系の流派を関東から分離すればこうまで批判をうけないよ。昔からそうだったんだから。
彼らが関東で同じことをしようとしても無理。辛うじて江戸文化に近づけられるだけ。それでも中身ちがうけど。

378 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 17:49:52
批判してるのはあなただけだと思うが…

379 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 17:51:13
もしそうなら余計悪いな。それが関西人というものだ。道徳よりも感情をとる。しかもその場の。

380 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 17:52:59
別に文学ってのは道徳を描くものじゃないしね。反道徳を描くものだっていう石原慎太郎の考え方だって同じ事だけど。

381 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 17:57:19
村上春樹は江戸文化の一種、いわゆる戯作の延長として受け入れられてるのだろう。
そういう部分が大いにある。
登場人物は東京的人物だし、行動原則は公家的だが、江戸っ子に少し似ている。特に好色なところ。

その好色さが共鳴して、一見すると着地してるみたいにみえるだろうが、ある期間をへると剥がれ堕ちる。
綿矢がそうだったみたいに。それがゆっくりと起こるだけだ。文化構成の要素がかなり違っている。
 樋口一葉は江戸文化の粋を最後に結晶したみたいなものだが、あれ一つとっても情趣の根が大分違う。
一葉的なものは舶来へそうまで媚びない。江戸文化性もそうだ。東京文化性の中にはこの「根」がひきつがれている。
だから歌舞伎役者は、村上春樹の主人公的行動をとらない。そうではなく彼らは「歌舞く」のだ。決してやれやれとスノビらない。

382 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 18:00:55
そして俺にどうして欲しいの?

383 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 18:07:57
関西文学として関東を関西化しないで欲しいし、それは自分がどうしようと最終的にはそうするしかないはず。
もし自分が何一つ行動を起こさず、何一つ関東内の批評に干渉しないとしよう。
それでも「振り子」が元に戻れば村上春樹的なものは剥がれ堕ちていくだろう。東京代表とはならないと思う。

石原慎太郎より、漱石の中にある要素は純粋に東京的だ。
それは岩倉具視より、坂本龍馬より、斎藤勇に共鳴する要素が我々に多いからだ。
 この「土着的なるもの」は移しかえたりできるが、どこに根づいても生えてきた場所の要素をひきつれていく。
もし関東に村上春樹が土着しても、おそらくある段階からその論理にしたがうしかない。いつまでも公家文法をつかっていると、
結局根づけないという板ばさみに陥る。それは大阪弁がいかに関西で働くかと同じだ。
要するに武家文法のイロハをある段階から身につけるしかないし、今の時点でもある程度はそうしてしまっている。

もし関東に土着するつもりなら、今言ったことはますます身近になるだろう。そして関西へ帰還しそこに根づけば、
谷崎の場合にそうだったように、古来の公家文法にもどっていけるだろう。どちらでもよい。とかくここは関東の文法でやる。

384 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 18:11:41
じゃあ俺はどうすりゃいいの?

385 :記憶喪失した男:2011/01/09(日) 22:34:42 ?2BP(791)
歴史上の人物とか、地域性とか、関係あるわけないじゃん。
おれ、東海地方の農民の子孫だよ。

386 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/09(日) 23:03:35
東海地方は大地震があるよね

387 :記憶喪失した男:2011/01/10(月) 11:25:54 ?2BP(791)
>>386
ないない。二十年前からもうすぐもうすぐいってて、いっこうに来ない。

ちなみに、新作短編「雨蛙と小娘」をうpしたから読んでくれ。
百年後に残る予感。

388 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/10(月) 12:31:51
わかった。でもあるよ大地震。そんで浜岡がドカーンだよ。

389 :吾輩は名無しである:2011/01/11(火) 01:49:12
死者にみちびかれて

390 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 18:48:59
「百年後に残る予感」・・・こりゃイタいなあ

391 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 19:15:55
アンチのしっくり来る批評が出ない限り、数十年は残りそう

392 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 21:15:15
倭版ハリポ、きたね

393 :鈴木 ◆k021/uj.Nk :2011/01/12(水) 21:59:56
村上春樹は『I’s』(鳩山元首相のご子息氏の御購読書)等、
昔の週間少年ジャンプ掲載の漫画の名をなにも他意なく口に上げただけで、
それを自慰に使ったとか公然と「風説の流布」で名誉毀損してくる人格異常者。
少しもまともな人間でなく、品性下劣ななりすまし罪人。

394 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 22:09:25
(◕∀◕)「ウョ!イイオトコ!」

395 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 22:12:28
>>393
すまんが話の前後から説明してもらえんかのう
内容が理解できないよ


396 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 22:23:17
224 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/22(月) 04:32:26
ジャンプが漫画の「天王山」だとすると、アイズという漫画が一つのきっかけかなと思う。
あれからエロティシズムを少年漫画内で過激に煽り立てて購買させるという「疑似餌販売」が決定的に入った。

あの時点でジャンプの編集者がブレーキをかけ、そういうものは別ジャンルにしまっておけばいまの混沌はなかった。


460 :村上春樹 ◆42euzUlXSM :2011/01/09(日) 14:16:13
いやいや、ちゃんと応えろって。桂正和のアイズでシコりまくって、脳にウジが湧いたか?
あのバカ丸出しな演説、読ませてもらったよ。お前の知識ってどうせあんくらいのものだろ?

397 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 22:55:53
(◕∀◕)「ウョ!イイオトコ!」

398 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/12(水) 23:27:43
>>396
鍵くんは童貞のくせに「自分が性的興奮を覚えたものには他人も性的興奮を覚えるはずだ」っていう思い込みがあるんだよな。

399 :吾輩は名無しである:2011/01/13(木) 00:58:12
関西人隔離してくれ。頼む。頼む。

民度が80%位下がるからやってられない。

400 :吾輩は名無しである:2011/01/13(木) 20:16:15
こらこら、なめとったらあかんで。

401 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/13(木) 20:19:43
いちびっとったらあかんで

402 :吾輩は名無しである:2011/01/14(金) 00:54:58
身障者・女性・社会的弱者への徹底した蔑視と迫害
姦淫の定義もない放埒とその自慢込みの蔓延へつながる日常的無法行為の習性
下劣下品な猥談・限度のない人格攻撃・暗殺教唆
誹謗中傷となりすましによる名誉毀損の常習・無反省・限度を逸した中傷の増長
上位にある品性のもちぬしへの徹底した暴言・非論理性・一切文明化されない蛮族性

846 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/13(木) 20:08:57
迷惑でしょうね。お下劣パンツ試着逆ギレクレームババアですもんね。

401 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/13(木) 20:19:43
いちびっとったらあかんで

403 :吾輩は名無しである:2011/01/14(金) 03:57:58
さあ戦争だ。どっちが生き残るかやろうぜ。関西人よ。

404 :吾輩は名無しである:2011/01/14(金) 03:58:49
喧嘩売ってきたのはどっちか分かったね?

405 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/14(金) 13:08:54
戦争もクソも、あなた他人と会話する能力ないじゃない。

406 :(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/14(金) 13:21:19
503 :ヘ(^p^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/31(金) 13:14:19
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ^  ^  |そりゃスゲエ今度産むとこ見せてよ
|   ⊃  | ttp://sankei.jp.msn.com/photos/culture/academic/100930/acd1009301001003-p1.jpg
 \ o  / 「ね、ここにいる人たちがみんな マスターベーションしているわけ? シコシコッって?」と緑は寮の建物を見上げながら言った

762 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/08(土) 01:27:15
ピップルプッポンピー ヘ(^q^)ヘ
ヘ(^q^)ヘ ピップルプッポンピー 
  
    ピップルプッポンピー ヘ(^q^)ヘ  

21 名前:ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/10(月) 23:49:11
これに関しては正しい事を言ってると思うけど、太田光は好きじゃない。



860 名前:吾輩は名無しである :2011/01/14(金) 09:51:10
石原先生と曽野氏とどういう関係があるんですか?
しかし石原文学はとんでもないもののようですね。

861 名前:ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/14(金) 13:14:24
似たようなものでしょ。

407 :吾輩は名無しである:2011/01/15(土) 02:28:34
>>377
あのー、谷崎は関東の人なんですけど。。。

408 :◆m0yPyqc5MQ :2011/01/15(土) 04:40:25
>>407晩年は完全に帰化したからね。それなら小泉八雲もイギリスの人なの?

409 :吾輩は名無しである:2011/01/15(土) 04:50:20
村上春樹はなりすましで犯罪発言を続けるエタ。

410 :証拠:2011/01/15(土) 04:54:09
35 :村上春樹:2011/01/10(月) 04:11:52
>>34汚たねえ赤ら顔だな
  ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\   そりゃスゲエ今度産むとこ見せてよ
|  ^  ^  |  ノルウェイの森天才すぎhttp://sankei.jp.msn.com/photos/world/mideast/090210/mds0902101637001-p1.jpg
|   ⊃  |    手コキブームの走りだもんね。
 \ O  /    セクースは汚いものじゃない う、うるさいぞ!おまんこおまんこ! おまんこおまんこ!
          た、たいした人間様が来たぞおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーー  

411 :吾輩は名無しである:2011/01/23(日) 10:30:43
62 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 世紀の駄作・・・, 2007/5/25
By
萌木素子 "相見綾子"
レビュー対象商品: ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (文庫)
戦後最大のベストセラーの一つだと知り、読んでみたものの読了後に凄まじい気味の悪さが残った。
過剰な性描写や登場人物の安易な自殺など極端に非現実的であり、理詰めでものを考える人間には不向きな作品、否、
商品である。現実に死ぬほどの苦しみを知っている人間はこんな小説は書かない。
意味不明で作者にとって都合のいい精神病の描写に傷つきました。現在世界的に売れているのも
所詮はコマーシャルが上手くいったからでしょう。

125 人中、80人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 何ゆえベストセラーなのか, 2006/3/3
By
プラチナキング (日本)
レビュー対象商品: ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (文庫)
なぜこんな本がベストセラーなのだろうか。読んでいて非常につまらなく、得られたものはほとんどなく、
この村上春樹という小説家にたいして非常に悪い印象だけが残った。
この小説に限らず、最近の恋愛小説は性描写が多すぎる。確かにこれだと若者の心は
つかみやすいかもしれないが、小説を読みなれている者からみれば何てことはなく、
ただ作者の力量のなさがよくわかる。もちろん性表現があってはいけないということはない、
ただこの小説の場合あまりに多く写実的で読んでいて不快になるばかりだった。
つくづく、真に小説を書くのが上手い人は、性表現を用いずに恋愛小説を書ける人だと思う。
そのように書かれた小説はおそらく非常に読みやすく、なおかつ読み手に対して何かしら
強い印象を与えるものになるのではないかと思う。

412 :吾輩は名無しである:2011/01/23(日) 11:11:34
514 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:2011/01/09(日) 09:02:24
一番似てるのはアーヴィングだと思う
唐突にSEXしだしたり、唐突に残虐なシーンが入ったり、キャラがよく自殺したり
主人公がクールで体鍛えるのが好きだったり、
日常生活にファンタジーが混じりこんでくる感じとか
メタファーを多様するところ
レズやらレイプ魔やらテンプレ的な性倒錯者や悪人がよくでるところ
長編だけど、全体の話のつながりとか、構成が滅茶苦茶なところ
伏線を回収しないところ
象徴的な解釈で無理やり理解しなくちゃいけないところ
でも「これが物語りなんだ!」って開き直ってるところ
数えあげたらきりがないけど、よく似てるな
二人ともギャツビーが大好きらしいし
たぶん春樹が一番影響受けてるのはアーヴィングだろうな
二人ともこういう作風が現代的だって思ってるんだろうけど、もはや時代の流れに
取り残されてるんだよな
やりたいことは分かるんだけど(物語性の復活みたいなとこだろうけど)
、もはや感性がついていけてない感じ
無意識世界だったり、小さな世界だったり、実存だったり、そういう狙いが
露骨すぎるし、作品も頭で考えた感じで平板なんだよ
まあこの世代全般の作家は皆、こういう作風だけどね
春樹が自分より前の世代を否定してたのと同じことになってきてる
小説はどんどん小説そのものを超えていかないといけないんだけど、春樹は
まだ作風も感性も「小説」のままなんだよ
だから古い
春樹が三島らの感性を古いと思ったんだろうが、いまや自分自身がそういう対象になってるってこと
あくまで「20世紀の作家」なんだよ、しかもアメリカ作家の2番宣旨、亜流品

413 :吾輩は名無しである:2011/01/23(日) 11:12:39

あと「小説」は「小説」そのものを超えていかないといけないってのは
変な実験小説や、わけの分からない小説を書けばいいってことじゃないよ
むしろその逆

意識的に無意識的なものを書こうたって無理なんだよ
メタファーを使えば、無意識的な世界を表現できると思ってるんだろうけど
その考えが古い
伏線ほうりなげて読者の想像力を喚起させてるつもりなんだろうがそれも古い
自分ではリアリズム小説をこれで超えた気持ちになってるんだろうけど
こんなのは表現出来ないものから、ただ逃げてるだけだよ

414 :吾輩は名無しである:2011/01/24(月) 15:37:29
リアリズムも非リアリズムも
手法が違うだけでどっちが上とかではないと思うが
それに非リアリズムが主流になったことはない
どちらにも良いものもあるし悪いものもある
重要なのはそれらを使って何を表現するかで、
著者にとってリアリズムでは表現できない
(もしくは表現しにくい)ことを書いてるんじゃないか

415 :吾輩は名無しである:2011/01/24(月) 20:25:07
>>411
ネットの登場によって本も増えたが、それ以上に書評が増えた
かつてこれほどまでレビューが世にあふれた時代ってないだろ

「SFの9割はゴミ」みたいにどんなものも殆どがガラクタだが
レビューに関してはマジで99%近くがゴミだな
本は曲がりなりにも読者に楽しんで欲しいって思いから書いてるが
レビューは単に鬱憤ぶちまけたり、他人と違ったこと言いたいとか
そんな何の責任も負わないゴミみたいなものが多すぎる

416 :吾輩は名無しである:2011/01/24(月) 20:27:21
>>414
横レスだが、
君の言ってる事は、作者の短編には通用するが、長編には通用しないと思う。
村上の長編というのは、なんつーか、内装設計者が建築に手を出して失敗
してるみたいな状況があるんだよなw
村上は表層デザインを主とするインテリアデザイナーとしては優秀だが、
建築家にはなれない。
わかるかな?
理由は412=413が言い尽くしてる。

417 :吾輩は名無しである:2011/01/24(月) 22:49:07
また爆笑問題に馬鹿にされてた

418 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 08:50:30
村上春樹が、漱石や三島と並ぶ、近代日本文学最高の作家であるのは
疑いない。今回の「1Q84」には圧倒された。是非とも四巻まで書いて
きちんと完結させてほしい。四巻目までないと一年にならないだろ。

419 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 12:33:59
>>416
整合性がない=読む価値がない
というのは間違ってる
始まりがあって終りがある
といのも間違ってる
潔癖症は村上春樹が嫌っているものの一つだよね

420 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 12:44:11
だってこの人、話しの展開一切考えないで書いてくんだろ
「自分が先を知ってる物語を書いて何がおもしろいんだ」って
そりゃあ、展開ぐちゃぐちゃの伏線放り投げになるよ

でも、それで小説としてダメってわけじゃないよな
要は読んでどんな効果を読者に与えるかだけが唯一の価値基準で
読者が「整合性が無いけど良い物読んだ」って思えばそれで価値があるんだよ
構造もデザインも家主が気に入ればそれが全てなのと同じだ

421 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/25(火) 12:55:37
でもそうやって書いたものが美しくなるなんて有り得ないよな。

422 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 13:02:14
美しいってなんだよ
小説よんでそんなもん気にした事ねえよ

それが無い春樹がアンタにとって価値が低くても
世界中であれだけ持てはやされてているんだから、あまり関係ないよな
小説の評価なんて、所詮多数決でしか決められないんだから

423 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 13:03:43
ジャズは美しい音楽だよ
華やかなソロもいいけど
通奏低音もちゃんと聞かないとね

424 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 16:59:41
墨汁薄めたようなクソ小説か
爆笑太田のたとえ的確だね

425 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 17:11:58
NHKでも言ってたな

村上のは全部読んでて、何個か好きなのもあるけど殆どが嫌い
1Q84なんかが売れまくって悔しい、あんな薄い内容を引き伸ばして長くした様なものが・・
だから自分は内容詰めまくった

読者から詰め込みすぎでうるさいと言われて、やっぱり村上さんは凄いんだなと思った

426 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:14:29
爆笑問題ってお笑いタレントでしょ?
インテリ気取りしてどうしたんだろう?
ところで大田は大学どこだっけ?

427 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:24:21
太田さんの作品もつまらなかったけどね

428 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:25:09
太田が文学について何を言っても
説得力ゼロ。しかもあの爆笑問題って、
日芸出身で、同じ学風の早稲田に相当近コンプ
ありそうだったからな。村上春樹もたまたま
早稲田卒だと言うので、ケンカ売ってる可能性あり。

429 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:28:11
まあそうだろうな。
芸人は芸人らしく笑わせる仕事してろって事だ。


430 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:34:36
春樹がつまらないというのは単なる事実

431 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/25(火) 18:34:48
太田のギャグで笑った事なんて一度もないわ。

432 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:37:12
>>430
夜のくもざるオススメ

433 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 18:55:42
>>420
春樹は短編から話をつなげて長編つくってるので
もともと論理的な構造で長編つくるような能力も知性もない
短編をつぎはぎして長編にしてるだけだからね
でも春樹本人としては、それでもドラマチックな効果だったり
象徴的なイメージだったりを自分の作品から論理を超えた次元で読者に感じてもらいたいんだろうが
全ての作品が力及ばず未完成になってる
もともとあまり頭良くないし、俗っぽい人間だから、単純であざとい話を
脈絡も無く連発することしかできてないからね
でもその未完成さと幼稚なあざとさ、作品の簡単さ、単純さが、ある種の読者を
引きつけてるともいえる
恋空とかの文学版だと思ってくれればいい
春樹本人はこれが実存主義だ!ポストモダンだ!ユングだ!いやそれ以上の何かだ!って
感じで悦に入って開き直ってるけどね
でもそのほとんどはアメリカ文学(アーヴィング)の物真似でしかないし
アメリカ的なものが古くなってる今では、もう賞味期限が切れ掛かってる



434 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 19:08:23
音楽がやたら好きなのも、短編的な思考の人間である証明だと思う
音楽的な感覚で小説書いてるらしいからね
音楽ってのは感覚的なものだから

透徹した知性だとか、普遍的な視点だとか、深い想像力だとか
そういうのとは無縁なんだよ
あくまで現実的な庶民的な感覚で話書いてる
俗っぽさと屈折した劣等感が原動力でもある
団塊的な俗っぽい個人主義というか

435 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 19:21:32
>>415でも書いたが、文学の批判ってのは楽でいいわな
「自分がこう思うからこうだ」って証明も根拠もなしに決めつけれるから

>>433だと
>全ての作品が力及ばず未完成になってる
>もう賞味期限が切れ掛かってる
文学の完成なんて作者がここで終わりと思えばそこで終わりだし
1Q84がどれだけ売れたのも知らないみたいだし

>>434も前半はいいが
後半は何の論拠も示さずただこき下ろしているだけ
普遍的な視線がないとか言っときながら庶民的な感覚って矛盾してるし

436 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 20:18:48
春樹信者と民主党信者はよく似ているw

437 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 20:25:18
>>419
う〜ん、違うなあ・・・
例えば、ニーチェのツァラトストラや、ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟などは、
整合性を超えた作品だと思うが、村上の長編は単に整合性にすら至っていない作品だよw

整合性を超えた作品と、整合性にすら至っていない作品を一緒にしてはいけない。

438 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 20:29:36
>>435
ベストセラーってのは過去のブランドが大きくモノをいうからね
それに今の日本では購買層はおっさん世代の古い力が強い
ベストセラーはすでに古くなってるものの最後の打ち上げ花火であるパターンも
多多あるんだよ
逆に本当に新しいものは理解し受容されるまで時間がかかることが多い

あと普遍的視点ってのは個人的な狭い感覚、視点でものを書いてる人の対極っていう意味ね
庶民的であることと個人的であることは両立する
普遍性と庶民性はまったく違うよ
庶民性は、深い知性や理想、理念をもってるわけではないってことでいってるわけだから
まあでも春樹は極めて個人的で庶民的なところが時代にマッチしたんだけど(それもアメリカの
輸入だけど)、そういう意味での逆説的な普遍性はあったのかもね
俗っぽい単純であざとい庶民的感覚はケータイ小説のように多くの人を惹きつけるからね


村上春樹本人がオウムについて「極めて単純で幼稚な物語はときに人を惹きつける」
っていってただろ
まさにそれは村上春樹本人のことなんだよ
自分では気づいてないみたいだけ

439 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 20:34:56
>>437
まさにそうだな
ドストエフスキーの作品は、表面的な次元をこえたところで
調和、普遍的感覚を獲得してる

春樹は表面的なレベルでも、それを超えた感性のレベルでも
ただ幼稚なあざとさと破綻した感覚しか残らない
俗っぽい凡人が感覚任せに書いて失敗した感じ



440 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 20:43:25
あまり深く考えてないっていうか
よく練られてないっていう感じはするな

441 :吾輩は名無しである:2011/01/25(火) 23:01:22
>>439 人類史的な大天才(ゲーテ、ドストエーフスキィ、ダンテ等)と比較しても仕方がない気がする……
では

442 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 00:47:56
>>441
そういう話じゃないだろ

443 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 04:20:36
304 名前:無名さん[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 00:36:06
女が下ネタの歌詞を歌えば一時的には話題になるだろうけど、メディアでの露出は厳しいだろうね。
当然、テレビは無理だし。音楽誌も限られるでしょ。
ブブカあたりだったら載るかもしれないけどさ。

下ネタじゃない曲でも、特定の人物の固有名詞を挙げてるから誌面は扱いにくいよ。
出版社は名前が使われてる作家で稼いでるんだから、下手に扱って出版業界での軋轢を起こすのも面倒だろうし。


306 名前:無名さん[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 01:33:36
文学、小説は批判されるのが前提で成り立ってるところがある。
そんなことで軋轢なんか起きないよ

307 名前:304[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:06:38
>>306
版元としてそれはないです。
私、出版社勤務ですから。

貴方が言っているのは対世間という意味ですよ。
法人対法人だと全く別の話です。
時として法的措置を取る際もあります。


444 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 04:22:16
308 名前:無名さん[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:11:22
どこの版元が法的措置をとるのw
おもしろいから是非取ってくれ

310 名前:304[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 03:20:04
>>308
自社の出版物を他社から批判されたら、自社の売上に関わるんだから損害賠償とかってケースは少なくないんだけど。
そのくらい常識的に考えて分かるでしょ?

まあ実際に法廷まで行く前に弁護士を立てて表面下する前に話つくことが多いけどね。
新聞を読んでれば分かるだろうけど、そんなの電気メーカーでも、車メーカーでもどこの業界でもよくある話じゃん。
出版社も営利追求団体で単なる一企業だから同じなんだよね。

その前に貴方は出版業界の人間なの?
何か文学に対するイメージで話してない?
あと俺が言ってるのは、このバンドにまつわる話じゃなくて一般論の話だからね。


http://www.youtube.com/watch?v=cm3TDH4Odfw

445 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 08:22:41
>>437
お前の自作自演を兼ねた、ハルキバッシングはよくわかったから、
じゃあお前が村上春樹以上の小説を書いてみてよ。屁理屈こねても、
結局議論は平行線のままだろうし。お前が、村上春樹をはるかにしのぐ
所説をかいてくれれば、全員がお前の意見の正しさを認めるだろうからさ。

446 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/26(水) 09:55:03
>>445
その論法は飽きた。

447 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 11:08:06
フランスにいたとき春樹売れてたけど
彼らもどこがいいのか分からないってみんな言ってたけどね
日本のアニメ、マンガが人気だから延長線上でファッションになったという感じだったなあ

448 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 13:08:29
SV−ところで、村上さんは講談社から、本が出ることが多いでしょ。
村上ーそうですね。

SV−そうすると、翻訳されてアメリカで出版される話も出ているんじゃないですか。
村上ーいや、あの、結局僕の場合は、英訳すると意味ないと思うのね。
英語的な表現をなんとか自分なりにさ、日本語にかみ砕いて、そういうふうにしたところにある程度、面白さがあるんであって、あれ英語にしちゃうとさ。

SV−国際通用性はないんじゃないか、と思います?
村上ー全くないですね。すごく日本的だと思うね。
というのはだんだんさ、はじめさ、もろアメリカの、英語的なものを、翻訳して、やって、というところから始まったでしょ。
今度はどんどん日本的にねえ、方向としてはなっていくと思うのね。食い物がね、僕の場合ね、あの、洋食ばっかりでしょ。
だんだん和食に移行してきた。まだね、難しいけどね。なかなか出てこないのね。この前(作品中に)出たのはね、あの、天丼出したのね。
今度天丼出るんですよ。『新潮』の一月号(『納屋を焼く』)に出るんですけれど、これは天丼が出てくるんですよ。
『羊(をめぐる冒険)』の時はね、イクラ弁当が出てきたのね。これまではコンビーフサンドイッチとかさ、ローストビーフとか、そういうの出てきたでしょ。
だんだん日本食を増やしていきたいですね。だし巻き卵、とかね。

449 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 13:10:52
>>437
意味を理解できていないみたいですけど、
小説を整合性という尺度で計ることに対する否定かと思われます

逆に整合性を通過して、越えるってどういうことなのでしょうか?
単に整合性は無くてもよい作品はあるってことではないでしょうか?

450 :記憶喪失した男:2011/01/26(水) 14:12:31 ?2BP(791)
あのさ、強烈な春樹アンチがいるから、話がわからないんだけどさ。
おれの読んだ限りじゃ、村上春樹は、けっこう面白い作家だよ。

そんで、それを超えるのは、舞城王太郎の「世界は密室でできている」と
美嘉の「恋空」だ。新しい文学はつくられている。

451 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/26(水) 14:42:45
とは言っても、あなたの批評眼は全くあてにならないからなあ。

452 :記憶喪失した男:2011/01/26(水) 15:50:15 ?2BP(791)
>>451
「シンセミア」を読んで、鈴木雄介の批評眼が当てにならないことはわかった。


453 :記憶喪失した男:2011/01/26(水) 16:30:39 ?2BP(791)
おれが薦めるのは、京極夏彦を除き、短いのが多いからね。
分厚いという点でも「シンセミア」は失格。
村上春樹の初期作品の短さを見ろ。すごく嬉しい。

454 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/26(水) 16:39:15
ま、村上春樹みたいなヌルい小説読んで満足してればいいじゃない。あなたがそれでいいなら俺は止めないよ。

455 :記憶喪失した男:2011/01/26(水) 17:49:44 ?2BP(791)
>>454
シンセミアより京極夏彦のが過激だと思うんだけど。
それでいて、京極は良心を失わない。
阿部和重と京極夏彦では、格がちがうよ。

456 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/26(水) 17:55:32
シンセミアに良心がないって?良心の塊じゃん!

457 :記憶喪失した男:2011/01/26(水) 18:44:11 ?2BP(791)
>>456 どこがじゃ。
あの物語で誰が救われたというのか。
女子中学生だって、振られて泣いただけじゃないか。
というか、シンセミアには良心の欠片もねえ。

唯一あるとしたら、パン屋が妻に気をつかって問いつめる場面くらいだ。

458 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 18:47:26
春樹って、昨日の日本対韓国のサーカーとか見て興奮したりしないんだろうなw
こういう状況全てを斜めに見ながら“やれやれ”とか言ってる奴なんだろうな。

459 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 19:19:07
そりゃ作家なんてそんなもんじゃないの?
村上龍レベルの物書きなら騒いでツィッターまでやりそうだがw
あ、きことわの人も興奮しなさそう。

460 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 19:24:04
平野啓一郎は面白かったとつぶやいてるよ

461 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 19:29:40
俗世間に浸れる人とそうでない人がいるんだよ。
作家の中でもね。

462 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/26(水) 19:52:27
>>457
俺はそのシーンに騙された。詳しくは書かないが…

463 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 01:29:31
>>449
やれやれ

464 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 08:48:36
俺もやっと「1Q84」ブック3まで一気に読み終わった。
村上春樹の最高傑作、つか近代日本文学史上に残る傑作だろうと思う。
ただどう考えても、まだ未完。「さきがけ」との対決を結局回避して、
青豆とテンゴは1984年に戻ってきてしまってるけど、これは不完全燃焼だろ。
自分たちだけ逃げてこれたからといって、「さきがけ」の横暴を放置するわけか?

 村上春樹には是非とも最後の一巻をかいてもらいたい。これまでの分量の二巻分くらいに
なるだろうな。まだ空気さなぎとかリトルピープルとかふかえりとか深田とかの謎が全然解かれていないし。

465 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 09:02:10
なんだよ1Q84まだ読んでないけど男塾との対決があるのかよ
そいつあ見過ごせねえよ今すぐ読まなきゃ

466 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 17:22:31
ブック3は引き延ばし多過ぎ。
三分の一に縮められただろ。
必殺仕事人の女が死んで無いのもひどいし
未完でいいから次の作品書いた方がいいんじゃないか。
こんなご都合主義ライトノベルなら
西尾維新の方がずっと面白いよ。

467 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 17:28:18
でも春樹読んでるとモテるよ。
女の中にも必ず春樹好きはいるし、そうなると話が合う。アーヴィング(読みやすい「第四の手」あたり)やオースターを薦めつつ、エッセイ読んでなかったら「村上ラヂオ」をプレゼント。
自分でいうのもなんだけど、オレは顔もいいし学歴もあるし収入もそこそこ。これでちょっとセンスのいい映画と食事に誘えばもう簡単だよ。

ここにいるアンチもこんなところで必死になってないで、春樹をアクセサリーとして使えばいいんじゃないかな?

468 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 17:43:38
>>467
プッ、
そんな事で吊られる女なんて所詮低脳だろwww
おまえのやってる事は風俗通いと大して変わらん


469 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 17:54:01
>>466 西尾維新wwww
ここは文学板www

470 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 17:58:40
>>464
典型的な犠牲者の症例w

>村上春樹には是非とも最後の一巻をかいてもらいたい。これまでの分量の二巻分くらいに
>なるだろうな。まだ空気さなぎとかリトルピープルとかふかえりとか深田とかの謎が全然解かれていないし

こいつ、本気でこういうマヤカシの伏線がいつか回収されると信じてるんだろうなw

471 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 18:06:43
>>468-470
お前どんだけ釣られてんだよw

472 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 18:10:55
でも作家うんぬんは置いといて、春樹はいい人だと思うけどな
インタビュー集読んだけど、あれだけ長いこと書いといてボロを出さない奴も珍しい

お前らこんな板いるくらいだから、後書きやエッセイよんでソイツの人間性を計るの得意だと思うが
オッサン趣味だったり、自意識過剰な所はあるが悪い人間じゃないと思うぞ
そして作家で良い人間というのは非常に珍しい
大抵人格カスみたいな人間ばっか

473 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 18:11:09
>>471
おまえが釣られてるんだよwww

474 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 18:14:05
春樹の作品そのものが一種の“釣り”なんだなw

475 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 18:36:19
春樹が、何故、このような“釣り小説”を生涯の仕事として選択することになったのか?
それは、自分自身が若い頃、マルクス主義という“釣り思想”に騙され、翻弄された結果、
喪失感以外の何も残らなかったという苦い経験が影響していると思われる。

476 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 19:58:42
1Q84はたしかにブック3まででは未完結だね。俺が気になるのは、
天吾の出生の秘密。NHKの集配人だった「父親」が死んだが、
結局天吾の母親がどうなったか、あるいはその父親が本当に父親なのか
不明なまま放置されている。青豆の方も、中学卒業と同時に、「証言会」の
両親から逃げ出したとされるだけで、あとは書かれていない。この二人は、
やはり自分の親ともう一度向き合う必要があるのでは? 少なくとも読者は
このままでは納得しない。

 さらにタマルや「老婦人」についても、それなりに決着つけてほしい。
やはり「さきがけ」との全面対決にならざるを得ないだろう。「さきがけ」の
教団変質の原因は結局何だったのか。リトルピープルとは何か。分からないことだらけ。
これではどうしようもない。

 ブック4で完結させるとすれば、分量的にこれまでの各巻の三巻分くらい、つまり
ブック1〜3まで長さと同じくらいのスケールが必要になるかもしれないが、是非とも
この傑作を完成させてほしい。

477 :吾輩は名無しである:2011/01/27(木) 21:18:49
SV−ところで、村上さんは講談社から、本が出ることが多いでしょ。
村上ーそうですね。

SV−そうすると、翻訳されてアメリカで出版される話も出ているんじゃないですか。
村上ーいや、あの、結局僕の場合は、英訳すると意味ないと思うのね。
英語的な表現をなんとか自分なりにさ、日本語にかみ砕いて、そういうふうにしたところにある程度、面白さがあるんであって、あれ英語にしちゃうとさ。

SV−国際通用性はないんじゃないか、と思います?
村上ー全くないですね。すごく日本的だと思うね。
というのはだんだんさ、はじめさ、もろアメリカの、英語的なものを、翻訳して、やって、というところから始まったでしょ。
今度はどんどん日本的にねえ、方向としてはなっていくと思うのね。食い物がね、僕の場合ね、あの、洋食ばっかりでしょ。
だんだん和食に移行してきた。まだね、難しいけどね。なかなか出てこないのね。この前(作品中に)出たのはね、あの、天丼出したのね。
今度天丼出るんですよ。『新潮』の一月号(『納屋を焼く』)に出るんですけれど、これは天丼が出てくるんですよ。
『羊(をめぐる冒険)』の時はね、イクラ弁当が出てきたのね。これまではコンビーフサンドイッチとかさ、ローストビーフとか、そういうの出てきたでしょ。
だんだん日本食を増やしていきたいですね。だし巻き卵、とかね。

478 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 09:07:34
>>477
こんなこと言ってたけど、結局アメリカでも
立派に通用したな。

479 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 09:15:52
世俗の価値観にまみれた人間というのは
みなが同じような価値観のもと生きてると思ってる
なぜなら、考え方が変化したという経験がないので
自身の価値観が単なる一認識にすぎないという相対的な見方をできないから

480 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 10:59:27
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebokk(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ

http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)


Tarnya I say over rated. I bought 'the wind up bird chronicle' after readin reviews on here and amazon
and was really dissapointed. It was boring and childlike and nothing really happened, which for a book
which was as thick as a brick was rather annoying! I much prefer Ryu Murakami..but maybe thats
because i like things that shock me(過大評価です。ここやアマゾンの書評をみてねじ巻き鳥クロニクルを
買ったががっかり。退屈で子供っぽく、本当に何も怒らない。レンガのように厚くうんざり。村上龍の方が好き。)

481 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 11:11:48
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebook(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ。参加しよう(笑)
http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)



Micaela I work in a bookstore and lately I've read a lot about japanese literature and
my honest opinion is that Murakami is completely overrated! He's too "occidentalized"
for a japanese writer. People like him because he doesn't write like a japanese author.
Kawabata, Mishima, Akutagawa, are so much better than Murakami but of course,
he writes bestsellers, he's for another kind of reader. A "trend reader",
I might say, a reader that goes for the books he sees in the newspaper. No offense.
August 25, 2009 u 5:56 poslije podne(本屋で働いていて、たくさんの日本文学を読みました。
正直に言えば、春樹は完全に過大評価です。彼は日本の作家にしては西洋化されています。
人が彼を好きなのは日本の作家のように書かないから。川端、三島、芥川、村上より
ずっといいわ。彼はベストセラー作家だけど、別の読者のものね。あえていば流行好きつまり
広告につられて本屋にいく人たち。悪気はないわ)

482 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 11:29:13
とにかく村上春樹が「評価」されてることは
認めてるんじゃん。それが過大か過小かは
主観的な判断にすぎない。

483 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 11:40:23
イギリス人も酷評の春樹

I guess I'm with gg. I've always thought Murakami was an over-rated fashion fad.
I'm only surprised that it's taken others this long to wake up to this fact.

http://www.guardian.co.uk/books/booksblog/2009/nov/27/falling-out-of-love-with-murakami

村上春樹というのは過大評価されたファッションものに過ぎないといつも思ってきた。
まったく驚くのはこのことに人々が気がつくのにこんなに長くかかったということだ

484 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 15:45:46
>>478
YMOみたいなもんだろ
知名度もまあその程度だし
しょせん自分達の文化の物真似としてしか評価されてないよ


485 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/28(金) 15:52:52
YMOはアフリカバンバータがDJで使ってたんだぜ

486 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 15:53:38
>>461
村上作品自体が俗世間の代表だろ

487 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 18:00:20
海外に翻訳されるときって向こうの訳者や出版社が平気で短縮やストーリー改変するとか
いうけど、春樹はどうなんだろうね

488 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 18:06:08
初めのうちはそうだったらしいよ
ノルウェイの森は今でも「TOKYO LOVER」とかじゃなかったか
ヨーロッパでは

489 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/28(金) 18:10:31
ダッセータイトルだな〜

490 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 18:35:16
>>488

「TOKYO BULES」

491 :490:2011/01/28(金) 18:36:22
「TOKYO BLUES」

492 :ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/01/28(金) 18:41:12
どっちにしろダセーわw

493 :吾輩は名無しである:2011/01/28(金) 22:47:01
自分は村上春樹にはさほど関心が無いが、ノルウェイの森の作中の
バスの描写だけが気に掛かり、モデルになった路線に実際に乗ってみた。

峠を越えたバスに向って犬が吠えている理由は
「フリー乗降区間で屋根の上のスピーカーからグリーンスリーブスのメロディを流すから」
だと納得した。

だから自分の中では「ノルウェイの森」と言うと、「バスが流す物悲しいグリーンスリーブスのメロディ」
しか頭に浮かばんw

494 :吾輩は名無しである:2011/02/01(火) 19:31:23
この人はヘミングウェイが嫌いなのかな。


495 :吾輩は名無しである:2011/02/04(金) 21:39:02
>>479
お茶でもどうぞ。

496 :吾輩は名無しである:2011/02/05(土) 22:53:35
te

497 :吾輩は名無しである:2011/02/06(日) 03:37:41
趣味の世界に何を得意げに批評を繰り返しているのか・・・
彼に匹敵出来る物でも作りあげてから批判したらどうなんだ?


498 :吾輩は名無しである:2011/02/06(日) 09:20:55
村上春樹に匹敵するものを作れる作家なんて
今の日本にはいない。間違いなく彼は現代日本最高の作家で、
世界的にも有数の作家。

499 :吾輩は名無しである:2011/02/06(日) 10:32:30
↑春樹好きだけどそういうコメントはいらねーわ。マジで。

500 :吾輩は名無しである:2011/02/06(日) 12:17:27
ロンググッドバイ読んだけどどこが面白いのか分からなかった…

501 :吾輩は名無しである:2011/02/06(日) 16:15:56
それは春樹ではなくてチャンドラーが悪い。
もともとチャンドラーのミステリーは、筋が
はっきりしないのが多くてね。ミステリとしては
失敗してるのが多い。純粋に文体で持ってる作家。

502 :吾輩は名無しである:2011/02/07(月) 21:48:48
読み手は悪くないのか?

503 :吾輩は名無しである:2011/02/07(月) 22:15:55
>>502
お茶でもどうぞ。

504 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 02:36:33
だってエルロイなんか読んでしまったらチャンドラーなんて読めないじゃん

505 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 09:35:50
>>504
エルロイとチャンドラーだと作風がだいぶ違うが、
文学性・抒情性という観点においてチャンドラーのほうが数千倍上だ。

506 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:20:42
>>412
> 長編だけど、全体の話のつながりとか、構成が滅茶苦茶なところ伏線を回収しないところ

小説『ノルウェイの森』のどこが全体の話のつながりがないんだね?
構成もめちゃくちゃではなく、現在の僕(神の視点)がモノ(いまはない)を語る(回想)する
『フランケンシュタイン』以来のモノを語る古典的な技法だが? めちゃくちゃならその箇所を指摘してくれ?

> 二人ともこういう作風が現代的だって思ってるんだろうけど、もはや時代の流れに取り残されてるんだよな

取り残されているのならいまだに世界中でベストセラーを誇る現象の説明をしてくれ。

> もはや感性がついていけてない感じ無意識世界だったり、小さな世界だったり、
> 実存だったり、そういう狙いが露骨すぎるし、作品も頭で考えた感じで平板なんだよ

この批判自体がありきたりでもはや時代の流れに取り残されてるんだよね。
無意識はいまだに話題の中心だし無意識を明るみに出すということは
価値転倒の革命であり、パラダイム変換なんだよね。たとえば『ノルウェイの森』。
「死」を生の外部と考える思想が60年代までを支配していた。
しかし物語のなかの僕は死を外部として捉えるのではなく
生の一部として捉えている。安保闘争の赤軍派なんかは死を外部として
捉える思想の典型例なんだよね。自分自身(自我)にとって邪魔になる存在、
たとえば邪魔になった仲間を次々と殺していく事態なんかは
自我の視界に入らないもの、つまり死や他者を排除する働きであり、
外部へと押しやる排除の思想であり『ノルウェイの森』では
そのような思想は結局自我の崩壊をともない自殺といった形で表されている。

人間の活動は自我の外部から養分を得ているのであり
「無意識」といったワードは今後も問題提起されるだろう。問題はその無意識をどのように意識へと引っ張り出すか。
それはちょうど井戸を掘り下げる作業であり『ノルウェイの森』における僕の作業でもある。
これらの問題が解決されたなら春樹は古いといわざるを得ないが、古いといっている君の解決策を聞いてみよう。

507 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:24:52
落ちつけよ

508 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:28:19
ノルウェイの森
公開中

総合:
(5点満点中2.95点)
2.95点

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id336172/

509 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:29:00
ノルウェイの森
公開中

総合:
(5点満点中2.95点)
2.95点

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id336172/

510 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:41:50
回想する現在の僕(空港のシーン)を省くことで
神からの視点(僕)が消え去る。するとどうなるのか?

小説では直子は回想の中での姿と現在の僕が理解している姿が
合わさって立体的に表現されている。

しかし回想の度合いを薄めた映画での直子は現在の僕(時間を超越した神的存在)
の視点がなくなり高さがなく平面的な姿として描かれている。

実際映画の直子に対して好印象を持った鑑賞者は少ないのではないだろうか?
逆に緑に対して好印象を持った人が多いのでは? 
しかし小説では直子との思い出を僕が振り返っているわけで、
緑に対して好印象を持つのなら、なぜ『ノルウェイの森』といった
物語が成立したのか説明ができない。


つまり自殺せず緑とハッピーエンドになってよかったねといった
物語になっていた。

511 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:45:56
回想といった一人称としての体裁を捨てるのなら「僕」の意味とは何か?

長編小説をたかだか2時間にまとめるのはとても難しい作業だろう。
その中で捨てるべき部分と捨ててはいけない部分がある。
回想といった「入れ子」を捨て去ることで物語を単純化し
うまいこと2時間にまとめられている。

が、が、が、しかしである、物語の本質的な部分が捨て去られているのでは
ないだろうか?

それならもともと映画化するのは不可能な作品なんだから
『ノルウェイの森』ではなく『ノルウェイの森』を
基にユン監督が「新しい物語」を作って映画にすべきだったと思う。
というか新しい物語になっていたんだからタイトルを
変えればよかったのでは?

基本的に私は映画は面白かったと思う。
しかし小説を知っている人間にとって許せない部分が残るのも事実。

512 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:47:34
というかやっぱりおかしい。
小説の直子は少女独特の幼さというか精神的弱さと自我の崩壊が
良い意味で思春期的であるのに対して
菊池の場合は成人に達しているだけに単なる狂人に感じた。
この差は大きい。

菊池さんには悪いけどやっぱり演技力だけでは超えられない壁だ。
いや菊池さんの責任ではない。アップを多用させた監督に責任がある。
菊池のアップがなければまだいけたかもしれない。
アップが多すぎただけに余計に感情移入が難しくなった。

高校生の頃のシーンはまだ引いていたので菊池さんの演技力で
高校生に見えた。これは素晴らしいと思う。
しかしアップが多くなる20歳代になるとさすがに無理があった。
リアルな狂人になっていた。

513 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:51:36
村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位


http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090920/kor0909201300001-n1.htm


2006年に実施された韓国の30代の作家らを対象にしたアンケートによると、
「いちばん過大評価された海外の作家」の1位にも村上春樹が選ばれるなど、
マイナスの評価もある。

514 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 15:53:50
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

 小倉「この人は、いろんなことに関心がない、関心がないっていうのね。ところが、すぐ後の
    ページで、本当はめちゃくちゃ関心があることが暴露されてしまう(笑)」

    「このひと、他の人の言葉を借りて自分自身を褒めるのね。〈「この寮で少しでもまともな
    のは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」/「どうしてそんなことがわか
    るんですか?」と僕はあきれて質問した。〉
    嘘付け。あきれてないじゃない。自分もそうおもってるくせに、厚顔無恥。」

上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。「あなたってこうみたいな人ね」
    他人の口から言わせたことに対して、すべて肯定的なのよ。叙述の内容に責任をとらない
    というスタンスをいつも取っている」

富岡「全部翻訳文体なんだね〈午後が深まり〉、午後が深まりなんていうのも、翻訳文体ですね」

上野「やれやれ」というのは、その事態に対する距離と同時に。その事態を自分から変更する
   意思が何一つないことを示しています。村上の世界の恐るべき受動性を象徴しています。」
   
富岡「やたら人が死ぬ。簡単に。小説の書き手のほうからいうと、非常に安易なのね」

上野「失敗した私小説でしょう」

上野・小倉・富岡「つまらん」

515 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 16:41:32
>>514

自我という現象は他者とともに誕生するわけで、
他者を自我のなかに回収していくだけの行為は他者の他者たる
存在自体を否定する行為である。すなわち『ノルウェイの森』における
直子のようにSEXをしたのは一度だけ(エクスタシー=忘我=自我の突破)
で他者との交通を閉ざす限り、自我はいずれ崩壊する。
そしてそれは自殺(自我の崩壊)といった自我による自我の消滅を招いた。

いっぽう主人公である僕(ワタナベ)は一見受動的だがその中で、
「生きる」といった強い意志を持ち合わせている。またワタナベの場合、
主客の対立ではなく主客未分化といった方が的を得ている。

つまり主客の世界ではなく我−汝の世界で生きているともいえるかもしれない。

それを上野、富岡、小倉が主客の世界で論じているに過ぎない。

『解釈者はなんらかの歴史的存在であり先入観や前理解を持ちつつ
それを基礎として「再生産」が行われる』

上野、富岡、小倉の前理解の程度が知れているということ。
つーか村上への単なる妬みだと思う。

516 :吾輩は名無しである:2011/02/08(火) 16:43:59
またワタナベは行き続けることで『直子』との関係を生み続けている。
それが『ノルウェイの森』。

ディコトミーでは論じられんよ

517 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 02:00:39
つーか『男流文学論』なんてタイトル自体が
男−女の対立構造でありフェミニズム自体が何をしたいのかも分からない。
男性性や女性性の批判なのか女性優位なのか?
女性優位と構えるならば男−女の闘争が益々続くだけである。
この人の考え自体が主客二元論(男−女)であり、
ジェンダーフリーのようにそれらを止揚した地点から論じない限り、
村上文学を語る資格はない!
つーか『男流文学論』と題していながらどこにジェンダーの話がでてんだ?
単なるガールズトークでありそれならカフェでお茶する
女性たちの話の方が面白い。

『男流文学論』はつまらん!


518 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 08:00:47
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

上野「わたなべくんには能動的なアクションが全然ない。彼にとってアクションはすべてまわり
    から起こってくる。彼にとっての幸運は、周囲の人間が、それほどおせっかいにも彼に
    手を出してくれているということ。」

富岡「この子は何もしない。学校へ出たり、アルバイトしたり、図書館へ行って本を読んだり
   しているだけ」

小倉「こういう文章が気に食わないんですよ〈僕自身は知らない女の子と寝るのはそれほど
   好きではなかった〉正直に書けば〈僕自身は知らない女の子と寝るのはまったく嫌いという
   わけではなかった〉(笑)
   なんでこんなええかっこうして書くの?

上野「この文体ってテレビ的というか、漫画的なのかしら」
小倉「漫画の噴出しのせりふで」
上野「全体に、シナリオみたいな書き方でしょう」

小倉「私は、村上春樹がほんとうにまともに、どういう人生観をもってるか見えないですよ」

上野「ごく簡単よ。他人と関係を持ちたくない。他人との距離をつめたくない。僕はこういう
  人間なんだ。「やれやれ」といってるだけ」

上野「この半端さが彼の限界でありとりえであり、この気の利いたショートセンテンスと、ダイアローグ
   の組み合わせが初期からあり、もしモノローグだけ、ダイアローグだけならダイナミズム
   を生み出すのに、どちらも途絶するしかないというのが彼の小説作法です。
   何もおきないことのエクスキューズが気の利いたショートセンテンスです」

519 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 10:30:46
>>518
つまり上野は村上について肯定的に捉えているわけだ。
つーか『ノルウェイの森』の主人公・僕(ワタナベ)が受動的だという考えは受動−能動の二元論であるというスタンスであり、
『男流文学論』が二元論の視点から語られていることは間違いがなさそうだ。

まず何をもって受動的だといっているのかが意味不明。そもそも受動という言葉は能動とセットであり
自我の興味(能動性)によって気づきがない限り、対象は現れない。そういった意味では第一段階で
能動−受動の構図が崩れ去っている。また意識レベルであってもワタナベが直子と過ごした日々が
すべて受動的だとはいえない。直子と過ごすといった意志(能動性)があり、直子の自殺を止めようとする意志(能動性)もある。

また周囲の人間がおせっかいなのではなく、周囲の人間はワタナベの存在を必要としているのである。
周知のごとく物語の中ではキズキ−ワタナベ−直子、永沢さん−ワタナベ−ハツミさん
とワタナベがメディアとしての役割を担っている。ワタナベといった第三者が欠けることでキズキとハツミさんは自殺。
つまりキズキ−直子、永沢さん−ハツミさんといった2者関係は成り立たなかったわけである。
さらにワタナベ−レイコさん−直子、ワタナベ−直子−レイコさんとこの関係性も3者で成立している。

2者関係が成立したのはワタナベ−緑だけである。
ともかくワタナベが周囲に助けられるとともにワタナベの存在が周囲を助けていることも事実である。
結局二元論的な視点で捉えているからワタナベを受動的だと判断することになる。
ただ上野はダイアローグとモノローグの組み合わせと指摘しているだけに単純に二元論的視点とは捉えていないだろう。

520 :519:2011/02/09(水) 10:35:44
おそらくだが『男流文学論』は社会的に注目されている人物に対して
否定的な発言をすることで興味を持たせようとする手法だろう。
何が何でも貶めるといった意志が上野、小倉、富岡から読み取れるが
冷静に読み取ればガールズトークの域を超えていないことに気づかされる。
そういった意味では男性的な視点ではなく女性的な視点・語り口となっておりユニークな書物でもある。

が、『男流文学論』をもって人物批判だと指摘する視点は男性的な視点である。
>>518こそ上野、小倉、富岡によって否定される存在であろう。

521 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 11:04:12
上野、小倉、富岡
↑こんなそろいもそろったゴミ女どもに
嫉妬めいた悪口書かれたからといって
村上春樹が動じると思うの?

522 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 11:52:47
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebokk(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ

http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)


Tarnya I say over rated. I bought 'the wind up bird chronicle' after readin reviews on here and amazon
and was really dissapointed. It was boring and childlike and nothing really happened, which for a book
which was as thick as a brick was rather annoying! I much prefer Ryu Murakami..but maybe thats
because i like things that shock me(過大評価です。ここやアマゾンの書評をみてねじ巻き鳥クロニクルを
買ったががっかり。退屈で子供っぽく、本当に何も怒らない。レンガのように厚くうんざり。村上龍の方が好き。)

523 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 11:55:45
絲山秋子 日記より 感想

海辺のカフカ」(村上春樹)新潮文庫

読書にもいろいろな種類があって、喜読、嘆読、耐読、苦読などと私は名付けているが、
このHPで最も多くの方が票を投じて下さった「海辺のカフカ」は、
残念ながら私にとって「苦読」作品だった。まあ、相性が悪かったということです。
常に感じたことは「『海辺のカフカ』に書かれているこいつらは人間じゃない」ということだった。
テーマパークとしてはよくできていると思う。
それにしても「メタファー」ってコトバ、一体何回使ってあるんだろう。
せっかく選んで下さったのに、こんなことですみません。やっぱり無理な企画だったのかなあ、
でも嘘つくのはまずいし。ちょっと反省しています。

524 :519:2011/02/09(水) 13:32:23
>>522

表現とはそれ自体では価値や意味を提示しない。
ただし価値や意味を生むための枠組みを提示している。
つまりテキストが規範として機能し、その枠内で再生産が行われるということ。

評価というものは個人的なものであり、
ひとりの人間が面白いまたはつまらないと思ってもそれはその人の自由。
しかし上記にもあるように作品の枠内で行われなければならない。

また解釈者はなんらかの歴史的存在であり先入観や前理解を持ちつつ
それを基礎として「再生産」が行われる。

君がバカではないのなら君自身の言葉で非難すればよい。
君自身の先入観、前理解に基づいて批判したまえ。

つまり君自身の能力が問われているんだよw

525 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 13:54:03
>>523

で何がいいたいの?
絲山さんにとってはおもしろくなかったといわれても
私は面白かったとしか言いようがないと思うが?



526 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 13:55:38
そもそも絲山の本が面白くない

527 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 14:00:18
>>526

確かに。
売れ行きみれば明らかだしw

528 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 14:02:33
>>525

何もいってないでしょ
そういう作家もいる(春樹馬鹿にしてる作家は多いがw)
って話じゃないの?

529 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 14:13:00
>>528

バカにしているわりには世界的に売れているね〜
バカにしている人よりも世界的に評価されてんじゃないの村上さんw

確かにすべての人が肯定するとは思っていない。
むしろすべての人に肯定されている作家を教えてよ。

で君は何がしたいわけw

530 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 14:19:18
仏陀やキリスト、マホメッド、孔子ですら批判する人がいるのに
君がコピペすることに意味があるの?

むしろ絶対的な評価なんてない。
反対派がいるからこそ評価があるわけで、反対がない評価は
評価とはいえない。君は評価というものを知らないだけじゃないのw

さらにだ好き嫌いの評価は個人の問題。
村上さんを貶めたいならもっと形式的な批判の方がいーんじゃないの。

どちらにしても世界的に認められている事実は覆せないし一時的な
ブームでもないことは周知の事実。それは君の願望がどうであれ
覆せないんだよw


531 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 14:22:23
さらに絲山さんの名前が世界的に残るかどうかは微妙だけど
村上さんの名前が残ることは間違いがない事実だ。

それが評価というんだよ。
自己満ではないんだよw



532 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 14:50:06
>>529

売れてるからすごいって以外に君に考えが無いことはよくわかった
売れなくなったら全否定するんだよね?
当然
売れてるといってもマンガより売れてないし
俺のいたフランスでも日本ブームで売れていたに過ぎなかったよ


海外の反応→ドラゴンボールの国で人気の作家らしい
    ↑  ↓
日本の反応→海外で売れてるらしい

533 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:03:20
>>532

それは違うね。
>>523が権威に訴える書き方しているんじゃないの?
そもそも絲山さんの書評を>>523がなぜ載せる?
自分がおもしろくないのならそれでいいんじゃないの?

>>524で書いたように自分の言葉でかけばいーじゃん。

つまり>>523の反論としては売れていることが素晴らしさの
評価であるは的を得た回答だ。

一方>>532は待ってましたとばかりに反論しているが、
ここまでの書き込みの文脈がまったく読み取れていない。

つまり何がいいたいかといえば2chの書き込みも把握できないのに
文学を語るなということW

分かったかね?

534 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:05:02
久々に既知外が

535 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:09:19
>>532

さらに漫画と文学の区別もついていない。
それを言えばゲームの方が売れているDVDの方が売れいる。
CDの方が売れている。
お米やパンの売れ行きの方がすごいし水の売れ行きもすごい。

つまり何がいいたいかといえば、
区別も日本語の意味も分からない奴が
書き込んだり、文学を語るなということW

分かったかね?

536 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:12:41
まさに既知の外にいる存在だねW

537 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:24:47
やっぱり
春樹信者ってのはこういう狂信的な強弁しかいえないんだな
そりゃプロはみんな馬鹿にするはずだわ

538 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:32:42
プロは「みんな」バカにしているんだW

日本語の使い方と意味を知っているかねW

むしろ君がバカにされていることに気づくべきだよW

539 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:36:15
狂信的な強弁とは自分の意見ではなく
>>523のように他人の意見をどうどうと貼り付けるものとそれに賛同するもの。
自分の考えもなく誰かが言った言葉を信じるのが狂信者。
先ほどから再三自分の言葉で書けばとすすめているが一向に
書き込まない。なぜならば村上春樹はバカだと信じているから。
考えもなくただ信じているから。だから反論すらできないW
それが狂信者というんだよW

日本語の意味も分からずに書き込んでいるのかね?

540 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:37:43
>>523 >>532 >>537
さあもっと君のバカをひけらかすのだW

541 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:48:27
口がでけえよ
なんだよWって

542 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 15:51:20
ビッグマウスなんでねW

543 :吾輩は名無しである:2011/02/09(水) 21:40:17
ノルウェイの森読み終わったけど最高だった
ミステリーばっかり読んでたけど食わず嫌いするもんじゃないな

544 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 00:59:01
てすと

545 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 06:29:24
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

546 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 10:53:14
>>545

賛否両論といいながら否定の情報しか流さない
ルサンチマンがすさまじい。しかもソースが2000年?
それから11年経っても村上文学はドイツで受け入れられているんですけど?
だいたいフランクフルターアルゲマイネが
ヨーロッパの知性のはずがない。ただの一般紙。

547 :546:2011/02/10(木) 10:55:36
>>545

 日本の小説はここ数年、桐野夏生、大沢在昌、東野圭吾らのミステリーが翻訳された。しかし、
フランスのように日本文学全体への興味にはつながらず、村上春樹だけが突出して爆発的ともいえる
人気だ。どこの書店でも、ドイツの人気作家と同等に扱われている。

 南ドイツ新聞の文芸評論家ローター・ミューラーさんは「自分たちのような1950年代生まれには、
日本といえば黒沢明の映画や三島由紀夫の小説だった。それを変えたのが村上だ」と語る。

 「それまでの日本人のように西欧的な文化におそれや遠慮がない。一方で、日本社会をみつめた『アンダーグラウンド』
のように日本とつながっている。西でもあり、同時に東でもあって、『文明の衝突』の対極にある。
これは、現代の世界が渇望しているもので、村上は世界の作家だ」と評価する。

 ベルリン自由大学のイルメラ・日地谷キルシュネライト教授は「村上の物語は何かが起きても、
解決しないまま異界に移って遊びのように漂う。その軽さやあきらめのよさが、意外性もある楽しい物語として
受け止められている」。

 村上作品は、他の国では「孤独な若者が共感」という反応が圧倒的だが、ドイツでは普通の中年読者も多く、
恋愛小説作家と思い込んでいる人もいるようだ。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200611210346.html

548 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 10:57:28
なんだか、悲しいね。

549 :546:2011/02/10(木) 10:59:18
> 村上作品は、他の国では「孤独な若者が共感」という反応が圧倒的だが、ドイツでは普通の中年読者も多く、
> 恋愛小説作家と思い込んでいる人もいるようだ

ドイツにおける問題は出版社にも問題がある。
『ノルウェイの森』は『直子の微笑み』とタイトルを変えられ、
表紙も芸者を使うものなどセンスを疑うものばかり。

これでは「思い込み」も仕方がない

http://hamburg.exblog.jp/2438503/



550 :546:2011/02/10(木) 11:03:51
ちなみに『国境の南、太陽の西』は『キケンな恋人』に…

えっ?

551 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 11:22:04
日本における受容のされ方より健康的だね。

552 :546:2011/02/10(木) 11:41:07
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」で、
ラニッツキー氏は、作品を評価していた。
が、レフラー女史は、注目に当たらないファーストフード文学で、
性描写をポルノ的と主張している。
だがよく調べてみるとレスラー女史は性描写がある作品全般を認めていない。
つまり村上作品が云々の話ではなく「性描写がある作品」を否定しているに
過ぎないことが分かる。

このスレで村上批判している人は>>539でも書かれているが狂信的で
あることがうかがえる。

553 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 11:50:11
谷崎はイイ!春樹はダメ!

554 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 11:52:22
http://dianying.at.webry.info/200810/article_2.html

フォーラム初日午前の基調講演は
韓国が評論家の柳宗鎬氏。論客です。少し迷ったのですが
と前置きしつつも、かなり辛辣な村上春樹批判を。
間もなく発表になるノーベル文学賞の有力候補と目されて
いることを念頭に置いての発表か。
私も『ノルウェーの森』以降の村上春樹作品は全然評価して
いないので、ほぼ同感。

555 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 11:53:10
村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位


http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090920/kor0909201300001-n1.htm


2006年に実施された韓国の30代の作家らを対象にしたアンケートによると、
「いちばん過大評価された海外の作家」の1位にも村上春樹が選ばれるなど、
マイナスの評価もある。

556 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 11:58:21
>>547


『アンダーグラウンド』は小説でないし、いかにも社会派と勘違いさせる本として
半端な知識人のファッションになるのは有名
ニューヨークタイムズも春樹の本として小説ではなく『アンダーグラウンド』を挙げてた

>解決しないまま異界に移って遊びのように漂う。その軽さやあきらめのよさが、意外性もある楽しい物語として
受け止められている」。

全然褒めてない
投げっぱなしの異世界ファンタジーに見えるのはどこも一緒ってこと

557 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 12:01:37
アンダーグラウンドはノーベル賞を獲るための布石っつーか言い訳みたいなもんだもんね。

558 :546:2011/02/10(木) 12:05:11
だからどこかを具体的に指摘してもらわないと議論にならないんだよ。
君たちがいっているのは単なる好き嫌い論。

>>524にもあるが

> 評価というものは個人的なものであり、
> ひとりの人間が面白いまたはつまらないと思ってもそれはその人の自由。
> しかし上記にもあるように作品の枠内で行われなければならない。

枠内、つまりどこの箇所かを指摘してくれ。

559 :546:2011/02/10(木) 12:10:27
さらに

>>524がいいこと言っている

> また解釈者はなんらかの歴史的存在であり先入観や前理解を持ちつつ
> それを基礎として「再生産」が行われる。

> 君がバカではないのなら君自身の言葉で非難すればよい。
> 君自身の先入観、前理解に基づいて批判したまえ。

> つまり君自身の能力が問われているんだよw


コピペではなく自身の言葉で書け。
(マイナス評価の)書評に訴えるなら残念だが売れている事実があるわけだから
すべてが空論。売れない小説を書くバカか土壌を育てなかった文学界に
原因がある。つーか誰もパラダイムからは飛び越えられないわけで
「これが正しい小説なんだ」ってのはない!

560 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 12:11:57
作品の評価というのは全体的なものだよ
ここの技術が優れてる
ここの部分は面白いというのは部分的な評価


しかし全体としてどうよ?
というのが全体的評価

村上春樹には知性は全く無い
面白くない作家というのが結論になってる

561 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 12:18:18
福田和也「村上春樹って結局オカルトだよね。ユングの実家を訪ねたりね」

宇野常寛「1Q84?全部古いですよね。オーウェルのビッグ・ブラザーに対してリトル・ピープルとか。
大きな物語から小さな物語へなんて何十年前の話ですか。具体的にかけないし」

大森望「この人なんにも考えてないと思うな。自分でも即興で書いてるっていってるしね。」

若島正「翻訳大分間違ってますけどね」

562 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 13:48:04
「芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか」 幻冬舎新書
http://www.amazon.co.jp/dp/434498174X/
日本でもっとも有名な文学賞・芥川賞が、村上春樹に授賞しなかったのはなぜなのか。
一九七九年『風の歌を聴け』、八〇年『一九七三年のピンボール』で候補になったものの、
その評価は「外国翻訳小説の読み過ぎ」など散々な有様。
群像新人文学賞を春樹に与えた吉行淳之介も、芥川賞では「もう一作読まないと、心細い」と
弱腰の姿勢を見せている。いったい選考会で何があったのか。そもそも芥川賞とは何なのか。
気鋭の文芸評論家が描き出す日本の文学の内実と未来。


563 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 13:52:23
>>560
> 面白くない作家というのが結論になってる

君の評価ではね。大多数の評価が売れ行き。
というか面白くなければ読まなければ良い。
面白ければ読めば良い。それだけのことでありわざわざ
村上さんに固執する必要はない。

それとも何か?
君は村上さんより上の目線から語ることで悦に浸りたいのかねw
こんなところでマスかくよりやることあるんじゃないのw

> 作品の評価というのは全体的なものだよ
> ここの技術が優れてる
> ここの部分は面白いというのは部分的な評価

部分と全体は相関的な関係にありどちらか一方で「善し」
なんてことはない。 全体的な評価とは1つひとつの具体的な部分が
全体を現し、全体が部分を現すのである。

ゆえに全体を批判するためには具体的な箇所を提示しなければならない。

564 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 14:02:46
>>561 >>562

結局誰一人村上を把握できてないだけじゃん。
次代の作家だから旧来の作家には理解できないだけ。
つーか最近芥川賞なんてそんなに価値があるとは思えんが?

村上さんの評価に関しては時が判定を下すだろう。
今のところまだ分からないってのが真実だろうね。

にもかかわらず村上さんを批評する輩は単に金儲けのために
噛み付いているだけ。時代の申し子だし名を出せば売れるからね。
そういったコバンザメ商法をする輩が文学をダメにしているのは
間違いない。

565 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 15:00:26
>>562

この作者の市川 真人 は春樹否定派だよ
タイトルは売るために付けた

566 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 15:34:54
芥川賞

賞のジャーナリスティックな性格はしばしば批判の的となるが、
設立者の菊池自身は「むろん芥川賞・直木賞などは、
半分は雑誌の宣伝にやっているのだ。そのことは最初から明言してある」
(「話の屑籠」『文藝春秋』1935年10月号)とはっきりとその商業的な性格を
認めている。

つまり売れてなんぼw
つーか芥川賞受賞だから読もう面白いではなく自分が面白いものを
読めばよい。

567 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 15:35:45
市川さんは渡部閥だからなあ。そういう力学の上で考えると福田和也とか偉いかもって思うよね。好きじゃないけど。

568 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 15:37:09
nanaokun? 祥伝社刊 貴志祐介著「ダークゾーン」が入荷しましたが、完売です。
そしてPOPだけが残りましたw表紙をさわって「フリージング!」と思ったのは内緒ですw

http://upp.sakura.ne.jp/src/upp44643.jpg


「他の全ての小説が霞む、圧倒的世界観は、まさに小説の「キング」と呼ぶべき作品」

569 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 15:37:26
芥川賞

文学賞に対する批判本『文学賞メッタ斬り!』を著した大森望、
豊崎由美は現在の芥川賞の問題点として選考委員が「終身制」で
顔ぶれがほとんど変わらないこと、選考委員が必ずしも現在の文学に
通じている人物ではないこと、選考委員の数が多すぎて無難な作品が
受賞しがちなこと、受賞作が文藝春秋の雑誌である『文学界』掲載作品に
偏りがちであることをなどを挙げている。また豊崎は改善策として
選考委員の任期を4年程度に定め、選考委員の3分の1は文芸評論家に
するなどの案を示している。


結局単なる検閲機関を設けただけ。
いうなれば無意識のストッパーだ。
そりゃ村上氏の作品もストップするはずだw

570 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 15:44:31
芥川賞が注目されだしたのは、石原慎太郎の太陽の季節からだ。
それまではマイナーな賞だった。

571 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 15:50:15
結局宣伝でしょw

石原氏が有名だったから話題になった。
それがいつしかタカピーな権威の賞になっている。
そもそも文学に権威が必要かw

文学批評なんてものもこの権威からうまれたゴミだよ。

572 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 16:03:58
村上氏にはぜひノーベル文学賞を受賞してもらい
芥川賞をバカにしてもらいたいね。

それでこそ日本の文学界の発展がある。


といってもノーベル文学賞も権威だけどね。

573 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 16:43:04
> 石原氏が有名だったから話題になった。

なにが? 石原なんて無名だよ。だいたい学生時代に受賞したんだから。
ただ、弟が脚光をあびて太陽族ブームがおこって、一気に有名になった。
ひとつの小説が社会現象まで引き起こして、若者の生き様まで影響をあたえた。
そういう点では、今までにないインパクトだった。それからだ芥川賞が注目されはじめたのは。

574 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 16:52:37
結局宣伝でしょw

石原氏が有名だったから話題になった。
それがいつしかタカピーな権威の賞になっている。
そもそも文学に権威が必要かw

文学批評なんてものもこの権威からうまれたゴミだよ。

575 :レビル将軍:2011/02/10(木) 16:55:19
ああ、「芥川」と「保守右翼」のカテゴリー・エラーって、
それから始まったのね。

576 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 17:03:50
第1回芥川賞では、デビューしたばかりの太宰治も候補となった。
太宰は当時パビナール中毒症に悩んでおり薬品代の借金もあったため
賞金500円を熱望していたが、結局受賞はしなかった…

577 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 17:06:32
で石原さんは文学で太宰はクズなんだw
芥川賞の基準って何?

578 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 17:10:40
芥川賞的視点

綿谷りさ、金原ひとみ>>>>>>>>>>>>>>>>>>太宰治


すばらしい見識!

579 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 17:14:07
今度の芥川賞は水島ヒロかな?
太田光かなw

皆さんどっちだと思います?

580 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 17:25:08
村上春樹がノーベル文学賞なんて嫌だなあ。そうしたらノーベル文学賞は終わりだな。

581 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 17:40:18
結局アンチ村上派は権威の発言をコピペして出してくるが、
そういった常識を覆すところに文学の妙味がある。

それが理解できない奴は政府発表の公式文書でも読んでなさい。

582 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 17:41:41
石原慎太郎先生は村上春樹を評価していますよ。

583 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 17:44:01
>>580

谷崎がとれなかったから?
春樹っちゃんが取れたら
春樹っちゃん>>>>>>>>>>>>>>>谷崎かw

ノーベル文学賞が終わるのではなくあなたの感性が終わっているのでは?

584 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 18:29:37
はあ。感性ねえ。村上春樹をそんなにありがたがれる程度の感性があなたにとって大切なら別にそれでいいんじゃないの。

585 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 18:34:52
>>584

だろ?
やっぱり個人的におもしろかったら
それでいーんじゃないのってな話になる。

ところであなたからは文学における優劣的な視点がぷんぷん臭うんだが、
正しい小説てのはなに? 高尚な小説ってなに?

586 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:09:04
いや別に村上春樹の小説が間違ってるとか低俗とか言うつもりはないよ。そこまでつまらなくはないし。
ただ他の数多の小説と比べて何百倍何千倍も売れてるこの状況の意味が俺にはわからないってだけだよ。

587 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:12:40
>>586

それは文学界にとっていいことではないの?
この不景気で活字離れの中、文学者による小説が売れるということは
いいことだと思う。たとえそれが流行だったとしても。
売れて悪いことではない。

村上さんの小説がきっかけでほかの小説も読んでみたいと思う
青少年が増えるかもしれない。

なぜ悲観的になるのかわからないんだが?

588 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:15:30
村上さんの小説を入り口に世界的にも日本文学に興味を持つ人が
増えるかもしれない。

村上さんの源流を探ろうと日本文学を読む人も増えるだろう。

何がマイナスなわけ?

589 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:18:02
今の時代にカタギの人間がそんなに本読めるはずないじゃん。

590 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:19:03
第一村上春樹は純文学と何の関係もねえだろ。日本文学のどこに村上春樹の源流があるわけ?

591 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:23:07
つーかさ日本人は出る杭を叩くよね。

村上さんが売れているなら村上さんは夏目漱石とか安倍公房とか
に影響を受けてとか、この表現は○○的だとか関連付けて
ほかの作家をアピールすればいいのに右向け右で
村上擁護−アンチ村上
の二項対立にしたがる。

まとめてセット販売すればほかの作家を落とすことなく
むしろ上げながら紹介できる。

非難するより便乗の方が健全だと思う。

592 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:24:42
そこで日本人は排他的だ云々って主張に繋げるのが高校生っぽいなあ。で、村上春樹の源流が夏目漱石にあるって?例えば?

593 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:28:24
>>589

電子辞書の登場は文学界においてあらゆる意味において革命だよ。
「文学」が読みやすくなった。
長編小説なんて重すぎて携帯できなかったが端末機があれば
いつでもどこでも読むことができる。
またデータ化したことで普及するスピードも増した。

あなたの意見は読める時間がないのではなく
生活の中で文学が占める割合が少ない。
つまり文学に意味を見出していない人が多いということ。
少しでも文学に興味を持たせる。
土壌がなければ花は育たないんだよ。

594 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:35:13
>>592

ね。あなたのそういった視点がダメなんだって。
あのね文学は一部の人のものでもないし天才だけが読むものでもない。
たくさんの人に読んでもらった方が良い。
生活の中に文学が占める割合を広げたほうが良い。
関連があるかどうかを詳細に説明する必要なんてない!

むしろ問いたいが村上さんが日本のどの作家にも影響を受けていないのかね?
まったく?日本で育ち日本の教育(国語)を受けまったく影響を受けなかったのか?
入り口はどんどん広げればいいんだよ。

595 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:37:04
アメリカの作家ばかり読んでいたって本人が言ってるじゃん。そんなに好きならインタビューくらい探せばいいのに。

596 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:39:36
つーかさあなたからは「俺にはわかるがみんなは分からないんだよ」
てな臭いがプンプンするわけ。

たとえそれが正しくてあなたの感性が飛び抜けていたとして、
あなたが素晴らしい小説を書いても周りが愚鈍であれば意味がないんだよ。


つまりあなたの感性が正しいならばあなたは一人でも多くの人にほかの
作家の良さを伝える義務がある。しかしあなたがやっていることは
村上さんを落としてほかの作家を上げる方法をとっているわけ。
それは折角文学に興味を持った人たちを逃すことに繋がるだけ。

597 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:41:52
>>595

は〜?

非難するときは村上さん本人の話を否定するくせに
それはないだろう。本人がなんと言おうが関連性を
探せばいーんじゃないの。

少なくとも村上さんを落としてほかの作家を持ち上げるよりかは
建設的な作業だ。

598 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:45:54
何を怒っているのかわからない。俺は最初から好き嫌いの次元でしか話してないんだけど、どうして興奮してんの?
街に出て、道行く人に「僕は村上春樹が大好きだ!文句あるか!?」って叫んでみれば?みんな文句ないと思うよ。

599 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 19:50:55
>>598

怒っていないし興奮もしていない。
ある作家を落としてほかの作家を持ち上げるのはいただけないが。

つーかさ。
それならどうして村上さんが売れて困るのかを説明してよ。

600 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 19:55:02
困るっつーかよくわかんないんだよ。何がそんなにいいの?って思う。好きになれないながらも別に悪くはねえんだけどさ、
普通の小説が売れて数万部っていう時代に何百倍も売れてて何百倍も良く出来ているとは到底思えないって違和感があるの。

601 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 20:05:07
>>600

おそらく販売部数の半分はファッション感覚での購入でしょうね。
ノーベル文学賞の候補、世界的に有名となると俺も読まないと
となるのが日本人。残り半分は面白かったんだろうね。

あなたが脳科学者や心理学者でない限り面白いに理由はいらないと思う。
また評論化が説明したところでつまらないものが面白くなるとも思えない。

人生は短いんだから面白くなければ読まなければ良いだけ。

602 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 20:07:17
そう思って俺は1984を読んでないんだよ。みんなこんな本は買わずに万引きしてブックオフに売るべきだと思うよ。

603 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 20:11:08
>>602

発想は面白いけどそれは意味がないよ。
万引きは書店の買取になるから販売部数に繋がるし村上さんに
お金が入るだけ。

604 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/10(木) 20:13:41
そうだね。困ったものだなあ!

605 :吾輩は名無しである:2011/02/10(木) 20:15:32
>>604

やれやれ

606 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 06:41:26
とにかく、ドラッグと女とセックスを題材にして、若者を退廃に導けば賞がとれることが分かったからな。
石原いらい、そのコースのオンパレード。


607 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/11(金) 07:47:35
あなたは鍵くんだね。

608 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 07:49:16
オレとしては、村上ショージにノーベル文学賞をとってもらいたいな。


609 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/11(金) 07:51:20
俺もそれなら全く文句ないわ!

610 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 10:32:45
>>506
ノルウェイの森あたりが春樹の長編のピークだったからなぁw

>人間の活動は自我の外部から養分を得ているのであり
>「無意識」といったワードは今後も問題提起されるだろう。問題はその無意識をどのように意識へと引っ張り出すか。
>それはちょうど井戸を掘り下げる作業であり『ノルウェイの森』における僕の作業でもある。

その「無意識」の掘り下げの表現が、その後、劣化の一方をたどっている事はどう考えればいいのかなぁ?
今にして思えば、こういう事は井戸の隠喩くらいでやめとけばよかったw

リトルピーポーとか、何とかサナギとか、平面的な思い付きをただ寄せ集めているだけで、そこから伝わってくるものが
何もない。



611 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 11:49:57
書店にいやがらせの無言電話100回 容疑で男逮捕「立ち読みを注意され腹が立った」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1297390320/

612 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 17:21:17
「かつてニッポンが変わる時、世界が変わった」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1297409834/
異例の反響、JR東日本の駅貼りポスター

「かつてニッポンが変わる時、世界が変わった」
「その力は今も、失われてなんかいない」
「立ち止まっていても、はじまらない。もういちど、上を向いて歩こう」

これだよ、これ、こういう元気になるキャッチフレーズこそ小説に必要なんだよ。


613 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/11(金) 17:49:17
そんなもんで元気が出るなら勝手に出せばいいんじゃないですか。別に小説にはそんなもん必要ないけど。

614 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 18:14:14
まったくこれだから団塊は

615 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/11(金) 18:56:22
きみはひとりじゃないんだよ〜♪

616 :吾輩は名無しである:2011/02/11(金) 23:40:28
羊良かった

617 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/11(金) 23:46:42
羊男ってなんなの?何が言いたいの?

618 :吾輩は名無しである:2011/02/12(土) 06:28:04
羊男はウール100%ってことがいいたいのでは?

619 :吾輩は名無しである:2011/02/12(土) 07:32:14
>>606
不倫と同性愛と民族差別も加えてくれw


620 :◆HOKKEvxAGE :2011/02/12(土) 13:04:32
南無妙法蓮華経を唱えなさい 八
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1294465280/

621 :吾輩は名無しである:2011/02/12(土) 13:39:23
村上春樹著『意味がなければスイングはない』

「ブルース・スプリングスティーンと彼のアメリカ」の章中に以下に記す(本編P.125後半)の文章がある。

これは一見別々の世界にある二人の人間の共通点を表した文章だが、
それを書いた当の本人の小説にも当て嵌まるように思われたので抜粋させて頂く。

“彼らは物語の展開を具象的にありありと提示はするけれど、お仕着せの結論や解決を押しつけることはない。
そこにあるリアルな感触と、生々しい光景と、激しい息づかいを読者=聴衆に与えはするが、物語そのものはある程度 開いたまま の状態で終えてしまう。
(中略)彼らの物語にとって重要な意味を持つ出来事は、その切り取られた物語の枠外で既に終わっていたり、あるいはもっと先に、やはり枠外で起ころうとしていることが多い。”


“彼ら”とはブルース・スプリングスティーンと作家のレイモンド・カーヴァーのこと(物語=歌詞の世界観と、生まれ育ちや成功に溺れず謙虚である姿勢に、春樹氏は共通するものを見出だしている)。



622 :吾輩は名無しである:2011/02/12(土) 18:04:51
俺もアニキは好きだよ。でもとにかく今年は
「1Q84」四巻絶対出してね。お願いします。
三巻まで読んで、謎がとかれるどころかますます
深まってしまった。あの宗教団体をどうしてくれるんですか。
気になって夜も眠れません。

 とにかく今年は四巻目を必ず出してください。村上さん。
それで完結でもかまいませんし、続けてもかまいません。
「1Q85」でもいいし。

623 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/12(土) 18:10:09
もうやめろ!と言いたい。

624 :吾輩は名無しである:2011/02/12(土) 18:18:10
誰とも対決しないで逃げ回り
批判した安原顕が死んでから
見当はずれの罵声を浴びせる卑しい男

それが春樹でしょ

625 :吾輩は名無しである:2011/02/12(土) 19:52:00
>>624
>見当はずれの罵声を浴びせる卑しい男

↑お前自身じゃないかw

626 :吾輩は名無しである:2011/02/13(日) 10:07:24
>>616
羊。
俺も気に入っている。何年か前の夏に、車で北海道の海岸線を回った時に持って行き、向こうでみっちり2ラウンド読んだ。

岬めぐりだけが目的の貧乏旅行だったので、残念ながら「十二滝町」の綿羊牧場!までは足を延ばせなかったけど、オホーツク海や太平洋を眺めながらひたすら毎日200キロぐらいづつ走り、ホテルや道の駅で休むとき睡眠薬がわりに読んだ。
もちろん面白くて眠れなくて困ったけど。

627 :吾輩は名無しである:2011/02/14(月) 17:39:25
ところで、俺的にカフカの大島さんのヴィジュアルはあれだ。
プリキュア5の謎の生物(リス?うさぎ?)の人間体。
スマン、OPしか見てないので設定は知らんが、図書館にいる中性的イケメンてことで。

628 :吾輩は名無しである:2011/02/17(木) 05:40:21
200 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/02/05(土) 10:22:27
15歳記念に家出して西へいくお 高松についたお
図書館について、ゲイの姉ちゃんに見初められて隠れ家で裸で過ごすお

ナカタさんが猫殺しの犯人とあって天啓をうけ、西へいくお
西へ西へ行く途中に星野青年と出会うお

浜辺のカフカって絵の少年と僕とが似てたお
だからその図書館の所長とエッチしたお フェラしてくれて気持ちよかったお

ナカタさんと星野青年が、闇の眷属がこっちの世界にあふれてくるのを石を裏返しにしてふせいだお
闇の眷属の脅威は去ったって教えられたお

夢の中で少女がいたかと思ったらその所長だったお 起きたら所長が死んでたお

おわり wwwwwwwwwwww

>>200
あらためて思うがイミフな話だよな。
やっぱ村上春樹の持ち味は「奇妙な読後感」かねえ。


>>201
村上春樹の小説にエンディングとつけると
妙に薄っぺらでつまらなくなってしまう
ということが「1Q84」でよくわかった

やはり意味ありげでなさげな終わり方が良いようです

629 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 02:46:25.25
僕=村上春樹
鼠は存在しない

630 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 05:33:57.78
羊をめぐる冒険からガラッと文体も世界観も変わるな
風の歌を聴け、1973年のピンボールと同じ世界とは思えない

631 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 07:03:39.87
こっちのスレはまともかな?w

海辺のカフカとハードボイルドはまあおもしろかったが、この人の小説は時代設定が古臭い
作中に出てくる曲なんて殆ど知らない
まあ、俺みたいなガキはターゲットとしてないんだろうが
それと、ノルウェイのラストが意味不
何故寝るのかさっぱりわからない

632 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 07:17:35.47
ラノベで2ちゃん用語使ったり
ゲームアニメの話題がでてくるようなもの

男と女はなにはともあれセックス

633 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 07:36:54.32
わからないってことをよく恥ずかしげもなく言えるよな。
たしかに文学は人それぞれ読み方があるけれど、論理的思考や文学的位置をとらえることさえせずにただ分からないとか言ってるやつは自分の頭の悪さに気づけ

634 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 10:29:27.99
今の本当に若い子たちは、村上春樹をどうやって読んでいるんだろうね?
村上春樹は基本的にノスタルジーを文学的な原理とするタイプの作家。
かつ極私的な作家だから、自分が体験した青春しか描けないんだと思うな。
1979年に書かれたこの人のデビュー作『風の歌を聴け』からして、アラサーの主人公が、
1970年の、自分が大学生の頃の夏の思い出を語る、というノスタルジー構造。
しかも主人公が神戸へ帰郷した時の話だから、もろに作家本人の体験に近い。
その後も『1973年のピンボール』の1969-73年、『羊をめぐる冒険』が1978年、
『ノルウェイの森』には1969年という日付けがある、『ねじまき鳥』は1984〜1986年、
どれも具体的な数字(年代)付き。最近では『1Q84』ね。
つまり村上春樹の作品は時代設定込みで成立してるんだよね。
だから時代背景が分からないと村上作品は読みにくいんでないのかな?

635 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 10:30:47.42
この人にはこの人にとって“特権的な年代”というのがあって、それは
・1968年以降(本人が大学生になってから)〜1973年あたり。

・1980年代(本人が作家として認められてから)。
で、80年代では東京を中心とする80年代文化・風俗が描かれていることが多い。
'90年代や'00年代のは少ないんじゃないのかな? 短編にはあったような気がする。
おれは研究者じゃないんで知らないけど。そういう研究はいくらでも出てるでしょう。
基本的に現在よりも過去に重点を置く作家だね。はっきり言うと'90年代以降、
世の中の文化が脱色化してほとんど無意味な繰り返しに過ぎなくなっている、
と、思っているんじゃないのかなあ。おれも個人的に村上春樹と文化観を共有しているけど。


636 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 10:38:55.03
俺もわかんない。

637 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 10:44:00.67
>>636
ウソこけ!!!!!!立派な30代のくせに!

と、いうわけで、90年代キッズにはどのように村上春樹は受け入れられているんでしょうか?
『ノルウェイの森』が単行本で出されたのが1987年。
30代半ば以降の人間なら、あの年の後半に本屋にあの赤と緑の装丁の本が並んで平積みに
置かれている光景を憶えているはず。だいぶロングセラーだったから。
まあ、おれが実際に読んだのは1991年に講談社から文庫化されてからだったけど。懐かしい。
けど、いまでも1987年の初版本がうちにあるんだよねえ。家族が買ってきてたんだね。

638 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 10:56:38.77
いや確かに小さい頃から村上春樹流行ってたけどさ、俺の生活と村上春樹が繋がってるなんて思った事が一回もないんだな。
村上春樹が時代の寵児みたいに言う人ってどんな生活してるのかね?第一村上春樹って日本人じゃなくてアメリカ人でしょ。

639 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 10:59:09.57
読みだしたの最近だけどなぜか古さは感じない
学生運動とかでてくるのになんでだろう


640 :637:2011/02/23(水) 11:02:52.30
>>638
おれにはその根拠があるのよ。姉が村上春樹の大ファンだったからww

641 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 11:10:17.82
同じ80年代の性風俗を描いても、
西村賢太だと「マンヘル、ソープランド」
村上春樹だと「コールガールを呼ぶ」
になる。
「ダンス・ダンス・ダンス」の話ね。

642 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 11:12:21.24
ふーん。ちなみに何が面白いんですかねえ。

643 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 11:14:44.79
村上春樹ってファンタジーノベルじゃないの?

644 :記憶喪失した男:2011/02/23(水) 11:20:58.97 ?2BP(791)
村上春樹の幻想には価値がない。

645 :記憶喪失した男:2011/02/23(水) 11:21:46.67 ?2BP(791)
恋愛小説として、面白いんだと思うよ。

646 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 12:16:59.57
エロゲとどう違うの?

647 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 12:24:27.50
>>633
馬鹿な俺にもっと噛み砕いて、ノルウェイのラストで作者が言わんとしてる所を教えてもらえませんか?

そんな文章なら誰でも書ける

648 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 12:57:38.39
エロゲの源流が春樹。
龍のコインロッカーベイビーズが色んな漫画とかで模倣されてるのと同じ。

649 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 13:26:47.00
なるほどね〜

650 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 17:13:21.51
>>647同時に直子がワタナベにとっての拠り所だったのに、放りだされた。相対的な世界との立ち位置がうまく取れなくて呆然として、終わる。

って感じ?
まあ俺633じゃないけど。

651 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/23(水) 17:48:09.30
冒頭からして半端なく気持ち悪いですよね。ちょっと悲しくなっただけだからって何?

652 :吾輩は名無しである:2011/02/23(水) 23:43:43.11
日本文学もここまできたかってかんじ
文章も構成もこれまでとは一気に3段階くらい飛びぬけてた

653 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 00:52:41.09
>>647
国語のテストじゃないんだからさw
イイタイコトをかみ砕いて言えるなら小説という形式はとらないよ。
ここは学校じゃねーんだから自分で考えろよ。

654 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 01:29:36.67
中原よりはマシでしょ

655 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/24(木) 09:10:08.98
>>654
中原昌也の小説のほうがマシですよ。

656 :記憶喪失した男:2011/02/24(木) 09:19:40.65 ?2BP(791)
>>647
人生を生きていると、自分の生きる人生のレールを見失うことがあるのさ。
いろんな人とセックスして、新しい恋人もできたけど、
過去の恋人が欝で死んでしまったことに罪悪感を感じ、
自分の生き方が正しいのかわからなくなったんだよ。

657 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 10:13:39.32
>>647
平たく解釈するなら
直子が死んで放浪の旅に出ている間
直子のいる時間の静止した世界もしくはあの世と、この世の間をさまよう
そして漁師に助けられて帰ってきて、ギターの先生が来て一緒に葬式と
その後意味深なセックス(たぶん生きてる人間の世界に戻るための儀式)
を通して直子にお別れをして緑に電話をする
今までの混み入った世界から抜け出したから
自分のいるところががよくわからないという最後のセリフになる

658 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 10:28:23.40
>>657の続き
すみません、質問の答えになってませんね。
言いたいことは
生と死
閉じられた世界と開かれた世界
依存と孤立
正常なものと狂ったもの
そういう相反するものが入り混じった物がこの世界なんだってことだと思う

659 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 11:14:49.42
>(たぶん生きてる人間の世界に戻るための儀式)

違うだろw
こじつける必要ない


660 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 11:34:46.31
濡れない直子に対する弔いってことかな。過去の再演というか。
まあ、解釈は色々ある。

661 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 12:47:26.04
おいおい

662 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 14:01:22.38
あのシーンに理屈いらん
ただただ良い

663 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 14:28:45.15
村上春樹の小説好きな男って村上春樹の小説好きな女に嫌われるよなw
ナイーブな上に理屈っぽくてくどい男が多いって偏見だろ

664 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/24(木) 20:37:24.79
村上春樹読んだって人は周りにたくさんいるけど、村上春樹大好きって人には会った事ないな。

665 :吾輩は名無しである:2011/02/24(木) 23:43:43.32
なんだかんだで大っぴらに好きだと言うのは恥ずかしいなって感覚は持たれてるんだと思う

666 :吾輩は名無しである:2011/02/25(金) 02:37:05.39
最後やっちゃうところは無条件にいい

667 :吾輩は名無しである:2011/02/25(金) 06:52:49.34
あのセックスはすげえ悲しく感じた

668 :吾輩は名無しである:2011/02/25(金) 07:52:13.63
春樹が大好きで影響受けまくってるような女の子も
男から見れば何か嫌だよな
読書家であくまでその一環で好きな程度、という子なら良さそう

669 :吾輩は名無しである:2011/02/25(金) 17:45:00.94
>>648
エロゲの源流はどうみても少女漫画だろ・・・
少女漫画を男用に作り直したもの
耽美的な要素も複雑な恋愛真理も、失う喪失感も昔からある

670 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/25(金) 17:47:31.23
じゃあ村上春樹の源流は少女漫画ってことか…

671 :吾輩は名無しである:2011/02/25(金) 21:51:08.07
ノルウェイの最後やっちゃうのは前向きに見えた

672 :吾輩は名無しである:2011/02/25(金) 22:46:25.36
映画では後ろ向き、原作では前向きに感じた

673 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 20:01:25.30
春樹がエロゲだって言う奴は何の作品に似てるって言ってるんだ?

1日2時間はエロゲしないと脳みそ爆発するエロゲ廃人だけど
似てるなんて思ったことないぞ

674 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/26(土) 20:08:54.28
そうなの?エロゲやった事ないけどエロゲはみんな村上春樹みたいなもんだと思ってた。違うんだ?

675 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 20:12:33.85
全然ちがうわ、お前らあんなもので抜けるのかよ、俺は無理だぞ
同じく漱石ラノベ説も、ラノベ500冊以上読んできた俺からしては意味不明

676 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/26(土) 20:16:09.08
確かに抜けないけど、エロゲは抜けるの?エロゲも村上春樹と同じで抜けないものかと思ってたんだが。

677 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 20:18:50.35
抜くためにやるからエロゲなんだろが、なに言ってんの
お前は見識を深めるためにエロ本読んだり
救いを求めてAV見たりするのかよ

678 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/26(土) 20:21:23.14
そうなんだー。抜けるならやってみたいな。でも村上春樹フレイバーがするなら俺には無理だと思ってたんだけど、しないんだ?

679 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 20:23:43.08
アニメの灰羽連盟がハードボイルドワンダーランドが元ネタになってるみたいに
春樹に影響された人が作ったのは、もちろん似たりするんじゃない
俺はやったことないけどKEY作品とかそうだって聞くし

680 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 21:01:45.27
いまさら漱石とか古すぎて読めん


681 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 21:08:30.58
「批評理論入門」の馬鹿が戻ってきたか?

682 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 22:49:03.96
元鍵っ子だけど、KEY作品のクラナドとかもハードボイルドワンダーランドかな。
一番色濃く出てるのは「ONE」っていう作品か。
「向こう側の世界」があって、恋人とのつながりの有無で成否が決まるみたいな感じ。

というか、エロゲって女ばっかりで、男は主人公ともう一人友人がいるだけ、
ってのが多いでしょ。そういう世間が抜け落ちた感じは、春樹が源流。セカイ系の始祖とも言う。

683 :吾輩は名無しである:2011/02/26(土) 23:12:48.47
>>681
俺も新書の「批評理論入門」買ったことあるけど、そのとき馬鹿にしたようににやにやしてた眼鏡の書店員か、おまえは?

684 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 10:14:27.02
百年後も読まれる小説こそ真の名作

685 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 19:22:42.07
ねじまきはつまらんな
ノルウェイより読むのが辛い

686 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/27(日) 19:28:26.97
加納クレタってキャラクターが脳裏に焼き付いてるな。それだけでも村上春樹の勝ちなんだろう。

687 :吾輩は名無しである:2011/02/27(日) 20:18:40.07
俺は今の所「やれやれ」かな
俺もやれやれだよって思いながら読んでる

688 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/27(日) 20:21:49.95
村上春樹を読む必要はないと思いますね。義務感で読んでる人が多いんだろうけど、もっと有意義な事に時間を使うべきですよ。

689 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 20:40:34.33
ノルウエイの森のラストで
恋人でもない40女と4発やる主人公
AV並の話

690 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 20:41:42.19
AVを舐めてもらっては困る

691 :吾輩は名無しである:2011/02/28(月) 22:06:23.33
原作が駄目すぎたから映画も駄目だっただけだろ?

じゃあどうすれば原作通りになったのか言ってみろよ

女優を変えろとか言うなよ
人気女優に頼ろうというせこい発想じゃ駄目だぜ

692 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/02/28(月) 22:39:20.55
とりあえずセックスそのものを丹念に描けばマシな映画にはなったんじゃない?見てないけど。

693 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 11:19:50.43
ノルウェイの映画はな・・・
原作が名作なほどハードル高いし超えれるのは難しいが、もっとなんとかならなかったのかね

694 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 11:46:11.24
ヒットしたら→さすが春樹すごいすごい


こけたら→原作をうまく生かせてない。映画と原作は別物

695 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 12:22:31.34
ストーリー変えたらよくなったんじゃない?

696 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 15:20:07.60
ハリウッドでもドラゴンボールの映画化に失敗
原作がすごいといくら金かけても無理

697 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 15:35:10.32
あれは超B級映画を目指して成功してるよ

698 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 15:44:20.25
映画版ドラゴンボールは日本映画でいうシべ超
論外

699 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 15:51:08.04
ハリウッドが本気でかね掛けたら成功する
ロードオブザリングのように

ノルウェイは精一杯かねかけて監督も選んでこの結果
原作がくそということ

700 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 16:03:56.10
ドラゴンボール 制作費100億円
ノルウェイの森 制作費5億円

・・・・

701 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 16:16:06.07
制作費は話半分
宣伝のためわざと多く発表してカマす
とはいえ>>699…… m9(^Д^)プギャー

702 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 16:21:03.11
ドラゴンボールはアニメ化されて既に世界中何十億の人間に認められている
ノルウェイとは影響力が100倍違う
原作の価値を疑うものはいない

ノルウェイを初め春樹の映像化は全部駄目
これからも駄目だろう

アニメ化したらどうだ?

703 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/01(火) 16:26:44.93
村上春樹のアニメ化!すごく相性がいいと思います!

704 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 16:44:18.63
ノルウェイは最初の飛行機のシーンですぐ引き込まれた
超常現象じゃなくまたこういうのやってほしい

705 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/01(火) 17:54:29.49
気持ち悪いよね。

706 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 18:49:37.14
ノルウェイの森ってあとがきあったのか
文庫にはついてなかった
しかし傑作だった

707 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/01(火) 18:56:05.79
ある意味で。

708 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 20:30:57.39
ダンス最高

709 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 20:36:37.47
ある意味で。

710 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 20:44:40.51
コテ自演


711 :吾輩は名無しである:2011/03/01(火) 21:46:55.57
羊をめぐる冒険以降から一気に面白くなる

712 :(*´ェ`*)鈴木雄介 【大吉】 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/01(火) 21:59:51.56
デビュー作はそんなに悪くないよね。

713 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 00:09:19.83
羊とかノルウェイとかの頃は登場人物と作者自身の年齢があまり離れていなかった。
だからある程度感情移入できるものが書けてたんじゃないか?
今書くんだったら、やはり60代の性とかをリアルに書かないと駄目だろうw

714 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 00:12:37.36
村上春樹が作る料理ってウマイ?
SMAPと同じレベル?

715 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 00:17:58.56
>>713
それはそうだね!

716 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 00:29:52.31
ノルウェイの森
あんな通俗小説が傑作なんて…
どんだけ文学読めねえんだよ。

717 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 14:44:49.26
唯美主義だけで春樹を叩くバカがいまだにいるから春樹が今でも売れるんだろ

718 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 17:24:20.52
>>682
またでたよ
なんでも春樹源流にする春樹信者が・・・
春樹はただのアメリカ現代文学の亜流系でしかないから
カズオイシグロとかと同じような感じの評価
文学や文化ってのはそんな単純なものじゃないよ
春樹とか龍とかYMOとかサザンとかは団塊世代の有名どころってだけだ
こいつらの前にも先にも文化はある

719 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 17:32:19.87
↑こういう発言って意味あるようでない

720 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 17:37:38.34
春樹とか龍とかYMOとかサザンとか・・・・・


日本だけでしか実際はたいして有名でない連中だな
キタノタケシとか宮崎駿とかもそうだけど
死んだら皆、すぐ忘れられそうな

721 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 17:43:58.28
圧倒的に引き込まれるし他の作家よりコアなファンがつくだけはあると思うけど
なにが違うかが説明しにくい


722 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 17:55:35.13
あきらかにタケシのほうがいいよ。

723 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:08:11.42
おまいらって下手だよな、批判が

724 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 18:10:19.49
別に批判してないんだけどね。なんでこんなに売れてるのか意味がわからないって言ってるだけで。

725 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:15:09.93
それがあなたの理解力の限界なのでは?
分からないなら100回でも200回でも読めばいい
読む気がないなら、そんなこと言う権利は無い

726 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:15:20.69
ほとんどの人間がおもしろいと思ってるからさ


727 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 18:16:30.63
それがわからないんだなー。誰か答えをくれるかと思ったんだけど誰もくれないしな。

728 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:17:23.43
意味が分からないのに知る必要がない


729 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:18:05.19
わからないのにバカは中途半端に騒ぎたてる
けどどいつも平面的なことしか言えないから効果的じゃない
春樹以上の作家なんていないと感じた読者は、春樹から離れる必要も感じない
自身が春樹中毒にケリつけるためにはもっと春樹を読まざるをえない。
春樹はもっと売れてしまうし、文学を語ってる奴はバカばっかだから文学は廃れる一方
時代は文学から離れて社会学やら心理学なんかに注目してしまう こんな感じじゃねーの

730 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 18:20:26.85
ふーん。村上春樹って文学なの?俺はそこに疑問があるんだけど。

731 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:20:53.55
ここまで嫌いなアンチにもスレに常駐してまで知りたいと思わせる力がある・・そういうことかと

732 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:22:56.46
>>730
読者はそんなの気にしない

733 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 18:23:49.50
いや、別にそこまで嫌いじゃないって。読んでて気持ち悪いなーって思う点は多々あるけど、そういう人なんだろうなと思えば耐えれない事はないし。

734 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:29:36.52
芸術家と俗人のあいだを描く、これもまた芸術じゃねーの

735 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:34:33.25
>>727
そういうのって時代性がわかってないってことなんじゃねーの
文学読んでてもわかんねーよ

736 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:38:18.85
>>729
言えてますね
昔は文学のみがやっていたものも
今は専門的に研究する学問がありますしね

ですが、文学には芸術という観点があるのも事実で
人間の内面に迫るような想像の世界を作り上げて
より的確な言葉、もしくは文章によって表現された小説が必要なのでは
風俗やタイタニックより
そういった意味で村上春樹の小説の評価が高くなるのは当然だと思いますが

737 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:38:26.82
嫌いでも避けて通れない魅力がある

738 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:44:59.25
>>736
あくまで「注目」が文学に向かなくなってきただけで、俺も文学自体を批判したわけじゃないお

739 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 18:46:40.76
>>738
誤解でした、すみません

740 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 19:19:27.24
>>735
村上春樹が俺と同じ時代を生きたって感じは全然しないな。だってずっとアメリカにいるじゃん。
日本で何が起きたかなんて地下鉄サリン事件についてしか知らねえんだろ?そんな奴が時代を語るなよ。

741 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 19:22:14.54
>>740
低俗な内容にしか食いつけないんだね、かわいそうに

742 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 19:24:43.35
低俗な内容って何?

743 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 19:30:44.95
村上春樹が時代を語ったことなんてないってことだよ

744 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 19:40:03.46
>>740
村上春樹がなぜ売れてるかわからないってことは
そもそもお前さんが時代性をわかってないってことだろ、ってことだ。
そんで、それは文学だけを読んでてもわからないことだ。

745 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 19:44:05.50
>>744
少なくとも村上春樹に時代性?があるって意見には異を唱えたいね。

746 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 19:50:03.10
それは知りませんがな。

747 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 20:00:06.00
村上春樹だけ読んで満足してちゃダメだと思うな。もっといろいろ読まないとダメだよ。

748 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 20:35:18.20
そう言いたがる人っているけど、言いたいだけだと思うわ。
実際、春樹しか読まない奴って、たいしていないでしょ。
春樹経由で海外文学から読むようになったり、読者に興味の連鎖を作らせる才能はある作家ではあると思うぞ。

749 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 20:39:28.49
300万人が文学に興味持ってくれりゃいいんだけどね。村上春樹と文学は何の関係もないけど。

750 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 21:23:57.69
鈴木さんはやっぱりいいな
ときどきあれだけど
わかんないとこがいいな


751 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 21:24:18.68
村上春樹から入ると昔の文学は粗が多すぎて読めなくなる
今の世代がそうなるのはしょうがない
文学でもスポーツでも昔より今のほうがレベルはどんどん上がっていく

752 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 21:54:04.97
いや、昔の文豪の作品を知ってると村上の作品は表現力が乏しく
稚拙に感じるぞ。読み易いのは認める。

753 :吾輩は名無しである:2011/03/02(水) 21:59:03.97
リトルピーポー(笑)

青豆(笑)


確かに洗練されてるな

754 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/02(水) 22:07:00.18
>>750
なんかありがとうございます。

>>751
ちょっと待って。戦後派とか読むと村上春樹の幼稚さについていけなくなるぞ?

755 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 01:59:49.05
戦前はもう厳しいけど戦後はいける

756 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 02:01:50.38
直子ちゃんのオマンコペロペロしたい。

757 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 02:12:55.99
直子ちゃんのオマンコペロペロしたい。

758 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 03:38:16.00
>751
おめでたい奴だな。文学とスポーツを一緒にすんなや。
埴谷雄高と村上春樹を読み比べれば、現代が劣化したと分かる。

759 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 09:47:10.55
村上春樹はすごく好きだけど
村上春樹が好きだって人にいうのは
ちょっとはずかしい。

760 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 11:03:05.76
もうさすがに芥川龍之介には甘さを感じるけど太宰治はまだ何とかいける

761 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 11:28:56.75
挙げる例が埴谷雄高かよ

762 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 14:37:06.59
鈴木はねじまき鳥とかの長編はよんだの?

763 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/03(木) 14:41:13.35
もちろん読んだわ。

764 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 16:50:12.89
尾崎豊って覚せい剤事件で拘留されていたとき
「羊をめぐる冒険」読んでいたらしいね

765 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/03(木) 17:18:04.36
限りなく透明に近いブルーも読んでたらしいね

766 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 18:51:33.16
この人は巧い文章で畳み掛けるように情景描写するのが良い世界観を作ってる

767 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/03(木) 18:57:39.40
悪い世界観の例を挙げて下さい。

768 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 19:06:37.91
文章の面で太宰はもう違和感あるよ

769 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/03(木) 19:07:41.21
それが悪い世界観の例ですか?

770 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 19:09:53.74
>>768>>760


771 :吾輩は名無しである:2011/03/03(木) 19:11:36.21
リトルピーポー

青豆

すばらしいネーミングセンスです

772 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/03(木) 20:56:56.14
栗豆とかいいよね。

773 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 01:03:14.82
ビッグブラザーはいない。政府にしろ企業にしろ、もうそんな力はない。
リトルピープルっていう不気味な存在は、要は2ちゃんねらーとかで、
といったあたりまでは、だいたいみんな言ってることで、ここまででも作品としては成功でしょ。

774 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 12:58:18.38
どこが?

775 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 14:20:40.56
顔が不細工なのも痛いが
致命的に頭の悪そうな間の抜けた顔してるんだよな・・・
村上春樹はそこが本当に残念

夏目とか芥川とか三島とかは、知的なオーラがばしばし伝わってくるし
顔もいかにも頭よさそうで凄いカッコいいんだよな
太宰もまあ格好いい部類かな


逆に春樹とか大江とか谷崎とか龍とかは、俗っぽい脂ぎった感じがして嫌だ
絶対、自殺とかしなさそうな感じ
頭も全然良さそうに見えない

作家のタイプも2分されるよな
知的系と俗物系が交互に天下とってるイメージ

776 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 14:28:14.90
作品の傾向も

知的イケメン・・・虚無、調和、観念、孤独

俗物不細工・・・リビドー、カオス、感覚、独善

でまったく違う
春樹の作品とか、まさに後者だもんね
知的系は神経衰弱で体の不調を抱えてる
不細工系は元気いっぱい病気知らず

777 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 14:32:22.19
漱石も芥川も統合失調症だしね。

778 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 14:45:48.62
春樹は昔から健康で肩こりもなく怪我すらしたことないらしいからね
夢もまったく見ないらしいし

知的系は夢をよく見てそうだ

779 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 17:00:25.37
小説家の評価を顔で選ぶか・・・・・ありえない発想だ
まあ評価基準は人それぞれだしタレント作家をありがたがって読んでれば良い



780 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 17:04:56.31
村上春樹よりヒロ君のほうが前衛的だよね。

781 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:05:08.54
>>779
頭悪すぎ

顔で選ぶとか誰もいってないから


782 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:15:31.22
自分は内容100、ルックス0で選ぶわ
知り合いでもないやつの外見とかどうでもいい

783 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:22:15.83
だから選ぶ、とか選ばないの問題ではないから
春樹信者ってのはどうしてこう頭悪いんだろ?



784 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:34:16.89
水嶋ヒロ、まさかの歴代最高作家

785 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:42:13.88
水嶋ヒロなんて顔がいいだけ

夏目や芥川がもってる知的なオーラやカリスマ性なんて皆無じゃん


786 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 18:43:31.57
そんないいか?トカゲみたいじゃん。

787 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:44:31.73
涙ふけよ、鈴木

788 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:45:49.20
俺も水嶋ヒロ別にカッコいいと思わないけど一般的に見て超イケメンの部類に入るんだろえな

789 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:49:13.21
>>775みたいな顔で選ぶ奴が出てきて賞がおかしくなった
出版業界厳しいからって話題作りもいらん

790 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:50:16.02
大江、春樹(龍、ばなな)と俗っぽい不細工の天下がしばらく続いたから
そろそろ正当派の知性タイプの作家が出てきそうだな


791 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:51:57.69
俺も村上春樹別にブサイクだと思うけど一般的に見て超ブサイクの部類に入るんだろうな

792 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:52:01.71
>>789
お前は日本語まともに読めないのか?
顔で選ぶとか誰もいってない


793 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:56:07.15
>>791
昔はどうしようもない超絶ブ男だった
彼のコンプレックスや願望が創作のリビドーになってるのは間違いないだろう
屈折したナルシストぶりも不細工の反動

歳とってからは、いくらかマシになってきた
俗っぽさや癖の強さ、どこか間の抜けた感じは相変わらずだが

794 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 18:57:15.00
>>775-776
どうあれ馬鹿げた価値観と文よ
恥ずかしい

795 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:00:08.84
でも声は男前なんだよね。

796 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:01:40.29
なんとなく泣かせて謝らせたい声をしている。奥さんの前で土下座させた中上健次の気分もわかる。

797 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 19:13:12.48
水嶋と綿谷のファンだな

798 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 19:18:26.21
不細工で俗っぽいところが春樹のよさだろ
大江もそうだけど
そういうのが共感を呼ぶような病んだ時代なんだよ

799 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 19:28:15.89
芸術に関しては顔も基準に入れるという考えがなかった
てか小説家の顔ほとんどしらん

800 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:32:16.63
バケモノみたいな顔をしてる必要はないけど、イケメンよりはちょっとブサイクのほうがいい感じだよね。

801 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 19:37:15.47
>>799
お前、しつこすぎ
とりあえず日本語読めるようになってからまたこい
誰も顔で選ぶ、顔を評価の基準にいれるなど一言もいってない


802 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:39:37.46
村上春樹と水嶋ヒロ、同じベストセラーで優劣をつけようぜ。

803 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 19:40:15.66
村上春樹=フランケンシュタイン

だからね
醜いものを愛せるか?
美しいものを愛することは簡単だけど

フランケンの叫び、容姿も性格も屈折してるからこそ
描けるものがある

804 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:45:18.88
言っちゃ悪いけど、そこまで醜くもないんだよ。それがつまんない。

805 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 19:50:17.78
顔での判断はいかんね

806 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:54:21.38
もっと顔に大きな腫瘍があるとか、ヤケドでケロイド状だとかならわかるんだけどさ。中途半端なんだよ!!

807 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 19:55:31.84
で、そのコンプレックスを克服するために稼いだ金を全部整形につぎ込んでマイケルみたいになるとか、それなら応援しますよ。
マイケルも若い時の方がかっこよかったけど。

808 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 20:03:49.90
昨日と違って今日の鈴木さんは病んでるな

809 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 20:06:10.82
そう?そう病んでもないんだよ!それが悲しいところで。超フツーですよ。

810 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 20:55:49.98
村上と中上の件ってソースあんの?

811 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/04(金) 21:08:55.15
いや、都市伝説なんだけどね。それを悲観した村上春樹はアメリカに渡ったというw

812 :吾輩は名無しである:2011/03/04(金) 21:15:52.20
俗っぽいとか言う人って、
俗人vs芸術家的な区切りをくっきりと分けてるんだと思うけど古典的な気ガス

813 :吾輩は名無しである:2011/03/05(土) 05:40:02.51
いきなりだけど、
みんなは何のために本を読む??
俺は様々な物語や人生を追体験して、見聞というか感性というか、そういったものを広めたり磨いたりして、
最終的に自分の人生が、色んな感情や色んな人々にいろどられた、振り返ったときに、うむ色々あったなーとしみじみと自己満足できるようなものになれば幸いかなと思って学生の時からずっと読書を続けてる
文学なんてそんなもんでいいと思ってるし、同時にされど文学だという思いも当然持ってる
じゃあそこに世間とか社会の評価が必要かと問われれば、全くいらないと思う
結局作家が個人的に書いたものを俺らが個人的に読んでるだけで、まぁ作家はそれで金儲けしてるじゃんと言われればそれは何とも言えないけど、
そういった極私的な体験である読書という行為に関して、一方的ではあるけれど物語を提供してくれている作家を乏しめたりするのはナンセンスだと思うんだ
じゃあ2chなんかくんなよって感じだけどね
村上春樹の初期三部作とダンスを読み返してて、なんだか若い頃が懐かしくなって青臭いチラ裏を書いてしまったけど、いろんな人の意見を伺ってみたいんだ
そしてほんとにどーでもいいが俺の最も敬愛する作家は三島だが、
春樹も文章力もともなってかなりの語り部だと思うんだけどな
遠い太鼓とか、あんなマジでどーでもいい個人的な旅行記を飽きさせずに最後まで微笑まじりに読ませるなんて、かなりの力だと思う

814 :吾輩は名無しである:2011/03/05(土) 11:57:17.17
↑だからそういうのは文学板じゃなくて一般書籍板に行けってことなんだろ
文学は文学

815 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/05(土) 12:14:13.89
村上春樹は一般書籍

816 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 04:12:51.83
現在、春樹に並ぶ日本の作家はいないだろう。
異論あるやつは具体的に名前を挙げやがれっ

817 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 04:22:42.14
並ぶもクソも、この人はそもそも文学じゃないから。

818 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 09:28:55.21
文学の定義次第だろ

おまえの文学の定義が「村上春樹以外の小説が文学」ならそりゃそうだとしかいえん

819 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 12:00:32.43
鈴木みたいな奴がいるから文学に興味持つ奴減るんだろうなー

820 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 13:26:19.11
この痴れ者、文学なんて言ってないだろ。作家の名前を挙げて下さいと言ってるじゃないですか。

821 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 15:54:54.80
文学なのかもしれないけど純文学とは別もんと言っておきましょうか。

822 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 16:25:19.85
どんどん訂正し続けてろ

823 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 16:45:17.10
まあ、煽りだったんですけどね。文学に含まれるんじゃないですか。よく知らないけど。

824 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 18:39:42.56
村上自身、純文学言語みたいなものには惹かれなかったと言ってる。
その上で自我主体文学の解体=ほぐしなり物語性の回復なりを目指すようになったと。
あとは読者を我慢から解放するためのものでありたい、
読者の我慢は別のもっと大事なもののためにとっておかないといけないからと。


実際、ここら辺も伝わってる上で春樹が好きな読者ってのはいると思うよ。
だから煽りは煽りでも全然効果的には思えない。

825 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 18:46:15.53
そうだね。いいよね、村上春樹…

826 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:12:42.16
村上春樹的なもの(コレクト小説なり総合小説なり呼び方は知らないけど)を
その方向性自体を浅いと思う人ってのはそれこそどうなの?って思う。

827 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 19:19:44.42
でもいくら読んでも登場人物を人間だと思えないんだよな。だからファンタジーなのかなあ?と思ったんだけど。

828 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:49:46.40
方向性の話に「でも」でつなげるわりには、話すりかわってねって件

829 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:52:54.48
純文学とかの枠組みはどうでもいいような
純文学と言われる作家の誰も村上春樹を超えれないのが問題


830 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 19:56:55.62
いや「深さ」っていうからさ、そんなに深い濃密な世界が描けてるか?って話の例として人間って言葉で表現したんだけどさ。よく考えたら太田光の意見だったわ。

831 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 19:59:55.67
それこそ言葉にしにくいものを言葉で現すために物語性なり比喩化なりを
大事にしてるってスタンスみたいなんだから(好きで読んでる奴もそのつもりで読んでると思うし)
人間に思えるか思えないかより何を言おうとしてるかの方に重きを置いて
読むなり評価するなりした方がまずはいいと思う
批評してる奴の多くが人間に思えるか思えないかに集中しすぎてるのがアホらしく見えるのはそのせいかと。

ちなみに俺はわからない。ファンタジーと言い切る気もまだないな。

832 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 22:03:59.65
830 :村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 19:56:55.62
いや「深さ」っていうからさ、そんなに深い濃密な世界が描けてるか?って話の例として人間って言葉で表現したんだけどさ。よく考えたら太田光の意見だったわ。



833 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:00:03.13
村上春樹の作品は文学なのか?

オシャレ系ポルノ小説だろ?

834 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 23:01:14.27
別に特にエロくもないし、村上春樹はエロ=ラディカルっていうバカみたいな説を信じてるところがあるからなあ。

835 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:12:37.66
性描写はエロいというより、公開オナニー見せられた感じ。
読んでるほうが恥ずかしくなる文体。

それが村上作品の魅力なのでしょうか?
教えてエロい人。

836 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 23:14:17.67
まあ、そうなんだと思いますよ。そこに違和感をおぼえるかおぼえないかの違いなんだと思います。

837 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:23:04.53
836 :村上春樹◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 23:14:17.67
まあ、そうなんだと思いますよ。そこに違和感をおぼえるかおぼえないかの違いなんだと思います。




838 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:24:15.23
「世間とは意見違う俺KAKKEEEEE」だろ批判してる奴は

ドヤ顔で分かった様な口出して 嫉妬してるだけ

世間一般がまちがっててお前だけが正しい感性な訳ないだろ短小包茎保持童貞豚野郎

839 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 23:25:50.68
世間も別に「村上春樹sugeeee!!!!!」って買ってる人なんて殆どいないっしょ。売れてるの?じゃあ俺も買ってみようかな。ぐらいのもんだろ。

840 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:39:13.73
春樹論の歴史について書かれてたもの読んでるけど、

結局のところ論者の立ち位置の表明に留まるだけで〜端的にいえば村上の前に批評は執行した

スレ見てもこれ見ても自分の主観としてもしっくりくる

841 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 23:45:05.28
わかりやすく言うとどういう意味ですか?


842 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:46:42.50
キモコテはキモコテ専用スレが有るだろ そこでお仲間と公開オナニーに勤しみなさい

843 :吾輩は名無しである:2011/03/07(月) 23:47:00.56
携帯の電池なくなりそうだからユリイカ立ち読みしてくれ

844 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/07(月) 23:49:21.79
ユリイカの詩人です。スイーツ!!ってこと?

845 :吾輩は名無しである:2011/03/08(火) 18:10:28.49
アメリカ現代文学のパクリでしかないがな
世界的にもカズオイシグロと同じでそういう扱いだし
実際そうだしな
お前ら信者が思ってるほどオリジナリティも影響力もない
キタノタケシがゴダールぱくってるようなもの

846 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/08(火) 18:24:58.09
北野武はゴダールパクってるの?

847 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 11:27:12.76
・・・おもしろいスレだなぁ…
漫才みたいだ、ボケとツッコミの。間合いが絶妙だね。

ん? ちがうか、いっこく堂かぃ

848 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 14:27:57.80
武がゴダールパクってたのは「たけし達」と「ばんざい!」くらいじゃない?
本人も認めてるし。まぁパクリなんて定義が曖昧なものだけど。

849 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/09(水) 14:46:03.48
よくわからない…

850 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 18:15:43.55
読者の時代(つか現代)に合わせた感覚を昔の時代設定の中で描いてるところは面白い
たいていの作品見ても思う

851 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/09(水) 18:22:18.48
タケシズとバンザイはつまんなかったな。かと言ってもアウトレイジもいまいちだったが。

852 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 21:25:36.06
あぼーんだらけ

853 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 21:28:18.29
じゃあ、春樹が一流の作家とすると、パクられた方は超一流ってことか?

854 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/09(水) 21:34:00.02
一流っていうか亜流じゃね?

855 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 21:45:27.59
亜流は一流や二流に分類できない存在なのか?
馬鹿だろおまえ


856 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 21:52:06.31
亜流は一流でも二流でもないだろ。
人目にさらして、評価が得られるものが一流なんだろ。

857 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/09(水) 21:52:19.63
そうでしょ。そもそもそのヒエラルキーの中に存在しないんだと、そういう意味だよ。

858 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:13:41.18
ブラームはベートーヴェンやメンデルスゾーン、シューマンの亜流だけど、当然のことながら一流の作曲家として認知されてるよ

859 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:18:27.05
ブラームスね

860 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:22:13.05
「考える人」海外文学ベスト100

杉本秀太郎@アンナ・カレーニナA戦争と平和B赤と黒Cパルムの僧院

「ヨーロッパの文学は、音楽と肩を並べて、十九世紀に大きな球体あるいは多面立方体
を数多く産み出したが、やがて砕片の処理にあけくれるいたましい世がやってきた」杉本秀太郎


辻原登もトルストイとスタンダールを挙げていて、杉本の評に感激した話を枕に東大で講義してるね

http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2011/02/20110206ddm015070006000c.html

 『東京大学で世界文学を学ぶ』=辻原登
序文より引用

861 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:38:22.58
ブラームスは亜流じゃないだろ? 正確に言えば後継者だ。
しかもシューマンらとは個人的な繋がりがあったんだから「正統な後継者」じゃないか。

ま、マーラーみたいなのが“超一流”と言うのかもしれんが

862 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:41:47.73
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0na/00769400571700/

863 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:45:15.95
亜流って言ってる人はつまらない読み方してんすね

864 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:47:48.37
アンチが頑張ってネガキャンしてるだけ
そこまでの執念がキモち悪い
好きな作家のスレ行けばいいのに

865 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:48:56.34
上でも言ってたけど、春樹のユリイカはところどころ面白かったわ

866 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 22:58:21.03
実際、村上春樹は海外の人たちから見れば“海外文学の亜流”だと見られても
仕方がないと思う。それほどまでに国内と国外での視点というか物事の見方はちがう。

867 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:05:50.70
亜流というのは本家に失礼
村上春樹は単につまらない

868 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/09(水) 23:06:02.12
日本人じゃないんだよ。

869 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:06:47.74
>>866
たとえばお前はどこが被ってると思うわけ?
その上で春樹のオリジナルはどういう部分だと思うわけ?

870 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:06:57.34
亜流だからなんだってんだよ
問題はそいつの作品にどれだけ価値があるかだろ
春樹アンチはいつもケチのつけかたがおかしいよな

871 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:07:41.67
>>868
最近の鈴木はほんとキレがないからつまらん

872 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:13:29.29
>>869
え?『風の歌を聴け』とか露骨なパクりじゃんw



…明日朝早いんだったら、早く寝ろよw

873 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:13:44.81
>>871
コテつけて馬鹿だもの
可哀そう

874 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:19:52.74
答えになってないなぁ。

875 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:20:12.54
>>872
何の答えにもなってないな
文学の批判する連中てマスコミにすごい似てるよね
いつだって上から一方的に捌くだけで自らは絶対に判断の対象にさせない
だから勘違いしたカスが山ほど出てくる

876 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:21:16.19
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

877 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:22:19.43
村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位


http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090920/kor0909201300001-n1.htm


2006年に実施された韓国の30代の作家らを対象にしたアンケートによると、
「いちばん過大評価された海外の作家」の1位にも村上春樹が選ばれるなど、
マイナスの評価もある。

878 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:25:18.45
売れてる作家なんだからさ、コピペ合戦は不毛だってのはそろそろわかると思うんだよな

そういう限界というか臨界に気づけない人たち、あるいは気づいているのに紡がざるをえない不幸な人たちは
いまだにでっち上げた「見立て」で切ったり貼ったりやっていたりするけれど、それはそれだけの話である。

879 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:28:29.43
売れてる作家を妨害するな
というのが主張ですか

880 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:30:02.82
>>879
意味わかってない奴が1名発見

881 :吾輩は名無しである:2011/03/09(水) 23:59:10.59
まあどうでもいいけど、クララ・シューマンとブラームスって
実際はどんな関係だったんだろうな? ブラームスがクララのために書いた
ピアノ協奏曲とか有名だけど。
話によると、クララはロベルトとの間に8人もの子供を作ったそうだから
その内の一人ぐらいはブラームスの子供だったのかもしれん

882 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 00:14:28.70
>>881


883 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 00:20:41.14
>>881
ブラームスはシューマンの三女・ユーリエに恋心を抱いていたけど、12歳もしたで、初めて会ったのはユーリエが8歳のときだったはず

実はブラームスはロリコンではじめからシューマンの娘狙いでクララに近づいたんじゃないか、というのが俺の説

ブラームスはその後年下の女性に恋をしてるけど、年上はクララが最後で、多分一度もない

884 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 00:50:45.47
>>857
鈴木雄介 てe-bookの社長かい? 66歳の?

885 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 02:23:07.73
そんなことより雑文集よもうぜお前ら

886 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 03:22:49.99
>>883
面白い見立てだが、信憑性のほどは?w

887 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 04:04:23.81
春樹面白いけどなぁ。作品も本人も。
マラソンの本見た?喜々として肉体美を見せびらかしてる春樹。
勿論三島と重なる。春樹はそれを意識してるのか?正直わからん。そうだろうとは思うけど。
小説の方では文体は翻訳調、下敷きにしてるのは大江健三郎。この分裂感。たまんないね!

888 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 04:13:29.85
思想はキモいけど技術が巧すぎるから見てしまう

889 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 06:09:46.33
>>886
ブラームスがユーリエを好きだったのは事実らしい

890 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 06:12:41.15
◎◎テレビ朝日改編スレ Part116◎◎
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/tvsaloon/1299329166/

891 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 06:13:22.86
■■■村上春樹って複雑な話が書けないよな■■■
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1286694224/

892 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 07:36:10.04
>>884
実はそうなんだ。

893 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 09:09:22.51
>>889
親子丼だったんだなw

894 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 16:04:51.14
Smapと村上春樹ってどっちが料理上手い?

895 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 16:38:27.14
ねじまきに何故牛河のようなキャラクターの人間が必要なのか

896 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 16:40:17.68
>>894
池波正太郎

897 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 16:43:19.51
村上春樹は自宅玄関で中上健次に泣かされて土下座させられた事がある。それがトラウマとなって渡米した。
中上健次が死んだ今、牛河のようなキャラクターを造形して中上を冒涜する事に快感を覚えているのだろう。

898 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 18:42:26.93
ソースのない都市伝説を積極的に広めるな

899 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 18:46:16.94
奥さんの前で男としてのプライドをめちゃくちゃに踏みにじられたらしいよ。ある意味レイプより残酷だよな。

900 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 18:47:49.06
何でよりにもよって玄関先で泣かされたの?

901 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 18:48:14.93
評論家のすが秀実とか渡部なんちゃらとかはガチレイプされたらしい…

902 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 18:48:53.73
>>900
奥さんに見せ付けるために決まってるじゃないですか。

903 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 18:50:26.28
いや、そうじゃなくて
自分家の玄関で、何故土下座なんてすることになったんだよ
なにを謝罪したんだ

904 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 18:54:13.65
それはなんだかんだ言い掛かりをつけたんでしょ。中上健次は文壇の中で気に入らない人間がいれば徹底的にそういう事をしてたらしいよ。自宅の前で怒鳴り続けるとかさ。

905 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 18:56:43.19
そこをぼかされちゃあ信憑性がなあ
自分ちやって来て先輩だからってキレられても、ポカーンとするだろ普通

906 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 19:06:49.50
〜らしい、を真実のように話す

907 :記憶喪失した男:2011/03/10(木) 19:09:34.96 ?2BP(791)
おい、鈴木悠介。春樹の良さを説明してやる。
例は「風の歌を聴け」だ。文体はヴォネガットのあからさまな模倣だが、
パクリとはいわん。
同じような書き方を「池袋ウエストゲートパーク」もやってる。
「風の歌を聴け」を書いた村上春樹は二十代後半だが、
この作品に登場する主人公は大学生だ。
おれが思うに、これはセックスを書けなかった大学生の村上春樹を
セックスの書けるようになった大人になった村上春樹が慰めているんだ。
そう思うと、感動するだろう。
鼠は、村上春樹なんだよ。

908 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 19:12:00.57
コテらしい最後といえる

909 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 19:42:31.12
>>907
>そう思うと、感動するだろう。

しねえよバカ

910 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 19:52:12.47
自演

911 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 21:27:47.07
コテの自演

912 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 21:28:52.09
二回言うな!

913 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 22:21:34.52
鈴木の自演につっこんだら負け

914 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 22:25:54.06
鈴木って毎日レスしてるのか、外の世界出た方がいいぞ なんも成長してないから

915 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/10(木) 22:27:20.26
たまに出るよ。確かに変わってないねって言われる。たぶん悪い意味で。

916 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 23:33:29.66
ヴォネガット、大いに語る

羊博士おおいに食べ、おおいに語る

917 :吾輩は名無しである:2011/03/10(木) 23:54:40.86
あからさまなものをパクリだーって問題視するのは恥ずかしい

918 :記憶喪失した男:2011/03/11(金) 14:01:10.48 ?2BP(791)
>>915 鈴木雄介は、どんな恋愛が理想なの?
いちゃいちゃしたいのか、あっさりしたいのか、性奴隷がいればいいのか?

919 :記憶喪失した男:2011/03/11(金) 14:14:39.21 ?2BP(791)
たぶん、村上春樹はあっさりしたいんだよ。

920 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/11(金) 14:16:05.84
性奴隷って何だよ?

921 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/11(金) 14:17:11.18
お前の頭はエロゲで出来てんだろ?そんな奴と会話したくない。

922 :吾輩は名無しである:2011/03/11(金) 22:00:29.93
↑お前は人と会話したかったらネット中毒卒業しろよ まずはそっからだ

923 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/11(金) 23:23:46.79
ふん!知ったような事を言いやがって!

924 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 11:32:25.68



上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子  『男流文学論』

この一冊、並の本じゃありません。まず、文章形式が面白い。
400ページを超える(文庫版)内容すべてが、対話形式で書かれている。
しかも、対話している人が凄い人ばかり、まぁフェミニズム・・・というジャンルの中でだけど。
いや、そんなことないか(^^;
まー、すっごい人たちなんだけど、対話のためか妙に自然体。冗談も普通に言ってるし、なんつーか、関西のおばちゃんが商店街で喋ってるって感じ。(ステレオタイプの関西です。関西人の方すみません)
そんな人たちが、そんなノリで
村上春樹や三島由紀夫、谷崎潤一郎などなど有名作家を批評しまくっちゃう!
更に凄いことには、村上春樹なんて、ここで批判された事を
『海辺のカフカ』
で登場させちゃってる。しょーじき堪えたんだろうなぁ・・・。

925 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 11:38:10.16
上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子  『男流文学論』でこき下ろされたのが悔しくて

『海辺のカフカ』でこんなせこい反撃をしている春樹w
どうしようもないなこいつは


「・・・これだけは覚えておいたほうがいい。結局のところ、佐伯さんの幼なじみの恋人を殺してしまったのも、
そういった連中なんだ。想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、
簒奪された理想、硬直したシステム。僕にとってほんとうに怖いのはそういうものだ。
・・・しかし想像力を欠いた狭量さや非寛容さは寄生虫と同じなんだ。宿主を変え、
かたちを変えてどこまでも続く。そこに救いはない。・・・」

926 :記憶喪失した男:2011/03/12(土) 11:51:00.97 ?2BP(791)
>>920 性奴隷ってのは石原慎太郎の恋愛観だ。

927 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/12(土) 11:52:38.47
ああ、もちろん石原慎太郎よりは村上春樹の方がマシだよ。それは確かだな。

928 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 12:03:42.84
上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子  『男流文学論』でこき下ろされたのが悔しくて

『海辺のカフカ』でこんなせこい反撃をしている春樹w
どうしようもないなこいつは
フェミニストの女性に対して


「・・・これだけは覚えておいたほうがいい。結局のところ、佐伯さんの幼なじみの恋人を殺してしまったのも、
そういった連中なんだ。想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、
簒奪された理想、硬直したシステム。僕にとってほんとうに怖いのはそういうものだ。
・・・しかし想像力を欠いた狭量さや非寛容さは寄生虫と同じなんだ。宿主を変え、
かたちを変えてどこまでも続く。そこに救いはない。・・・」


929 :吾輩は名無しである:2011/03/12(土) 16:57:48.70
お前の方がどうしようもないけどな

930 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 19:16:40.85
映画ノルウェイの森の永沢さんハマってたな
良いキャラ

931 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 21:26:49.17
ねじまき読了
何が言いたいのかさっぱりわからなかったw
今迄読んだ中で最も退屈だった
IQ86?が文庫化される迄暫く村上さんとはお別れ

932 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/14(月) 21:35:54.77
84だょ…

933 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 22:05:33.27



     鈴木雄介=童貞w




934 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/14(月) 22:11:23.57
童貞じゃないけど、ヤリマンに童貞って言われてもなあ…

935 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 22:12:13.69
>>932
おまいには間違い指摘してもらうより、村上さんがねじまきで言わんとしてることを書いて欲しかった、、

936 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/14(月) 22:13:47.75
別に何もないと思いますよ村上春樹の言いたい事なんて。

937 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 22:19:38.67
諸個人の対話や和解が不可能なまま
世界が壊れていく様

938 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/14(月) 22:20:28.78
そもそも対話する意志なんてねえよ村上春樹には。

939 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 22:23:43.24


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \   ど、どど、どどど、ど童貞ちゃうわ!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!    ←鈴木雄介(笑)
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl




940 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 22:24:49.60
>>937
なるほど
面白い意見ありがとう

941 :吾輩は名無しである:2011/03/14(月) 22:40:34.63
正直言って、不条理な世界や怯える人々を描くのなら
トーベ・ヤンソンの方が上だと思う。
意識の表層とそれを支配するシステムならディックの方が緻密だし。

942 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/15(火) 09:22:57.93
ムーミンいいよね。アニメと違って暗いところが。

943 :吾輩は名無しである:2011/03/15(火) 14:23:56.40
ムーミンはいいな
子供の頃読んだが、アニメとは全く違う雰囲気で怖かった

944 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/15(火) 16:51:55.01
好きだったなあ。青い鳥文庫はいい児童書が揃ってたけど潰れたの?

945 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 10:58:29.78
藤原ヒロシのペンネームでしょ?

946 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 11:44:48.94
絶対に寄付しないと思う。

947 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 17:00:31.35
三木谷さんは個人で10億円寄付だ。
春樹が小説で皮肉ってるタイプの男だが、こういうときになると真価がみえてくる。
やはり春樹が地震とかサリンとかいくら小説のネタにしていても無価値に思えてくる。
人間のダークサイドがどうとかどうでもいい。
春樹は財力はあるのにきっと何もしないだろう…

948 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/16(水) 17:52:49.35
せいぜい「震災地に送る鎮魂歌」とかそういうキャッチコピーで小説書いてまた一儲けするとかそういう事しかしないだろうね。

949 :吾輩は名無しである:2011/03/16(水) 23:49:36.75
>>947
おまいは草加かw 三木谷が寄付すんのは
ユニクロ柳井社長が個人で10億義捐金を出すからに決まってんじゃんw
だから新潟県中越地震の時みたく1億ポッチで誤魔化すわけにいかなかっただけ。

しかし別途ユニクロは、社として3億+社員寄付1億+物資肌着(30万着)7億=計11億分寄付。
楽天は?どーすんだよっ 
無税の宗教法人に腐るほどカネが唸ってるだろが、ケチるなっっ

950 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/17(木) 01:23:30.47
>>949
すげえなあユニクロ。さすが川上未映子先生を広告塔に使ってたセンスある企業だけある。肌着も触感いいよね。

951 :吾輩は名無しである:2011/03/18(金) 19:54:44.98
ハルキさんはなんかコメントだしたの?

952 :(*´ェ`*)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/03/18(金) 20:12:32.98
春樹さんは銭にならない文字は書かない主義だから。

953 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 01:14:49.51
ユニクロと比較出来るほど儲かってるの?
なわけないよなw

954 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 01:15:12.05
それが本当ならある意味かっこいいな

955 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 02:03:22.66
村上春樹って音楽の好みにはうるさいけれど

ジャクソン・ブラウンって好きだったっけ?

956 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 12:07:20.34
村上春樹って楽器できるの?

できないのに偉そうに音楽語ってたの?

957 :吾輩は名無しである:2011/03/19(土) 16:11:29.95
悪い都民は避難することばかり考える。
もっと悪い都民は避難することさえ考えない。

958 :吾輩は名無しである:2011/03/23(水) 21:57:05.55
折角名前売れてるんだからここで自らの文才の全てを懸けて世界に訴えるメッセージとか発信すれば良いのに。
でないと今年もノーベル賞逃しちゃうよ?
結局そういう賞獲れる人って、こういったある意味絶好のチャンスをしっかりモノにできる人だよね。

959 :吾輩は名無しである:2011/03/27(日) 23:23:50.22
>>958
春樹は、あるていど時間を経てからじゃないと、その出来事について上手く書けないタイプだと思う。
レスポンスが遅いとも言えるが、誠実だとも言えると思う。
ただ、小説の凄さとか才能に比べると、春樹個人の思想とか意思表明って、平凡だと思うよ。ごく普通の人が感じるようなことしか感じていないだろうし、言えないだろうね。

960 :吾輩は名無しである:2011/03/28(月) 00:05:38.05
この地震についてもなんかくだらねー小説のネタにすんだろうなぁ

961 :吾輩は名無しである:2011/03/28(月) 02:29:23.57
や 「休みの日 散歩ついでに 避難所確認」

れ 「冷静に!ガスを消すのは揺れの後」

や 「役に立つ 防災グッツ リュックの準備」

れ 「連絡網 普段のうちから 備えておく」


962 :吾輩は名無しである:2011/03/30(水) 07:34:20.67
>>959

小説も恐ろしく平凡で陳腐だよ
思想も思考力もゼロだろう

963 :吾輩は名無しである:2011/03/30(水) 14:26:13.45
地震を小説の直接のネタにしてないし
むしろ地震関係ないしw
せめて活字の読めない人には批判して頂きたく無い

人と違うことを感じてる人が小説を書いても何の意味もないと思うけどね

964 :吾輩は名無しである:2011/04/02(土) 14:50:30.93
>>962
お前の読み方に問題がある希ガス

965 :吾輩は名無しである:2011/04/04(月) 04:01:38.14
部屋の真ん中で、
全裸で尻をおもいっきり振って白目剥いて奇声を上げ全身痙攣してオナラしたら、
うんちが全部出た。
全部だ!

畳に散らばったうんち、どうする?

966 :吾輩は名無しである:2011/04/06(水) 20:06:14.25
村上春樹は今現在は日本にいないはず…
たぶんこのまま日本へは戻らないで欧州あたりに永住するんじゃないかな。

967 :吾輩は名無しである:2011/04/06(水) 20:33:22.72
アイロンのある風景
かえるくん、東京を救う

続編あるかな

968 :吾輩は名無しである:2011/04/07(木) 19:59:10.74
村上春樹が性描写が多いのは
若者にセックスにいそしんでほしいからなのかな

969 :吾輩は名無しである:2011/04/08(金) 15:01:31.30
http://p.tl/cXn1
あの事件、実は在日の仕業

970 :吾輩は名無しである:2011/04/09(土) 00:15:41.48
>>968
SEXで人と人が分かりあえたり
他者や外部(リアリティーと言っても良い)を感じる事が
すでに不可能になっていることを告げようとしているのだと思います

971 :吾輩は名無しである:2011/04/10(日) 14:14:38.45
1Q84読んでも哲学的な要素は何もなくただの小説って感じで何回も読む気にはならないので結局お金の無駄。
昔読んだ村上春樹は好きだったんだけどな。


972 :吾輩は名無しである:2011/04/11(月) 10:51:27.75
1Q84はゴミ以外の何者でもないな

973 :吾輩は名無しである:2011/04/15(金) 13:58:26.47
好きだろうが嫌いだろうがちゃんと説明できるくらいにはなってほしいね

974 :吾輩は名無しである:2011/04/15(金) 18:10:29.67
そうよだな
漱石も「批評家の態度」で書いてたけど、好き嫌いと作品の拙攻を一緒にするなよ

「俺はこの作品は大嫌いだけど作品のレベルは認める」ってような人はまずいない
殆どが「俺がこの作品が嫌いだから、この作品には価値がない」って意見ばかりでタチが悪い

批判するならするで、最低限その根拠を言えよ

975 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 v(・x・)v鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2011/04/16(土) 20:59:56.98
それはそうだなあ。で、1Q84ってレベル高いの?俺は読んでませんが…

976 :吾輩は名無しである:2011/04/17(日) 00:16:15.36
ところで1Q85の発売日は決定したの?

977 :吾輩は名無しである:2011/04/19(火) 23:17:54.02
村上春樹のマスターピースは「風の詩を聴け」だな。
1章は何回読んでもグッとくる。
逆に言えば、「風の詩を聴け」からずっと下降線を辿り続けている作家。

978 :吾輩は名無しである:2011/04/20(水) 10:30:18.25
ほうほう

979 :吾輩は名無しである:2011/04/21(木) 09:29:04.07
やれやれが出てくるたびににやけてしまう

980 :吾輩は名無しである:2011/04/21(木) 23:13:10.83
春樹はピアノ弾けるらしいよ。

981 :吾輩は名無しである:2011/04/21(木) 23:21:16.59
小沢征爾との対談が面白かったな

276 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)