2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安部公房COMPLETE WORKS 015

1 :やれやれ、僕は名を失った:2010/09/20(月) 19:26:03
【作家紹介】安部公房(1924〜1993)
東京生れ。東大医学部卒。1951(昭和26)年、「壁」で芥川賞受賞。
'62年発表の『砂の女』が読売文学賞受賞、フランスの最優秀外国文学賞を受けた他、
戯曲「友達」の谷崎潤一郎賞、『緑色のストッキング』の読売文学賞等、受賞多数。
'73年より演劇集団「安部公房スタジオ」結成、独自の演劇活動を展開。
'77年には米国科学技術アカデミー名誉会員に推され、海外での評価も極めて高く、
急逝が惜しまれる。                 (参考・新潮文庫カバー裏)

【総本山】
http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/abe_kobo/

前スレ:安部公房COMPLETE WORKS 014
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1248959361/

182 :吾輩は名無しである:2010/11/26(金) 15:41:15
鶏を騙して檻に入れて「あとは知ってのとおりだ」で終わるエッセイをもう一度読みたいんだが
随分前のことでよく覚えてないんだけど大学受験の国語の参考書みたいなのに収録されてた

183 :吾輩は名無しである:2010/11/26(金) 16:03:15
>>182
原典は知らないが、いちおう砂漠の思想に入ってる

186 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)